突然ではございますが

 

当ブログはしばらくの間休ませていただきます。

 

 

 

諸事情もあるのですが

 

再開はホームページのリニューアルとともにさせていただく予定です。

 

 

 

年内には再開できる見通しです。

 

そう読者の方が多いわけではないのですが、お読みいただいている方々には感謝とともにお詫び申し上げます。

 

 

 

今しばらく…お待ちくださいませ。
 

 

 

 

 

 

前回のブログに書いた経営も12カ条。

 

これを心に刻むべく

 

日替わりメニューにする事にしました(^ ^)

 

 

すなわち

 

月曜日は第1条、火曜日は第2条というように1日1カ条を胸に刻んで行動します。

 

 

例えば昨日は金曜日だったので

 

第5条「売り上げを最大限伸ばし経費を最小限に抑える」です。

 

移動中などに、これについて考えて行動に反映させていくのです。

 

 

結構…、いいです。行動が変わります。

 

ちょっとしたことを行動に移していけるのです。

 

 

日曜日だけなしにすると二週間で12ヶ条回すことができるので、また戻ります。

 

すると二週間おきに決まった曜日に決まったテーマとなるわけです。

 

 

 

そういうわけで

 

今日土曜日のテーマは第6条「値決めは経営」

 

 

しばらく、こんな感じでやってみます(^^)v

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(67日目)

 

 

 

 

 

先日、あるところで教えていただいた

 

「経営の原点12ヶ条」

 

あの、稲盛和夫氏のものですね。

 

 

 

経営者としてお恥ずかしながら、また遅ればせながら

 

稲盛氏のスピリットに初めて触れた植田でございます。

 

 

 

内容はシンプルなのですが、技術や理屈言ってるよりもマインドのレベルが低いと全然ダメなんですよね。

 

想いが足りない、だから出来ていない。そんな反省とともに12ヶ条を心に刻みます…。

 

 

 

1.事業の目的、意義を明確にする

 

2.具体的な目標を立てる

 

3.強烈な願望を心に抱く

 

4.誰にも負けない努力をする

 

5.売り上げを最大限に伸ばし、経費を最小限に抑える

 

6.値決めは経営

 

7.経営は強い意志で決まる

 

8.燃える闘魂

 

9.勇気をもって事にあたる

 

10.常に創造的な仕事を行う

 

11.思いやりの心で誠実に

 

12.常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で

 

 

 

早速、少しの行動が変わりました。

 

日々、これらの言葉を噛みしめたいと思います…。

 

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。(66日目)

 

 

 

 

 

 

おっと
 

少々ブログ更新ができておりませんでしたが
 

ここは言い訳無用でしれっと続けるところです。

 

 

 
実は目下、10月からスタートする一大営業プロジェクトの準備を進めているところなのですが
 

まだ本格的に開始する前からフライング気味と言いますか
 

既に、次々と新たなご縁を頂戴しているところです。
 

 

 
そして準備の方も着々と進んでいます。

 

 

 
まあ、言わば

 

 
絶好調、ということになるんでしょうか…。

 

 

 

 
ですが

 

 

 

 
何かどうも落ち着かない感じもあるのですね…。

 

 
本来なら、そしてこれまでならワクワクしているハズなのですが
 

逆に、これまでにない勢いに少し緊張感が漂うかのような感覚でもあるのです。

 

 

 
まあ私のメンタルどうこうよりも
 

会社としてしっかりと前進していくことが重要なので

 

 

 
落ち着いてやっていきます…。

 

 

 

 

 

 

お客様感謝祭が終了しました!

 

 

とにもかくにも
 

まさに、感謝です~!

 

 

 

もう、天気予報では絶望的な状況でした。
 

昨日は朝起きた時から雨がザーザー降っていたのです。

 

 

しかし

 

 

会社に到着すると…
 

スッと雨が止んだのです!

 

最も準備でドタバタするタイミングで雨が止んだのは本当に素晴らしいタイミングでした。

 

 

 

その後、微妙に降ったり止んだりもありましたが

 

比較的止んでいる時間も多く、雨でお越しいただくお客様も少ないかと思いきや多数のお客様にお会いできたのです。

 

 

そして二日目の今日。

 

昨日より天気回復との予報もあり、開店してすぐに店内はお客様でいっぱいになりました。

 

 

しかし、昼前から結構キツい雨が降り出しました。

 

そんな中でも多くのお客様が店内で過ごしていただいたのです。

 

 

二日目の今日は「ガレージセール」と称するメインイベントが午後に予定されていました。

 

レンガ等の残材を持ち上げられるだけ無料でお持ち帰りいただくという毎年大人気の目玉企画です。

 

 

他のブースはテントを張ったり、屋根のある場所での運営で雨でも何とか、という内容なのですがガレージセールを雨の中で行うのはかなり厳しいものがありました。

 

過去に雨の中ガレージセールを行ったことはありません。

 

 

どうなることか…と気をもんでいたのですが

 

ガレージセール開催の直前、これまたスッと雨が上がったのです!

 

 

昨日といい今日といい

 

神様に守ってもらってるのかな・・・と感じるくらいの巡りあわせでした。

 

 

今だってずっと雨降ってますもんね。

 

 

 

結果、ガレージセールでも多くのお客様の笑顔にお会いすることができました。

 

IMG_1874

 

そして何より

 

予報が悪い中、傘をさしながらもお越しいただいたお客様には

 

感謝しきれない思いでいっぱいです。

 

 

 

そして、スタッフにも笑顔が溢れる二日間になって

 

今年も本当に素晴らしい感謝祭になりました。

 

 

 

まさに「感謝」の思いを込めて

 

また来年へとつなげていきたいと思います…!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(64日目)

 

IMG_1833

IMG_1849
IMG_1777

IMG_1805

 

三度目となるセイゼンコウ参加。

 

 

 

 

初めての参加

 

二度目の参加

 

 

 

正式名称は「青年経営者全国交流会」

 

まあ、もう青年と言われるのも苦しくなってきた感もあるのですが

 

中小企業家同友会の会員であれば参加できるということで、オッケーなんです(^^;

 

 

 

 

 

 

 

一昨年は何も分からず誘われるがままに参加。

 

ですので得られた学びも、それなりでしかありませんでした。

 

 

 

昨年は様々な出会いや学びを重ねての参加でしたので、やはり感じたことが違いましたね。

 

 

 

そして今年。

 

 

更なる学びと行動を重ねての参加です。

 

キーワードは「経営指針書」です。

 

 

 

経営体験報告、そしてグループディスカッション。

 

いずれもが学び深く、そして刺激も強烈でした…!

 

 

 

同友会という場については様々な思いもありますし

 

青全交参加へのスタンスも少しづつ変わってきています。

 

 

 

三年続けて参加して感じることとして

 

やはり経営者としてのステージが変わるに連れ、学びのステージが変わっていることです。

 

 

 

私など本当に、まだまだであることを感じたのですけど

 

やはり今年ならではの学びがありました。

 

 

 

そうやって、学び続けないといけないという事なんですね。

 

 

 

戻ってきて、これからが実践です。

 

今日は夜な夜な考えたいと思います…。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(63日目)

 

 

 

 

 

 

先日の学び。

 

 

以前、とある懇親会で隣合わせた方と久しぶりに顔を合わせる機会がありました。

 

 

その方とは一応名刺交換しただけで、お名前も思い出せなかったのですが

 

すれ違った瞬間にニッコリと笑顔でご挨拶いただいたのです。

 

 

もう、相手に与える印象が全く違うのですね。

 

 

他の人でも、微妙に口角が上がっている人なんかは

 

何か愛想よく見えたりします。

 

 

 

 

振り返れば

 

まあ~私などまだまだ全然できていないわけです(-_-;)

 

 

 

まして、どうも年とともに目力が落ちてきているような・・・。

 

 

 

笑顔の印象だけで人のご縁が変わるでしょうから

 

笑顔一つで人生を変えることができる、ということですね。

 

 

 

これはもう、即実践しないといけない。

 

 

「笑顔であいさつ」

 

 

実は先日作った「行動指針」にも掲げています。

 

 

作った張本人が今頃こんなこと言っているくらいですから

 

分かっているつもりでも全然実践できていないことも多いです。

 

 

 

笑顔がイチバンです。

 

 

今日から妙にニヤニヤしているように見えるかも知れませんが

 

まあ、そういう事情でございます(笑)

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(62日目)

 

 

 

 

 

 

昨日

 

社内の組織横断型チームの「総合企画チーム」の会議がありました。

 

 

ちなみに私は

 

出席していません。

 

 

 

先日のブログに書いたように運営を任せているお客様感謝祭に向けての確認事項、そして現場ごとのテータ管理や店づくりについて話し合ってくれています。

 

 

私が出席するより任せた方が主体的な意見が出ると思うので

 

会議をチームリーダーに任せました。

 

 

 

一方で、私が出席する回も設けて意識の共有も図っていきたいと思います。

 

 

 

主体的な行動。

 

主体者となること。

 

 

 

ホント、これなんです。

 

 

優秀なスタッフ揃いの総合企画チームに期待大、です・・・!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(61日目)
 

 

 

 

 

 

来週は…

 

お客様感謝祭です!

 

 

IMG_2727

 

毎月発行しているニュースレターでOB施主様にご案内をしています。

 

 

 

 

昨年、はじめて実行委員会を結成して運営を任せました。

 

そして今年は新たに発足した総合企画チームに運営を任せています。

 

 

 

結果

 

 

任せきりです(笑)

 

 

 

 

今回が10回目の開催となります。

 

初めてのときはもちろんですが、それ以降も全てが私でした。

 

 

 

昨年は、まだそれなりに私も運営・準備にかかわったのですが

 

今年は完全に全て任せている状態です。

 

 

 

そして、感謝祭は来年からもスタッフがどんどんバージョンアップしていってくれます。

 

 

ゼロから1を作るのが経営者の仕事で、あとはスタッフが1を100に育てていく。10年目にしてようやく、なのかも知れませんがここまで来れました。

 

 

 

ありがたいことに、任せられるメンバーが揃ってきたのです。

 

 

 

これからも

 

どんどんスタッフに仕事を任せていきます。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(60日目)
 

 

 

 

 

 

持つべきは

 

 

人のご縁です…!

