ガーデン&エクステリア マネジメント

IMG_1507-002
昨日

2回目の開催となる自社主催のセミナーを行いました!

「住宅会社のためのホームページ運用セミナー」 in 奈良ロイヤルホテル


多数のご参加とともに、充実した内容で熱気溢れるセミナーとなりました(^^


講師には弊社ホームページ運用でもお世話になっているマックスライン社の杉本氏にお越しいただき、住宅会社がホームページで売上を伸ばす方法について明快にご教示いただきました。


杉本氏のセミナーは私も何度か参加しているのですが、わかりやすく本質を突いた話であるとともに全てが実績、事例に基づいているため説得力バツグンなのです。


終了後の皆様のアンケートでも好評のお言葉をいただき、また質疑応答や個別の相談も活発に行われ、とても熱気溢れる時間となりましたね!


弊社としては

お得意先様の住宅会社の商売繁盛が弊社の商売繁盛い繋がること

また

お得意先様との接点強化となること

そして

お取引のない会社さんへもご案内し、新たな接点づくりになること



等々を狙いとして取り組んでいます。

「外構屋さんで、こんなことされているところはありませんよ!」なんていうお言葉は私にとって最高の誉め言葉です(^^


そしてセミナー開催のみならず

イベント応援などにも積極的に取り組み、さらに様々な角度から「顧客支援」を考えているところです。



さらに、もう一つ。


女性の内勤スタッフ3名がセミナーに参加してくれました。

彼女たちも弊社ホームページ運用にかかわってくれています。彼女たちが今回のセミナーの内容を聞いてくれたことも、大きな前進となるでしょう。


言わば、自社の社員教育の場でもあるのです。


良いことばかり、ですね(^^


そういうわけで、今後も取り組んでまいります。

来年は2月に予定しています。


これまた

楽しみです!

















いわゆる3連休。

今日は体育の日なんですが、リーフユニティとしては祝日を休業日としています。


土曜日も日曜日も営業しているのですが、祝日は休ませていただいています。

一昨年まで祝日も店を開けていたのですが、昨年から休業日としました。



理由は一つ、スタッフの休みを確保するためです。


住宅業界あるある、かと思いますが

現場は日曜日が休みで、お客様対応は土日がメインとなるという業務です。


そうなると、平日も週末も休みにくくなってしまう仕事なんですね。

ただ祝日だけなら調整して休むことも難しいわけではありません。



実は一昨年のとある祝日、シフトに苦心して苦心して出勤してくれるスタッフを確保していたのですが

冬場の寒い時期ということもあって来場のお客様がなかったんですね。

もちろん季節による差異もあるのですが、それなら休みにしてしまおうと思った次第です。



できるだけお客様にお越しいただきたいですし、会社も成長させたい一方で

スタッフが疲弊しないようにしないといけませんし、働く人が集まる会社でないダメなんです。


そんな想いの中での休業日。



私自身は祝日も打ち合わせやらも入れて普通に頑張ります。

社長は幾ら働いても労基署に怒られませんし、ブラック企業と言われることもありませんしね。。












昨日は

桜井市内の庭工事現場を2件回り、その後奈良市内のOB施主様宅にて庭工事の打ち合わせ、さらに橿原市内で外構工事の現場調査に行ってまいりました。

そして最後、夕刻に外構工事の打ち合わせに行ったのが


大阪府・柏原市


です。


柏原市というところでは過去、私個人としては1件だけ手掛けさせていただいた現場があります。


一言で申し上げて


近い!


確かに地図上見ても近いんです。

香芝や王寺に隣接していますから、大阪府下ですが奈良に最も近いんです。


移動時間を見ても、柏原の場所によりますが1時間もかからない。

普段、生駒市や奈良市の登美ヶ丘エリア、また木津川市の現場も多いのですが、それぞれ1時間程度かかって移動しています。


比較すると柏原市は完全に近いのですが、現場としては滅多とないエリアです。

それはもちろん、様々な経緯と理由があってのことです。



そもそも、昔は遠かったんですね。

同じ県内の香芝市すらが、私の学生時代は遠かったのです。


香芝インターとか、はるかかなたの存在で道順も知りませんでした。

ちなみに大阪へ行くのは法隆寺インターが最も近いポイントでした。



それから25年。




道路事情は大きく改善されたのです。



なんといっても南阪奈道路の開通。

これが13年前。


南阪奈に直結する高田バイパスもその2年前に橿原の四条まで繋がりました。


これによって私たち奈良県桜井市のものからすれば、大阪というエリアへのアクセスが根本的に変わったのです。



その南阪奈道路で奈良から大阪へトンネルを越えます。「竹ノ内トンネル」です。

トンネルを過ぎると、すぐに太子インターがあります。



ここで降りるまで僅か30分足らず。

降りてから走りやすい道が柏原市まで繋がっています。


現場まで40分を切るくらいでした。



この近さなのですが

やはり13年前までの記憶というのが、まだまだ染みついているところがあるのでしょうね。


そしてそもそも

奈良県と大阪府の間にそびえる山の存在が、距離や時間以上に歴史上気持ち的にハードルになっています。奈良県民の方は皆さんそうだと思うのですが…、いかがでしょうか。


そしてこのエリアは我々のお得意先様である住宅会社さんの管轄としても大阪府下の拠点が担当エリアとなっています。

それゆえ、やはり現場も少ない。


前述の心のハードルが高いせいか、大阪府下の得意先って全然なかったのです。


しかし改めて感じました。


柏原市、太子町、羽曳野市・・・近い!

そしてその先にある堺市。決して遠くはない。


大阪進出に向けて

さらに前進していきます・・・!




大阪進出は2年前に宣言していますが、営業所設置が3年後の計画です。

理屈ではわかっていて大阪進出計画も進めていますが、まだまだ私の中の心のハードルが高いまま残っているようです。



今月、柏原市内で現場も動き出します。


心のハードルを下げる意味でも良い機会となりそうです。



















前回、週5本のブログ投稿を宣言してしまったわけですが

今週は既に2本、あと3本。

日曜日まで、と区切ることとして

この土日で3本の投稿となります・・・。やはり、なかなかのハードルです。



どうも、日曜日にまとめて書く姿も想像されるのですが(-_-;)

やはり日々書いていかねばならないところです。



しかし、安心してください。

「パスタ食べました。」とかのFBレベルの投稿はしませんので(笑)。



私、文章書きはそれなりのプライドを持ってやっています。

3000本以上の当ブログは、それを体現できているつもりです。


投稿のための投稿は一切しませんので。


そういうわけで今日は「経営指針書」の話としましょう。


IMG_4926

9月決算、10月期初なので

10月にはブラッシュアップした経営指針書をスタッフに配ります。



先日、この冊子を事務所で見かけた職人さんが

「社長、忙しいのにこんなん作りはったんですか!?」と驚いていました。


いえ、違うんです。

こんなの、イチから作っていてはトンデモナイ時間がかかります。



この冊子は2010年に初めて作ったのです。当時は「経営方針書」というタイトルでした。
毎年行う正月明けの年頭訓示の際に配るようにしたのがスタートでした。


7年以上前のことですが

見返してみると内容的にはまだまだ薄いものでした。


ページ数でいうと表紙入れて18ページでした。

現在のものは表紙入れて53ページです。



7年の中で、毎年のように加筆訂正を重ねてきたのです。

ブラッシュアップを続けてきたのです。


年3回のブラッシュアップをかけていた時期もありました(今は10月と1月の2回)。



ページ数の問題ではありませんが、常に練り直していますので中身も少しづつ充実してきています。



経営指針書の1ページ目には「経営理念」が書いてあります。


弊社の経営理念は「継続が幸福を導く」です。



7年間のブラッシュアップの成果としての経営指針書は、ある意味この「経営理念」が具現化されたものの一つでもあります。


少しづつの積み重ねが大きな成果となります。


今年は経営指針書の経営理念に続けて


「事業の目的」というページを加筆しました。


聞きかじった程度ですが

稲盛和夫氏の「経営12か条」というものの第一条が「事業の目的、意義を明確にする」とあります。


すなわち、我々が日々している仕事は自分たちのお金や生活のためだけではなく「世のため人のため」であることを明文化したものです。

1.外構・造園・エクステリアで幸福を創造する
2.外構・造園・エクステリアの価値を伝える
3.外構・造園・エクステリアの素晴らしさを次世代に繋げる

この3点を掲げました。



日々、色んな現場を手掛けさせていただいて感じるのですが

我々の仕事って、世の中から必要とされている素晴らしい仕事なんです。



この仕事をたくさんして、知らない人に伝えて、そして未来に繋げる。


スタッフみんなで、こう考えてやっていきたいのです。

結局のところ、スタッフみんながこの仕事が好きなんだと思います。



そんなブラッシュアップを果たした今回の経営指針書。


また一つ、魂が込められました・・・!















10月に入って

弊社も新年度に突入しました。


今日は期初の全体会議を行いまして

その後、本年度から初めて取り組む「委員会」を開催しました!


営業、設計、事務、そして職人さんも交えての全員参加・社内横断組織としての委員会です。


本年度は3つのテーマに分かれての委員会を発足しました!







IMG_4908

展示場魅力アップ委員会!





IMG_4905

OB顧客アプローチ委員会!





IMG_4911

WEB向上委員会!






その間、私はウロウロ見て回っているだけ(^^


さて、どんな話になっていったか・・・

それはまだ聞いていないのですけど



それぞれに盛り上がっていたようですね!



初めての取り組みだったのですが

ああ、もっと前からやっていれば良かった、と思った次第です(^^



これまで何から何まで私が考えて実行してきたのですが

この委員会はメンバーの主体性次第です。



そしてリーフユニティは、私一人でこれからの成長はありません。

組織・社員の力で成長していかねばならないのです。





いろんな意味で


楽しみです!









ブログでのご報告が遅くなりましたが


お客様感謝祭’17 


開催いたしました~!


IMG_4814
台風直撃の予報でしたが


なんとか無事終えることができました。


お越しくださった、た~くさんのお客様、ありがとうございました!!



IMG_4824
お客様感謝祭は2006年に初めて開催しました。

以来、必ず毎年行っていますので今回で12回目の開催ということになります。


毎年やっていると、毎年少しづつ内容がブラッシュアップされていきます。

それが「継続」の力。


そして今年ブラッシュアップされたのが






IMG_3216


こちらです!


寄せ植え教室です(^^♪



IMG_3212

この企画が

大、大好評でした~!!


予約制としたのですが、あっという間に予約枠が埋まってしまいました。


次回からは増枠の検討と、感謝祭以外でもミニイベントとして開催できたらと考えています。



それにしても、この企画が実行できたのも先生役をしてくれたスタッフのHさんとMさんのおかげなんです!


寄せ植え教室、やりたいな~と以前から思っていたのですが、まさに先生役をどうするかで実現してこなかった経緯があったのです。

しかし今回は彼女たち二人の頑張りで、お客様感謝祭が大きな一歩を進めることができました!



そして併せておこなったリースづくり教室も、これまた大好評でしたね(^^)




他にも色々と新しい企画やイベントも行い、お客様にも色々と楽しんでいただけたと思います。


色んなお客様と久しぶりにお会いできる一年に一度の楽しいイベントです。準備も大変ですが、スタッフもある意味楽しみにしているイベントでもあるのです。


そして

これらのイベントの企画から準備に奔走してくれたのが、弊社の総合企画チームの面々。


実は全員が子育てママというこのチームに昨年より運営を任せています。

以前は私が陣頭指揮でやっていたのですが、彼女たちのおかげで段取りよく、そして緻密な準備で当日を迎えることができました。



そして当日は

スタッフ全員、そして応援にきてくれたメンバー全員が頑張ってくれました(^^
















IMG_3159

今年も、この写真を撮ることができました(^^)


来年もまた


続けてまいります・・・!


少し遠出して、とあるガーデンセンターにベンチマーキング…というか、お客として行ってきました。


弊社リーフユニティは外構・造園・エクステリアの専門店なのですが、自社で植木も店頭販売していますし、園芸店とカフェも併設しておりガーデンセンターという事もできます。


今日行ってきたガーデンセンターは、実は家内にずっと「行ってみたい!」とせがまれ続けてまして、それなら何か店づくりの勉強にもなると思って行ってきたわけです。

その感想としては

素晴らしいお店でした!

店づくりの多くのヒントをいただきました!



ベンチマークするお店が増えました。

ちなみに私がベンチマークしている店というのは

まず一つが「ラコリーナ近江八幡」

和菓子と洋菓子のたねや&クラブハリエのフラッグシップ店です。滋賀県の近江八幡というところにあるのですが、発祥の地にこだわって作り上げられた店です。一度行きましたが、その理念、精神のようなものに感動しました。

私も地元・桜井でリーフユニティを人の集まる店を創っていきたいと思えるようになりました。



もう一つが「ファーム富田」

北海道の富良野にある農場…というか一大ラベンダーパークですね。初めていったときに感動し、先日2回目に行くことができました。ラベンダー、という一つのものにこだわってトコトン突き抜けたらここまで行けるんだ、と学びました。

私も植物で観光地になるほどの魅力を発信していきたいと思いました。



そして今日。

三つ目のベンチマーク店ができました。


店としても会社としてもレベルが違いすぎるので、同業というとおこがましいのですが

一応同業なのでここでは名前を伏せておきます。



リーフユニティもまだまだですが


夢はでっかく


たくさんの人に来ていただける店を創ってまいります!










リーフユニティの名前が世に出て、現在で12年半ほどになります。

さて、どこまで地域に浸透することができたのか・・・


これが

気が遠くなるほど、まだまだなんですね


12年も経って、ですよ・・・!?



地域密着、言うは易し行うはメチャメチャ難し!!


もちろんその間、色んな事に取り組んできたのです。

・地域には12年連続でイベントチラシ折込

・ホームページを開設

・イオン桜井店にカンバン設置

・現場に工事看板設置

・お客様感謝祭を毎年実施

・OB施主様向けニュースレターを発信

・中小企業家同友会に参画


しかし本当にまだまだ、こんなものでは足りないわけです。


その間、私も12年の齢を重ねてしまいました。

次なる12年は絶対に同じ轍を踏むわけにはいきません。



ギアチェンジが必要です。

思い切りスピードを上げないといけません。




そのためには「発信」し「継続」すること。


これをキーワードに取り組んでいきたいと思います。



今日は少し静かな日曜日。

夜まで瞑想しながら経営指針書に落とし込んでいきます・・・。



先日、生駒市内の外構工事の現場で職人さんと話をしていたら


現場の向かいの方が「ちょっと、すいません~」とお声をかけてこられました。



車の出入りに邪魔だったかな、と思って「スイマセン、すぐに出ますので!」と言って車を移動させようと思ったら


「いえいえ、違うんです。ウチの家の前の溝、掃除していただきましたか?ずっと掃除しないといけないと思っていて、本当に助かりました。ありがとうございました!」


という話でした。


これ、メッチャ嬉しい話でした~!!



弊社では実は毎週金曜日に、現場の近隣を清掃することを決めています。



道路の雑草除去、溝掃除などを短時間ですが全現場で行っています。

あるお得意先様のハウスメーカーさんで金曜日の清掃を取り決められたのを経緯に、弊社でも全現場で行うことにしたのです。



とは言え



言うのは誰でもできますし

1回やるのは簡単ですが

継続するとなると、至難の技と言ってもいいのではないかと思うのです。



職人さん、本当にちゃんとやってくれてるかな・・・?

そんな思いでずっと、言い続けてきました。

「ちゃんと、できた?」と問い続けてきました。




そして、冒頭の話に加えてまた別な現場で

隣地境界に関して隣地の方と揉めそうになったときに

いつも清掃をしていたウチの職人さんの姿を見ていた隣地の奥様がご主人に「いつもウチの前まで掃除してくれている業者さんやから」とお口添えいただいて、丸く収まった、という話も最近ありました。



ずっと続けてきた地道な活動ですが


やっぱり、ちゃんと見てくれている人がいるんだな、と感じさせてくれる話でした。


そして、私の想いに応えて地道に続けてくれている現場の職人さんたちに感謝です。



今日も金曜日。



各地で近隣清掃、やりますよ~!!



















IMG_3053

先日開催した弊社の「グループ総会」の様子です。



ちょうど高校野球の準決勝の日となりました。

毎年、盆明けのこのくらいの時期、すなわち高校野球が終わるころの開催ということで今後も定着させていきます。


「夏はグループ総会」


ですね。




ちなみにグループ、というのは弊社の法人が二社体制であるというのと協力業者会「わかば会」のメンバーが集まるという事でグループ総会、という呼び方になっています。

ま、呼び方はそのうち変えるかも知れませんが(^^)

と、いうのも


内容的には「経営指針発表会」とも言える場となっているわけですね。


1.経営方針の発表

2.協力業者会代表挨拶

3.年間表彰

4.スタッフ訓話(1)

5.スタッフ訓話(2)

6.映像研修




以前は「安全大会」的な内容もあったのですが、このところはこんな感じでやっています。



私からは


直近のトピックス、そして来期の取組についての話をして

経営理念の確認をします。


そして経営方針として中期ビジョン、そして経営の大きな方針について改めて説明をしました。


現場の職人さんも多いので、話の中で特に明日からの現場で徹底してほしいことなどもしっかりと伝えていきます。



スタッフの方からも、凄く良い話をしてくれて参加者に強く伝わったようです。



より良い会社にするために


さらに来年からもブラッシュアップして続けていきます!

































fa8bfe8fc58e5b0cedae15432ce11457

こちらの写真、よ~く見ると見覚えのある風景だ、という方はいらっしゃいませんでしょうか・・・?


そう、奈良県民の方であれば、結構馴染みのある「奈良県運転免許センター」です!



そして、その隣地に立てさせていただいた看板にご注目!
4820b8077cc0e6b587359fb2c6eae6ec

はい、弊社の看板を立てさせていただいたのです!

リーフユニティは運転免許センターから車で4分(看板にも書いてありますが(^^))という近さ。この近くに、こんな展示場があるよ~っていうPRです。


タイトル部分には


「お庭の大型展示場」


と書きました。



弊社の最大の強みは


何と言っても、この展示場。

広さ自慢の上に見どころも満載。



さらに、園芸店「花木らんど」と「カフェぽたりぃ」を併設しており

滞在型ガーデンセンター、とでも申しましょうか

お散歩気分で花と緑を体感いただきながらガーデン&エクステリアのモデル展示を見ていただくこともできるスペースになっているのです!



ただしかし…



色んな方と話をしていても

「あ~、そこね!」


「花屋さん、知ってます!」

「カフェでコーヒーをいただきました!」


なんて話を聞く事が多いですが


実はその奥がお庭の展示場になっていることは、まだまだ知られていないのですね(>_<)



年一回、チラシを折り込んだりもしておりますが


それだけでは、まだまだ不足です。



かと言って、そう何度もチラシを打つこともできません。


そんなわけで



看板の投入です。




免許の切り替えとなると、結構な人数の方々がいらっしゃっている免許センターです。しかも車の運転中ではなく歩いて通る箇所。



少しでもリーフユニティの「大」展示場を知っていただけたらな~、という願いを込めて立てさせていただきました。





そして


今回、この件でお世話になったのが


長田広告さん!



営業のKさんという方が素晴らしい方で

Kさんとの出会いがあった分、この看板以上の何かを得たようにも思います。



看板の費用対効果というものは本当に難しい部分もありますが


この看板設置、新たな一歩になると信じています!









暑いさなかではございますが

各方面の皆様よりのお見積り依頼等を多数いただいておりまして

テンテコマイの植田でございます(^^;



目まぐるしい日々の中、先日結構久しぶりに中小企業家同友会の例会に参加しました。


ちょっと幽霊会員のようになっていた私でしたが(^^;)

やはり時折こういう学びの場に出ることは大事ですね、はい。



色んなことを感じることができたのですが、中でも質疑応答でこんなやりとりがありました。


問「新しいアイデアはどうやったら出てくるのですか?」


答「ずっと、いつでも考えています。トイレとか風呂とかでも。トイレで新しい事思いつく事、結構多いんですよ(笑)」



そうなんですよね~。

私も昔若い頃、まさに自分で言ってました。


「アイデアの量は考える時間に比例するもんですよ」


なんて、言ってました。

そして、それが本当にできていました。


なんですが…



あ~、自分で言ってながら、最近あんまり考えられてなかったな


これが一番の学び、というか反省点。




ブログで色んなこと書くのも、考える時間になっていて良かったのですが

それも最近ちょっと弱くなってました。



ネジまき直し、ですね。


頑張ります。




IMG_4269





昨年に続き2回目となる「拡大施工店会議」を開催しました!



弊社直属の10人の職人さんはもちろん、専属のメンバーを中心とする「わかば会」所属の職人さんみんなに集まってもらっての会議です。




昨年、初めての取組として行いました。




写真にあるように、いくつかのグループに別れてのグループディスカッションがメインとなります。

昨年初めて取り組んだところ、思った以上に手応えがあり今年もブラッシュアップしての開催となりました。


配布資料の加筆、ディスカッションの時間を増やすなど一回目以上の取組にすべく準備をして臨みました。



継続によるブラッシュアップ、これこそが私と弊社の真骨頂。




グループディスカッションによる学びは全体が画一化されるものではなく、グループごと、そして各個人それぞれのものになります。


職人さんたちは普段なかなかこんな機会がないので、新鮮な気持ちで他の人の話を聞いてくれていたようです。




ディスカッションメインなので、私が全体に話する内容も短時間で一点集中です。


今回は


「挨拶の徹底と仕組化」



現場でお施主様や元請担当者さんなどとお会いしたときに



「手を止めて挨拶する」



こんな話は従前から色んな場面で職人さんにしてきました。




しかし「手を止めて挨拶しよう」と呼びかけたところで、これでは徹底できないのですね。


手を止めて、がどういう状態を指すのか

挨拶とは、どのようなものなのか


これらが結局個人任せになってしまうと、そのレベルはマチマチのものでしかなくなってしまうのですね。結果、たいして行動が変わっていないことになってしまっていました。




会議内で仕組化したものは



かがんでいる時は立ち上がって相手の方に正対し

おじぎして挨拶する



というものです。



そして、そこに笑顔を意識する。


そしてこれは、お施主様等に限りません。

つまり、私や担当者が現場に行ったときにもお互いにキッチリやります。

そうやって徹底していきます。




先日、エクステリアメーカーのディーズガーデンさんの工場見学にお邪魔した際にスタッフが

「社員さんの挨拶に感動した」という感想を書いてくれていたのです。



私たちも感動を与える挨拶をしていきたい。




会議内では一点集中で話をしたこともあり、アンケートでも「挨拶が大事だとわかった」などのコメントもあったりでしっかりと伝わったのではないかと思っています。




まだまだ現場には色んな課題もありますが



まずは、挨拶。




明日からの現場改革に取り組んでいきます・・・!









先日、高校を卒業して入社してくれた3人の新入社員たちが


日々、奮闘してくれています!



そして、今年の新入社員の育成のために取り組んでいるのが


「交換日記」



です(^^)








IMG_4009



日々の仕事の振り返りを書いてもらっているのですが


書いてくれている事の中に心理的な動きが見えるのでは…と思ったりして取り組んでいます。



そして私がコメントを書いています。



LINEグループも作っているのですが、帳面に字を書く、というアナログな世界の中で伝わるものがあったりすると思います。



見ていると、日々色んな経験をしてくれていて


彼らの成長が本当に楽しみになっています。




交換日記、なかなかいい感じです!


DSC_0729
3月31日、平成29年度入社式を行いました!



2年前に本格的に取り組みを始めた新卒採用ですが、今年は3人の新入社員を迎えることができました。


入社式という取り組みは今回が初めて。

ちょっと大層かな、と思いながらも橿原オークホテルさんの会場で行いました!


DSC_0001


新入社員の3人です。


こないだまで高校三年生、スーツを着るのも今日が初めて、という3人。結構、サマになってますよ~(^^)



職人の世界を志す3人、スーツを着る機会は滅多とないかも知れませんが

作業服でも頑張って欲しいですね!



DSC_0948


歓迎会の場では、先輩社員によるトークセッション形式で新入社員へのアドバイスを送ってくれました!




「先輩に教えてもらいやすいようにするために、どうすればいいか考えていました。」




そんなこと考えてたんや、良いこと言うな~!



















DSC_0936


新入社員への質問コーナー

「どこに住んでいるの?」

から始まって


「彼女はいますか?」なんて下世話な質問も(笑)





DSC_1016


実は親御さんから手紙をいただいておりまして、それを読むというサプライズも用意しました。



学生から社会人になった君達、もうご両親に養ってもらうのではなく恩返しをしてくんやで・・・


そんなメッセージを送りました。







職人不足の時代が近づいてきています。

弊社でも、世代交代待ったなし。


そして若い世代への技術の伝承が、ベテラン職人の役割でもあると思います。



そんな思いで取り組み始めた新卒採用。

2年前、間違いなく何かが動き出しました。




そして今年。



3人という事もあり、これまでにない育成方法を考えて私たちもチャレンジしていきたいと思います。


早速、新入社員研修に入っています。

これも全く初めての取組です。



そして現場でも、見習いではなくどんどん技術習得をさせていく計画です。


そうやって、早期に若い世代が弊社現場の主力部隊となることを目指しています。



これからのリーフユニティを担うであろう彼ら3人の輝かしい未来に、本当に期待したいです!





先日の事ですが


ディーズシェッド・カンナを代名詞とするエクステリアメーカーのディーズガーデンさんにお邪魔してきました。




DSCF0288

P1030223

CIMG1323

6f77f38a-s1

    ↑


弊社のカンナ施工例の一部です(^^)/

今回は「パティオ・ミーティング」と題しまして、ディーズパティオという商品についての勉強会でした。










IMG_1116-e1488449281831
全国各地、それも遠方から多くのエクステリア店から参加されています!




内容としてはディーズパテイオのみならず、集客やホームページ、工事に至るまで色んな事に話が及ぶ濃い内容でした。

周りの方々の勢いに、私ももっと頑張らなイカンなと反省してみたり(-_-;)






IMG_1127
また、カンナの新色をはじめ新商品も見せていただきました!

庭周りの商品が多く開発されていて、楽しみになってきました♪



しかし実は、私の最大の目的は商品知識の勉強でも集客についての勉強でもなく…













「おもてなし」でした!





IMG_1112-e1488451601370
ディーズガーデンさんに到着した時点からの数々の心のこもったおもてなし。

ディーズガーデンさんで研修に参加するのは4年ぶりくらいだったのですが、4年前から確実におもてなしのレベルがアップしています。


 おやつの時間に地元の銘菓をいただいたのですが、社員さんからその説明があったり 優しい音楽が流れたり。


他にも数々のおもてなしを学ばせていただきました。



それと言うのも、私もこのおもてなしをする側になりたいと思っているのです。

先日もお得意先様向けにセミナーを開催したのですが、まさにディーズガーデンさんのようにお得意先様を支援しておもてなしをしていきたいのです。




そして、もう一つの目的。


環境整備


です。




IMG_1119
工場や事務所で行われている環境整備活動は もう驚きの連続です。


何より凄いのは

その環境整備についての説明を、入社2年目や3年目くらいの若い社員さんがしっかりと説明されていたことでした。



会社の文化って、こんな風に浸透するものなんだ…と肌で知る事ができました。




本当に行ってよかったですし、今度は社員さんを連れてお邪魔することにしました。


数々のおもてなしと共に、経営者としても学びの場をいただいたディーズガーデンさんに改めてこの場を借りて御礼申し上げたいと思います。



ありがとうございました!







このところずっとダメダメのボクシング漫画のタイトルになってしまいましたが

良いタイトルなんですね、これが(笑)。



先日、とある所でとあるテーマの勉強会に参加しました。

参加しました…というと少し違いますかね。
弊社向けに勉強会を開催していただいた、という感じです。






IMG_3617

内容は


こちらで書くには時期尚早と言いますか


未来に向けての第一歩ということで、まだまだの内容です。



しかし、はじめの一歩がなければ永久に到達することはありません。



経営計画では2022年、ですから今から5年後のサービスインを計画していましたが少し前倒ししていけそうです。




先を見据えて


しっかりと取り組んで参ります。






昨日の夕方、スタッフと若い職人の二人と話をしました。


話題は


これからの巡回サービス について。


 巡回サービスとは、リーフユニティのホームページにも記載してあるのですが

弊社のOB施主様にご案内しているサービスです。


例えば、単独でお見積りすると割高になりやすい植木の消毒をできるだけ地域をまとめて巡回し、低価格での対応をしていく、という趣旨のサービスです。

初めてサービスインした時には、私自身が軽トラックに乗って巡回しました。

お客様からも好評で、以降毎年のようにお申込みいただく「常連」のお客様が沢山できました。



植木の消毒から始まり

「1本だけ剪定する、とかどうやろう」
「寒肥とかも行けるよね」
「土とか引き取ってほしいとか要望あるんちゃうかな」

などと同乗して巡回していた職人のY君と話をしながらサービスメニューを拡充してきました。


そして今のサービスメニューが出そろったころ、私自らが巡回に同行することはなくなりました。



それから―



巡回サービスをいただくお客様は少しづつ増えてきました。



しかし、サービスメニュー自体は変わっていない。

私が巡回していたころは新メニューを次々に考案していたのですが、私が離れてから新メニューの登場は途絶えてしまっているのです。


確かに、新しいことを始めるのは難しいことなのかも知れません。

慣れたこと、今までと同じことを繰り返すのは楽だからです。



もちろん、私が考えていけば新メニューはおそらく作れるでしょう。



しかし、それではいつまで経っても私の一人舞台となってしまう。

そのあたりの話を二人にしました。




一回話をしたくらいで簡単にできる事ではないと思いますが


スタッフや職人の子が主体的に考えて新しいことを始めていってほしい…、そう願って問いかけました。



今年は彼らの考えた新メニューのサービスインに期待をしたいと思います。



こんな部分も


一歩一歩ですね。

























お恥ずかしながらインフルエンザになってしまい(-_-;)

このところ何もできていなかった植田です。。


そういうわけで少し前の話になってしまうのですが



弊社主催のセミナーを開催しました。



さらっと書きましたけれど


弊社主催、ですよ・・・!



セミナーに参加することは時折ありますけれど

主催は全く初めての取組です。












IMG_3465
こんな感じです。 なかなかの盛況でしょう? 一番前に小ちゃく映っているのが私。 開会の挨拶をしているところです。
IMG_3487
セミナー講師は佐藤元相氏。 「住宅営業プロセスセミナー」と称して、弊社得意先様の住宅営業担当者さん向けに行いました。 佐藤氏とは10年来とのお付き合いですが、まさかセミナー講師を私が依頼することになるとは思ってもいませんでした。
IMG_9734
左から、今回のセミナーにもご協力いただいた司法書士の山岸氏、私、そして佐藤氏。
お得意先様からは「なぜ、こんな事やってくれるんですか?社長とこにメリットあるんですか?」なんて訊かれたりもしました。


なぜ、こんな事をしたのか。



今回の取組はいわゆる「顧客支援」という考えに基づくものです。

お得意先様の商売繁盛あっての私たちです。お得意先様の住宅が売れれば売れるほど、私たちの会社の仕事も増える。


私たちにとっても、一日でこんなに沢山の皆様とお会いできるという大きな接点となります。

また弊社の付加価値、そして差別化の一つとなります。



こういった取り組みはメーカーや代理店などがよく行うことがあるのですが、イチ外構屋としては滅多とない取り組みだと思います。




この取り組み方が正しい、有効だ、となると「じゃあウチもやるぞ」とマネされるかも知れませんが

必ずしも全ての同業者に当てはまる話ではありません。



コスト、そしてセミナーへの集客、これらのバランスがとれなければ上手くいきません。

これらのバランスが取れるのも企業のステージです。




私たちにとっては、はじめの一歩でしたが


これは大きな、大きな一歩となりました・・・!




新年の業務がスタートして一週間ですが



早速ありがたいご縁を色々と頂戴しております…!





OB施主様からご相談をいただいて工事が決定し

また別にOB施主様からご相談いただき来週にお邪魔いたします。


昔の後輩が外構工事の相談をしてきてくれました。


新たな2件のお得意先様から初めてのお見積り依頼をいただきました。

別な新たなお得意先様へお見積りと図面を提出したところ、大変喜んでいただけました。

お得意先様のイベントの協力依頼をいただき、ご期待の言葉をいただきました。



公共工事のご縁もありました。




1~2月って、12月の反動もあって閑散期であったりもするんですけど

各方面の皆様のご縁で大変忙しくさせていただけそうです



もちろん、上に書いたことだけではなく

昨年までの積み重ねあっての事ですけどね。





そして、目先だけでなく未来に向けて自信が持てます。


今年は昨年以上に良い年になりそう・・・


いや


絶対に良い年にしてみせます!











先月末の話ですが、弊社に入社予定となっている3人の内定者が内定者研修にきてくれました!


学校が冬休みである期間でもあり、二日間アルバイトを兼ねて現場を体験してもらいました。
IMG_3351
IMG_3353
植木の剪定の掃除程度の作業ですが、彼らにとっては新鮮に映るのか目を輝かせてやってくれています。
IMG_3350
彼女は…と言えばわかってしまうのですが女の子です!


女性でありながら職人を志すという稀な存在。

しかし弊社には以前も高卒で職人の世界で頑張った先輩がいました。女性でも活躍できる職場だと今なら言えます。
二日間の現場研修を経て、そして少しですが座学の時間も取りました。


もちろん講師は私。

ここで元・塾講師の昔とった杵柄が唸ります(笑)。



会社のこと、そして現場の基礎知識、それと経営理念についても触れました。

うん、いい感じです。この機会はきっと後に繋がっていくと確信しました。





終了後は懇親会で、年の近い先輩たちも加わって盛り上がりました。




2年前に新卒採用で二人の高卒の子らが入社して、フレッシュな風に会社の雰囲気も変わってきたように思います。

その彼らに後輩ができるわけです。



何か若い子らを見ていると、未来に希望が湧いてくるように感じます。

一方で、彼らを育て上げていくことが私たちの大きな役割となります。



3人の入社が楽しみです!




IMG_3356
先ほど終礼も終わり スタッフも皆帰ってくれました。

恒例ですが、この日に一年の振り返りをブログでやっております。


昨年の私の漢字一字は「新」でした。新卒採用で入ってくれた新入社員の存在、そして新たに打ち出した基軸などを象徴した漢字でした。


今年は・・・そうですねえ、ちょっと悩むな~。 苦しいこと、悔しいこと、反省点もいっぱいの一年でしたが後ろ向きではいけませんから・・・ 「礎」としましょう!

多くの新たな取り組みがスタートしました。 すぐに業績に結び付くものではなかったかも知れませんが、それらが来年から進化を続けていきます。 今年の第一歩が必ずや未来への礎(いしづえ)となる年になると信じています。


そんな2016年。


「凡事徹底」をスローガンとして掲げ、簡単なことを徹底して行っていくことを皆で意識した。


今年の年頭に新しく「経営指針書」をスタッフに配り、その読み合わせを毎月一回行った。


「設計積算部」が発足し、見積業務の内製化へ舵を切った。


展示場のリニューアルを行いモデルガーデンを新たにつくった。


展示場の植栽リニューアルを年2回行う「型」をつくった。


「自己申告シート」をスタッフに書いてもらい、これまで聞くことのできていなかったスタッフの声を聞くことができた。


スタッフの面談を春にも行い年3回の面談を行うルーチンとした。


新たな小冊子「リビングガーデン事例集」を制作できた。


春のフェアでは「植木ガイドツアー」を新たな取り組みとして行った。


社内横断組織でもある「総合企画チーム」が発足し様々な経営課題への取り組みをスタッフと共有する仕組みができた。


「拡大施工店会議」を初めて行い職人さんのグループ討論を行った。


「行動指針」を新たに策定した。


ニュースレター100号記念号を発刊できた。


産休・育休だったスタッフが復帰してくれた。


お客様感謝祭では総合企画チームが全ての企画、準備、運営を行ってくれて私の大きな業務の一つが手を離れた。


新卒採用の取り組みを強化し3人の内定者が入社してくれることになった。


3年間私のアシスタントをして業務を指導し続けたスタッフがアシスタントを卒業して第一線へ出てくれた。


社労士さんと顧問契約を締結し、労務管理のレベルが上がった。


御礼ハガキを出すことが習慣化できた。


営業体制をチーム制へと完全移行し、スタッフ間で協力する体制に一歩進んだ。


思わぬところでのご縁で新たにスタッフ候補生が入社してくれた。


営業・マーケティングの新たな取り組みを行い新たなご縁が多く生まれた。


リーフユニティのホームページのフル・リニューアルに取り組み、12月に新サイトとなってオープンした。


それに伴い当ブログがライブドアから自社サイトへと移転した。


それに先だってブログ3000本投稿を達成した。


年賀状に替えて年末に届く御礼ハガキを出すことにして、それら全てに直筆メッセージを添えた。




 うん、こうやって振り返れば充実した一年でしたね。 色々な一歩を進めることができました。

 来年という新しい年には、これらの新しい取り組み全てがブラッシュアップされます。 そして、どんどん成果へと結びついていく事は間違いありません。



 書いていて、来年が本当に楽しみになってきました。

 一方で反省点が山ほどあります。

それを痛切に感じる今、私の経営者としてのレベルの少しばかりは上がったようです。 いや、上がったというより目先の業務に追われて経営者としてのマインドが希薄になっていたものを取り戻せた、というのが正しいかも知れません。


現在、私のマインドは最高潮です。 全てをやり切ると決まっています。 昨日のブログで書いたように「突き抜ける」ところまでやっていきます。


本年もお世話になった皆様方、そしてブログをお読みいただいた皆様、頑張ってくれたスタッフや職人さんたち 各方面の皆様に深く感謝して、今年の当ブログを締めくくりたいと思います。



ありがとうございました!


植田 健史

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このところ「腑に落ちる」とか「腹に落ちる」というような表現を聞く機会が多いです。


結局、そこなんですよね・・・。

いくら本を読んで理解したつもり、勉強したつもりになっても行動や習慣が変わっていかないのは「腹に落ちて」いないから。


なので「腹に落とす」ために、あの手この手でやっていかなければならないのだと思います。



私は同じ本を何度も読む、という事をこれまで実践してきました。結局「腹に落ちて」いないことばかり。

「腹に落ちる」と潜在意識となるので行動や習慣が変わるのです。そのレベルとなると、本で読んだ内容を自分の言葉で語れるくらいにならないとダメですね。

しかし最近感じたことでもありますが、読んだときの自分の状況や環境によっても「腹への落ち方」の差がありますね。そういった意味でも本を何度も読むことには色々と意味がありそうです。




先日知った稲盛和夫氏の「経営の原則12ヶ条」にもあります。

7.経営は強い意志で決まる

これも同じような事で、強い意志があるからこそ潜在意識となって行動や習慣が変わるんですね。




そして最近読書していて感じた事。


結局、ノウハウやハウツーというテクニック的な部分ではないということ。

ノウハウやハウツーのレベルがどうであろうと、「突き抜ける」ことができるかどうかで成果が決まる。


営業一つとっても、中途半端なレベルではなく誰にも負けないくらい突き抜けられたか。それが訪問件数であってもハガキを書く枚数であって電話をかける件数であっても・・・究極はなんだっていいんです。ただハガキだとコストパフォーマンスが高いとかいう違いがあるだけで、コストパフォーマンスが高いからといってハガキ一枚書いたところで成果など得られません。



凡事徹底、というのもそうです。平凡なことを誰にもマネできないくらい非凡にやる、という事ですね。


「腹に落として」「突き抜ける」


最近はそんなことを考えている植田です・・・。












昨年に続いて、高二生のインターンシップを受け入れまして

 

先日二人の元気な高校生が来てくれました!

 

計3日間だったのですが、ぜひ現場をつくりあげるやりがい、喜びのようなことを感じてもらえたらと思い、彼らが来る日に合わせてある現場の着工を予定して彼らの最終日に概ね完成する工程を組みました。

 

広いお庭に主に人工芝を貼る、という内容の現場です。

 

着工前は言わば単なる空き地です。草刈りはしてあるもののコケが生えていたりで殺風景な光景からのスタート。

 

私が車に乗せて二人を現場へ連れて行ったころにはベテランの職人さんたちが作業の準備を進めてくれていました。

まずは表層の土を漉き取る作業からのスタートです。

 

二人も見ているだけでは退屈なので一輪車で運んでもらったりしました。

 

2日目以降、排水工事、砕石敷均し、そしてクッション用の砂を運びいれて人工芝を貼る作業へと進んでいきます。

 

そして最終日にはすっかり人工芝も張り巡らされて見違えるようなキレイな庭になりました。

 

最後に私が現場へ行って「どうやった?」と訊いたところ

「すごいです!」というような言葉を口々に言う彼らの目が輝いているように見えました。

 

 

 

まだ高校二年生なので卒業後の進路も含めてまだまだ「働く」という事へのイメージは少ないかもしれませんが、何か少しでも仕事の楽しさであったり私たちの現場の仕事について知ってもらえたらいいな、と思います。

送り出してくださった高校からは彼らの一年先輩である高三生が今年入社を志望してくれて、来春の入社を予定しています。もちろん来年以降も造園やエクステリアの仕事を志望する新卒者を幅広く募集していく予定で、高校との関係づくりは大きな目的です。

 

今回来てくれた二人が「入社したい」と思ってもらえて来年また会えたら嬉しいですし、もちろん他校さんも含めて新卒採用に注力していきたいと考えています。

 

 

と言いつつ

 

手伝ってくれて現場の方も助かりました!

 

お疲れ様、ありがとう~(^^)/

 

 

 

 

 

 

今期からスタートしたマーケティングのプロジェクトが

少しづつですが成果となって表れてきています・・・!


これがまた、ブログでは内容を詳しく書けないのですが(なら最初から書くなよ、と言われそうですが(^^;)

要するにお客様とのご縁を増やそうと思って動いているのです。


そうすると

動けば動くほど何かが起こっていく。

動かないと、始まらない。伝えないと、伝わらない。


当たり前すぎるような事なのですが、ことビジネスの世界で意外にも行われていない事のようにも思います。


まだまだ少ないですが、動いて伝えたことに対して成果が上がりました。

と、いうことは

動けば動くほど、その成果が間違いなく上がる。


そして実は、一番のミソとも言えるのですが

このプロジェクトにはさほどのコストがかかっていないのですね。


費用対効果が合うならば

さらにアクセルを踏み込むことができます。


ここが大変重要なことなんです。



そういうわけで

アクセル、踏みます。


来年の大きな動きがイメージできてきました。



楽しみで

ワクワクです・・・!

















先日、リーフユニティのWEBサイトのリニューアルについての打ち合わせを制作業者さんと行ってまいりました。

リーフユニティのホームページが世に出てから9年が過ぎました。



それ以来少しづつブラッシュアップを重ね、そしてそれなりの成果も得て今に至ります。

今なお、とても気に入っていて思い入れが沢山つまっているものです。


しかし

スマホ対応、そしてブログの内製化という大きなテーマもあり、ここでフル・リニューアルに踏み切ることにしたのです。


実は少し前から打ち合わせ、制作を始め

いよいよ、その仕上がりが近づいて参りました。



しかしマーケティングとしてのWEBうんぬん以上に

改めて感じたことがあります。



「緊急ではないが重要なこと」を如何に着実に進めていくか。

この言葉は色んなところで言われていますが、経営では本当に大きなポイントです。



ホームページは現行サイトが既に一定の成果を出していますので、まさにこの「緊急ではない」象限に入ってしまっていたのです。


もっと早く取り組んでもっと早く進めていくべきだったのですが、日々に終われ、流されていた自分を改めて感じました。


WEB以外のことでも「緊急ではないが重要なこと」を実は多く考えています。

そしてそれらは全て経営指針書に書かれているのです。

もっと着実に進めていかねばなりませんね。



改めて


頑張ります!

今期からスタートしたマーケティングのプロジェクト(と言うほど大げさな話ではないかも知れませんが)が

なかなか面白い事になってきています。



中身はちょっとブログでは書けない内容でもあるので、お読みいただいている方には何の話か、という事になってしまうのですが(-_-;)


中身以上の手応えを感じつつあるんですね。



チーム制で動いていくことによる社内の活性化。

社長である私の仕事の背中を見せる機会と意義。

各種のツール整備。

活動を通じて感じる私たちの仕事への期待と要望、そして当社らしさとは・・・?という考察。



そして何より



人のご縁。


思わぬところで人のご縁と、そのありがたさをしみじみと感じています。




ありがたく


そして


楽しいです!





今年の1月の年頭訓示でスタッフに配布した「経営指針書」というものがあるのですが

期初にあたり、先日改訂をいたしました。



経営理念や経営方針は簡単にブレることはないのですが

単年度の方針、そして計画は新しいものになります。



そのあたりを新しいものにして、先日の全体会議にスタッフに説明しました。



そして


実は来年1月に行う年頭訓示の際には、また新しいものにバージョンアップします。


なぜ、そんなに短期間でバージョンアップするかというと

「スローガン」を新しいものにするからなんですね。



実は

スローガンは「年度」ではなく「年」で決めているんです。


スローガンは6年前に始めたものですが、年頭訓示を考える際に思い付き(?)で始めました。

それ以来なので、「年」になっちゃってるんですね。


「年度」替わりも一つの節目ですが、「年」が替わるのも大きな節目です。新年に新しいスローガンを掲げる、これはこれでいい流れになっています。更にいうと、その前年の忘年会の挨拶で翌年のスローガンを発表する、という型もずっと継続しています。



そういうわけで、スローガンを新しいものにかえて経営指針書もバージョンアップするのです。

その際、その他の部分も改訂をしようかと考えています。



そうすると期初の10月と新年の1月に経営指針書がバージョンアップしていくことになりますね。


うん、今年からそうしていきます。



ちなみに


来年のスローガン、実は既に決まっています。

発表は忘年会の席なので、今は内緒です。

スローガンは単なるお題目ではなく、想いを込めたメッセージにもなっています。



経営指針書、というスタイルにして今年が1年目。

年々、さらにバージョンアップさせていきます・・・!



今日もお読みいただきありがとうございます。(69日目)




電通にお勤めだった女性が自殺したという事で最近ニュースになったりしています。

その事自体にはコメントする立場でもなければ、情報も持ち合わせていないので何も言えません。



ただ、そんな中で見かけた「電通 鬼十則」。



1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。



しいて言えば5の「殺されても放すな」が引っかかる程度で

鬼っていうほどでもないように思いますけどね(^^;



若干言葉の使い方がハードな部分はありますが

全般的にむしろ前向きで良い内容だと感じるのは

経営者だからなんでしょうか…?



2とか絶対大事じゃないですか。

先手先手、受け身でやるものではない、とか。


ちょっと参考にさせていただきます…。


今日もお読みいただきありがとうございます。(68日目)



 

前回のブログに書いた経営も12カ条。

 

これを心に刻むべく

 

日替わりメニューにする事にしました(^ ^)

 

 

すなわち

 

月曜日は第1条、火曜日は第2条というように1日1カ条を胸に刻んで行動します。

 

 

例えば昨日は金曜日だったので

 

第5条「売り上げを最大限伸ばし経費を最小限に抑える」です。

 

移動中などに、これについて考えて行動に反映させていくのです。

 

 

結構…、いいです。行動が変わります。

 

ちょっとしたことを行動に移していけるのです。

 

 

日曜日だけなしにすると二週間で12ヶ条回すことができるので、また戻ります。

 

すると二週間おきに決まった曜日に決まったテーマとなるわけです。

 

 

 

そういうわけで

 

今日土曜日のテーマは第6条「値決めは経営」

 

 

しばらく、こんな感じでやってみます(^^)v

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(67日目)

 

 

 

 

 

三度目となるセイゼンコウ参加。

 

 

 

 

初めての参加

 

二度目の参加

 

 

 

正式名称は「青年経営者全国交流会」

 

まあ、もう青年と言われるのも苦しくなってきた感もあるのですが

 

中小企業家同友会の会員であれば参加できるということで、オッケーなんです(^^;

 

 

 

 

 

 

 

一昨年は何も分からず誘われるがままに参加。

 

ですので得られた学びも、それなりでしかありませんでした。

 

 

 

昨年は様々な出会いや学びを重ねての参加でしたので、やはり感じたことが違いましたね。

 

 

 

そして今年。

 

 

更なる学びと行動を重ねての参加です。

 

キーワードは「経営指針書」です。

 

 

 

経営体験報告、そしてグループディスカッション。

 

いずれもが学び深く、そして刺激も強烈でした…!

 

 

 

同友会という場については様々な思いもありますし

 

青全交参加へのスタンスも少しづつ変わってきています。

 

 

 

三年続けて参加して感じることとして

 

やはり経営者としてのステージが変わるに連れ、学びのステージが変わっていることです。

 

 

 

私など本当に、まだまだであることを感じたのですけど

 

やはり今年ならではの学びがありました。

 

 

 

そうやって、学び続けないといけないという事なんですね。

 

 

 

戻ってきて、これからが実践です。

 

今日は夜な夜な考えたいと思います…。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(63日目)

 

 

 

 

 

 

先日の学び。

 

 

以前、とある懇親会で隣合わせた方と久しぶりに顔を合わせる機会がありました。

 

 

その方とは一応名刺交換しただけで、お名前も思い出せなかったのですが

 

すれ違った瞬間にニッコリと笑顔でご挨拶いただいたのです。

 

 

もう、相手に与える印象が全く違うのですね。

 

 

他の人でも、微妙に口角が上がっている人なんかは

 

何か愛想よく見えたりします。

 

 

 

 

振り返れば

 

まあ~私などまだまだ全然できていないわけです(-_-;)

 

 

 

まして、どうも年とともに目力が落ちてきているような・・・。

 

 

 

笑顔の印象だけで人のご縁が変わるでしょうから

 

笑顔一つで人生を変えることができる、ということですね。

 

 

 

これはもう、即実践しないといけない。

 

 

「笑顔であいさつ」

 

 

実は先日作った「行動指針」にも掲げています。

 

 

作った張本人が今頃こんなこと言っているくらいですから

 

分かっているつもりでも全然実践できていないことも多いです。

 

 

 

笑顔がイチバンです。

 

 

今日から妙にニヤニヤしているように見えるかも知れませんが

 

まあ、そういう事情でございます(笑)

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(62日目)

 

 

 

 

 

 

本日は弊社にお越しいただいての打ち合わせがあったり

 

現場での打ち合わせの予定が流れたりで

 

 

 

珍しく(!?)事務所で腰を落ち着けて仕事ができています。

 

 

 

現場の仕事も山積みなんですけど

 

ここはマネジメントに頭をめぐらせています…。

 

 

 

 

社内の仕組みづくり

 

売上と利益について

 

人材の確保と育成

 

 

 

考えてみれば、簡単にできる事が一つもないんですね。当たりまえですが。

 

 

出来る事から一歩一歩…ではアッというまに10年くらい経ってしまって何も進んでいない事になるでしょう。

 

 

 

と、なると

 

限られた時間でどこまでできるのか、という事です。

 

 

 

それならば、マネジメントの時間戦略に仕組みが必要なのでは…?

 

ちょっと時間があるからマネジメントについて考えているようではダメでした。

 

 

 

それこそつまり「緊急ではないが重要なこと」を予定していくという事になります。

 

 

 

週間タイムスケジュール、考えます!

 

 

 

 

 

 

実は私は元・金融マンです。

 

 

 

財務・会計などは結構勉強しました。

 

実務的な勉強、というよりも試験勉強が多かったのですけどね。

 

 

 

試験勉強なんで、使わない知識などは忘れていく一方で

 

今となっては大した知識など残っておりません…。

 

 

 

ただ

 

簿記や会計には、「キモ」になる部分はあると思います。

 

さすがにそれは身に染みついているつもりです。

 

 

 

私が社長になって10年が過ぎました。

 

誠にお恥ずかしい話なのですが…その間ずっと、まさにドンブリ勘定でした。

 

 

 

金融業界出身でありながら、会計を思い切り軽視して

 

「商売は売って儲けるのがキモや、経理や会計考えている暇があれば売ることを考えなアカンのや!」

 

という考えに徹底的に凝り固まっていたのです。

 

 

 

私にとっての経営とは

 

 

イコール「営業・マーケティング」オンリーでした。

 

 

 

 

結果的に、それが良かったのか悪かったのか。

 

 

少なくとも私自身にとって必要なプロセスではあったと感じています。

 

 

 

現在、結果として様々なご縁に恵まれて私の経営課題は「営業・マーケティング」とは別のところに移りました。

 

 

経営者として、次なるステップを踏まねばならないと思っています。

 

 

その一つとしての経理・会計。

 

最も重要なキーワードは「経常利益」。

 

言うまでもないことですが、いくら会計の勉強ばかりしても「経常利益」が上がるわけではありません。

 

 

ここで大事なのは、それを常に見えるように管理することです。

 

 

 

恥ずかしいくらい、今さらながら…です。

 

 

しかし頑張ってきたからこそ、ここまで来れたとも言えます。

 

 

 

そもそも何も抵抗のない、本来の得意分野です。

 

 

やっていきますよ…!

 

 

 

 

 

 

こうやって毎日ブログを書いていると

 

本当に経営について考える時間になるので、素晴らしくいいですね!

 

 

 

ちゃんと考えないと、ペラッペラの内容のブログになってしまう。

 

 

SEO丸出しのタイトルやら、いちいちメーカー商材の紹介ブログやら…私には必要性の薄い目的です。

 

まして「今日のランチは~でした!」なんてフェイスブックでリア充PRのレベルは、私のブログではありえません。

 

 

 

 

当ブログでは、内容を経営に関する話に特化すると宣言しました。

 

 

以前のような阪神ネタは封印しています^^;

 

 

 

 

これ、素晴らしい効果ですよ!

 

 

私はこのおかげで考えが深化して、そして行動が変わりました。

 

これが継続していくと、どうなってしまうのかワクワクします。

 

 

 

 

経営者は未来の事を考えないといけません。

 

「緊急ではないが重要なこと」を行動していくというのは、まさに未来のためです。

 

 

 

実際は「緊急なこと」が次々に起こりますから、これは口でいうほど簡単な事ではありません。

 

ブログを書くなんて、まさにそうです。

 

 

 

ですから

 

 

 

経営者ブログ…、案外続いている人少ないですよね!?

 

 

 

ちなみに私は最近、経営者としてベンチマークした人がいます。

 

ご本人に確認していないので今は名前を伏せておきますけど、凄いブログを書いておられます。

 

それに負けじ、と私も熱を込めて書いています。

 

 

 

 

そうなんです。

 

 

ブログって、伝わるんです。

 

 

そう思って10年前に始めたんです。

 

 

 

ブログ…、経営者の重要アイテムだと思います!

 

 

 

 

 

 

今日から、また一人産休・育休から女性スタッフが復帰してくれました!

 

とは言え、私が出ずっぱりで会えなかったんですけどね^^;

 

 

事務スタッフなのですが、正直私が彼女以上に能力の高い女性と一緒に仕事をしたことがありません!

 

自ら業務をカイゼンしていける、という素晴らしい能力を備えているんです。

 

 

 

本当に嬉しいです!

 

 

戻ってきたい、と思ってくれるのが一番嬉しいのです。

 

少しなりとも働きやすくて良い会社だ、と感じてくれているのであれば何よりです。

 

 

 

彼女に限らず子育てママが数名仕事をしてくれています。

 

子供さんが小さいうちは何かと大変だと思いますし、仕事もままならないところもあろうかと思います。

 

 

 

そのあたり、自由にやってもらっています。

 

出退勤の時間や急な休みなども、できるだけ融通を聞くようにしています。

 

 

 

女性の活用なくして、地方零細企業の人材戦略は成り立ち得ないと思うのです。

 

 

 

このところ

 

 

もっと掘り下げて考えていきたいと思います…!

 

 

 

 

 

 

昨日は月例のスキルアップ会議を行いました!

 

現在、社内の仕組みづくりの重要な部分をこの会議でコンセンサスをとりながら進めています。

 

 

 

今日も、とても有意義な時間でした!

 

 

 

今の私、そして弊社にとっての最重要課題が「仕組みづくり」なんですね。

 

 

過去10年間、私のマネジメントの最重要課題は「営業・集客」でした。

 

結果、掲げてきた売上目標を突破してきました。

 

 

 

この経営課題は間違いなく最重要なものです。

 

売ることなしに企業は成り立ち得ません。

 

 

 

 

しかし私自身が「営業・集客」を考えるのが楽しくて、そればかり考えていたというのも事実であり

 

それ以外の経営課題が着いてきていなかった。

 

 

 

 

ここ数年でリーフユニティは完全に新たなステージに昇りました。

 

それとともに、経営課題も別なものへと変わっているのです。

 

 

 

「仕組みづくり」の次には「人材確保と育成」という、これまた大きな経営課題が控えています。

 

 

私の役割も、経営のステージに合わせて当然変わってきます。

 

 

 

経営って

 

 

難しいです。

 

 

 

しかし、将来に期待いっぱいでワクワクできる仕事です。

 

 

とてもやりがいのある仕事ですね!

 

 

 

 

 

 

昨日、第一回のスタッフ宛メール配信を行いました!

 

 

 

毎週月曜日に発信していきます。

 

まずは、第一歩です。

 

 

 

早速、来月に予定した30周年の打ち上げの予定などを連絡しました。

 

 

 

 

まず、始めること。

 

そして、続けること。

 

続けていれば、何かカイゼンしたくなるものです。

 

 

 

弊社経営理念は「継続が幸福を導く」。

 

 

新たな継続のスタートです!

 

 

 

 

このメール配信を通して、経営理念を伝えていくこともできます。

 

 

 

経営理念って

 

額縁に入れて飾っているだけでは、まさに飾り物にしか過ぎません。

 

 

 

誰よりも先に、スタッフに伝えるべきものです。

 

 

 

ま、そればっかりだとスタッフも飽きてくるかも知れませんので

 

別に毎週経営理念を語るわけではなく、色んな四方山話をまじえてまいりますが。

 

 

 

 

私は10年前に書いた初めてのブログに

 

「不思議なくらい、ブログって想いが伝わるんですね。」

 

と、書きました。

 

 

 

そう、文章にしたものが結構伝わるんです。

 

 

もっと早くするべき事だったのかも知れませんが、いいんです。

 

経営にはステージがあり、経営者自身にもステージがあるんです。

 

 

 

 

さあ

 

 

色んなこと、伝えていきますよ…!