 

 

 

昨日お会いした方。

 

もう、話が凄すぎて何が何だか分からなくなってしまいました(笑)

 

 

普通であれば、絶対にお会いもできなければ

 

私のために骨を折っていただけるなんて事もありえない、という方です。

 

 

 

そんな素晴らしいご縁をいただけたのは、私という人間をご紹介下さる方がいらっしゃったからなんですね。

 

 

 

結局のところ人間って

 

そういうところで決まってくるのかも知れないな、と感じました。

 

 

人生は出会いで決まる、なんていう言葉を仰る方がいます。

 

 

出会い、というものは完全に自分でコントロールできるものではないのですが

 

一歩、前に出て動くことで出会いのチャンスに巡り合うことができる。

 

 

 

そんなことを改めて感じています。

 

 

 

ネットで拾った言葉ですが

 

書き留めて心に残したいと思います。

 

 

「今日から私は私の夢を実現するためのサポートをしてくれる人に出会い始める」

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(59日目)
 

 

 

 

進行中の新卒採用ですが
 

ありがたい事に、応募がありました~!
 

 

 

高校生の新卒採用というのは全て日程が決まっていて、そして全て高校が窓口となります。
 

7月に求人票が公開され、7月~8月に職場見学の申し込みがあります。
 

 

 

職場見学は複数の会社に申し込むことができますが、採用への応募は一社のみとなります。
 

と、いうことは職場見学の申し込みがあることが絶対的な条件となり、職場見学なしに採用への応募があることはほぼないと言えます。
 

7月~8月に、高校の先生と生徒さんの中でウチの会社を候補にあげてもらえるか、そこで全て勝負が決まるわけなんですね。
 

 

 

そして今年の8月には数名の高校生が職場見学に来てくれました。
 

そのうち一人だけ応募がありませんでしたが、あとの子たちが応募してくれました!
 

 

 

これから選考段階に入るので詳しいことは書けませんが
 

応募がなかった昨年に較べて手応えは大きいです。
 

 

 

 

昨年以上に高校を訪問して依頼をして回りました。
 

インターンシップの受け入れもしました。
 

職場見学の際は、心を込めて会社のことと仕事のやりがいを説明しました。
 

 

 

 

少しなんですけど昨年よりブラッシュアップした成果が出たと思うと
 

手応えを感じることができるのです。
 

 

 

未来のために。
 

 

採用活動は、まだまだブラッシュアップの余地があります。
 

来年はもっともっと力を込めていきたいと思います。
 

 

 

そして何より大事なのが
 

来年4月に迎えるであろう新入社員の育成です。
 

 

 

この部分も
 

しっかりと準備をしていきたいと思います。
 

 

 

 

本当に楽しみです!
 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(58日目)

 

 

 

 

 

 

昨日はリックCADのリックさん主催「RIK SQUARE」に参加してまいりました!

 

 

 

最大のテーマとして

 

 

「人が集まる場所」

 

 

弊社の最大の強みでもある展示場運営について

 

深く考えさせていただける良い機会となりました。

 

 

また、今回は弊社スタッフも同行してもらいました。

 

スタッフも感じるところが色々とあったようで、これまた貴重な機会となりました。

 

 

 

会場が新大阪ということで

 

移動時間含めて時間的にも結構かかったのですが、時間を割いた価値があったように思います。

 

 

 

 

広さ自慢の弊社展示場ですが

 

本当に、まだまだです。

 

 

 

そして伝える努力、これもまだまだ。

 

 

 

そして、もう一つ。

 

 

しれっと大発表なのですが

 

実は…自社でセミナー開催を企んでいます。

 

 

 

セミナー運営についても、準備が必要です。

 

RIKさんの運営も、これまた参考にさせていただくことができました。

 

 

 

 

RIKさん、貴重な機会をいただきありがとうございました!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(57日目)
 

 

 

 

 

 

先日、社会保険労務士事務所さんと顧問契約を結びました。

 

 

 

この分野については

 

少々遅れていたということだったのかも知れません。

 

 

 

良くも悪くも、自由で柔軟性のある運営でずっとやってきました。

 

 

しかし、ここにきて新卒採用への取り組みなどもあり

 

色々な整備が必要なタイミングとなってきていました。

 

 

 

そんなタイミングで経営者仲間にアドバイスとともに社労士事務所を紹介をしてもらったのです。

 

 

 

数回の打ち合わせを経て

 

 

アッというまに様々な整備が進み、そして全くこれまで手付かずだった各種助成金についての取り組みも準備をしていただいています。

 

 

 

なんとまあ、楽なこと楽なこと(笑)。

 

 

これまで、各種の手続き等は自社でできるだけやってきておりまして

 

いわゆるサムライ業の方々のお付き合いと言えば顧問税理士さんだけでした。

 

 

 

しかし、よく分かりました。

 

この分野は断然、お任せした方がいい。

 

会社のとってのメリットがメチャクチャにあります(^^)

 

 

 

チラシを作ったりホームページを作ったりするにも、絶対に自分で考えないとダメですから私は「お任せ」という言葉を発すること自体がほぼありませんでした。

 

 

しかし、この分野は「お任せ」の連発です(笑)。

 

 

これでまた未来へ向けて、一歩も二歩も前進できました。

 

持つべきは顧問社労士ですね…!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(56日目)
 

 

 

 

 

 

9月。

 

 

実は私が今の仕事に初めて触れたのが12年前の9月でした。

 

 

あれから12年。

 

 

 

12年前の事も、12年間の事も語りつくせないのですが

 

会社としてハッキリとした変化としては「お得意先様の増加」ということになると思います。

 

 

 

12年前に私が事業承継したときのお得意先様は3社、いずれもハウスメーカーといわれる会社さんでした。

 

 

その後、ひょんなことからのご縁でお得意先様が増えてきた歴史があります。

 

 

 

たまたま新しい店舗進出現場に出くわして、その場で訪問したハウスメーカーさん。

 

事業の拡大に際してわざわざダイレクトメールで業者募集のお声をかけてくださった工務店さん。

 

ご担当者さんが個人的に弊社イベントに来られたことから繋がった不動産屋さん。

 

お得意先様から転職した先から弊社にお声をかけてくださった不動産系リフォーム会社さん。

 

住宅展示場の工事をさせていただいていて、その担当者さんからご紹介いただいたハウスメーカーさん。

 

個人的な私の知り合いの外構工事をした際に接点があり、後日お声をかけていただいたハウスメーカーさん。

 

お得意先様から転職した先から弊社にお声をかけてくださった工務店さん。

 

私の個人的な友人の知人ということで紹介いただいた不動産系リフォーム会社さん。

 

 

 

今ではそんなご縁に溢れた会社になりました。

 

 

 

飛び込み営業的なことをしたのは最初の一社さんくらいで

 

殆どが人のご縁からご紹介いただいたり、お声をかけてくださったりでご縁を頂戴しています。

 

 

 

なので、実はあまり「新規開拓」営業ってしてこなかったのですね。

 

 

これまでの自然体でも十分に各方面のご縁をいただいてきました。

 

しかし、ここらで能動的な動きを出していこうという方針をたてています。

 

 

 

我々の担う外構エクステリア工事を必要とする一般のお客様は本当に沢山いらっしゃり

 

そしてその窓口となる住宅関連会社さんが奈良県中に沢山あるのです。

 

 

 

そんな住宅関連会社のお手伝いをするのが我々の役割です。

 

 

さらなるお得意先様とのご縁を願って
色々と取り組んでいきます…!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(55日目)
 

 

 

 

 

 

新卒採用に取り組まなければならない理由。

 

それは言うまでもありませんが、人材の安定確保のためです。

 

 

ここでいう新卒採用とは大学生の新卒採用です。

 

弊社でいうならば営業・現場管理を担う第一線の職種です。

 

 

 

我々の業界というのは元来個人事業が中心なため、経験者が求職してくるという事自体が滅多とないんですね。

 

そうなると、未経験から育てるという事になります。

 

 

中途採用で優秀な人が来てくれることがない訳ではなく、弊社でも第一線で動いてくれている社員さんは皆中途採用です。

 

 

しかし、一方で入社しては退職していったケースも少なからずありました。

 

 

 

そんな中、高卒で6年前に入社した職人、しかも女の子が真面目にコツコツと続けて成長してくれました。事情あってこの春に退職しましたが、別に同業他社へ転職したわけではありません。

 

さらに昨年高卒で入社した二人がこれまたスクスクと成長してくれているのです。

 

 

そして、よく言われることかと思いますが

 

 

変な思い込みや自分の型がなく、素直なんですね。

 

新しい風が吹いて空気が変わったようにも感じます。

 

 

彼らは変なやめ方をする心配が全然ないのです。

 

 

 

 

 

そしてもう一つ。

 

 

 

 

 

新卒採用は毎年やらないと絶対に意味がないと思っています。

 

しかし、毎年やると社員数が増加し続けます。

 

 

すなわち、小さな会社の新卒採用とは会社が成長し続けることが絶対的な条件なんですね。

 

そして社員さんの給料を上げていくというのも、これまた当然会社が成長し続けることが絶対的な条件となります。

 

 

これが、企業はある一定の規模まで行くと定年退職する社員さんと新卒入社する社員さんの数がバランスすることができます。

 

 

すると、総人件費がバランスします。

 

 

ここが大きなポイントです。

 

 

ここまでくると

 

社員さんが昇給し続けるシステムを作り上げてかつ、現状維持でも会社が継続可能なステージに到達します。

 

 

 

私はここを目指すのが会社の規模感としての目標なのです。

 

 

毎年、新卒採用の社員さんが入社しては彼らを教育して成長させる「型」ができている。

 

そんな会社にしたいのです。

 

 

 

そのために

 

 

大阪なんです。

 

大阪の大学に求人を出さないといけないのです。奈良とは大学の数が大きく違います。

 

 

そこにスピードの差が必ず出てきます。

 

 

そしてもちろん、中途採用をする場面もあるでしょう。

 

ここでも大阪の会社ならではの強みが出ます。

 

 

 

大阪府下への営業所開設の後に私が見据えているのは

 

大阪の会社にしていくことです。

 

 

本社機能をどこまで移すかという点については考える必要はありますが、営業本部や採用の拠点は必ず大阪となります。

 

 

そうやって新卒採用に取り組んでいくつもりです。

 

 

 

改めて

 

 

大阪というエリアを見ていきたいと思います。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(54日目)
 

 

 

 

 

 

未来のために…という事を前回書きました。

 

 

では、どんな未来を私が描いているのか?

 

いわゆるヴィジョンは?

 

 

 

今日はそのあたりについて書きたいと思います。

 

 

 

中期ヴィジョン。

 

 

売り上げや利益も考えていますが、最も大きな柱は「大阪進出計画」です。

 

4年後には「大阪営業所(仮称)」を堺市内に開設いたします。

 

 

 

なぜ堺なのか?

 

その答えは簡単です。

 

 

我々が取り扱う住宅外構は大阪市内には少ないからです。

 

これは敷地条件的な部分によるものですね。

 

 

 

住宅外構は堺市以南に、その需要があります。

 

そして既存得意先様の拠点も堺市内に点在しています。

 

美原、深井、そして中百舌鳥など。

 

 

いわゆる「泉北」と呼ばれるエリアです。

 

 

 

 

そして地理的条件。

 

奈良県桜井市から阪和道の堺インターチェンジまで約50分。

 

 

ちなみに奈良市へ行くのに約50分かかりますし、生駒市だと一時間以上かかります。

 

 

全く負担にならない距離です。

 

 

 

ここではB to C は当面考えていません。

 

B to Bのための拠点となります。

 

 

 

そして、なぜ堺に拠点を作る必要があるのか?

 

もちろん会社の成長のためなのですが、実は売り上げ規模としての成長ならば拠点などなくてもいいんです。さほど遠くもありませんし、実際既に堺に限らず大阪府下で多くの現場をてがけています。

 

 

 

大阪進出の理由は

 

 

「新卒採用できる会社にするため」

 

 

なんですね。

 

 

 

 

奈良県桜井市。

 

 

とーってもいいところなんですが、要するに田舎なんです。。

 

ここで「採用」となるとハンデが大きい。

 

 

「採用」は「営業」に比べて遥かに厳しい競争があります。

 

「営業」は同業他社だけが競争相手ですが、「採用」はいわば世の中の大企業全てが相手となるわけですから。

 

 

会社の成長にとって何より大事な人材確保のため、ここは踏み出さないといけないと思うのです。

 

 

 

では、なぜ新卒採用なのか…?

 

 

ここについては次回書くことにしましょう。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(53日目)
 

 

 

 

 

このところ

 

 

未来に向けて、手ごたえを感じることが続いています。

 

新しいお得意先様とのご縁、そして新しい仲間となってくれるであろう人とのご縁。

 

 

 

決して目先の利益とかではなく

 

いずれも10年、20年先にご縁が続いているかも知れないのです。

 

 

 

そして、それらは自らの能動的な行動によって呼び込めたものでもあります。

 

動けば動くほどご縁があるものです。

 

それを改めて実感できたことは、これからの自信にもなります。

 

 

 

 

そして社員さんの成長。

 

またチーム制を導入したことにより、社内に新たなコミュニケーションが生まれている。

 

これも、これからの10年、20年が楽しみです。

 

 

 

 

こうやって未来を見ているからこそ、頑張れる。

 

 

未来のために…頑張ります!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(52日目)
 

 

 

 

 

 

実は昨日から姫路に来ております。

 

中小企業家同友会の例会に参加するためです。

 

 

同友会という場は学びや刺激が多くあります。

 

各地で例会が開催されているため、もちろん全部に参加は出来ません。

 

 

そんな中で私が時間とお金をかけて参加するのは

 

人のご縁があればこそ、です。

 

 

 

ひょんな機会で、ある方に今回の例会にお誘いいただきました。

 

そして報告者の方も以前お世話になった方。遠く姫路とは言え、まさに人のご縁のある場です。

 

 

2ヶ月前に酒の席で誘われて、正直酔った勢いもあって参加を約束しました。

 

 

私はそういう約束は大事にします。

 

口約束も約束なので守らないといけないのです。

 

 

 

それが信用、そして人のご縁を育むものだと思っています。

 

 

だから姫路まで行きました。

 

 

 

もちろん内容にも強く刺激を受けました。

 

同世代の経営者で、私と同じように家業を承継された人。なのに…経営者としてずっと上のステージに立たれている。

 

なぜ、こんなに差がついている?いや、自分だって絶対にできるはず。負けたくない…!

 

ヴィジョン、学んだ事を即実践すること、伝え続けたら伝わるということ…。自分に不足していた事に色々と気づかされました。

 

 

来て良かった。

 

 

ちなみに姫路という町には思い出が一つあります。

 

高校一年の時に来ました。

 

高校生クイズに出場するためです。その年の予選が姫路で行われたのです。

 

15歳の子供には大阪へ行くのも一大イベントなのに、さらにそこから延々と姫路まで…。朝5時台の電車に乗って大阪から姫路へ、しかも通勤時間帯で電車は座れない…。なんていう遠い所なんだー!と思いつつようやく姫路に着きました。

 

そしてクイズ予選の一問目、絶対にわかるわけがない⭕️❌クイズにあっけなく予選落ち(>_<)

 

「え、俺ら何しに来たん?」としばし茫然。。

 

 

それ以来の姫路です(^^)

 

今回は新幹線で新大阪から40分。生まれて初めて自由席に乗りましたが、ガラガラでユッタリ座れて楽々と来れました。

 

 

そんな姫路の街、これまた新たな思い出になりそうです。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(51日目)
 

 

 

 

 

 


 

 

会社案内を作っています。
 

 

 

先日、印刷屋さんからデザイン提案をいただきました。
 

さらにそこにスタッフから意見をぶつけてもらい、私としては内容をブラッシュアップしました。
 

 

 

 

これはなかなか…いい感じになりそうです(^^)
 

 

 

この会社案内は10月ごろから本格的にお配りしていく予定をしていたのですが
 

ちょっと前倒してお配りしたい状況になってきております。
 

 

 

少しづつマーケティングのプロジェクトが動き出しているのですが
 

思った以上に手応えが強く、動きが速いのです。
 

 

 

 

 

こちらも少々スピードアップして
 

 

進めてまいりたいと思います!
 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(50日目)
 

 

 

 

 

 

さて

 

長い事「採用と人材育成」シリーズをやっちゃいましたけど

 

 

その間にグループ総会、というものを終えております(^^)

 

1 006

 

会場は例年こちら。

 

橿原万葉ホール、というところです。

 

 

 

 

スタッフおよび職人さん、メインの材料屋さんなどで構成される「わかば会」のメンバーが集まります。

 

 

スタッフには様々な機会に経営理念からはじまる経営に関する指針を伝える機会があるのですが、協力業者さん等にお伝えする機会というのは限られています。

 

 

「わかば会」が集まるのは、この総会と忘年会だけですので

 

事実上年一回の大切な機会です。

 

 

 

 

その内容も、少しづつブラッシュアップしています。

 

今回より、永年勤続表彰を行うことにしました。

 

 

10年勤続、そして20年。

 

 

先代以来という人も多く、長く勤めてくれるというのは本当にありがたく

 

経営理念「継続が幸福を導く」のキモの部分にもあてはまる事です。

 

 

 

 

1 018

 

本当に価値のあることだと思います。

 

毎年のように、こうやって表彰していきたいですね。

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(49日目)
 

 

 

 

 

 

前年の反省を踏まえ

 

今年の新卒採用にあたっては、訪問する高校を増やすことにしました。

 

それとともに会社見学に生徒さんが来たときの説明についても内容をしっかりと考えました。

 

 

 

やはり動けば動くほど何かが起こるもので

 

複数の高校から会社見学の申し出があり、まずは手応えのある成果となっています。

 

 

 

そして説明については私がしっかりと想いを込めて話しました。

 

 

 

応募、そして面接解禁が9月になりますから

 

実際に応募があって内定者が出せるかどうか、まだ分かりません。

 

 

 

 

しかし、確実にステップアップができたように思います。

 

既に書いたように、二人の内定者を出したいです。

 

「同期」がいると頑張れるから。

 

 

 

そして

 

来春に入社してくれる際には(って、まだ全く決まっていませんが)

 

2年目を迎えた子らが3年目の先輩となります。

 

 

 

ここにもきっと成長があると思います。

 

後輩が来るまでに、もっと腕を磨かないといけない。

 

また後輩が来たら指導する立場になる。

 

 

そんなふうになってほしいな、と願っているところです。

 

 

 

人が集まり、そして育つ企業に。

 

 

 

どこまでも目指していきます…!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(48日目)
 

 

 

 

 

 

二人の新卒者を迎えた年は、同時に新卒採用2年目の年でもありました。
 

 

フレッシュなコンビは社内の空気を大きく変えてくれていて

 