 

 

 

 

 

 

実は少し前から

 

 

出勤時刻を繰り上げています。

 

 

 

朝は6:30から始動することにしました。

 

毎朝の朝礼を7:30に行っているのですけど、その1時間前に始動することによって段取りがとてもよくなりました。

 

 

 

朝の1時間は、夜の2時間くらいに匹敵するんじゃないか…というくらい集中力が冴えわたります。

 

とても良い感じです。

 

 

 

もちろん、その分早く起きるようにしています。

 

 

 

早起きは三文の得。

 

だいたい、ことわざになっている事ってメチャクチャ世の中の真理を言い当てているんですよね。

 

 

 

 

この習慣はしっかり定着、継続していきたいと思います。

 

 

 

 

 

そして、今の時間までの労働時間は1日16時間(もちろん休憩時間はありますが)。

 

 

 

 

本来は、朝の時間の集中力を生かして夜は早めに切り上げたいところでもあるのですが

 

今はこれでも時間が足りていない感じです。

 

 

 

 

さらに時間効率をあげられるよう

 

 

何とか工夫してすすめていきたいと思います。
 

 

 

 

 

 

昨年の1月から始まった弊社30周年アニバーサリー期間が、この6月で終了します。

 

その前の1年を準備期間とし、都合2年半かけて取り組んでまいりました。

 

 

 

準備期間にスタートしたのが、ショールーム・事務所の改装。

 

30周年なんだから…、と行動が後押しされました。

 

 

 

そして昨年は

 

 

30周年記念式典

 

家族慰安会

 

お客様感謝祭30周年記念特別バージョン

 

 

と、行い

 

 

 

 

今年に入って

 

 

 

 

展示場リニューアル

 

記念植樹

 

30周年記念フェア

 

 

 

ここまで計画どおり進めてくることができました。

 

 

 

そして最後に

 

 

 

社内の打ち上げを行います。

 

その日程も決定し、場所の確保もできました。

 

 

 

やってきた事それぞれが、本当に意義ある内容となりまして

 

30周年を大々的に取り組んで本当によかったな、と思っています。

 

 

 

 

そして、これからの30年を見通すのが私の責任となります。

 

 

その経過の中で迎えるであろう

 

40周年、そして50周年。

 

50周年は、さらにもっと大々的にやりたいです…が、私は62歳

 

 

 

 

 

40周年は、ちょっと縮小バージョンでの開催かな。

 

35周年や45周年なども、何かやっていきたいと考えています。

 

 

 

単発ではなく、何度も何度も30周年を発信することによって

 

何か少しでもスタッフをはじめ関係者様に伝わるものがあったのではないかと思います。

 

 

 

 

以前のブログにも書きましたが

 

今の私の齢で30周年を迎えることができたというのは、経営者として本当に幸運なことでした。

 

 

 

改めて

 

 

お世話になってきた各方面の皆様に感謝いたします。

 

 

 

そして誰よりも

 

 

亡き父に、感謝です…。

 

 

 

 

 

 

今年は、経営者として初めてある決断を行いました。

 

 

すなわち

 

 

営業・マーケティング面でのブレーキをかける

 

 

こと。

 

 

 

 

ある方面の仕事から撤退し

 

そして、いよいよ来週から大きな転機を迎えることとなります。

 

 

 

お陰様で各方面からのご縁に恵まれ

 

どんどん受注が上がってきています。

 

 

 

しかし、モノを仕入れて売るという仕事ではなく現場を作るという仕事ですから

 

職人さんの数しか現場は作ることができません。

 

 

 

生産力を増強する、すなわち職人さんの数を確保するということは

 

言うのは簡単ですが、実際は簡単なことではありません。

 

 

 

決して誰でもいいという事ではなく

 

信頼関係で結ばれた職人さんでないとダメなんです。

 

 

 

いくら受注をしても職人さんが不足して現場がパンクしては何にもなりません。

 

ご縁が増大する一方で、経営理念や方針に合致しにくい仕事をセーブする必要が出てきたのです。

 

 

 

 

10年間やってきて、私初めてブレーキを踏みます。

 

どちらかというと、いかに受注を増やすかという営業・マーケティング面を第一に考えて経営してきました。

 

アクセルを踏むことばかり考えてきました。

 

 

 

しかし、ここでブレーキを踏む。

 

恵まれた環境での決断という事もできると思います。

 

そしてブレーキを踏む事によって、もっと良い会社を作ることができるんです。

 

 

 

経営には色んなステージがあります。

 

 

今の私の経営課題は営業・マーケティングではなく

 

組織マネジメントや生産力増強、そして売上ポートフォリオの調整という事になります。

 

 

 

次なるステージで

 

 

営業・マーケティングのアクセルを踏めるように

 

 

このステージを突破したいと思います!

 

 

 

 

 

 

昨日はハローワークに寄ってまいりました。

 

新卒求人の準備のためです。

 

 

 

昨年から始めた高卒の新卒採用。

 

現場の職人さんを育てるために始めました。

 

 

職人を志望する若い人はどんどん減る中、世代交代も待ったなしの状況で

 

中途の求人も、このところサッパリ応募がない状況となっています。

 

 

 

ワラをもすがる思いで新卒採用を考えたのが昨年の7月ごろ。

 

高校生の就職活動スケジュールなど全く知らない状況で、ある高校に訪問したのです。

 

 

 

時期的には、まさにギリギリのタイミングでした。

 

 

高校生の就職活動って、大学生と全く違ってまして完全に高校主導なんです。

 

 

 

時期的なものもキッチリと決められています。

 

 

その時は、既に求人票が出そろっているような時期だったのです。

 

新卒採用にハローワークで手続きがいるなんて事も知りませんでした。

 

 

昨年は慌ててハローワークに行って求人票を提出しました。

 

 

 

そんな、全くの準備不足の中での初めての採用活動でしたが

 

縁あって二人の高校生が入社してくれる事になりました。

 

 

 

今、その二人が元気に新しい風を吹かせてくれています。

 

 

 

今年は少しは要領が分かっているので準備をすることができます。

 

来月に新卒求人の説明会がありますので、そこからスタートです。

 

 

 

今から準備して入社になるとしても1年先。

 

目先の事を考えていては、待ってられない気の長い取り組みです。

 

 

しかし、これが今後30年を見据えた人材マネジメント。

 

 

そして、いつかは大卒の新卒採用にも取り組んでいくステージに昇りたいと思います。

 

 

 

 

今年も良いご縁があることを願っています。

 

 

 

 

 

 

昨日、社内の朝礼で発表いたしましたので

 

 

ブログでも宣言します。

 

 

 

 

スタッフ宛のメール配信、始めます!

 

 

 

毎週月曜日に配信することにして、日曜日までに原稿を書く。

 

こんな感じでやりたいと思います。

 

 

 

ブログは興味のある人は読んでくれているようですが、そうでない人もいます。

 

 

内容は、日々の社内の動きを中心とした四方山話。

 

ブログには書けない話などもありますし、わざわざ会議で発表するほどでもない話もあります。

 

 

 

 

何より

 

 

 

発信しない事には何も始まらないです!

 

 

 

 

情報と想いを共有しつつ

 

 

 

何か、元気やヤル気が出るような

 

 

 

そんな内容を目指していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

実は来年、高校を卒業する学生を新卒採用いたします!

 

 

 

それも二人の採用です。

 

 

 

 

いずれも職人になる事を志望する子たちです。

 

 

 

彼らが冬休みという事で、アルバイトで職場体験という格好で二日間仕事をしてもらいました。

 

 

 

 

高校生ですから、自転車に乗って出社してきます。

 

 

 

その時点でフレッシュです。

 

 

 

私も現場で指示を出して動きを見ていましたが

 

何というか若さを感じます!

 

 

 

そして歓迎会として昨晩は焼肉食べ放題の店に連れていきました。

 

さすがに良く食べます

 

 

上等な焼肉屋さんに行くと大変な事になります(笑)。

 

 

 

二人が同じ高校という事で既に仲が良いので、とても良い雰囲気でした。

 

 

 

 

新卒採用…、これは小さい会社にとってハードルの高い事だと思います。

 

 

 

 

実は5年前に初めて新卒採用をいたしました。

 

 

 

ただ、この時は高校の先生から突然ご連絡をいただいて、言わば完全に受け身の採用でした。

 

しかも、何と女の子でした。

 

 

当時、就職活動も色々厳しい時代だったのかも知れません。

 

 

 

女子高生が制服で面接に来たので、私もかなり引いた記憶がありました。

 

「続けるのが難しいやろうな~、でも来たいと言ってくれるならとりあえず来てくれてもいいか~。やってもらう事は色々あるやろうし。」というくらいの考えでした。

 

社内で相談したところ、「そりゃ~、無理でっせ!」と反対意見も多くあったのですが

 

まずは、やってみようという事で私が押し切り、入社と相成りました。

 

 

 

その子が現在

 

 

成長著しく、周りの職人さんからも褒めてもらえるような素晴らしい仕事をしてくれています。

 

 

 

新卒採用…、なかなかのもんじゃないか…?

 

 

そんな思いにつながり、昨年の夏ごろに彼女の出身校に問い合わせをして事実上初めての新卒採用活動が始まりました。

 

 

そして首尾よく二人に来てもらうことになったのです。

 

 

 

新卒採用というのは、耳触りもいいのですけど小さな会社にとってはハードルの高い案件です。

 

 

なぜなら、新卒採用というものは完全じゃないにせよ毎年のように続けるのが前提になるからです。

 

毎年一人採用したとして、5年続けると5人が増えます。

 

 

大企業のように定年退職による自然減があれば人員計画としてはフラットになりますが、純増するとなると当然会社の成長が絶対的な条件となるのです。

 

 

ですから、小さな会社は人員が不足したときに中途採用の募集をするというのが通常の採用になるのです。

 

 

しかし目下、中途採用は極めて難しい局面です。

 

すき屋のバイト不足もニュース等で流れて知れ渡りましたが、我々はそれ以上に求人を出しても反響がほとんどないという状況です。

 

 

 

そんな状況もあって、当社としてはご縁の増大による成長と今後の職人さんの高齢化・引退という事も踏まえて自社職人班を拡充していく必要がある、と判断いたしました。

 

 

 

これからが大事です。

 

「職人」ですから、誰にでも簡単にできる仕事ではありません。

 

 

新卒で入社する子たちを育てる事が最重要課題となります。

 

社会人経験もない、言わば「子供」です。

 

 

 

私も若いころは「社会人教育までやってられない!」という感覚もあったのですけど

 

齢を重ねてくると、社会の後進を育てることも役割じゃないかと考えるようになってきたのです。

 

 

 

 

今後30年間継続できる会社にする事

 

 

この今の私のミッションを果たすためにも、新卒採用の型を作っていきたいとおもいます。

 

 

 

 

来春入社予定のM君とT君。

 

 

来年の春には、当社に新しいさわやかな風が吹きそうですね!

 

 

 

 

 

 

先日、全体会議を行いまして

 

経営方針をスタッフに説明しました。

 

 

 

この日に配る「経営方針書」なるものを作っており、それを年3回行っているので経営方針書は年々内容がブラッシュアップされてきています。

 

 

 

こう書くと立派なように思われるかも知れませんが

 

まだまだ…です。

 

 

 

ただ、ほんの少しづつかも知れないですが

 

やはり初めて書いたときからは随分と内容が充実してきたのも確かです。

 

 

 

これが

 

 

「継続」

 

 

の力です。

 

 

 

10月は限られた時間で発表するので、かなり端折りながらになるのですが

 

 

恒例の年頭訓示では、もう少し時間をかけて語ります。

 

 

 

 

それに備えて

 

 

また少しづつブラッシュアップしてきます。

 

 

 

 

 

 

弊社ではOB施主様にニュースレターを毎月お届けしています。

 

現在、30周年のアニバーサリー期間ということで昔の話を回顧する連載記事を私が書いています。

 

 

 

今月号には2006年の事を回顧して連載記事の原稿を書きました。

 

 

 

実は当ブログの過去記事を読んでいただくと大抵のことはネタバレでして

 

私も過去を思い起こすのにチョイチョイ過去記事を読み直したりしています。

 

 

 

それにしても2006年は大きな一歩を踏み出したんだなあ、と改めて思い起こしました。

 

 

 

株式会社リーフユニティへ商号変更

 

ニュースレターの発刊

 

お客様感謝祭のスタート

 

ホームページ開設

 

 

 

 

踏み出した当初は小さな一歩だったのかも知れません。

 

 

実際、ニュースレターを出すと言っても

 

それまでOB施主様の名簿をしっかり残しておらなかったので、出せる数が限られた数でしかありませんでした。

 

 

 

よってお客様感謝祭の来場数も少なく、僅か11組の来場でした。

 

感謝祭の内容も、さほどのものではありませんでした。

 

 

 

ホームページも想いを込めて作ったつもりではありましたが、載せられる施工事例はまだまだ少ない状況でした。

 

アクセス対策もイチからのスタートで、当初は全く手ごたえを掴めませんでした。

 

 

 

それが今となっては

 

 

OB施主様の数は10倍以上

 

感謝祭の内容も年々グレードアップして来場は145組にまで至り

 

ホームページも内容を充実させ続け、多くのお客様とのご縁に繋がりました。

 

 

いずれも今の弊社を語るのに、なくてはならないものばかりです。

 

 

 

2006年は一つのターニングポイントになった年だと言えます。

 

 

 

我ながら様々なチャレンジをしていたものがと感じます。

 

もちろん、ビジネスはこういったマーケティングだけで語れるものではなく

 

他にもっと大事な事もあって様々なことに取り組んできました。

 

 

 

 

そして当時とは比べ物にならない位、私のプレイヤーとしての役割が大きくなっています。

 

 

 

しかし

 

 

改めて、更なる前進のために

 

 

2006年の頃に戻って頑張らないといけないと思いました。

 

 

 

 

思い新たに

 

 

頑張ります!
 

 

 

 

 

 

「経営」について語りだすとキリがないものですが

 

 

 

ビジネス本を読んでも

 

経営セミナーに参加しても

 

経営者の会に参加しても

 

 

 

実行しなくては何も変わりませんね、ハイ。

 

 

 

ビジネスですからシンプルに「売って儲ける」ことができなければ継続できません。

 

 

「売る」ことを後回しにして

 

経営理念も経営戦略も経営計画もありません。

 

 

ランチェスター戦略を学んでも売れなければ無意味です。

 

 

 

 

この「売る」が絶対的な命題なのですが

 

 

実はさらに深い部分があります。

 

 

 

売るモノ、が必要なのです。

 

会社によって売るモノはそれぞれで、もちろん単なる商品ではない事が大半です。

 

 

 

一番簡単なのは注文を受けてから仕入れて売るだけの商品です。

 

 

仕入ルートを掴めば、後は売るだけです。

 

 

しかし、ひとたび在庫を持つとなると倉庫が必要になったりしますし

 

在庫のリスクが発生して管理が必要となったりします。

 

 

これが更に製造・加工が必要な商品となると

 

生産能力という大きな問題が出てきます。

 

機械はスペースなど設備が必要な場合も多いでしょう。

 

 

 

我々のような商売だと、現場で作るものが「売る商品」という事になります。

 

職人さんの数が生産能力になります。

 

また、対応できるプランナーの能力以上に売ることができません(誰でも売れるものではありません)。

 

信用が大切ですから、信用を失う売り方をしたら逆にマイナスになります。

 

 

 

 

「売る」、というのは営業やマーケティングだけでない課題が沢山あるものなんです。

 

 

 

それらに優先順位を付けて、計画的に一つ一つの課題をクリアしたり少しづつレベルアップしていく事

 

 

これが「売る」ための経営なのであって、それは経営者本人にしか絶対に分かりません。

 

 

 

 

ですから

 

 

ビジネス書には書いていませんし、誰も教えてくれることがないのです…!

 

 

 

 

 

 

久しぶりに本を買いました。

 

 

「強い会社はどんな営業をしているのか」(小山昇 著)

 

 

筆者の本は何冊か読んでいます。

 

切れ味鋭く、そしてリアルな中小零細企業としての立ち位置からの内容は分かりやすくてスッと頭に入ります。

 

根本的な考え方の部分で一つ感じさせられた事もあり、とてもよかったです。

 

早速一気に読み終えました。

 

 

 

 

しかし改めて感じるのですが

 

 

経営者にとっての読書って、どれくらい大事なんでしょうね…?

 

 

 

私は本を読むのは好きな方だと思いますが、経営者になってしばらくして読書量は減りました。

 

乱読しても、腑に落として実践、そして継続、習慣化できる事というのがいかに難しいかを肌で知ったからです。

 

幾ら本を読んだって、実践しなければ何の価値もありません。

 

 

 

経営者って基本、自由ですから

 

本当はなんだってできるハズ、なんです。

 

 

 

が、できない…。

 

続かない…。

 

 

ある意味、それは平均的な人間の姿でもあります。

 

(それに気づいたからこそ、「継続が幸福を導く」の経営理念を策定するに至りました。)

 

 

 

ですから、新しい本を次々に読むような事はせず

 

同じ本を繰り返して読んだりしているのです。

 

 

ただ、それにしても実践できていない事があったりするのが現実…

 

 

この本なんて衝撃的な感銘を受けたのに

 

 

できていない

 

 

もう1回読みます…

 

 

ただ

 

経営者が考えて実践していくべきことは、決して本に書いていない事であるのも事実です。
まして、零細企業であれば尚更です。

 

 

草野球どころか、町のソフトボール大会レベルのチームにプロ野球の理論を実践することに意義は薄いです。

 

プロ野球の監督、大学野球の監督、高校野球の監督、そして町のソフトボールレベルの監督が勝つために考えなくてはならないことは当然に異なります。もちろんチームによって異なります。

 

私たちの会社など、まだまだ町のソフトボールチームのレベルです。

 

ともすれば、試合に出るメンバーを確保するのにも苦労しないといけないんです。

 

 

その解決法は、もちろん本には書いてありません。

 

 

要するに、本に書いてある事を実践することが一番になってはいけないんですね。

 

 

本に書いてあることは「そういう事やった方がいい」ことであって特効薬では決してありません。

 

 

 

 

ただ、読書の効用として

 

 

メンタル面、モチベーションアップという側面があります。

 

今回も、お陰様でこんなブログを書いたりして経営について考えているわけです。

 

 

実はこの事だけでも価値は大きいです。

 

本って安いですから。

 

無料セミナーなどと比較しても、行く時間や交通費、そして繰り返し読めるメリットから考えると断然読書に限る。

 

 

評論家が書いたような小難しい理論ではなく、リアルな小さい会社の経営者の方が書かれた本を読むのがいいんです。

 

「こんなに頑張っている経営者がいるんだ!俺もやるぞ!」それだけでいいんです。

 

 

 

 

 

多少の自己満足になる部分もありますが

 

 

経営者のメンタル維持は重要なところだと思いますので

 

 

やはり時々本を読んだ方がいいですね…。

 

 

 

 

 

 

各方面のご縁に恵まれ

 

今週も駆けずりまわっている植田です。

 

 

特に

 

OB施主様からご相談いただくのが立て続けにありまして

 

これがまた、本当に嬉しいんです。

 

 

「いつもお世話になっております!」

 

「御無沙汰しています!」

 

と、お会いするなりリラックスムードです。

 

既に信頼関係がありますので、競合などありません。
金額さえ合えば即ご用命となります。

 

持つべきはOB施主様、皆さまとの御縁は本当にありがたい財産です。

 

 

 

 

OB施主様との繋がりを大切にする・・・という総論が正しいことは誰にでもわかります。

 

新規よりリピートが重要だ、と言うのは簡単です。

 

 

 

しかし、自分の業界におけるビジネスモデルとしては・・・?

 

 

そのテーマに対しては、私もまだまだチャレンジが必要です。

 

 

要するに、OB施主様とのリピート取引により

 

どれだけの売上を上げることができるのか?

 

 

マーケティングは 「数 × 確率」 です。

 

 

いくらリピート取引の確率が高いとはいえ、数がないと数字はあがりません。

 

では、一体どれくらいの数が必要なのか?

 

 

 

数を確保するためには、すなわち新規の取引が必要ということになります。

 

つまりこの段階で、「新規よりリピート」などという総論は通用しません。

 

そして新規の取引のスピードが伴わなければ、30年経ってもリピートで飯が食えないかも知れません。

 

この新規スピードの部分では、当社においては上手くビジネスモデルが機能していると思います。

 

 

 

そして「確率」の部分。

 

ニュースレターが有効だと言われる。

 

しかし数が多いほどコストもかかる一方で、どんな内容でどれだけ継続すれば成果が表れるのか?

 

 

 

 

現段階において、当社においてもOB施主様との取引は経営の柱とまでは至っていない状況です。

 

 

 

 

業界によってはリピートで飯が食えるなどという事自体が幻想であることもあるでしょう。

 

 

 

そもそも、我々の業界ではどうなのか?

 

 

もちろん

 

 

可能だと信じているからこそ・・・

 

 

「継続が幸福を導く」の経営理念の元

 

 

私は挑戦するんです!

 

 

 

 

 

 

先日、お得意先の担当者さんと雑談になって

 

「植田さん、どうやったらそんな大学に入れるんですか?」

 

と訊かれました。

 

 

 

敢えて名前は書きませんが、私の出身校はちょっと名の知れた国立大学ということになります。

 

今さら学歴など何の役にも立ちませんし、仕事関係では自慢も謙遜もしにくくて極力避けたい話題なんですが
時にこうして話題になります。

 

 

この質問には、何て答えようかと一瞬迷いました。

 

相手の方からすれば、社交辞令交じりの雑談程度の話なんですけど
訊かれたからには何か答えないといけません。

 

 

過去には「傾向と対策があるんですよ~」なんて答えたこともありました。

 

実際には不得意教科を作らない(文系でも数学や理科を抑える)でセンターで高得点を狙う、などの作戦があるかと思いますが、そんな事を答えても場が白けるだけですし

 

 

少し考えて

 

以前から思っていた考えが口を突いて出ました。

 

 

 

「行く、と決めることじゃないでしょうか」

 

 

 

思わず「決まった」とドヤ顔が出てしまう答えになってしまいましたが(笑)
思い返せば、これが真実なんだと思います。

 

高校入学前から設定していた目標でした。
それ以外の大学へ行くイメージは少したりともありませんでした。

 

 

しかし実際は勉強ばかりしていた訳ではなく、思い通りの準備ができた訳でもありません。
自信があった訳ではなく、正直遠のいていた感のある成績の時もありました。

 

 

しかし結果達成できたのは

 

3年間信じ続けた事が知らず知らず少しづつの積み上げになっていたんじゃないかな、と思うのです。

 

本当に、胸を張れるのはそれしかないのです。

 

 

 

着地点を決めて、逆算から現在の行動を決める。

 

 

この絶対的な成功法則をはじめて体現したのが、今思えば大学受験だったように思います。

 

 

 

そして、冒頭の会話の中で答えを言った直後から
言った張本人がハッとしました。

 

 

「ちょっと待て、今の自分の目標はどうなん?目標をやると決めて行動に反映できているのか?」と自問自答。

 

 

 

数年前からグッと手ごたえのある数字まで伸ばしてこれましたが、その後伸び悩んでいます。

 

売り上げ目標の数字はあるのですが、ともすれば意識が薄くなりがちの状態です。

 

 

 

そう、「決めて」いなかったんです。

 

 

今は無理でもまだ先でいいんじゃないか、と心のどこかで思っていたのです。

 

 

 

色んな問題や課題があるのは承知の上ですが

 

何より「やると決める」ことが必要だったんじゃないのか・・・?

 

 

高校生の頃にやっていたことが、大人になって経営者になった自分ができていない・・・!?

 

 

反省です。

 

 

改めて

 

 

やります。

 

 

30周年を迎える来年度、絶対に達成すべき目標に設定します・・・!!

 

 

常に目標を意識するため、車の中に目標数字をテプラで作って貼り付けました。

 

 

ブログでも宣言します。

 

 

 

そしてこの目標を達成したら、みんなを海外旅行に連れていきます!

 

 

 

やるぞ!

 

 

チキショー!

 

 

押忍!!!!

 

 

 

 

 

 

ちょっと梅雨入り宣言が早かったのでしょうか…、さほど雨も降らず助かっています。

 

 

実は今日も展示場の環境整備活動を行ったのですが、本格的な梅雨になるまでに少しでも作業をしていきたいと思います。

 

 

昨年までも展示場の清掃・除草等は時折行っていたのですが

 

場当たり的なところも否めず、正直追い付いていない状態でした。

 

 

今年掲げた「環境整備」のスローガンのもと、展示場の整備も大きなテーマと考え

 

気候のよい3月~梅雨までの間を集中整備期間と位置づけて継続的に皆で作業をしています。

 

 

 

内容、またスタッフの意識についてはまだまだのところもありますが

 

とにかく継続してやってきたことの成果はしっかりと目に見えてあります。

 

 

継続するためには「型」をつくること。

 

「型」さえできれば自然と続いていくものです。
どんな職場でも「昨年の例」にならって仕事をするのは比較的たやすいので、業務が継続していきます。

 

 

そして、継続していれば「カイゼン」しようという流れも起こり得ます。

 

「型」を作って「カイゼン」、すなわちブラッシュアップしていけば、どんどん成果が上がっていきます。
形から入って心を作っていく、とも言われたりします。

 

 

展示場の環境整備については、まだまだ・・・です。
当社展示場は広いこともあって、手が回っていないところばかりです。

 

 

しかし、今年

 

何かの「型」はできたように思います。

 

 

 

これから更に

 

 

ブラッシュアップしてまいりますよ!

 

 

 

 

 

 

このところ色んなご縁をいただき

 

とても充実している植田です…!

 

 

 

いつも御世話になっている各方面の建築系の方々からは次々とご依頼をいただいている上に

 

 

OB施主様からリピートの依頼をいただいたり

 

一年前にお世話になったデザイン事務所の方から大型物件のご相談をいただいたり

 

時折お声をかけていただいている設計事務所の方から植栽のご相談をいただいたり

 

偶然に知人の物件を通してお会いした住宅会社の方が別件のご相談をいただいたり

 

以前勤めていた会社の同僚から紹介をいただいたり

 

 

 

本当に人の御縁に恵まれて、仕事をさせていただいています。

 

皆様、本当にありがとうございます。

 

 

不特定多数の方から買っていただく大企業じゃありません。
とても小さな会社です。

 

広告に費用をかけられる形態では決してありません。

 

 

そんな会社は人の御縁が何よりも大事です。

 

自分の会社を、自分という人間を

 

信用いただいて継続したお付き合いをいただき
時には他の人に紹介してもらえるような仕事をすることが一番なんだと思います。

 

 

目指さなければいけないのは

 

これから30年継続できる会社です。

 

 

ご縁を大事に

 

頑張ってまいります!

 

 

 

 

 

 

今日で仕事納めとなります。

 

この日ばかりは2012年を振り返るとしましょう…。

 

 

実は植田は今年、厄年でした。

 

 

厄除けに行こうと予定していた日に発熱があり、中止となりました。

 

溶連菌感染症というヤツにかかりました。

 

奥歯のあたりが突然猛烈に痛くなりました(虫歯ではなく関節炎だったようです)。

 

この年まで一度も噛まれたことのなかったムカデに今年だけで3回噛まれました。

 

秋口の風邪は2カ月くらい咳が止まらなくなりました。

 

 

そんなこんなで

 

漢字一字とするならば間違いなく

 

 

「厄」…

 

 

個人的な、特に体の面については
ろくでもない年になっちゃった訳ですが

 

 

 

しかしまあ、仕事面を考えるならば

 

 

「歩」

 

 

かな。

 

 

昨年、過去最高を記録した好決算には及びませんでしたが
一定レベルをクリアして、明らかに以前より一つ上のステージに上ることができたように感じました。

 

派手なことはないものの
しっかりと一歩前進できた、ということで「歩」です。

 

 

掲げたスローガンは「日々成長」

 

スローガンをスタッフのみならず職人さんにも広く伝えて、全社として進むことができた。

 

新たな取り組みとして社内コンテストを初めて開催できた。

 

グループ総会で年間表彰等を行い、士気を高めることができた。

 

新たなお得意先様との御縁を頂戴し、大きな一歩を進めることができた。

 

普段にないような大型物件や大型商品の現場の御縁もいただき、大きな経験と財産になった。

 

ニュースレターは50回記念号を発行できた。

 

お客様感謝祭では過去最高の132組の動員となり、大いに盛り上がった。

 

エクステリアのコンテストでは6年連続の入賞ができた。

 

 

 

そして今年だけに限った話ではありませんが

 

 

頂いた数々の御縁

 

 

お客様をはじめ、御得意先様、その他各方面の皆様…御縁に深く感謝いたします。

 

 

 

そして

 

 

会社設立30周年という節目を再来年に迎えるにあたり、周年行事を行っていくことを決定。

 

年が明けると本格的に準備期間として動きだします。
まずは事務所の改装という大仕事からスタートします。

 

 

来年もワクワクの1年になること間違いなしです。

 

 

当ブログをお読みいただいた皆様方

 

お付き合いくださりありがとうございました。

 

 

今もってフェイスブックに抵抗のある私はブロガー全開です。
今年は一時中断期間ができるという思わぬ試練もありましたが、今後も引き続き想いを書きとめていきたいと思っています。

 

ブログって、想いが伝わるもんだと信じています。
(フェイスブックはどうもリア充PR臭く感じてしまい…おっと失礼)

 

 

来年もお気軽にお読みいただければ幸いです。

 

 

 

それではちょっと…

 

 

休みます!

 

 

 

 

 

 

昨日、月例のスキルアップ会議を社内で開催。

 

植木の卸屋さん(言わば問屋さん、ですね)にお越しいただき、植木にまつわる話をひとしきり聞かせていただきました。

 

 

私も植木については語れる人間のつもりですが

 

今日来ていただいたこの人のレベルは…

 

 

凄まじい!

 

 

色んな話がありましたが

 

今日聞いた中でも、極めつけのセリフは

 

 

 

「オリーブとは、まだ話ができない」

 

 

って…、他の植木とは話をしてる訳なんですね~!!

 

 

スゴイです。

 

 

植木の世界はまだまだ奥が深いです…。

 

今年のスローガンは「日々成長」
今回のスキルアップ会議はとても良い機会になりました。

 

 

私も植木と会話しながら頑張ります~。

 

 

 

 

 

 

明日より当社はウィンタータイムに切り替わります。

 

 

 

と言っても大袈裟なことではなく
朝、職人さんを送りだす朝礼を10分早めるだけの取り組みです。

 

 

日没が早く、夕方に踏ん張れなくなってしまうため

 

その分、朝に少し早めに動きだそうという趣旨です。

 

一昨年の12月にスタートし、昨年は11月から実施することにしました。

 

そして今年も11月から、と思っていたら、ウッカリ忘れてしまってました…

 

 

 

1日遅れですが、ともあれこれで3年目。

 

ウィンタータイムは11月~2月と決めています。
小さなことですが、しっかりと「型」を決めることにより「継続」していくことができます。

 

 

続けることが何より大事です。

 

 

 

なんたって当社の経営理念は

 

 

「継続が幸福を導く」

 

 

です!
 

 

 

 

 

 

現場はフル回転の中
猫の手も借りたいトンデモナイ状況ですが

 

 

一方で良いご縁も色々あって

 

調子の上がっている植田です…!

 

 

 

ご縁と言えば

 

 

実に…7年前にこんなブログを私自身が書いています。

 

 

『ビジネスをやっていると本当にいろんな出会いがあります。動けば動くほど出会いがあります。出会いが多ければ多いほど、素晴らしい出会いがあり、思いもかけない「良いこと」が起こります。ビジネスやって、まだ1年足らずの私のコミュニティはまだまだちっぽけですが、少しづつ大きくなってきました。これからの出会いにも本当に期待したいです。そのためには、まず動く、ですね。』

 

 

 

思えば経営者としてヒヨッコもヒヨッコ、今思えば恥ずかしいレベルだった頃の私ですが

 

この件については今更ながら考えないといけないかも知れません。

 

ちっぽけだったコミュニティが、色んなご縁を通じて大きくなるに従い
何か心地よいコミュニティの中だけに留まろうとしつつあるんじゃないか、と。

 

 

 

様々な経験を経て、現場の業務にドップリ浸かっていく中で

 

経営者としてまだ青かった頃の方が、視野を広くとれていた感じもするんです。
そして、もっと動いていたのかも。

 

 

 

そんな中で

 

最近手に取った本に「ご縁」について特に深く、そして熱く書かれていたのが改めて心に響きました。

 

 

人生も折り返し地点を過ぎましたが

 

もっともっと、これからの出会いを大切にしたいですね。

 

 

 

 

 

 

今日は久しぶりに

 

大阪市内の現場から京都府宇治市へ打合せのため移動するという

 

「営業範囲は近畿一円」状態だった植田です。

 

 

 

会社から南阪奈道路で大阪へ向かえば、1時間で十分大阪市内へ行けます。
そして中央環状から近畿道に乗って第二京阪を走ると、あっという間に宇治まで行けました。

 

道路事情は年々良くなってきており、ますます近畿内の移動はスムーズになってきました。

 

 

 

 

しかし正直なところ、現場は近い方がいいわけですし

 

生産力には限りがあるため、近い現場の御縁が増えれば遠い現場は減らして行くべきなんですね。

 

 

 

 

このところの当社の動きでは、一部でそんな流れになりつつもあります。

 

移動時間という、この仕事の大敵をしっかりとコントロールできれば…

 

また違った世界が見えてくるかも知れません。

 

 

 

このあたりを見誤らないよう

 

 

よーく考えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

今日も各方面の皆様よりお声をかけていただき
誠にありがたい限りでございます。

 

 

皆様との末長いお付き合いを、改めて願っておる次第です。

 

 

そうやって御縁に恵まれる程

 

一方で会社としてステージを上って行かねばなりません。
それぞれの経営のステージで課題が発生します。

 

 

何とか今のステージをクリアしなければ…

 

 

それも全てが私次第、ですね。

 

 

頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

さて

 

なんとなく停滞気味のブログですが
何事も無かったようにしれっと書いていくことにしましょう(笑)。

 

 

お陰さまで

 

すごい数の見積り依頼・ご相談を頂戴しております。
それぞれが前向きに進んでおり、ますます現場の方も忙しくなりそうなところです。

 

 

逆に言うなら、前向きな話以外に時間を取っている場合ではない訳です。

 

 

しかしこの業界では

 

相見積での競合、そして値引き合戦、しまいには図面の流用などで悩む業者さんも多いようで…
それもまあ、そのようなビジネスモデルでの勝負をしてしまっているのだから仕方ありませんね。

 

 

この問題をクリアするのは割と簡単です。

 

 

新築の外構なんて、やらなけりゃいいんです。

 

 

外構屋のくせに何を言っているんだコイツは、みたに受け取られるかも知れませんが(苦笑)
少なくとも私は一見で来られた新築外構のご相談のお客様を担当する事はありません。

 

 

 

新築の外構工事を直接お客様から受注する、というスタイルのビジネスモデル自体に無理があるんです。

 

家を新築したなら、大半の住宅会社は外構工事の受注も目指します。
そして約7割のお客様が信頼関係があって経緯も解ってくれている住宅会社に外構も依頼します。

 

残りの3割のお客様は住宅と分離して自分で業者探しをされますが、そのうち半分くらいの人は安く外構工事をしたいから手間暇かけて業者を探すのです。

 

そして住宅会社と同じように外構会社も相見積りを取る。

 

すると、安いところへ流れて行くのはとても自然な流れです。

 

水は高いところから低いところへ流れるのです。

 

 

その自然な流れに対して愚痴ったり文句を言ったりしても仕方がないのですが
同業者さんのブログ上で見かけたり、また直接聞く機会もあったりする訳です。

 

 

まして、他業者を批判するのもちょっとどうかと思いますね…。

 

さらにはお客様のマナー違反を指摘される事もありますが
タバコをポイ捨てする人、車の運転マナーの悪い人…マナーの悪い人は世の中に幾らでもいます。
イチイチそんな事を批判しても一銭の得にもなりません。

 

 

ですから

 

新築の外構工事の取り合いなど私はビジネスモデルとして興味がありません。
外構は7割の方に入って下請けとして元請さんを支え、お客様の期待に応えていくべきなのです。

 

お客様から直接ご相談いただくのは、新築ではない庭やリフォームがメインです。

 

 

 

そう考えれば

 

 

悩むことなど何一つありません。

 

お陰さまで、取り組んでいるのは前向きなお話ばかりです。

 

 

 

私はこのビジネスモデルで

 

 

業界内で挑戦し続けます…!

 

 

 

 

 

 

今日はちょっとおカネにまつわる話を…。

 

たまたま先ほど今月の支払いのチェックをしつつ感じたことです。

 

 

パソコンで図面を描くリックCADというソフトがあるのですが、CADメーカーさんのバージョンアップがあり
今回バージョンアップに踏み切ることにしました。

 

まあしかし

 

えらく高いです。

 

 

実はかなり前のバージョンからバージョンアップせずに使っていたため、最新バージョンへのバージョンアップについては過去の分も含めて累積して費用がかかるというのです。

 

1台でも高いのに、これが複数台となると大変です。
さらにバージョンが上がると求められるパソコンのスペックも高くなるため、パソコンも新規購入。

 

すごい額のおカネがスッ飛んで行きました…。

 

月々家1件建てるほどの支払いをしているとは言え、100万円の材料を買うのは怖くも何ともありません。
そのおカネは後で必ず入ってくるおカネですから。

 

しかし、こういう設備への投資は後で必ず入ってくるというものではないので
慎重におカネを使わねばならない訳です。

 

カンタンに、バージョンアップ♪という訳にはいかないところです。
これって、結構なハードルかも知れません。

 

そうそう儲かって仕方のないような商売では決してないところへ
このバージョンアップ費用をかけ続けることのできるエクステリア業者って…今後減っていくような気がします。

 

特にエンドユーザー向けにやろうとすると

 

店づくりや広告宣伝にもおカネをかけなければならないスタイルになり
リターンの読みづらい「投資」を継続的にやっていかなければならない事になりますから…

 

個人規模じゃ続いていかないかも。

 

 

個人規模と言えば

 

材料代の支払いを待ってほしい、という業者さんも時折あるそうで

 

しまいには「ウチもまだもらっていないから支払いを待ってほしい」と言うらしい。

 

 

無いものは払えない、と言えば終わってしまう話でもありますけれど
それを言っちゃあオシマイなんですけどね。

 

 

我々の仕事は

 

材料を真っ先に発注してから

 

職人さんが入って一定期間の作業を行い

 

基本的に完成後の集金となるため

 

 

運転資金が発生するのは当然の事です(手形を切るなら別ですが)。

 

そこのところが資金繰りなんですけど
イチイチ資金繰りについて悩んでいては仕事になりませんし精神衛生上もよくないので

 

資金繰りに悩まない状況を作っておかねばならない訳です。

 

 

カンタンな話じゃないんですけど

 

私の場合、資金繰りに悩まず仕事をさせていただいている事が大変ありがたく
恵まれた環境に感謝です。

 

 

それでも

 

やっぱりオカネを使うのには慎重にやってます…。

 

 

 

 

 

 

朝から現場作業に行ってきました。

 

日曜日ですが…このところの雨の影響もあり
可能な限り職人さんたちにお願いして工事の方を進めているところです。

 

 

そんなこんなで3月は工事部門はフル回転。

 

4月以降は大型の工事も数件予定されており、5月いっぱいくらいまでかなりの予定が入っています。

 

 

そんなふうに書くと

 

 

業績好調♪

 

 

と言いたいところですが

 

 

売上規模としてはサクタイ(対昨年度)で少し及ばず…での推移。

 

確かに昨年は私の中では過去最高だったのでハードルが高いのは事実ですが
何とか盛り返して行きたいところです。

 

 

ただし

 

一過性の受注アップはなく

 

あくまで将来に渡って盤石な営業基盤を作っていくことこそ重要。

 

 

 

まずは、春のシーズン。

 

 

多くの御縁を頂けるよう、頑張ります…!

 

 

 

 

 

 

今日も京都府木津川市から始まって、大阪まで回ってきました。

 

 

毎日、よう走ってます…。
おかげで給油もしょっちゅうです。

 

 

ガソリンが高くなってきているのが気にかかりますが
我々の会社など、運送屋さんなどに較べれば影響は小さい。

 

 

 

原油の価格とか

 

為替相場とか

 

不動産の相場とか

 

 

自分じゃどうしようもない変動要因にリスクを負うビジネスは、怖いです。

 

 

 

相場だけじゃなくて

 

 

レストランやってて、突然目の前にチェーン店のレストランが登場したりとか

 

金物屋やってて近所に大型ホームセンターができたりとか

 

海外から較べものにならないほど低価格の競合商品が登場したりとか

 

 

こんな要因で消えていった会社も数知れずあったでしょうね…。
これも言わば経営リスク。

 

 

私たち経営者に共通する想いは

 

「将来にわたって継続できる」会社をつくっていくこと

 

だと思うのですが

 

 

そのために、いかにリスクを低減するかと言う事は大きなテーマとなります。

 

 

我々の業界は相場変動もあまり関係しませんし
マーケットが小さく(今のところ)大手の会社や新しい会社が進出しにくい業界なので

 

リスクは小さい方に入る、と言えるかも知れません。

 

 

しかし、業界を見渡せば

 

そんな中にもリスクを感じることも少々…。

 

 

同じように「将来にわたって継続できる」事をめざしていても
実際に採る経営戦略は、会社ごとにそれぞれ考え方が異なる。

 

 

私は「大きくすること」「戦力が分散すること」は大きなリスクだと思うので、多店舗展開は絶対にしない。
エンドユーザー100%はリスクの大きな形態だと思うので、決して下請けを否定しない。

 

そして

 

強靭な経営体質を構築していくために、リスクを分散しつつ将来に向かって有効だと信じる施策を継続している

 

 

…つもりなんですが

 

 

結果が全てですからね。

 

書いたことだけのような単純な事でもないです。
多くの変数・係数がある物凄く複雑な足し算と掛け算の結果です。

 

 

まだまだ考えていかないと…!

 

 

 

 

 

 

先ほど

 

施工店会議終了。

 

 

施工店会議と言えば大層な響きですが
実際は、職人さんの親方衆に集まってもらって様々な話をする場です。

 

 

時には

 

ワイワイガヤガヤとやりながら
前向きに話ができていると思います。

 

 

本日も

 

 

一歩前進です…!

 

 

 

 

 

 

パナソニック、シャープ、ソニーと言った電機メーカーの大苦戦が伝えられていますね。

 

我々のような零細企業の経営者の理解の域を、遥かに超える経営的課題に面しているという事なのでしょう。

 

 

 

これほどの大企業の経営って

 

一体、どうやって動いているんでしょうね?

 

 

ましてや、専門性・先進性の高い業種です。

 

 

【ニュースからの引用】

 

デジタルAVCネットワーク 売上高 2兆9,100億円、営業損失 マイナス300億円の赤字

 

アプライアンス 売上高 1兆2,900億円、営業利益 930億円

 

電工・パナホーム 売上高 1兆7,900億円、営業利益 660億円

 

デバイス 売上高 8,100億円、営業損益 220億円の赤字

 

三洋電機 売上高 1兆2,400億円 営業損益 マイナス740億円の赤字

 

その他事業 売上高 1兆1,700億円、営業利益 470億円

 

営業外損益 事業構造改革費用として7,640億円を計上
内訳  早期退職および拠点再編などで1,590億円、固定資産減損で3,150億円、のれんの減損で2,900億円

 

 

 

これだけの事業を統括して

 

方針を掲げ

 

判断する。

 

 

そしてもちろん、グローバルの世界。

 

 

ましてや

 

巨額赤字を余儀なくされる経営環境。

 

 

 

 

こんな会社の社長って…

 

凄まじい仕事ですね。

 

一体、どんな事を考えながら仕事をされているんでしょう…?

 

 

 

これだけの会社ですから、一人でどうこうという次元の話じゃない。
内部的には組織作り、という事になるのでしょうか。

 

三洋電機の買収のように、巨額の資金を動かす事になる訳ですから
そのリターンを読み切る…カン!?

 

 

 

後は…、ええっと

 

 

難しいですね(苦笑)。

 

 

 

私のような零細企業の社長とは

 

同じ社長という呼ばれ方であっても、根本的に役割が違います。

 

 

 

さりとて…

 

 

 

私も社長の仕事を頑張らんと行けませんね!

 

 

 

 

 

 

先日、新しい販促ツールができました。

 

作ってしまえばちょっとしたものなのですが、新しく作るとなると簡単な事ではありません。

 

 

しかし何と言っても今回嬉しかったのはスタッフからアイデアが出てきたこと。

 

 

事の発端は

 

当社の営業スタッフが

 

「こんなモノを使ってこうすればどうかな、と思うんですけど…」(内容は伏せておきますが)

 

と、ふと口にしてくれた事から始まりました。

 

 

 

なるほど、と思い

 

更に具体的な内容を私と二人で話をして
こんな感じがいいかな、こういう風に使っていけるな、とアイデア出し。

 

「よし、やってみよう」と私が決断。

 

 

早速にモノの価格の確認と調達を内勤のスタッフに指示。
ここでまず内勤スタッフがいい動きをしてくれました。

 

 

モノが調達できたので続いて製作に入ります。

 

製作については別に適役のスタッフがおりまして
すかさずセンスの良いデザイン案が出てきます。

 

 

結果、数日で完成。

 

 

 

発案してくれた営業スタッフは早速嬉しそうに活用しはじめてくれました。

 

 

今回の件、前述したようにスタッフからの発案というところが何より大きいです。

 

これまで私が考えて作ってきたものは多数ありますけど
そういったものに込めた私の想いが結構スタッフに伝わってなかったりして、活用しきれていない場面も多々。

 

しかし今回スタッフ自身が発案したものがカタチになっただけに
そのスタッフは率先して活用しようとしてくれるでしょう。

 

その事が本当に嬉しい。

 

 

それともう一つ。
これがチームプレーの中で生み出された、という点。

 

製作にあたっては私が指示を出して内勤スタッフが連携して作りあげていく、という流れが上手く機能したこと。

 

私一人でやろうとすると、色んなところで時間がかかってしまってなかなか製作できなかったでしょう。
しかし私がハッキリとした指示を出す事によってスタッフはスピーディに動いてくれる。

 

アイデアを出したスタッフも含めて今回は4人がそれぞれの役割を果たして出来あがったものです。

 

役割に応じて力を合わせればこんなにも速く前に進めるんだ、ということが実感できました。

 

 

統率して指示を出すのが社長の役割。
これは私にしかできない役割であり、これがいかに重要であるかも改めて痛感。

 

この役割を演じる場面がちょっと少なかったのかな、と改めて反省。

 

 

今回の件はツールとしては小さな一歩でしたが

 

これからへの大きなきっかけになるんじゃないかと…

 

ちょっとワクワクしてきました…!

 

 

 

マネージャーとしての役割、しっかり頑張ります!

 

 

 

 

 

 

雨が続きますね。
現場の方は停滞気味です。

 

 

しかし

 

 

こんな時こそできる事もある訳で
前向きに捉えて頑張りたいと思います!

 

 

ところで当社の現場というのは
近畿一円…は言い過ぎですが、結構な広範囲になっています。

 

 

奈良が中心であるのはもちろんですが
大阪も北摂から泉州まで時折行っています。

 

三重の名張・伊賀はほぼ常時稼働しています。
京都の南部は奈良と同一エリアの認識です。

 

 

これはお得意先様の営業エリアに関わって現場があるから、という事になります。

 

概ね15~20現場位稼働しているのですが、現場は各地域に点在しているのが普通です。

 

 

 

しかし

 

誠に偶然ではあるのですが

 

今、とってもホットな地域がございまして

 

 

広陵町馬見北

 

 

というエリア。

 

 

「真美ヶ丘」と言われる人気の高い住宅街の中にあって
馬見丘陵公園などもほど近く、とても環境が良いエリアです。

 

 

当社のOB施主様も近隣に多く、こちらのカフェも近くにあります。

 

その馬見北で

 

ある一つの通り沿いで

 

3件の現場が稼働中…です!

 

歩ける範囲のところです。
それも実は当社の担当者が全て違ってまして

 

 

まさに全くの偶然。

 

時折、こんな事があるんですね~。

 

もちろん、ありがたい偶然です。
短時間で各現場を見て回れる、という事もあるんですが

 

 

それ以上にありがたい側面があります。

 

 

それはマーケティング面です。
「地域密着」という言葉は掲げるのはとても簡単ですが

 

ビジネスとして数字を挙げるには凄く時間もしくは費用がかかるものです。

 

私の経験的な感触では、他のマーケティング手法である「WEB」「OB施主」の方が遥かに成果を上げやすい手法です。

 

そのような中で最もありがたいのが現場があること、なんですね。

 

幸い我々の現場は多くの場合外からよく見える、と言う事もあって
結構近隣の方々に注目されたりするのです。

 

現場そのものが展示場、のような。

 

 

 

そんな現場が複数件近くであったりなんかすると
相乗効果が表れて…なんて期待が膨らむ訳です!

 

 

 

そういう訳で

 

 

しばらく植田は広陵町馬見北に出没しますので
皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます…!

 

 

 

 

 

 

本日、全体朝礼を行いました。

 

年初の朝礼ということで
私の方から今年のスローガンについてお話しました。

 

 

会社経営におけるスローガンの効用については先月のブログで書きました。

 

スローガンのススメ

 

 

 

今年のスローガンは「日々成長」です。

 

 

この道40年のベテラン職人さんであっても、まだまだ幾らでも成長の余地があると思う。

 

コツコツとしたカイゼンを積み重ねることで、少しづつ先へ進める。

 

 

知らないことや経験のないことも

 

積極的にチャレンジしていこう。

 

人に訊く事も決して恥ずかしいことでもない。

 

 

 

敢えてスローガンとして掲げることによって

 

去年とは違った一歩を踏み出してほしいと思います。

 

 

 

経営理念 「継続が幸福を導く」

 

に加えて

 

2012年スローガン 「日々成長」

 

 

この二つを

 

今年は語り続けます…!

 

 

 

 

 

 

話題としては重いですが、時には経営ブログといたしましょう…。

 

 

小さな会社の経営者として
経営で最も難しいと感じる部分があります。

 

 

恐らく他の会社の経営者の方々も強く感じておられると思いますが

 

「人」

 

の部分です。

 

 

成長している会社ならば

 

自分が人の3倍働いて成果を上げて行く事は皆誰しもがされているでしょう。

 

 

しかし

 

人を使って、となると話はそう簡単ではありません。

 

家族経営なら社長自らの力量が全てとなるのですが
そこから更に成長していこうすると、絶対的に「人」の問題にぶち当たるのです。

 

大企業と零細企業では「人」という点でトンデモナイ違いがあります。

 

私は一部上場している大企業に勤めたことがあるので、その違いが痛いほど理解しています。

 

 

大企業では

 

まず、人が集まります。
いわゆる「新卒採用」で人が集まります。

 

よく言われている事ですが、中途より新卒の方が有能な人材は集めやすいのです。
そして、入ってきた人材が育つ「しくみ」があるのです。

 

これは別に、研修制度が大企業だから充実している…なんて事では全くありません。

 

でも、育つのです。

 

なぜか。

 

「型」があるのです。

 

新入社員がまずやる仕事があり、上司が必ず存在する。
2年目、3年目とステップアップしていく仕事がある。
そしてそれぞれが上司の管理のもと、ある程度誰がやってもできる仕組みとルールが確立されている。
大企業だけに経験の浅い若手一人に収益構造を頼ることが全くなく、少々の失敗は会社経営に全く支障がでることがない。

 

そして、大企業だけに新卒で入った社員は簡単に辞めない。

 

このような「型」のもと

 

新卒の社員がしっかりと戦力化していく仕組が確立されている、という事なんですね。

 

そしてこんな事は、大企業に勤めている人間にとっては当たり前の事でもあるので
特別な事でも何でもないのです。

 

 

それに対して

 

零細企業ではそうはいきません。
赤字社員が一人増えれば、年間の利益がすっ飛ぶ世界です。

 

ギリギリの人員で業務をせねばなりませんので、定期的に新卒採用する事は困難。
中途採用はなかなか人が集まりません。また中途採用は早期に辞めるケースが多い。
上司と言っても社長しかいないため、育成は社長次第。
徐々に仕事を覚えていく仕組みがなく、相当の能力とやる気がないとなかなか戦力化しない。

 

そして信頼して中心的な仕事をしている社員でも、突然辞めてしまう大きなリスクがあります。

 

 

同業者さんのブログ等を拝見していても、それを痛切に感じることがあります。
皆さんも人で苦労されているんだろうな、と。

 

 

「人」という壁。

 

零細企業から、大企業とまでは行かずとも
中小企業から中堅企業と言われる会社に成長するためには

 

このトンデモナク大きな壁を越えないといけないのです。

 

 

会社を成長させた経営者というのは

 

皆、それを乗り越えてきた方々です…!

 

人を獲り、人を育ててきたからこそ社員数が数百人の会社に成長したのです。
会社として収益を出せるバランスを取りつつ、仕事を分担して人が育つ仕組みができているのです。

 

この事は、何千人に一人、いや何万人に一人しかできない位の難易度だと思います。

 

 

それは人を使えばすぐに解ります…。

 

 

正直私はそこまでの成長を頭に描いている訳ではありません。

 

しかし、今いるスタッフや職人さんの事を思えば
まだまだ成長していかねばならないとも思います。

 

 

それが私の大事な仕事です。

 

 

 

 

 

 

先日から銀行の担当者さんが異動により代わりました。

 

実は私が以前に勤めていた銀行なのですが、最近のところの担当者さんは
1年先輩、2年先輩、同期…と続いていました。

 

 

 

そして今回

 

 

6年後輩

 

 

…!

 

 

私と同期だった連中は皆役職が上がり、いわゆる中間管理職的なポジションになっています。

 

自分もいつまでも若くありませんねえ(苦笑)。

 

 

 

 

そんな訳で

 

 

今日は新しい担当者さんに軽く当社の収支ズレについてお話しました。

 

収支ズレ=運転資金 ですので

 

ある意味最も大事なポイントです。

 

 

 

経営者やって資金繰りを見ていると誰でも瞬時に分かる事なのですが

 

私も銀行員時代はちょっと難しく考えていたような気もしますね…。

 

 

 

ともあれ

 

資金繰りに頭を悩ませる事無く仕事をさせていただける環境は、大変ありがたいところです。

 

受注がガンガン上がって喜ばしい状況の中でも
例え一時的と分かっていても、運転資金が積み上がってがショート気味になった時の気分の悪さといったら…

 

何とも言いようのない暗~い感じですから(苦笑)。

 

 

ま、とりあえずFさん

 

これから宜しくお願いいたしますね!

 

 

 

 

 

 

本日は

 

 

明日香村 現場

 

社内業務

 

桜井市 取引銀行

 

三宅町 現場

 

桜井市 打合せ

 

奈良市 現場・打合せ

 

奈良市 メンテナンス

 

 

今日のように

 

少しでも社内業務の時間が取れると結構大きいです。

 

スタッフへの指示が確実に、そして有効に行える。

 

 

 

と、言う事は

 

スケジュールの組み方が重要です。

 

 

 

ふむ。

 

 

 

もう一歩踏み込んで

 

スケジュールにも「型」を作っていくように…

 

 

 

うん、うん。

 

 

今日、このブログを書きながらの思いつきですが

 

始まったばかりの今期のテーマの一つにしましょうか…!

 

 

 

 

 

 

10月のみならず

 

11月も相当数の着工現場が予定されておりまして

 

更に12月になだれこんでいくとなると

 

 

既に年内工事が満杯に近い…!?

 

 

 

これは

 

大変な状況になってきました。

 

 

ここらで

 

戦力アップが必要なようです。

 

 

 

しかしながら

 

今期に掲げた目標を考えるに
受注のボリュームアップを実現するには、当然、それに見合う「生産能力」が必要となる訳です。

 

 

すなわち

 

職人さんの数を増やしていかねばならない。

 

 

これまでも成長とともに生産力を増強してきたのですが、最近は安定していて新しい職人さんに入っていただく事は少なかったのです。

 

 

しかし、ここいらが

 

ステップアップの時期のようです。

 

 

 

新しい、良いご縁に期待したいと思います。

 

 

 

 

 

 

昨日は当社のグループ総会を行いました。
橿原万葉ホールの会場を借りての開催です。

 

スタッフと協力業者さんに集まってもらいました。

 

 

この会は6年前からやっているのですが

 

昨年は色々あって出来ていませんでした。

 

肝心の「継続」がこんなところで出来ていないようでは…と、反省です。

 

 

 

今後は毎年8月に実施する事を宣言。

 

 

 

スタッフに向けては年初に年頭訓示、8月にグループ総会、間を補うため4月と10月に社内全体会議を行います。

 

職人さん、協力業者さんに向けては毎月の全体朝礼、3か月毎に行う施工店会議、そしてグループ総会で集まってもらいます。

 

 

 

私の想いをしっかりと伝えていくために作った「継続」の仕組みです。

 

 

中身についてはスタッフもしっかりと巻き込みつつブラッシュアップさせていかねばなりませんが

 

とにかく続ける事です。

 

 

そして当社の経営理念は

 

「継続が幸福を導く」

 

昨日も語りましたが

 

これからも毎回語って参ります…!

 

 

 

 

 

 

ありがたいご縁をまたまた頂戴しております。

 

 

絶好調です。

 

今年の植田は運気がいいのでしょうか…?

 

 

 

もちろん、ご紹介者様あってのご縁ということでして

 

植田を紹介下さる各方面の方々に、深く、深く感謝したいと思います。

 

 

 

 

今日、ある所でご一緒させていただいているタタミ屋さんと話をしました。

 

「俺、営業なんかしたことないけど、仕事なんて幾らでも増えてくるもんや。」

 

 

それなんです。

 

 

 

時代…じゃなく

 

それが根本にあると思う。

 

 

 

それこそ商売のあるべき姿であり

 

普通の人間誰でもがやっていける方法なんですね。

 

 

 

営業戦略

 

マーケティングの知識

 

営業トーク

 

文章能力

 

商品開発

 

デザインセンス

 

その他…

 

 

 

このような要素で勝ちあがっていける経営者って

 

実はほんの一握りしかいない。

 

 

 

 

 

しかし、信用していただけるような仕事を積み重ねてご紹介いただく。

 

これは誰しもが可能なことであり、そうやって商売を継続されている方々は幾らでもいらっしゃる。
住宅関連の業界は多くがそうやって成り立っている。

 

何も元請け指向が全ての正義ではありません。

 

 

 

 

ご紹介の輪が広がり、ご縁が積み重ねられていく。

 

ここ2年程、目に見えるスピードで続いています。
ありがたいことに現在、私はそのようなステージに来ているようです。

 

 

 

応援いただく皆様には

 

本当に感謝しきれません…。

 

 

重ね重ねですが申し上げます。

 

 

ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

本日は

 

王寺町で2件の現場を着工。

 

昨日は香芝。

 

香芝では来週も着工現場があります。

 

 

 

当面、植田は奈良盆地西部に出没する事が多くなりそうです。

 

 

 

まあ、一昔前ですと

 

道路事情も悪く

 

香芝も王寺も近くて遠いエリアだったのですが

 

年々こちら方面へのアクセスはよくなっていますね…!

 

 

以前は王寺まで1時間程かかっていたものが、今や30分ちょっとで着けるようになっています。

 

 

 

こういう変化も経営にとっては重要な事だと思います。

 

実際、南阪奈道路と高田バイパスが開通して当社にとっては大阪方面へのアクセスは劇的に変化した訳で
今や大阪府下の現場は珍しくなくなりました。

 

 

地元以外のエリアへのアクセスがよくなるということ

 

我々のような業界にとって、この事がどのような意味を持つのか…。

 

 

結構、ハッキリとしてきている事実もあると思います。

 

 

 

ま、しかし

 

 

近い方がいいのは確かなんですけどね。

 

 

 

 

 

 

ニュースレターの取材のため、2件のOB施主様のところへお邪魔してまいりました。

 

この内容は、早速今月末発行のニュースレターに盛り込ませていただきたいと思います。

 

 

 

本日はニュースレターの製作をやってくれている女性スタッフと同行。
彼女は実は一昨年に出産のため退職していたのですが、今年から復帰してくれました。

 

「産休」だったわけではなく、復職できるメドは立たない中での退職だったのですが
何とか託児の面もクリアして戻ってきてくれたのです。

 

 

もちろん小さなお子さんを育てながらの仕事なので苦労も多い中ではあるものの、しっかりと業務をこなしてくれています。

 

 

そして

 

 

同じく一昨年に「産休」に入った経理スタッフも先日から復職してくれました。

 

こちらは「産休」という事で復帰が既定路線だったものの、やはり小さなお子さんを抱えての不安もありつつ本当に復帰できるかどうか不安もありました。

 

しかし、こちらも戻ってきてくれました。

 

 

 

元々信頼して仕事を任せていた二人です。

 

何も心配ないのは当然なのですが

 

2年前まであった、この安心感…

 

こんな風に「昔」に戻れるとは思ってもいませんでした。

 

 

 

 

思えば、一昨年からこれまで

 

「人」で悩む事の多かった約2年間でしたが

 

 

 

全てが良い方向に回りはじめてきた感じがしています…!

 

 

 

 

 

 

本日は社内の会議。

 

本来は月曜日なのですが、昨日夕刻に私の予定があったため火曜日に変更して行いました。

 

通常の工程調整に加えて今日は「豆知識勉強会」も行い、2時間半に渡る長丁場になりましたが
様々な情報を共有できて、とても有意義な時間となりました!