新卒採用は本当に成功だと思え、その流れの2年目となるはずでした。

 

 

 

しかし…

 

 

 

 

応募、ゼロ。

 

 

 

夏休みに職場見学が一名あったのですが、9月の応募には至らず。

 

 

 

 

前年、初めて取り組んだにもかかわらず成功に終わったのは

 

実は凄い幸運に恵まれていたということだったのです。

 

 

これは、今思えば本当に幸運でした。

 

もし初年度に成果がなかったら、早々にあきらめていたかも知れません…。

 

 

 

一転して、翌年はゼロに終わりました。

 

前年の経験から段取りも分かっていて、多少の準備もできていたのですが

 

逆に成果としては後退してしまったのです。

 

 

 

初年度が上手くいきすぎて、見方が甘かったと気づかされました。

 

 

採用というものは同業他社だけがライバルではありません。

 

 

弊社は住宅外構、造園の会社としては奈良で大きい方の会社であるものの

 

世の中の会社全体の中では全然大きくもなく、魅力を伝える努力もできていませんでした。

 

 

 

しかし一方で人材確保に血眼になって努力を重ねている企業さんが幾らでもあります。

 

 

 

 

高校への訪問、そして後になって分かったことですがインターンシップ受け入れなども取り組む必要があったのです。

 

 

 

前年に吹いた順風が吹くこともなく、結果として今年の春に2年目を迎えた二人の若い社員の後輩を迎えることができなかったのです。

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(47日目)
 

 

 

 

 

 

初めての新卒採用に取り組み、いわばその一期生として入社してくれたM君とT君。

 

現在2年目に入り、日々現場で奮闘してくれています。

 

 

ベテランの職人さんも、彼らの事をかわいがってくれてはいるのですが

 

私からすれば少し気になることもあります。

 

 

若くて体力があるという事から、やはり力仕事、体力仕事ばかりさせる傾向があるように思います。

 

自分たちの都合のいいように仕事をさせてはいないか…?ということ。

 

 

 

確かに現場の効率は大切です。

 

習得していない仕事を経験させることは、効率に相反することもあるでしょう。

 

 

 

技術は見て、盗んで覚えよ、という職人の世界の風潮。

 

先日、料理人の世界の人の話を聞く機会があったのですが、やはりそこでも同じのようです。

 

料理人の彼はそんなゆっくりしか教えてもらえない環境ではダメだと考えて、厳しいけれど仕事を任せてもらえる環境に身を投じたとのことでした。

 

 

そして私自身、学生時代に塾で先生をしていた経験があります。

 

いかに教えて習得させるか、それを考えつくして指導していました。

 

 

ベテランの職人さん、そして手配や段取り、指示をする現場監督にも口酸っぱく言っています。

 

「自分の都合のいいように使っていたらダメだ。新しいことをできるように段取りしてあげないといけない。また、一つ一つ反復させてやらないといけない。」

 

 

お客様あっての日々の現場なので、都合よくいかないこともあります。

 

しかし、目的がしっかりと理解できておれば確実に行動が積み重ねられます。

 

 

 

2年目の間にしっかりと技術を習得できるように…

 

日々ハッパをかけているところです。

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(46日目)
 

 

 

 

 

 

高卒で職人を志す二人の新入社員を迎えて

 

まさに一からの育成が始まりました。

 

 

先輩のベテラン職人さんに着いて、現場に行く日々。

 

若くて素直な二人はベテランの職人さんにかわいがられ、褒めてもらいながら経験を積んでいってくれました。

 

 

 

そして、なんといっても二人であるということ。

 

 

一般の会社で言うなら「同期」入社です。

 

「同期」って私も今なお付き合いがありますけど、やはり特別な絆があります。

 

 

元々高校の同級生だった二人は特に仲がいいんですけど

 

二人が常に一緒に頑張ってくれました。

 

 

 

直接聞いたわけではありませんが

 

 

常に切磋琢磨、情報交換、そして時には励ましあい、また学びあう、そんな関係であったと思うのです。

 

更に言うと、二人いるから二人ともが元気でいられた。

 

 

これが一人であったら、どうだったんだろう…。

 

 

 

仲間がいるから頑張れる。

 

アイツが頑張るからオレも頑張る。

 

 

間違いなく私自身もそんな経験があります。

 

 

若い二人の1たす1は2じゃなく、きっと3にも4にもなってくれました。

 

 

 

人を育てるというのは簡単なことではありません。

 

 

しかし間違いなく大事なこととして、同期の仲間がいる環境を作ってやることがある、ということを感じています。

 

 

 

そういうわけで

 

目下現在進めている来年の新卒採用でも、二人以上を採用したいと思っています。

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(45日目)

 

 

 

 

 

 

内定者が期せずして二人となり

 

4月の入社が本当に楽しみにして待つ日々となりました。

 

 

彼ら二人が加わることも見込んで新車のトラックも買いました。

 

 

 

そして4月、いよいよ入社。

 

初めてのことでし、新入社員の研修制度なんてものも全くありません。

 

 

大企業で新入社員研修を受けた私からすれば、座学の研修がどれだけ有用なのかは少し疑問もありますが

 

二人とも、こないだまで高校生です。右も左も分からないところからのスタートです。

 

 

 

一日だけ、研修日のようなものを設定しました。

 

 

うち半日、挨拶がてら主だった材料屋さんなどを回り必要な道具などを揃えました。

 

その後、ある現場に行って簡単な仕事を二人にやってもらいました。

 

 

今思えば、多少の座学があっても良かったですね。

 

 

このあたり、来年入社する社員があれば改善して作っていきたいと思います。

 

 

 

「新入社員研修」

 

 

それと、もう一つやりたい事があります。

 

 

「入社式」

 

 

です!

 

 

 

「入社式」の大切さ。

 

実はあるところで得た学びです。

 

 

 

 

まだ内定以前に応募前の段階ですが(^^;

 

来年4月が楽しみなんです…!

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(44日目)

 

 

 

 

 

 

初めて高卒の新卒採用に取り組んだ2年前、早速一人内定となって翌春の入社を首を長くして待っていた12月のことです。

 

内定者の高校の先生からご連絡をいただきました。

 

 

「別にもうひとり、採用検討いただけませんか?」

 

 

とのこと。

 

 

内定者はM君というのですが、M君と同じ高校の同級生ということになります。

 

聞けば、進学を希望していたが就職希望に変わったため季節外れの急な相談となったという事でした。

 

 

採用人数を二人にすることは大きな問題でもなかったので、早速の面接という事になりました。

 

 

そして、即内定。T君です。

 

 

翌春に二人の新入社員を迎えることとなりました。

 

 

顔つなぎ、という意味合いも込めて冬休みに何日かアルバイトに来てもらうことにして

 

12月の年の瀬、二人が揃ってやってきました。

 

 

アルバイトとしての現場体験をしてもらい、晩には焼肉屋さんに連れていきました。

 

 

二人は同級生のクラスメイトという事で既に仲良しです。

 

一人だとやはり緊張もありますし、なかなか話しかけられないと話せないと思いますが、二人になったというのが本当によかった。

 

二人して、ワイワイとやってくれています。

 

 

そしてこの事は、入社後も大きなポイントになることになります。

 

 

 

4月の入社が本当に楽しみで、私は首を長くして待っていました。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(43日目)

 

 

 

 

 

 

初めて高校生の新卒採用に取り組んだその年の夏

 

早速に、ある高校から「職場見学をお願いしたい」という連絡をいただきました。

 

 

 

 

前回ブログで何度も書いていますが

 

初めての新卒採用だったので、高校生にとっての夏休みに職場見学という一連の流れがある事も知りませんでした(^^;

 

 

約束の日時、一人の高校生の男の子がやってきました。

 

 

 

若い、です…(当然ですが)。

 

 

 

ちなみに職場見学は面接ではありませんので、やたらめったら質問することはできません。

 

差し支えのない話をしつつ、職場すなわち現場へ連れていきました。

 

 

 

 

そして夏が過ぎて9月。

 

 

 

 

再び高校から「一人応募させていただきたい。」とのご連絡。

 

もちろん、見学に来てくれていた彼でした。

 

 

 

そして面接となります。

 

面接の解禁日、みたいなものも決まっています。

 

 

 

新卒ですから、ポイントは現段階の技術や能力ではありません。

 

となると人間性だけなのですが、印象としては爽やかな風貌で全く問題なし。

 

 

 

いずれにせよ、唯一の志望者ですし何の問題もなく内定決定です。

 

 

いつもの採用面接では、その場で「で、いつから来れる?」という話になるのですが新卒採用の場合はそうはいきません。

 

採否の通知もキッチリと書面で高校へ送ることになります。

 

 

 

こうして、7月に思い立って取り組んだ新卒採用はトントン拍子で9月に内定者決定という成果を得ることができたのです。

 

 

 

もしこれが思い立ったのが1カ月遅かったら…すべてが1年遅れになるところだったのです。

 

よくぞまあ、7月でギリギリその年の採用に間に合ってくれたことかと後になって分かりました。

 

 

 

私にとって、これは幸運だったというか、また想いがあればこその結果だったのか

 

あの時、おそるおそる高校に電話してみたこと、これが全ての始まりでした。

 

 

 

その前の6月に30周年の記念式典を終えて私自身が感じていたこと。

 

これまでの30年を作ったのは、その殆どが先代の父であり、これからの30年を作る責任が私にはある。

 

それが私のミッションになりました。

 

 

そうやって30年後を見据えて新卒採用を、と思ったのでしょう。

 

そんな意味でも30周年に取り組んだことは間違いなくプラスになったと思います。

 

 

 

無事、一人の内定者を得たその年の12月、思いもかけず更に新卒採用を加速させることが起こります。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(42日目)

 

 

 

 

 

 

思い立って新卒採用を始めようと考えて

 