 

 

「おお~っ、そんな事やってたんか~!」という驚きの事例あり

 

「なるほどねえ~っ!」という事例あり

 

「いいね!」という事例あり

 

「今後、注意せないかんよな…」という事例あり

 

 

ホント、皆が色んな経験を日々重ねています…。

 

ありがたい事です。

 

 

 

 

当社は取引先が多く、現場数が多く、そしてスタッフの頭数も多い分

 

各自の経験値を皆で共有していける。

 

 

これからも継続して

 

リーフユニティでこその強みを、しっかりと築き上げたいと思います。

 

 

 

 

 

 

暑い日が続きますけれど

 

7月も既に工事予定が一杯です…!

 

 

 

今年は更にありがたいご縁があって

 

また新たに得意先様との大きなご縁ができました。

 

 

 

時折ブログにも書いておりますが
私は新築外構工事において下請を決して否定しません。

 

 

逆に新築外構の元請はリスクとコストが高いビジネスモデルだと思っています。

 

 

 

もちろん色んな考えとビジネスモデルがありますし、条件や環境もそれぞれ。
私の目指すビジネスモデルも単純なものではなく、他にも様々な要素を組み合わせて運営しています。

 

 

いずれにせよ、結果が大事。

 

 

そして結果という意味では

 

今期は過去最高の受注額達成と、掲げていた目標数字達成に向けて走れています。

 

 

 

本当にありがたい事ばかりです。

 

 

皆様に感謝です。

 

 

 

 

 

 

当社では月曜日に毎週工程会議を行います。

 

せっかく集まるのに工程調整だけでは勿体ないので
連絡・徹底事項をはじめ、様々な話をしています。

 

 

そんな中、今年からはじめた新たな取り組みの

 

第4月曜日に開催している

 

「豆知識勉強会」が、なかなかイイ感じです。

 

 

多くのお客様、多くの現場に恵まれた当社の数多くの経験を

 

もっと社内でしっかりと共有するために各自が発表するのですが

 

 

 

わざわざ資料を用意したり、形式ばったりすると続けにくくなるので

 

一言でもいい「豆知識」ということにしているのです。

 

 

 

今日も、施工の話あり、材料の話あり、植木の話あり

 

なかなか面白かったですね・・・!

 

 

 

 

これは苦労なく継続できる、良い施策となりました。

 

 

もちろん他の事も含め、全員の力を合わせて

 

 

 

進んでまいります!

 

 

 

 

 

ブログ2000本投稿まであと7本

 

 

 

 

 

 

昨日の土曜日は

 

 

高取町 打合せ

 

斑鳩町 打合せ

 

大和郡山市 打合せ

 

桜井市 打合せ

 

 

 

 

雨模様の中でしたが

 

 

皆様と良い時間を持つ事ができました。

 

 

本日も2件の打合せ。

 

 

相も変わらずプレイングマネージャー全開の植田です。

 

 

プレイヤーとマネージャーの業務の兼ね合いについては以前から悩ましい部分ではありますが

 

当面についてはプレイヤーとしても全開で走るつもりです。

 

 

社長が現場から離れる事は会社の成長のための条件ですが

 

当社は未だそのステージ(段階)にない、という事です。

 

 

 

その点について、実は少し感違いをしていた時もありました。

 

経営にはステージがあります。

 

ステージに合わせて経営していかねばなりません。

 

 

 

 

私が現場の第一線から離れるときが来るのは

 

3年後くらい・・・かな。

 

次なるステージに昇ったときですね。

 

 

 

 

 

 

本日、全体会議を実施。

 

 

毎週工程会議は行っていますし

 

設計担当も交えてスキルアップ会議は昨年から月例で実施しています。

 

 

しかし、事務方も交えた全員参加の会議というものが出来ていなかったのです。

 

スタッフ全員が集まるのは年頭訓示の時だけでした。

 

 

そんな事もしていなかったのか、と言われてしまえばそれまでなのですが

 

 

 

案外に「伝える努力」とは出来ていないものです。

 

 

思いつきの打ち上げ花火ではなく

 

しっかりと継続していきたいと思います。

 

 

 

 

そして、今日は会議のみの参加でしたが

 

 

1年と5か月前に出産のため退職したスタッフが復帰してくれることになりました。

 

 

本当に能力の高いスタッフだけに復帰自体が大変ありがたく、業務上も大いに助かるのですが

 

 

それと共に、また戻りたいと思ってもらえるような職場であった事が嬉しいですね。

 

 

改めて、メンバーが揃いました。

 

 

ここからが新たなスタートです!

 

 

 

 

 

 

本日

 

現場の完成確認にお邪魔して、一通りの話が終わったところ

 

「ちょっとご近所に紹介したい方がいるんですけど…」

 

と、ありがたいお言葉を頂きました。

 

 

このところ

 

OB施主様に次々とご近所様やお知り合いをご紹介いただいております…!

 

 

 

ご紹介はとても嬉しいです。

 

ビジネス的には成約率が高く、集客コストは少ないです(色んな意味でゼロではありません!)。

 

また、ご紹介いただく事自体、お客様に信頼いただけてご満足いただけた証でもあり

 

自分の仕事への自信ややりがいを感じることができて、精神的な励みにもなります。

 

 

 

 

 

お陰さまで

 

 

OB施主様

 

OB施主様のご紹介の方

 

そして植田が担当するお得意先の住宅会社様

 

 

 

 

これだけで既に植田はかなり手一杯でございまして

 

新規のお客様を担当する機会がグッと減っております…。

 

 

 

植田にご興味のあるご新規のお客様は

 

さりげなくご指名なんぞいただけたら…

 

 

 

なんて売れっ子のような雰囲気ですね(笑)。

 

 

 

マーケティング的には

 

とても理想的な状態です。

 

 

なにせ新規の集客コストは殆どかけていなくて、この状態。

 

(もちろん「新規」にかけていないだけで「既存」にはかけていますヨ!)

 

 

目指してきた方向性、戦略に沿った成果でもあるので、ちょっと手応えも感じているところです。

 

 

 

もちろんマーケティング戦略はそれだけの単純な話ではないのですけど…難しいところです。

 

 

これまでの流れと直近の状態等を深く勘案しつつ

 

今年はちょっと思い切った決断もしているところです。

 

 

 

ともあれ

 

 

お客様に恵まれた環境に深く感謝です…!

 

 

 

 

 

 

3月も残りわずか。

 

この僅かが…慌ただしいところです。

 

 

3月末と言えば決算。

 

9月決算の当社としては半期の折り返しです。

 

 

折り返し点で、今期の目標として設定した数字のちょうど半分を突破いたしました…!

 

 

通期の目標を達成すれば、もちろん私の就任以降の過去最高。

 

 

震災の影響で住宅の着完工に影響が見える中、このままスンナリ達成とはいかないと思いますが

 

何としても達成したいです!

 

 

全員一丸で

 

 

頑張ります!!

 

 

 

 

 

 

現場の方はフル回転が続くなか
3月もどんどん過ぎてきています…。

 

 

3月と言えば決算月。

 

当社は9月決算なので、中間決算ということになります。

 

 

前職の金融機関では、中間決算と言えば本決算と殆ど変わらない位置づけの一大イベントでして

 

決算処理や決算数字のとりまとめなどをやっていた時は
中間決算明けの10月がトンデモナイ忙しさでした。

 

 

ともあれ零細企業の今はキッチリとした中間決算をしている訳ではなく

 

特別な区切りという訳ではありません。

 

そんなドンブリ勘定ではダメだ、との御指摘をちょうだいすべきところなのかも知れませんが

 

零細は零細なりの経営資源と体力に応じて経営をしている訳です。

 

 

一応私は経歴的にもそれなりの簿記経理、会計の知識は持ちあわせているつもりですが

 

この分野は経営的には後回し状態。

 

 

何より大事な事は、もちろん「お客様づくり」です。

 

そんな意味でも一年の折り返し点を迎えるにあたっての数字については強く認識しています。

 

 

すなわち

 

目標に掲げている数字の半分を達成せねばなりません…!

 

 

そしてその着地は

 

 

ハッキリと

 

見えてきました…!

 

 

 

もう少し。

 

 

絶対に

 

達成したい…!!

 

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

 

本日の会議で

 

全員で各種の情報交換を実施。

 

 

先週の会議の場で

 

次週に全員何かを持ち寄って発表しよう、と宿題にしていました。

 

 

第一回目ということで

 

スタッフの中でも意識の差はあったようですが(恐らく忘れていたものもいたと思う)

 

まずはスタートの手応えは掴めました。

 

 

 

現場の施工での実例やら

 

新商品の話やら

 

ちょっとしたアイテムの話やら

 

 

やっぱり色んな事が出てくるんです。

 

各スタッフが数多くの現場に従事させていただいているのだから、自分の経験だけにとどめるのは勿体ない。

 

それだけの機会をいただいているのも当社の強み。

 

 

 

これも、今年のスローガン「全員一丸」を具現化していくための試み。

 

 

もちろん、当社経営理念「継続が幸福を導く」の通り
しっかりと継続していきたいと思います。

 

 

あまり形式ばったこともなく
資料など、別段準備が必要ということにもしません。

 

 

直近の「気付き」「学び」を話すだけでいいんです。
豆知識、まあ軽く言えばトリビアのような感じでもいい。

 

 

 

ハードルを低めに設定する事も継続のポイントだと思います。

 

 

 

小さいけども

 

 

新たな一歩です。

 

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら
カンナが主役のお庭デザイン
デッキとグリーンの憩いの庭
ジーマはもう一つのリビング
庭を間取る+G(プラス・ジー)
+Gで創るリビングガーデン
憧れの暖蘭物語
木製パーゴラが創る空間

 

 

 

 

 

 

本日、社内でスキルアップ会議を開催。

 

 

ホームページの施工事例について意見交換などを行いました。

 

 

ようやく…

 

そんな物も無かったのか、と言われるかも知れませんが

 

先日プロジェクタを買いました。

 

 

今日はパソコンにプロジェクタをつないで投影した訳です。

 

 

 

 

会議の場で映像を映し出したくて
昨年からずっと欲しくて買うつもりだったのですが

 

実は一年間我慢していました。

 

 

何故かというと

 

スキルアップ会議自体が本当にしっかりと継続していける手応えを得てからにしたかったためです。

 

 

会議一つにしても、しっかりと強い意志をもってしないと立ち消えていったりするものです。

 

 

言うは易し、行うは難し。

 

続けるは更に難し…!

 

 

昨年の一年間はエクステリアメーカーさんにお願いして、商品の勉強会という形で継続してきました。

 

内容をお任せしてお願いするだけでも、昨年は正直キツイ時期もあったのですが

 

一年間、継続することができました。

 

その過程の中で、この会議が社内でもしっかりと定着してこれたと思うのです。

 

 

そしてとうとう、プロジェクタの導入に踏み切った訳です。

 

大袈裟な話のように書いていますが、安い物を選んでいますので4万円ちょっとの品物です。

 

しかし買ったはいいけど大して使う機会もなく…となるのが絶対に嫌だったので、1年間辛抱してきました。

 

 

 

この会議は、今後必ず続いていきます。

 

そういうステージに入りました。

 

プロジェクタも、どんどん活躍してくれるでしょう…!

 

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら
カンナが主役のお庭デザイン
デッキとグリーンの憩いの庭
ジーマはもう一つのリビング
庭を間取る+G(プラス・ジー)
+Gで創るリビングガーデン
憧れの暖蘭物語
木製パーゴラが創る空間

 

 

 

 

 

 

今日は「丸亀製麺」というお店で少し遅い目の昼食だったのですが

 

 

まあ~

 

繁盛していますね…!

 

 

昼も過ぎていると言うのに駐車場もギリギリでしたし、店内も人だらけです。

 

回転が速いので何とか流れている感じです。

 

 

 

 

ビジネスとしての飲食業界は
凄まじい競争の世界だと思いますが

 

 

断然、勝ち組なんでしょうね。

 

 

様々な飲食店があるなかで

 

うどん屋さんって、確かに流行ると思います。

 

 

外食に行くにしても、やはり見知らぬところは敷居が高いですから

 

できるだけ敷居の低い店が繁盛するものだと思います。

 

 

敷居の低い店と言えば、チェーン店。
店の雰囲気やメニューがどんなものがあるか、概ね予想がつくので安心して入れる訳ですね。

 

そして値段もお手頃なところは特に入りやすいです。

 

すなわち

 

 

ラーメン (来来亭、天下一品、彩華…)

 

カレー  (ココイチ)

 

牛丼   (吉野家、すき屋、松屋)

 

ハンバーガー(マクドナルド)

 

 

など、いずれのお店も繁盛していますね。

 

 

しかし

 

女性や年齢層が高くなってくると、逆にちょっと入り辛い…?
(家内も牛丼屋で牛丼を食べた記憶が殆どない、とのこと)

 

 

そこへ来て、うどんはターゲットが広いです。

 

丸亀製麺の繁盛ぶりは、ラーメンや牛丼はちょっと…という顧客層を総取りしている感があります。

 

 

もちろん、味も重要な要素になっているのでしょう(何を食べても美味しい私は味に対する感想は控えさせていただきますが…)。

 

 

ちょっと調べてみると

 

凄い急成長をしている会社なんですね。

 

「丸亀」は凄まじい勢いで店舗が増えています。
奈良にもこんなに沢山できているんですね。

 

飲食も大変に難しい業界ですが

 

顧客に選ばれる要素をしっかり揃えると、こうまで圧勝できるんですね。

 

 

「繁盛店に学ぶ」

 

 

異業種ですけど、何かを感じとりたいと思います。

 

 

 

 

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら
カンナが主役のお庭デザイン
デッキとグリーンの憩いの庭
ジーマはもう一つのリビング
庭を間取る+G(プラス・ジー)
+Gで創るリビングガーデン
憧れの暖蘭物語
木製パーゴラが創る空間

 

 

 

 

 

 

とうとう

 

ETCを導入しました…!

 

 

 

私の車を含めて3台分。

 

 

 

私はプライベートでもETCは殆ど使ったことがなく(旅行の際に一度だけレンタカーで使ったことがある)

 

 

ETCレーンに入る習慣が全くないため

 

つい間違って一般レーンに入りそうになっています(苦笑)。

 

多分、そのうち間違えると思います…。

 

 

 

今更ながらのお話ではあるんですが

 

ETC導入に踏み切った経緯は、と言うと

 

 

もちろん大阪方面を中心に高速道路の利用機会が増えてきた事が大きな要因です。

 

 

阪神高速をはじめ大阪方面はあまりETC割引がないのですが、それでも南阪奈道路の一部などで割引があるんですね。

 

 

ただし、割引が主な目的ではありません。

 

ETC導入の目的は

 

 

「時間」です。

 

 

料金所で停まってゴソゴソおカネを出して払う時間

 

後で現金精算のため領収書をまとめて出す時間

 

 

 

これらが効率化できます。

 

 

そして決定的に感じたのは

 

去年、ほんの一時期ですが経理担当者が不在の時期がありまして
私も現金精算の業務をやっていた時のことです。

 

 

頻繁に精算業務が発生して、それだけでも面倒なのに

 

現金精算では1000円札や小銭がどんどん出て行くため、それらのおカネの用意も必要になるんですね。

 

 

そんな業務も効率化できる訳です。

 

現金出納事務をやって痛感した次第です。

 

 

会社全体として

 

一人一人の業務量もどんどん増えてくるなか、できるだけ少ない人数でこなして行かねばならないと考える際に

 

 

機械や道具への投資は安いもの…

 

 

という事ですね。

 

 

人一人雇うことにかかるコストを想像すれば、その安さがハッキリわかります。

 

 

 

逆に言えば

 

時間をお金で買う、という考え方。

 

 

それくらい

 

時間というものは大切です…!

 

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら
カンナが主役のお庭デザイン
デッキとグリーンの憩いの庭
ジーマはもう一つのリビング
庭を間取る+G(プラス・ジー)
+Gで創るリビングガーデン
憧れの暖蘭物語
木製パーゴラが創る空間

 

 

 

 

 

 

本日は午後から新年恒例の展示場の清掃をスタッフみんなで行いました。

 

その間にメーカーさんを中心に年始のご挨拶にお越しいただいたりして
皆様にお会いできて良かったです。

 

お会いできなかった方には失礼をいたしました。

 

 

そんなお正月モードもそこそこに

 

早くも現場、見積り、新規打合せ…

 

 

 

お正月気分は吹き飛び、既に日常に突入です。

 

 

 

しかし、このお正月気分というものも大事な部分でして

 

せっかく思いを新たにした、という一つのチャンスをしっかり掴みたいと思います。

 

 

 

そんな訳で、もうひと踏ん張りです。

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら</

 

 

 

 

 

 

仕事始めの1日。

 

 

午前中はスタッフに年頭の訓示

 

午後は得意先に挨拶まわり

 

 

 

そんな年始ならではの仕事も概ね終了し

 

早々と会社は日常に戻ろうとしています…。

 

 

 

アッと言う間に仕事一色のモードに戻りましたが

 

お正月休みの間は全ての時間が家族と共にありました。

 

そんな時間を過ごしていると
もっともっと家族のために頑張ろう、という思いを積み上げることができました。

 

 

この思いを決して忘れず

 

日々取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

今年からスローガンを掲げる事にしました。

 

 

 

今年は

 

 

「全員一丸」

 

 

これで行きます。

 

 

 

絶対に掲げるだけでは終わりません。

 

 

 

 

大きな目標と希望を胸に

 

 

2011年のスタートです!!

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら</

 

 

 

 

 

 

皆様

 

 

新年あけましておめでとうございます。
本年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

年が変わるというのは不思議なもので

 

昨日までと何も環境は変わっていないのに

 

気持ちの中で何かを変えようとする動きが起こり

 

行動を変えることのできるチャンスです。

 

 

 

 

私も例にもれず、幾つかの事を考えています。

 

 

しかし、それらを継続できるかどうか?

 

継続することこそが大きな分かれ目であり、大きな力になる。

 

 

一昨年に「継続が幸福を導く」の経営理念を掲げ、その価値を全社的に共有すべく取り組んできましたが

 

やはり簡単なことではありません。

 

 

会社である以上、その全ての責任が私であり
それ故に継続を可能にしていけるはず。

 

 

改めて

 

経営理念を胸に

 

進んで参ります!

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら</

 

 

 

 

 

 

当社は本日が仕事納めとなります。

 

恒例となります1年の振り返りブログです。

 

 

今年は

 

「しんどかったけど、終わり良し!」

 

というところでしょうか…。

 

 

 

何がしんどかったか、というと

 

流石にブログでギラっとは書けませんが

 

 

やはり「人」の部分です…。

 

 

それ以前は3年に渡って安定していたのですが

 

昨年の暮れごろからは結構ドタバタになりました。

 

 

もちろん出産に伴う休職などおめでたい話が続いたこともあったので

 

悪いことが続いた訳ではなかったのですが

 

 

ここ数年になく色々ありましたね…。

 

 

 

 

そして夏ごろのブログにもありますように
今年の私は「緑化フェア」に相当時間を費やさざるを得ませんでした。

 

 

馬見丘陵公園での工事がピークとなったお盆休み明け…

 

今年の漢字は「暑」でしたが、最も暑かった時期に花苗を植えるピークが来たので人一倍「暑」を痛感することになりました。

 

 

私にとっての今年の漢字を言うなれば

 

「忙」

 

でした。

 

ただ単に忙しかった、というような事ではなく
字の通り心を亡くす日々が続きました。

 

 

それは様々な仕事の停滞を招くことにもなりました。

 

 

 

しかし、乗り越えられない壁はないものです。

 

完全に全てを乗り越えて今があります。

 

そして乗り越える過程の中で、しっかりと手応えが手元に残りました。

 

 

 

 

新たにお取引をいただく得意先が更に広がりました。

 

ホームページは4月にリニューアル。
アクセスは今年の5月に月間過去最高を記録しました。

 

OB施主様よりのリピート受注が大幅に増えて過去最高を更新しました。

 

ガーデンルームの販売実績は大幅に増えて過去最高を更新しました。

 

コンクール等での入賞は4年連続に伸ばすことができました。

 

ニュースレターの毎月発行を継続できました。

 

「スキルアップ会議」と「施工店会議」をスタートし、年間通じて継続できました。

 

 

 

 

 

そして11月ごろから

 

全ての事がうまく回転するようになり

 

とても良い状態で年末を迎えることができています。

 

 

 

 

 

反省点も改善すべき点も多くあり

 

目指すべきところは未だ遠いのですが

 

 

来年はきっと更なる進化をすることできると確信しています。

 

 

 

改めてお世話になった各方面の方々に御礼申し上げて

 

今年を締めくくりたいと思います。

 

 

 

ありがとうござました!

 

では、良いお年を。

 

 

※年末年始も少々ブログ書くつもりですので、またお越しくださませ。

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら</

 

 

 

 

 

 

今年の年末は

 

ちょっと思わぬアクシデントもありましたが
比較的スムーズに進みましたね…。

 

 

お陰さまで

 

落ち着いた気分で年を越せそうです。

 

 

 

明日のブログで今年を振り返るつもりですが

 

とにかく今年は最後になって、ようやく色んな事が上向きになりました。

 

 

 

終わりよければ全てよし…

 

 

それはちょっと言い過ぎかも知れませんが

 

 

精神的には何よりありがたい事です。

 

 

 

さて、ラスト1日。

 

これが結構予定満載の1日になっているのですが

 

頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら</

 

 

 

 

 

 

今日も色んな方々と話をする機会を頂いたのですが

 

改めて感じたことがあります。

 

 

 

当たり前すぎることですが

 

 

 

商売というものは

 

やはり信頼関係あってこそ継続するものですね…。

 

 

 

当社はありがたいことに、しっかりとした信頼関係が築かれているお得意先様に多く恵まれています。

 

 

また、当社の施工現場に入ってくださる職人さんたちとも信頼関係が築けていると思っています。

 

 

 

逆に

 

下請けを見下す社風で信頼関係のなかった得意先は取引をやめました。

 

信頼を裏切られた人とは一切お取引いたしません。

 

 

職人さんも

 

自己都合を先に出して信頼関係が築けなった方は続いていません。

 

 

 

結果的に、今のありがたいご縁と環境があります。

 

 

これからも

 

皆様どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら</

 

 

 

 

 

 

毎日のように

 

各方面から様々なご依頼を頂戴しております…!

 

 

皆様、誠にありがとうございます。

 

 

 

やはり何を言っても営業部門が強くないと

 

会社は絶対に成り立ちません。

 

 

 

営業部門における戦略・スタンス

 

そして、これまで積み上げてきたものが

 

決して間違いではなかったことに自信を深めているところです。

 

 

 

もちろん課題や反省すべき点も多く

 

目標は未だ先にあり

 

 

満足することはありません。

 

 

 

一歩一歩ですが

 

まだまだ先に進みたいと思います…!

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

いよいよ年末モードに突入してきました。

 

年内完工の現場が次々と着工していきます…。

 

 

 

ちなみに

 

 

カーポートやテラス、ウッドデッキ等のエクステリア工事につきましては

 

年内施工は既に締め切らせていただきました。

 

 

 

もう、何と言われようと無理です…!

 

 

 

その他の工事も既に相当厳しく

 

最終週に予備的な枠が少し残っているくらいでしょうか。

 

とにかく、1日1日が大切です。

 

 

しっかりと先を呼んで動いていきたいと思います。

 

 

 

そして

 

 

 

各方面、様々な方々とのご縁に深く感謝いたします。

 

皆様のご期待に添えるよう、頑張ります。

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

奈良市

 

生駒市

 

斑鳩町

 

広陵町

 

 

 

と走って参りました。

 

 

そして今日は色んな方々とお会いしてお話することができました。

 

やはり動くことは大事です…!

 

 

 

しかし、時間は有限。

 

ここいらが大事なところですね。

 

 

 

動き方、すなわち時間の使い方については

 

まだまだ考えていかねばなりません。

 

 

 

昼食時や移動の合間なども使いながら、以前読んだ本を読み直しているのですが

 

経営者として、まだまだ時間の使い方が悪い事に気づかされています。

 

 

 

「時は金なり」

 

 

これ、とんでもなく重い言葉です。

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

工程会議で年内の工程を調整したのですが

 

これ以上の年内工事はちょっと厳しい状況ですね…。

 

 

 

この忙しさは

 

4、5年ぶりくらいの感じがします。

 

 

 

まだ11月が終わっていない段階ですから

 

12月に「年内に」というご依頼が予想されるだけに

 

 

その時が辛いですね…。

 

 

 

うーん。

 

 

 

少しでも皆様のご期待にお応えできるよう
 

怒涛の年末に向けて

 

必死のパッチで頑張ります。

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

本日は

 

 

 

橿原市 植栽工事

 

桜井市 打合せ

 

桜井市 現場確認&打合せ

 

 

 

久しぶりに地域密着エリアで動けた感がありますね。

 

 

と、言いながらも

 

 

来週は堺市や羽曳野市の現場がありまして

 

大阪での行事参加の予定もあったりします…。

 

 

エンド部門については奈良の中でも地域密着エリアを決めているのですけど
お得意先のエリアについては奈良県全域はもちろん、大阪も京都も三重もありなのです。

 

 

一昔前ならば

 

このエリア展開は効率的にはあり得なかったと思いますが

 

 

道路事情が格段に向上したことと

 

携帯電話の利用によって

 

 

可能な状況になっている訳ですね。

 

 

 

私も益々広域で動く事が増えてきつつあります。

 

いよいよパソコンを持ち歩くときが近づいてきたようにも思います(それ位、今では当たり前と言われるかも知れませんが)。

 

 

それともアイパッドの方がいいんでしょうか…?

 

 

変化の速い時代の先端に着いていかなくてもいいのですけど

 

ある程度の期間しっかりと使えていけるものが欲しいです。

 

 

さて、どうするかな。

 

誰か教えてくれませんか?

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

この9月から10月にかけて
爆発的な売上受注があったものですから

 

 

経営者として資金繰りも頭に入れておかねばなりませんので

 

一番大きな仕入れ先でもあるエクステリアの代理店さんに現時点での仕入れ金額を問い合わせしてみました。

 

 

すると…

 

 

 

 

えっ…!

 

 

 

と、思わず耳を疑うような記録的な数字。

 

もちろん私本人も大量の発注をしていますので、想定はしていたんですけど

 

改めて聞くと凄い数字です。

 

 

 

間違いなく私が経営に携わってからの最高仕入れ額です。

 

 

仕入れが多いというのは
おカネが出て行くという、辛い側面もあるんですけど

 

当然のことながら、それだけの売上があるということですので
ある意味胸をはる数字でもある訳です。

 

 

しかし大きな目標を達成していくには

 

この数字が当たり前の世界にしていかねばなりません…!

 

 

 

これも一つのステージを上がるプロセス。

 

励みにして頑張ります。

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

年末に向かって突っ走っているところではあるんですが

 

9月末決算期について少し振り返ることができるようになってきました。

 

 

 

過去最高を記録した昨年度と較べると

 

少々受注額については減少しましたが

 

一昨年とほぼ同等というところになったようです。

 

 

 

しかし、この内容については大きな手応えがあります。

 

 

 

一番の手応えは、法人部門のネットワークが一段と充実したこと。

 

 

特に新規開拓営業をした訳でもなんでもないのですが

 

色んな繋がりが広がって行くことによって更にありがたいお得意様が増えました。

 

 

既存のお得意様においても、益々当社へご期待いただけたていることが実感できています。

 

 

 

 

エンドユーザー部門については、リピートと紹介の数字がグンと上がったことが大きな手応えです。

 

この事というのは

 

何かしっかりと根を伸ばすことができたように感じさせてくれるのです。

 

 

 

対して、伸び悩んだ部分もあります。

 

それはそのまま私自身の反省点でもあります。

 

 

今期については

 

掴んだ手応えと反省によるカイゼンをもって

 

 

 

更なる高みを目指していきたいと思います!

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

最近、人事採用に携わることが多くなってきています…。

 

 

中小零細企業主として人の事で思い悩むのは当たり前のことだと自覚はしておりますが

 

 

色々と考えさせられることが多いですね。

 

 

 

就職活動難がニュースになったり

 

雇用問題が政治の大テーマになったりしていますが

 

 

 

我々の立場から言うなれば

 

中小零細はいくらでも人材を必要としています。

 

 

 

ところが

 

そこに「ミスマッチ」があります。

 

 

 

 

キャリア?能力?経験?

 

全てノー。

 

 

 

誰でも始めはゼロから仕事を覚えていくものですが、1年もすればいっぱしの仕事をしているものです。大学新卒でも1年後にはバリバリ仕事をしています。

 

小さな会社ですからドンピシャのキャリアなど期待していません。

 

 

資格など、採用上は全く何の価値もありません。

 

 

雇用対策に職業訓練が行われたりすることがありますけど
あれほど無駄な事はありません。

 

まさに、お役所仕事の典型です。

 

甘っちょろい職業訓練を受けた程度では何の足しにもなりはしません。

 

 

 

 

じゃあ何処にミスマッチがあるかというと

 

 

「やる気」「責任感」「人の役に立とうとする想い」「感謝の気持ち」「周囲への気遣い」

 

 

そういう部分だと思うのです。

 

 

この部分のミスマッチの解消は

 

ある意味最も難しいのかも知れませんが…。

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

本日は小学生の子供達の運動会。

 

去年は仕事の都合上行くことができなかったのですが
今年は何とか休ませていただいて行ってまいりました。

 

しかし土曜日で現場が動いて多くのスタッフも出てくれているだけに
落ち着かない気分でもありましたが…。

 

 

 

そして夕方から仕事に戻って現場へ。

 

 

今はゆっくり休んでいる訳にはいきません。

 

 

多くのお客様、お得意先様のお陰さまで大変忙しくさせていただいております。
ここはスタッフ一丸となって頑張らねばならんところです。

 

 

皆、頑張ってくれています。
また、それに気付いていない者がいれば気づかせてやらねばばらない。

 

 

全員一丸体制を作っていく。

 

 

それも私の役割。

 

 

明日も頑張りましょう…!

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

10月1日。

 

9月決算の当社は新しい期に入りました。

 

 

 

振り返れば

 

昨期はここ数年の中で最も色んな事があった1年でした。

 

 

 

身に染みて感じることも多々あり

 

反省点も限りなくあります。

 

 

 

乗り越えねばならない壁が今も多くあります。

 

 

しかし

 

 

しっかりと前を向いて

 

頑張りますよ!

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

心地よい風の吹く季節となりました…!

 

お庭に出て色んなことを思い、感じる季節でもあります。
お客様より様々なご相談をいただく事も増えております。

 

ビジネス的に言えば「秋の需要期」というシーズン。

 

 

先日のお客様感謝祭では多くのOB施主様にお越しいただいたこともあり
このところの植田はOB施主様宅へお邪魔する機会が増えております。

 

 

それも含めまして

 

 

現在、植田はOB施主様及びご紹介のお客様を担当することが殆どです。

 

そしてそれが、かなりの件数となっております。

 

 

 

マーケティングのお話として

 

 

リピートや紹介が重要、というのは頭では誰しも分かっていることだとは思いますが

 

 

リピートや紹介で実際に商売として成り立たせるのは簡単なことではありません。

 

 

理由は簡単。

 

 

「数がないから」

 

 

です。

 

 

リピートいただくにもOB施主様が50件しかなかったら…?

 

リピート受注の件数は上がってきません。

 

紹介いただくのも同様。

 

 

リピートや紹介をいただくために、「ニュースレター」というツールが語られることがあります。

 

これによってリピートや紹介の確率はグンと上がるでしょう(やっている者の実感からすると大変な労力とコストを伴いますが)。

 

 

しかし

 

 

ニュースレターを届けるOB施主様の数が50件だとしたらどうでしょう。

 

仮に確率が0.1%だったものが1%に跳ね上がったとしても

 

0.05件⇒0.5件

 

ビジネス上では微々たる足しにしかなりません。

 

 

 

マーケティングは

 

 

「数」×「確率」

 

 

です。

 

 

 

当社なりのモデルでお客様の数を増やしながら
私なりの地域のネットワーク・コミュニティを広げつつ
ニュースレターやお客様感謝祭などを通じて確率を上げてきた結果として

 

 

リーフユニティの今があります。

 

 

リピートやご紹介で忙しくさせていただけるようになりました。

 

 

今もって、まだまだなのですが
今年は何か一つの柱を建てることができたように感じています。

 

 

 

 

爽やかな秋風をそれを感じさせてくれています。

 

 

 

 

 

OBのお客様

 

今後ともリーフユニティをよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

明日から

 

お客様感謝祭を行います!

 

 

 

と、言いながら

 

 

 

準備はスタッフ任せでになってしまいましたね…。

 

 

しかし、皆がしっかりと準備してくれています!

 

私が何も言わなくても動いてくれていること程ありがたいことはありません。

 

それもやはり過去4年継続してきたことの蓄積があるからです。

 

 

 

 

 

逆に、新しいことを始めたりカイゼンを考えたりということになると

 

私が何も言わなくても動いていくことは少ない。

 

 

 

当然ながら、それは私の仕事なのです。

 

今は色んな意味で、改めて私自身の役割を考えていかねばならない時期のようです…。

 

 

またまた乗り越えねばイカン「壁」ですね…。

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら
 

 

 

 

 

 

会社経営やってると

 

色んな壁がありますけれど

 

今日は幾つかの壁を乗り越えることができたようです。

 

 

 

 

経営者として最大の課題でもあろう「人」という課題。

 

ここ3カ月程、正直苦しい思いもありました。

 

経営者として、まだまだであることを痛感させられました。

 

 

そして

 

 

明日からまた新しい風が吹き始めます。

 

 

 

 

失いかけていたものも取り返していけそうな気がします。

 

また一方で、越えねばならない壁と直面することでしょう。

 

 

 

絶対に負けない。

 

 

頑張ります!!

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

現場を一つ段取りつけて戻って参りました。

 

近くの現場なので、早々と戻ってくることができました。

 

 

 

 

現場は近い方がいい…

 

 

当たり前の事ではありますけど

 

 

深いところでもあります。

 

 

 

移動時間は生産性ゼロ。

 

携帯電話で仕事ができる部分も大きいのですが

 

近ければ近いほど現場へ行く頻度を増やせます。

 

 

 

 

 

いつかどこかで

 

大きな結論を下すときが来るかもしれませんね…

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

本日、昼食におじゃましたのが

 

DSCI0007

 

 

ドライブイン169 様

 

 

 

「169」とは国道169号のことで、芦原トンネルというトンネルを吉野方面に抜けて少し下ったところにあるお店です。

 

 

 

「ドライブイン」というと、団体向けのようで

 

確かに団体向けの座敷があったりお土産が置いてあったりもするのですが

 

 

 

普通にお食事処としてのご利用が多いようで

 

今日もそんなお客様で賑わっていました。

 

 

 

 

DSCI0010

 

 

 

DSCI0012

 

 

 

何を食べようか悩みに悩んだ末

 

 

DSCI0009

 

 

 

日替わりランチのAセット「カツとじ煮と冷奴」を頂きました。

 

暑いだけに一口目に冷奴を食べると、スーッとして美味しい!

 

そして味噌汁をいただきながらの定食ランチに何か癒されるものがあります。

 

 

 

 

外食をするのにも

 

ファミレス・ハンバーガー・カレー・ラーメン・中華・牛丼…

 

こういったメニューには困りませんが

 

 

 

昔ながらの定食などは
駐車場のこともあって結構食べる所が少なかったりしますね。

 

 

こちらは「ドライブイン」だけに広~い駐車場もあって、とても入りやすいお店です。

 

 

 

 

さて、普段から食べ物のことを書くことのない私が

 

今日のブログに書いたのには訳があります。

 

 

 

 

実は

 

 

こちらのお店はリーフユニティのOBのお客様です。
以前、お店の植栽リニューアルをさせていただいたのです。

 

別の者が以前に担当して私はご挨拶することもなかったので、食事にもなかなか行く機会が取れなかったのですが

 

今日はちょうど大淀町の現場に行った帰りが昼時でした。

 

 

お店を運営されているOBのお客様にもご挨拶ができましたし、これからも時折お邪魔したいと思います。

 

 

 

リーフユニティは

 

経営理念「継続が幸福を導く」を掲げ

 

OB施主様と長~いお付き合いを願う会社です。

 

 

お店をされているお客様については、微力ながら応援させていただきたいと思っています。

 

 

毎月発行しているニュースレターでも、ぜひご紹介させていただきますね。

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

7月も今週限り。

 

予定通り(?)アッと言う間です。

 

 

 

8月もアッと言う間にお盆になり

 

そうこうしている間に9月になるでしょう。

 

 

 

工事も営業もテンテコマイの中
各方面ご迷惑をおかけすることもあるかも知れませんが

 

 

それでも時は流れて全てを乗り越えながら進んでいくものです…。

 

 

 

問題は

 

そうやって時間が過ぎて行く事そのものなのかも知れません。

 

 

 

経営者として残された時間は少なく

 

目標、着地点なき行動に日々が占有されてしまう

 

 

 

そんな日々を見つめ直さねばなりませんね…。

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

このところ

 

経営者に必ず付いて回る、ある「悩み」と付き合っている植田です…。

 

 

ある「悩み」が何なのか

 

経営者の方ならばすぐにお察しいただけるかと思います。

 

 

 

しかし、これまでも多かれ少なかれ付き当ってきたことであり
そして永久に付き合っていかねばならない事なんだろうと言い聞かせつつ

 

 

深く悩まず、前向きに捉えているところです。

 

 

 

さて今日も

 

 

大淀町から名張市へ走り

 

とって返して大和郡山市へ向かい

 

そして広陵町へと戻ってくるという

 

 

 

そんな東奔西走でした。

 

 

どうやら現場の方が落ち着く気配は全く無いようです…。

 

 

 

 

来週も現場着工が迫っています。

 

引き合いと打合せもドンドン入ってきます。

 

 

 

ありがたい限りです。

 

 

営業部門が見通し良好であることは
経営者として一番嬉しいことですから

 

 

冒頭のような悩みなど、吹き飛んでくれます。

 

 

 

暑いですが

 

元気を出して

 

頑張りましょう!

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら
 

 

 

 

 

 

雨で苦しんではおりますが
何としてもご期待には応えるべく頑張っております…。

 

昨日は警報発令の奈良。

 

そんな大変な降り方でもありませんでしたが
子供達は降ってわいた休みに楽しそうでした。

 

 

一方、雨でも可能な作業は各現場進めてくれました。
私もずぶ濡れになりながらも踏ん張りました。

 

 

雨だから、とゆっくり休んでいる場合ではありません。

 

 

大きな現場が完工しないうちに次々と着工現場が迫ってくる…

 

忙しいのは嬉しい悲鳴、と言いたいところでしたが

 

4年前にあったそんな厳しい状況は「嬉しい」という形容詞は吹っ飛んでいました。

 

 

 

後手になったその時の過ちは絶対に繰り返しません。

 

 

 

ここは踏ん張りどころとなります。

 

今こそ、リーフユニティの施工集団のパワーをお見せしたいと思います。

 

 

 

今日は昼前には雨も上がるようです。

 

 

では、現場に行ってきます!

 

 

 

 

 

 

ブログ書いてたらある人からお電話がかかってきまして…

 

 

ひらたく言えば「広告出しませんか?」って話です。
以前よりお声をかけて頂いていて検討をしていたのですが

 

 

断腸の思いでお断りすることとなりました…

 

 

 

普段、コピー機だとか電話だとか
最近はあまりないけど先物投資とか
そんな電話セールスは全く遠慮なくぶったぎりますが

 

 

先程のは、そんなのとは違います。
辞退するのも本当に辛いところでした。

 

 

その会社さんとは、これまで色んな意味でご縁があり、
そして今後もお付き合いを継続していきたいな、と思う相手なんですね。

 

 

しかし、話していてハッキリと認識できたんですけど

 

広告宣伝に対する費用のかけ方というものは、本当に難しいのです…。

 

 

と、いうより

 

 

紙媒体の広告宣伝で「モトをとる」というのは
大抵難しいという事が既に身に染みています。

 

 

 

それに対して

 

 

「リピート」

 

「紹介」

 

 

今も昔もコストが余りかからない、そして効果抜群の理想のマーケティングです。

 

 

 

そして

 

 

「ホームページ」

 

 

かかるコストは限定的ですね。

 

 

 

しかし、「リピート」「紹介」そして「ホームページ」にはない素晴らしい利点が紙媒体にはあります。

 

 

そのことも十分に理解はした上で

 

 

だったのですが…

 

 

やはり金額的に合わしにくいお話になってしまうのです。
様々な紙媒体の広告をやってきた私には、それが見えてしまいます。

 

 

 

今回の広告の件は見送りますが

 

その会社さんとのご縁は今後も継続していきたいと切に願うところです…

 

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

朝から自然豊かな黒滝村の現場へ行って

 

午後からは大阪都心部へ出張。

 

 

 

相変わらずの東奔西走の植田です。

 

 

 

自然も都会も気軽に行ける距離にあるのが
奈良のいいところかも知れませんね…。

 

 

さて、実は来週も大阪出張があります。

 

この季節は「安全大会」という催しが多いのです。

 

 

 

工事現場における「安全」というのは大きなテーマです。

 

本質は深いところで語られるべきなのですが

 

表面的なお話として常にアナウンスされるのが

 

 

 

「ヘルメット着用」

 

 

ですね。

 

 

 

当社は100%の着用を厳命しています。

 

 

こういう事はトップの決心一つです。

 

 

 

ヘルメット一つルールを徹底できないようでは

 

何の徹底もできません。

 

 

 

 

住宅業界は着用していないケースもまだまだ目立っているようです。

 

外構・エクステリア業界でも着用しない人が多いように思います。

 

 

 

リーフユニティの現場では、内容如何に問わずヘルメットを着用させています。

 

危険のない作業だから…と守らない理由を作ってしまえば、そこから綻びができます。

 

 

 

時折、こういう事も語っていかねばなりません。

 

一度言えば以降徹底できる、というような事はありません。

 

 

言い続けないといけないのです。

 

 

ここでも、「継続」が大切になってくるのです…!

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

5年近く前にブログを書きはじめた頃、こんな記事を書いていました。

 

 

 

 

*****

 

 

 

ビジネスをやっていると本当にいろんな出会いがあります。動けば動くほど出会いがあります。出会いが多ければ多いほど、素晴らしい出会いがあり、思いもかけない「良いこと」が起こります。ビジネスやって、まだ1年足らずの私のコミュニティはまだまだちっぽけですが、少しづつ大きくなってきました。これからの出会いにも本当に期待したいです。そのためには、まず動く、ですね。

 

このブログもそんな想いで始めました。まだ、誰にも読まれていませんが、想いが伝わるチャンスを創っていけると思っています。

 

 

 

 

*****

 

 

 

あのとき感じた

 

「出会い」の大切さと期待。

 

それは今も変わっておりません。

 

 

あれから5年。

 

 

本当に様々な出会いがあり、素晴らしい出会いがあり、「良いこと」がたくさん起こりました。

 

 

あのとき、少しづつ大きくなってきたと感じていた「コミュニティ」。

 

しかし今にして思えば、語るに及ばないような小ささでもありました。

 

 

 

5年動き続けた結果

 

較べモノにならない今があります。

 

 

 

自分で言うのも憚られる部分ありますが
私にご期待くださる方が多くいらっしゃいます。

 

かかってくる電話の数は当時とケタ違いになりました。

 

 

各方面に相談できる方と沢山お会いすることができました。

 

何かあれば誰々に相談しよう、というのがすぐに出てきます。

 

 

 

 

そして目下それらが、体感できるほど加速度的に広がっている。

 

 

 

 

これ程、ありがたいことはありません…。

 

 

 

今日も「いい事」ありました。

 

 

 

重ねがさね

 

 

皆様との出会いに深く感謝いたします。

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

色々あって

 

こんな時間になっていますが…

 

 

 

まだまだ頑張りますよ~!

 

 

 

サッカー?

 

もちろんシカトです(笑)。

 

 

 

 

ここは踏ん張りどころなのです。

 

 

正直、プレイヤーとしてフル回転中なだけに

 

懸案事項は多々あります。

 

 

 

しかし

 

 

一人でフル回転でビジネスやっている人なんて、世の中に幾らでもいる筈。

 

当然、プレイヤー兼マネージャー。

 

営業担当、販促担当、業務担当、経理担当、人事担当、教育担当、その他…全てこなしておられる凄い人はたくさんいらっしゃると思うのです。

 

 

社長が現場を離れないと会社は成長しない?

 

 

本で読みました。

 

 

 

 

上等です。

 

 

 

現場ドップリですが、必ず成長させます。

 

今の私は、そういうステージなのです。

 

 

 

現場とともに、私の成長がある。

 

 

 

 

 

まだまだ

 

 

ぶっちぎりますよ~!

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

6月21日。

 

アッと言う間です。

 

 

しかし時間に追われていてはいけません。

 

それを自分に言い聞かせるためにも、たまにブログに書きながら…

 

戒めていきたいと思います。

 

 

 

お陰様で今はお客様に恵まれていますが

 

安閑としてはおれません。

 

 

WEBは次なるステップを考えないといけません。
今年中には更なるリニューアルが必要ですね。

 

 

OB施主様に向けては、巡回サービスの新たなメニューを実施の予定。
12月のニュースレターに載せて、巡回そのものは来年1月が本命かな。

 

 

地域戦略は、秋の販促イベントが勝負どころ。
この春の3連発に学んだ部分をぶつけていきたいと思います。

 

 

 

しっかりと

 

 

先を見据えて

 

 

走ります。

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら
 

 

 

 

 

 

本日、新たなご縁の記念すべき第一歩を踏み出しました!

 

新たな御得意様(法人)とのご縁で、1号物件の現場へおじゃましてきたのです。

 

 

 

担当者さんとも色んな話をさせていただいたのですが

 

 

これは…

 

 

本当に凄いことになるかも知れません。

 

 

 

 

 

ちなみに御得意様とは

 

 

 

ハウスメーカーさんではありません。

 

 

 

これまでに全くない方面の法人様です。

 

 

それ以上はブログでは書く事ができませんが
関係者の方は私と会った際にお尋ねくださいませ…。

 

 

 

商売に絶対的に必要なものとは

 

 

「信用」と「人のご縁」

 

 

今回のことで改めて痛感した次第です。

 

 

 

 

 

魂を込め続けてきたホームページをご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

フェア初日が終了。

 

 

出足はまずまず、でしょうかね…。

 

来店数はそれなりでしたが、植木は結構な売上となりました。

 

また、現地調査の依頼もしっかりと頂いています。

 

 

 

 

ただ問題は明日の雨。

 

 

チラシ折り込みの翌日がピークの日となるだけに、痛い。

 

 

 

しかし

 

 

 

 

屋外型の展示場だけに、天候は常につきまとうリスクです。

 

当然、リスクを織り込んだ戦略、そして戦術でないとダメな訳ですね。

 

 

 

今年のフェアの在り方は、その点においても一歩考え方を進めたものとなっています。

 

 

「地域戦略」のカナメとも言うべき、折り込みチラシの考え方。

 

 

 

難しいですよ?

 

 

 

しかし、少しづつ「型」が出来てきました。

 

まだ完全な「型」にはなっていませんが、一歩一歩前進しています。

 

 

 

「型」が出来れば「継続」できます。

 

 

 

ホームページも、巡回サービスも

 

「型」を作ってきました。

 

 

 

「型」を作るのが経営者の仕事。

 

全身全霊をかけて、この「型」も作り上げます…!

 

 

 

 

 

 

先日、外構工事をさせて頂いたお客様のお話です。

 

BlogPaint

 

 

この表札デザインの黒いライン…

 

 

 

分かりますか?

 

 

 

 

 

実はこのデザインはお客様が自ら考えられたものです。

 

 

黒いラインはカメラのフィルムをイメージしています。

 

デジカメ時代の今は、見る事が殆どなくなったアレです。

 

 

 

そう、お客様はカメラマンなのです。

 

カメラマンならではの、こだわりのオリジナル表札です。

 

 

 

こちらのお客様とのご縁は、実は大変ありがたい経緯がありまして

 

 

 

話は2年前にさかのぼります…。

 

 

その時にカメラマンとしてお越しになられていた方だったのです。

 

 

この時のもう一人の女性の方とも、業務上でその後ご縁がありまして
ご縁って繋がっていくものだな、と改めて感じた次第です。

 

 

地域密着には欠かせないのが人のご縁。

 

 

私という人間に、そしてリーフユニティにご期待くださる多くの方に、どんどんと恵まれてきています。

 

 

ご縁ある皆様方に

 

 

感謝です…!

 

 

 

クリッククリック

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

今日、更新しました~

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

明日はちょっと天気が悪そうなんですが…

 

実は巡回サービスを予定しています。

 

 

「芝の目土入れ巡回サービス」

 

 

です。

 

 

 

 

3年前に「消毒巡回サービス」を始めました。

 

以降、様々な巡回サービスを行いました。

 

殆どの巡回を私が同行してきました。

 

 

 

 

 

しかし、実は明日は同行しません。

 

巡回サービスについては最前線を退くことにしました。

 

これまでやってきた経験が蓄積され、メイン担当者のY君に任せておいても大丈夫、と判断するからです。

 

 

そして

 

 

Y君に同行してサポート役を務めてもらう、適任のニューフェイスが来てくれているのです。

 

 

 

 

 

Yさん。

 

 

実は、女性です。

 

女の子です。

 

 

女性としては珍しい職人志望で当社の門を叩いてくれました。

 

技術的にはまだまだこれからですが、この世界に飛び込んで一ヶ月。

 

 

 

正直言って、一ヶ月続くかどうかな、とも思ったりもしていました。
ですから、この一ヶ月はブログに書くことも控えていました。

 

しかし、一ヶ月を経た今も元気に続けてくれています。

 

 

 

まだまだこれからですし、期待ばかり出来る段階ではないのですが

 

まずは最初の壁は乗り越えてくれたかな。

 

 

 

明日も巡回サービスに送り出します。
OBのお客様、どうぞ可愛がってやっていただければ幸いです。

 

 

 

巡回サービスも

 

 

今年は新たなステージに昇っています…。

 

 

 

 

 

戦力外通告が近い?
   ↓

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

ますます絶好調、自慢のホームページです!
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

さて…

 

お陰様で次々にありがたいご縁をいただいています。

 

ホームページのページビューも昨年を上回る勢いになってきました。

 

OB施主様にも色々とお世話になっています。

 

お得意先様も上向きで、どんどん忙しくなりそうです。

 

 

 

不況?

 

そんな言葉は全く関わりがございません。

 

 

 

そしてそこへ、更に次なる一手を投入します。

 

 

 

それは

 

 

「ポスティング」

 

 

です。

 

 

 

な~んだ、普通じゃないか、と言われそうですが

 

 

 

ポスティングって、結構難しいのです。

 

新しい住宅団地がたくさんあるようなエリアではいいのかも知れませんが
特に我々のような「田舎」には難しいのですね。

 

費用対効果。そしてポスティングの手間。

 

過去も何度かやってきましたが、手応えが乏しかったのです。
「型」ができてこなかった、と言う事です。

 

 

「型」ができれば継続できます。

 

 

 

今回は、その「型」を作りにいきたいと思います。

 

 

 

これしかない、という一点突破の内容。

 

そこに、ある所から得たヒントをエッセンスとして加えました。

 

 

 

それが何かと言いますと…

 

 

 

 

 

上手くいったらブログにも書きますね。

 

上手くいかなかったら…書きませんので皆様も忘れてください(笑)。

 

 

 

 

 

戦力外通告が近い?
   ↓

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

イベント情報をご覧くださいね。
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

当社は

 

 

「お庭」のエンドユーザーショップであるとともに

 

「外構」の住宅会社さんの協力会社でもあります。

 

 

この辺りの話は

 

12月から1月にかけて当ブログで書きました。

 

 

で、ちょっとリアルな話ですが

 

ここに来て住宅会社さんからの依頼が増えてきつつあります。

 

 

 

それは

 

 

「継続が幸福を導く」という経営理念を、スタッフや職人さんたち理解した上で行動として具現化してきてくれた結果であり

 

 

当社を信頼いただき、温かくお取引をいただける得意先の方々のご厚意によるもので

 

 

 

大変ありがたく感じています。

 

 

しかし、その裏では

 

他社さんが住宅会社さんの信用を落としたりしている側面もあるのかも知れません。

 

 

それはまた、明日は我が身と捉えねばなりません。

 

 

 

現場で

 

目先の都合や自己の都合を優先した行動を取ると、取り返しのつかないようなトラブルになる事があるのです。

 

 

今日は全体朝礼でそんな話をしました。

 

 

 

引き締めて、取り組んでいきます。

 

 

 

 

 

こちらは私の太く、いや不徳の致すところです…
   ↓

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

ガーデン事例に自信あり
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

ふ~

 

日に日に「熱さ」が増していく季節ですね~!

 

 

 

当社に信頼をお寄せいただき、期待下さる多くの方に

 

しっかりとお応えしていきます!

 

 

 

ここ2年くらいでしょうか

 

色んなご縁が増えています。

 

 

毎月ご飯を食べさせていただけるような太いお取引というのは、そう簡単にはありません。
しかし、少しづつであっても様々な所からお取引をいただけると、積み上げるとまとまった数字となるのです。

 

 

「細く、長く」を「多く」

 

 

ビジネスではこれが大事ですね。
まさに、「多く」なってきていることを実感しています。

 

 

 

 

ご縁がご縁を呼び

 

今はとても恵まれた感謝すべき環境で仕事をさせて頂いています。

 

 

 

本当にありがたいことです。

 

 

改めて、皆様に御礼申し上げます。

 

感謝。

 

 

 

 

 

皆様の応援クリックに感謝です~。
   ↓

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

ずっとずっと、魂を込め続けてきたホームページです!
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

目下、各方面の様々な方からご期待を受けております…!

 

また

 

目下、マーケティング&マネジメントの懸案事項が多いです…!

 

 

 

そして、私のみならず社内全体がグングンと盛り上がってきている感じです。

 

 

さあ

 

 

全員一丸で

 

 

走るぞ!!

 

 

 

あまりの低迷に自らに戦力外通告をしようかと思っている私のランキングはこちら
   ↓

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

近日リニューアルの予定です。リニューアル前も見ておいてくださいね。
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

本日、当社の施工現場のお宅を見た近隣の方からお電話をいただきました。
そちらのお施主様に連絡先もわざわざ聞いてくださったとのことです。

 

 

誠にありがとうございます。
我々にとって大変理想的で嬉しい事です。

 

 

 

 

 

経営者ですので更に深い考察を入れましょう。

 

 

 

実は地域的には奈良県ではなく、少し遠いエリアになります。

 

地域重点戦略からは外れていますし近隣に工事に行くことも稀なところなのですが、こういう事もあるんです。

 

我々の業種では外から見えやすいところの仕事であるがゆえ、現場そのものが広告・宣伝である、というのは真実です。

 

これほどダイレクトでおカネのかからない広告はありません。

 

ただ、普通にやってるとビジネスモデルに乗ってくるだけの効果には至らず
プラスアルファ程度のロングテールの一つにすぎません。

 

 

それを、ビジネスモデルに乗せて行くには…?

 

 

ここからが戦略ですね。

 

やってみましょう。

 

 

 

 

 

あまりの低迷に自らに戦力外通告をしようかと思っている私のランキングはこちら
   ↓

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

施工事例も続々UP中!
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

先日の全体朝礼で職人さんの月間MVPに表彰させていただいたKさんに今朝会うと

 

 

「先日はありがとうございました。おかげ様で風林火山に行ってきました。」

 

 

と言ってくれました。

 

 

風林火山って何かいな、と思ったら

 

「焼肉のチェーン店があるんです。」

 

との事でした。

 

なるほど、ヤホーで調べたところでは、押熊に出来た店ですな。
天理にもあるようで、そこは何度も通っていても知らなかったのですが…。

 

 

 

ともあれ

 

月間MVPには金一封をお渡ししているんですが、それで家族で焼肉に行ったとのこと。

 

 

 

こちらも、ちょっと嬉しくなる話でした。

 

 

 

 

職人さんには色々と苦労をかける事も多々あると思います。

 

しかし当社でずっと継続していただいている職人さん達とは、しっかりと信頼関係が築かれているものと思っています。

 

逆に、そうでないと継続しないものです。
過去に継続しなかった職人さんは幾らでもいます。

 

 

この時代ですから甘えや慣れ合いは一切認められませんが

 

 

当社の経営理念を理解いただき
努力や改善、そして感謝の想いを持って仕事をしてくれる方々には

 

しっかりと応えていきたい。

 

 

そう考えて月間MVPをはじめました。

 

 

信頼関係の元、現場で頑張ってくれる職人さんの集団は当社の財産です。
「人」ですから、一朝一夕に集まるものではありません。

 

 

それだけに、ありがたいと共に自信の源にもなります。

 

 

お客様に対しては未だ至らぬ点もあるとは思いますが
更なる向上を目指していきたいと思います。

 

 

 

あまりの低迷に自らに戦力外通告をしようかと思っている私のランキングはこちら
   ↓

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

イベント情報を更新中!
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

むむむ…

 

 

結構なもんですね、こいつは。

 

目下、同時並行で相当数の案件をさばいていかねばなりません。

 

 

自分担当の営業物件はもちろん

 

フェア関連、HP関連、店内整備関連、都市緑化フェア関連、巡回サービス関連、ニュースレター関連、その他マネジメント関連…

 

 

今は結構、頭が一杯になっています…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう場合は案外、やっていくと量的にはたかが知れていたりするもんです。

 

「あれもやらないと~」

 

「これもまだ残ってる~」

 

というように思うことによって、精神的に苦しく感じられるだけです。

 

 

実際の実務量の総トータルは大したことがない筈。

 

 

 

と、いうわけで

 

 

落ち着いて

 

 

ハナウタまじりで頑張ります。

 

 

 

 

 

あまりの低迷に戦力外通告がちらつく私のランキングはこちら
   ↓

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

ガーデンルームキャンペーンやってます。
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

今日も色んな方々とお話する機会があったのですが

 

マーケティングの話となると、私も力が入ってつい力説してしまいますね…。

 

人に話すことによって自分の考えが整理できるので、ますます戦略に迷いがないようになってきました。

 

 

 

マーケティングのチャネルは3つ。
何度考えても、ここに集約されます。

 

 

 

そして、それぞれのステージに合わせたことを実行していかねばならない。

 

 

 

この3月は実行すべきことが多くスタンバイ中。

 

 

一つ一つ積み重ねていきます。

 

 

 

 

 

おや?反転の兆しが…?
   ↓

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

ディーズガーデンの特集ページもあります。  ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

今日から3月がスタート。

 

ここからは暖めてきた企画をガンガン形にしていきます。
動きの大きい月になります。

 

 

ぶっちぎらせてもらいます。

 

 

まずは

 

 

店内リニューアル

 

 

「特選!植木市」コーナー

 

 

Coming soon!

 

 

 

おや?反転の兆しが…?
   ↓

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

ココマの施工例追加しました。
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

今回のニュースレターがOB施主様の元に届いたようで
反響が続々と来ています!

 

 

何と言っても今回は

 

 

「無料」サービスをご案内中なのです!

 

 

何が無料なのか、ご興味のある方は

 

当社ホームページをくまなくご覧いただくと、どこかに書いてございますので

 

探してみてください。

 

 

 

過去、様々な巡回サービスを行って参りましたが

 

植物管理系メニューについては(消毒、剪定等)お申込みいただく方がお馴染みの方ばかりになる傾向がありました。

 

 

しかし今回は無料なだけに

 

 

初めて申し込み頂く方々が多々。

 

 

「あぁ~、懐かしいな~」

 

「おお、この方から申し込みあったか~」

 

などと感じています。

 

 

ニュースレター、皆様読んで下さってるんですよね~。

 

 

嬉しいです。

 

 

そして

 

このお申込みいただいたことと、これらのお客様のところにお邪魔できることは

 

トテモカチアルコトダトオモイマス…。

 

 

 

今年も新たなチャレンジです。

 

 

 

 

いったい、どうなってしまうのか~!
   ↓

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

施工事例の更新を続けています。
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

2月も終わりに近づいてきました。

 

もちろん、月日が流れるのが早いなどと言っているようでは経営者失格です。
全て折り込み済でないといけません。

 

3月を迎えて

 

いよいよシーズン本番です。

 

もちろん、走り回っておればいい立場ではありませんので
大将として戦略と戦術をしっかりと立てて実行していきます。

 

 

この3~6月

 

 

ものすごい勝負どころです…!