ある高校に、まさに「恐る恐る」お邪魔しました。

 

 

 

なんせ全く初めてのことでして、段取りが分かっていません(-_-;)

 

何も知らない状態で高校の進路指導の先生を訪ねて、まずはとりかかってみようと思いました。

 

 

 

それが2年前の7月。

 

 

本当に…ある意味ギリギリであり、最高でもあるタイミングだったのかも知れません。

 

 

 

奈良県の高校生の就職活動というものは完全にルールが決まっていまして

 

全てが学校経由でしか手続きできません。

 

 

ってゆうか、そんな事も知らなかったんですけどね(^^;

 

 

 

求人票を出せるのが7月からなんです。

 

そして、その手続きはハローワークで行います。

 

 

 

それを高校の先生に教えてもらい、早速ハローワークに行って

 

求人票を出しました。

 

 

 

そして就職希望の高校生は夏休み前に三者面談等もあり

 

主として夏休みに「職場見学」をして応募先を決めるのです。

 

 

 

そして9月に応募、面接解禁と進んでいきます。

 

 

 

なので

 

 

私が思い立ったのが9月だったなら、時すでに遅く

 

事実上また来年~、となるところだったのです。

 

 

 

 

何度も書きますが、そんなことも全く知らずに思い立ったのが7月だった。

 

 

 

なので、ギリギリ間に合ったのです。

 

 

 

そして、その高校から早速に

 

 

「職場見学をさせてほしい」という連絡をいただき、早速一人の高校生が夏休みにやってきたのです。

 

 

 

 

またまた明日に続きます…。

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(41日目)
 

 

 

 

 

 

新卒採用。

 

 

 

全く新卒採用など考えもしていなかったころの私の考え方は

 

 

「仕事教えるだけでも大変なのに、社会人教育までしてる間ない!」

 

 

 

 

今思うと、お恥ずかしいほど低レベルな経営者でした(-_-;)

 

 

 

弊社の職人んさんはベテラン揃いで、安定していたという側面もあります。

 

 

しかし一人、そしてまた一人と

 

高齢のため引退する職人さんもありました。

 

 

 

しかし中途採用が進まず、求人広告を入れても問い合わせ一件でそれをドタキャン(連絡なし)されて終わり、とかいう事もあり

 

 

将来リスクはどんどん広がってきていたのです。

 

 

 

しかし6年前に新卒採用を全く考えていなかったころ、ある高校から「就職希望の生徒の採用を検討してもらえないか」という打診を高校の先生からいただきました。

 

 

造園職人を目指している、女の子でした。

 

 

今にして思えば、目指す就職先に巡り合えあえずネットで弊社を探し当ててのお問合せ、という事だったのでしょう。

 

 

 

職人で新卒、しかも女の子という考えもしなかった採用に迷いもありましたが

 

職場体験で思った以上にサマになっている姿もあり、入社してもらうことになりました。

 

 

 

そう続かないかも知れないな…と思っていたその子が

 

 

 

コツコツと真面目に現場で働く姿にベテランの職人さんたち皆が絶賛してくれました。

 

 

 

技術的にはまだまだですが、いつしかその子は弊社の希望の星と言ってもいい存在になっていました。

 

 

 

そうなると

 

 

 

「新卒採用って、もしやすごく有効な採用なんじゃないか…?」

 

 

と思うようになりました。

 

 

 

 

そして2年前に弊社が設立30周年を迎えた際に

 

 

「これから30年継続可能な会社をつくること」が私のミッションになりました。

 

 

ならば、目先を考えるのではなく今こそ新卒採用に踏み切るべきだ、と考えたのです。

 

 

 

 

入社4年目となっていた彼女の母校に、おそるおそる電話を入れてみたのです。

 

 

「あの~、新卒で採用検討しているのですが…」

 

 

みないな感じでした(^^;

 

 

 

明日に続きます…

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(40日目)
 

 

 

 

 

 

人材の育成

 

これまた、言うは易し行うは難し…ですね。

 

 

 

しかし

 

 

私としては待ったなしのテーマであり、退路を断ってのチャレンジをしていかねばなりません。

 

 

 

職人の世界。

 

私たちの現場づくりは誰にでもできる作業ではありません。

 

 

 

しかし、この職人を目指すという若い人が

 

そうそういるわけではないのです。

 

 

 

 

昔と大きく情勢が変わっています。

 

 

 

例えば大学進学率。

 

昔は40%程度だったものが最近は55%程度まで上昇しています。

 

 

さらに大学に進学しなくとも専門学校という進路もあり、そちらへも15%以上進学している状況です。

 

 

また、田舎とはいうものの昔に比べてアルバイトという意味では働く場所が幾らでもあります。

 

 

 

一方で

 

 

職人への道というものは明確な進路ではありません。

 

 

専門学校もなければ、募集を公開しているところは余りないのですね。

 

 

 

 

知り合いの紹介等で、職人の親方のところで修行させてもらう…昔ではよくあった話なのかも知れませんが現在はそういう話は滅多になくなっています。

 

 

 

また、一番の問題だと思いますが

 

職人さんが稼げなくなってしまった、という点があります。

 

 

 

建設業界全体として需要の減少、そして価格の切り下げ。

 

そのしわ寄せが職人さんのところに行ってしまった。

 

 

 

そりゃ、職人を目指す若い人もいなくなるってもんです。

 

 

 

例えば、運送業界だってドライバー不足と言われます。

 

どちらがどうか、それは分かりませんが働き手の取り合いにもなっていきます。

 

 

 

そんな中で、未来を作っていくためにも若い世代の職人さんが絶対に必要なことは明白なわけで

 

私は2年前に初めて新卒採用に取り組むことにしたのです。

 

 

 

これまたシリーズ化ということで(^^)

 

 

続きは明日…。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(39日目)
 

 

 

 

 

 

お客様感謝祭については、次なるステージを考えています。

 

 

今に弊社展示場のキャパシティが限界になったとき

 

1日100組程度がそのイメージとなりますが

 

そこまで行くと自社展示場での開催に無理が来ます。

 

 

 

そうなると、次なるステージでは

 

会場を借りての開催です。

 

 

 

いわゆる、ホールでの開催。

 

 

ホールで映画とか漫才とかの催しがあって

 

その外で縁日コーナーがある。

 

 

そして私はホールの舞台でお客様にご挨拶をする。

 

そんな感謝祭のシーンを夢見ています。

 

 

 

夢、というか

 

 

5年後には、このステージに上っているべきものと考えています。

 

 

 

その日に向かって

 

 

頑張ります。

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(38日目)

 

 

 

 

 

 

初めてお客様感謝祭を開催した2006年。

 

 

ニュースレターでOB施主様にご案内をしたのですが

 

何せお客様の名簿をまともに管理できていなかった時代から一歩踏み出したばかりだったので

 

ご案内できるお客様の数自体が限られています。

 

 

 

確か140件くらいのお客様にご案内をして、来場いただいたのが11組だったと記憶しています。

 

お迎えする体制も一部のスタッフ数名のみ、でした。

 

 

 

催しそのものも、さほどのものでもなかったのですが

 

 

その日お越しいただいた11組の方々の笑顔、そしてその日の空気感…、これは絶対に続けようと心に誓いました。

 

 

以降、様々なご縁とともにご案内するお客様の数がどんどん増え続け

 

 

間もなくスタッフ総出のイベントとなり

 

そして職人さんや協力業者さんの応援も仰ぐほどとなりました。

 

 

 

内容も年々進化させていきました。

 

 

集客フェアのイベントとしてやっていた「レンガつかみどり」は今なお感謝祭の看板メニューとなっています。

 

 

私自身が子供の頃の思い出がある「紙ヒコーキ飛ばし大会」、これは結構な反響ありましたね。

 

 

お祭りのような雰囲気にしたくて、「わたがし」から始まった縁日コーナーは試行錯誤あったものの年々内容をブラッシュアップしています。

 

 

「ラジコンタイムトライアル」も盛り上がります。昨年はとうとう常設コースを作りました。

 

 

 

 

増え続ける来場者数は、一昨年とうとう二日間計で150組に達しました。

 

人数でいうと600人弱くらいになるでしょうか。

 

 

 

しかし昨年、少々ダウンして116組。

 

 

正直、感謝祭を始めて以来初のダウンです。

 

 

シルバーウィークという大型連休の影響があったのかも知れませんが、やはり進化し続けないという反省もあります。

 

 

 

イベントメニューが子供向けに偏っていないか…?

 

常に新しさを出していかねばならないのでは…?

 

もっと告知方法がカイゼンできないか…?

 

 

 

 

そして今年。

 

 

総合企画チーム発足とともに、かなり早い段階から内容についてチームで検討を重ねてきました。

 

その内容については今日は触れませんが、さらなる新しいイベントメニューを用意しています。

 

 

 

9月18日、19日の開催に向けて

 

 

あと一か月、本格的に準備を進めていきます!

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(37日目)

 

 

 

 

 

 

お客様感謝祭は2006年に始めました。

 

以降、毎年9月に開催して今年で11回目となります。

 

 

 

お客様と生涯のお付き合いを、理想を掲げて

 

何か形あるものを始めていきたい、という事でスタートしました。

 

 

 

ここでいうお客様とは、完全にいわゆる「OB施主様」に限定しています。

 

 

不特定の方に発信して「少しでも知ってもらう」という目的ではなく

 

ご縁あってお取引いただいたお客様とのお付き合いを深めたい、という目的です。

 

 

 

全てのイベント、メニューが無料です。

 

(今年から有料メニューが一つ登場しますが、これも本来価格の半額以下の設定です)

 

 

 

このやり方でやりますと

 

 

 

物凄く楽しい雰囲気になります…!