 

 

 

いったい、どうなってしまうのか~!
   ↓

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

園芸店「花木らんど」とカフェ「ぽたりぃ」もあります。
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

昨日、一昨日と連夜の会議となりました。

 

それぞれスタッフ及び協力業者さんのスキルアップ、レベルアップを目指してのものです。

 

こういった部分の運営が、経営者にとっての肝なんだろうと改めて思いますし
正直、これまでの私に不足気味だったところかも知れません。

 

 

そして、何より大事なのが

 

 

継続

 

 

ですね。

 

 

 

思いつきや人真似で始める事が、続かないことは幾らでもあります。

 

 

 

これらの会議、本当に価値ある時間となるように

 

想いを込めて継続していきます。

 

 

 

 

 

更に下位に沈んだ私を笑っていただける人はコチラ

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

園芸店「花木らんど」とカフェ「ぽたりぃ」もあります。
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

scan-2

 

 

リーフユニティ STORY BOOK

 

 

と名付けられた、この小冊子

 

 

当社の会社案内です。

 

 

たどってみれば、2007年10月に完成したものです。

 

 

 

もう2年半以上になるのか~(遠い目)。

 

 

 

コイツの一部改訂作業が完了しました。
今回で2回目の改訂です。

 

何せ、100%手作り冊子です。

 

自社内で改訂作業が出来る上、ストックしている在庫は少量しかないので小回りが利くのがいいところ。

 

逆に言うとコピー製本なので、コピーカウント代で制作実費としては結構高い単価になってしまうのがデメリット。

 

カラーコピーで行くと、1冊300円以上(!)。
ですので、実は白黒バージョンを基本としています。

 

 

しかし、この方法は今でも正解だったと確信しています。

 

実はこれの制作を計画した際、印刷屋さんに依頼しようかどうか凄く迷いました。

 

印刷屋さんに発注するとなると、それ相応の部数を作らないと単価が下がりません。すると、配りきれなくて古くなった在庫が山積みになって最後には劣化してしまって処分するハメに…、というリスクがあるわけです。

 

印刷屋さんに頼んでいたら、間違いなくそうなっていました。

 

実際に必要なのは、それ相応の部数な訳です。
手づくりのコピーなら単価は高くとも、総額はコントロールしながら抑えられます。

 

そして、都度都度改訂していける。

 

改訂する必要が無くなって、そして部数的にも上手く配布できる方法が確立できたら印刷屋さんに頼もう、と思っていましたが

 

今なお、全くその必要がありません。

 

 

あの時の判断は大正解でした。

 

少しづつ改訂しながら、内容の方もブラッシュアップしてきています。

 

逆に、それ故この冊子も継続して配り続けることができるんですね。
「これ、内容古いから」となると、だんだん使わなくなってくると思うのです。

 

 

 

 

さて、今回の改訂は

 

「経営理念」のページを新設

 

「エクステリアコンクール受賞実績」のページに最新の受賞例を追加

 

「リーフユニティライフへのご招待」のページにサービスラインナップを追加

 

「お客様の声」ページに当社担当よりのコメントを追加

 

という内容です。

 

 

 

 

このSTORY BOOKを作ったとき

 

結構色んな方に「スゴイ!」とか「ここまでやっている店はないですよ」なんてお言葉も頂戴しました。

 

しかし、作った張本人からコメントさせていただくなら

 

 

これをお客様(見込み)に渡したからと言って、とびきり成約率があがった…ということでもないのですね。

 

 

本当に思います。

 

販促に特効薬はありません。

 

色々なものの総和であると思います。

 

 

 

ですから

 

 

どこまでも、積み上げていきます。

 

 

 

 

 

当社STORY BOOKを欲しいと思っていただけた、そんなありがたい方はこちらからお申し付けくださいませ(施工エリアの方と私とご縁あった方に限りますが)。

 

 

 

 

 

 

さらに下位へ沈んだ私への救いの手はこちらまで

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

施工事例はホームページが充実しています!

 

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

毎月、現場の職人さんの中から

 

 

「月間MVP」

 

 

を選定しています。

 

 

 

さて、今月は誰に…

 

という話をしていたのですが

 

特に目立った候補者が無いな~、という声もありました。

 

 

 

逆に言うと、皆がキッチリとした良い仕事をしてくれており

 

それが当たり前の水準となって、抜きんでて目立つ事が難しいということでもあります。

 

そんな話の中、当社の古株の監督が言うには

 

「当社の現場も、かなりレベルアップしました。」

 

とのこと。

 

 

私以前の昔からを知る担当が言っていただけに私も嬉しかったのですが

 

 

「いや、まだまだ(ニヤリ)」

 

 

と言っておきました(笑)。

 

 

形式的なところから、気持ちの部分まで
何度も何度も、そして様々な場面で伝え続けてきたつもりではあります。

 

 

正直、人の入れ替わりもありました。

 

結果として、今のメンバーは信頼できるメンバーが揃っています。

 

 

しかし、まだまだ。

 

まだまだ事業者と生活者のギャップは残っています。

 

それを伝え続けることは、トップの決意が全て。

 

 

ともあれ、今月もお客様に大変喜んでいただいた職人さんを月間MVPに選定。

 

その素晴らしい心遣いに感謝です。

 

 

 

 

 

さらに下位へ沈んだ私への救いの手はこちらまで

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

「外構」より「ガーデン」の事例が豊富にあります。
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

シリーズ最終回です。

 

当社のマーケティングの根幹に触れる部分です…。
ご興味のある方は長いですが、どうぞ…。

 

 

前回、リーフユニティは新築外構工事のお客様をメインターゲットとしない、と書きました。

 

 

もちろん、ご縁あれば新築外構も喜んでさせていただきたいです。

 

 

しかし、マーケティングのメインターゲットはリフォーム及びガーデン分野に絞り込む、という趣旨です。

 

 

それが

 

 

「地域密着」というキーワードとマッチし

 

「OB施主様との継続取引」とも合致し

 

ターゲットエリア内でも十分な潜在ニーズが存在し

 

営業戦略的にも1位づくりが狙いやすく

 

営業の効率も高く

 

目指すところへ走っていける方法である

 

と考えるからです。

 

 

 

対して、新築外構工事はやらないか、と言われますと

 

もちろん、やります。

 

売上の半分以上は新築外構工事になるでしょう。

 

 

そして、その大半が住宅会社さんとのお付き合いによるものです。

 

 

「下請け」という言葉は私も余り好きではありませんが
そのものを決して否定すべきことでは決してありません。

 

 

「下請け」と聞くと否定的なイメージで捉えられやすいかも知れません。
特にこの業界でブログを書いている方々は、「下請けを辞めてユーザーと直接対話できるショップをはじめました」という方々も多いようです。

 

 

私も同じことを考えたこともありましたし、正しいか間違いかという話ではありません。

 

後は、ビジネスモデルとの勝負です。

 

ビジネスですから安定した企業の継続が必須です。

 

そして、エンドユーザーショップのビジネスモデルの勝負は言うまでもなく「集客」と「営業」です。

 

 

新築外構においてエンドでやるか、下請けでやるか。
ビジネスモデルの比較は5年間の中で私の中で答えが出ました。

 

 

「下請け」という否定的な響きのある言葉では伝わらないかもしれませんね。

 

当社とお付き合いいただいている住宅会社さんは、皆様本当に温かく接していただいています。見下すような事は一切ありません。とても心地の良い関係です。

 

住宅会社さんの作るチームの一員として、家づくりに携わらせていただく。

 

大工さんも、水道屋さんも、電気屋さんも、クロス屋さんも…
みんな、プライドを持ってやっています。

 

住宅会社さんとの信頼関係が築かれています。
でないと、続いていません。

 

 

お陰様で、当社は色々な住宅会社さんとの取引をいただいております。
素晴らしい会社ばかりです。各社さんとの末長いお付き合いを心より願っています。

 

 

 

私も知らない会社の下請けをスポットでやりたいとは決して思いません。

 

継続してお付き合いができる、というのが何より大事で価値があるのです。

 

 

 

 

当社経営理念

 

「継続が幸福を導く」

 

の通りです。

 

 

 

エンド100%、脱下請の空気も強い(特にWEB上)この業界の中で

 

敢えてこのことを書くのも憚られる点もありましたが

 

私の経営者としての想いであり、既に確信に至っていることなのです。

 

 

そして経営の方針として徹底していきたいという想いで書きました。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

さらに下位へ沈んだ私への救いの手はこちらまで

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

「外構」より「ガーデン」の事例が豊富にあります。
   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

グダグダになっている感も強く、「もういいよ!」という声も聞こえてきそうな当シリーズですが

 

ご興味あればお読みくださいませ…。

 

今日も最後までお読みいただければありがたいです。

 

 

 

 

前回、エンドユーザーショップとしては新築外構工事をターゲットにしない、と書きました。

 

これは新築外構工事をしない、ということでは決してありません。
リーフユニティにご期待いただいて外構工事を依頼いただければ、これ程嬉しいことはないのです。

 

 

ただ、ビジネスとして

 

マーケティングのモデルが難しいのでメインターゲットから外すことにしたのです。

 

 

 

 

 

新築外構を住宅会社に依頼せず、自分で業者を探す方は全体の30%程度です(私の見聞および体感による)。

 

現在、その30%に業者が「群がる」状況です。
下請けを脱却して、元請を目指そう、と考える業者さんはドンドン増えています。

 

お客様としては、知り合いに頼む人を除いて見知らぬ業者から業者選びをするとなると、多くの人は複数の業者に見積り依頼をされます(所謂、相見積です)。

 

いったん、相見積の競争がスタートすると

 

各業者さん、このご時世必死のパッチです。
金額勝負になることも少なからずあります。

 

いずれにせよ、成約率はグンと低い営業活動になります。

 

この成約率の低さが悩みのタネになります。

 

 

現場調査して、プラン考えて、CADで図面書いて、打合せして…

 

 

これらを無料で行う負担がのしかかってきます。

 

 

 

すると

 

 

安い値段で請ける他社はちゃんと工事しているのか?

 

とか

 

図面を盗まれているんじゃないか?

 

とか

 

図面を横流しするお客様はマナー違反だ!

 

とか

 

この業界は程度が低い!

 

 

みたいな論調になっちゃう訳なんですね。

 

概ね正しい理屈だと思います。
しかし、ここで私は「べき論」を語るつもりはありません。

 

 

そういう環境なんです。

 

 

交通ルールを守らない人、運転のマナーが悪い人

 

必ずいますよ、一定の割合で。

 

 

それに対して「べき論」語っても、多分何にも変わらない。

 

 

だから、語らない。

 

 

そして、そんな事で悩むことの少ない他の効率的なビジネスモデルでやっていこう、という訳です。

 

それが前回書いた「ガーデン」「リフォーム」「ちょっとしたこと」への特化なんですね。

 

 

そろそろ次回あたりが最終回になりそうです。

 

ではまた…。

 

 

 

 

 

下位低迷中の私への応援クリックはこちら

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

コツコツと更新しています。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

先日、こんなブログを書いておりましたが…

 

 

37b6ad7c-s

 

 

名刺の裏面の文言を変更しようと思い、原稿があがってきたところです。

 

 

 

 

 

ブランドとは

 

 

「選択の手がかりと信頼の根拠」

 

 

何が手がかりや根拠になるかは、お客様によって千差万別です。

 

 

ホームページなら施工事例であることが多いですが、お客様の声かも知れませんし情報量そのものであるかも知れません。

 

お店の雰囲気、というお声も過去にいただいてます。

 

信頼できる人からの紹介、というのも強いです。

 

私の場合、ブログを読んでいただいて最初から親近感を持っていただいたこともあります。

 

もちろん対応そのものが決め手になる場合も多いです。

 

様々なツールが手がかりになることもあり、そのために小冊子や会社案内なども用意しています。

 

 

そして

 

 

経営戦略で言われる

 

自社の強み。

 

 

 

そして、それがあるならば
そこを伝えないといけない。

 

 

 

当社経営理念「継続が幸福を導く」に従って
OB施主様とのお付き合いの形を作り上げていくのがリーフユニティの強み。

 

ニュースレターを一生懸命書いているのも

 

毎年お客様感謝祭をするのも

 

巡回サービスを1年中やっているのも

 

 

リーフユニティのこだわりです。

 

 

ここ1~2年で作り上げてきた部分でもあるので
それを伝える事については余り手が付いてなかったですね。

 

伝えないと、伝わるハズがない。

 

まずは、名刺というツールで伝えます。

 

 

 

 

 

下位低迷中の私への応援クリックはこちら

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

コツコツと更新を続けます!!

 

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

橿原、広陵、太子、桜井…と各現場を巡回しつつ

 

マネジメント業務や積算業務などもこなし

 

夜は社内ミーティング。

 

更に電話さえあれば、打合せ等はどこででも出来てしまいます。

 

 

 

今日はとても内容の濃い1日…のような気になっていますが
経営者にとっての時間の使い方としては、まだまだ改善の余地があるのかも。

 

 

日々の業務に追われている場合ではなく
もっと先を見据えた逆算的なスケジューリングにしていかないと…。

 

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

下位低迷中の私への応援クリックはこちら

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

コツコツと更新を続けます!!

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

今ひとつ、まとまりのない内容になっている感のある当シリーズですが(苦笑)

 

今日は核心に迫るかも…知れません。

 

 

 

さて、私が感じるベースでの「新築」における外構工事を住宅会社に依頼する割合は70%程度だ、と書きました。

 

 

残り30%の方は自ら業者を探すか、たまたま知っている業者がいるか、です。

 

 

で、我々のビジネスはどうなのか?

 

 

結論を先に書きましょう。

 

 

70%の方に入るのが正しい。

 

 

敢えて思い切った書き方をするならば

 

外構工事は下請けでやるものだ、ということ。

 

 

 

ええ~っ?

 

 

って、思った人多いですか?

 

 

 

エンドユーザーショップ・リーフユニティを運営する張本人の私がこんな事を言うと。

 

多分、エンドユーザーショップを運営する人は誰もそんなことは言わない事でして…、相変わらず業界ではアウトロー街道を歩く私です(笑)。

 

 

 

実は私も信じていましたよ。

 

外構工事はエンドユーザーと直接契約する方がお互いの利益になり、それがあるべき姿である、と。

 

そして、それを目指していく、と。

 

 

しかし、5年間を通じて考え方を修正しています。

 

色んな事を試行錯誤した5年間でした。

 

授業料も払い続けた5年間でした。

 

様々なお客様と接した5年間でした。

 

経営についても色んな勉強をして考えに考えました。

 

 

 

正直、直接のお客様は有難いし願いたい訳です。
それは今なお不変です。

 

 

でも、ビジネスとしてはどうなのか…?

 

もちろん前提として当社の規模や歴史、持っている資源、環境を勘案してのこと。

 

 

 

最大の理由は

 

 

「地域密着」

 

 

というキーワードです。

 

 

小さな会社の経営者としては、絶対に外せないキーワード。
ランチェスター戦略で言えば「地域戦略」、そして「接近戦」。

 

地域密着により地域ナンバーワンを取れば、経営者として最も手に入れたい「安定」というモノに大きく近づくことができます。

 

 

しかし言葉に表すのは簡単ですが、実はこれ程難しい経営課題はないんです。

 

 

ここに我々のビジネスを当てはめに行くと

 

 

「地域密着」に「新築外構」という分野がマッチしないんですね…。

 

 

新築で家建てる人…

 

 

探せませんよ、なかなか。
ハウスメーカーも工務店さんも血眼になって探されています。

 

 

数が少ないんです。

 

 

住宅着工数は80万戸とかいう時代。
マンション等を除いて、戸家となると30万戸くらいでしょうか。

 

そのうち奈良は…?

 

3,000くらい…?

 

そのうち当社の戦略地域では…?

 

500以下…?

 

その中に知り合いに頼む人を除いて…

 

 

結果、何件のご縁があるんだろうか。

 

 

その数では

 

 

私の目標とするところまでは、行けない。

 

 

 

それに対して地域には10万以上の住宅ストックがある。
田舎ですから、古い村も沢山あります。
ここには無限のニーズが眠っている筈。

 

この分野でこそ、私の目標が思い描ける。

 

 

 

 

既にお分かりだと思いますが

 

 

リーフユニティは「ガーデン」「リフォーム」「外回りのちょっとした困ったコトを解決」を目指したいのです。

 

 

やっぱり長いですね、この話。

 

 

さらに業界の本質、そして現状に迫る話も書こうかと思ったんですけど

 

長いからまた今度ですね(グダグダになっていますが(苦笑))。

 

 

 

 

 

下位低迷中の私への応援クリックはこちら

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

コツコツと更新を続けます!!

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

阪神の話に思い出話…と、

 

社長ブログらしからぬ話題に傾いている当ブログですが

 

たまには(?)経営者らしい話題に戻しましょう。

 

 

 

と、言うのも

 

 

昨日は、あるところでセミナーに参加してきました。

 

 

 

前にも書いていますが

 

 

 

「セミナー参加」というヤツ、これ響きは言いように聞こえますが要注意です。

 

座っているだけでは自分は変えられません。自分を変えられるのは、立って何かをした時だけです。

 

と、「夢をかなえるゾウ」でガネーシャが言ってます(笑)。

 

言うは易し。聞くだけなら更に易し。
セミナーに行って勉強したつもりになる自己満足にかけているコストと時間はありません。

 

今も昨日のメモを見返しながら、以前に参加したセミナーのメモも見返してみました。

 

 

実行に落とし込めたこと

 

「経営方針書」をつくる …1月にスタッフに配布しました。

 

 

未だ不足していること

 

「月次決算」 …ダメです。出来ていません。今年何らかのカタチでやります。

 

 

他にも感じることが多々。

 

 
前述の「夢をかなえるゾウ」も、また読んでいます。
結構、身についていないこともあります。

 

 

こうやって、何度も何度も反芻しながら実行に落とし込んでいくのが私のスタイル。ですからセミナー参加も読書も数は絞り込むようにしています。

 

で、昨日のセミナーで得たヒントと私の頭でキラッと光った内容は

 

 

「ブランドとは」

 

選択の手がかり と 信頼の根拠

 

 

ふうむ。

 

リーフユニティなりのブランドは構築できてきたものもある。
しかし振り返ってみれば、それを伝える工夫や努力ができていない。

 

 

…。

 

 

名刺、ですね。

 

 

即、実行。

 

必達のブログ宣言です。

 

 

 

 

 

下位低迷中の私への応援クリックはこちら

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

コツコツと更新を続けます!!

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

昨日、そして今日…

 

色んな意味で印象深いお言葉をお客様から頂戴しています。

 

 

ブログには書きにくい部分もあるので控えさせていただきますが

 

 

感じたことは

 

 

「まっすぐに仕事をしてきて良かったと思うし

 

これからも、まっすぐに仕事をしていきたいと思う。」

 

 

 

もちろん、それだけじゃダメですね。

 

至らないところも多々。

 

自分自身甘いところも多々。

 

 

 

気合入れます。

 

 

押忍!!

 

 

 

 

 

下位低迷中の私への応援クリックはこちら

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

「リーフユニティ・ライフ」を掲げています。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

本日、2件の外構工事が着工しました。
ありがたいことに、2件が同じ分譲地内にあります。

 

こういうケースは大変ありがたいです。
それぞれの現場の効率が上がります。

 

 

明日も私担当の外構工事が着工予定。

 

 

業界では閑散期とされる1月ですが

 

ここらへんで会社としての馬力を試されるところでして…

 

代表者としてはカッコつけて忙しそうにしたいところです(笑)。

 

 

 

しかし、我々の仕事は目先の心配をしても

 

押し売りして売ってくるようなことは出来ませんので

 

やはり先を見据えたマーケティングが大事。

 

 

…となると

 

 

この春ですね。

 

考えをしっかりとカタチにしていきたいと思います。

 

 

 

下位低迷中の私への応援クリックはこちら

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

「お客様の声」ページを更新しました!

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

家を新築した際に外構工事を住宅会社に頼まないのはどういう時か?

 

 

様々な場合があると思います。

 

 

(1)知っている外構業者がいるので、そこへ頼みたい

 

結構あると思います。当社でも結構ありますね。
私の場合、前職の会社関係で声をかけていただくケースがあります(凄く嬉しいです!皆様ありがとうございます)。

 

個人的に「信頼できる」と考えていただいてお声をかけて頂ける訳ですね。

 

あと、従前から植木の剪定に来てもらっていた造園屋さんに、というケースもありますね。

 

ただし、造園屋さんと言っても剪定や植木専門で廻っておられる造園屋さんでは外構が出来ない、また施工は出来ても図面が書けないことも多いと思います。

 

 

 

(2)知人等に紹介してもらった業者さんに頼みたい

 

直接知っている訳ではないが、知人から「いい業者さんだよ。」と教えてもらったようなケースです。やはり知っている人からの紹介、というのは信頼につながります。

 

 

(3)住宅会社または担当者が外構工事に熱心でない

 

これは住宅会社さんによって強弱が分かれるところです。大抵の住宅会社さんは外構工事の受注にも力を入れておられるのですが、時折引き気味の場合があります。

 

また、これは担当者さんによっても変わります。

 

外構工事は住宅引渡後、更に1カ月かかったりしますので、
住宅会社によっては、また担当者によっては「手離れが悪い」と考えることもあります。

 

すると提案や打ち合わせに力が入らず、お客様がそれを感じとってしまう訳です。

 

この場合は?、?と違いお客様が業者探しをすることになります。

 

 

(4)住宅会社の提案プランに不満がある

 

住宅会社による差異が大きいところです。

 

大手ハウスメーカーさんの中には外構の専門部署や専門子会社を持つところもあり、ハイレベルの提案をされるところもあります。

 

しかし提案プランは協力会社任せ、という会社もありますし協力会社を直接紹介する、というスタイルの住宅会社もあります。

 

この場合は、その協力会社(下請け)の提案プランということになりますので、ここは業者間の格差は大きくなります。

 

また、住宅会社さんは外構予算を抑えめにする傾向があるため提案内容は無難でベーシックな内容になりやすいところです。

 

ですから、こだわりの外構をこだわりの素材を厳選して、またエクステリアやガーデンの専門家と相談して作っていきたい…という方は物足りなく感じることもあるのでしょうね。

 

この場合はお客様が、より専門性の高い業者を探す、という行動を取られます。

 

 

 

(5)とにかく金額を安くしたいので住宅会社には頼まない

 

住宅会社に外構を頼むと価格が高くなる…、その考え方はある程度当てはまります。ただし、常に当てはまるとは限りません。

 

住宅会社は元請会社としての責任とともにコストもかかるのが当たり前なのであって、決してブローカーとしてマージンを取っているだけ、ということではありません。

 

価格の高いか安いかはその協力会社が請け負う価格帯によるところです。

 

そして協力会社さんが下請けの価格と同等で一般のお客様から請け負ってくれるなら、そりゃ安くなるでしょう。

 

しかし元請としてビジネスを成り立たせるマーケティングのコストや責任コストも考えるなら、下請けの価格で請け負うことはビジネスとしては本来ありません。

 

 

また、住宅会社選びの際に何社も合見積りをされた場合は同じ流れで外構会社も何社か探して比較検討される場合があると思います。

 

 

そうなると、現在は生き残りをかけた値引き合戦的な状況で、安く請け負う業者さんもあるようです。

 

 

 

 

 

(1)~(5)、複数の組合せがある場合もあると思います。

 

ただ、(1)の知り合いの業者、というケースは少ないです。
そうそう都合よく外構業者の知り合いがいる訳ではありません。

 

(2)も同様に多くはないでしょう。

 

そうすると、(3)~(5)の場合が多くなります。

 

我々の立場からすると、(4)のお客様が理想です。
我々専門店と直接対話して、こだわりの外構を、少々お金をかけてでも(業者としてはこれが嬉しいのですが(苦笑))作りたい、というお客様。

 

 

しかし、現実は

 

 

やはり(5)ですね。

 

 

また、(3)や(4)であっても安い方がいい、というのが自然な考え方ですから合見積りだと安いところに流れやすくなります。

 

買う立場からすると、価格はもちろん大事です。
「同じものであれば」安い方を買うに決まっています。

 

この「同じものであれば」という前提が、当然違ってくる話なのですが

 

その中で大事な要素は

 

 

「信頼」ですね。

 

 

 

ただ、お客様には手前味噌では伝わらないのです。

 

どこの会社も志ある限り、「安心して信頼してください!」と言いたいところですし、それを比較するのも難しい。

 

全く縁もないお客様から他に負けない信頼を勝ち得る、というのは簡単なことではありません。

 

そこがエンドユーザービジネスの最も大事なところでもあります。

 

 

 

 

ごちゃごちゃと長いですね。

 

何が言いたいか、という続きはまた…

 

 

 

 

下位低迷中の私への応援クリックはこちら

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

こちらも御覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

久しぶりのシリーズ(?)です。

 

 

本音バリバリの内容です。
どうぞご期待ください(笑)。

 

 

住宅会社で新しい家を建て

 

最後の外構工事を住宅会社に依頼しないケースって

 

どれくらいあるんだろう?

 

 

 

いうお話です。

 

 

現状、私が見聞きして体感する限り

 

住宅会社の外構工事契約率(住宅契約物件のうち外構工事も契約する率)は

 

 

70%程度でしょうか…?

 

 

これには、純粋な住宅会社との契約だけでなく
住宅会社から紹介を受けて外構業者が直接契約するケースも含みます。

 

何とも微妙な数字のように私は感じます。

 

あ、もちろん奈良県限定の話です。
この数字は当然、エリアによって若干違うでしょうね。

 

 

で、ここいらでは

 

ざっくり言えば、大半の人が住宅会社に外構工事も任せる。

 

そういう図式です。

 

 

元来は建築会社が外構工事をするのは当たり前なんですね。
マンションだって、公共建築だって、商業施設だってそうです。

 

だから住宅会社に任せるのが当たり前、という考え方は当然今も当てはまる訳ですし、そういうお客様もいらっしゃる訳です。

 

 

しかし、我々のような業者サイドの立場から言えば
住宅会社さんを通した形ではなく直接やりとりさせていただいた方がお互いにとってメリットがある、というように考えます。

 

また直接お客様と対話し、最後にお客様の喜びの声を聞くのは我々の最高のやりがいでもあります。

 

 

そして、そうやって外構工事をさせて頂いたお客様が当社にもたくさんいらっしゃいます。

 

 

だから、専門業者に直接依頼いただくのが最も良いことなのだ…我々の業界では考えたくなるのです。

 

 

しかし、現実はそうなっていない。

 

 

なぜか。

 

 

住宅と外構を分離する時の労力とリスク、だと思うのですね。

 

つまりお客様としては、住宅会社に外構も任せてしまうのが「ラク」かつ「安心」だ、ということです。

 

まず、外構屋を探さないといけない。
昔ならタウンページ、今なら断然ネットです。

 

で、「良さそうな」所を選んで、問い合わせなり店を訪れるなりして相談して…

 

という労力。

 

合い見積りをするなら、更に倍の労力。
おまけに断る労力。

 

私なら、多分やらない。
車を買うにも合い見積りしたくないタイプです、私は。

 

 

そしてリスクというのは

 

「良さそうな」所が本当に良いのか、という話。
何たって、大手の外構屋なんてありません。

 

工事ですし金額も大きいですから信頼が最も大事だと思うのですが、本当に信頼できるかどうかお客様には分からない所がスタート地点です。

 

担当者だって、どんな人か全く知りません。
知名度なんて、無い業者ばかり。
極端言えば、いつ潰れるか分からないのです。

 

こちら側は、「安心してください、しっかり対応させていただきます!」と自信を持っていても、全く縁のないお客様に伝えるのは実に難しいことなんですね。

 

だから多くのお客様は

 

信頼できる業者を見つけられるかどうか分からないのに敢えて自ら外構業者を探すより

 

既に信頼関係の出来上がっている住宅会社に任せる方が確実に安心です。
もしくは、信頼している住宅会社から紹介してもらった業者の方がより安心です。

 

私も信頼できて頼みやすい業者を知らなければそうするでしょうね。
例えば、照明もカーテンも住宅会社に頼みます。
建て替えなら解体工事も絶対に住宅会社に頼みます。

 

 

 

外構工事というのは、色んな意味で住宅と分離しやすい方だとは思いますが

 

結局のところ住宅会社に任せる方が多い、というのが現状です。

 

 

70%程度というのは誠に微妙な数字だと思うのですが

 

何故30%程度の方は住宅会社に外構を任せないのだろう…

 

 

という考察を次回書きたいと思います。

 

 

 

 

ありゃりゃ。

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

こちらも御覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

1月5日

 

当社の仕事始めは明日ですが…

 

既に仕事始めの方々も多い日です。
チラホラと電話もかかってきます。

 

中でも1件、ありがたい電話もあって
1月からぶっちぎりで走れそうな予感です…!

 

 

さて、私の仕事としては明日配布予定の

 

「経営方針書」

 

が完成しました。

 

 

 

小さい会社です。

 

今まで作ったことが無かったです。

 

 

でも、小さいけれど両手で足りない数のスタッフがいます。

 

何十人もの職人さんが付いてきてくれています。

 

そして、その家族も。

 

 

その重い責任を果たしていくために

 

私も新たなチャレンジを続けていかねばなりません。

 

 

 

これが今年の第一歩。

 

ここから突っ走りますよっ!!

 

 

ありゃりゃ。

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

年始は1月6日からやってます。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

皆様

 

 

新年明けましておめでとうございます。
本年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

今年はリーフユニティが更なるステージに立つ年にするつもりです。

 

時代背景もあるのでしょうか、更に人材に恵まれてスタートを切ることができます。

 

不況?環境が厳しい?

 

関係ないです。
自分の努力の方が大事です。

 

 

今年は、より一層「社長」としての自らの器に挑戦する年です。

 

 

 

さて、年末年始ブログなので固い話はその程度にして

 

 

 

昨夜は紅白歌合戦を見ながらの年越…

 

 

しかし、歌を全く知りません。

 

のっけから意味不明の曲が多い…。

 

歌手も昔からの演歌歌手しか分からなくなりつつある…。

 

 

裏のドラえもんの方が面白いんじゃないか、と思いつつ(笑)
本でも読みながら過ごすことにしました。

 

 

 

 

強いて言えば

 

お、歌えるぞ、「壊れかけのRadio」

 

後は…

 

アリスの「ライ、ラライ、ラライ、ラライ、ラライ…♪」

 

おっ、オードリーや。
天童よしみが春日の格好してる。

 

嵐は娘の金管バンドの演奏で聴いて知っていた。

 

矢沢永吉っていう世代でもないしね。

 

お、石川さゆりの「津軽海峡」、いいねえ。

 

 

あ、終わった。

 

 

 

それでも「紅白」を見てしまう小市民の年越。

 

ま、いいか。

 

家族で年越の幸せが一番ですね。

 

 

 

 

 

ありゃりゃ。

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

年始は1月6日からやってます。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

昨日、剪定巡回サービスの日。

 

 

お邪魔したお客様、ご利用ありがとうございました。
28日に巡回させていただくお客様、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

昨日は私は同行しませんでした。

 

過去の巡回は、その殆どを私が同行してきましたが、既に定着してスムーズに進められる巡回は、巡回サービスをメインで担当するY君に任せることができます。

 

そして昨日はフレッシュなメンバーに巡回サービスに同行してもらいました。
今は詳しく語れないのですが、今後の当社の巡回サービスの「顔」になってくれたら、という願いを込めて同行してもらいました。

 

 

お客様の印象も上々だった様子。

 

 

28日は私が同行しますし、今後更に新たなサービスの巡回には私が同行するつもりではありますが

 

 

来年は巡回サービスも新たなステージに上ります。

 

 

OB施主様におかれましては

 

更なるご愛顧をお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

ポチっとクリックいただける方には心より感謝を申し上げます。

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

OB施主様とのお付き合いをとても大事に考えている会社です。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

今日は立て続けに

 

打ち合わせ・接客・植木販売…

 

皆様、ありがとうございます。

 

 

 

最後まで、いい年になりそうです。

 

 

もちろん、全てがいいことばかりじゃありません。
スタッフにも苦労をかけています。

 

しかし、乗り越えられない壁はありません。

 

 

来年は…また、何かが変わる

 

そんな予感。

 

 

今年もあとわずか。

 

年内工事は全て手配完了済。

 

見据えるのは来年です。

 

 

もう…鬼に笑われることはありませんよね(笑)!?

 

 

 

 

ポチっとクリックいただける方には心より感謝を申し上げます。

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

コツコツと更新しています!

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

今日も寒い中打ち合わせの機会をいただいたお客様が多数。

 

リーフユニティにご期待下さる皆様、ありがとうございました。
ご期待に添うべく、全力で頑張って参ります。

 

 

さて、忘年会のシーズンですね。

 

 

私も、このところ暴飲暴食が続いてまして…

 

 

節制のため、今日は昼・夜とカップラーメンです(笑)。

 

2食合わせて600kcalってとこでしたかね。

 

 

しかし当社の忘年会はまだ終わっておりません。今年は26日に行います。
本当に年末ギリギリになって申し訳ありませんが、参加いただく皆様にはよろしくお願い申し上げます。

 

 

こんなこと書いていると

 

忘年会ばっかりか~と思われるかも知れませんが

 

案外、私の場合はそうではありません。
普段から会食・飲み会などは少ないですし、色んな団体に参加するのを嫌がるアウトローな人間ですから忘年会等も少ないです。

 

 

そこそこのレベルの会社の社長ブログでは
毎晩のように誰それと会って飲んできました~、的な内容のブログが連発したりします。

 

それって、どうなんでしょ。

 

経営にはネットワークが大事だから付き合いが必要…?

 

それは一面あるかも知れません。

 

でも、もっと重要なことが幾らでもある筈。

 

 

時間は限りあります。
毎日飲み歩いてたら、普通に仕事が前向いて進まないんじゃ…?

 

 

飲み歩くのは確かに楽しいです。
情報収集できることも、たまにはあります。
会う人によってはモチベーションUP、確かにあります。

 

 

しかしマネジメントは実行を伴わないと、いくら情報を収集しても、モチベーションUPしても、勉強になっても何も前進しません。

 

 

こう書きながらも、私自身まだまだ無駄な時間も多いのです。

 

 

経営者として残された勝負できる時間は少ない。

 

 

あらためて肝に銘じ頑張ります。

 

 

 

 

 

敢えてエクステリアのカテゴリーに入らないアウトロー路線の私が参加するカテゴリーとは?

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

コツコツと更新しています!

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

「外構工事」という言葉

 

 

私たちの世界では当たり前の言葉ですが
一般の方には馴染みが薄い言葉かも知れません。

 

 

建物を新たに建てた際に、必ず外回りの工事が必要になります。

 

 

ですから

 

 

外回りも含めて仕上げていくのが建物の建築主の、いわば責任でもあります。
「外構工事」とは、「建築工事」の中に付帯される工事の中の一つなのですね。

 

 

 

ところが、建物の中でも「住宅」ということになると

 

外構だけを分離されるケースが時折あります。

 

 

逆に言うと「住宅」ではない場合、即ち「店舗」なり「マンション」なりの場合に外構だけを分離されるケースというのは殆ど聞いたことがありません。

 

公共機関が発注する建築工事においても、造園や設備の分離発注はあっても、外構の分離発注はありません。

 

 

「住宅」においてのみ、様々な要因・環境が相まって

 

お施主様が敢えて住宅会社に外構工事を依頼せず、専門業者に自ら依頼されるケースが多いというわけです。

 

 

逆に、専門業者サイドからすれば

 

 

お客様と直接お取引させていただくことにおけるメリットが多々あり

 

 

「家は住宅会社に依頼するけれど、外構は専門業者さんに直接依頼してこだわりの外構を目指したい!」

 

 

というお客様を理想のお客様と考えるわけです。

 

 

 

私自身も5年前に経営者になったときは、そう思っていたのですが…

 

 

今は少し考えを修正するに至っています。

 

 

確かに、我々の業界の都合で言うなれば
外構を住宅と分離して直接依頼いただきたい、というのが本音の部分。

 

 

でも、お客様からすればどうなんでしょう…?

 

 

 

 

続きはまた今度です。

 

 

 

 

敢えてエクステリアのカテゴリーに入らないアウトロー路線の私が参加するカテゴリーとは?

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

こんな記事を書いて業界内のアウトロー路線を走る私の会社です。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ…

 

本日、トアル現場ヲ着工。

 

 

 

色んな意味で、大きな一歩になるかも知れない現場です。

 

ある住宅会社さんとのご縁の第一歩。

 

 

 

「ガーデン&エクステリアの専門店」リーフユニティは

 

一般エンドユーザーさんとのご縁が多い会社ですが

 

住宅会社さんとのご縁も少なからずあります。

 

 

 

家を建てる際に「住宅」と「外構」を分離して、「外構」は専門店と直接契約する

 

というのが、エンドユーザー専門で運営されている会社さんの理想とされる形態なのですが

 

 

 

私は決して住宅会社を通して外構工事を依頼することを否定しません。
そして今後も、それが主流であり続けるものだと考えています。

 

これはリーフユニティの基本スタンスです。

 

この話、話せば(書けば)長いので

 

ちょっと分けて書きますね…。

 

 

 

 

まさかの下位低迷!?最初の勢いはいずこに…

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

あくまで「ガーデン&エクステリア」の専門店です…。

 

   ↓
奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

本日エクステリア工事を着工した、とある現場のことなのですが

 

 

ご近所にお住まいのOB施主様が車で出てこられた際に偶然にお会いしました。

 

 

1年半くらい前に工事をさせていただいた方です。

 

 

実は、そのお客様がご近所の方をご紹介いただき
今年の6月ごろ工事をさせていただきました。

 

更にその6月のお客様がご近所の方をご紹介いただき
今年の10月に工事をさせていただきました。

 

そしてまたまた10月のお客様がご近所の方をご紹介いただき
本日、着工と相成ったわけでございます。

 

 

感謝感激のご紹介数珠つなぎ。

 

しかも、見える範囲のご近所様ばかり。

 

 

住宅団地の中の、あるブロック。
某大手ハウスメーカーのMホームさんの分譲地(かなり前ですけど)。

 

4件も入らせていただいたりすると
何とも馴染み深いエリアになっています。

 

 

こんな風なありがたいエリアがもっともっと増えたら…

 

理想ですね。

 

とは言え、言うは易し。
今回は、偶然が続いただけかも知れません。

 

 

でも、その確率を高めていくことができるなら…?

 

 

 

 

 

そのために、実行。

 

そしてそれが、マーケティング。

 

 

そして実行のため残された時間とは

 

驚くほど少ないものかも知れませんね…。

 

 

 

 

 

クリッククリック

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

明日から歳末植木市!イベント情報に注目!

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

今日もまた、新たな動きがあり
これからは色んなことが動き出します…。

 

 

ある意味、この3年くらいは変化が少なかったのかも知れません。

 

 

特に「人」の面。

 

2007年1月に入社してくれた二人のスタッフが
間もなく丸3年勤め上げてくれる。

 

二人とも、きっとこれからも長く勤めてくれるものと信じ、そして今後の更なる活躍に期待したいと思います。

 

 

二人の入社以降、スタッフの出入りは3年間殆どありませんでした。
その直前まで、「人」のことで悩むことが多かったことを思えば、経営者として本当に恵まれた期間でもありました。

 

 

しかし、今年は内勤の女性スタッフがたて続けに出産退職となり
そして更にもう一人が事情で退職の予定です。

 

いずれもが、笑って、送別会も催して、そして別れを惜しんでの退職。

 

そして、来年は新たなメンバーでのスタートです。

 

 

 

そして今は「人」だけでなく、色んな意味での「変化」の時期なのかも知れません。

 

 

 

企業は常に「変化」を求められるもの。

 

今を大きな成長のチャンスにしていきたいです。

 

 

 

 

 

エエッ!?何でこんなことになってんの?

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

植田がどんなヤツか、コチラで写真もお探しください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

穴吹工務店が会社更生法申請ですか…。

 

穴吹工務店という会社については詳しく知らないのですが
2006年には結構な隆盛を誇ったということなのに

 

 

その後僅か3年で倒産…。

 

盛者必衰、なんていう次元を越えたスピードの動きです。

 

 

会社として色んな問題はあったのかも知れませんが

 

業界に凄まじい逆風、逆流が起こったことが推測されます。

 

 

姉歯事件から改正建築基準法、そしてリーマンショック以降の不況…

 

建設業の中でもマンション業界は特に厳しい影響を受けている模様です。

 

 

大きな会社だけに世の中の逆流から逃れられないという、凄まじい現実の例。

 

 

自分に置き換えるなら

 

小さな会社なりの舵取りが更に大事な時代になっています…。

 

 

 

 

 

エクステリアのカテゴリーに入らずちょっと異質な集団の中で闘っているアウトローな植田です。

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

で、どんな会社なのか興味のある人はこちらもクリック

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

手前味噌なトコロは聞き流していただきたいのですが

 

 

「〇〇さんが凄く喜んでたよ」

 

とか

 

「〇〇さんがエライ褒めてくれてたらしいで」

 

とか

 

「〇〇さんところの庭が評判いいみたい」

 

 

といったような

 

お客様のお喜びの声、個人的なお褒めのお言葉などを耳にすることもあり

 

誠にありがたい限りです。

 

 

お客様の満足が、その周辺に伝わって

 

「口コミ」となって広がり

 

また新たにお客様となってくださる…

 

 

まさに、私どもにとってはバラ色のストーリーです。

 

 

 

しかしっ!

 

 

 

ここからが今日の本題です。

 

紹介、口コミが会社のマーケティング上の最高の方向であることは言うまでもありません。

 

「口コミは大事ですよ。口コミが広がるような仕事をしてください。」

 

で済ませられるのはコンサルタントまで(コンサルタントの先生方に失礼あれば申し訳ありません)。

 

 

経営者としては、総論だけではなく結果に繋げなくてはなりません。

 

では、どうするのか?

 

口コミには重大な弱点があります。

 

 

それは「数」です。

 

 

数が少なすぎる、のですね。

 

口コミから広がって、我々のようなガーデン&エクステリアという高額商品の購入に繋がるとなると…そうそうある訳ではありません。

 

「お客様に満足してもらって口コミで集客する」という手法は
マーケティングとして成り立つとは言い難いのです。

 

 

マーケティングは

 

 

「数」×「確率」の結果が成果になります。

 

 

そして、その費用対効果を考えることになります。

 

 

口コミが良いのは「確率」の高さ。

 

そして費用対効果の高さ(ほとんど無料)。

 

 

しかし、いくら確率が高くとも「数」がないと「ボリューム」になりません。
経営上のボリュームから逆算すると、普通にやっていては口コミは数が全然足りないんです。

 

「ウチは宣伝は何もせず、口コミだけです。」

 

なんて話は滅多に聞きません。

 

 

 

 

 

ですので、口コミ以外のマーケティングが必要となります。

 

例えばチラシは圧倒的な「数」が撃てます。
対して確率はトンデモなく低いです。

 

 

しかしながら、です。

 

 

口コミの「数」を疑似的に増やすことができるなら…?

 

 

そう考えて取り組んでいるところです。

 

その辺りがまた、マーケティングの妙ですね。

 

 

 

 

 

まさかの後退!?皆様のクリックをお願いします!

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

で、どんな会社なのか興味のある人はこちらもクリック

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

日曜日。

 

打ち合わせが2件と所用が1件。

 

 

…にしても、道が混んでましたねえ。

 

 

他府県ナンバーの車もチラホラ。

 

みなさん、紅葉がお目当てですか?

 

 

昼の飲食店も凄まじい混みっぷりでした。

 

 

ちょっと外出や行楽のタイミングが揃うと、あっと言う間にこの状態になるわけですね。

 

 

 

世の中ではちょっとした波があると大きな影響があるものです。

 

「不況」にしてもそう。

 

世の中の人が揃ってちょっと財布のヒモを締める動きをしただけで

 

凄まじい「消費不況」になるんですね。

 

 

逆に言うと

 

ちょっとだけ財布のヒモを緩める動きをしてやるだけで

 

一気に景気回復すると思うんですけどね。

 

 

 

この「ちょっと」の動きを能動的に作っていくのが

 

これまたビジネスの大きなキモの「マーケティング」であると思うのです。

 

 

 

口で言うほどカンタンではありませんが…

 

知恵を絞りたいところです。

 

 

 

 

 

まさかの後退!?皆様のクリックをお願いします!

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

で、どんな会社なのか興味のある人はこちらもクリック

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

昨日のMさん

 

そして8月のYさん

 

 

2人の素晴らしいスタッフが去って
残念で、そして寂しくもあるのですが

 

 

代わって二人のニューフェイスが頑張ってくれているのです。

 

 

それぞれのキャラクターのお二人ですが

 

おかげで何か新鮮な空気が流れていますね。

 

 

 

これも一つのチャンス。

 

それぞれの持つ能力をしっかりと伸ばしていくことで

 

リーフユニティにとっても新たなページを作っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ポチっとクリックいただけたら
心より御礼申し上げます。

 

   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

リーフユニティって、どんな会社かな?と思った方はこちらもご覧ください。

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

ちょっと忙しかったりすると

 

 

「もうちょっと落ち着いたら…」

 

 

という言葉とともに先送りすることってありませんか?

 

 

 

もちろん優先順位に従って仕事をするわけなんですけど
目先の仕事に追われて「緊急ではない重要なこと」を先送りするのは避けたいところです。

 

 

なので

 

 

宣言します。

 

 

「植田、落ち着きました。」

 

 

実際、秋の現場ラッシュも次々にアップしてこれたということでもあるんですが

 

落ち着いたら落ち着いたで、知らず知らず楽な方へ流れてしまうのも普通の人間。

 

 

敢えて宣言することで
あらゆることを先送りせず

 

今こそしっかりと前進したいと思います。

 

 

 

 

さすがに上位の壁は厚い!?
不動産系の人が多い中に参戦しています!
   ↓

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

今日の宣言に基づいて、ホームページの更新もどんどんしていきますので

 

こちらにクリックもお願いします!!

 

   ↓

 

奈良のガーデン&エクステリア リーフユニティのHPはこちら

 

 

 

 

 

 

今日も朝にブログを書いています。

 

 

毎朝朝礼で職人さんを送り出すのですが
私担当の現場があれば、私も同行して現場で指示・確認をすることになります。

 

 

秋の需要期でお客様の動きが多いこともあって
9月から10月にかけて私担当の現場が相当数あり

 

 

朝イチから各現場を駆けずりまわっていたのですが

 

 

ここに来てちょっと一服傾向。

 

と、言いながらも昨日も立派な樹の購入を決めていただいたりで
またまた駆けずりまわることにもなるんでしょうけど

 

 

腰を落ち着けて…というのが必要なことも感じているところです。

 

 

 

先日読んだある本によると

 

 

10億円企業を目指すには

 

「まず、社長が営業現場から離れてください」

 

ですからね…。

 

 

確かに私が最前線に出ていると

 

「社長自ら、ですね。」

 

というようなことを言われるときもあって

 

 

私は決まって

 

「いや、そんな大きな会社とちゃいますから(笑)。」

 

と、答えたりしています。

 

 

それは、その通りなんですけど

 

もっと会社も成長させたいですしね。

 

 

 

そのために最前線から引くことも考える時も
そう遠くない頃合いですかね。

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

  ↑

 

このブログでも結構上位に!このカテゴリーは結構狙い目?

 

 

 

 

 

 

昨日、タカショー・リフォームガーデンクラブの地域研修会に参加して参りました。

 

 

「リフォームガーデン」という立ち上げ以来の趣旨に強く賛同するとともに

 

「困っているコト」サービスという理念にも想いを同じくしているところです。

 

 

 

私がこだわって取り組んでいるOB施主様向けの「巡回サービス」などは、まさに「困っているコト」サービスなのです。

 

 

昨日、初めてタカショーの高岡社長と少しお話させていただく機会がありました。

 

 

「困っているコト」サービスについて当社が取り組んでいるお話をさせていただいたら

 

 

「面倒な仕事かも知れませんが…」と仰られていました。

 

ちょっと意外でした。
私は一度たりとも面倒なんて思ったことありません。

 

OB施主様の家を巡回するたび、ありがたいことばかりなのですから。

 

 

 

そして、タカショーとしての取り組みが

 

 

「ライティング」

 

 

なるほど、面白い切り口ですね。

 

 

是非、やってみましょう。
OB施主様へ良い提案ができるかも知れません。

 

 

 

もちろんリーフユニティならではの

 

「困っているコト」サービスはどんどん充実させていきます。

 

 

 

 

 

 

今日は11月4日ですか…。

 

そう言えば、11月1日は私にとって結構大事なメモリアルデーだったんですが

 

すっかり忘れてました(苦笑)。

 

 

 

 

 

「代表就任5周年」です。

 

 

この「5年」というのは、結構大事な意味を持ちます。
とうとう、ここまで来れました。

 

5年前の11月1日に自分で法務局に行って登記申請をしました。

 

 

普通は司法書士の先生に依頼するのですが
ちょっとでも経費削減を、と考えて自分でやりました。

 

 

それが良いかどうかは全く別として

 

初心に戻ることも必要かも知れません。

 

 

 

まだまだ何も分かっちゃいない経営者1年生だった頃ですが

 

もがきなからも何か新しいことをやろう、と頭は動いていたような気もします。

 

 

 

 

現況に流されないように

 

日々考えて動きます。

 

 

 

 

 

 

「ヤホー」

 

 

ナイツのネタではありません(大好きなネタですが(笑))。

 

 

 

「夜訪」

 

 

ですね。

 

 

お客様宅にて、夜の打ち合わせです。

 

 

土曜日、日曜日と二日続きの夜訪。
ちと遠方であったこともあって、帰りの運転が眠くて大変でした。

 

 

もちろんですけど
アポなしの訪問営業ではありません。

 

お客様と相談して決まったお約束です。

 

 

アポなしの訪問営業はやったこともありません。
あっ、前職ではやったことありますけど(苦笑)。

 

 

更に言うなれば

 

 

お見積り・商談中のお客様に「検討して連絡するから」と言われれば
こちらから「どうですか~?」みたいなお電話も殆どしません。

 

 

たぶん、住宅会社の営業さんなんかですと
「何やってんだ~!」と上司に怒られそうな営業スタイルですね(笑)。

 

 

もし合見積で「検討します」と言われたら
ほぼご成約ならず、のサインだと私は受け取ります。

 

だから、電話もしません。

 

そうでなければ次回のアポまで取りますから。

 

 

おそらくは

 

 

この業界の多くの業者さんが

 

外構工事の合見積・価格競争・低い成約率・プランニングと見積作業のロス

 

に悩まされていると想像します。

 

 

ある意味当たり前のビジネスの競争だとは思いますが

 

「価格競争」は負の連鎖を呼びます。

 

「プランニングのロス」は当たり前のことではありませんね。

 

 

 

これに対する私のスタンスは既に出ているのですが

 

今はブログに書くタイミングではないので書きません。

 

 

 

ともあれ

 

 

訪問営業も電話セールスもしなくても

 

リーフユニティに信頼を頂き、お任せいただけるお客様に恵まれています。

 

 

皆様に感謝です。

 

 

 

 

 

 

ある物件の相談で設計事務所の先生のところへ行ってきました。

 

 

現場のことだけでなく

 

何かあるときに相談できる人の存在というものはありがたいものです。

 

 

私の場合、先代である父のネットワークを引き継ぐことが殆どなかったため
それほど広いネットワークを持っているわけではありません。

 

ただ、あくまで父のネットワークは父のものであり
引き継いだところで恐らく継続しないことも多くあったんだろうな、とも思います。

 

 

 

ともあれ、今日お会いした設計事務所の先生にはお世話になりました。

 

やはり専門家の知識というものは我々では届かないところでもあります。

 

しかしまた、話をしていると色々な知識を吸収することもできます。

 

 

 

とてもありがたい存在です。
感謝です。

 

 

 

立場変わって、私も同様に他の方のネットワークの一員としてお役に立てている場面も少しばかりあったりします。

 

 

ユーザーのお客様のお役に立てることはもちろんですが

 

業務上で人のお役に立てることも嬉しいことです。

 

 

 

これからも更に多くの方のお役に立てるよう

 

日々前進したいと思います。

 

 

 

 

 

 

10月も20日まで来ましたか…。

 

 

間もなく11月、ということは12月も目前です。

 

 

12月は、どうしても「年内に完成を」という心理的な前倒し要因があるだけに工程スケジュールはタイトになりがちな時期。

 

 

 

私のサキヨミが甘く、後手後手で大変な思いをしたのが3年前でした。

 

大型物件の完工が重なり、職人さんの手数が絶対的に不足してしまったのです。

 

結局、12月30日に投光器を点けて夜までかかって作業を終え、大みそかの日も夕方まで現場の片付けをしていました。

 

そしてその晩に長男が生まれました。

 

あの大みそかの日のことは、長男の誕生も重なったこともあり恐らくは生涯忘れることのできない強烈な記憶です。

 

 

その後の2年は反省を生かした社内調整や受注の波もあって、大みそかまで動くようなことはありませんでした。

 

 

しかし、やはり3年前のイメージからか12月が近づくと緊張感が高まってきます。

 

 

 

もちろん、それだけ仕事をさせて頂けること自体が大変ありがたいこと。

 

 

 

早くも「11月中旬着工」という現場が相当数に上っている状況ですから
今年の12月は早めに備えを考えていきたいところです。

 

 

 

「先んずればすなわち人を制す」

 

 

昔から言い伝わる言葉は本当に深いです。

 

 

 

 

 

 

昨日(厳密に言うと一昨日)、電話で3時間
今日(厳密に言うと昨日)、打ち合わせ6時間

 

 

よく、これだけ話だけでも続くよなあ・・・という位しっかりと時間を共有させていただいたお客様

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

他にもありがたいことが一杯すぎて

 

植田は日々駆けずり回っております。

 

 

今はどうやら眠る時間を削って頑張らないといけないタイミングのようです。

 

このこと自体も感謝ですね。

 

 

 

気がつけば

 

このブログも1,500回を越えていました。

 

 

拙い文章のため、お読みいただいている方の数は多くはないのですが

 

日々感謝の想いを書いていくだけでも価値のあることなのかなと思います。

 

 

皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

10月に入り
現場の方は更にヒートアップしてきた感。

 

 

着工待ちの工事が多い中…

 

 

また雨かよ、オイ。

 

 

そんな中

 

 

「暮らし、庭へ ~ リビングガーデンフェスタ’09」

 

 

 

 

10/4(日)よりスタートします!

 

 

 

どうやら日曜日は天気が回復しそうです。

 

雨続きの中、この巡り合わせはラッキーです。

 

 

 

天も味方してくれる勢いに乗り

 

 

今期は

 

 

ぶっちぎらせてもらいます!!

 

 

 

 

 

 

9月30日、決算日。

 

 

振り返れば
手ごたえと反省の入り混じる1年だったかな。

 

 

本日最終の受注の数字については
過去最高だった昨年を少し上回っての着地です。

 

 

こう書くと、良いように思われるかも知れませんし
「今年でそれは凄いですよ」的な話もあるんですけど

 

反省も多々。

 

 

そもそも掲げていた目標に届かなかったわけですし
目標に対する明確な逆算や行動が足りていなかったことが大きな反省です。

 

 

来期は目標を修正し、更にその翌期に悲願の目標を達成します。

 

 

今期はフェアの在り方に様々な試行を重ねました。

 

秋フェアに替えて、ミニイベントを開催。

 

2月にも小フェアを思い切ったターゲティングで1回。

 

4月フェアでは全く角度を変えたターゲティング。

 

5月フェアでは「リビングガーデンフェスタ」というターゲティング。

 

 

 

これらを通じて方向性が完全に固まり、もう迷いが無くなりました。

 

 

 

今後のフェアは「リビングガーデンフェスタ」1本で継続します。

 

 

 

売上の話でいうと、額はケタが二つ違うものの
植木部門も苦戦でした。

 

このところも巻き返しを図らねばなりませんね。

 

 

 

1月から毎月発行に踏み切ったニュースレター、そして各種巡回サービスの強化については手ごたえが強いところです。

 

OBのお客様とのお付き合いはリーフユニティの経営理念に基づく大きな柱です。

 

先日のお客様感謝祭でも過去最高のご来場をいただきました。

 

来期の継続はもちろん、更に内容を充実させていきます。

 

 

 

店づくりの面は前進しています。

 

春先に「7つのデザイナーズ・ガーデン」をつくりました。

 

店内に見どころが更にできたかと思います。

 

 

また、ポーチガーデン(タカショー)の展示をスタート。
これまた良い空間ができました。

 

今後も店づくりについては新たな角度からも取り組んでいきたいと思います。
来期の目玉も計画済みです。この秋から冬の取り組みになります。

 

 

ホームページのアクセスも大きく伸びました。
昨年の夏に学んだことを実行に移してリニューアルしたら即座に効果が表れました。

 

「こうしていけば、ホームページのアクセスを継続して増やしていける」ということが掴めたのが大きい。

 

そして、その方法を7月にも実行したら更に効果が表れました。

 

ですから、これは来期も確実に実行します。
先ほどの店づくりの点も合わせ、来春には更なるリニューアルを計画しています。

 

 

そして、WEB関連でもう一つ。

 

まだ、見えて来ていないので内容が書けませんが
もう一つのプロジェクトも進行中です。

 

来期中には確実にスタートを切りたいと思います。

 

 

また、工事部門の方も改善を重ねてきました。

 

今年2月から始めた「全体朝礼」は、いい具合に浸透してします。

 

お客様をはじめ、各方面にご迷惑をおかけしないよう現場内完全禁煙にも踏み切りました。

 

 

そして、何と言っても今期最大の前進は

 

 

 

経営理念を発表できたこと。

 

これが、大きな一歩になることを信じています。

 

 

 

「継続が幸福を導く」

 

 

 

スタッフ及び関係者一同が
この理念を胸にこれからは歩んで参ります。

 

 

 

皆々様

 

 

来期もよろしくお願い申しあげます。

 

 

 

 

 

 

9月も半分が過ぎ…

 

大型連休もあって、あっと言う間に9月も終わりということになりそうです。

 

 

 

9月末というのは

 

 

当社にとっての決算月。

 

 

 

売上の「サクタイ」の着地は

 

101か102くらいになりそうです。

 

 

昨年も結構な勢いがありまして

 

今年はそれを上回るペースで推移していたんですけど

 

夏場は昨対若干のマイナスということで、結局前述のような着地点が見えてきました。

 

 

 

この話をすると、不況を反映してか

 

「今年でそれは結構スゴイですよ」

 

みたいな話をされてしまうことが多いんですけど

 

 

 

私としては以前とあまり変わらない状況が続いているため
スゴイとも何とも感じることがないわけです。

 

そもそも不況なんて関係ないと考えていますし

 

逆に掲げた目標がかけ声だけに終わった反省の方が大きい。

 

 

 

そして、来期。

 

 

 

色んな意味で、これまでと違った、そしてワンランク上のステージに上る年にしたい。

 

 

 

既に社内での変化の兆しも見えてきた。

 

 

 

 

もう少し…

 

 

考えをまとめていかねばなりませんね。

 

 

 

 

 

 

週末はお客様との打ち合わせの連続です。

 

お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

 

プレイングマネージャーの私としては

 

 

プレーヤー全開…

 

 

ではダメですね。

 

 

 

マネージャーの大事な仕事がたくさんあります。

 

そしてプレーヤー卒業も時折頭をかすめておりますが、今は封印です。

 

 

私には、まだまだお客様のお声を直接聞く機会が必要だと思っています。

 

 

少なくとも、あと1年。

 

 

改めて

 

プレイングマネージャー続行宣言です。

 

 

プレイヤーとしてもマネージャーとしても

 

さらなる高みを目指す1年にしていきます。

 

 

 

 

 

 

この記事に書いたセミナーに参加。

 

 

 

セミナー参加の注意点。

 

 

勉強したつもりになって「経営ごっこ」にならないようにすること。

 

 

講師の先生も

 

「考えるだけじゃダメ。行動しないと。」

 

と仰ってましたね。

 

 

 

だから

 

 

私はセミナー内容をメモします。
案内の紙や、会場で用意されるメモ用紙などは使いません。

 

 

全て、手帳。

 

私は大きめの手帳を使います。

 

その手帳の後ろの方にあるフリーのページにメモします。
ですから、時折見返すことができます。

 

 

そうやって内容を自分にとって最大化します。

 

 

今日、講師の方がおっしゃいました。

 

 

「熱心にメモ取る人を私は信用しません。メモしているだけで実行しない人も多いんです。」

 

 

ま、そうかも知れませんね。

 

 

でもメモしないで内容を反芻することって、できるんかな。
それって、読みっぱなしの読書と一緒のような。

 

 

ですから

 

 

私はその方法で

 

 

実行してみせますよ。

 

ついでに言うなら

 

継続してみせます。

 

 

 

 

 

 

今日の発表によると
失業率が過去最悪、有効求人倍率は過去最低…。

 

 

なかなか厳しいようですね。

 

 

 

「GDPが反転し、景気は底を打ったと言っても実感がない」

 

 

などという声も聞こえてきそうです。

 

 

 

 

 

 

そりゃ、当然です。

 

 

景気は「底」を打っただけで、水準としては低いことに変わりありません。
GDPは「対前期比」の数字を語る世界です。「サクタイ」ではありません。
一気に急降下したGDPが若干反発したにすぎません。

 

 

失業率…、これは景気の遅行指標です。
業績が悪くなった企業が人員削減すると言っても、時間がかかるのです。
そして、新規採用には慎重になります。底を打ってもいきなり採用なんてしません。

 

 

だから、景気の「底」打ちと失業率を並べて語ること自体がおかしいのです。

 

 

 

今日は少し、雇う方の立場の人間の声をお届けしましょう。

 

 

小さな会社の人件費って、大変です。
小さな会社では、人一人多くするだけで利益の大半がふっとびます。

 

経営者の立場からすると
人一人にかかる年間の人件費×5>1000万単位の設備

 

 

車を買えば5年以上使えます。

 

人一人雇うよりセルシオ一台買う方が遥かに安いわけです(若干荒っぽい論理ですが)。

 

 

 

ですから

 

 

 

それだけの期待や想いを持って、給料を払うのです。
その従業員と会社の成長を信じて払うのです。

 

 

 

ところが

 

 

それを理解して働いている人は、結構少ないと思います。

 

私も勤めている時にちゃんと理解できていたわけではないので、偉そうに言うことはできません。

 

 

 

しかし

 

 

 

もしも、仕事が見つからなくて苦労している方がいれば

 

これを機に雇う側の気持ちに応える想いを持たれてはいかがでしょうか。

 

 

職業の機会は決して権利ではありません。
働く場所がないのは政治や行政の責任ではありません。

 

仕事で価値を生み出せない人は、働く場所がないのです。

 

 

 

雇う側の想いを理解してくれて
もらうおカネの重みを理解できる

 

 

 

そんな人には

 

働くチャンスはいくらでもあると思うのです。

 

 

 

 

 

 

おっと

 

二日もブログを更新していなかったですね。
せっかく読みにきていただいた皆様方、大変失礼いたしました。

 

まあ、家族行事なんかもあったわけですが

 

 

 

遊びの「○○へ行ってきました!」

 

 

なんて内容は期待されていないでしょうから

 

 

書きません。

 

 

 

 

「○○へ行ってきました!」

 

というネタがないと日記が書けない小学生とは違います。

 

 

ここは無理やりでも大人の(?)ビジネスブログを書かねばなりません。

 

 

「植田も頑張ってるなあ」と思っていただけるような内容を一つ(笑)。
いや、頑張っているつもりではあるんですけどね。

 

 

さて

 

 

お盆と言えば「水やり」の季節でして

 

 

暑いのと

 

蚊の大群と

 

 

もう、大変なんです。

 

 

 

が、今年は随分と助かっています。

 

 

お盆に至るまでに、結構雨が降りました。

 

去年のお盆前はスタッフが汗だくになりながら頑張ってくれていたのですが
今年は丁度いいところで雨がザーッ、と降ってくれることが多かったのです。

 

さらに、雨が降らなくとも曇りがちだったため土が乾ききらなかったんですね。

 

今なお全体的に乾燥していないようで、既に根付いている地植えのものは殆ど心配ないようですし、今年植え付けたものも、それほど気を使わなくてもいい感じの様子。

 

 

さらに

 

昨年の反省から在庫をコントロールして水遣り作業を少なくするようにして

 

自動灌水システムを一部整備してある程度の範囲は水道をひねるだけでカバー

 

 

結果

 

 

随分と今年はラクになりました!

 

 

天候に助けられた点も多々あるんですけど

 

さらに、自動灌水システムを生かせるような在庫管理をしていけば
水遣りの手間と苦労もさらに節減できそうかな、と考えています。

 

 

庭木在庫タップリの大規模な展示場経営をしているリーフユニティとしては

 

庭木在庫管理、展示場管理は大きな課題として今なお残っているところです。

 

 

この部分についても

 

 

さらなる前進とカイゼンが必要。

 

 

これも

 

 

「緊急じゃないけど大切なこと」

 

 

かな。

 

 

 

 

 

 

先月のニュースレターで募集している

 

「1本だけ剪定巡回サービス」が好評です!

 

 

 

昨年の冬に巡回していることもあって
どれくらいのお申し込みがあるかな、と心配もありましたが

 

 

本日が申込の締切日でして

 

 

お陰様で結構な件数になりました。

 

 

現在、OB施主様向けのサービスラインナップは

 

 

寒肥
消毒
ガラ・土引き取り
真砂土販売
剪定
芝の目土入れ
芝刈り・草刈り

 

 

となっています。

 

 

今年に入ってからニュースレターを毎月発行すると同時に

 

毎月巡回のご案内をしています。

 

 

年がら年じゅう、OB施主様宅へお邪魔しているような…

 

そんなサービスラインナップをつくりたいのです。

 

 

今後は「無償」巡回も加えていきたいと考えています。

 

 

あと、来店型のイベントもサービスラインナップにしていきたいですね。

 

現状は年1回のお客様感謝祭だけ。

 

毎週必ず店舗イベントをされている電気屋さんの話を改めて本で読み
リーフユニティも更にレベルUPしていきたいかな、と。

 

季節の行事に合わせたミニイベントですね。

 

書いているとチョコチョコっとアイデアが湧いてきました。

 

 

 

何とか、カタチにしていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

今年は

 

「お盆までに」

 

という言葉が流行らなかったのですが

 

 

 

「お盆明けに」

 

が流行ったようです。

 

 

 

盆明けの着工物件が集中。

 

そのまま9月になだれ込み、更にフル回転が続きそう…。

 

 

ここまで来ると

 

職人さんの募集をしたくなる状況です。

 

失業率の高い今って採用のチャンスなんでしょうかね?

 

 

ひょっとして

 

応募が殺到したりして…!?

 

 

 

さすがに、それは無いか。
経験者限定やしね。

 

 

安易に増員するとネックになってくることがあり

 

採用しても3日で辞めた例もあり

 

 

 

一方で将来を見据えた採用も考えねばならないところでもあります。

 

 

 

目先の問題だけではなく…

 

悩ましいところです。

 

 

 

 

 

 

2年前に

 

 

こんなブログを書きました。

 

 

 

今年の2月にはこんな風に書いていますね。

 

 

 

 

 

「経営セミナー」に参加した日のブログです。

 

 

 

基本的な考えは今もブレていません。

 

 

経営に限りませんが「セミナー」と名の付くものって
妙に魅力的に感じたりするもんです。

 

 

日常の仕事を離れ、普段は行かないようなところへ行くだけで
ちょっぴり観光気分!?

 

 

私、東京で金融機関に勤めていた頃に多くのセミナーに行かせてもらいました。
若いだけに「勉強に行ってこい」ってな雰囲気でした。

 

もう、東京の町を地下鉄に乗ってウロウロするだけでワクワクしたもんです。
それが「仕事」やなんて、ラクなもの。

 

 

肝心のセミナーの内容はそれぞれですけど、いずれにせよ「勉強してきました~」的な気分になります。

 

 

経営者になりたての頃は「とにかく勉強が必要!」と思って、せっせと参加したりもしたんですね。

 

 

 

でも…

 

 

結局は…

 

 

大勢に影響がないわけです。

 

 

 

理由は簡単すぎる。

 

 

「行動」に移すのが少ないからなんですね。

 

そしてその「行動」を「継続」するのは更に少ない…いや殆どなかったりするんですね。

 

 

少し前に「夢をかなえるゾウ」にハマっていた私ですが

 

ガネーシャ語録で

 

「今、自分は『座ってる』だけや。『座ってる』だけでは何も変わらへん。人生変えられんのは、『立って何かをした時』だけや。」

 

みたいな話がありました(覚えている範囲でソラで書いたので正確な記述じゃないですが)。

 

 

セミナーって、まさに「座ってる」だけですから。

 

 

 

一時的にモチベーションが上がったり、人的ネットワークの部分もありますので
全てのセミナー参加は否定しません。

 

 

ただ、そこに「費用対効果」の概念が必要。

 

正確に言うと「時間対効果」ですかね。
我々経営者は時間との勝負がありますので。

 

 

 

さて、その経営セミナーに参加することにしました。
先ほど申込書を書いたところです。

 

 

2年前のセミナーと同じく、私の元勤務先主催のセミナーです。

 

 

 

内容は聞いてみないとわかりませんが

 

私にとって、大事な大事な温かい古巣です。

 

だからこそ、「時間帯効果」に確信が持てるのです。

 

 

 

 

もちろん

 

 

 

「立って何かをする」つもりです。

 

 

 

 

 

 

ホームページのリニューアルはWEB制作会社さんにお願いするのですが…

 

 

リニューアル作業依頼中は私が自ら行う施工例の追加作業などができません。

 

 

なので

 

 

幾つかの施工事例が控えております。

 

 

今日も施工事例を追加したのですが

 

 

このところ完成した現場の施工例を今日からたて続けに追加していきたいと思います。

 

 

一週間連続更新

 

 

などと宣言してしまいましょう!

 

 

 

ホームページの中でも、施工事例のページは色んな意味で重要です。

 

まず第一に、お客様が最も興味のあるページだからですね。

 

当社のアンケートでもリーフユニティを選んでいただいたきっかけや決め手に「ホームページの施工例を見て」と書いていただくときも多いです。

 

庭をどうしていいか分からない…、実際にどんな事例があるのかな?

 

と、情報収集から入るのがお客様。
私でもそうです。

 

情報を提供するという目的のため、施工例には必ずコメントを付けています。

 

 

そして

 

SEO対策です。
同業者の方で解っている方には当たり前のことですが。

 

 

ただし、SEO優先の施工例掲載は避けています。
あくまで、お客様に情報提供するための施工例であることが前提です。

 

 

 

 

それにしても

 

 

そもそもですが

 

 

掲載させていただける施工事例が

 

これだけある、という事実が

 

感謝すべきことなのですね。

 

 

 

施工事例が少ない業者さんのホームページも時折あり…

 

いや、分かりますよ。
載せたくても、あまり無い、という現実。

 

 

リーフユニティのホームページを立ち上げた当時も
施工例は今と比べるべくもない数でしたから。

 

 

過去の実績は写真が全く残されておらず…
今のようにお客様とのご縁が多くあった訳でもなく…

 

 

スタートはそんなところからでした。

 

 

 

経営はステージです。

 

 

そのステージにあったことしか、できません。
もしくは、効果がありません。

 

 

リーフユニティは施工事例について語れるステージに立たせてもらっている訳です。

 

高額エクステリア商品や最新のエクステリア商品の施工例とまでは行かなくとも、地域のお客様のニーズに沿った等身大の施工事例がたくさんあります。

 

 

施工事例のお話から経営のお話になってしまいましたが

 

 

 

こうやってステージを上って来れたことに

 

 

改めて深く感謝。

 

 

 

 

 

 

よう~降りますねえ。

 

 

朝から土砂降りじゃないだけに

 

何とか職人さんは出てきてくれて雨の中を頑張ってくれたりはしているのですが…。

 

 

 

お盆休みを前に現場の方も追いこんでいかねばならない時期だけに、困ったもんです。

 

 

 

そんな中ではありますが

 

 

新プロジェクトの方の打ち合わせを行いました。

 

 

このプロジェクトが完成して運用開始となったら
後戻りできません。

 

 

私の仕事のスタイル、サイクルが変わってしまいますね。

 

しかし、ここはやり切るしかないわけです。

 

 

ある意味これは近日発表する経営理念のキモになる部分でもあります。

 

 

考えれば考える程…

 

 

大変なプロジェクトです。

 

 

気合入れんとあきません。

 

 

 

ぬおおおおおっ!!

 

 

 

 

 

 

この夏から秋にかけて

 

 

マーケティング関連が

 

 

4連発

 

 

で動きます。

 

 

まず、一つ完了です。
正式発表は来週。

 

イイ感じにできましたが…成果はいかに。

 

 

 

そして、既に打ち合わせがスタートしている広告案件。
こちらはお盆までにまとめあげる予定です。

 

この件については地域マーケティングの一つのきっかけにしていきたいですね。

 

 

 

そして来週打ち合わせ予定の新プロジェクト…、これは結構大きな取り組みとなります。

 

こちらについても、夏中に形を作り上げたいと思います。
長い目で見れば、これがマーケティングの命運を握ることになるかも知れない取り組みです。

 

 

 

そして、もう一つ。
メーカーさんと協働しての秋のイベント計画。

 

未知数の部分もありますが、新たな流れができる可能性があります。

 

 

 

今年の夏は

 

 

マーケティングの夏

 

 

私の資質が試されるところかも知れません。

 

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

 

このところ

 

 

三重県 名張市 伊賀市

 

 

へ行く機会が多いです。

 

 

 

三重県の中でも関西色の強いエリアです。

 

 

そして、名張市というところは住宅団地はあちこちに存在する一大住宅団地都市なのですね。

 

 

 

 

百合ヶ丘、桔梗が丘、つつじヶ丘、春日丘、梅ヶ丘、富貴ヶ丘

 

すずらん台、うぐいす台…

 

 

 

凄いです。

 

我が桜井市には「朝倉台」という団地以外は住宅団地ってありませんのでね。

 

 

 

名張市にはこの仕事をする前は殆ど行ったことがありません。
辛うじてぶどう狩りに来たかな。

 

 

それにしても、上記以外も含めて行ったことのない団地も正直あるのですが

 

 

 

かなり、覚えました!

 

 

 

名張市の皆様

 

 

リーフユニティは名張から約50分から60分、というところでしょうか。

 

奈良県桜井市、と言っても馴染みが薄いかも知れませんが

 

いつでも喜んで馳せ参じますので

 

遠慮なく御用命くださいませね。

 

 

 

 

 

 

ここ数年

 

 

リーフユニティは少しづつステージを上ってきました。

 

 

 

ブランドの立ち上げ

 

チラシ折り込みと集客イベント

 

展示場づくり

 

法人化

 

ホームページ立ち上げ

 

小冊子制作

 

ニュースレター発行

 

 

 

特別なことは何もなくて
どこででも紹介されているような手法ばかりです。

 

 

 

ただ、実際にやるのは「おカネ」がかかりますし
結構な「労力」もかかります。

 

 

そんな中、思い返せば
色々やってきたよな~と感じるところです。

 

 

そして、さあ次のステップは…と考えて
おカネがかかることは来年度(10月以降)にと思っていたのですが

 

 

 

色んな機会とご縁がある中で

 

来年度まで待ってくれない事案も多々出てきました。

 

 

 

 

チャンスのタイミングは見逃すわけにはいきませんよね。

 

本当にチャンスなのかどうかの判断が私の責任な訳ですが
能動的にチャンスに替えていけるかどうかも私次第。

 

 

という訳で

 

 

ここは勝負させてもらいます!

 

 

 

 

 

 

「販促は色々されているんですか?」

 

 

と、今日ある方に聞かれました。

 

 

 

この話になると私は

 

 

「話長いですよ?(笑)」

 

 

と前置きをし

 

 

喋る、喋る。

 

 

 

今日、お付き合いいただいたOさん
お付き合いくださりありがとうございました。

 

 

興味深く聞いていただいたようなので…よかった。

 

興味もない長話に付き合うのも退屈ですからね。

 

 

 

話は販促から営業戦略、経営戦略的な部分にも及びます。

 

 

「マーケティングの3つの角度とは…」

 

「リーフユニティが他社と決定的に異なるコンセプトは…」

 

「経営にはステージが存在するので…」

 

 

こうやって語っていると

 

自分の考えがどんどん確信に変わっていく気がします。

 

 

 

そう言えば先日聴いた講演で

 

「声に出すことが脳の活性化に繋がる」

 

という話がありました。

 

 

どんどん迷いがなくなり、頭がスッキリしてくる感じです。

 

 

 

もう、あちこちで同じ話を何回もしていますが(笑)。

 

 

特に代理店さんやメーカーさんは付き合わされることが多いかも知れませんが

 

 

懲りずにお付き合いくださいませね。

 

 

 

 

 

 

明日は巡回サービスに出るわけですが

 

 

 

今回は消毒にプラスして

 

 

「不要なガラや土の引き取り巡回サービス」

 

 

「真砂土販売巡回サービス」

 

 

を同時に実施します。

 

 

いずれも、ご好評いただいたようで
結構な数のお申し込みをいただいております。

 

リーフユニティのサービスメニューにしっかりと残していけそうですね。

 

 

植物管理に絡む巡回サービスは過去色々とやってきています。

 

毎回、多くのお客様からお申込みを頂戴しているのですが
ある程度常連メンバー的なお客様が多かったように思います。

 

 

しかし、今回の新しいサービスについては

 

幅広いお客様からお申込みを頂戴しました。

 

 

 

これは、とても嬉しいことですね。

 

 

 

ほんの「ちょっとしたこと」ですが

 

絶対に色んな「困ったこと」があるはず。

 

どんどん考え出して、お客様の継続的なサポートをしていきたいと思います。

 

 

 

続いて今月のニュースレターに載せてご案内を予定しているのが

 

 

「草刈り機を持って巡回しますサービス」

 

「除草剤散布巡回サービス」

 

 

この二つ。

 

 

いかがでしょう…?

 

私だったらして欲しいな、と考えたサービスです。

 

 

 

そして、いつもそうなんですが

 

 

明日は巡回しながら巡回サービス担当のY君と新しいメニューを考える1日になりそうです!

 

 

 

 

 

 

イイ感じで雨が夜に降ってくれます。

 

お陰様で工事への影響は最小限にどどまっていますね。
大型の現場も順調に仕上がってきています。

 

 

なにせ

 

 

 

7月スタンバイの現場もお陰様で多数。
雨は大変困るのです!

 

 

 

この業界は不況に強いのか
(つまり、同業者さんも忙しいのか)

 

 

リーフユニティが恵まれているのか

 

 

 

どっちなのか解りませんが

 

 

 

ともあれ感謝です。

 

 

 

 

 

 

ようやく梅雨らしくなってきましたね。

 

 

そうこう言ってる間に6月などあっと言う間に終わり
トンデモナイ暑さが続く夏になります。

 

 

そしてそれも束の間、案外夏も短いものです。
瞬く間にお盆も過ぎて、秋らしくなるんでしょう。

 

時が経つのが速い、なんてブログに書いているようじゃダメです。

 

そんなこと、とうの昔からわかっていることなんであって。

 

 

 

そう思うと

 

 

 

ここにきて

 

マネジメントと時間との勝負を考えるこの頃。

 

 

 

極端言えば、運転手を確保して移動時間中も仕事しまくったりするのもいいかも、とか。

 

 

 

まあ、その前にすることが色々ある訳ですけどね。

 

 

 

 

このままじゃ…

 

 

 

 

アカンな、俺。

 

 

 

 

 

 

今朝入っていた吉野家のチラシを見た影響で

 

早速昼は吉野家で「うな丼定食」を食べた小市民の植田です。

 

 

とは言うものの…私以外も結構「うな丼定食」食べてました(笑)。
皆さん、チラシ効果なんでしょうかね。

 

 

 

それにしても

 

 

やはり大手は強いです。

 

 

個人経営の飲食店が新聞折込チラシなんて

 

とてもじゃないが撒けません。

 

 

ビジネスモデルが成り立たないんですね。

 

過去、何度もチラシを折り込んだ私には身に染みてわかります。

 

 

 

「吉野家」という確立されたブランド

 

牛丼を中心に「丼」にターゲティングされた商品戦略

 

そして価格

 

 

それだけで、普通に強いです。

 

 

そこへ更にチラシを使った販促までやってくる。

 

 

 

普通の個人店では、勝負にならない感がありますね。

 

飲食店経営の競争は、とてつもなく激しいです。
事業を継続することだけでも大変なことだと思います。

 

比較的始めやすい「たこ焼き屋」なんて、続く方が珍しいくらいです。

 

 

大手と戦うビジネスだけに、普通にやっていては勝てない。

 

だから、地域や商品で特化しつつ大手が参入しにくい分野で「勝ち易きに勝つ」というのがランチェスター戦略。

 

 

 

翻って、我々の業界と言うと

 

 

「大手」って存在しないんですね。

 

 

結局のところマーケットが未だ小さいからなのでしょう。

 

 

我々より大きなマーケットの住宅リフォーム業界でも
専業で全国規模まで行く大手はないですしね。

 

 

しかし、時代とともに大手がマーケットを制していった業種は多いです。

 

 

激戦の飲食は大小入り乱れていますけど

 

本屋 家電量販店 ホームセンター 映画館 おもちゃ屋 アパレル コンビニ ハウスメーカー

 

 

これら大手の発展とともに店をたたんだ経営者は数限りないでしょうね。

 

 

やはり基本的には大手が上らない土俵で戦いたいものです。

 

 

 

 

ちなみに私は吉野家の牛丼で「ツユだく」というのが理解できません。
ご飯はご飯らしくフワっとしているのが一番だと思うのですが…(笑)。

 

 

 

 

 

 

明日から

 

 

植田は久々の人事部長モードに入ります。

 

 

「採用」です。

 

 

 

当社においては、ここ丸2年ちょっとスタッフの出入りがなく
私にとって本当にありがたいことでした。

 

 

 

私が採用面接するのは現場の職人さんだけでした。

 

スタッフ部門の採用面接は本当に久しぶりのこと。

 

 

 

 

出入りのなかったスタッフ部門に欠員が出るのも大変残念なんですが

 

これはおめでたいことが理由なので、仕方ありません。

 

 

 

スタッフ部門の採用って難しいです。

 

簡単に経験者がいる業界ではありません。

 

悩みに悩んだ時期もあります。

 

採用内定して名刺まで作って迎える準備をしたのに、突然辞退されたこともあります。

 

3日で辞めた人もいます。

 

ある意味、莫大な投資となるだけに簡単に考えることができません。

 

 

 

そんな人事面の悩みもなく2年間過ごさせてくれたスタッフたちには

 

改めて感謝です。

 

 

 

 

そして

 

 

また

 

 

新たな出会いに期待したいですね。

 

 

 

 

 

 

本日は日曜日。

 

 

予定していたお客様との打ち合わせに加えて
別なお客様からお電話をいただき急遽お邪魔してきました。

 

 

何ともありがたいことばかりです。

 

 

 

そんなこんなでプレイヤー全開の植田なわけなんですが

 

 

車で移動している際は頭の中でマネジメント全開です。

 

 

 

そうやって考えていると

 

 

 

一つ二つ実行に移すべきことも浮かんできました。

 

 

うん。

 

 

やるべし。

 

 

 

 

明日からも盛りだくさんですが

 

頑張りますよ!

 

 

 

 

 

 

今日も

 

朝の10時前に事務所を出発してから出ずっぱりの1日でした。

 

 

急にお通夜も入ったもんですから(当然急なんですけどね)

 

自宅に着替えに帰ったりもあったんですが

 

事務所に帰社したのも、ついさっきです。

 

 

 

 

お通夜はともかく

 

 

色んな意味で、時間の使い方を考え直す必要を感じたりするところです。

 

 

 

何せ、時間が経つのが速いことは分かり切っていることで

 

自分に残された時間はどんどん減ってきているんです。

 

 

あ、もちろん余命いくばくもない、とかいう意味じゃなくて

 

経営者として勝負は、あと10年もないと思っているからです。

 

 

 

その貴重な時間の過ごし方で

 

勝負が決まってしまうわけですからね。

 

 

 

 

ムダ、という言い方は当てはまらなくても

 

経営のスピードに見合った私の時間の使い方でなければダメなのです。

 

 

 

今日は色々考えさせられました。

 

 

また大きな決断をせねばならんようです。

 

 

 

 

 

 

不景気…なんですか?

 

数年前に凄い勢いだった会社が無くなったりしているようで…。

 

 

もっとも、我々のような零細企業に景気の波など関係ございません。
ただただ、営業努力あるのみ、です。

 

 

ところで会社の業績を語るときの数字って

 

 

やっぱり

 

昨対(サクタイ)

 

ですか?

 

 

昨年と比べて、と言うのもどうなんでしょう。

 

昨年がどうだったかにもよるし。

 

昨年を上回ればいいってもんじゃないし。

 

 

 

当社の場合4月までだと、昨対で110%くらいっすかね。

 

と言うと結構驚かれたりするんですけど

 

目指す目標はもっと高いところにあって

 

それには及んでいないのも現状。

 

 

 

私としては
決して満足できる状況でもなく

 

 

逆に反省も多いのです。

 

 

 

 

 

でも、本当に様々な御縁に恵まれて今があるのも確かです。

 

去年から今年にかけて、ご縁が多方面に渡って広がりました。

 

 

 

ひょんなきっかけで、と言えば簡単なのですが

 

そこに何か必然があったのかも。

 

 

 

皆様に感謝です。

 

 

 

 

 

 

本日もぐずついた天候の中、多数のご来店をいただきありがとうございました。

 

お陰様でGW明けの植田のスケジュールもパンパンになっていますね…。

 

 

 

ホームページのアクセス数も凄まじい勢いで伸びていますし

 

一年のうちお客様が最も動かれる時期なんですね。

 

私もプレイヤーとして最も動きまわる季節です。

 

 

 

昨年もそうでした。

 

 

 

そしてもちろん、今年は昨年を上回りたいと思っています。

 

 

 

まずは頭をしっかり整理して

 

 

明日に臨みます。

 

 

 

 

 

 

先日お届けしたニュースレターがOBのお客様のもとに届いたようですね。

 

ご案内した

 

「消毒巡回サービス」

 

の申し込みが次々と入ってきています。

 

 

 

今年は暖かくなるのが早かったためか、毛虫の発生も早いようで
私も何度も見つけましたし、お客さまからもそんなお声を頂戴しています。

 

 

 

巡回サービスの中でも最も反響の大きい消毒なのですが

 

一体いくらで巡回しているのか、というと…

 

 

 

ここでは内緒です。

 

OB施主様は…皆様おなじみの金額ですよね!?

 

 

この消毒というヤツの値段はなかなか難しいのですよ。

 

色んな「植木屋さん」がいらっしゃいますが
さて消毒の価格を、となると悩ましい問題が多々。

 

 

 

まず、「動力噴霧器」を所有しているかどうか。

 

手動の噴霧器で出来る程度の消毒ならいいんですけど
それではラチがあかない現場もあります。

 

「動力噴霧器」(略して動噴)を用いての消毒は速いです。
普通の戸建の宅地なら10分か15分程度の作業時間です。

 

本当にこの機械はいい仕事してくれます。

 

ところが動噴を持っていない植木屋さんも結構多いのですよ。
値段は高いし、使う頻度も多くないので。

 

そして持っていたとしても

 

動噴を積んで、タンクも積んで、現場に行って、帰ってくると

 

まあ、ちょっと移動時間があったりなんかすると半日仕事とみる必要があるわけです。

 

半日仕事とみると…1万円やそこらの金額になります。
そして植木屋さんは残った半日(強)の時間の使い方に悩まねばなりません。

 

対してお客様からすれば

 

消毒1回1万円…高いですね。
当社でも個別見積は8,000円が標準価格です。

 

 

こういう事情で消毒をわざわざやりたがる植木屋さんは少ないのです。

 

ネットで消毒も積極的にされてそうな業者さんの価格もみてみました。

 

 

 

ふむふむ…。

 

 

 

今のところリーフユニティの消毒巡回サービスを下回る価格は見当たりませんね(同額はありましたけど)。

 

 

 

そんなおトクなOB施主様限定の「巡回サービス」を消毒以外にも行っています。

 

今年は更にサービスラインナップを充実させる年だと考えています。

 

 

 

 

リーフユニティはOBのお客様に対してはとことん「便利屋」になるつもりです。

 

今後の巡回サービスにもご期待くださいませ!

 

 

 

 

 

 

今日の会議では

 

施工品質や現場におけるルールとマナーについての議論をみっちりやりました。

 

 

 

現場の工事ってやつは…

 

 

 

深いです。

 

スタッフからも様々な意見が出ます。

 

 

 

ここ数年、ずっとずっと現場のレベルアップに取り組んできました。

 

 

 

とっかかりは「ヘルメット着用」

 

 

 

かけ声だけでは職人さんは着用してくれません。

 

着用しなくてもよい作業も多々ありますが、例外を認めるとルールが陳腐化します。

 

 

ここに絶対的なトップの意志が必要です。

 

 

 

しかし、こんなのは簡単な項目だとも感じます。

 

 

現場にはもっと難しい問題や

 

潜んでいるリスクがいくらでもあるんです。

 

 

 

 

スタッフの会議で意識をしっかり共有し

 

現場の職人さんに徹底的に伝えていかねばなりません。

 

 

それは

 

 

伝えるべきことの多さと

 

伝えることの難しさのため

 

 

 

一朝一夕にできるものではありません。

 

 

これからも延々と続いていくものなのでしょうね。

 

 

 

まだまだレベルを高めていかねばなりませんが

 

現場でもナンバーワンを目指していきます。

 

 

 

 

 

 

経営やってて、最近痛切に感じること。

 

 

絶対に大事なのは

 

 

「スピード」だと思う。

 

 

 

例えば

 

 

 

「口コミが大事」というアドバイスがあったとしましょう。

 

口コミこそ販促費用のかからない最善の販促だ、という考え方です。

 

 

 

 

確かに、方向性は正しいことを言っています。
費用はかからないし、宣伝以上に他人の意見は信用されやすいです。

 

 

が、

 

 

そこに「スピード」という項目がありません。

 

1件1件お客様に満足いただける仕事を続ければ
信用が積み上げられてお客様が増えていく…と言うものの

 

 

今、そのやり方だけで1年に何件増えるのでしょうか?

 

 

そのスピードが目標を達成できるスピードであればOKですが
普通は、そんなことありません。

 

 

一般には、遅すぎるのですね。

 

 

50年後に口コミで広がった評判で目標を達成すれば良いのなら
それでいいでんすけど

 

 

何歳で目標達成するの?という話。

 

 

そうこうしている間にライバル店がどんどん伸びるかも知れないわけです。

 

 

「長い目で見て…」なんて言葉は経営上では逃げの言葉。
不確定のものを長い目で見て成果がなくても、誰も助けてはくれません。

 

 

例えば、火の伝わり方をイメージします。

 

火種が小さいと、燃え移るのがなかなかで
下手をすれば火は消える。

 

火種が大きければ大きいほど
どんどん燃え広がっていくスピードは速い。

 

 

これだと思います。

 

 

 

火をつけて一気に燃え広がらせることが出来るかどうかが
経営の勝負どころ。

 

 

 

「費用対効果」と「スピード」

 

 

二つを較べて

 

 

敢えてスピードを重視するタイミングもあると思います。

 

それを判断するのも

 

これまた勝負どころです。

 

 

 

 

 

 

明日は月に一度の全体朝礼を行う日。

 

 

3回目の開催です。

 

 

 

当社の施工班は直営職人10人を中心に
独立はしているが当社(ほぼ)専属、という施工班が10班程動いています。

 

 

そこに専門業者さんが加わる格好ですね。

 

 

一日で稼働している職人さんは30人から40人、といったところでしょうか。

 

 

 

その一人一人に

 

 

 

しっかりと当社の想いが伝わっていなければならない。

 

 

 

 

それは絶対に

 

何度も何度も語り続けないといけない。

 

 

 

 

そのための全体朝礼、そしてその継続です。

 

 

考えたことを

 

実行し

 

継続し

 

当たり前の習慣とする。

 

 

 

それぞれにステージを越えねばなりません。

 

 

全体朝礼は、まだ3回目で今は習慣にまで至っていないステージです。
いつの間にか尻切れ、ウヤムヤになることって常にあります。

 

 

ブログにしても続かないケースが多々ありますすが
私の場合、完全に習慣化しました。

 

 

 

 

全体朝礼は絶対に続けます。

 

 

最もお客様と接するのが職人さんです。

 

最もケガするリスクを負うのが職人さんです。

 

そして、最もコストが発生するのが職人さんです。

 

 

 

 

だからこそ

 

 

 

しっかりと想いを共有したいのです。

 

 

 

明日は

 

今までとまた違った伝え方をするつもりです。

 

 

 

 

 

奈良のガーデン&エクステリアの専門店リーフユニティのホームページはコチラ

 

 

 

 

 

 

おっと、日が変わってしまいましたね。

 

 

まあ、こんな日もあります。

 

 

我々はフツーに仕事して決まった給料をもらえる仕事じゃないですから
当然頑張らなイカンわけです。

 

 

 

だから…目標と夢はしっかり持ちたいですね。

 

 

 

会社の目標はしっかりと掲げています。

 

 

そして

 

目標を達成すれば

 

スタッフを連れて海外旅行へ行く、と決めています。

 

ま、韓国か台湾かも知れませんが。

 

 

高い目標を掲げているのですが
達成できなければ私の力不足。

 

 

まだまだ

 

何かが足りていない。

 

 

 

やるやるやる。

 

絶対やる。

 

受験生なみのモチベーションで勝負する。

 

 

行くぞー!

 

 

押忍!

 

 

 

 

 

 

ギリギリの年度末です。
不景気とは言うものの、周りは皆バタバタしているように見えますね。

 

 

その一方で

 

 

大型倒産ラッシュが続いています。

 

倒産により職を失う方があり、また貰うべき代金が貰えず連鎖的に中小零細企業が痛みを負っていきます。

 

 

ただし

 

 

倒産する会社も、職を失うものも、得意先を失うのも、そして代金回収ができないものも

 

 

「自己責任」です。

 

 

ですから、誰も責めることができません。
マスコミが騒ぎ立てることもありません。

 

 

なのに

 

 

「派遣切り」「内定取消」は何故こんなに騒がれねばならないのか?

 

 

不思議な現象です。

 

仕事を失うだけでなく、多くのお金を失う下請けや仕入れ先の方が悲惨です。

 

実際の経済的損失がなく、絶対的に総数も少ない内定取消がやたらと取り上げられるのに違和感を感じてしまいますね。

 

 

金融機関の「貸し渋り」を批判するマスコミもあります。

 

貸出先が倒産して回収不能になるのは「自己責任」。
回収不能と判断して融資姿勢を厳しくするのは当然の行動だと思うのですが…。

 

確かに、資金繰りさえ付けば企業は倒産しません。

 

が、売上や利益を上げていける会社でない限り借金など返せません。
それだけの努力をしていない会社の方が多いのも事実です。

 

努力しない会社が批判されず、金融機関が批判される様にも違和感を感じるところです。

 

 

どうも、マスコミは一面的な正義のヒーローを演じたがるんですね。

 

 

 

ちょっとシニカルな記事になってしまいましたが

 

とにかく

 

企業も「継続」していくことで多くの方々の「幸福」に繋がるのだ、ということです。

 

 

 

 

 

 

本日の植田は

 

 

午前 京都府宇治市

 

午後 大阪府堺市

 

 

に打ち合わせに行っておりました。

 

 

リーフユニティは地元・奈良に加えて奈良の隣接地域へもお邪魔しております。

 

 

ただし

 

これは経営戦略上の地域戦略というヤツとは少し違うわけですね。

 

 

地域戦略というヤツは
対エンドユーザーマーケティングの中でも最も難しい手法だと痛感しています。

 

 

言うは易し。
目的はハッキリしているので言うのは簡単。

 

 

行うは難し。
「費用対効果」「経営スピード」などの問題で、壁が高く到達点が遠い。

 

 

まだまだ知恵を絞る必要がありますねえ。

 

 

 

 

ただ、マーケティング手法は地域戦略だけではありませんから
遠方でもこうやって様々な御縁をいただくことができているわけです。

 

 

WEBも当然、その一つ。

 

そして今日の御縁はWEBではないご縁。

 

 

色んな御縁のおかげを持って
どんどん面白くなってきましたよ!

 

 

 

 

 

 

ギリギリの3月を乗り越え中です…。

 

 

工事の依頼もお陰様で多数頂戴しておるのですが
4月までお待ちいただかざるを得ない状況でございます。

 

 

リーフユニティにいただいたご期待にお応えできる工事を遂行するためにも
何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

 

目下、施工班はフル回転です。

 

 

2,3年前から全体のボリュームUPに応じて施工班を拡充してきました。

 

当時もフル回転の連続でキャパ一杯でした。
正直、営業・販促以上に施工体制に頭を悩ませていたものです。

 

その後、様々な御縁で施工班を拡充することが出来、結果として営業・販促に没頭できるようになった際に妙に嬉しく感じたことも記憶にあります。

 

 

 

 

 

お陰様で大変ありがたいことでございます。
その施工体制もフル回転が続く状況になったようです。

 

 

 

 

再びここらが更なる成長と目標達成への壁のようですね。

 

 

 

では

 

 

 

また

 

 

 

乗り越えさせてもらいますか!

 

 

 

 

 

 

工程会議終了。

 

 

何回もブログに書いていますが

 

3月は現場が集中しています。
年度末の風景…というか例年以上の状況。

 

ありがたい限りでございます。

 

 

目下、すごい数の現場が進行中&予定中です。

 

 

お客様にご迷惑をおかけしないよう当社の施工班の総力を挙げて進めて参りますが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

そして

 

ここから先の工事のご依頼は…多分4月以降の着工になると思います。
ご理解のほどをお願いいたします。

 

 

 

 

これを読んでいる営業担当へ
常にお客様への連絡・報告を欠かさないようにお願いします。

 

これを読んでいる現場監督へ
先手必勝ですぞ。後手を踏まないようにお願いします。

 

これを読んでいる職人さんへ
一日一日が貴重です。例え一日でも詰められるように頑張ってください。

 

 

 

そして私

 

 

あくまで今の私はプレイングマネージャー。

 

自分担当の仕事のみならず

 

全体をしっかりと見渡し

 

前を見よう!

 

 

 

 

 

 

2月終了。

 

 

お陰様を持ちましてリーフユニティのホームページは

 

 

 

ユニークアクセス及びページビュー

 

月間最高記録を達成!!

 

 

 

アザーッス!

 

 

 

ここから4か月くらい連続で記録更新といきたいですね!

 

 

 

そして明日から3月。

 

工事の方は目いっぱいで予断を許さない状況となっております。

 

営業の方も当然フル回転続きです。

 

 

 

3月は色んな意味で大きなヤマとなりそう。

 

ま、当然乗り越えますけどね!

 

 

 

 

 

 

梅雨か!

 

 

とツッコミたくなるような
雨・雨…ですね。

 

 

昨日は京都にて所謂「経営セミナー」に参加しました。
(タカショーさん、こっちが先約だったんで今回はごめんなさいね)

 

 

社長になりたての頃は
「積極的に色んな話を聞いて勉強しなくては!」
と意気込み、わざわざ探してまで参加したこともあります。

 

 

 

しかし

 

 

言うは易し、行うは難し。
聞くだけなら言うより簡単。

 

 

話だけ聞いても何も変わらない。
要は、やるかやらないか。

 

 

読書もそうで、いくらビジネス書を読んでも行動に落とせなければただの趣味にしかすぎません。

 

 

後はコストと時間の消費。
下手をすれば「経営ごっこ」の自己満足となる。

 

 

それを痛感して
セミナー参加は控えてきました。

 

 

 

そして

 

 

様々な経験と試行錯誤を重ね

 

少しづつですが

 

 

行動を積み上げてくることができました。

 

経営というものが少しづつ見えてきました。

 

何が大事なのかわかってきました。

 

 

 

そして結果として

 

リーフユニティは高いステージに上ることができた。

 

 

昨日もセミナーの話・内容は素晴らしいものでした。
そしてそれは、何れのセミナーにも当てはまるのでしょう。

 

 

ただ、昔の自分とはちょっと違う。

 

 

なるほど、勉強になった、ではなく

 

 

絶対に、やる。 できる。

 

 

 

だから参加した意味がある。

 

 

 

 

 

 

フェア中はエクステリアメーカーさんとお話することが多いです。

 

 

 

色んな話もするんですが、私の場合は自然と

 

 

「マーケティング」「販促」

 

 

の話題が多くなります。

 

 

 

で、そうやって話していると

 

おぼろげだったアイデアがハッキリとした形になっていくんですね。

 

「ブレインストーミング」的な効果です。

 

 

その結果

 

 

「フェアの新展開」
「WEBマーケティングの新たな切り口」

 

 

 

に取りかかる方向性がハッキリしてきました。

 

 

 

言ったからには

 

有限実行で頑張ります。

 

 

 

 

さて、どうすっかな…。

 

 

 

 

 

 

日々色んな業務をこなしながら駆けずり回っている植田なんですが

 

改めて痛感いたしました。

 

 

お客様とお話している時が一番楽しいです。

 

 

ただ、会社としての目標を目指していくなかで

 

どうしてもマネジメントに傾けないといけないかな、と最近は思っているところです。

 

 

ビジネス書を読めば
「会社を大きくするには社長は第一線に出るな」
といったことが書かれていることもしばしば。

 

それが出来ないことが成長の妨げになる、とも指摘されています。

 

 

確かに…出来ない。

 

私個人にご期待いただくご縁も多々ありますし
前述のように楽しい業務でもあるため、気持ち的にもやめられない。

 

 

現場の第一線から引くタイミングは
今の目標達成の時かな、と思ってみたり。

 

 

今はとにかく

 

 

プレイングマネージャー全開で挑戦します!

 

 

 

 

 

 

住宅業界の大型倒産があったんですね・・・。

 

 

大手、というほどではないものの
奈良にも進出してきていたメーカーです。

 

 

住宅展示場にも立て続けに出店し、偉い勢いだなあと思っていたのも束の間。

 

 

で、今回の倒産で特異な点が一つ。

 

「破産」

 

なんですね。

 

 

これだけの大型倒産だと通常「民事再生」もしくは「会社更生」であることが多いのですが、今回は「破産」。

 

 

さっき、この会社のHPも見ましたが
管財人の挨拶文に「工事現場は休止」とありました。

 

 

これは・・・キツイ話ですね。

 

 

「民事再生」とか「会社更生」という処理は会社の継続が前提なのですが
「破産」は清算するしかない。

 

 

 

建築中のお施主様はどうなるの?

 

 

 

「自己責任」と言えばそれまでですが・・・

 

 

 

何とも厳しいお話です。

 

 

 

 

我々の業界は工事中のお客様のみならず
工事OBのお客様のためにも

 

 

継続していくミッションがある。

 

 

 

こんなご時勢となりましたが

 

今年もリーフユニティは元気に前進することを改めて誓います!

 

 

 

 

 

 

二日間の座学も終わりました。
時間的には痛かったのですが、必要なことでもあり得られたこともありました。

 

仕切りなおして、仕事しましょう!

 

 

二日間留守にしていた間にも新たなご縁も頂戴しております。
ありがとうございます。

 

工事の手配も進めて参ります。

 

 

 

1月も残り僅か。

 

日々追われていては1年だってあっという間です。

 

目標・予定と逆算で日々前進したいですね!

 

 

 

 

 

 

植田は今日と明日

 

座学に励んでおります・・・。

 

 

所謂コンプライアンス的な内容です。

 

建設業は現場仕事であるため特に安全管理が要求されるのですが
その安全管理について定めた法律が「労働安全衛生法」ってヤツなんですね。

 

これを中心に学んでおくべきことが多々あるわけです。

 

 

なかでも色々と感じるのが

 

 

「リスクアセスメント」

 

 

について。

 

 

 

 

数年前に労働安全衛生法で「リスクアセスメント」が義務化されました。

 

厚生労働省のお役人の方々が思いついて決めたんでしょうな。

 

 

 

「リスクアセス・・・?なんだ、そりゃ?」ってなもんで

 

建設業や製造業を中心に

 

「リスクアセスメントとは、リスクを重大性と可能性で評価して・・・」
と、あちこちでレクチャーが繰り広げられることとなったわけです。

 

 

教えている人も違和感を感じながら教えているのが分かります。

 

 

リスクアセスメントって、元々「リスクマネジメント」というテーマというか学問的な分野で出来上がった言葉なんですね。

 

 

そんでもって外国でその考え方を製造業や建設業の安全管理に導入した例があったんです。そして、その国では結構死亡などの災害が少なかったんですねえ(他に理由があったのかも知れませんが)。

 

 

そこに目をつけた霞ヶ関の高学歴なお方が発案されて登場したのが(ここはシニカルな推測ですが)

 

リスクアセスメントなわけです。

 

 

理屈はよお~く分かります。

 

 

でも、難しい言葉使ってるわりに
中身は当たり前すぎることです。

 

 

リスクアセスメントをするのはいいんですけど

 

結果、リスクレベルの高いものに対して「対策を講じる」わけですよね。

 

 

本当に大事なのはそっち。
どうやって実行していくか、ってこと。

 

安全のことを真剣に考えたらリスクアセスメントなんて小難しい理屈考えなくても、危険なことにはちゃんと安全対策考えます。

 

 

と言うか、既にこれまで考えられています。
「危険予知」という言葉が昔から存在します。

 

 

「リスクマネジメント」とは

 

例えていうなら

 

受験生に

 

「英数国理社、それぞれの科目に失点する点数と確率を考え、その失点数×確率の高い科目を重点的に勉強せよ」

 

 

って言ってるにすぎないわけです。

 

「んなこと、言われんでもわかっとるわ~!」

 

これがリスクアセスメントです。
ここまでの理屈です。

 

それより大事なのは

 

 

やるか、やらないか

 

 

ただ、それだけ。

 

分かっていてもやらない、また成果を出せない受験生の方が圧倒的に多いわけです。

 

 

安全管理も同じこと。

 

 

こんなこと書いてますが

 

もちろん

 

法律は守ります

 

リスクアセスメント以外もね。

 

税金に文句は言っても払います。
お上には逆らえません。

 

 

ただ、本質は掴んでおかないと

 

惑わされてしまってはいけません。

 

 

 

 

 

 

このところ反省しているんですが

 

私の経営者としてのスピードが遅いな、と。

 

 

 

 

正直言って

 

過去4年と数ヶ月の中で、様々な成果を得るに連れ
少しばかり自信も芽生えつつありました。

 

また、お会いする方には色々と褒めていただいたり
感心いただいたりすることも多々ありました。

 

 

 

しかし

 

 

世の中には凄い社長が多数いらっしゃる・・・!

 

 

この年明け以降に二人の社長さんとその会社を知りました(あくまでホームページとブログだけですけど)。

 

 

いずれも業界は違いますが、それぞれ近い業界です。

 

 

 

とにかく

 

 

レベルが違ってた。

 

 

スピードが凄かった。

 

 

目指しているところが違ってた。

 

 

 

私が今掲げている目標が小さく感じられた。

 

そして

 

自分で分かっていたはずのことが出来ていないことにも気付いた。

 

 

 

もう一度考え直します。

 

思考と行動のスピード、すなわち会社のスピードを引き上げます。

 

 

そして、目標を通過点に変えます。

 

 

 

 

 

奈良の外構エクステリア専門店 リーフユニティ のホームページはこちら。

 

 

 

 

 

 

寒い日でしたが

 

今日もホットな一日でした。

 

 

多くのお客様にご来店いただき、お電話もいただきました。

 

 

 

「娘がインターネットで調べて、ここが一番いいって言うから・・・」

 

と仰っていただいたお客様(とお会いしてませんがお嬢様)、ありがとうございました!

 

 

 

昨年の秋に私が店頭でご案内したお客様からお電話をいただきました。

 

寒い中お時間をいただき、ありがとうございました!

 

 

 

OBのお客様で昨年の秋にお見積りしていたお客様にご来店いただきました。

 

いつもお世話になっております。ありがとうございました!

 

 

 

「家はちょっと遠いんだけど、職場が近所で前の道をいつも通っているもんだから・・・」

 

と仰っていただいたお客様、ありがとうございました!

 

 

 

 

今日、私が担当したお客様しか書いておりませんが

 

他にも大阪府下からお越しいただいたりなど、多くのお客様にお声をかけていただいております。

 

 

 

そして

 

そのご相談内容とお声をかけていただいた経緯というものが

 

まさに私の描く目標どおりなんですね。

 

 

これが、また嬉しい。

 

 

 

自らの信じる道を歩き

 

その道が明るくなってくる、この感じ。

 

 

マネージャーの醍醐味ですね。

 

 

 

 

 

 

お正月気分が抜けるにつれ、ホームページのアクセスもグングン上昇しています。

 

それに連れ、お問い合わせも増えてまいりました。
皆様、リーフユニティにお声をかけていただき誠にありがとうございます。

 

 

 

1月は静かなようでお客様も動き出されるシーズンです。

 

 

不況?

 

一切関係ないです。

 

 

営業努力が全てです。

 

 

 

もう宣言してしまいますが

 

 

2月にイベントやります。

 

 

あと一月しかありませんが

 

これまでのノウハウをフル回転させるのと
あらん限りの知恵を絞って準備を進めます。

 

 

 

さらに宣言してしまいますが

 

ニュースレターを月刊化します。

 

今年は「ライター」植田で勝負しますから。

 

 

 

ま、この二つは年頭訓示で全スタッフに宣言していますので・・・

 

いずれにせよ100%実行です。

 

 

 

他にも色々あるんですけど

 

 

 

今日のブログではこれくらいにしておきますね。

 

まずは2月のイベントの内容をイッキに詰めないと・・・。

 

頑張りますよ!

 

 

 

 

 

 

仕事始め二日目にして・・・

 

 

社内のあちこちで次々とホットな動きが続いています。

 

 

また

 

 

私にとって物凄く嬉しいご縁の人からのご相談もいただきました。

 

 

ありがたいです。
素晴らしいです。

 

 

既に正月気分はすっ飛んでいます。

 

 

 

 

あ~

 

 

 

楽しい~!

 

 

 

奈良の外構・造園・エクステリア専門店リーフユニティのホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

今日は朝から年頭訓示をひとつ。

 

 

現在の世間の不況の構造とリーフユニティの事業構造を説明し
当社がいかに不況など関係ないかを話しました。

 

 

万が一

 

 

先行きを不安に思っているスタッフがいてもいけませんしね。

 

 

 

また昨年の年頭訓示から、より具体的な会社の数字も折り混ぜて語っています。

 

目標は大きく、そして未だ遠いですが

 

だからこそ全員のベクトルを合わせていくことが絶対に必要。

 

 

本日はその後年始挨拶回り。

 

 

初日からパワー全開。
今日から始めた習慣も良い感じです。

 

 

明日からは現場の方も徐々に動き出します。

 

皆様、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

世間では今日から仕事始めですね。

 

 

役所、金融機関をはじめ一斉に世の中が動き出します。

 

 

当社は明日からなのですが
今日から動き出した方々が挨拶に見えたり
電話もポツポツ、ファックスも時折流れてきたり。

 

 

そんな中

 

 

昨日のブログにも書きましたが
今年は「ライター」植田を頑張ろうかと思っておりまして

 

さっそく当社のオリジナル会社案内の改訂の原稿を書き終えました。

 

 

一昨年の10月に完成して以来の改訂です。

 

 

この小冊子をつくるときに

 

 

「印刷屋さんに依頼すべきか?」

 

その場合

 

「何冊くらい作るべきか?」

 

で悩みました。

 

 

実際、印刷業者さんと打合せもしました。

 

 

印刷というヤツは少ない分量だと単価が高くなってしまいます。
この会社案内の使用目的から考えて、多くの部数を作ると使い切るまで相当時間がかかってしまうことが予想されました。

 

 

悩みに悩んだ末の結論が

 

 

「手づくり」

 

 

でした。

 

 

つまり、コピーです。

 

 

コピーはコピーカウントで課金されますので、一冊作るにもそこそこコピー費用がかかってしまいます。

 

しかし、少しづつ使う資料なので少しづつ作ればトータル金額は知れたもの。
そうして手持ちを少なくしておけば、改訂が必要になった際すぐに作りなおせる利点があると踏んだのです。

 

 

この決断は大正解でした。
今回の改訂で更にバージョンUPしたものになりそうです。

 

 

ちなみに完全に書き換えたのが「社長あいさつ」です。
このページが最も不評だったもので(笑)。

 

 

確かに改めて読み直すと・・・

 

 

硬い、硬い(苦笑)。

 

それに、長い。

 

 

 

今回はサラッと読みやすい文章を心がけて書きました。

 

 

他にも情報のアップデートや新ページも追加したりして
より充実した内容にしています。

 

 

後はスタッフがビシッとレイアウトして仕上げてくれます。

 

 

そんな一仕事を終え

 

 

 

明日が仕事始め。

 

今日は今しばらく静かに闘志を燃やします。

 

 

 

 

 

奈良の外構・造園・エクステリアの専門店リーフユニティのホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

年末年始もブログ更新を、と書きながらも元旦に書いただけでしたね(汗)。

 

 

6日から会社としての仕事始め

 

5日から私の一人仕事始め

 

なんですが

 

4日の今日は半日ほどゴソゴソと仕事の準備をしています。

 

 

 

今年目論んでいることは色々とございますが

 

うち一つとして「ライター業」に注力したいかな、と思っております。
言い換えれば「執筆」業ですね。

 

 

実は昨年末、OB施主でもある私の友人に

 

拙署(ってカラーコピーの小冊子ですけど)「洋風住宅に会うシンボルツリー講座」を渡したところ

 

 

「メッチャわかりやすいなー!」

 

 

とお褒めの言葉を頂戴いたしました。
(あ~、いやあ、ちょっと自信作ではあるんですけどね)

 

昨年は調子に乗って「ココマのススメ」という小冊子も作りました。
この流れで色んな小冊子やオリジナル資料を作っていきたいな、と。

 

こういうのって、カタチが残るのでいいもんです。

 

 

 

おっと、書いてる途中にお問い合わせのお電話を頂戴しました。
アポ取れたんで、さっそく行ってきます!

 

 

 

 

 

 

さて仕事納めの日ですが

 

みんな帰ったようですね。
一年間、お疲れ様。

 

と、言いながらも明日若干出てくれる者もチラホラ。
その責任感に深く感謝します。

 

 

 

今年1年は確実にステップアップできた年でした。

 

 

とにかく年間通して本当に多くの方々からお声をかけていただきました。
プレイヤーとしての私もフル回転の連続でした。

 

 

 

数字的なものも大きな手ごたえを残すことができています。

 

 

 

 

 

ホームページのアクセスもグンと伸びました。

 

隔月発行のニュースレターもやりぬくことができました。

 

ココマの展示をスタートし、様々な成果を上げることができました。

 

小冊子を発行し、好評を得ることができました。

 

高槻からもお客様にお越しいただきました。
 

池のある本格的な和風庭園を手がけさせていただきました。

 

様々なご紹介をいただきました。

 

消毒巡回サービスは昨年を遥かに上回るお申込みをいただきました。

 

剪定巡回サービスもスタートできました。

 

記念植樹を2度させていただきました。

 

 

 

 

もちろん、反省すべきことも多々ありました。

 

 

 

 

そして来年も

 

更なるステップアップを誓います。

 

 

 

本年、お世話になったお客様

 

ご縁をいただき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

関係者の皆様方

 

色々とご支援いただき、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

 

 

そしてスタッフへ

 

さっきも言ったけど

 

必ずや、来年の今日もこのメンバーで笑って迎えられるよう

 

力を合わせて頑張ろう。

 

 

 

私の周りの全ての方に改めて

 

 

感謝。

 

 

 

※年末年始もブログは書くつもりです。

 

 どうぞお付き合いくださいませ~。

 

 

 

 

 

 

立場柄、色んな方々とお話する機会も多いのですが・・・

 

 

「不況」関連のお話が多いですねえ。

 

 

先ほどは派遣会社の方がそんな話をしておられました。

 

 

 

 

度々書いてますけど、不況なんて関係ない業界なんで

 

そんな話あんまり興味なかったんですけど

 

ちょっと発想転換。

 

 

 

良い機会です。

 

 

 

そこまで言うんなら

 

会社として目指している目標に到達するために考えている施策を

 

さらにパワーアップしましょう。

 

 

 

そうかあ、不況かあ。
いいこと教えてもらったなあ。

 

絶対に負けないように頑張りますよ!

 

 

 

 

 

 

先日、求人に応募してきてくれたM君が来週から来てくれることになりました。

 

なんと

 

 

 

若干

 

 

 

21歳!!

 

 

 

 

個人情報はこれ以上控えておきますが

 

とにかく

 

 

 

若い!

 

 

当社の現場に入ってもらっている職人さんは頼れるベテラン揃いなので
ぶっちぎりの最年少です。

 

 

20代と言っても

 

Y君、MさんところのH君、J弟君に・・・KのS坊が20代やったかな・・・?

 

と数える程です。

 

 

営業や監督の若手スタッフも皆三十路に突入しました。

 

 

M君のこの若さだけで社内は結構話題になっています。

 

 

技術的にはこれからの部分も多々あると思いますが
その若さでよくぞそこまで立派な大人になったな、と感じさせる人柄。

 

学生気分で働こうとしたり
何でも社会のせいにしようとしたり
まともに喋ることができなかったり

 

そんな「子供」に社会人教育をしているような余裕は零細企業には一切ありません。

 

 

ですから20代前半の採用には積極的ではない私なんですが
今回応募してきてくれたM君は驚くほど立派な大人。

 

その場で採用決定いたしました。

 

 

 

大いに期待していますよ、M君!

 

 

 

 

 

 

日々、早朝から土場(どば 資材置場のこと)に職人さんが集まってくるのですが

 

多くの方々に現場に入ってもらっており、朝から次々とダンプ等の車両が出ては入ってきます。活気があって結構、壮観です。

 

 

 

ついつい

 

「こんなに沢山いるのに、人手が足りないんかー!」

 

と思ってしまうのですが

 

 

 

逆に

 

「こんなに沢山の職人さんの生活を背負ってるんやなあ」

 

と責任を改めて感じてみたり。

 

 

 

不況に関するニュースが絶えない昨今ですが

 

現場で働く皆さんに安心して働いていただけるよう

 

引き続き頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

シンボルツリーを選びたい方はリーフユニティのホームページです。

 

 

 

 

 

12月も残り僅か。
「座っている」だけではあっという間に終わってしまいます。
こんなときも「立って何かをする」ことによって一歩を進まないといけませんね。
と、いう訳で考えた結果
来年のスケジュールを概ね決定しました。
昨年までとは違ったスケジュールで進みます。
このスケジュールで行くと、私の仕事が猛烈に増えますが
ここは攻めたいと思います。
「全軍、突撃じゃあ!!」
てなもんです。
若干大げさですが、これも大将としての決断です。
スタッフ及び関係者の皆さん、よろしくお願いします。

 

不況が叫ばれています。

 

 

サブプライムローン問題から端を発した米国金融危機が世界的に影響し、欧州や中国経済にも先行き不透明感が広がっている、と言ったところでしょうか。

 

 

米国経済が暗転し、米国の産業を象徴するとも言うべき自動車大手ビッグ3への公的資金投入問題がニュースに大きく取り上げられる一方で

 

国内自動車企業も大きく業績悪化の様子の中、工場派遣社員のカットなどもニュースでにぎわっている話題です。

 

その他、色んなところで不況が伝えられていますね。

 

また、地場では土木業者への風向きが冷たい様子。
今後数年間で相当数の業者が廃業に追い込まれるのでは、という声も。

 

 

そして住宅業界も建て替えマインドが冷え込む中、激しい受注競争が繰り広げられている模様。

 

 

 

こんなような厳しい環境下・・・なんて言葉が並びそうな時代にあるわけなんですが

 

 

 

 

我々には一切関係ありません。

 

 

実は不況でも何でもないのです。
おかげさまで、大変忙しいです。

 

 

なぜなら

 

 

 

我々は輸出企業ではありません。

 

我々は土建屋ではありません。

 

我々は新築外構専門ではありません。

 

我々は地域の業界内シェアの大半を占めているわけでも何でもありません。

 

 

 

 

 

 

 

唯一考えられるリスクは、過剰なマスコミ報道の影響による「消費マインドの落ち込み」なんですが

 

 

GDPの個人消費など、間違っても10%も減りません。今の日本の個人消費は底堅いものになっていますし、個人消費が激減する状況下になれば世の中もっと殺伐としてきます。今なんて平和なもんです。局部的な報道にはだまされやすいので注意が必要です。

 

 

要するに「経済」と「景気」は違うんです。
言い換えるならばGDPと日銀短観(もしくは景気動向指数)の数字の捉え方の違いです。

 

 

それに心配しなくても、この業界の消費マインドは元々高くありません。
一般ユーザーにとって馴染みが薄い業界なんです。おカネを使う優先順位は相当下位にあります。

 

 

そんな中で

 

 

お客様のニーズにしっかりお応えすれば、ちゃんとお声をかけてもらえます。

 

そして潜在的なニーズが大量に眠っている分野でもあります。

 

 

 

外部環境に影響されない経営ができる業種なんですね。
なんて、ありがたい業界なんでしょう。

 

 

経営者として時代の流れをしっかり見る必要はあります。
しかし中途半端に経済を語ると経営の大事な部分を見落とすことになりかねません。

 

 

 

昔とった杵柄でちょっと経済の話をまじえながら経営を語った植田でした。

 

 

 

 

 

 

さて、ギリギリの12月がスタートです!