 

 

もちろんコストをかけてやっているのですが

 

コストを忘れさせてくれるような

 

 

私も大変幸せな気持ちになれる日となるんです。

 

 

 

 

経営理念「継続が幸福を導く」には色んな想いが込められているのですが

 

 

「お客様との生涯のお付き合い」というのは、この経営理念のど真ん中にあるものでもあります。

 

 

 

ですので、やり方が変わっていくことはあっても

 

絶対に続けていきたいと思っています。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(36日目)

 

 

 

 

 

 

諸事情で1日ブログをアップできませんでしたが

 

シレっと続けます(笑)

 

 

 

さて、弊社のお客様感謝祭が近づいて参りました。

 

 

 

 

今年の開催日は

 

 

9月  18日(日) 19日(月・祝)

 

 

です。

 

 

 

 

この日程は、年初に決まっています。

 

もっと言えば来年の日程も決まっています。

 

 

 

9月にある「敬老の日」はハッピーマンデーで必ず月曜日になるので

 

決まって三連休となります。

 

 

この三連休の日曜日、そして祝日の月曜日の二日間で開催するというように決まっているのです。

 

 

こうしておくと年初に全て予定が自動的に決まります。

 

日、祝の事なのでスタッフの個人的なスケジュールもありますから絶対に早々にスケジュールは決まっていないといけないのです。

 

 

 

当然ながら運動会と重なることはありませんし

 

問題のないスケジュールとしてこなせる「型」になっているのです。

 

 

 

こういう「型」って結構重要なんですね。

 

 

年間、決まった行事ごとって自社に限らずありますし世の中の行事ごとというものもあります。

 

 

それらを上手くかわせる日程が「型」としてできていないといけないのです。

 

 

 

ちなみに昔は一日の開催だったのですが、ある年から二日間にしました。

 

それは弊社展示場のキャパシティによるものです。

 

 

 

駐車場が決まった台数ですので、お客様数がパンクすると車が停められず溢れてしまいます。

 

来場組数の増加に合わせ、二日間の開催という型になりました。

 

 

と、いう事は

 

二日間のキャパシティを超えるようなことがあると、日程を含めて開催のやり方を変えていかないといけません。

 

または来場組数のコントロールを考えていくのか。

 

 

 

実は早々にそんなステージに移行していきたいと思っていたのですが

 

実は昨年、来場組数が伸び悩んでしまったため

 

今しばらくは現状のスタイルが続きそうな気配とはなっています。

 

 

 

 

日程の話だけで長くなりました(^^;

 

 

 

感謝祭の話は引き続き書いていきます。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(35日目)

 

 

 

 

 

 

お盆休みということにちなみ

 

休みについて今日は少々。

 

 

 

 

工事の業界においては日曜日が休みです。

 

職人さんをはじめ、現場メインのスタッフは日曜日に休みます。

 

 

 

しかし、土日休みのお客様が多いので日曜日に打ち合わせを、となることも多く

 

営業メインのスタッフは日曜日出勤して代わりに水曜日を中心とした平日に休みます。

 

 

 

プラス二日休めるものとして、スタッフは月6日休みという規定になっています。

 

 

 

 

そして店舗は一応水曜日休みとなっていますが、実際は出勤スタッフもいるので事実上開いています。

 

 

 

そういうわけで毎日自分の会社が動いていて誰かが出勤してくれている…という事で

 

私も、なかなか休みにくい状況となっているわけなんです。

 

 

 

ま、休みたいとかいう感覚はないのですけど(苦笑)

 

用事のあるときは休むというスタイルです。

 

 

 

そして、盆正月は会社として休みという事になります。

 

 

今回、盆が6日間。

 

正月は7日間。

 

 

 

盆正月は私にとって、かなり特別な時間です。

 

なんだかんだ仕事はしていますが、会社が休んでいるという事が大きい。

 

 

 

今年までずっと盆正月以外は常に店を開けていたのですが

 

実は今年は店を閉めた日がありました。

 

 

5月4日

 

 

です。

 

 

 

ゴールデンウイークのど真ん中です。

 

日曜、祝日は一般のお客様のご来店も多いですし、同じ敷地内にある園芸店が開いているので余計に合わせて開けるようになっていました。

 

 

しかし店を開けるとなると店舗スタッフに出勤してもらわなければなりませんし、ゴールデンウイークとなるとその負担がなかなかに厳しい側面もありました。

 

 

どうしても祝日の当番が難しくて臨時休業したことはありますが、予定して盆正月以外に店を開けなかったのは初めてのことでした。

 

 

 

5月4日休みは今後も続くと思いますし

 

 

「祝日」については今後休業日を増やしていきたいと考えています。

 

 

少しの事ですがスタッフにとって働きやすい会社にしていきたい思いもありますし、シフトも悩まなくて済みます。

 

 

実際、真夏や真冬の祝日のお客様ご来店は僅かであったりしますし(^^;

 

 

 

とりあえず

 

 

9月22日の秋分の日は

 

 

休みにします。

 

 

 

来年は年間スケジュールで決めてしまいますね。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(34日目)

 

 

 

 

 

 

さて、明日から会社としては盆休み期間という事になります。

 

 

今年の盆休みは

 

 

11日~16日。

 

 

 

今年から登場した「山の日」の影響で、世間的にお盆休み期間が変わったかと思うのですが

 

弊社も例年は13日~17日が盆休みでした。

 

 

 

私は前職が金融機関なので、盆休みというものはありませんでした。

 

そして、その前…学生時代の塾講師アルバイト時代に

 

夏休みの夏期特訓、というスケジュールの中で盆休みが毎年13日から17日だったのです。

 

 

 

当時のイメージ、そして思い出があったため、今の会社の盆休みを同じ期間にしていたのですね。

 

 

 

それが

 

 

山の日の登場によって変えさせられました(笑)

 

 

工事の業界ですから、材料屋さんとか生コン屋さんとかが休みだと現場を動かしにくくなりますので業界の状況を見据えて合わせることも必要です。

 

 

しかしスタッフのプライベートの予定もありますので、早めに告知する必要もあります。

 

 

少々悩みましたが、12日だけ出るのもどうなんだろう…という事で11日~16日となったのです。

 

業界的にも同じ期間が多かったです。12日営業のところも一部あったり、中には16日から営業というところもありましたが。

 

 

結果として6日間、1日長い盆休みとなりました。祝日が1日増えたので順当と言えば順当。

 

 

 

週休二日制ではない会社ですし、スタッフも休みにくい場面もあります。

 

そして最も暑い時期。

 

 

そういった意味でも、少しでもユックリ休んでもらえたらと思いも込めています。

 

 

しかし…

 

私たちのお得意先様である住宅業界の方々は、盆休みなどない方も多数あり

 

実は私は12日、13日と打ち合わせ予定が入っているのですが(^^;;

 

 

プラス、会社が休みなので水やりなども私がしに行きます。

 

これまた、毎年のお盆の恒例です。

 

 

ともあれ

 

お盆に休める事にも感謝、ですね(^^)

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(33日目)

 

 

 

 

 

 

地域戦略のお話しの続きを少し。

 

 

地域での知名度アップが、なかなかに難しいというお話なんですけど

 

効果の高い手法が一つあります。

 

 

IMG_2515

 

 

まあ、これなんですけど

 

 

 

見ていただいた方々には結構効果的でして

 

たまたま看板を掲げる現場の近隣で弊社のお客様がいらっしゃって

 

「ウチもリーフユニティさんにやってもらったんよ~!」なんて話にお客様同士でなったことも。

 

 

実際、この看板を見て早速問い合わせていただいた、という成果もありました。

 

 

工事現場に掲げるだけなんで、コストもさほどかかりません。

 

 

 

 

 

しかし

 

 

如何せん…

 

 

見ていただける人の数となると

 

 

限られたものでしかないわけですね。

 

 

 

と、いうことはスピードが全くないという事です。

 

 

 

たったの一日で10万部を折り込めるチラシのスピード感と、知名度アップという点ではトンデモナイ差があります。

 

 

現場による知名度アップ、方向性は間違いなく正しい。

 

しかし、それによって

 

よって、この方法が決して特効薬には成り得ません。

 

 

 

 

 

もっと地域の方々にリーフユニティの名前を見ていただけるように、あの手この手…色んな方法を考えないといけないのです。

 

 

それも、費用対効果を抑えつつ

 

スピード感も考えるとなると

 

 

 

 

 

そりゃ、難しいですね(^^;

 

 

 

 

そういう訳で

 

 

 

色々考えないといけない訳です…。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(32日目)
 

 

 

 

 

 

この秋から使う「会社案内」の制作が本格化してきました。

 

社内で資料、そして文章、おおまかなレイアウト要望をまとめ、本日印刷屋さんにお渡ししたところです。

 

 

 

 

過去、これまで「会社案内」なるものは

 

 

手作りの「会社概要」、それと同じく手作りで一般のお客様向け「リーフユニティ SRORY BOOK」しかありませんでした。

 

 

 

今回は法人のお客様向けの「会社案内」を制作します。

 

 

法人、個人問わないのですけど会社案内って

 

さほど数が必要なものじゃなくて、古くなってくると使えなくなったりもあって

 

 

これまで、手作りしてきたんですね。

 

 

 

それが今回、敢えて印刷屋さんにお願いするというのも

 

 

使用する目的、そして数量がある程度ハッキリした計画があり

 

 

 

そうは言っても数量は知れているのですけど、それだけ強い目的があるからなんです。

 

 

それゆえに

 

 

中身についても力を込めています…!