 

 

先ほどの工程会議で概ねの予定を詰め終えました。
年内は完全に予定いっぱいです。

 

これ以降の工事は1月以降となります(1日程度の小工事を除きますが)のでご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

世の中では不況が叫ばれる中、本当にありがたいです。

 

 

輸出に絡む業界や景気の影響を受けやすい業界では厳しい12月を向かえられていることもあるのかも知れません。

 

 

そんな中で前向きな環境で仕事をさせていただけることが経営者として何よりありがたいことなんです。

 

 

 

何度も申し上げますが

 

 

感謝です。

 

 

 

 

 

 

本日打合せのお時間をいただいたお客様、ありがとうございました。

 

 

これで3連休も終わり。
11月も最終週に突入します。

 

 

12月は業界の超繁忙期。

 

当社は昨年以上に忙しくなる見込みです。

 

 

 

世の中は・・・どうなんでしょうね?

 

アメリカ金融危機が国内実体経済に影響が・・・なんて、マスコミがニュースにしたがりそうなお話です。

 

輸出企業がしんどいのは間違いないでしょうね。

 

 

でも我々の業界は輸出なんて関係ないお話。

 

 

色んな状況があるにせよ

 

絶対にアメリカ金融危機を不況の理由として口に出してはいけません。
外部環境を理由(言い訳)にする零細企業は・・・サヨウナラです。

 

 

 

 

不況でも何でも

 

 

やるか、やらないか

 

 

それだけですね。

 

 

 

外構・エクステリア 奈良 リーフユニティの植田でした。

 

 

 

 

 

 

本日、「歳末植木市」の初日。
一足早く「歳末」と銘打ちましたが、もうアッと言うまに年末です。

 

 

今日は早速に多くのご来店をいただき、ありがとうございました!

 

 

全品20%OFFにてセール中です。

 

さらにビックリ価格の目玉商品もご用意。

 

 

 

秋に集中的に仕入れをしているので、在庫も揃っている状況。

 

ただ植木は早いもの勝ち、いいものから売れていきますので
お早めのご来店をおススメしております。

 

 

このイベントも昨年に続いての開催。

 

そして年明けからは新たに様々なイベントやキャンペーンを目論んでいるところです。

 

 

 

今後もリーフユニティのイベントにご注目くださいませ。

 

 

 

 

 

 

来年のイベントについて

 

ひらめきの連続。

 

 

いいな~、今からワクワクしてきました。

 

 

 

過去のフェアとはまた一味違うところをお見せできそうです。

 

イベント企画は全て私が担います。
ひょっとすれば、これは私の特技かも。

 

 

思えば試行錯誤で初めてのフェアを催したのが3年半前。

 

そして4年前の今頃は不安や焦りと戦いながらイベント企画を考えていました。

 

 

 

リーフユニティの出発点はそこでした。
走り出して、本当によかった。

 

 

失敗も所々ありましたけど

 

 

振り返れば随分と走って来たかな・・・
でも、振り返っている場合でもありませんね。

 

 

未だ、道半ば。

 

 

 

今考えている着地点には絶対に到達します。

 

そのために走ります。

 

 

 

 

 

 

本日ご成約いただいたお客様

 

ありがとうございます。

 

 

 

必ずやご期待にお応えできるよう頑張ります。

 

 

 

そして11月も半分が過ぎようとしており
いよいよ年内工事もギリギリの段階となって参りました。

 

 

昨年の12月は比較的余力ありましたね。
後で振り返ってみたら12月にスッと数字が落ちていました。

 

 

今年はこのまま突っ走りたいと思います。

 

熱い12月になりそうです。

 

 

 

 

 

 

さて、今月発行のニュースレターの原稿が出来上がってきました。

 

いつものように私が原案と原稿を書いてスタッフのMさんが仕上げてくれます。

 

 

OB施主の皆様には11月20日ごろにはお届けできる予定です。

 

 

 

今回はいつも以上にお得情報満載の内容。

 

 

目玉企画が「温泉旅行プレゼント」!

 

当社施工のお庭や外構とご家族の写真をいただいた方から、とびきりの笑顔の写真をいただいた方にペア旅行カタログギフトをプレゼントする、という大奮発の大サービスです。

 

阪神の金本選手がホームランを打つたびに家族旅行をプレゼントする、なんて企画がありましたが・・・当社のものは遥かに高い高確率!

 

私がよく聞くラジオでも1万円があたる企画なんてのもありますが、大抵1,000倍近い倍率です。今回は予想ではそれよりも数十倍の高確率!

 

 

何せOB施主様限定ですので、母人数が全然違います。
どうぞ皆様、奮ってご参加くださいませ。

 

 

そして温めてきた新企画。

 

「1本だけ剪定巡回サービス」

 

毎年植木屋さんに剪定に来てもらうお庭ではないけれど、だんだん大きくなってきてそろそろ剪定が必要かな~、という方に朗報です。

 

シマトネリコやヤマボウシ、などの雑木は何年かに1回くらいの剪定でも充分です。
剪定も形をつくる訳ではなく簡単なものですのでお客様自身でも充分可能なのですが、脚立に昇って高いところに昇る必要があったりで出来れば専門業者に依頼したい方もいらっしゃいます。

 

ただ自然樹形の樹1本だけの剪定となると、作業は僅かながら移動時間等から経費が高くついて割高になってしまいます。

 

そこで!

 

消毒巡回サービスで得たノウハウ生かしながら
OB施主様のご希望をヒアリングし

 

サービスインの時がやってまいりました。

 

おまけに今回、カレンダーのプレゼント付き!
ここでもOB施主様への感謝の気持ちを込めて奮発してしまいました。

 

 

 

そして、もう一つ。

 

 

歳末植木市の開催のご案内もしています。
こちらはOB施主様限定ではありませんが、特売品の情報をお届けします。

 

 

全ては

 

「リーフユニティ・ライフ」の創造を目指しています。

 

 

3年前のこの誓い、また1歩前進。

 

 

 

シンボルツリーの植栽なら リーフユニティ 植田でした。

 

 

 

 

 

 

くう~、

 

 

この雨は痛かったです。
土曜日はお客様のご都合でお約束が多いんです。

 

 

ともあれ、来週から仕切りなおしです。
12月じゃなかっただけヨシとしましょう。

 

 

12月は既に半端なく工事の予定が入っています。
昨年はちょっと肩透かしを食ったような12月でしたが、今年はすごいことになっていますね。

 

皆様のおかげです。
誠にありがたいことです。

 

そういう状況ですので

 

年内に工事をお考えの方は早めのご相談をお願いできれば、と思います。

 

 

とは言うものの、12月だって雨も降るかもしれんし・・・

 

これも想定しておかねばなりません。

 

 

とりあえず、職人さん一人採用決定。
12月に向けて陣容を整えていきます。

 

 

穏やかそうな人柄が印象的でした。
我々の仕事はお客様が住まれているところへお邪魔するケースが大半ですので、与える印象は大きなポイントです。職人気質、なんて言ってると行く現場がなくなります。

 

 

新たに加わっていただくことになったKさんに期待しています。

 

 

 

 

 

 

家を建てられた後、皆様共通のお悩みが「雑草」ですよね。

 

 

普通は新築時の外構工事で庭、そして雑草対策までなされるケースは殆どなく
土のままでスタートする場合が多いです。

 

 

で、数年後にお困りの際に

 

「どこに頼んだらいいのか?」という問題に当たり、インターネットや古くはタウンページなどで業者探しと相成るわけです。

 

 

方法としては、とにかく土の部分を減らすこと。

 

安い方法では砂利や砕石

 

見栄え良く化粧砂利やレンガチップなども人気。

 

その下に防草シートを敷いておけば万全に近いです。

 

石やレンガなどによる舗装をすれば豪華な庭に変身、となります。

 

 

 

我々の仕事としては難しくもなく
小規模なご相談と言えるわけなんですけど

 

 

 

こういった身近で現実的なご相談にキッチリお応えするのが大事な事だと感じます。

 

 

 

高額なエクステリア商品や他にないデザインは確かに目を引くことができますが
野球で言えばホームラン。そうそう打てるわけではありません。

 

ホームランよりヒットを望まれるお客様も多くいらっしゃるということ。
地域密着の店として、常にそれを意識していきたいと思います。

 

 

それでも時折ホームランの機会をいただけるのは感謝の一言です。
これもお客様あってのこと。

 

 

 

理想のバッターは・・・

 

 

 

やっぱバースかな(笑)。

 

 

 

奈良でシンボルツリーを探すならリーフユニティ  植田でした。

 

 

 

 

 

 

10月も今日で終わりです。

 

 

9月決算の当社としては「期初」月。
大きな目標を掲げてスタートした1年の大事なひと月め。

 

 

ご成約については猛烈なスタートダッシュに成功というところ。
ただし昨年も今年以上のスタートだったのですが、その後は普通に戻っていきました。

 

 

この勢いが続けば・・・目標に達する。

 

もちろん、そのつもりで頑張ります。

 

 

結果、工事部門はフル回転が続きました。
来月の支払いも、夜逃げしたくなるような金額(笑)。

 

 

そして

 

 

ホームページの方は何度も書いていますように、アクセス数が過去最高を大幅に更新しています。

 

こちらも快調なスタートとなりました。

 

 

その結果でもあるリアルの営業活動も、プランナー全員がフル回転の状態です。

 

本日もホームページを見てのご来店あり
OBのお客様からのご紹介のお電話あり

 

 

次々と新しい出会いを頂戴しています。

 

 

 

反省点も多々あった10月ではありますが

 

 

まずは良いスタート、かな。

 

 

 

 

 

 

お陰さまで様々なご依頼を頂戴しております。

 

 

皆様私どもにご期待いただいてお声をかけてくださっていることを肝に銘じ
全力でお応えします。

 

 

そしてトップとしてすべきことも考えることも山積み。

 

 

どちらもプレイングマネージャーである私の責務。

 

 

 

今日はとことんまで頑張ります。

 

 

 

っしゃああああっ!

 

 

 

 

 

 

日々お客様とご縁をいただくことに感謝しております。

 

もはや自分担当のお客様の数を数えるのは・・・やめておきたい気分ですね(笑)。

 

 

 

今までにないボリュームとなっていますが、これくらいが普通の状態にしないといけません。

 

 

 

しかし、このボリュームをこなしながら業務改善を考えるとなると
今までに無い踏ん張りを見せるしかないようですね。

 

 

まあ、こういうときこそ業務改善のチャンスなのかも。

 

 

 

会社勤め時代に事務処理仕事を担当していた際
業務がこなしきれずに口惜しい思いの中で必死に改善を考えました。

 

たった数秒の事務効率化を積み重ねました。

 

 

 

この時の経験は私を成長させてくれました。
だからまだまだ今の状況も打破していけると思っています。

 

 

よし、頑張ります。
 

 

 

 

 

 

実は今日から・・・

 

 

こんなところにリーフユニティが登場しています。

 

 

 

 

もちろん有料ですから費用対効果あって初めてのことですが

 

一番に載ったことに大きな意味があると私は考えています。

 

 

 

 

先日こんなことを書いていたのが

 

実はこのことだったんですね。

 

 

 

何と言っても地元ですから。

 

 

万葉のふるさと・桜井市。

 

 

 

この後追随される方もいらっしゃるでしょうが

 

しばらくはリーフユニティの独壇場とさせていただきますよ!

 

 

 

奈良県桜井市のガーデン&エクステリア専門店 リーフユニティ 植田でした。

 

 

 

 

 

 

決算期となりました。

 

 

 

手元管理速報ベースでは昨年を上回って着地完了。

 

 

振り返れば

 

 

大きな手ごたえを感じた1年でしたね。

 

 

 

1年を通じて少し数字が落ちたのが12月から年明けくらいだけ。
以降、春先から夏場を経て9月まで高い波で来れました。

 

 

 

受注額とともにお客様の数も過去最高を更新。
OBのお客様の名簿がどんどん増えています。

 

 

OBのお客様へお届けするニュースレターは今年の1月より隔月発行に移行(昨年は季刊)。概ね皆様にも好評のようです。プレゼント企画も始めました。こちらも継続していきます。

 

 

秋のイベントは「地中海の風吹く庭~南欧風ガーデン&エクステリアの提案~」と題して開催。思い切ったターゲティングでしたが、良いご縁がたくさんありました。

 

 

ただ、秋のイベントは春よりも少し反応率が落ちる傾向が3年間通して表れました。
3年間ひと区切りとし、チラシの折込は今後秋より春に注力することに切り替えることになりました。

 

 

12月に植木市を実施。
OBのお客様へのご案内とHPでの告知のみでしたが一定の成果を得て手ごたえを掴むことができました。

 

 

 

1月よりカフェぽたりぃの改装工事をスタート。
3月には念願の「ガーデンラウンジ・ココマ」が店内に登場しました。

 

 

 

 

今期は「小冊子」づくりが軌道に乗りました。
まずは会社案内である「リーフユニティ・ストーリーブック」が10月に完成。
続いて「洋風住宅に合うシンボルツリー講座」を書き下ろして1月に発行。
そしてつい最近は「ココマのススメ」を作ることができました。

 

 

いずれも手づくり小冊子です。

 

パソコン、ワードによる製作。
そして製本はコピー機によるコピーのホッチキス止めです。
いずれも少数の製作ですから印刷するとコストが高く、コピーの方が安上がりなんですね。

 

 

4月に開催した春のイベントは「リビングガーデンフェア’08」と題しました。
なんと言っても展示場に登場したココマが目玉。そしてウッドデッキの方も盛り上がりましたね。フェアの在り方については結論づけることのできた内容でした。

 

 

ホームページの方は2月、そして8月と2回のプチリニューアルを重ねました。
2月のリニューアルで資料請求のシステムを構築し、お客様との敷居を下げることができました。8月のリニューアルでは施工事例ページを充実させ、SEO対策も講じました。

 

 

 

ホームページを通じたご縁も多数いただきました。そして通常のご相談以外にも「記念植樹をお願いしたい」という依頼や、遠方の大手ハウスメーカーさんからお客様をご紹介いただくという思いがけない依頼もありました。

 

 

マネジメント面で一番ありがたかったのが
年間通じてスタッフの出入りがゼロだったこと。
正直、私のマネジメント歴では初めてのことです。

 

 

色んな出入りがありましたけど、今のスタッフは全員が将来を共有できていくと思います。本当にいいチームになりました。

 

 

 

そしてもちろん良いことばかりだけではなく
渋いことも様々。

 

お客様にご迷惑をおかけしたこともありました。
この場をお借りして改めてお詫び申し上げます。

 

 

 

 

そして今更なんですが
ハッキリと目標を語ることができました。
3年以上前から考えていながら、ようやくでした。

 

 

そして

 

 

いよいよ

 

 

 

その目標に向けて走る一年がスタートします。
熱い一年にしたいです。

 

 

 

 

 

今日は静かに

 

期末を迎えます。

 

 

 

 

 

 

奈良の外構・造園の専門店リーフユニティ 植田です。

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

 

100人目

 

 

今期も目標も達成することができました!

 

 

 

目標があればこそ
色んなところで色んな方々に語って参りました。

 

 

だから、どうなのか?

 

100という数字にどの程度の意味があるのか?

 

 

それは解りませんし、
もちろん私はそれだけを目標に掲げているわけではありません。

 

 

来期は来期で

 

「展示場に100の魂を込める」

 

の目標を掲げていますが

 

 

来期も、いや明日からも私は地域の人にリーフユニティを語り続けます。

 

 

 

いくらネットでSEO効かせても

 

何万部チラシを打ち続けても

 

いくら業界内で目立っても

 

いくらお客様が増えて営業がテンテコマイの状態であったとしても

 

 

 

 

 

地域の知名度なんてハッキリ言って全然です。
それを絶対に忘れてはいけない。

 

 

 

さて、今日は嬉しいこと満載だった一日。
頑張った甲斐って、あるものです。

 

 

でもって明日から消毒巡回サービス。

 

 

 

天気は・・・あきません。

 

行けても朝だけかな。

 

 

 

 

 

 

先日行ったホームページのリニューアルなんですが
SEO対策にちょいと成果が出たような・・・

 

 

ま、よう分からん世界であり

 

見えないところで静かに、そして熱く戦いが繰り広げられている世界でもあります。

 

 

 

リニューアル効果もあって今月のページビューは月間過去最高となるペースで推移してきました。

 

 

しかし

 

 

このところ低調になってきて記録達成が微妙になってきとります。
なんでなんかなあ???

 

 

 

ま、ホームページは当然大事なんですけど

 

地域のお客様とOBのお客様、という部分については手ごたえも感じられるこのところ。

 

お客様からのご紹介でお越しいただけたり
OBのお客様からご相談があったり

 

ありがたいお話がどんどん増えてきました。

 

 

カンタンに

 

「既存顧客対策」とか言われますけど

 

結果として、経営として語れるレベルに至るには

 

「分母」がいると思います。

 

 

要は数です。

 

数に一定の確率をかけたものが結果として表れるわけですから
母数の数がないと確率をかけても「1」に至らない、つまり成果に表れないことになります。

 

 

だから皆、手をつけられないんですね。

 

分母がないのに確率をあげたところで成果が上がらない、上がっても微々たる数字でしかない。

 

即効性のない販促にはなかなか手を付けることができないものです。

 

 

経営にはステージが存在します。
ステージに合った経営戦略と戦術が必要です。

 

 

リーフユニティもOBのお客様からご紹介をいただけて
それが経営上の一角を占めるステージに一歩一歩近づけているようです。

 

 

 

 

奈良の庭づくり専門店リーフイニティ 植田でした。

 

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

の今期目標が、あと一人という状況になっています。

 

 

今日もある方に語っていたのですが
既に何度か会っており、カウント済みだと思われますので目標達成ならずです。

 

 

ま、あと一週間あるんで達成はできるとして
ここらで来期の目標を発表いたします。

 

 

 

先日のブログでチラっと書いていたのですが・・・

 

 

「展示場に100の魂を込める」

 

 

ということに決定いたしました。

 

 

リーフユニティの一番の強みでもあるのが
広さ自慢の展示場です。

 

それも地域に浸透した園芸店とカフェも併設しています。

 

 

 

しかし、4年前はただ広いばかりの植木畑。

 

 

広い展示場も強みに生かさねば逆に弱みになってしまいます。

 

 

 

そう思って展示場を改装しはじめたのが3年半前のこと。

 

そこから毎年少しづつ手を入れて
少しは自信のある内容になってまいりました。

 

 

ただしかし

 

 

「魂」が入っていないところも多々残っている。
スタッフ全員で共有しきれていない部分もある。

 

 

展示場、と言っても屋外の展示スペースだけでなく
屋内の打ち合わせスペースなどもカイゼンが進んでいない。

 

 

「いつかは・・・」と思いながら手をつけられていなかったことが多くある。

 

会社として大きな目標を掲げる中、来店誘致を一層図っていく以上
展示場のレベルを引き上げていくことがお客様の期待に応えることでもある。

 

 

 

そして模範としてイメージしているお店がある。

 

 

 

 

それらの渦巻いていた想いを
一気に形にしていく年にしていきたいと思います。

 

そのために目標を設定します。

 

 

もちろんコストがかかる項目も多々ありますし、コストをかけずに出来ることも沢山あります。

 

 

コストについては今まで出来なかったことが出来るステージに来たと考えています。
そしてコストのかからない内容も方法をしっかりと実行していきます。

 

 

 

ちょっとしたことも含まれてくると思いますが

 

ブログで経過報告していきますね。

 

 

 

 

 

 

工事部門がフル回転で煙を上げそうになっています。

 

 

むうう・・・確かに9月は忙しいことが多いんですが

 

 

こんな事を言ってるようじゃダメですね。

 

今だけじゃなく今後も起こりうる状況です。

 

 

さらに高いところに置いている目標を達成するためには
施工体制の充実は絶対に必要なこと。

 

 

 

 

2年前にも壁がありました。

 

その時の壁を越えて今の施工体制があります。

 

 

 

今回の壁も必ず越える。

 

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る 

 

 

97人目。

 

 

 

中身のあるお話が出来ました。

 

 

 

そして、それを受けて新たな販促戦略を打ち出します。

 

先んずれば即ち人を制す。

 

言葉どおりです。

 

 

 

 

 

 

9月も第一週を終えようとしています。

 

リニューアルしたホームページ
店頭来店
その他

 

 

9月に入って色んな意味で動きが大きくなりましたね。
やはり8月は「夏休み」のイメージが強いのでしょうか。

 

 

合わせるかのように私のアタマの方も動きがよくなってきたような気がします。

 

 

ちょっとプレイヤーとしての業務に気持ちが傾いていた夏までと変わり
マネジメントに軸足が戻りました。

 

特にマーケティング。

 

秋のイベントのテーマを思いついた。
うん、来年の春の販促案も思い付いてしまった。
またまた小冊子のネタが決まってしまった。

 

 

あ~、考えれば考えるほど思い付きそう。

 

 

楽しいからマーケティングに専念したいくらいです。

 

 

来期の大きな目標達成に向けて
流れをつくりますよ!

 

 

奈良の庭づくり専門店リーフユニティ 植田でした。

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

92人目。
 

 

 

 

 

 

9月1日。

 

 

9月末は当社の期末。

 

 

期末というと決算に向けての数字づくり的なものが付いて回るものです。

 

 

住宅の完工も期末に集中しますね。

 

当社の仕入れのメーカーさんも時折お願いに回られたり。

 

銀行さんなんかも最後はお願いセールスだったりします。

 

 

しかし

 

 

当社ではそれほど決算日の意識がありませんでした。

 

決算と言っても売上げを押し込むこともありませんし、数字自体の把握もあいまい。

 

昨年の決算日もこの程度のことを書いただけです。

 

 

思えば、この辺りが会社として不足していたのでは?と今は感じています。
それでは目標も達成もありませんよね。

 

 

 

来期は大きな目標を掲げています。

 

その区切りとなる日です。

 

そしてそれをスタッフ全員で感じなければなりません。

 

 

 

「決算」も新たなステージに上ります。

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

91人目。
 

 

 

 

 

 

朝から土砂降りの雨。
ほぼ全現場が休止です。

 

 

東海や関東などでは集中豪雨になっている模様。
このところ雨が続いています。

 

夕立一つ降らなかったお盆までと随分違いますね。

 

まあ、こうやって季節が代わっていきます。

 

 

 

もう、秋。

 

 

 

時間が過ぎるのが速いのは当たり前。
そのスピードに勝たねばなりません。

 

 

秋をしっかりと見通していきます。

 

今年の秋は大々的なフェアをやりません。
代わって小規模のイベントを秋から冬にかけて続けていくつもりです。

 

まだ練りきれていないところも多いですけど
ここが私の腕のみせどころ。

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

88,89,90人目
 

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

87人目。

 

昨晩、じっくりと語らせていただきました。

 

また、それ以外のことも色んな話をさせていただき楽しい時間でした。

 

 

 

さて、この目標。
ラストスパートの時期となって参りました。

 

 

9月までの目標となっていますので
あと一ヶ月強、語らせていただくことも多いと思います。

 

私に捕まってしまった方、どうぞ気を悪くせずお付き合いくださいませね。
 

 

 

 

 

 

奈良の庭づくり専門店 リーフユニティ 植田です。

 

 

 

生コン業者さんから営業の℡がありました。
こまめな電話営業、見習うべき点でもあると感じつつも

 

 

話しぶりからは色んな意味で建設業全体が不況のようですね。

 

 

大型の倒産も続いているようです。

 

 

 

何か今年は去年までと業界の空気が違うように感じますね。

 

 

お蔭様で当社は多くのお客様に恵まれています。
今年は昨年以上の数字を確保しつつあります。

 

 

しかし近接する業界の経営者の方たちの苦悩を思うと
どこまで行っても安心できることはありません。

 

経営者なんて一生がそんなものなのでしょうね。

 

 

悲観と楽観のド真ん中を狙って

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

 

お客様感謝祭’08

 

 

開催します!

 

 

9月21日(日)です。
OBのお客様、どうぞリーフユニティにお立ち寄りくださいませ。

 

 

昨年の内容を若干マイナーチェンジして行うのですが
スタッフが口々に「いいなあ、お客様おトクですね~」と言います。

 

 

抽選会
もれなく2つ選べるプレゼント
レンガのつかみどり

 

 

この3つが主な内容。

 

 

そりゃ、無料で色々もらえるんだから確かにお得なのかも知れませんが

 

私とすれば

 

OBのお客様にわざわざ足を運んでいただける価値に較べれば
「こんなんでいいの?」という思いです。

 

 

今年の来場は60組以上を想定していますので
お一人様にかけられる費用も大きなものではありません。

 

それでいて、この日に多くのOBのお客様とお会いできるのが本当にありがたいのです。去年の感謝祭の日は一日中あちこちで笑顔が溢れる一日でした。

 

 

 

 

 

OBのお客様との繋がりが本当にビジネス的に実を結ぶのは未だ先でしょう。

 

でも私は信じています。

 

そしてお客様に「リーフユニティ・ライフ」をお約束しています。

 

 

規模や形態は変わるときも来るかも知れませんが
「お客様感謝祭」はいつまでも続けていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

86人目。

 

素晴らしい出会いが自乗作用になった感じです。
ホント感謝です。

 

 

 

 

 

 

今夜くらいから雨模様とのこと。

 

 

何せお盆休みの間は私が朝夕店内の水遣りをしているのですが
カラカラに乾いています。

 

まとまった一雨が欲しいです。

 

ただしかし全般的な予報としては当たるのでしょうが
当店で降るかどうかは未だ分かりませんね。

 

と、いうことは今日の夕方の水遣りは要るってこと。
降るだろう、と思って降らなかったらダメですから。

 

資金繰りを考える際も当たり前のことですが

 

「入ってくるだろう」という見込みのおカネは資金繰りで見込んではいけない。資金繰りで甘い見込みは厳禁です。確実なものしか見込みません。

 

そう言えば、昔勤めていた金融機関で外貨の資金繰りの事務をしていました。
考え方は全く同じです。緻密さは金融機関は遥かに上ですが・・・。

 

我々のような小さな会社で緻密な資金繰りをするのは時間を費やしすぎることになるので、後は「カン」です。支払いは現場の動きで体感しながら想定し、確実な入金を見込みます。ショート気味の際は融通するだけのことです。

 

 

資金繰りのことはともかく

 

 

なんにせよ

 

 

雨よ、降ってくれ~!

 

 

 

 

 

 

色んなことありますけど
お陰様で忙しい日々を送らせていただいております。

 

 

今年はあまり流行っていなかった

 

「お盆までに」

 

という台詞もチラホラ聞こえてきましたし・・・。

 

 

 

お盆明けの予定もどんどん入ってきています。
皆様、ありがとうございます。

 

 

 

9月決算までの見通しから言えば
8、9月にやや息切れした昨年を上回る手ごたえが十分にあります。

 

 

前進と後退、自信と反省、それぞれ入り混じってはいますけど
ここで昨年を上回るのが重要なステップです。

 

 

 

 

そして来期。

 

 

 

ブチ上げますよ!

 

 

 

 

 

 

199cca1c-s

 

リーフユニティはタマホーム法隆寺支店の外構工事をさせていただきました。

 

 

リーフユニティはタマホームさんの指定登録業者です。
当社のOBのお客様の中にもタマホームのお客様も多数いらっしゃいます。

 

 

で、今日は打ち合わせで支店にお邪魔したのですが

 

 

掲示してあった社長さんの言葉がすごい。
思わず手帳に控え取りました。

 

 

大切なのは「やる」と決め、すぐに実行に移すこと。実現の方法を考えて計画の穴を埋めていったらどんなことでも成功するに決まっている。すべてに準備を怠らなければ失敗に対する不安はなくなる。

 

 

 

 

響きますね、この言葉。

 

重みがあります。

 

 

 

やる、と決めよう。

 

実行に移そう。

 

実現の方法を考えよう。
 

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

75,76,77人目。

 

 

亡き父の御縁です。

 

 

父とは幼少の頃からのお付き合いとのことですが
今日は仕事のことも相談に乗っていただきました。

 

 

そして工場の見学もさせていただきました。

 

凄いです。
そんなことも出来るのか~と驚きの連続。

 

 

その技術をお借りしてリーフユニティの独自のご提案ができれば

 

 

面白いですね。

 

 

いい機会になりました。

 

 

皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

昨日の続きで植木部門のお話です。

 

 

当社の展示場は大半が植木の在庫になっています。

 

近年、エクステリア展示等も注力してきましたが
まだまだ植木が圧倒的に多いです。

 

 

そして店の前面には園芸店の「花木らんど」があります。

 

ですので、地域のお客様からは「お花と植木の店」と捉えられていることも多いです。

 

 

 

ところが、リーフユニティの植木部門の売上げというのは・・・

 

 

 

全体の5%以下

 

 

 

なんですね。

 

 

 

その理由は明白です。
樹って安いんですよ。

 

昔ながらのマツやマキは何十万円もしていましたが

 

最近の樹は自然樹形のもので10万円もあれば大きく立派なものが手に入ります。

 

 

 

それに対して・・・

 

店として構えるには広いスペースが要ります。
管理も必要です。
在庫リスクがあります。
枯れるリスクがあります。

 

 

つまり、コスト高なんです。

 

 

単価が低くてコストが高い。

 

 

だから、あまり誰もやらない。

 

カーポート1台売れれば15万円程ですからね。
そっちの方が遥かにラクなんです。

 

我々の業界では、植木に限らず在庫など持たないのが基本です。

 

 

レンガ、化粧ブロック、エクステリア金物

 

一切在庫はありません。

 

当社では必ず回転する石材の一部が在庫としてあるくらいです。

 

 

しかし植木だけは
しっかりと在庫を持つという方針です。

 

 

理由はもちろんお客様のニーズに応えるため。

 

 

そして、これをビジネスとして採算を合わせるために
満たさねばならない条件があります。

 

同業者さんも読まれるかも知れませんが
簡単にできることではないのでサラッと書いてしまいましょう。

 

 

すなわち

 

 

仕入れ

 

 

回転量

 

 

店頭小売

 

 

ですね。

 

 

そしてこれは、私が意図して作った形態ではなく先代が築いたものです。
本当に、上手くできています。

 

流石やな、親父。

 

 

ただし、もう少し前進が必要です。

 

 

そして私はその強みを発信していく。
これは、先代がなしえなかったこと。

 

 

これも来期の大きなテーマですね。

 

 

 

 

 

 

本日も暑い中の打ち合わせ&ご来店ありがとうございます。
いずれもホームページからのご縁です。

 

ただし、ある方は遠方から奈良へのご引越しだったのですが
TOEXのショールーム(大阪ではなく遠方)でもらったコンクールの冊子で見つけていただいた、とのことでした。

 

思わぬ効果、ですねえ~。
ありがとうございました。

 

 

今年も入賞めざしてエントリー完了です。

 

全国の業者さんが気合を入れまくっているコンクールだけに
昨年のように入賞できるかどうか分かりませんが

 

 

様々な作品が揃っています。
数の上でも昨年よりも多くの応募ができました。

 

 

 

こういったコンクールやコンテストで入賞を狙うというのも
お客様へのPRを狙う方法として各業者さんが考えられています。

 

 

 

しかし

 

 

ハッキリ申し上げて
誰でも狙えるわけではありません。

 

 

エンドユーザーショップとしてお客様とご縁がある事が必要です。
下請けの現場を応募するのはダメです(と私は思っている)。

 

 

エンドユーザーショップで毎年多くの作品を応募し続けるとなると
そう簡単なことではありません。

 

 

入賞となると競争ですから
毎年入賞を狙うとなると、毎年応募の段階で候補の数がないとダメです。

 

 

デザインや施工のレベルだけでは毎年入賞することは難しいんですね。
何せお客様あって初めての話です。

 

 

そこに至るまでが一つの段階です。

 

 

 

経営にはステージがあります。
ステージにあった施策であればこそ有効に働きます。

 

ステージに昇らなければ機能しない、もしくは実行すら出来ない。

 

 

私がこの数年の中で痛感しながら学んだことです。
ある本に書いてあったことでもありますが、読んだときは本当に意味が分かっていませんでした。

 

私は少しづつ、ステージを昇ってきました。

 

 

コンクールも
ホームページも
展示場も
ニュースレターも

 

 

それぞれ色んな時期に様々なステージがありました。
一つのステージを昇るのに一年以上を要したこともあります。
おカネを投じれば昇れるステージもありますが、それこそ少しづつでした。

 

 

ここまで来れたことには
多くのお客様と関係者、スタッフに感謝するとともに

 

 

次なるステージを昇るべく頑張ります。

 

 

 

 

 

 

暑さのピークが続きますが、そうなるとお盆休み突入も目前です。
当社の休みは8月13日~17日と設定しています。

 

 

お盆休みは結構好きです。

 

 

と言っても私の場合休むわけではありません。
フル回転ではないにせよ、出社します。

 

 

 

普段は交代で休むシステムなので会社自体が休む日がないのですが
正月とこの時期は休みとなります。

 

 

ですから、事務所内に私一人。

 

 

この非日常な雰囲気が結構好きなんですね。

 

 

お盆と言っても役所や銀行は開いてますから
そちらの方を有効に生かすこともできます。

 

 

そして今年はこの時期にやるべき仕事が控えています。
昨日、今日でネタ仕込みとモチベーションの充填が完了しました。

 

 

 

今年のお盆も頑張ります。

 

 

 

 

 

 

三連休の最終日。

 

本日も暑い中の打ち合わせ&ご来店ありがとうございます。

 

 

 

当店は園芸店を併設しているため
店全体としては季節変動が大きいのです。

 

 

どうしても全体の動きを見ながら
工事のご相談が少ないときは

 

 

「今は暑いからなあ」

 

「今日は雨やし」

 

「行楽日和すぎるかな」

 

 

と都合のよい解釈をしがちだったんですけど

 

 

決してそうではないんですね。

 

 

 

 

目的を持ったお客様にとっては
季節も天候も関係ありません。

 

 

目的を持ったお客様に
選んでいただけるお店なのかどうか、ですね。

 

 

 

昨年よりステップアップした今年、よく理解できました。
自分に都合のよい言い訳を並べる前に努力を続けて成果につなげねばならんのですね。

 

 

手応えは感じています。
そして目標は更に高く掲げています。

 

 

できる方法を考えて行動します。

 

 

 

 

 

 

暑い中打ち合わせいただいたお客様、ありがとうございました。

 

 

着手前となると現場での打ち合わせが必要となります。
お昼の打ち合わせとなり、まあ暑いこと暑いこと。

 

 

思わずご主人も

 

「この時期、現場での打ち合わせはいかんなー」

 

と、お疲れのご様子でした。

 

 

 

この暑さの中、現場の職人さんたちも大変な季節です。
しかし、暑い時期に仕事をさせていただけること自体はとてもありがたいこと。

 

あるところでは「夏枯れ」という言葉も聞きました。
業界では、夏というのは結構暇なシーズンのようです。

 

 

期初から絶好調で推移した前期も8、9月に少し減速しましたね。

 

 

さて今期は・・・

 

 

まずは視界良好です。

 

トータルでも前期を上回るところが見えてきました。
決算期で言うとここからがラストスパート、という時期になるんでしょうか。

 

全速力で走ります。

 

 

 

 

 

 

昔、阪神タイガースが弱かった頃。

 

 

 

私が思っていたこと

 

 

「選手も自分のためやねんから、もっと練習したらええのに」

 

「スカウトも選手獲得に工夫はないんかいな」

 

「ファンがこれだけ辛い思いしとるのを分かってるんかいな」

 

「強くなりたいと思わんのかな」

 

 

などと青臭い若造らしく考えていました。

 

 

今の立場になってようやく分かります。

 

 

皆、思いは持っているんです。
強くなりたい、上手くなりたい、と。

 

ただ、行動に変えて結果を出すことが難しいんです。
目先、先送りしてしまうんです。

 

 

いかなプロ野球の選手でも同じだったんですね。
ある意味、それが普通の人間。

 

 

圧倒的に上から強制されないとき
自らを律して行動していくっていうのは、大人で出来る方が少ないってこと。

 

 

 

ビジネスの世界は顕著です。
誰しも、会社を良くしたいと思います。

 

しかし、実際の行動は目先のことだけになりがち。

 

 

ファン(=部外者)の立場から言えば

 

「会社の業績がかかってるんやから、もっと頑張れよ」

 

「考えれば新しいアイデアも出てくるやろ」

 

「もっとカイゼンせえよ」

 

と思われるのでしょう。

 

 

 

普通の人間じゃなく、実行して結果を出す一握りの人間にならねばならんのです。

 

 

 

もっともっと頑張らないと。

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

74人目。

 

 

 

 

 

 

平日にも係わらず
日々お客様との新たな出会いの機会を頂戴しています。

 

 

お陰様でプレイヤーとしての私の業務が依然として多くを占める状況が続いています。

 

 

正直申し上げて

 

 

昨年とは違う。
一段上のステージに昇っている。

 

 

昨年はご紹介のお客様中心に担当していたのですが
今年は来店・ホームページ経由のお客様も多く担当させていただいています。

 

お引き合いの増加に対して
他のプランナーをフォローして私が対応するケースが増えているのです。

 

 

ホームページも
チラシも
OBのお客様も

 

 

ここまでの取組みに改めて強い手ごたえを感じさせていただいています。

 

 

 

しかし

 

 

来期掲げている目標は

 

今年達成するであろう数字の

 

 

 

さらに倍。

 

 

 

本気で考えています。

 

 

だから

 

 

ホームページも
チラシも
OBのお客様も

 

 

さらに倍にします。

 

 

そして

 

本当に倍になったときの対応も考えておくのが
私の仕事です。

 

 

燃えてきますね!

 

 

 

 

 

 

この6月は大型物件の詰めが多くあったこともあり

 

今月の支払額が多いっす。
これから最終チェックします。

 

 

支払が多いのは

 

現場が多いということで

 

喜ばしいことなんですけど

 

払う本人としては複雑なところでして。

 

 

 

うん。
前向きに捉えよう。

 

 

 

 

 

ともあれ、夏場も多くの現場がスタンバイです。

 

とてもありがたいことです。

 

 

 

隣接する業界である土木業界はかなり厳しそうな状況です。
建設業で暇なのは辛い。

 

 

努力を積み重ねないと未来がありません。

 

 

お客様から信頼いただけるよう
リーフユニティは前進します。

 

 

 

 

 

 

こう暑くなると
現場で働く職人さんには本当に頭が下がります。

 

 

私も僅かながら作業をしていたのですが
もう、とんでもない汗をかきます。

 

 

汗と言えば

 

デッカチャンという芸人のネタがあります。

 

 

しかも~

 

僕みたいに太っている人は

 

昔からハンカチ王子だよね!(パフ)

 

 

 

失礼いたしました。

 

 

 

冗談はさておき

 

熱中症に注意です。
本日、会議の場でも皆で確認しました。

 

 

ここからお盆まで、1ヶ月ちょっとが集中注意月間です。

 

監督は十分に注意してくださいね。

 

一人で作業する現場は特に気を配ってやってください。
頑張りすぎる職人さんにも注意ですよ。

 

 

私も目を光らせて現場巡回していきます。

 

 

 

 

 

 

ありがたいご縁を沢山ちょうだいしております。

 

 

中でも、本日ご依頼いただいたお客様は
当社で毎年植木のお世話をさせていただいているお客様のご紹介で
過去に先代の父もお世話になったとのことです。

 

 

「全面的にお任せしますので」

 

 

とのお言葉。

 

 

そのお言葉の奥にあるのが「信用」。

 

色んな意味で私に対する信用、信頼をいただいていることを感じさせていただきました。

 

先日初めてお会いしただけなのに、これほど信頼いただき大変有難いです。

 

 

地域密着で商売をさせていただくにあたり
「信用」というキーワードは本当に重要ですね。

 

 

昨日インターネットの力について書きましたが
一方で先代より築き上げてきた「信用」の力にも所々で助けられています。

 

 

 

これを守り
そして新たに築き上げていくためにも

 

 

頑張らんとあきませんね。

 

 

難しくも悩ましい地域密着戦略に、これから大きなキーワードを添えていきます。

 

 

地域密着戦略のキーワード=「信用」

 

 

 

 

 

 

剪定シーズンが動き出しつつあります。

 

 

ツツジ類に代表されるものは花後の刈り込みがベストですので
5~6月ごろが刈り込みの季節となります。

 

 

 

そして7月ごろからが本格的に剪定の季節です。

 

 

 

思えば

 

毎年お邪魔させていただけるお客様が多くあることは
様々な意味で大変ありがたいことです。

 

 

しかし

 

最近植えさせていただく樹は
毎年剪定しなくてもよい樹が主流になってきています。

 

2~3年に一回、はたまた5年に一回くらいでも別に構わないというケースもあります。

 

 

しかも作業は半日どころか1時間もかからない、というようなケースだったり。

 

 

 

このような場合
しかも一回も剪定を頼んだことがないというお客様とすれば
結構依頼しにくいのではないでしょうか?

 

 

1本だけでいいんだけどいくら位かかるの?
そもそも外構をしてくれたところは剪定もしてくれるのか?

 

 

当社のOBのお客様でもそんな疑問をお持ちかも知れません。

 

そんなお客様のご要望にお応えする方法を
考えています。

 

 

まずはOBのお客様向けのサービスラインナップとして始動していきたいです。

 

「(仮称)1本だけ剪定巡回サービス」

 

どうでしょうね?

 

 

 

 

 

 

本日、工程会議の前に勉強会を行いました。

 

ご協力いただいた三協立山アルミの皆様方、ありがとうございました。

 

 

 

メーカーの担当者さんにご訪問いただくことも多いのですが
アポなしだと、どうしても外出していてお会いできないケースが多いです。

 

まして私以上にスタッフはお会いする機会が限られてしまっています。

 

 

 

 

 

ですので、時折勉強会を開催しています。
勉強会、と言っても難しい内容ではなく商品PR的な場合もあります。

 

 

 

今日はどちらかと言うと法令に関する内容もあり、「勉強会」といった雰囲気でしたね。大変参考になりました。

 

 

次週も他のメーカーさんにお願いしています。

 

 

色んな意味で情報収集、レベルアップをしていきたいと思います。
「私一人じゃなく」ね。

 

 

 

当ブログをお読みいただいたメーカー担当者各位

 

立候補お待ちしてますよ~!

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

71人目。

 

 

 

 

 

 

梅雨らしい天気の日曜日でした。
そんな雨の中のご来店も多数いただき、大変ありがたく思います。

 

 

日曜に雨・・・というのは集客的には嫌な感じなのですが
工事的には「日曜でよかった~」ってとこですね。

 

 

今年の梅雨は工程への影響が小さくて助かっています。

 

前半は雨が少なく、ここにきて雨が増えたものの

 

夜の間に雨が通過したり
日曜日に雨が降ったり

 

 

うまいこと工事を進めさせていただいています。

 

 

明日、明後日も雨は小康状態の模様。

 

 

おかげで懸念していた大型物件も完工が近づいてきました。
7月にスタンバイしている着工物件もスムーズに取り掛かれそうです。

 

 

梅雨明けまであと一月弱くらいなんでしょうか・・・

 

 

この調子で

 

雨は夜と日曜にお願いします!

 

 

 

 

 

 

ふう~っ。

 

 

消毒巡回、19件でした。

 

 

目標件数に至らなかったことについては
数点の反省点もありました。

 

 

それらを糧にして次回は効率UPを図ります。

 

 

続いての巡回は月曜日。

 

 

 

何事も反省、カイゼン。

 

販促も
営業も
提案も
現場管理も
職人も
展示場も
事務も
イベントも
ホームページも
ニュースレターも
提携も
仕入れも
原価管理も
安全管理も
コンプライアンスも

 

 

もっともっと反省とカイゼンが必要です。

 

私一人じゃなく、ね。

 

 

 

 

今日の巡回のお客様

 

ありがとうございました。
行く先々で有難いお言葉やおもてなしを頂きました。

 

 

OBのお客様あってのリーフユニティです。
今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

70人目。

 

 

 

ありがたいお言葉をかけていただきました。

 

ああ、この人は自分の味方になってくれる人だなって。

 

 

やっぱり人のご縁は大事です。

 

 

 

このところプレイヤーとしての業務で駆けずり回る毎日です。

 

決してそれを否定するわけでもなく誇りに思っていますが
私にはもっともっと出会いと御縁が必要です。

 

 

 

私も30歳台が半ばすぎ

 

もう「若い」という形容詞は外される。

 

ここから先の10年が勝負なんだと思う。

 

この10年でどこまで行けるのか。

 

 

命の炎を燃やして頑張ります。

 

 

 

 

 

 

お陰様で現場の方も大忙しです。
これは何よりもありがたいこと。

 

 

本日訪問されたブロックメーカーさんの担当者さんのお話では

 

 

「元気のないところが多いです・・・。」

 

 

と仰られていたので、尚更ですね。

 

 

 

 

このガーデン&エクステリアの業界もさることながら
建設業界全体では今後も厳しい状況が予想されます。

 

 

先日は市内で大型倒産のニュースもありました。

 

 

そんな中ではありますが
しっかりと勝ち残っていくために

 

 

リーフユニティはしっかりと先を見通せているつもりです。

 

 

そして見通した道をしっかりとブレずに歩んでいけるよう

 

 

もっともっと頑張って参ります!

 

 

 

 

 

 

ガソリン、えらい上がってますねえ。
今日ガソリンを入れながらスタンドの店長と話していたら

 

「240円くらいまで行くって話もありまして・・・」

 

どこまで行くんでしょうね、本当。
ガソリンのみならず、色んなところに波及しそうな予感。

 

 

自社の経費の問題だけでなく

 

 

消費者レベルでの不況になったらどうする?

 

 

しかし

 

景気に最も敏感な反応を示す株価はさほど下がっていませんね。

 

株価って
かなり先取りした動きを示すもんです。

 

素人の株式取引を超越した動きで景気を先取りします。

 

実は私
その昔はいっぱしの金融マーケットウォッチャーでした。
株じゃなくて債券(=金利)が専門でしたけど。

 

 

昔取った杵柄で考えるに

 

大企業ベースでは原油高の影響は限定的ということになるのか・・・?

 

 

 

って考えてる場合じゃないですね。

 

 

なにせ地域密着の小さな会社ですから

 

世の中の大きな動きを気にする余裕など無いのでした。

 

 

それよりも営業努力!

 

いつも入れているスタンドにパソコンが置いてあったので
リーフユニティのホームページを表示しておきました。

 

 

 

そこで話した店長さんも含め・・・
地域の人100人にリーフユニティを語る
67、68、69人目。

 

 

 

 

 

 

少し前の植栽工事ラッシュに続き
このところはエクステリア工事ラッシュとなってきました。

 

 

ここで言うエクステリアとは狭い意味での使い方で
アルミを中心とした金物等のメーカー商材を指しています。

 

カーポートや門扉などが代表的なんですけど

 

外構工事の中のエクステリア以外に
様々なお客様のニーズがあります。

 

 

ウッドデッキやフェンス、テラスルーフなどですね。

 

そういったニーズにお応えして
私の担当のエクステリア工事が目下集中してきました。

 

 

これらの商材は概ねメーカーとの間に代理店(=問屋)が存在します。
よって代理店の担当者さんと私のやり取りが増えている状態です。

 

もう一日に何回も何回も電話で連絡を取り合ってます。

 

 

実は最近、この担当者さんは転勤してきて新たに担当に代わられたばかりです。

 

 

時折ブログで書いたりもしていますが
前任の担当者さんは素晴らしい方でした(って今もいらっしゃるんですけど)。

 

代理店はハッキリ言って担当者勝負。
代理店レベルでは価格差はほとんど出ないギリギリの勝負ですから
価格は決め手になり得ない。
商品(=取扱メーカー)もほとんど同じ。

 

 

となると、担当者さんの動きや対応に尽きるんですね。
(将来的には顧客支援メニューで差別化があるかも知れませんが)

 

で、前任のIさんはその点が素晴らしくありがたかったのです。
ですから、従前より私は「Iさんある限り他社は絶対に使わない。」と宣言していました。

 

とにかく、仕事は猛烈に速い。
フットワークは軽い。
トラブル対応(ホントはないほうがいいんですけど)に何度も助けていただきました。

 

 

 

 

しかし、会社組織の中でいずれ担当の交代は避けがたく
代理店としてもIさんから突然担当が交代するよりも
Iさんが居るうちに後任を育てたいとの思いもあったようです。

 

 

で、新たにMさんが当社の担当になられました。
商品の注文処理や納品などの業務はMさんが全て行うなかで
Iさんも「完全に担当を外れるというよりも、何かあったら声かけてください。」
と仰っていただいています。それはそれでありがたいこと。

 

 

Mさんとのお付き合いはこれからです。
スタッフが無理言ってご迷惑おかけすることもあるかも知れませんが

 

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

先日、ある方とお話していたのですが
業種は全く違いますがその方も商売を営まれている方です。

 

 

お互いの商売の話をすることになるんですけど
聞いていると本当に厳しいお話でした。

 

 

我々の商売と決定的に違うのが

 

 

外部要因による影響が大きすぎる

 

 

点なんですね。

 

 

すなわち、原材料の価格が乱高下する。
そして何か事件が起こると仕入れルートや販売ルートが瞬時に消える。

 

 

 

そんなお話でした。

 

 

 

ビジネスにはリスクが付いて回るのは百も承知ですが
こいつはリスクが大きすぎますね。

 

 

 

私たちのようなビジネスだと
外部要因による影響は微小です。

 

ほとんどが自らの努力次第。

 

お客様とのご縁がある限り、いくらでも生かせていただける商売です。

 

 

平たく言えば「仕事を取ったもの勝ち」
なんですね。

 

 

この業界で「住宅着工数が減って・・・」
なんて話をする人がいれば

 

それは仕事を取れない言い訳でしかない。

 

エクステリアのメーカーさんは特に住宅着工数を話題にされるのですが
私はいつもそれを制止します。

 

 

「そんなん関係ないスよ。」

 

 

業界全体を語ればそうかも知れませんが、一地域の小さな会社が語ることではありませんね。

 

120が100になったところで、どうと言うことはありません。
自分ととこは0.1以下の存在なんだから。

 

 

遣り甲斐のあるビジネスです。
夢と希望を持てるビジネスです。

 

 

 

 

外部リスクに激しく晒されるビジネスも多々ある中

 

このようなビジネスに身をおかせていただいていることに感謝です。

 

 

 

 

 

 

日々多くのお客様のご期待をいただき
感謝感激の植田です。

 

 

お陰様でプレイヤーとしての毎日が楽しいです。

 

 

このところのご相談の増加に伴ない
プランナー達をフォローすべく私の担当を増やしています。

 

 

結果として
昨年を大幅に上回る数のお客様を担当させていただいています。
私としては過去最高数ですね。

 

 

ま、一人のプランナーとして言うなれば

 

 

まだまだ出来る

 

 

かな。

 

 

 

でも

 

 

頑張らないといけないのが
マネージャー業務。

 

 

次なる視点は

 

「秋」

 

 

秋のイベントのやり方については
もっと煮詰めていかねばなりません。

 

 

さあ、どうするかな。

 

マネージャー植田の大きな決断が必要な仕事なんですが・・・

 

悩むところです。

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

63人目。

 

 

 

 

 

 

ニュースレターの原稿を書き終わりました!

 

 

テーマさえ決まれば、書くときはイッキに書き上げます。
これもブログで鍛えた(?)作文力のおかげでしょうか。

 

 

問題は、そのテーマなんですね~。

 

 

ちなみに今回のテーマは

 

 

 

「頑張ろう!芝生管理」

 

 

 

です。

 

 

 

 

回数を重ねるごとにネタがなくなってくるんですね。
今回も、このテーマに至るまでに半月くらい考え続けました。

 

 

OBのお客様に読んでいただくためのものですから
できるだけメンテナンス等のお役に立てる内容を心がけています。

 

 

先日もあるお客様からお電話をいただきました。

 

私自身の担当でなかったためお会いしたことがないのですが、私に相談したいとのこと。

 

 

「いつも写真が載ってる方ですよね~」と仰っていただきました。

 

 

 

今月の下旬には発行します。
そして今回、恒例の「消毒巡回サービス」の申込書も同封します。
OBのお客様ならではのサービス価格、多数のお申し込みをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

本日

 

 

中学校の同級生のお兄さん宅、K様邸で植栽工事をしていたら

 

 

中学校の同級生で市内でハンコ屋さんをしているM君が
子供さんを幼稚園へ送っていくところに出会いました。

 

 

そしてK様の奥様が
お友達を紹介していただけるとのお話もいただきました。

 

 

 

いいなあ~、こういうの。

 

 

 

超・地域密着ですね。

 

 

 

地域密着は小さな会社が生き残るための
大きなキーワードです。

 

 

 

地域で1番。

 

 

 

言うのはカンタンですけど

 

実はこれが難しい。

 

 

桜井市でリーフユニティって言っても
まだまだ知られてないですから。

 

 

地域戦略はまだまだ道半ば。
地域1番店目指して頑張ります。

 

 

 

 

 

 

さて

 

 

明日から大型連休のスタートです。

 

 

私のスケジュールとしては

 

3日(明日)の午前中に奈良市内で打ち合わせ
6日 香芝市内で打ち合わせの後、植木市

 

となっています。

 

 

4日と5日は店におります。

 

 

また何か

 

 

新たな出会いに期待が膨らみますね。

 

 

もちろん
他のプランナーたちも交代で出ています。

 

 

フェアとも少し違った感覚で
ワクワクする気持ちになるのがGWの植田です。

 

 

 

 

 

 

打ち合わせ、現場管理、その他もろもろで
飛び回る日々を過ごさせていただいています。

 

 

まことにありがたい限りです。

 

 

営業レベルでは
私の体感では過去最高級かも。

 

 

忙しい、と言ってしまうのは容易なことですが
まだまだ頑張れると思っています。

 

 

 

あらゆる時間とスタッフ一同の力を結集して

 

リーフユニティは前進します。

 

 

 

 

 

 

次々とご相談のお客様にご来店いただいております。
HPからのお問い合わせも続いています。

 

フェアは終わりましたけど
今まさにシーズン。

 

 

ちょっとお庭を何とかしたい、とお客様が動かれるタイミングなんですね。

 

 

春フェアでも多数のお客様からご相談をいただき
当社のプランナーたちがフル回転で対応させていただいています。

 

 

プランナーの頭からちょっと煙が噴いてきているような気がしますが・・・
みんな頑張ってご期待に応えましょうね!

 

 

私も頑張りますよ。

 

昨日書いたように多くの方とお話をしておりますが
頭はスッキリ整理していますので
まだ鼻歌まじりで(?)仕事ができます。

 

 

 

どうぞ皆様

 

 

遠慮なくご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

春フェアが終了しました!

 

 

本当に多くのお客様との出会いがあった9日間でした。

 

 

フェア前からも含めて
私が担当させていただくお客様が

 

 

20組様。

 

 

昨年もこんなこと書いてましたね。

 

 

 

他のプランナーたちは
恐らくそれ以上のものもいるようです。

 

 

 

私はマネージャーでもありますから

 

もちろん全現場を把握しながら
各担当をフォローしつつ
先手を打った行動をせねばなりません。

 

 

この局面をさばいてこその
プレイングマネージャー。

 

 

腕の見せ所ですね!

 

 

 

 

 

 

人のご縁って
すごいものだとつくづく感じています。

 

 

様々なお付き合いの中で
色んな出会いとご縁をいただき

 

 

次々と広がっていく。

 

 

最近、そう感じることが次々と起こっています。

 

 

 

 

ありがたいし

 

 

 

 

面白い。

 

 

 

 

お陰様で工事の方も
フル回転の連続です。

 

5月を乗り切るのも相当馬力が要りそう。

 

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

54,55人目。

 

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティに語る

 

49,50,51人目。

 

 

 

今日が当社の折り返し日なので
この目標もペースとしては達成できています。

 

 

 

ちょっと
緩めの目標だったかな?

 

 

 

ま、数字だけじゃなく

 

いかに熱く語るか

 

それも大事なことですね。

 

 

 

 

 

 

お客様が

 

 

 

買いたいものを

 

買いたいときに

 

買いたい値段で

 

買いたい方法で

 

 

売れば売れる。

 

 

桂幹人氏の言葉です。
氏は私が読む数少ないビジネス書の著者で、いわゆるコンサルタントの方。

 

 

今日はこの言葉を実感した日となりました。

 

 

確かに売れた。

 

 

何かが瞬いたような。
そんな気がしました。

 

 

よし。
やってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

プロ野球オープン戦も終盤です。

 

昨日、阪神のオープン戦は高松で行われる予定だったのですが中止になりました。

 

 

オープン戦も3月の始めごろは
「若手の競争だ」とか言って主力クラスの投手の登板が見送られたりします。

 

そして終盤に主力を登板させようとして・・・

 

 

雨天中止。

 

 

慌てて、二軍の教育リーグに登板させたり
短いイニングでできるだけ多くの投手に登板させてみたり

 

 

 

これは後手の対応ですね。

 

 

 

公式戦は中止になってもどうってことないですが
オープン戦の中止はマイナスにしかならないと思うのです。

 

 

雨で中止になるのはある程度折り込んで

 

オープン戦前半から主力の登板機会を確保すべきです。
時期が早い?
一週間や二週間などあっという間です。どれほどの違いがあるんでしょうか。
時間の経過の速さを知っている者なら先手打ちますけどね。

 

 

それと試合の日程を組む際も
雨を折り込んで多めに試合を準備すべきです。
紅白戦にしても最低3試合やりたいなら
私なら5試合以上予定します。

 

なんて

 

えらそうに書いてスミマセン。
外野の人間が実際の現場を批判するつもりはありません。

 

 

要は

 

 

リスクを読んで

 

先手を打つ

 

 

後手に回りたくない。

 

 

会社経営でも大切なことなんです。

 

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る。

 

43人目。

 

 

 

ちょっと伸び悩んでます。

 

 

が、それを意識して行動するからこその目標とブログ宣言。
ささやかながら、そこに意義があります。

 

 

 

日々行動。
頑張ります。

 

 

 

 

 

 

雨時々やむ。

 

 

 

予報通りの天気になってます。

 

 

 

痛いことは痛い。

 

でも動いている現場もあります。
影響は最小限に食い止められそうかな。

 

 

今晩、監督たちと詰めていきます。

 

 

12月以上の3月ですが

 

頑張りますよ!

 

 

 

 

 

 

212f854a-s

 

当店の看板です。

 

 

看板を遮るように立っていた樹を一部撤去してスッキリと見やすくなりました。

 

 

思えば、コイツを設置して丸三年。
リーフユニティの旗を掲げて三年になります。

 

 

初めてこの看板が上がったとき

 

感動的でありながら
ちょっと気恥ずかしいような

 

そんな思いだったことを思い出しました。

 

 

三年経って

 

少しばかり胸を張れる店にできた手ごたえもあります。

 

各回のフェアも
ホームページも

 

そしてその結果としての数多くの現場も

 

色んなことが前に進んだ。

 

 

しかし地域密着を掲げながらも

 

地域への浸透は道半ばと感じます。

 

 

 

まだまだ頑張らないと

 

 

その想いを込めて

 

 

春のフェアでチラシを織り込みます。

 

新聞折込10万部。

 

 

これにかかる費用は大きく
効果は短い。

 

 

経営者でチラシを織り込んだ経験のある方なら理解いただけると思います。
チラシのコストとリスク、そしてロス。

 

対してホームページがいかにコストパフォーマンスが高いかも承知しています。

 

 

しかし、敢えて挑戦します。

 

 

このイベントとチラシは地域の方へのメッセージです。

 

 

地域密着を掲げるかぎり止めることはないでしょう。
どんなに仕事が忙しくても、ね。
 

 

 

 

 

 

はい、今日で3月乗り切りました。

 

 

最後の最後でギリギリの工程調整でしたが・・・
お客様皆様のご期待にお応えできると思います。

 

 

後は天候の予測ですね。

 

そして4月以降に控える工程調整。
お陰様で4月以降も多くの着工物件が予定されています。

 

 

何度も書いていますが

 

工程の調整は先手に限る。

 

 

一昨年の12月、見通しを誤ったために後手に回ってしまった苦すぎる経験をしました。二度とあんな思いはしたくない。

 

 

 

そして、何よりお客様のご期待に目一杯応えられるように。

 

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

 

工程会議終了。

 

 

 

むむむ・・・、予想をちょっと上回る工事ラッシュですね。

 

 

しかし、なんとかしますよ。
お客様の期待にしっかりとお応えしてみせます。

 

 

更に、工事以外のところでも様々な業務が集中してきます。

 

 

それが3月。

 

 

 

こういう時は一日一日が勝負。
様々なアンテナをはりめぐらせて先手を打ち続けないと。

 

 

とにかく後手になるのだけは大嫌いです。

 

 

 

やりますよ~!

 

 

 

 

 

 

春めいてきた日曜日。
多くのお客さまにご来店いただけた日曜日でした。

 

 

ここへ来て、ありがたいご縁も続いています。

 

 

お蔭様で、4月以降も工事部門のフル回転が続きそうです。

 

 

 

ここから春のフェア、そしてゴールデンウィークに続く時期。
色んな意味でピークのシーズンとなります。

 

 

 

スタッフのみんな、

 

 

 

ぬかるなよ!!

 

 

 

 

 

 

バレンタインデーなどという日をを話題にする齢でも性分でも身分でもありませんので、2月14日を語るつもりはないんですが…

 

 

14日ということは

 

2月も半分まで来ました。
ソレが大事なんです(いや、負け惜しみじゃなくって)。

 

 

 

来ました。

 

 

工程が相当シビアになってきました。
予測はしていましたし、ある程度の手は既に打ってあります。

 

 

 

しかし

 

ありがたいことに

 

現在、相当数のお客様のご相談をお受けしています。

 

 

そのあたりも読みながら

 

先手を打ち続けねばならない。

 

 

そして

 

3月になるのも、すぐですね。

 

瞬く間に
春のフェアになだれ込んでいきます。

 

その後はゴールデンウィーク。

 

 

ここまで先手を打たねばならないのが

 

 

まさに今。

 

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

32,33人目。

 

 

今日も良い語りができたのはよかったが

 

 

今期のこの数字はペースが遅い。

 

 

月間8.3人ペースが必要なので
今月末には42人まで持っていかねばならない。

 

 

 

私とお会いする方(お客様は除きますよ)、突然語りだしたら…

 

 

我慢して(?)聞いてくださいね。

 

 

 

 

 

 

今日から2月。

 

 

今年はオリンピックイヤーということで、29日までありますね。
工事としては超繁忙が予測されている時期だけに、たとえ一日でも多いのはありがたいです。

 

 

ひと月過ぎるのが速いのは折り込み済み。
4週間後には29日なんですから。

 

 

春フェアの準備も本格化していきます。

 

 

チラシの原案も完成。
デザイン事務所さんと来週打ち合わせです。

 

前回に続いて文字の多いチラシにしたいと思います。
興味のない方には全く読まれないでしょうけど、興味のある方をグイッと引き込むような。

 

 

カフェぽたりぃの工事も2月下旬にはメドを立てたいですね。

 

 

私担当の大型物件も2月が勝負。

 

 

そして、2月下旬から3月にかけての工事ラッシュに備えて情報を整理しながら先手を打たねばならないのが2月。

 

 

 

これが私にとっての今年の2月です。

 

 

 

 

 

 

春のフェアに向けて準備を進めています。

 

 

今回のテーマが「リビングガーデン」なので、改めてガーデンについて考察しています。

 

 

チラシにおいて何を訴えていくべきか?

 

これを考えていると、これまでの色んな反省点が浮かんできました。

 

 

 

今までのチラシづくりは「商品」のPRに頼っていたのでは?

 

 

当社のチラシをご覧になられたことのある方はご存知だと思いますが、ホームセンターや電気屋さん等のチラシとは一線を画し、商品の値段も殆ど入れたことがないんです。

 

 

カーポートを売る、テラス屋根を売る、というのなら商品のチラシを作ればいいのですが私たちは敢えて単品セールスをしたいわけではありません。安売り競争をするつもりもありません。

 

 

そう考えながらも、チラシづくりのたびに「何か魅力ある商品はないかな」と考えていたりするんですね。

 

他社と一味違う商品を提案することを重視して考えていました。

 

 

確かにガーデンラウンジ・ココマもおしゃれ物置・カンナも魅力あふれる商品です。
ウッドデッキは一番人気の商品となっています。

 

これらは今回のテーマにあわせてチラシでも紹介していくつもりです。

 

 

しかし、それらの商品だけでリビングガーデンが完成する訳ではありません。
大切なことや効果的なことが色々あります。

 

 

実際のお庭の提案の中ではお伝えしていることなんですが

 

 

それらをチラシの中で語れたらな、と考えています。

 

 

効果のほどはわかりませんが

 

 

これもチャレンジ。

 

 

 

 

 

 

848e3604-s

 

地域の皆様、もう御覧になられたでしょうか?

 

 

昨日、当社のカンバンがあるところに設置されました。
桜井市の方は、よく目にするところです。

 

 

 

デザインは…こんなもんかな。
当社のデザイン事務所ではなく広告会社のデザインなんで、ドンピシャのイメージとまでは行きませんがシンプルにまとめてくれました。

 

カンバンは一瞬の勝負ですからガチャガチャ書いたらダメですから。

 

 

場所は桜井市内のショッピングセンターの駐車場に隣接して見えるところです。

 

 

そう言えば、昔こんなテレビCMがありましたね~。

 

 

○○○○で会いましょ~♪
○○○○で会いましょ~♪
○○○○で会いましょ~♪
○○○○で~ね~♪

 

 

の、ショッピングセンターです。

 

 

見かけられたら

 

「看板見たよ」って教えてくださいね。
 

 

 

 

 

 

「住宅リフォーム」という分野は結構古くから注目されています。

 

 

キッチン・水まわりを中心にニーズが多い。
すなわちマーケットがデカい。

 

必然、「メーカー」の資金力が強くなります。
奈良でも住宅設備メーカーさんのショールームがあちこちに点在しています。

 

TOTO、タカラ、クリナップ、松下電工…

 

 

対してエクステリアは近畿圏を見渡してようやく2,3箇所ある程度です。

 

 

そして住宅リフォームを販売する会社は、というと

 

大手ハウスメーカー系がひしめき、各ホームセンターも凌ぎを削っていますね。
さらに地域では工務店、電気屋さん、ガス屋さん、水道屋さん、塗装屋さんなどが得意分野を生かしながら住宅リフォームに参戦している状況です。

 

数も多い激戦区ですし、営業戦略や顧客対策なども一歩先を進んだハイレベルな業界だと思います。

 

 

つい最近、結構売れているという新しいトイレのパンフレットを見せてもらいました。思わず欲しくなってしまうほど、そのパンフは上手くできていました。

 

また、将来のリフォームに向けて家内と話をしました。
私自身に当てはめても住宅リフォームのニーズが沢山あります。

 

 

 

私たちはガーデンリフォームの専門店です。
ガーデンリフォームの感動を少しでも多くの方にお伝えしたいと思っています。

 

 

しかし、お客様からすれば室内を中心に様々なリフォームのニーズがあるんですよね。

 

そんな中で敢えてお庭におカネをかけよう、と決心された方々が私たちのお客様。
これはある意味すごいことです。

 

その重いご決断と強い想いに応えていかねばならない。

 

そして一歩進んだ業界でもある住宅リフォームの業界に学ばねばなりません。

 

そして言わば、キッチンがライバルです。トイレと競争して勝たないとウッドデッキを買ってもらえない(変な例えですが価格帯は近かったりします)。

 

 

そして、住宅リフォーム会社がエクステリアを手がけるケースが増えてくることも考えられます。

 

 

そんな住宅リフォーム業界からしっかりと学ぶべきことを学んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ちょっと痛い雨。

 

 

2月中旬から3月末にかけて相当にハードな工程が見えている中で、できるだけ前倒しを図っているのですが…

 

逆に雨で押されてしまいました。

 

こういう動きが要注意です。
先手を打って工程を整理する動きが必要となります。

 

この3月を乗り切るのが私の腕の見せ所。
2月中に打った手が結果を決めることになる。

 

とにかく、先手。
さっきも電話で手を一つ打っておきました。

 

監督も先手ですぞ!

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

29,30人目

 

偶然でしたが良い御縁でした。

 

 

 

 

 

 

あちらこちらの地域に「消防団」なるものがありますよね。

 

 

今日は隣の市の消防団の行事とのこと。

 

 

当社のスタッフも2名が仕事を休んで参加しています。
また、仕入先に電話すると「今日は消防で…」と言われました。

 

多くの人が仕事を休んで参加されているようです。
随分と大層な集まりなんですな。

 

 

私個人はは全然縁のない世界なんで詳しくわかりませんが

 

 

仕事休めない人も沢山いると思うんですけどね。

 

私も会社員のとき、営業日に休めるのは年に数回でした。
平日に休む、というのは滅多にない機会で妙に嬉しかった記憶があります。

 

 

 

 

ちなみに当社は担当の段取りに任せています。
小さい会社なんで、細かい休暇の規定も何もありません。

 

現場は原則日曜休みですが店は日曜もやってるんで会社が休む日はありません。
ですからスタッフは交代で休むスタイルです。

 

用事があれば自分で段取りして休めばいい、というスタンス。
今日休んだ二人もキチッとやることをこなして段取りを付けて休んでくれています。

 

 

今はそれで十分。

 

 

 

 

 

 

植木市の日。

 

今年初めての植木市ということで「初市」と銘打っています。

 

ちょっとしたセレモニーもあって、乾杯、となるんですが

 

お酒じゃなかったですね。
これも時代の変遷。

 

 

 

セレモニーのご挨拶では

 

「経済情勢が不透明」とか「取り巻く環境が厳しい」とか言われてました。

 

そんなこと関係ないのにね。
お客様に選んでいただけるかどうか、お声をかけてもらえるかどうか、それだけの話なんですけど。

 

 

まあ、私の場合は昔の古きよき時代を知らないから言えるのかも知れません。

 

楽してビジネスができるなんて考えてないですから。

 

これが当たり前。
負けずに頑張り続けます。

 

 

 

 

 

 

2年前くらいから「お客様の声」をアンケートハガキ形式にてお客様にお願いしています。

 

 

「お客様の声」は有効だ、などとはビジネス書にも書いてありますし人にも言われます。

 

 

それは、言われるまでもなく分かることでもあります。
私がお客でも、そう思う。

 

 

だから私も、欲しかった。
喉から手が出るくらい。

 

 

しかし、無かったんです。

 

しかし、過去からお客様アンケートなど誰も考えたことのない会社でした。
当時、何一つ手元にはありませんでした。

 

 

そして、一歩を踏み出しました。

 

アンケートハガキの書式を作成。
工事終了時点でお客様にお願いしていきました。

 

 

初めて返信いただいたハガキを見たときは感慨深いものがありました。

 

 

 

間もなくしてホームページの製作をスタートしたのですが、その時点で戻ってきたアンケートハガキはわずかしかありません。
「ホームページに『お客様の声』のコンテンツを盛り込みたい」という想いは断念せざるを得ませんでした。

 

 

 

一年後、ホームページ完成時にある方から「素晴らしいホームページですね!ただ一つ『お客様の声』が不足していますね」とズバリ指摘されました。

 

「それは、わかってるんや…。今回はできんかったけど、いつか必ず載せてみせる。」と誓いました。

 

 

それからまた1年。

 

ホームページでお客様との御縁が増えたこともあり、その後着実に「お客様の声」が蓄積されてきたのです。

 

ありがたい「声」をたくさん頂戴しました。

 

 

そしてとうとう

 

 

2008年、「お客様の声」のページをつくります。

 

 

 

その作業のため、さっき全てのハガキを読み直しました。

 

 

 

…感謝します。

 

 

お金をいただいている私達に対してありがたい言葉をこんなにも頂戴している。
私たちが感謝すべきところなのに、感謝のお言葉をいただける。
私たちの仕事に信頼をいただいている。

 

この仕事、ホンマええ仕事やなあーって感じます。

 

 

一つだけ、書いてもいいでしょうか。

 

「庭づくりをとても楽しくできたのも植田さんのお陰だと思い、キレイになった庭を毎日ながめては家族で喜んでいます。」

 

 

ウッ、何回読んでも感涙ものです…。

 

 

そしてお陰様をもって、ホームページに新たな想いを込めさせていただきます。

 

何度書いても書き足りませんが

 

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

仕事始めに全スタッフに対して語った効果か

 

 

それぞれが一歩踏み出したように感じる。

 

 

そして

 

 

スタッフの前進を感じると

 

 

なぜか私自身に緊張が走る。

 

 

今まで感じたことのない感覚。

 

 

嬉しいことのはずなのに

 

 

何故?

 

 

自分の行動に言い訳ができないから?

 

 

後は自分次第だから?

 

 

いずれにせよ

 

 

これではアカン。

 

 

責任者なんだから

 

 

先頭をぶっちぎって走って

 

 

自信満々で皆を見守ってやらないと、ね。

 

 

 

 

 

 

今日、始動いたしました。

 

 

気持ちをグイッと切り替え、誰もいない静かな事務所で今年一年の会社経営を考えています。電話も全く鳴らず、集中するにはもってこいですね。

 

 

更なる成長を図っていきたい1年なんですけど

 

一番のポイントはスタッフ、かな。

 

もちろん自分が一番頑張ると思いますけど、スタッフが想いを共有して同じベクトルを向かせることが今年の一番の目標です。

 

 

実はウチのスタッフ、全部で15人います。
この業界としては、結構な規模なんです。

 

私の責任は重い。

 

 

昨年の暮れに一人一人と話をしました。

 

 

みんな、それぞれが能力あるし、ええ奴ばっかり。

 

でも、まだ力を出し切ってないかもしれない。

 

 

 

そして全員が力を合わせることによるパワーを引き出してみたい。

 

 

 

それが私の大仕事。

 

 

静かな事務所で闘志を燃やす植田でした。

 

 

 

 

 

 

お正月休み。

 

家族との時間が取れる貴重な期間です。

 

 

こんな時だから考えるんですけど

 

経営者と呼ばれる人たちは皆、仕事と家族という大きなジレンマの中で葛藤を感じているのでしょうね。

 

 

年間4,000時間とか5,000時間の仕事をしている経営者も普通にいるでしょう。
人生を賭けた闘いなのですから、それが当然とも考えられます。

 

 

どこまで考えるかは人それぞれ。

 

 

ただ一つ一致する考え方は

 

 

家族を幸せにするために

 

 

頑張るんですよね。

 

 

 

 

 

 

皆様あけましておめでとうございます。

 

 

本年度もガーデン&エクステリアの感動を少しでも多くの方と共感できるよう、努力して参る所存です。

 

 

本年もより一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

今年は

 

「ガーデン&エクステリアのリーフユニティ」

 

の言葉どおりの方向性を確立することを大きな基軸として前進していくことを目標にしています。

 

 

 

まずは

 

 

春のフェアにおける目玉が

 

 

本日決定しました。

 

 

内容は後日の発表となりますが、必ずや皆様のご期待に添う内容であることを申し上げます。

 

 

他にも考えていること、実行していくべきことも多くあります。

 

 

要するに

 

 

今年も頑張ります!!

 

 

 

 

 

 

地域戦略の中で来年からスタートさせる施策の準備ができあがってきました。

 

 

「地域密着営業」とはよく言います。
しかし、これほど掴みにくい戦略はないのかもしれません。

 

 

やればやるほど成果が見えてくるホームページやOB顧客対策に較べ、実に成果が見えにくい。

 

 

チラシ折込もいいんですけど、如何せん費用がかかりすぎます。
また、効果は短期間に限られロスも多すぎるんですね。

 

かと言っても小さい広告の効果もわかりずらいしね。

 

 

 

地域に浸透させるのって、カンタンには行きません。

 

あの手この手で頑張ります。

 

 

 

 

 

 

昨日はしっかりと雨でしたね。
今日からはしばらく安定した空模様のようです。

 

 

 

工事の方も痛い雨ではあったんですが、今日明日でカバーをしに行ってくれてます。

 

日曜祝日関係なし、は12月の恒例でもあったんですが、今年はまだ最小限で済んでます。

 

 

何回も書いてますけど、去年はメチャクチャでした。
私、大晦日の午後4:00まで現場で片付けやってましたから。

 

 

 

ラスト一週間。
交通事故も増えたりするなど、世の中全体がバタバタしてきます。

 

十分に気を配って最後まで頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

このところスタッフ、職人さんと個別に面談をすすめています。

 

 

目標を共有するためです。

 

 

一人一人と話をして改めて発見することもあります。
皆がそれぞれ色んなことを感じて考えているんだな、と。

 

 

形式だけの面談ではないので、必ず何かが変わると思う。

 

 

 

1月7日の年頭訓示は会場を借りて大々的に行います。
平成20年は大きく動く1年になる予感。

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

 

既に気分は2008年、平成20年の植田です。

 

勝負の月が見えてきました。

 

 

「3月」

 

 

です。

 

 

 

着工物件が相当集中してきそうな気配。

 

で、あるならば

 

それを見据えて行動します。

 

 

 

つまり

 

 

1月

 

 

ですね。

 

 

先手必勝。別名、早いもん勝ち。

 

勝つための方法って色々ありますけど、「早い」というのは実にシンプルな勝ち方ですね。

 

 

よし、勝った。

 

次。

 

 

 

 

 

 

今年度、そして来年度の着地点を設定した。

 

 

経営的な数字なのでここには書けない。

 

 

「会社は社長が思うところまでしか行けない」

 

 

2年以上前にこの言葉に出会った。

 

 

当時から自問自答し続けていた。

 

 

それらしき目標を時折口にしたこともあった。

 

 

でも、本気で想っていなかったのだろう。

 

 

何も変わらなかったし、何も伝えていなかった。

 

 

今、ここで設定した目標は

 

 

絶対に達成したいし、また達成できると思っている。

 

 

そう言えるだけのものを創ってこれたのが、この3年間だったと思えば

 

 

それは決して無駄ではなかったのかも知れない。

 

 

そしてこの目標は

 

 

スタッフ全員が共有できるすばらしい目標だ。

 

 

ここから全社一丸、煮えたぎる熱さでもって達成する。

 

 

パワー全開の気分になってきた。

 

 

行くぞ!

 

 

 

(今日のブログをお客様で読まれた方には大変失礼いたしました。明日からは普通のブログに戻りますので、よろしくお願い申し上げます。)

 

 

 

 

 

 

マネージャー・植田

 

 

が全開です。

 

 

12月にマネジメント全開できるなんて♪
昨年とは違いますよ~。

 

 

 

教訓。

 

何事も先手に限る。

 

 

という訳で今もビシッと先手を打たせていただきます。

 

 

見据えるのは1月以降、今期着地、そして来期。

 

 

マネジメント不在の時期があったことを反省します。
プレイングマネージャーのはずがプレイヤー専念になったこともあるように思います。

 

 

マネジメントなくして会社なし。

 

 

思ったとおりにさせていただきます。
一切の妥協も遠慮もしません。

 

 

 

やったるで。

 

 

 

 

 

 

昨夜のことですが

 

 

八木駅からタクシーに乗りました。

 

 

会社へ戻るために行き先を説明していたら

 

運転手さん「ああ、ぽたりぃね。知ってます。」

 

私「じゃ、リーフユニティは知ってます?」

 

 

運転手さん「ん?いや、知らないですね~」

 

 

 

ガックリ(涙)。

 

 

確かに、当店内の「花木らんど」は10年以上やってますし、「カフェぽたりぃ」にしても来年で10年になりますから知名度や浸透度はずっと上です。

 

 

それはそれで当社の強みでもあります。

 

 

しかし

 

 

先行きは長く、まだまだ努力不足を感じましたね。

 

で、道すがら運転手さんと「どうやったら目立つか?」「看板はどうあるべきか?」なんて話をして帰ってきました。

 

タクシー運転手ならではのご意見も参考になります。
ありがとうございました。

 

 

 

目標。

 

タクシーにて

 

「リーフユニティまで」

 

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

20人目。

 

忘れんうちに書いときます。

 

 

 

 

 

 

雨模様の一日。
多くの現場がストップしています。

 

もちろん私の業務はノンストップ。
パワー全開で走ります。

 

雨も現場サイドでは折込済です。
去年も雨に泣かされましたから。

 

今のところ少々の雨でも年内は乗り切れる見通しです。
それくらいの体制をとって動いています。

 

 

ですから

 

 

私の頭は1月以降に切り替わりつつあります。

 

年初スタートのプロジェクト(って大層な呼び方してますが)についても進めています。

 

 

これがマネージャーとしてあるべき姿だと思っています。
去年はまるでダメでした。ハイ。その反省の成果かな。

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

19人目。

 

 

 

 

 

 

朝から打ち合わせを終えました。
ガレージとお庭の工事。こちらは2月着工の予定となっています。

 

 

1月の着工現場も順調にスタンバイできてきました。

 

 

ご縁をいただいているお客様には感謝申し上げます。

 

 

 

お客様あっての商売です。
1,2月は業界としては閑散期。

 

より一層のご縁があるよう、頑張ります。

 

 

 

 

 

 

今年の当社の仕事納めは12/29です。

 

残り三週間となりました。

 

 

 

現場での実働日数で言うと20日もありません。
天気の方は・・・ホッ、安定しているようですね。

 

年内完工に向けて一番のキーポイントの手当ては既にできています。

 

このまま順調に行けばスムーズにお正月を迎えられるかな。

 

 

・・・って、油断したのが昨年の反省でもありました。
気を緩めず頑張ります。天気にしてもわかりませんしね。

 

 

 

しかし、おかげで1月以降にもしっかりと目をむけられそうです。

 

 

別に1月が特別な区切りである理由はないのでしょうが、いくつかの新たな取組みが新年明けからになりそうです。

 

 

仕事はじめは1/7(月)。

 

しょっぱなから

 

ぶっちぎりますよ!

 

 

 

 

 

 

本日は現場管理でドタバタな一日だった植田です。

 

 

現場管理は基本的には現場監督の仕事なんですが
私をはじめ、営業担当が現場を管理するケースもあります。

 

 

一日ないし数日で完結する現場の場合がそれに当たります。

 

 

現場監督に現場を任す、ということはお客様との打ち合わせ事項等を漏れなく引き継がねばなりません。これは当然のことですね。

 

そのためにキッチリと図面及びその他の内容を詳細に打ち合わせします。
現場にても確認します。

 

ところが、1日ないし数日の現場でそれをやるのは手間が勿体ないんですね。
営業担当自ら管理したほうが早いし、工期が短い分管理の手間も知れたものです。

 

 

と、いうわけで監督を付けていない現場は営業担当が監督です。

 

 

 

それと、監督の援護射撃が必要な場合ですね。

 

現場監督も担当現場の数が多すぎるとリスクが高まります。
巡回しきれなかったり、手配が後手になったり。
それと現場同士が近いといいんですけど、エリアが離れている場合などは負担も大きくなります。

 

そんなときも営業担当が監督を兼任してお客様にご迷惑がかからないようにしています。

 

 

 

と、いうわけで今日の私は現場監督のチャンネルが多い一日でした。
これはこれで職人さんと直接やりとりして見えてくることもあり、私の大事な責務でもあります。

 

 

他の営業スタッフも監督兼任でよく頑張ってくれています。

 

皆で力を合わせて12月を乗り越えよう!

 

 

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

17人目。

 

声がかすれるくらい語りました。

 

 

 

語りに語ってリーフユニティの歩むべき道がよりハッキリ見えてきました。

 

自信を持って歩みます。

 

 

 

 

 

 

OB施主様向けのサービスとして、今回プレゼント企画を実施しています。

 

 

来年のカレンダーのプレゼント

 

 

なのです。

 

 

 

今日届いているはずのニュースレターに申し込み用紙を添付してあるんですが

 

早速に申し込みをいただいております!

 

 

 

お申し込みをいただいたお客様を思い出して懐かしい思いになり、ニュースレターに目を通していただいているんだな~と感謝の思いになっています。

 

 

リーフユニティとしてはOBのお客様とのご縁を大事にしていきたいのです。
プレゼント企画もそのためのサービスラインナップです。

 

 

OBのお客様と地域のお客様。

 

そしてホームページを見ていただいたお客様。

 

 

これらが有機的に組み合わさって顧客基盤を築き上げていく。

 

あ、経営方針を書いてしまった。

 

ま、いいか。

 

 

同業者の人にも私のブログは殆ど読まれてないしね。
もちろん、思っていることと実行することは大きな違いがありますし。

 

 

 

 

地域の人100人にリーフユニティを語る

 

16人目。

 

 

 

 

 

 

工程会議終了。

 

うーん。
ハードですね。

 

 

12月はギリギリ一杯になってきました。

 

さらに1月の着工物件も相当数積みあがってきています。

 

 

大変にありがたいことです。
大前提として申し上げます。

 

 

12月のことはブログでも折に触れて書いてきました。

 

 

「年内完工」

 

 

が12月の流行語となります。

 

心理的に全てが前倒しになる月。

 

毎年、大変な思いで乗り越えています。
絶対に侮れない月です。

 

 

早くも、その兆候が表れてきたようです。

 

早速に、明日手当てを考えることにします。

 

これが私のマネージャーとしての大きな責務ですから。

 

 

 

 

 

 

「地域の人100人にリーフユニティを語る」

 

15人目。

 

思わぬところでご縁があるものです。

 

 

 

 

 

 

東洋エクステリア(TOEX)さん主催の施工コンクールの結果が発表されました。

 

 

当社も数点の入賞をいただいたようですね。

 

今年は三協立山アルミさんとユニソンさん主催のものでも賞をいただいております。
東洋工業さんのものも応募しましたし、タカショーさんにも応募するつもりです。

 

 

こういうコンクールに応募するのは本格的には今年が始めて。

 

 

とにかく写真が勝負ですから、「良い写真」を撮らないと応募すらできません。

 

思えば、何もなかった3年前からようやく写真を残す習慣ができてきました。
でも、まだまだ下手な写真が多いです。

 

メーカーさん主催ですから主催するメーカーさんの商品を採用してないとダメですので、制約も付いてきます。そもそも現場がないと応募の候補もありません。

 

写真データの整理と応募フォーマットの作成を事務スタッフがしっかりすすめてくれました。

 

そして、応募段階でそれぞれにコメントを付していく。
作文は全て私の仕事です。

 

 

 

 

そんなことで事実上の参加初年度となりましたが、多くの施工現場にも恵まれて結果としての賞もいただくことができました。

 

 

これも「めざせ、全国大会!」へのステップです。

 

 

来年も頑張ります。

 

 

 

 

 

 

週末を経るごとに各担当者から成約の報告が入ります。
かく言う私も本日ご縁を頂戴しました。

 

皆様、誠にありがとうございます。

 

 

ご満足いただけるよう、精一杯頑張ります。
よろしくお願いいたします。

 

 

そんな中、12月を迎えようとしています。

 

今週に承ったお客様の工事は何とか年内に納めたいと思います。
いくらなんでも、年明けまでお待たせする訳にはいきません。

 

 

今が年内工事の段取りを付ける最も大事なタイミング。

 

 

全体を見据え、しっかりと見定めていきます。

 

 

 

 

 

 

税理士さんと決算処理の日。

 

 

決算のキモになる作業とは・・・

 

 

未収・未払

 

前受・前払

 

 

それと

 

 

仕掛(建設業的な科目で言うと「未成工事支出金」)

 

 

の抽出です。

 

 

 

それだけなんですが

 

 

現場数が多いのと支払先が多いのとで、これらの把握が結構大変なんですね。
もうちょっと整理する必要あり、かな。

 

 

 

経理・会計は私の得意分野なんですけど、正直後回しにしてきた分野でもあります。
ここに時間と労力をかけるより、やはり営業と工事のことを優先してきましたから。

 

 

でも逆にやらない理由を作っていてもダメですから、今年度はカイゼンをすすめていきたいと思います。

 

 

経理部長・植田で頑張ります。

 

 

 

 

 

 

よーし!

 

やるぞー!

 

 

今月中ニュースレター発行!!

 

 

歳末植木市(12/1~12/24)!!

 

 

宣言終了。

 

 

これで言い訳の余地一切なし。
実行100%のブログ宣言をやってしまったのだから・・・。

 

さ、やろ。

 

 

 

 

 

 

「地域の人100人にリーフユニティを語る」
9、10人目。

 

どちらの方とも良いお話ができました。
ありがとうございました。

 

目標達成まであと90人。

 

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

 

今日も多くのお客様とお話させていただきました。
皆様、ありがとうございました。

 

 

先週の秋フェアでも多くのお客様との出会いがあり、頑張ってご期待に応えていきたいと思います。

 

様々な行事予定もどんどん入ってきています。
その他、やることも考えることも山積みです。

 

 

こうなってきたからには処理スピードを上げます。

 

 

私は会社勤めのとき、事務職を経験していた時代があります。
それはもう、おびただしい量。
最初担当したときは嫌になるような業務でしたが、負けずに頑張りました。

 

そのときと言えば

 

「一秒単位で仕事を短縮する」

 

ことを実行し続けました。

 

 

一歩歩くことさえも惜しみました。

 

 

すると、どんどん業務がスムーズになり仕事に追われなくなりました。
仕事をしながらも頭の中が猛スピードで回転していました。

 

 

私の職業経験の中でも最もスピード感のある仕事をしていた頃。

 

 

宣言。
しばらくあの時に戻ります。
1週間期間限定。

 

引き換えに、じっくり人と話をする時間が減るでしょう。
経営者としてはマイナスですが、それは期間が過ぎたときに取り返します。

 

ブログの文章も短くなるかも知れません。
毎日は必ず更新しますけどね。

 

 

 

では、行きます。

 

「ガコッ!!」(ギアチェンジの音)

 

 

 

 

 

 

一つ嬉しいことがありました。

 

職人のK君のお客様への応対を得意先の方に誉めていただいたのです。

 

 

 

ナイスバッティング!

 

でかした!

 

 

職人気質とか言われますけど、お客様に感謝の気持ちを持つのは当たり前のことです。そしてお客様にとって気持ちのいい応対をすべきです。

 

 

当社には、私さえも見習うべきような応対のできるベテランのOさんがいます。
植木のMさんも人当たりが良くて好評ですし、Hさんも気遣いが出来る人です。
エクステリアのYさんも最高ですね。

 

 

ありがたいことに職人さんの応対を誉めていただく機会も多いです。

 

 

ただし全員がそうか、と言われると残念ながらそうではないかもしれません。

 

 

我々の現場はお客様が住まわれているケースが大半ですから、応対ができない者を現場へ送り出すわけにはいきません。

 

 

ルールとマナーの徹底。
ここは更に厳しく、そして粘り強く取り組んでいきます。

 

 

これにはトップの決意が必要です。
やりますよ。

 

 

 

 

 

 

フェア開催前ということもあり、エクステリアのメーカーさんとお会いする機会が増えています。

 

 

すると、住宅着工数の激減が話題になります。
数字を見ると確かに激減しています。

 

 

でも

 

関係ありません。
(これ書くと小島よしおのネタみたいで書きにくいですね・・・(笑)。)

 

 

 

そもそも、小さい会社なんですから世の中全体の景気に左右される筈がないんです。
景気ではなく営業努力次第。お客様のニーズはいくらでもあるものです。

 

 

 

当社ではおかげ様で11月着工物件が多数スタンバイし、それが完工するころには12月もカウントダウンとなっているでしょう。

 

 

誠にありがたいことです。

 

 

現在ご相談中のお客様の工事が12月着工で年内完工ギリギリ行けるかどうか。
12月という月はトンデモナイ月ですから、私の頭の中は12月の施工体制を構築することを先取りし始めています。

 

 

本当にありがたいことです。
リーフユニティは住宅着工数と無関係です。

 

 

 

 

小さな会社の経営者が業況を景気のせいにすることは、あってはならないこと。
ですから住宅着工数の話題はいりませんよ、各メーカーさん!

 

 

 

 

 

 

天気の話ではありません。
仕事の感覚が12月のようになってきたのです。。

 

 

 

現場がフル回転状態です。
職人さんの手配がギリギリ一杯のところ。
さっきもSさんに無理を聞いてもらって明日の段取りを付けることができました。

 

 

 

こら~、監督たち!

 

先手必勝やって言うてるやろ!

 

 

 

 

失礼しました。

 

でも、それ以上に着工物件がどんどん積み上がっていく。
そこへ急な仕事が飛び込んでくる。
戦力が分散するため現場のスピードが落ち、工事中の物件数が膨れ上がっていく・・・。

 

 

ある意味、スパイラルになってきます。
これが毎年12月に起こる現象なんですが、早くも今年は起こりかけている気配です。

 

 

しかし、今年はそうはさせん。

 

 

 

早速、一手打ちました。
去年の反省は生きていますよ。

 

 

これぞ、マネージャーの腕の見せ所。

 

監督たち、くどいようですが先手必勝ですぞ!!

 

 

 

 

 

 

今期に入って立てた目標

 

「地域の人100人にリーフユニティを語る」

 

なんですが

 

 

今日、ようやく一人目です。

 

 

ううむ。
これは案外難しい目標かも・・・?

 

 

自然体でやっていては目標は達成できないですね。
半月たってまだ一人ですから。

 

 

もちろん、自然体で達成できるようでは目標の意味がないです。
目標を逆算して行動を変えるから意味があります。

 

ってことで、ここからパワー全開で頑張ります!

 

 

 

 

 

 

ある社長さんのお話を聞く機会をいただきました。

 

 

時折お話を聞いているのですが、やはり凄い。
そのパワーとカリスマに憧れ、そして自らを省みて気を引き締めています。

 

 

その他にもお世話になっているWEB会社さん、仕入先のエクステリアメーカーさんなどにも経営者として尊敬する会社が幾つかあります。

 

 

ビジネス上のお付き合いもさることながら、経営の目標・手本とさせていただけることが有難いのです。

 

 

経営戦略、顧客戦略、それらが次々と実行に移されていく様。

 

 

素晴らしいです。
凄いです。

 

 

これまでも多くのことを参考にさせていただいてました。

 

 

そして今日。

 

 

そうなんですよね、常に新しいことに挑戦していかないといけないんです。

 

スタッフのレベルUPが必要、そのために行動せねばならないんです。

 

 

 

素晴らしいご縁に感謝。

 

皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

工事部門がフル回転状態になってきました。

 

 

去年もこの時期こんなこと言ってたような・・・。

 

 

 

期初から好調な立ち上がり、ありがたいことです。
嬉しい悲鳴です。

 

 

続いて11月、12月と来る。

 

 

昨年は大型物件相次ぐ中、後手になって苦しみました。

 

今年も早くも着工物件が積み上がってきています。
さらに、今月末のフェア。

 

しかし、今年は同じ轍は踏みませんよ。

 

 

ここ数日、職人さんとのご縁も出来ました。

 

とにかく先手、この言葉に尽きますね。
12月の勝負は今から始まっています。

 

 

 

 

 

 

朝から雨が降ってストップした現場が多かったです。

 

が、昼からは雨が上がりました。

 

 

これなら作業が出来たのに・・・と思う部分もあります。
雨が止んでも土が濡れていては出来ない作業があるのも事実。
朝の時点で雨が降っているから「休み」と判断する職人さんを責めるのも難しいところです。

 

 

しかし、何事も「現在の延長に未来はない」ことを認識することが大事だと思います。

 

 

雨は特にそう。

 

今降っていても、一日中降り続けるほうが珍しいものです。
今の状態で続きを判断できない例ですね。

 

それを頭に入れて判断できるかどうか。

 

 

 

 

余談も入りますけど、野球の世界がそうなんですよね。

 

プロ野球の選手で毎年活躍する選手って、稀です。

 

 

我が阪神タイガースの例で言うと、2005年の打点王今岡の成績が2006年に急降下しています。2006年に3割をマークした濱中が2007年は2割に満たない。

 

もっと言うと、チームで「連覇」した例も非常に少ない。
(今年の日本ハムはその少ない例ですが)
結果として選手の成績の波を受けますから。

 

野球の世界でも「現在」の延長に「未来」はないんです。

 

 

 

 

そして経営の世界でも同様。

 

こいつは何もしないでいると下っていくことだけは間違いない。
現状維持するだけで大変な努力が必要です。

 

 

だから、常に前進、常にカイゼン。

 

 

 

 

 

 

三連休の真ん中。

 

 

昨日はお客様も少なかったのですが、今日は一転して多数ご来店いたたいています。
私の昼食もようやく済んだところです。

 

 

ってことで私担当のお客様も多数。
フル回転で頑張ります。

 

 

 

「(仮称)会社案内」もほぼ完成で、最終校正に入っています。

 

昨日、家内に感想を求めると

 

 

「めちゃええやん。社長のあいさつ以外は。」

 

 

 

って、おいおい。
力込めて書いてんけど。

 

 

確かに長い文章ですけど、「リーフユニティってどんな会社?」と思っておられる方には読んでもらえると思う。

 

 

 

・・・たぶん。

 

 

 

読んでください(お願い)。

 

 

 

ともあれ、今週末には完成します。

 

 

そうそう(仮称)って、正式名称はまだ決まってないのか?と思われる方もいらっしゃるかも知れません。実は決まってるんですけどね~。

 

ブログでは発表しようかな~、どうしようかな~。

 

 

気になるやん、それ頂戴よ!

 

という方はこちらからご連絡ください。当社の営業エリアの方にのみ届けさせていただきます。あっ、同業者の方はダメですよ。

 

個人的に私をご存知の方もOKですので私宛のメッセージとともにご連絡ください。

 

 

 

今月末までにはお届けできると思いますので・・・。

 

 

 

 

 

 

秋フェアのチラシの最終校正に入っています。

 

 

チラシ折込は6回目となります。

 

 

 

実はチラシの入れ方も曲がり角に来ているような気もしています。
実際、費用がかかりすぎるんすよねえ~。

 

 

 

コスト削減の方法として考えられるのが

 

①印刷を大量にして単価を抑える

 

②折込を一斉にすると反応が集中するので地域により時間差をつけて折り込む

 

③そして長期間に渡って使いまわす

 

という方法。

 

 

難点は

 

 

日付入りのイベントチラシには使えない

 

ので

 

インパクトに欠ける

 

こと

 

 

必殺技の「この土日」作戦もありますけど(笑)。

 

 

 

他の広告媒体の研究も必要となりそうです。

 

実は今月発売のガーデン雑誌「家を美しくするエクステリア700」に広告を載せました。

 

来月発行のタウン誌「レジオン」に広告を載せます。

 

 

最大のテーマは、無論「費用対効果」です。
ガーデン雑誌もタウン誌もチラシより遥かに安いけど・・・効果が分かりにくい。

 

 

ポスティングの有効性も時折指摘されますけど、今まで成果が出ていないという現実があります。

 

 

この辺の広告・宣伝戦略も今期の大きな課題となりそうです。

 

 

 

 

 

 

9月30日。

 

 

当社の決算日です。

 

 

 

振り返りは先日のブログでしましたし、決算日と言っても表立って特別なことは何もありません。

 

 

決算書が出来上がるのなんて、かなり先ですしね。

 

 

あくまで私の中での一区切り。

 

 

 

そしてワクワクするのは明日から、です。
「リーフユニティを100人に語る」目標が始動します。

 

今日も先ほど語ったのですが、明日からカウントスタートです。

 

 

色んな出会いに期待しています。

 

 

 

 

 

 

ブログにも何度か書きましたが・・・

 

リーフユニティの「(仮称)会社案内」を作成しています。

 

 

 

と、言っても今回は手づくりです。

 

 

 

これはリーフユニティに興味を持っていただいたお客様にお渡しする冊子なので、大量印刷する訳にはいかないんですね。

 

 

作った後も改訂をしたくなるところも一杯出てくるでしょうし。

 

 

ホームページでも想いを伝えられるように作成しましたが、冊子ならではの良さもあるものです。ホームページには載せていない内容として「お客様の声」「詳しいスタッフ紹介」「関係者の方からのメッセージ」そして「植田の語り」などを作成しました。

 

 

ホームページとは違った良いものができそうです。

 

 

来月のフェアから配布開始です。

 

また、準備が整い次第ホームページからの資料請求も出来るようにと考えています。

 

 

 

これが私の来期の切り札。

 

 

そしてさらに二つのカードを切る予定です。
ここまでを年末までに形にします。

 

またやってもた・・・ブログ上宣言。

 

 

実行完了確実。

 

 

 

 

 

 

当社は9月決算なので、9月30日をもって今期が終了します。

 

 

今期も様々な前進がありました。

 

 

数字的には前期と同等かな。
立ち上がりから絶好調だったのですが、期末に少し息切れしてしまいました。
ま、その後来期への立ち上がりは巻き返しているんですけどね。

 

しかしジャンプアップとはいかなかった点については反省も残ります。

 

 

 

しかし、内容的には大きな変化があります。

 

昨年度の一時的な受注が減った分をホームページ稼動による受注でカバーできた、という図式となりました。

 

後に繋がらない一時的な受注よりも、先への自信に繋がるホームページ効果。

 

結果として、内容がカイゼンしました。

 

 

植木部門は大きく売上げ増、です。
安定した品揃えについても前進しています。

 

 

大きな手ごたえがあったのが人材面。
昨年から今年にかけて入社してくれたスタッフの成長が著しいです。
色々あったけど、最終的には自信の持てる陣容を作ることができました。

 

 

展示場の整備も進みました。
エクステリア商品の展示が充実し、モデルガーデンの整備もできました。
展示場のレベルも全国が見えてきたかな。

 

ニュースレターの発行も回数を重ね、消毒巡回サービスなどOBのお客様へのサービスラインナップが形づくれてきました。

 

 

HPは大きく前進。
アクセス数は期初から4倍増まで伸びました。
検索順位ではヤフーで55位から出発してトップページにまで上れました。

 

 

施工事例の写真を整備し、一元管理する体制を整えました。
そして「施工事例集」をつくってお客様に見てもらえるようにし、店内掲示もはじめました。

 

 

ロゴマーク入りの社用車を導入できました。
2年前からの念願でした。

 

 

資材置き場の整理を実行しました。
在庫ロスを少なくするとともに、不要なものは廃棄するよう徹底しました。

 

 

その他にもカイゼン100項目の目標を掲げて小さなカイゼンを積み上げました。

 

 

 

 

そして何より一年間でご縁のあったお客様の数が

 

過去最高数。

 

OBのお客様こそが心強い応援者となっていただけると思っています。

 

 

 

先日行った、「お客様感謝祭」にお越しいただいたお客様の数は43組でした。
その数こそが、この一年の大きな前進を語っています。

 

 

来期も前進を振り返ることができるよう

 

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

 

100.営業用ツール整備

 

 

 

祝!達成!!

 

 

 

以前から私のブログを読んでいただいている方はご存知のとおりですが

 

(そういう読者の方は少ないと思いますので)

 

改めて書きますね。

 

 

 

当社の決算は9月末です。

 

昨年10月に新年度がスタートしてまもなく、あるカイゼン策を実行しました。
それを「第一弾」としてブログで発表しました。

 

その際に、せっかくだから年間目標を立てようと考えて「目標・カイゼン100件」を掲げたのです。

 

 

目標を掲げると達成する方法を考えます。

 

逆算して月間目標を考えます。

 

思考と行動が後押しされます。

 

小さなことでも実行に移します。

 

 

何より、ブログで宣言している効果。

 

 

ブログで言い訳するほどカッコ悪いことはないですから。
「出来ない理由」なんて書くと同じ経営者からは鼻で笑われてしまいます。

 

 

そして達成するしかない、という状況になるのです。

 

 

 

そして思えば達する。

 

 

年間100件のカイゼンという数は大したことじゃないかも知れないけど

 

目標と実行。そこから学んだことは大きいかも。

 

 

 

 

だから来期もやります。

 

 

目標「地域の人100人にリーフユニティを語る」

 

 

地域の人にリーフユニティはまだまだ浸透していません。
ですから、私自身がもっともっとコミュニティを広げて語っていかねばならないのです。

 

実は昨日も語りました。
が、来期の目標ですからスタートは10月1日。

 

また違った行動の一年になりそうです。

 

 

 

 

 

 

本日、工程会議。

 

9月の工程も概ね段取りができました。

 

 

10月以降も多くのご縁を頂戴しております。
ぬかりのないよう、先手を打って段取りしていきたいと思います。

 

 

 

 

私自身の担当のお客様も多いです。

 

植木シーズンも再開で、仕入れや在庫管理に販売、植栽工事が入ってきます。

 

次の日曜日はお客様感謝祭。

 

秋フェアの準備。

 

全現場の把握とその他マネジメント関連。

 

 

 

 

焦らない、焦らない。

 

 

 

これら全てを鼻歌まじりでスイスイ~っとこなす。

 

 

これが経営者の理想ですな。

 

 

 

だからブログもしっかり書いていきます。

 

え?元々大したこと書いてない?
それを言っちゃあおしまいですがな(笑)。

 

 

 

 

 

 

工事OBのお客様にニュースレターを発送しました。
これが4回目の発行です。

 

今回はコニファーガーデンについて、実例を基に語らせていただきました。
「庭は暮らしながら育てるもの」ですから、OBのお客様にお役立ていただければ幸いです。

 

前回好評だった「消毒巡回サービス」も案内しています。
果たして今回の反響はいかに・・・?今回も私自身が巡回しますので、皆様よろしくお願いいたします。

 

 

さてニュースレターですが、私が作文してスタッフのMさんがキレイにまとめあげるスタイルもスムーズになってきました。
作業的には毎月でも出せるんですけど・・・

 

問題はコストかな。
郵送、封筒、印刷のコストですね。

 

 

今のところは季刊くらいのイメージでやろうと考えています。

 

 

次回は11月ごろ発行の予定。
プレゼント企画もやりますのでお楽しみに!

 

 

 

ところで

 

最近、作文する仕事がやたらと多いです。あっ、ブログは別としてね。
ニュースレター、チラシ、会社案内、HPリンク先用紹介文などなど・・・

 

 

想いを伝えるのが経営者の大事な仕事ですから

 

文章力って経営者の重要なスキルだと感じています。

 

人任せでは絶対に伝わらないからね。

 

 

 

 

 

 

「経営セミナー」に参加してきました。

 

 

この手のセミナーって、私はあまり参加しません。
新米経営者の頃は「何か勉強しなくては」という思いで時折参加していたのですが、最近は殆ど参加していませんでした。

 

 

セミナーも結局、「費用対効果」。

 

 

ここで言う「費用」とはおカネのことだけではなく、もちろん時間のことも含みます。私の時間は貴重です。特に日中の時間は現場も行きたいし、内勤スタッフに声をかける時間でもあります。

 

 

それを費やす意義が本当にあるのか?
と考えます。

 

 

そして「効果」。
これは難しいところですね。内容は行ってみないとわからない。
大事なのは「お勉強」より「モチベーションUP」のように思うのですが、どうでしょうか。

 

行動が変わらなければ無意味ですもんね。
読書も一緒ですけど。

 

 

だから、経営セミナーの参加はしっかり吟味します。
講師、内容、時間、場所、費用。
結果、費用対効果で勝てる場合は多くないです。

 

奈良だから余計なんですけどね。

 

 

で、今日は行ってきました。

 

大きな理由は私の元勤務先の主催セミナーだったからです。
内容以上に、古巣とのご縁だから。
行く前から行く価値があるに決まっています。

 

 

今も温かい古巣です。

 

 

セミナー内容もよかったです。
私の考える営業戦略に自信が持てました。

 

うん、いいこと聞いたなあ。

 

 

 

 

 

 

今日もありがたいご縁がありました。

 

少しばかり語らせていただきました。

 

来期の目標をブログで発表済みです。

 

「リーフユニティを100人に語る。」

 

今日の分をカウントしたいんすけど・・・

 

 

まだ来期になってないですね。

 

ハイ。
それはダメですね。

 

10月から頑張って積み上げていきます。

 

 

 

 

 

 

92.WEBマーケティング部門カイゼン

 

小さなことも行動を積み重ねていきます。

 

あと8つ。

 

 

 

 

 

 

9月に入ってお客様の動きも一層大きくなってきたようですね。
日曜日の今日は多くのお客様にご来店いただきました。

 

 

各スタッフからも次々に報告があがってきています。
プランナーはじめ皆がフル回転状態ですが、各人漏れなく・ぬかりなくお願いしますね。

 

 

植木の仕入れ再開も近づいてきました。
9/18が久しぶりの植木市です。
ご来店のお客様のご期待に添える品揃えを目指します。

 

 

秋風とともに動きが変わるのも9月。
決算月ならではの動きが問われるのも9月。

 

 

 

 

 

91.HPのカイゼン

 

 

アクセス数は来期に目標値に達するつもりです。
今の5~6倍ですけど、思わねば達しない。
頑張ります。

 

 

 

 

 

 

90.商品の品揃えカイゼン

 

 

明日からいよいよ決算月です。

 

 

カイゼン目標は残り10個。
小さなことでも実行を積み重ねていきます。

 

数字的には十分達成可能なもの。
一年がかりの目標でしたが、やはり計画的に進めてきて来れたからですね。

 

「絶対に達成する」「絶対にあきらめない」

 

と思うからこそ行動になります。
逆算して考えられます。

 

 

本当、目標って大事ですね。

 

言葉では理解しているようでも、本当に理解されていないことも多いと感じます。

 

 

 

「会社は社長の思っているところまでしか行けない。」

 

 

ホンマ、身に染みる言葉です。

 

色んな意味で。

 

 

来期のブログ宣言目標も決まりました。

 

「地域の人100人にリーフユニティを語る」

 

です。

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

 

会社案内を作っています。
当初、印刷屋さんにお願いしようかと思っていましたが、手作りにすることにしました。

 

会社案内というと堅苦しいイメージになってしまいますね。
ちょっと違う。

 

 

うーん。
自己紹介ブックと言うか、ラブレターと言うか。
お客様にリーフユニティのことを知っていただくためのもの。

 

 

ま、タイトルはともかく

 

 

 

少しづつ原稿が出来てきました。

 

 

 

 

その中でスタッフの紹介をすることにしました。

 

 

趣味、特技に好きなもの、嫌いなものetc・・・。

 

早速アンケート用紙を配布してスタッフに提出してもらいました。

 

 

 

 

 

面白いな、これ。
みんな適度におちゃらけた回答をしてたりして。
全員の分が集まるのがちょっと楽しみ。
お客様にも楽しんでいただけそうです。

 

 

それと、お世話になっている方々へリーフユニティへのメッセージをお願いしました。

 

皆様快く引き受けていただき、大感謝です。

 

 

うん、良いものができそうな気がしてきました。
10月には完成して配布スタートする予定です。
楽しいですね、こんな仕事。

 

 

 

 

 

 

私の信条の一つ

 

「アイデアは考えている時間に比例する」

 

というのがあります。

 

 

 

学生時代に塾講師をしていたときの頃。

 

私が立て続けにイベントを企画していました。
社員の先生に「植田君はイベント企画に強いなあ。」と褒められたことがありました。

 

 

私は少し違和感を持ってその言葉を受け取りました。

 

 

 

強いって・・・?
強い弱いの問題じゃないと思うけど?

 

常にイベントのアイデアが湧きおこってくることなんてない。
何かできることないかな、と思ってあーでもない、こーでもない、と常に考えているだけや。
良い考えなんて簡単には出てこないけど、色んなことを考え続けていたら時々良い考えも混じってくるだけのこと。

 

別に特殊な能力じゃないよ。

 

逆に、何で誰からもアイデアが出てこないんやろう?
何も考えてないのかな?

 

 

 

 

 

その当時から確信しています。

 

アイデアを捻り出すには頭に汗を掻くほど考え抜くことです。
四六時中考えることです。

 

そうすると、当然多くの考えが浮かびます。
その多くは大した意味のないことです。非現実的なアイデアであったり、効果の得られないアイデアであったり。同じ事を何度も考えることもあるでしょうし、全然違う方向に意識が飛んでいくこともあったりしますね。

 

 

しかし、良い考えではなくとも考えることを積み上げていくと

 

 

ポン、と良い考えが出てくることがあるのです。

 

 

一つの良い考えの影に使えない考えが何十個、何百個と葬られているんです。

 

 

言い換えるならば

 

「大量の仮説出し」

 

ですね。

 

 

 

経営者となった今

 

これは私の最大の武器でもあります。

 

シニカルな言い方で悪いのですが、世の中考えない経営者も多いようなのです。

 

考えないからアイデアが出てこない。当たり前のことです。

 

 

 

考えるのはただシンプルに

 

「何かできることはないか」

 

です。

 

 

 

最近も次々とアイデアが浮かんできます。

 

 

そして後は実行するだけのこと。

 

 

 

 

 

 

むっ。

 

9月の工程が忙しくなってきたように思う。

 

 

 

 

昨年の後半はとてつもない忙しさ(私自身やなく工事のね)でしたが、現場の戦力を増強して何とか乗り切りました。昨年のこの頃のブログでは、職人さんを募るような話題が多かったのです。

 

 

その後は増強した戦力でもって比較的スムーズに現場をこなせてきたのですが・・・

 

ここに来て9月の予定が相当入ってきています。
このまま行くとバタバタになりそうな気配。

 

こういう時こそ私の出番。

 

前もって工程を詰めて段取りをしておくべし。

 

 

実は、このことについては大きな反省があります。
去年後半は前述の戦力UPで乗り切ったと言うものの、特に12月はトンデモナイ状況に陥ってしまったのです。

 

大型物件の追い込みが集中しました。
秋フェアの工事が決まって着工に追われました。
長期で休む職人がいました。

 

 

このことを12月の初旬に私が読みきれず、「何とか今年は乗り切れそうだ」と見通しを誤ってしまったんです。

 

 

忙しくなってからでは時既に遅し。
慌てて様々なところへ応援依頼を出すものの、今日頼んで明日から、など無理な話(無理もかなり聞いていただきましたが)。ウチも忙しければ皆が忙しい月ですから当然です。最後には大して効果が少ないことも分かっていながら私自身が作業員になりました。

 

あの状況に陥ってしまったのは全て私の責任です。

 

 

 

 

過ちは絶対に繰り返さない。

 

 

 

 

「転ばぬ先の杖」
ビジネスやってると格言の真理に驚きます。
経営者にとって大事なのは「転ぶ」リスクを感知すること。

 

早速明日動きます。

 

 

 

 

 

 

今日は一日中打合せの連続でした。
現場で、訪問先で、事務所で、そして電話で。
FAXのやりとりもありましたね。

 

 

それぞれ前向きな話ができたかな。
だから今は少しばかりの充実感。

 

 

今日お話させていただいた皆様方、ありがとうございました。

 

 

改めて、色んな御縁に恵まれていることに感謝したいです。
お客様、取引先、そしてスタッフ。

 

 

温かい人柄の方々に囲まれてビジネスをさせてもらっている私は幸せな人間です。

 

 

よくしてもらった御恩は絶対に忘れません。
もちろんビジネスですから、リーフユニティが力強く歩むことが一番の恩返しになると思います。

 

 

もう、頑張るしかないっす。

 

 

 

 

 

 

うう、また身体が足りなくなってきました。

 

 

カバーは時間でするしかありません。

 

 

次の仕事は…、と。
おっ、ニュースレター担当のMさんが原案を上げてきてくれています。

 

 

うん、なかなかのモノですね。
概ねの内容を立案して原稿のほとんどを私が書き、Mさんがレイアウトと仕上げをしてくれます。

 

今回も色々と工夫をしてくれていて、上手く仕上がっています。

 

OBのお客様、9月10日頃には発送する予定ですので、どうぞご覧くださいませ。
 

そのニュースレターの中で、イベントのお知らせをしております。

 

 

10月27日、28日に開催する秋のフェアのお知らせで、秋フェアのテーマを発表しているんですが…

 

 

実は、私が読んでドキッとしました。
期待感をそそる、我ながら良いキャッチコピーかな。

 

どんなって?
まあまあ、もう少しだけお待ちください。
9月になったら大公開しますから。

 

 

そんな期待に応える内容を詰めていかねばなりません。
よーし、頑張るぞー!

 

 

 

 

 

 

86.販促ツールのカイゼン

 

今期(9月末決算)100件の目標が迫って参りました。
ブログ上の宣言は絶対に実行しないと格好悪すぎるんで、効果絶大ですね。

 

 

で、来期の目標を設定します。

 

 

来期の大きなテーマが

 

 

「コミュニティづくり」

 

 

です。

 

 

って、書くと難しそうに聞こえるんですがカンタンな話。

 

できるだけ沢山の人と会って話をしましょう、ということ。

 

 

ここ2年半で5回のチラシを打ち、ホームページを開設してアクセスもある程度いただけるようになりました。

 

 

じゃ、次の一手は?

 

リーフユニティを地域に根付かせるためにはどうすればいいのか?

 

 

その答えの一つがこれ。
私自身がリーフユニティを熱く語る。

 

 

そんな機会を意図的に作っていきたいと考えています。

 

 

動けば動くほど出会いがある。
出会いが多ければ多いほど素晴しい出会いが増える。
そして「思わぬよいこと」が沸き起こってくるもの。

 

 

来月中に具体的な目標と管理方法を考えねばなりませんね。

 

 

 

 

 

 

お盆休みを前にして、工事部門はストップです。

 

一番暑い時期を何とか乗り切りました。
この時期は本当に熱中症が心配です。
例年より朝夕はすごしやすい気もしますが、それにしても昼はとんでもない暑さです。

 

現場で働く職人さんたちは丸一日戸外での作業です。
幸い熱中症もなく、休みに入ってくれてよかったです。

 

 

お盆休み、ゆっくり静養して鋭気を養ってくださいね。
職人さんにとってこの期間は本当にありがたい休養になります。

 

 

工事中のお客様、再開は基本的には18日です。
よろしくお願いいたします。

 

 

営業部門は明日もやっています。
ご来店・お問い合わせはご遠慮無く!

 

 

 

 

 

84.資材置き場カイゼン
よりスペースの有効利用ができそうです。

 

 

 

 

 

 

作文を書きました。

 

って、チラシに載せる文章とニュースレターの記事なんですけどね。
我ながら結構良い文章になったと悦に入っている植田です。

 

 

今でこそブログを毎日書いて文章を書く事には抵抗のない私ですが、子供のころの夏休みの宿題の作文は大の苦手でした。

 

 

原稿用紙1枚が長いこと、辛いこと。

 

 

読書感想文?