 

 

現段階で、スタッフの意見も集約しながら何度も内容を練り直し

 

作りこんできています。

 

 

 

そしてさらに、ここからも作りこんでいきます。

 

 

 

全社挙げてのマーケティングプロジェクト、加速していきますよ~!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(31日目)

 

 

 

 

 

 

「合わない」チラシの話です。

 

 

 

実際、12年前に初めてイベントを行った際

 

仕掛けた張本人の私がビックリするような数のお客様にお越しいただく事ができました。

 

 

 

チラシの見栄え等は今よりもずっと低いレベルであったのに、大きな反響が得られていたのです。

 

 

これについては色々な事が考えられます。

 

 

 

新聞購読率の低下、という事も言われます。

 

確かに新聞を取っている人は減少傾向にあるでしょう。

 

 

しかし、10万部という数は変えていないという事を考えると

 

微妙にエリアを広げたり、新聞の種類を増やしたりで総数は一定で続けているんで

 

 

 

純粋な意味での反響率も落ちているんですね

 

 

 

確かに

 

 

数稼ぎを狙っての粗品とか、そういった手法はしないようになったりもしています。

 

 

 

いずれにせよ、チラシを継続するからには反響率のアップを目指して色々な事に取り組んでいきたいとは思っています。

 

 

 

ただ、それにしても我々の業種や販売商品のことを考えたときに

 

費用対効果の問題は難しいところです。

 

 

 

しかし、チラシには絶対的な強みがあります。

 

 

 

それは、スピードです。

 

 

一日で決めた地域に一斉にリーフユニティの名前が告知される。

 

他にこれができる方法というのは私は全く知りません。

 

 

 

来場に至らなくても

 

色々な方から「チラシ、入ってましたね」というお声は多くいただきます。

 

 

 

結構、見ていただいてるんですよね。

 

 

 

イベント単発と考えると費用対効果が悪いのですが

 

地域の知名度アップとなると、このスピード感は費用をかける意味があるのでは…?となるのです。

 

 

 

まさに、これが地域戦略。

 

そのために毎年チラシを折り込んでいます。

 

 

しかしながら

 

 

 

そしてそれを12年間続けた結果としては

 

 

まだまだ道半ば…

 

 

というのが実感です。

 

 

 

知名度アップ、地域シェア確保というのは簡単な事ではないんですね。

 

 

ホームページで…とかいうのも全然違います。

 

 

 

時代の変化も見据えつつ

 

地域戦略を深く、深く…考えていきたいと思います。

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(30日目)
 

 

 

 

 

 

地域戦略のお話しを少し続けていきます。

 

 

いわゆる「チラシ」の話。

 

 

新聞折り込みによるチラシを弊社はかれこれ12年撒き続けていることになります。

 

弊社のチラシはイベントチラシです。

 

 

 

春(以前は秋にも行っていたことあり)に開催している自社イベント「リビングガーデンフェスタ」の折込チラシをイベント開催に合わせて撒いています。

 

 

数は10万枚です。

 

 

 

このイベントは自社の展示場で行うため、イベントコストというのはチラシ折込代がその殆どを占めることになります。

 

10万枚に対するチラシデザイン台、印刷代、折込代。昔はテントやテーブルをレンタルしていましたが今は自社で保有してるので、後は当日のスタッフの弁当代くらいです。

 

 

このチラシ折込にかかるコストは結構なものでして

 

対して2日間のイベントでのご来店、ご成約の金額は実はそう大きなものではないのですね(-_-;)

 

 

実際のところイベントで来場、ご成約いただいた工事の粗利全てを吐き出してしまうくらいのレベルです…。

 

 

 

一言でいうと

 

 

「合ってない」

 

 

というヤツです。

 

 

「合う」「合わない」、これ工事の世界では普通に使うのですが、収入とコストのバランスが合うかどうかという話です。

 

 

チラシの世界、なかなかに難しくて

 

 

地域のマーケットというものが当然にその前提として存在するのですが

 

 

少なくとも私の住んでいる地域では、こういった地元会社のチラシって殆ど入りません。

 

 

入るチラシは

 

 

まず食品スーパー。

 

そして自動車。住宅関係は住宅展示場のチラシと、あと不動産系がありますね。あとは…パチンコとか(^^;

 

 

同業者はもちろん、住宅リフォーム系のチラシなどもほとんど見ることがありません。

 

 

ああ、やっぱり合わないんだろうな~、と感じることもあります。

 

地域の人口、年齢層、住宅の規模や年数、新聞の購読率、所得層など様々な要因の結果、同じチラシでも反響率が異なることになりますから

 

ビジネスとして、合わないエリアに企業はチラシを入れません。

 

 

 

そんな中

 

 

私は12年間チラシを入れ続けています。

 

今後、やめる予定はありません。

 

 

 

その辺の話は明日にしましょう…。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(29日目)
 

 

 

 

 

 

地域密着

 

 

 

この言葉こそ

 

言うは易し、行うは難し

 

 

 

だと、強く感じます。

 

 

 

 

ランチェスター戦略に基づき

 

地域を絞り込んでナンバーワンを取ること。

 

 

簡単ですよね~、言うだけなら(笑)

 

 

 

勝てる地域に絞り込む、ということで

 

例えば奈良でナンバーワン、というよりも桜井という地域に絞った方がナンバーワンを取りやすい。

 

 

 

実は客観的には、桜井というエリアではシェア1位なんだろうと思います。

 

 

しかし100のうちの40%を確保した絶対的なシェアではなく

 

例えば弊社が3%程度(テキトーな数字です)で、2位が1%、そして1%以下の業者が凄くたくさんある…というような話です。

 

 

 

住宅業界では、全国で積水ハウスのシェアが1.3%でしかないのですね。

 

小規模な会社が多数存在するのが住宅業界の特徴なんです。

 

 

 

弊社は売り上げ的に言うとシェア1位かもしれません。

 

 

しかし、地域の方の知名度となると

 

たかが知れているんです。

 

 

 

ナンバーワンの会社は顧客の信頼を得やすい…なんていう作用は殆ど働いていません。

 

業界内ではトップであっても、地域のお客さんは全くそんなことは知らないのですね。

 

 

 

結論的に言えば

 

とんでもなく難しいことに挑戦しているような気がします。

 

 

 

しかし、これが長期ビジョン達成のためにも絶対に必要なこと。

 

10年、20年かかっても取り組んでいくべきことだと考えています。

 

 

 

そういった意味もあり

 

最近「地域貢献」とか「街おこし」といったような事も考えるようになりました。

 

 

 

それと私自身をはじめとした、地域のご縁。

 

 

 

しっかりと先を見据えて

 

 

やっていきます。

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(28日目)

 

 

 

 

 

 

中長期ヴィジョン。

 

 

色んな事を考えているのですが

 

私が成し遂げるべき最大のヴィジョンは

 

 

 

「毎年の新卒採用をしつつ、会社規模が現状維持でも全社員が年功で昇給できる仕組みになった会社にすること」
です。

 

 

 

では、それに対する売り上げ規模は…?

 

そして必要な人員は…?

 

 

 

今はぼんやりしたイメージにしか過ぎないかも知れません。

 

もっともっと、カラーで鮮明な画像にしなければならない。

 

 

 

 

ヴィジョン達成のためにも

 

 

大阪進出。

 

 

 

いや、進出というよりも

 

 

本社機能の多くを大阪に移し、大阪の会社にする。

 

 

 

 

 

4年後に営業所を出すことはハッキリと決めています。

 

 

昨年の6月に社内で公式に発表し

 

年頭に配布した経営指針書に日付も入れて宣言。

 

 

 

すると

 

 

何かが動き出しました。

 

 

まだまだ大きな動きにはなっていませんが

 

色んなところでユックリとですが歯車が動き出したような

 

 

 

そんなイメージです。

 

 

 

 

今日、このブログに書いたのも

 

 

改めてコミットするためです。

 

 

 

 

大阪の会社にする。

 

 

 

会社としての長期ヴィジョンであり

 

 

私個人のミッションであるとも言えます。

 

 

 

 

必ず…やり遂げます!

 

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(27日目)
 

 

 

 

 

 

夏の恒例となっている

 

スタッフの個人面談が始まりました。

 

 

 

例年、8月と12月に面談を行っているのですが

 

今年は4月にも面談を行うこととし

 

 

 

スタッフ面談は年3回となりました。

 

 

スタッフそれぞれと

 

しっかり、じっくり話をします。

 

 

これ本当に大事な時間だな~、と感じます。

 

 

 

特に4月に面談をしたことで

 

今回「久しぶり」に話をした感覚がないというのも、今年の前進ですね。

 

 

 

スッと線でつながった、というか

 

とにかくいい感じです。

 

 

 

来年以降も、この「型」を継続していきたいと思います。

 

 

 

コミュニケーションの機会は多ければ多いほどよい。

 

そのためにも、しっかりと仕組化しないといけない。

 

 

そして

 

 

本気で関わる心、ですね。

 

 

今週は営業・監督メンバーの面談。

 

そして来週は内勤メンバーの面談も行います。

 

 

 

多くの時間を取りますが、とても大切な時間です。

 

しっかりと向き合っていきます…!