 

何書いたらいいの?

 

税に関する作文?

 

は???

 

人権作文?

 

そんなこと急に言われても…。

 

 

で、訳のわからないことを書き連ねて何とか原稿用紙2枚くらいまで無理矢理書いて誤魔化していたように思います。精神年齢が低かったもんですから、読み手を意識した作文なんて全然できなかったんです。

 

 

 

で、高校生くらいから文章力が上がってきました。
大学生時代は塾講師やってましたから、常に文章を書くようになりました。

 

この頃はやたらとインパクト重視。一文一文にトゲがあるかのような鋭い、というか紋切り調のキツイ表現を書き連ねていました。

 

 

いやあ、この頃はまだ若かったです。

 

 

で、社会人になって年を経るに連れてソフトな文章が書ける様になってきたんです。
我ながら成長したなあ~って思います。

 

そして経営者は文章を書く機会が多い。
チラシも、ホームページも、ニュースレターも殆どが私の作文です。
人任せでは絶対に想いが伝わりませんから。

 

 

このブログも想いを伝えるために書いています。
色んな人に向けて、ね。

 

 

 

 

 

 

7月の月次資料が上がって来ました。

 

ありがたいことに、すごく安定した受注を頂いていることがデータ上も見てとれます。

 

データ以前に、動いている現場の数や職人さんの数から受注状況は肌で感じています。それが数字で裏付けられる、といったカンジですね。

 

 

データ分析は両刃の剣です。

 

形式的な側面だけ捉えると、数字遊びやパズルになってしまいます。
データ作成、データ分析自体が仕事になってしまっては実態は何もカイゼンされないまま時間が費やされてしまいます。

 

 

しかし、私はデータ分析は昔から好きな方です。
数字から実態を掴み出す、これが私の特技でもあります。

 

そしてこのデータ分析の一番の利点こそがモチベーションのUPにあるのです。

 

 

 

カンによる経営は経営者の最大の能力の見せ所でもあります。
が、カンだけでは見えにくい部分がデータ分析によって見えてくることがあるんですね。

 

 

コイツが見えたとき、「うおっ!」とか「えっ!?」とかいう驚きがあり、「そうか~、そうやったんか~」という納得があり、「よっしゃあー、ココを何とかせんとイカンのやな」と頭が回転し始めるのです。

 

 

分析は行動のためにあるべし。

 

 

もちろん売上の推移を見て、単に「もっともっと伸ばしたい!」というモチベーションのUPも大事なことです。

 

 

今期はトータルで見ると昨期を上回る見込み。
しかし、目標は更に高いところにあります。

 

まだまだ頑張り足りない。

 

もっともっと頑張ります。

 

 

 

 

 

 

当社は小さな会社です。

 

家族経営よりは一回りか二回りくらい大きいですが、それにしても社長は何でもせねばなりません。

 

最近のところのマネージャー植田は「営業部長モード」でした。
その合間を縫って「人事部長モード」になったり「経理部長モード」になったりしていたのです。

 

 

で、ここで自分の中で舵を切ります。

 

 

宣言。

 

 

「販促部長モード」

 

 

 

に突入します。

 

 

 

ここ半年ほどの販促部長・植田の頭の中はホームページ戦略が多くを占めていました。

 

結果、リアルの部分のフォローが甘かったように思います。

 

 

ここからは、秋のフェアに向けての準備が本格化します。
フェアまでに、もう一つの販促の切り札を仕込んでいきます。
お客様感謝祭’07を開催します。
店づくりを一から考え直していきます。
地域戦略を推進します。

 

 

ホームページは重要なツールの一つであるが、決して全てではない。

 

 

最近、ホームページの反響の良さに甘えてしまっていた節のある自分を反省します。

 

 

さあ、やろう。

 

 

 

 

 

 

夏!

 

ってカンジになりましたね。

 

 

 

とは言え、7月も残りわずか。
そして盆休みまであっと言う間です。
盆が明けると何となく秋風を感じはじめます。

 

 

時間が経つのが早いのはビジネスをする人間にとっては常識中の常識。
そのスピードに勝てるかどうか。

 

思いついた考えを整理し、判断し、実行する。
このスピードがマネジメントの勝負を分ける。

 

 

プレイングマネージャーの私としては試合に出ながらも采配を奮う。

 

もちろん、選手としての言い訳は一切できない。

 

監督の仕事を後回しにしたら全てが停滞する。

 

 

 

 

今日も試行錯誤の中の営業推進活動を行いました。
捲いた種が芽を吹くがどうかは分かりません。だから、できるだけ沢山の種を捲いていきます。

 

 

夏でも冬でもね。

 

 

 

 

 

 

日々ブログに書く内容は色々なんですが、「日記」と題しているので書くときはパソコンに向かいながら一日を振り返っています。

 

 

今日であれば

 

支払い事務確認⇒着工現場(天理市)⇒社内でお客様と打ち合わせ⇒(昼食)⇒役所(名張市)⇒現場巡回(名張市)⇒現場巡回(桜井市)⇒現場巡回及びお客様と打ち合わせ(天理市)⇒帰社後、スタッフと業務確認

 

という感じです。

 

これから更に事務の確認をします。

 

 

一見、忙しそうに見えるんですけど

 

 

ちょっと仕事に追われているような・・・?
振り返るたびに感じてしまいます。

 

だから余計にブログに書くほどのこともないことが多いです。
(まあ、時には小学生日記風のブログもいいんですけど。)

 

確かに、現在私が担当しているお客様も多いです。
しかし、こういう時こそマネージャーとしての力量が問われるのでしょう。

 

体は一つですからかける時間は限られています。

 

 

肝心なのは
「幾つのことを同時に並行して考えられるか?」
です。

 

 

考える、すなわち意識が追いついていれば仕事には追われない。
後手にならない。

 

 

 

マネージャーの力量はここにあるんだ、と痛感しているこの頃です。

 

 

 

 

 

79.現場管理体制のカイゼン
想いを込めて行っていきます。

 

 

 

 

 

 

お客様との内容の濃い打ち合わせが2件。
今日は貴重なお時間を長くとっていただき、ありがとうございました。

 

 

世間の3連休も終了。
明日からは色んなところが動き出します。

 

 

日曜・祝日は私にとっては平日とはまた違った雰囲気です。

 

まず、朝の道が空いています。
基本的に現場は動いていませんので朝のスタートの朝礼がありません。
工事中の現場の巡回をすることもありません。
現場の監督、設計、経理のスタッフが休みなので社内がちょっと静かです。
電話がなることも少ないです(お客様の電話以外のね。平日はセールスの電話も始終ですし)。
メーカーさんや問屋さんが休みですので問い合わせ等が出来ません。
私自身は極力店内に居るようにしています(今日は出ずっぱりでしたが)。
そして店内に目を配っています。
プランナーたちも心持ち早めに退社するので比較的早い時間に私一人になります。
お客様の来店は平日より多いので、来店数とその内容が気になります。

 

 

お客様とお話をする時間と、一人でじっくり考える時間の多い日。

 

 

そんな日曜・祝日が終わり・・・

 

 

明日からまた平日の仕事が入ってきます。

 

 

現場が動きます。
メーカーさんや問屋さん、金融機関に役所が動きだします。
経理・設計スタッフへの指示等もあります。

 

 

何か気ぜわしく、外出することも、電話の時間も多い日。

 

 

でも、何か明日が楽しみな気分になっていたりします。

 

 

その前に今日もまだまだ頑張ろう。

 

 

 

 

 

 

ご縁あって造園の設計依頼を頂戴しました。

 

 

普段では滅多にない貴重な機会。
全社を挙げて、全力を尽くして頑張りたいと思います。
この仕事をやり遂げたときには新たな世界が見えている、そんな予感がしています。

 

 

 

この件に限らず、色んなご縁がいただけることに本当に感謝したいです。

 

 

 

ご縁の形は色々あります。
思いもかけないところからご紹介いただくこともあります。

 

 

 

いずれにしても「リーフユニティ」、もしくは私自身やスタッフのことを思い出していただける方が沢山いるということ。

 

 

これほど嬉しくて心強いことはありません。

 

 

 

思い出していただける皆様に感謝。
そしてご期待に添えるよう努力し続けよう。

 

 

 

 

 

 

うーん・・・。

 

 

大きな判断をせねばばらない事がでてきました。
内容は書けないんですけど・・・。
(なら書くなって?まあ、そうなんですけど今はそれ以外書けない心理状態なんです。)

 

 

 

大きなチャンスなんです。
そのチャンスを生かせるかどうかは自分次第。

 

チャンスなんだから迷うこともない。
ある意味結論は既に出ている。

 

さらに私の信条は星野前阪神監督の「迷ったときは前へ出ろ」ですから、迷ったとしても前に出ることは決まっています。

 

 

 

後は私次第。

 

 

 

覚悟を決めろ。

 

 

今ならできる。

 

 

よし。

 

 

 

 

 

 

このところ増えてきたのが

 

 

ご紹介のお客様

 

 

です。

 

 

 

あるお客様がご紹介いただいたお客様が、また別のお客様をご紹介いただいたり。

 

 

お客様からご紹介をいただけるのは何にも代えがたい喜びです。
ああ、ご満足いただけたんだな、と感じることができる瞬間。
お客様の中に工事後も「リーフユニティ」の存在があればこそ、ですね。

 

もちろんご成約に至るケースがほとんどです。

 

 

 

夢と理想は「紹介のお客様」や「OBのお客様」を半数とまでは言わないものの、3割くらいまで持っていくことなんです。

 

一朝一夕には行かない話ですが、最近増加の傾向を体感できているのは嬉しい限りです。もちろん、そのための施策を一つ一つ実行しています。

 

 

これがリーフユニティの重点戦略の一つの柱。

 

 

紹介受注やリピート受注を目指すのは当たり前のようですが、この戦略は誰にでもできる方法ではないんですね。

 

それ以前の問題があるんです。
経営者の方ならわかりますよね?

 

 

私も2年前にはできなかった。
今はできる状況が整いつつある。
この2年間の蓄積が状況を作ってくれている。

 

 

もちろん、これから先の方が長いです。

 

夢と理想を目指して頑張ります。

 

 

 

 

 

 

出ずっぱりの一日だったんですけど

 

 

明日香村打ち合わせ
  ↓
橿原市役所
  ↓
橿原市町現場
  ↓
明日香村平田現場
  ↓
橿原万葉ホール
  ↓
橿原市打ち合わせ

 

 

 

てなカンジで

 

 

それぞれが近いので移動距離は非常に短い効率的な一日。

 

なんか、得した気分になりました。

 

 

ていうか、かくあるべしなんですよね。

 

 

できるだけ同一方向の目的地を集めて効率的に移動する。
移動時間というやつは何も生まない時間なので、移動自体の価値を最大限に上げてやる必要がある。

 

今日は偶然に行き先が同方向に集まっていたのですが、意図的に作り出して移動の価値を上げていきたいのです。

 

 

そのためには・・・

 

 

色んな方向に有効訪問できる場所の「引き出し」をストックしておくこと、ですね。

 

どうしても日時が決まっている用件も多々あります。
朝一番に行かねばならない現場もあります。

 

その用件を軸に日時がフレキシブルな用件をいかに組み合わせていけるか。

 

 

極端にいうと「行かなくてもよいが、行ったら成果につながる訪問先」とか「参考になるものを見たり聞いたりできる場所」をストックしておけばいいと思うのです。

 

 

アポなしで名刺を置いてくるだけでもよし。

 

 

まさに「近くに来たもんで」というヤツです。
と、言いながらもネタは用意しておいた方がいいかな。

 

 

漠然と移動していては足が向かないので、大事なのは行く場所のリストUPして行くと決めておくことですね。

 

 

やってみるか。

 

 

よし!

 

 

 

 

 

 

75.現場におけるマナーモラルのカイゼン

 

76.積算手法のカイゼン

 

77.WEB検索対策のカイゼン

 

 

今期も残すところ3ヶ月です。
100件の目標は当然達成します。

 

 

あと23件。
月平均ペースどおりの件数で来れました。

 

 

で、来期どうするか。

 

 

同じ目標では芸がないですしねえ。

 

 

目標倍増?

 

面白みにかけるかな。
ブログでの目標宣言は効果抜群・達成確実ですから、有効に使いたいですね。

 

 

ネタはいくつか浮かんではいるのですが・・・
来期に入る前には発表します。

 

 

 

 

 

 

本日から「全国安全週間」がスタートしました。

 

 

厚生労働省が旗振り役です。
毎年スローガンが決められています。

 

 

今年は

 

 

「組織で進めるリスクの低減 今一度確認しよう安全職場」

 

 

です。

 

 

お上がどうとか、スローガンがどうとかは大きな問題ではないんですが

 

 

「安全管理」はメチャクチャ大事な問題。

 

 

当社では毎朝、朝礼で「ごあんぜんに!」と皆で声をかけて現場へ出発します。

 

ヘルメットの着用は100%です。

 

 

 

安全管理はトップの決意。

 

 

 

この点については一切の妥協はしません。

 

仲間が不幸になる事故は絶対に起こさないように。

 

 

暑さも本番です。
熱中症が心配です。

 

職人さん、本当に注意してくださいね。

 

 

 

 

 

 

土曜日。
多くのお客様にご来店いただきました。

 

皆様、ありがとうございます。

 

 

さて

 

 

実は植田にはちょっとした夢(野望?)がありまして

 

「アンテナショップ」をつくりたい

 

と、最近まで思っていたんです。

 

こ洒落たショップでガーデングッズなんかを販売しながら、受付・相談の営業拠点として機能させる。工事部門は本社で一括管理する。

 

 

 

 

が、一旦忘れます。

 

 

このところ、会社としての目標設定とその達成の方法について考えていました。

 

現状のスタイルで会社として次なるステージに上れるのだろうか?
アンテナショップを作らないと会社を伸ばしていけないのでは?

 

しかし、経営者なら瞬時に分かることですが(逆に経営者でなければ分からないことでもある)店舗展開にはリスクがつきまといます。
相当のコストがかかります。

 

 

リスクとコスト。

 

 

マネジメントで注意を払わねばならないポイントなんです。

 

 

 

コストという側面から言えば、極端な話

 

 

ビジネスは自宅兼事務所でするに限るんですよね。

 

別な言い方では「プッシュカートビジネス」。
ワゴンに乗せて移動しながらモノを売る、という究極の低コストビジネスです。

 

 

コストをかけなければ、売る力が不足していても踏ん張れる。

 

 

売る力なしでコストをかけてしまうと・・・ズルズルとおカネがなくなってビジネスを続けることが出来なくなる。

 

 

結論。

 

 

コストをかけてアンテナショップを作るよりも、会社を伸ばす方法は他にまだまだ存在する。

 

 

 

そしてアンテナショップではリーフユニティの最大の強みが生かされない。

 

 

 

展示場ではなく、アンテナショップで集めようとする理由が「近さ」しかない。「近さ」と「安さ」は最弱の武器なので勝ち目なし。

 

 

 

決まり。

 

 

今の展示場で勝負します。

 

遠くからでも足を運んでもらえる店づくりをします。

 

こちらから行くのは三重も大阪も京都も遠くないです。

 

 

 

あースッキリした。

 

 

 

 

 

 

経営者は一生悩み続ける職業だと思います。

 

 

あ、別にネガティブに考えている訳じゃないですよ。

 

 

 

能天気に悩みのないようではダメだ、という意味でもあります。
嬉しい悩み、というのもあります。会社が新たなステージに登るときも問題・課題は噴出しますしね。

 

 

経営者は悩んでナンボ、ということです。

 

 

色んな段階で色んな悩みが駆け巡ります。

 

 

 

「お客様に選んでいただくにはどうすればいいのか?」

 

営業面のこの悩みだけは途切れることがないでしょう。

 

 

投資判断に悩むこともあります。

 

忙しすぎて、人手不足で悩むこともあります。

 

機械の故障に悩むこともあります。

 

資金繰りに悩むこともあります。

 

人材育成に悩むこともあります。

 

仕入価格の高騰に悩むこともあります。

 

 

 

書ききれないほどの大小様々な悩みがあるんですけど

 

 

一番多い分野が「人事面」ですね。

 

 

小さな会社だと、一人でも退職があると火の車になります。
対して採用は小さな会社にとって難しい問題です。

 

 

半年前、実はこの悩みが深かったのです。

 

採用しても辞退されたり、三日で辞めたり。

 

 

しかし、ありがたいことに最近は悩んでいません。

 

 

新たに加わってくれたスタッフを含め、全体的に良い回転になっていると思います。

 

 

現在、私も別のことで前向きに悩める状態です。
ありがたいこと。

 

 

 

いつまでも続かないかも知れませんが、今は営業・販促面で悩みます。
楽しい悩みなんです、これが。

 

 

 

 

 

 

日曜日。

 

 

日曜日は極力外出しないようにスケジュールを調整しています。

 

今日は天気も悪く、比較的静かな一日となりました。

 

 

 

静かだとじっくりと考える時間が取れて、色んなことを考えました。

 

 

 

一番は

 

 

目標の再認識

 

 

です。

 

 

 

目標というか、「こんな風になりたい!」という想いですね。

 

 

 

意識するのはやはり全国クラスのお店。

 

 

あ、この場合全国クラスと言っても全国に営業エリアを広げている訳じゃないですよ。

 

この業界、普通は県単位の営業エリアですし、いくら大きい会社でも関東とか近畿とか中京とかのエリアでの営業だと思います。

 

 

本当に全国ネットワークの会社はさんハウスメーカー系の「○・シー○ン」さんくらいですかね。

 

 

私が意識する「全国クラス」とは、全国の外構エクステリアのお店の中で比較しても遜色のない店、という意味。

 

 

もちろん、色んな角度での見方があります。
ホームページ、展示場、それらに伴う集客力、デザイン、プレゼン、施工実績、サービスメニュー、イベント企画、トップのカリスマ、スタッフのレベル、資金力、・・・。

 

 

今日も一つ全国クラスのお店を見つけました(ホームページで見ただけですけど、やっぱり伝わってきますよね)。

 

 

 

全国には凄いお店がいっぱいあるなあー!

 

 

 

 

目指せ、甲子園、みたいな。

 

 

頑張ろう。

 

 

 

 

 

74.お客様へお渡しする書類フォーマットのカイゼン

 

いい感じに仕上がりましたよ。

 

 

 

 

 

 

新しいコピー&ファックスの複合機がやって参りました。

 

 

コピーのセールスもやたらと多く、中には凄く安いカウント代を提示される業者さんもありました。リースの年限を長くとって安く見せる手法も当たり前。

 

 

ここに至るまで色んな経緯がありましたが、Ⅹ社さんの的確な提案とタイミングのいい好条件の提示があって成約となりました。

 

 

こういう事務機器の投資、もっと言えば間接部門への投資というものは本来優先順位は低くあるべきです。

 

 

いくらコピー機の性能UPにより業務効率がカイゼンされようと、100万円近い投資であることには変わりない。

 

 

投資したいこと、すべきことは山のようにあるのが現実です。
車両や道具も買いたいし、展示場も改装したい。
販売促進やイメージUPも必要です。

 

 

しかし

 

 

 

敢えて投資した。

 

 

それには、もちろん色んな理由があって業務効率以上の大きなカイゼン点が存在するからです。

 

 

実は投資以上に経費節減効果がデカいのです。

 

 

 

その点を見事に提案してくれたのがⅩ社さん。

 

 

ご無理も聞いていただいて、本当にありがとうございました。

 

 

そして

 

 

業務効率カイゼンもスゴイです。

 

 

便利です。

 

 

 

前の機械は7年頑張ってくれました。

 

今回は

 

目標8年!

 

 

って思うんですけど

 

経営者の皆さん?

 

コピー機ってどれくらい使っておられるんでしょう?

 

 

 

 

 

 

施工現場確認
 ↓
施工現場確認
 ↓
事務所で業務指示
 ↓
施工現場確認
 ↓
施工現場確認
 ↓
お客様打ち合わせ

 

 

でした。

 

 

私自身の担当現場を巡回・確認することに加え、社長の責任として現場を巡回・確認を心がけています。

 

 

ちょっと回りきれてないかな。
反省です。

 

 

 

動いている現場は平均約20件くらいでしょうか。
中でも工期の短いのは巡回できないまま終わってしまいやすいです。

 

 

現場の巡回は結構好きなんです。

 

職人さんと話ができるし、やっぱり作品が出来上がっていく工程を見るのはワクワクしますしね。

 

 

もちろん、色んなことをチェックします。

 

個別の現場のことに加えて、

 

現場でのルールとマナーが守られているか

 

工事の安全が確保されているか

 

工事品質が守られているか

 

 

など。

 

 

 

 

問題は、車の運転に取られる時間との戦いのみ。

 

 

 

これに勝たなあきませんね。

 

 

 

 

 

 

午前、午後と刺激いっぱいの良い一日でした。

 

 

 

実はこのところ、マネジメントで考え込んでいます。

 

 

「何を為すべきか?」

 

 

という大命題。

 

 

 

あ、何もやってないわけではありませんよ。

 

日々前進を続けているつもりです。

 

 

 

しかし、目標をデカく設定しようとしたら

 

フツーにやってたら辿り着けませんよね。

 

 

 

どうする・・・?

 

 

 

これに対する答えではないんですが、ヒントがあった一日でした。

 

 

午前にはスゴイものを見せてもらいました。

 

午後には刺激になる話を聞かせてもらいました。

 

 

 

 

やっぱり、動かないとダメですね。

 

 

 

 

 

 

お蔭様で、6月も多くのお客様とご縁を頂戴しています。

 

 

 

施工前なんですけど、今から施工事例として紹介するのが楽しみなプランも多いです。

 

 

 

問題は・・・雨ですね。

 

 

今日も曇り空でしたが、とりあえずは中途半端な天気が続きそうですね。

 

 

梅雨入りって、もうすぐなんかな?

 

 

 

いずれにせよ、天候も予測しながら段取りをすすめるのが当然です。
監督のみんな、頼みますよ!

 

 

 

 

 

 

5月も終わりですね。

 

 

時の流れるのは速い・・・なんて言ってるようでは時間に追われている証拠です。

 

 

速いのは承知の上。
それに負けない速さで動かないといけないですよね。

 

 

1年という単位で考えると私に残されたチャンスはわずか30回もあるかどうか。

 

 

事実上は10年くらいの勝負です。
1年単位では10回しかチャンスがない。

 

 

 

 

いつかは・・・

 

とか

 

将来的に・・・

 

では何もしないまま10年経ってしまうでしょうね。

 

 

 

と、いうことはビジネスの単位は1年では話にならない。
1年は「結果」を伴わせることが大前提です。

 

 

企画&実行は長くとも2~3ヶ月の単位で。
しかも複数の同時進行が要る。

 

 

絶対に間違えてはいけないのが「おカネ」の使い方です。

 

 

「おカネ」を使えば企画&実行はいくらでも可能です。

 

 

 

 

小さな会社に「おカネ」の失敗は許されません。

 

使えるおカネとリスクリターンのギリギリのバランスを判断して投資する。

 

 

先日、お客様に出す請求書の新規デザインを発注しました。
これまでに買っていた既成の請求書と較べると当然おカネがかかります。

 

 

しかし、投資します。
少し考えた結果、これはコストパフォーマンスが高いと判断しました。

 

請求書は工事が終わったお客様へのメッセージカードとなりえるからです。
請求書の発行はOBのお客様としてのお付き合いがスタートする大事なタイミングだと考えたいのです。

 

「OBのお客様とのお付き合い」に投資以上の価値があると確信すればこそ、ですね。

 

 

大きな金額ではありませんが、深く考えて判断しています。

 

 

ここのところがマネジメントの勝負どころです。

 

 

 

 

 

 

先日、OBのお客様に送らせていただいたニュースレターで「消毒巡回サービス」を案内しました。

 

 

なかなかの反響が返ってきています。
やはり季節的なニーズがありました。

 

 

OB施主様のニーズに対応できる企画になってよかったです。

 

 

と、いうわけで来年以降の継続も決定します。

 

 

 

OB施主様へのサービスとしては

 

 

ニュースレターを発行(年3~4回)する中で様々なご案内をしています。

 

そんな中で

 

昨年にお客様感謝祭(抽選会あり)を実施しました。
結構高確率な抽選会を用意しました。
フェアでお馴染みの「レンガのつかみ取り」も楽しんでいただきました。

 

 

今春にホームページを通じてのプレゼント企画を行いました。

 

 

 

今後もOB施主様へのメニューの充実を図っていきます。

 

 

検討中なのが

 

「ガーデニング相談」

 

「ガーデングッズ案内」

 

など。

 

 

夢のある「リーフユニティ・ライフ」の創出を目指していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

会社をやってると、時折セールスの電話が入るのは仕方のないことでもあります。

 

 

通常は電話に出た事務員さんのレベルで断ってくれているのですが、夜遅くにかかってきたときは私が電話に出ることもあります。

 

 

「社長さんは・・・」

 

 

と来れば

 

 

「あ、もう失礼させていただいたんですが・・・」

 

 

と言って切ります。

 

 

しかし時折あるセールス、というより悪質な押し売りには腹が立つ。

 

 

 

「御社では一般のお客様からの庭の工事をデザインからやっておられますでしょうか?」と訊いてくるヤツ。

 

一瞬、仕事の依頼かと思わせる巧妙な手口です。
誰しも経営者ならば受注促進につながると思えば興味を持ちますからね。

 

また、デザインをやっている(=図面を描く、特にCADで)業者は図面をもらわねば施工できない施工専門の業者と違うことをを語りたい場合も多いでしょう。

 

 

その心理的なスキを狙った手口でもあります。

 

 

 

やっている、と答えると

 

 

「インターネット上で(他の媒体の場合もあり)集めた顧客を紹介するので、会員登録しないか?」

 

と、来るのです。

 

 

お客様を紹介してもらえる、と聞くと魅力的な響きに聞こえてしまうのです。
将来の受注、業績に常に不安感を抱くのが経営者心理ですから。

 

 

 

そして最後に「月○万円」の登録料金が発生することが説明される。

 

 

月○万円は年間○十万円ですから、莫大なコストです。
これをペイしようとすれば月間に複数件の受注が必要ですからね。

 

月々の支払いで表現するのは一般消費者にも有効な手法ですが、経営者にとっても同じことです。安く感じやすい。
もちろん、多くの経営者は年間のコストに弾き直してコストパフォーマンスを考えるんですけど。

 

 

実際に顧客の紹介があるかどうかは知りません。

 

 

 

しかし、そんな良い話が見知らぬ人から突然転がり込んでくるなど・・・

 

 

 

考えられます?

 

 

 

いい加減止めて欲しいですね。
経営者の心理を逆に利用するやり方は気分が悪いです。

 

コピー機のセールスが可愛いくらいです。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

ここに来て「東奔西走」に拍車がかかってきました。

 

 

 

このところ香芝市関屋から三重県伊賀市まで東奔西走しておった植田なんですが

 

 

 

 

本日「大阪府茨木市」の工事をご成約、そして現在「三重県津市」のお客様から引き合いを頂戴しております。

 

 

 

どちらも全く土地勘のない場所。
時間的には車で2時間以内に行ける範囲ですが、土地勘がない分、余計に遠く感じます。

 

時折知らない場所へ行くのもまた楽しみでもありますけどね。

 

 

 

昨日のブログのタイトルが「全国大会」。
奈良県予選レベルのリーフユニティを全国レベルの強豪に育てたいのは私の夢。

 

 

 

 

しかし地元密着だけは絶対に忘れない。

 

 

 

すなわち桜井市、橿原市、田原本町。
そして「真美ヶ丘」と言われるエリア。

 

 

このエリアこそがリーフユニティの本丸です。

 

 

 

それがあって初めての全国レベル。

 

 

 

現在は当社は県予選に集中すべきステージです。

 

浮かれず、足元をしっかりと見て次の一手を打っていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

様々な前進の一日。

 

 

 

今期のカイゼン目標100件の

 

65.打ち合わせ用のツール製作

 

66.工事原価部門のカイゼン

 

 

 

だけでなく

 

行動して良い感触を掴み、お客様との打ち合わせでありがたいお言葉を頂戴し、懸案事項が前進しました。

 

 

 

今日はほぼ終日出ずっぱりでしたが、明日の日曜日は夕方近くまでお店におります。

 

明日は新たなお客様との出会いがあったらいいなあ。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

石材を卸してくれているNさんの紹介で、ある人とご縁がありました。

 

同じ業界の者として強くうなずける話も多くあり、素晴らしいご縁になりそうです。

 

 

 

 

 

今日も力強く一歩前進。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

昨日、散髪に行ってきました。

 

いつもの店は何人もスタッフがいる店です。

 

 

店に入ると、見慣れない若い男のスタッフが二名。
訊くと、今年の新入社員でした。

 

 

私を担当してくれた人も若い方なんですが、やはり先輩です。
「最近の若い子はすぐに辞めますよね~」なんて言ってます。

 

私も経営者の立場から、

 

「小さい会社が人一人採る重みをちょっとでも感じて欲しいですよね。人一人雇うことはセルシオ一台買う以上におカネがかかるんやから。」

 

などと、語ってしまいました。

 

 

 

さらに

 

 

「新人は仕事を覚えるのが早いか遅いかで評価したらダメですよ。ヤル気がある限り、遅かれ早かれ仕事は覚えるんやから。肝心なのは覚えた後ですよ。仕事は覚えてからが勝負っすよ。」

 

 

ほんでもって「経営のことって本とかで勉強しはったんですか?」なんて訊かれたもんだから

 

 

「そんなん、何の役にも立ちませんわ。小難しいこと書いてあっても、『売って儲ける』方法は書いてないす。経営は『売って儲ける』ことだけですわ。シンプルに考えるだけです。そのために必要なんは、『感じて、考えて、実行する』ことですわ。」

 

 

 

 

 

ついつい調子に乗って語ってしまいました・・・。

 

いつも爆睡してるのに。
この担当者と相性いいのかも知れませんね。
今後とも宜しくお願いします。

 

 

さて

 

 

64.外部スタッフ加入決定

 

心強い協力メンバーが加わってくれることになりました。
これは経営者として非常にありがたいこと。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

植木市の日。
しかし、仕入れたのは限られた植木だけです。

 

 

庭木販売、植栽のシーズンも終盤になってきているからです。
仕入れの方も手控えながら在庫を縮めていく季節なのです。

 

 

そして梅雨までに完全にシーズン終了となります。

 

 

まだシーズンは残っているんですが、昨シーズンに比して順調に推移してこれたように思います。

 

掲げた高い目標にかなり近づいてきているのです。

 

 

要因は様々。

 

 

しかし、反省点も多い。
去年と違った傾向も見られています。

 

 

季節的な問題
ホームページの活用
レジ売りの強化
POPやレイアウトによる提案手法
工事提案の強化
在庫戦略

 

 

まだ、ひと工夫がいりますね。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

明日が母の日。
当店内「花木らんど」ではこの日に1年の来客ピークを迎えます。

 

 

外構・エクステリア部門、また庭木部門も多くのお客様にお越しいただきました(京都府下よりお越しの方も!)。

 

 

当社の最大の自慢はハッキリ言って展示場です。

 

遠くからお客様が見えられるのも、展示場が大きな理由なんだと思います。

 

 

当社では多くの庭木の在庫を持って、門柱の施工例やウッドデッキなどの商品なども展示しています。ここ数年、少しずつおカネをかけながら創り上げてきました。

 

 

しかし、もっともっとお客様の期待に応えられる展示場をめざしていきたい。

 

 

無尽蔵におカネをかければ誰でもできます。
しかしそれは小さな会社に出来ることではありません。

 

 

少しずつおカネをかければ、優先順位をハッキリさせて有効な展示をしていくことにもなります。

 

 

だから、次は来年。

 

既にネタは決まっています。

 

 

乞う、ご期待。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

朝から桜井市内で植栽工事にお邪魔したんですけど、
お隣と2件隣のお宅が両方とも当社でお世話になったお客様でした。

 

通り3件並んで当社のお客様となりました。

 

2件隣は私が1年前に担当したお客様、お隣は当社Fさんが昨年担当したお客様です。

 

 

別に分譲地をまとめて請け負った訳でも何でもありません。
偶然と言えば偶然なんですけど、何か地域に密着できているようで嬉しいです。

 

 

 

ホームページにより大阪からお客様にお越しいただける状況でもあるんですが、私としては地元近隣エリアである桜井市・橿原市・田原本町はコアのエリアであると考えています。

 

 

「地域密着」はリーフユニティの戦略キーワードの一つでもあるのです。

 

 

 

地元では誰もが知っている、一番に思い浮かぶ、そんなお店。

 

 

 

究極の目標でもありながらも、あと1年以内に次のステージに登りたいと考えています。

 

 

 

 

 

さて

 

60.材料仕入れカイゼン

 

61.経費節減

 

が出来ました。

 

小さなカイゼンですが積み重ねていきます。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

1月に新入社員を数名迎えました(もちろん中途ですけど)。

 

正直、続かず辞めていったものも複数名。

 

 

現在、二人が入社4ヶ月目を迎えてよく頑張ってくれています。
また二人とも将来に大きな期待を持たせてくれています。

 

 

スタッフには本当に長く勤めて欲しい、というのが経営者の願いです。

 

 

しかし、いかな経営者でも首に縄をつけて人を連れてくることはできません。
そして「辞める」という最終手段だけは間違いなく労働者の権利です。

 

 

 

でも、仕事をカンタンに辞めるのって・・・私には考えられない。

 

 

万が一辞めることがあったとしても、いつでも遊びに行けるような辞め方をしたいと思うのです。変な辞め方、別れ方は自分にとっても損失でしかない。

 

 

 

「古巣」って、すごい財産ですよ。

 

 

私にとっては

 

 

大学生時代のアルバイトながら青春をかけて勤めあげた学習塾

 

 

大学卒業後入社した金融機関

 

 

 

 

どちらも「温かい古巣」なんです。
そして今の仕事でも多くの方にお声をかけていただいています。

 

 

 

そりゃあ、職場では色んなこともありますよね。
面白くないことも、頭にくることも。

 

でも、カンタンに辞めているようでは自分の負け。

 

 

仕事を頑張っている人は決して辞めたりすることはありません。

 

 

と、私は思うのですが・・・

 

 

 

現実は色々。

 

 

 

経営者の考えとしては

 

採用しても全員が続くとは限らない

 

と、思っとかないと仕方ないんですけどね。
特に小さな会社では尚更です。

 

ぶっちゃけそれを想定して採用しているのも事実です。

 

 

小さな経営者の皆様方、やっぱり悩ましい問題ですよねえ。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

お客様との打ち合わせが2件。
O様、I様、今日はありがとうございました。

 

いずれもホームページを見てのお問い合わせを頂戴したお客様です。

 

ひょっとしてこのブログも読んでいただいてたりして?

 

 

それぞれお困りやお悩みがあってのご依頼です。
お二方に限らず、様々な問題や悩みを持っておられる方が多いですね。

 

 

 

しかし庭や外構の業界は小さいですし、得意分野・専門分野が分かれていることも多いんです。

 

相談した相手がお客様の悩みをビシッと全て解決できるとは限りません。
エクステリアの知識がない造園屋、植木の知識がない外構屋、昔ながらの樹しか知らない植木屋、図面が書けない施工専門業者・・・。

 

お客様の悩みを全て解決できない場合もあるでしょうね。
別にこれらの業者さんが悪い訳ではなく、そういうキャラクターで住み分けているということなのです。下請けも含めて、ね。

 

 

真正面に一般のお客様の方を向く業者は少ないのです。

 

 

 

ビジネスモデルが成り立ちにくいから?

 

過去はそうだったかも知れません。

 

 

 

 

しかし、リーフユニティはここに正面から取り組んでいきます。

 

ホームページというツールを得て、その意を強くしているところです。

 

どんなことでもお気軽にご相談くださいませ。
もちろん、最善の解決策を示せるように努力の継続が必要ですね。

 

 

 

 

 

O様、I様、良いご縁になることを願っています。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

ゴールデンウィークの最終日は雨になりました。

 

 

実は去年のゴールデンウィーク最終日も雨だったんですね。
って去年のブログに書いてました。

 

 

雨でお客様も少ないので本日はデスクワーク中心です。
じっくり腰を据えて考えられるので仕事がよくすすみます。

 

 

そして明日から、連休中はストップしていた工事部門が動きだします。

 

 

おかげさまで工事の予定はビッシリです。

 

 

公共工事が減少するこの時期、建設業界は暇な時期とされているようです。
(材料屋さんは皆そう仰います。忙しいのはリーフユニティだけって!?)
そんな中で当社としては多くのお客様とご縁がいただけて、本当にありがたいことです。

 

 

いつまでもお客様とのご縁が絶えないように頑張ります。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

伊賀市のお客様のところへお邪魔しました。
早速に庭工事のご用命をいただき、ありがとうございました。

 

 

こちらのお客様は所謂OBのお客様です。

 

 

OBのお客様にお声をかけていただけるのは本当にありがたいことですね。

 

 

多くのお客様に応援いただいているようで心強く感じるのです。

 

 

 

そう言った意味でもOBのお客様とは強くつながりを持ち続けていきたいと考えています。

 

 

昨年に初めて行った「お客様感謝祭」は今年も行います。
ニュースレターの発行も続けます。
OBのお客様向けのサービスも予定しています。

 

 

 

以前にブログで書きました。

 

「リーフユニティ・ライフ」の創造。

 

私の一番大きな仕事です。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

57.材料仕入れ条件のカイゼン
 仕入先とも信頼関係あってこそ、ですね。

 

58.材料仕入先の充実
 かゆい所に手が届く建材屋さんです。

 

59.業務体制のカイゼン
 よりお客様とのコミュニケーションを取れる体制に。

 

 

 

その他、カイゼン案についてスタッフと意見交換もできました。
これも実行に移していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

本日2回目の投稿ですが、忘れないうちに書いときます。

 

 

56.店内設備のカイゼン

 

スタッフの発案と行動によるものです。

 

 

指示せずとも考えて行動してくれています。
本当に素晴らしいことです。

 

 

大きな会社だと、これができる社員は一握りしかいません。
小さな会社だとゼロでもおかしくないんですが、小さな会社はそれでは人件費が出てこないのです。

 

家族経営でもない小さな会社が成り立つためには少数精鋭のスタッフが揃うことが絶対の条件。

 

当社のスタッフ一人一人が考えて行動することが出来れば・・・

 

リーフユニティは新たなステージに立てるでしょうね。

 

 

 

それも私次第であることは言うまでもありませんけど。

 

 

 

 

 

 

77e7cc31-s

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

昨日UPした現場です。

 

 

既存の車庫の奥を少し改修させていただきました。
3日間の工事で、所謂「小さい工事」ということになります。

 

 

 

家を新築する際の外構工事では100万円以上、500万円に届く場合もあります。

 

 

それに較べると、という意味では「小さな工事」となります。

 

 

しかし、普通で言えば5万円でも大きな買い物。
庭に5万円、10万円かけるだけでも思い切った出費に違いないですね。

 

 

私自身が自宅にお金をかけるとしても、大変な出費だと考えます。

 

 

お客様にとっての「大きな出費」ということを決して忘れてはならないし、それを理解してなければご依頼を受けることも難しくなると思います。

 

 

 

感覚としてマヒしないように。
気をつけます。

 

 

でも、個人的には「小さい仕事」が大好きです。

 

中には、「こんな小さな工事も頼めるのかなあ」と仰るお客様もおられます。

 

どうぞ御遠慮なくご相談下さいね。
 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

世の中はゴールデンウィークに突入ですね。
3連休+4連休。

 

 

私も会社員時代は楽しみでした。

 

 

 

 

現在は、というと・・・

 

 

「無休宣言」

 

 

です。

 

 

 

ゴールデンウィークも働く人は多くいます。
私もそっち側の人間。

 

 

大変?いえ全然。

 

体調も絶好調ですよ。

 

 

私には目標と使命がありますから。

 

 

遊びたい?
その言葉は忘れました。

 

 

人が休んでいる間に働く。
これは勝利への鉄則(受け売りの言葉ですが)。

 

 

あー楽しい。

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

O様邸現場→U様邸現場→O様邸現場→A様邸現場

 

全て私担当の現場です。
現場監督状態の一日でした。

 

 

現場監督をすると必然職人さんとお話する機会が増えます。

 

 

みんな、色々と気遣いをしながらやってくれています。
本当にありがたい。

 

 

独立している親方は色んなリスクとコストを抱えながら走る経営者でもあります。私も同じ立場ですから気持ちは痛いほど解ります。

 

 

リスクとは即ち次の仕事がない、というリスク。

 

 

感謝の気持ちを持って仕事をしてくれる方には、こちらも感謝の気持ちを持って応えていきたいと思います。

 

いつまでも安心して働いてもらえるように。

 

 

そのことも私のミッション。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

雨。

 

 

なんですけど、そんな中多くのご来店ありがとうございます。

 

 

 

ゴールデンウィークとなると、それどころではありませんね。

 

当店の看板娘でもある花木らんどが1年のピークを迎える時期なんです。

 

30台以上を収容する当店の駐車場が満車状態になります。
ですのでゴールデンウィークだけはフェアもできません。

 

 

花壇の植え替えの苗を探されたり、故郷への母の日のプレゼントを発送しに来られた
り、はたまたお茶を飲みに来られたり。

 

外構・エクステリアのお客様ではなくとも、地域密着営業のための大事なチャンスとも位置づけています。

 

 

法人である㈱リーフユニティと「花木らんど」は切り離された経営となっていますが、間違いなくガーデンショップ「リーフユニティ」の中の看板的な存在なのです。

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、「リーフユニティ」より「花木らんど」の方が歴史が古くて地域のお客様には有名となっています。

 

 

ホームページ上で「リーフユニティ」を知られた方はともかく、元々のお客様にとっては「花木らんどのところで庭の工事もやってくれるらしいね~」という世界。

 

 

リーフユニティを知らない人に場所を説明すると「ああ、あの喫茶店のあるところね~」となる。

 

 

 

ちょっとは追いつけたかなあ。

 

いや、まだまだですね。

 

 

ともあれ、花木らんどあってのリーフユニティ。

 

 

 

リーフユニティが地域密着営業を続けていくための一番の強みです。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

ビジネスの新しいご縁。

 

前向きな打ち合わせ。

 

素晴らしい現場のUP。

 

 

 

 

今日も正の回転の1日。

 

 

 

 

正の回転を感じられるマネジメントは楽しい。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」のマネジメントをしている植田です。

 

 

昨日、経費部門で大きなカイゼンを達成しました。
相手さんのこともあるので詳しくは書けませんが、私にとっては念願のカイゼンです。

 

交渉の経緯は色々ありましたし、他社とも較べさせていただきました。

 

正直、無理を言って心苦しい部分もあったんですが、こちらも人生を懸けたビジネスですから妥協はできません。

 

これを機に良きブレーンとなってくれたらありがたいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

54番目のカイゼンとなります。

 

 

 

 

昨日はもう一点、カイゼンではないですが前進がありました。

 

 

エクステリアのメーカーの担当者さんと一緒にあるところへ同行訪問しました。

 

 

これまた詳しいことは書けないんですけど、予想以上に強い手応えの残る内容だったのです。

 

担当者のNさんと「この手法は有効ですね」と話しながら帰ってきました。

 

 

 

取引先の業者さんを決して見下すのではなく、外部の協力者としてお付き合いすることが自分にとってもプラスになります。

 

 

日々のカイゼンと前進、マネージャーとしての充実感のある1日でした。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

なんという偶然・・・!

 

ビックリするようなご縁がありました。

 

 

内容は書けないのですが、とにかく驚きと感謝。

 

 

「世間は狭い」てなことをよく言われます。
実際、意外なところで縁がつながることは多々あります。

 

 

それも「地域」が特定されているから起こりえるんですよね。
私は奈良で生まれ育って学生時代も会社員時代も奈良です。
(えっ、大学は京都じゃなかったかって?はあ、週に1、2度は行ったかなあ・・・(苦笑))

 

だからビジネスのネットワーク以外にも同級生あり、稲田塾時代の同僚や教え子あり、会社員時代の同僚やお客さんあり、親のネットワークありで県内で縁があることは時々あるんです。

 

 

しかし、今日は思いもかけない県外でのご縁。

 

 

天文学的な確率じゃないか、と思うようなご縁。

 

 

 

こんな偶然もあるんですねえ。

 

動けば動くほど出会いがある、と自分で言っているものの、これには驚きです。
まぐれ当たりのホームラン、みたいな。
もちろん私が動かなければ無かった出会いですが。

 

 

良いご縁になることを願っています。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

 

48.工事安全管理部門カイゼン

 

 

本日は「安全管理デー」でした。
実際はカイゼン事項は一つではありませんが、まとめておきます。

 

工事の安全管理は建設業の社長の責務です。
この件について当社は一切妥協しません。

 

事故はケガをした本人のみならず、多くの人を不幸にします。

 

絶対に事故は起こさない、そんな決意を今日は多くの方に宣言しました。

 

 

 

さて、今日もヒットが1本出ました。
渋いポテンヒットってところですが、確かな前進です。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

45.お客様への連絡ツール整備

 

先日、あるお客様からのご指摘を頂戴したことを受けて作成しました。
お世話になったWEB製作会社さんからもヒントを得ています。

 

 

46.ホームページアクセス対策

 

3月に入ってアクセス増も一段落しています。
まだまだカイゼンが必要。

 

 

 

OBのお客様にお届けするニュースレターも出来上がってきました。

 

第2回目の発行です。

 

 

 

正直、手づくりですのでビックリするようなキレイなものではありません。

 

 

 

めざすべくは「リーフユニティライフ」の創造。
工事以降もお付き合いいただける店でありたいのです。

 

そのためにもニュースレターはOBのお客様への重要なツールと位置づけています。

 

 

毎月とは行きませんが、季刊で続けていきたいですね(ブログ宣言してしまった!もう言い訳なしです)。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

43.工事安全管理部門のカイゼン

 

 

 

 

 

 

44.お客様へのアドバイスツール完成

 

それとは別に、カイゼンというよりも経営上の「良いこと」が昨日ありました。
私としてはチャンスとタイミングをじっくり図っていました。

 

 

約半年前からです。

 

 

内容は書けないんですけど、久しぶりにマネージャーとしてホームランをかっとばしましたよ。

 

 

 

いやあ、会心の一発。

 

 

初回から粘って相手投手の疲れを誘い、疲れの見えたラッキーセブンにランナーが溜まった時に…

 

 

「代打・オレ」

 

 

犠牲フライか内野ゴロでも1点を、と打席に入る。

 

無心で振りぬいた打球が―

 

バックスクリーンへ一直線!

 

 

 

訳の分からない例えですが、こんなカンジです。

 

 

ただし、試合はまだ終わっていない。

 

ここからも勝負が続きます。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

2月時点での今年の実績を確認。
事務のスタッフがこの実績推移表のフォーマットがカイゼンしてくれました。

 

 

これが良くできています。
先月からカイゼンしてくれていたんですが、非常に見やすくなっています。

 

 

 

 

 

実績を振り返りますと…

 

前年同期比でかなりのアップとなっています。
もちろん、多くのお客様とご縁があったことを示してくれています。

 

 

お世話になったお客様、また多くの関係者の皆様、本当にありがとうございます。

 

 

 

会社が成長するときって、正直しんどいことも多いです。

 

人員、施工能力、資金…色んなところで煙が噴き出します。
課題や問題も続出してきます。

 

 

それらをなんとか乗り越えて今ここに至っています。
その過程では多くの方々の力をお借りしてきました。

 

 

もちろん、今も悩んでいることも多々あります。
そして将来への不安や悲観から逃げられることもないでしょう。

 

 

 

でも、ちょっぴりですけど前進を感じてもいいかな、と。

 

前進を感じられるマネジメントは最高の遣り甲斐ですね。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

42.お客様への提案ツール完成

 

 

いわゆる「施工事例集」です。

 

本日、プランナー全員に当社の施工事例の写真ファイルを渡しました。

 

結構なボリュームの一冊。
我々自身も現場の事例を見るのは楽しいものです。
特に自分が担当した事例は懐かしく感じながら見返しています。

 

 

 

 

 

おかげ様で当社は長年にわたって数々の工事をさせていただいています。

 

しかし、その財産とも言うべき施工事例の写真が…

 

 

全然残ってなかったんです。

 

 

3年前まで。

 

 

それから今に至るまで、少しずつ蓄積してきました。

 

 

ホームページに載せることもできました。

 

 

そして会社のツールとしての整備が完了しました。
これも販促チームの成果です。

 

 

全員のプランナーが持つことによって、全てのお客様に会社全体の施工事例を見ていただくことが出来ます。

 

 

ようやく、今更ながら、ですけど。

 

お客様のニーズに応える一歩が踏み出せたかな。

 

 

 

お客様、どうぞ遠慮なくお申し付けください。

 

「施工事例の写真ってありますか?」

 

 

「はい、どうぞ御覧下さい!!」

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

リーフユニティは新たな挑戦をしていきます。

 

 

 

お客様が依頼する業者を決めるには「理由」が必要です。

 

今、お客様がリーフユニティを選んでくれている理由って何なんだろう?

 

確かに、現状でも色々挙げることができます。

 

 

 

でも…

 

 

 

弱い?

 

足りない?

 

 

 

経営者の仕事は、「選ばれる理由づくり」にあると思います。
「差別化」という言葉でも表されます。
お世話になったWEB会社さんの言葉を借りれば、「1位づくり」。

 

 

 

今回、私は選ばれる理由づくりの新たなキーワードを設定しました。

 

現在は影も形もないため、ブログで宣言するのは先になるでしょう。

 

しかし、これは絶対にお客様のニーズが存在する分野だと確信しています。

 

 

 

 

また、それとは別に温めているキーワードもあります。
こちらはまだ、設定以前の可能性の段階。

 

 

 

この2つが実現したイメージを思い浮かべたら…

 

スゴいことになるかも…!

 

 

 

久しぶりに武者震いしてきた。
よし、やるぞ。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

午前中は現場巡回、午後は来客打ち合わせ。

 

 

 

当社の現場は奈良県全域プラス近接地域、というところです。

 

たまたまですが、現在は会社近辺の現場が多いです。
近辺の現場を回ったので、おかげ様であっという間に巡回できました。

 

 

小さな会社である当社としては、地域密着が大きなテーマです。

 

地域と言っても、近いようで知らないところって沢山あります。
今日も近隣地域なのに初めて通る道もいっぱいでしたし、新たな発見も多々ありました。

 

 

まだまだ密着出来てないです。
大いに反省です。

 

 

 

ちなみに明日は遠目の現場を巡回しようかな、と思ったけど…。

 

 

 

雨ですね。

 

 

 

 

予定変更します。

 

明日は経理&販促の日。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

ひょんなことから、ある住宅業者さんのことを知りました。
現社長が一代で上場企業にまで育て上げた会社です。

 

 

その社長はビジネスで「新幹線に乗った」人ということです。

 

 

どうやって?
その答えまでは分かりません。

 

 

しかし、気になったキーワードはありました。

 

 

「経営理念」

 

 

ふーむ。

 

 

良く耳にする言葉でもあり、漠然とした言葉でもあります。

 

 

しかし、一つわかりました。

 

 

経営理念って、言葉にすると漠然としてしまうものです。
ですから様々な企業の経営理念が似通っていたりします。

 

 

「お客様のため…」

 

 

とか

 

 

「社会に貢献…」

 

 

とか

 

 

 

多いですね。

 

 

正直私としては、漠然とした言葉を軽視していたフシがあり、経営理念を考えるということがありませんでした。

 

 

 

 

しかし、この住宅業者さんの経営理念の考え方に触れて分かったことがあります。

 

 

経営理念に掲げる言葉自体は重要ではない。
それ以上に理念にもとづく行動が如何にあるべきかを語る必要がある。

 

 

と、いうことです。

 

経営理念を掲げる効果として社員のモチベーションUPが挙げられたりします。

 

 

 

しかし、これから私が経営理念の言葉を決めて明日発表しても、社員のモチベーションは上がらないでしょう。

 

 

言葉など問題ではないと思うのです。

 

例えば当社なら、「外部空間の価値創造を通じて社会に貢献する」とすれば無難で問題がないでしょう。

 

 

大企業なら、これでいいのです。
しかし、この言葉だけでは当社にとって何の意味もありません。
自虐的に言うなら、これを明日発表しても社員のモチベーションに全く変化のないまま空振りに終わるでしょう。

 

 

「だから?」

 

「それで?」

 

その後が続かない。

 

 

この住宅会社さんでは、経営理念の言葉とともにQ&A方式で行動の規範が語られているのです。

 

また、「経営理念感想文」なるものを社員に提出させて経営理念の徹底を図られています。

 

 

そう、そこまでして「経営理念」の言葉に魂が入るのだなあ、と感じ入った次第です。

 

 

 

まずは、私の中で魂を入れねばなりません。

 

そこからが、スタートです。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

ブログ上宣言です。

 

 

来月に当社のニュースレターの第2号を発行します!!

 

 

 

あー、言ってもた。

 

絶対やるしかないで。

 

 

ブログで言い訳書くほど恥ずかしいことないですから。

 

 

 

 

昨年に第1号を発行しました。
発行は不定期になるかな…と考えていたら間が空いてしまいました。

 

 

送らせていただくのはOBのお客様です。

 

 

 

いつも考えてるんですけど、OBのお客様とは長いお付き合いをしたいんですね。

 

 

ビジネス的には「リピーター」の重要性という側面があります。

 

この業界は一生に何度も工事をする訳ではないことから、リピーターの重要性が軽く見られがちなんです。

 

いや、実際はそんなことはない筈です。

 

ちょっと考えてみるだけでお客様との接点は多くあります。

 

まず、庭木の管理。
最近の庭は雑木が主流のため、昔のように毎年植木職人が剪定作業をする必要がなくなってきました。
しかし、全く不要ということではありません。

 

毎年のことではないので、お客様も我々に声をかけるタイミングを逸しているのでは?消毒や施肥についても迷っておられるのでは?

 

 

そして、ライフスタイルの変遷によるニーズ。
子供が生まれたとき、子供が小さいとき、ペットを飼ったとき、車が増えたとき、階段が辛くなったとき…。

 

色んな場面で我々がお役に立てるときがある筈。

 

 

さらに当店ならではの「ガーデニング」。
この分野には、まだまだニーズがあると考えています。
当店内の園芸ショップ「花木らんど」ならではのサービスを展開していきたいです。

 

 

 

その他、あらゆるサービスを総合的に構築して「リーフユニティ・ライフ」を創る。

 

 

そしてお客様に向けてその情報をお伝えする役目を担うのがニュースレターなんですね。

 

 

ぶち上げてしまいました。

 

 

宣言したからには、実行するしかないです。

 

 

 

そしてビジネスを抜きにして…

 

工事の際に喜んで頂いたお客様とは、是非またお会いしたいのです。
何の用事がなくても嬉しいものです。

 

私が担当させていただいたお客様のことは決して忘れることはありません。
(万が一お顔を忘れることがあっても、現場の光景を覚えてますから。)

 

いつでもお待ちしていますよ!

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

 

 

40.資材置場のカイゼン

 

 

私が細部まで指示を出さずとも進めてくれました。
ありがたいこと。スタッフに感謝です。

 

 

 

この他にもスタッフが独自のアイデアで進めようとしてくれていることもあります。

 

 

こうなると強いです。

 

 

年間100件のカイゼン目標なんて、あっと言う間に達成してしまうかも知れません。

 

 

 

 

頼もしくなってきたスタッフたち。

 

 

スタッフがヒットを打ってくれるなら…

 

 

監督の采配が大事ですね。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

2月も半分が過ぎました。
早いもので…なんて言ってるとダメですね。

 

ビジネスやってると、月日の流れは速いのが当たり前。

 

 

 

 

結局は時間との勝負なのかな、と思ってしまいます。

 

 

1年はたかだか365日しかない。

 

1日1歩♪では365歩しか行けない。

 

10年たっても3650歩しか進めません。

 

 

 

それでいいの?と自問。

 

 

ボンヤリしてると、あっという間に10年たってしまう。

 

やはりスピードがないと勝てない。

 

 

1日1歩で足りないんだから、バイクや車に乗らなければ。
時には新幹線や飛行機に乗らなければ。

 

けど、ビジネスの世界で新幹線に乗るって…普通じゃ乗れない。
安易に乗ろうとすると、デカイしっぺ返しを食らう。

 

どうやって乗るん?

 

ビジネスの世界で勝ち上がっていった人たちって、やっぱりスゴイんです。
尊敬します。

 

皆さん、どうやって乗ったんですか?

 

 

 

やっぱり激しく働いたんですか?

 

 

 

 

いや、それだけじゃない筈。

 

 

 

 

万能の答えがある筈もない。

 

 

経営者としての器がその答え。

 

 

よし、やるぞ。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

 

 

今日は新しい出会いが1件。
良い出会いになりそうな予感。

 

 

 

何度も書いていますが

 

 

 

「動けば動くほど出会いがある」

 

 

 

 

私が考えた言葉ですが

 

 

真実です。

 

 

 

ビジネスの世界は面白いです。

 

 

初めて会った人といくらでも話ができてしまう。

 

プライベートでは、そうはいきません。
初対面の人とは世間話なんて大してできません(少なくとも私は)。

 

 

ビジネスでは人との出会いが不可欠なんですね。
多かれ少なかれそう思っている人が多いから、初対面でも話ができてしまうことが多い。
もちろん損得勘定はありますよ。

 

ビジネスですから、どちらかが売り手でどちらかが買い手であるケースが多いです。

 

もしくはギブアンドテイクの関係であるケース。

 

 

 

相手が求めているものを提供すれば話を聞いてもらえますし、逆にこちらが求めているものは話を聞きたいですよね。

 

 

良い出会いとは、このマッチングなんですね。

 

 

出会いは待っているだけでは来ないです。

 

しかし、きっかけは結構あるものです。

 

そのきっかけを生かす行動をするだけで、出会いの機会は増えるものです。

 

 

って、何か恋愛論みたいになってきたような?
そっちの方の行動は苦手なんですけどね!

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

34.社内原価管理のカイゼン

 

 

 

目標は年間100件。

 

100÷12=8.3

 

今期に入って4ヶ月なので

 

 

8.3×4=33.2

 

 

で、目標達成できました。

 

 

カイゼンの中身は色んなことが含まれます。
「そんな程度かよ!?」的なのもカウントされているかも知れません。

 

 

しかし、やらないよりやる方が良いに決まっています。

 

 

ホームランよりヒット。

 

クリーンヒットでなくても渋い内野安打やフォアボールでもよい。

 

送りバントや進塁打を積み重ねる。

 

1球でもファールで粘る。

 

 

これらの積み重ねで点を取ればいいのです。

 

ホームランは狙っても打てませんが、これらのことは気持ち一つ積み重ねていけると思うのです。

 

 

昨年度までもカイゼンはすすめてきました。

 

しかし、目標を宣言したことによって確実にペースUPできています。
目標を設定して今何をすべきか逆算する行動になります。

 

また、ブログですから出来ない言い訳を書くのは格好が悪すぎますよね。

 

心のどこかで「ま、いいか」と見過ごしていたことも見逃さなくなります。

 

 

これもブログの大きな効用ですね。

 

 

明日から2月。
日数は少ないですが、もちろん達成しますよ。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

販促会議を行いました。
会議のメンバーは私を除いて4人。

 

 

「3人寄れば文殊の知恵」、とはよく言ったものです。

 

1人で考えているより素晴らしく効率がよい。
次々にアイデアが形に近づいていく感じがします。

 

 

諺ってやつはスゴイもんです。
見事に当たっています。

 

「時はカネなり」
「言うは易し、行うは難し」

 

なんて経営の本質をスバリ突いている諺です。

 

 

語り継がれるくらいだから当然そうなんでしょうね。

 

 

正反対の意味の諺として「船頭多くして船山に登る」が紹介されたりもします。

 

でも、これは違いますよね。
これは采配を振るう人間が多数いてはいけない、との意。

 

 

 

3人いても船頭は1人であればいいんです。

 

 

船頭以外の人間も知恵を出し合えれば「文殊の知恵」となるんですよね。

&n