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(26日目)

 

 

 

 

 

 

弊社では毎年8月にグループ総会というものを開催しています。

 

 

スタッフ、職人さん、協力業者さん、メインの材料屋さんで構成している「わかば会」のメンバーが集まります。

 

この場以外では忘年会だけですので、年一回しっかりとお話しできる大事な日となります。

 

 

 

例年ですが、今年もお盆明けに予定しています。

 

 

 

このグループ総会、初めて開催したのは11年前。

 

今思えば右も左も分かっていなかった私でしたが…頑張りましたね、うん。

 

 

 

その後、年2回開催してみたり

 

正月明け早々に開催したこともあったり

 

 

継続はしていたのですが、キッチリ「型」になっていませんでした。

 

 

 

そして2010年、とうとうグループ総会を開催せずに終わってしまいました。

 

 

これじゃダメだ、と大いに反省し2011年から盆明け開催を年間計画として年始に日を決めて発表するようにしたのです。

 

 

何でもそうですが、まずこれが大事です。

 

計画で日付を入れてしまう。

 

 

これで普通に実行できるのです。

 

 

 

もちろん翌年は予定どおり開催するとともに

 

社内コンテスト等の表彰を盛り込みました。

 

 

「型」ができれば「ブラッシュアップ」できる、という一例です。

 

 

 

 

そして2014年には30周年特別バージョンとして「家族慰安会」を兼ねてパーティー形式で行いました。

 

30周年は本当に特別な年だったのですが、グループ総会兼家族慰安会については35周年で開催できればと考えています。

 

これは2019年、3年後ですね。

 

 

 

そして今年。

 

 

さらなるブラッシュアップを予定しています。

 

永年勤続表彰です。

 

 

昨年、30周年の打ち上げパーティーで永年勤続表彰を行ったのですが

 

今年からグループ総会で表彰するという「型」を作っていきます。

 

 

 

 

そして

 

 

 

私はどんな話をさせていただきましょうかね…。

 

 

 

例年、お盆休みの私の宿題となりますね(^^)

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(25日目)
 

 

 

 

 

 

弊社の施工班のお話です。

 

 

直属の職人さんは現在10人。

 

 

ひとこと職人さんと言っても、実は専門分野、得意分野が分かれます。

 

もちろんオールマイティに色々なことをこなせる人も多いです。

 

 

専門別に分けますと

 

 

植木      4人
土木外構   2人
左官      3人
タイル     1人

 

 

こういう感じですね。

 

 

そして

 

 

直属ではなく独立した協力業者となりますが

 

弊社の専属と言っていい職人さんたちが

 

 

20名以上集まってくれています。

 

 

 

さらに専属ではありませんが継続的に入ってくれる職人さんたちが10名以上、さらに専門業者さんが加わります。

 

 

 

常時30名以上、時には40名を超える職人さんたちが現場に入ってくれているわけです。

 

 

 

売り上げ規模に応じて職人さんの数が必要となるので、ある意味当然と言えば当然なのですけど

 

 

この施工体制そのものも弊社の強みの一つです。

 

 

 

お得意先様の現場数増大にも

 

 

急な現場への対応も

 

 

適材適所、そして臨機応変な対応の取れる機動力。

 

 

 

さらに充実させていきたいと考えています。

 

 

 

 

そして何より

 

 

私にとって絶対に守るべき大切な仲間たちです。

 

 

これからもメンバーの力をしっかりと合わせて現場を作っていきます。

 

 

また、信頼関係を構築できる職人さんとの新たなご縁も願っています。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(24日目)

 

 

 

 

 

 

今日のランチはパンを食べました。

 

 

 

お前の昼飯なんかどうでもいい!?

 

ハイ、その通りです。私がそんなくだらないブログを書くわけがございません(笑)

 

 

お話ししたいのは

 

ご飯の話ではなく、ご縁の話。

 

 

 

 

少し私にご縁のあるパン屋さんがございまして、そちらをご紹介したいという訳です。

 

 

Panya Junya さん

 

 

このパン屋さん、なんと

 

 

5年前にウチの店にお越しいただいているのです!

 

 

 

5年前のブログでご紹介させていただいたときは移動販売という形態でパンを売っておられまして、ウチのカフェぽたりぃにて臨時出店いただいていたんですね。

 

 

その後、2年前に香芝の二上駅の近くで店をオープンされたのですが、実は私が知ったのはつい最近のこと。

 

後輩がFacebookで「いいね!」を押して上がってきていたのがPanya Juya。

 

 

「ん?あ~、あの時の~!」という事で、私も「いいね!」を押した次第です。

 

 

 

すると、お店のFacebookページの発信が毎日のように上がってきまして

 

こりゃ一度行かないと、と思い行ってきました。今日が2回目です。

 

 

 

若いご夫婦二人で切り盛りされています。

 

パン屋はやったことないですけど、何となく仕事と商売の大変さも分かります。

 

ちょっとしたご縁ですけど、せっかくのご縁ですから応援したいと思うので、ささやかながらまた買いに行きたいと思います。

 

 

 

ちなみに私は完全な味音痴で、何を食べても美味しいという幸せの舌の持ち主なので(笑)

 

私の感想は聞き流していただいてもいいんですが

 

 

そりゃ、美味しいです。

 

 

そもそもコンビニでおにぎりを買って食べたりする事もありますから、それならパン屋さんのパンを食べたほうが焼きたてもあって断然美味しく、そして体にもいいですしね。

 

 

 

先日、ある経営者の方が「私は同じおカネを使うなら、まず絶対クライアントさんのところで使います。そして知っている人のところで使います。」と仰っておられました。

 

 

ご縁を大事にする、言うのは簡単ですがコンビニやチェーン店を使ってしまう事も多々あります。

 

私も最近はそういう事を意識しています。

 

 

 

 

そういう訳で

 

 

今後のブログネタとしても、ご縁のあるお店や会社さんなどを紹介していきたいと思います。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(23日目)

 

 

 

 

 

 

先日、社内で立ち上げた

 

総合企画チーム。

 

 

 

いきなりハードなタスクとなる「会社案内」の作成をすすめているところです。

 

 

かなりの部分の原案ができあがってきましたね。

 

 

 

 

これまで

 

 

チラシ、そしてホームページなどの制作については専門業者さんに依頼してきましたが

 

常に原案は自社で作ってきました。

 

 

当たり前ですが、想いを伝える文章は外部の人には絶対に書けません。

 

写真の用意も任せることはできません。

 

 

 

それらをキッチリと用意して制作会社さんにお渡しします。

 

お任せするのはレイアウト、色づかい、細部の作りこみなど。

 

 

 

来月にお渡しする予定で、それに合わせて進めてきました。

 

 

 

実は、過去は全て私がほぼ一人でやってきました。

 

 

と、いうより

 

 

 

そもそも「企画」という全ての事を私一人でやってきました。

 

 

 

「企画」というと

 

 

響きがカッコよくて、やってみたい仕事のように思われやすいですが

 

実際やる人、できる人って殆どいないんですね。

 

 

 

それを

 

 

少しづつかも知れませんが

 

 

総合企画チームに取り組んでいってもらいたいと思って発足したのです。

 

 

 

 

実は

 

チームメンバー6人が全員が子育て中のママです。

 

 

 

 

 

内勤でコミュニケーションもとりやすく実務も早い。

 

そして何より主体的に考えて行動できる素晴らしい資質のメンバーです。

 

 

産休を経ての復帰などがあり

 

この優秀なメンバーが終結してくれた。

 

 

 

その業務は、まだまだ手探りですし

 

実際は本当にこれからなんですけど

 

 

 

弊社の未来を一緒に作っていってくれると期待しています。

 

 

 

この会社案内に続いて、一連のプロジェクト準備が控えています。

 

 

何が何でも

 

 

やりきります!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(22日目)
 

 

 

 

 

 

本日

 

 

就職活動中の高校生が職場見学に来てくれました!

 

 

 

工事中の現場へ案内して

 

入社2年目となる弊社の若手職人にも少し話をしてもらいました。

 

 

「仕事をしていて楽しいと感じるときは、どんなときですか?」という質問にこたえて

 

 

「自分がお客さんだったら、庭の元の状態から出来上がった状態を比べて嬉しく感じるし、休みの日とかにその家の前を通ったりすると『自分がやったんだ』と思うと誇りに感じます。」

 

 

なんていう事を言ってくれました。

 

 

 

今朝の朝礼時に「何か質問させるから、うまいこと言えよ~(笑)」なんて前フリはしてあったのですが

 

 

 

こんなに立派になってくれて…と

 

 

 

メチャクチャ嬉しかったです!

 

 

 

職人さんだけじゃないですけど

 

 

こうやって頑張ってくれているメンバーみんなのために、もっともっといい会社にしていかなければいけないと

 

改めて感じます。

 

 

 

高卒で就職する子らですので

 

正直、学歴的には高いとは言えないかも知れません。

 

 

しかし、学歴なんて関係ないんです。大学に行かなくても幸福な人生を歩めるチャンスは絶対にありますし、そんなチャンスのある場を用意してあげたいのです。

 

 

 

また、新たな風の吹く春になってくれることを願っています。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(21日目)

 

 

 

 

 

 

昨日は脅威分析なんていう大層なタイトルをつけましたが

 

 

時代の変化、これこそが最大の脅威なんだろうなと思います。

 

 

 

 

身近な例で言うなら、デジカメの普及によりカメラフィルムというものが必要なくなり

 

更に遡るとCD、DVDの普及によりレコードの針も必要なくなりました。

 

そしてCD、DVDまで必要となくなっていく…?

 

 

 

 

こういった分野で商売をしていると、これはどうしようもありません。

 

 

富士フィルムのように違った分野へ転身しないと会社は存続できなくなっていまいます。

 

 

 

昨日、あるところで学んだ言葉。

 

 

 

「シンギュラリティ」

 

 

 

人類の知能を越える人工知能の登場により、以降の世界が加速度的に変わっていく時点が来る。

 

もはや30年後とも言われています。

 

 

 

ターミネーター、銀河鉄道999、

 

 

そして

 

 

ドラえもんの世界が近づいている…!?

 

 

 

 

ここまで行くと想像を絶する話になりますが

 

 

自社の30年後を見据える私にとって、決して夢の話でも笑い話で済ますわけにはいきません。

 

 

 

人工知能とまで行かずとも

 

 

科学、技術の進歩。

 

 

これまでも様々な分野で進んできた一方で

 

私たちの現場では30年前と同じようなことをずっとやっていたりもするのです。

 

 

 

こういうところを考えていくのもまた

 

 

 

経営者の仕事であり

 

 

資質

 

 

なのでしょうか…?

 

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(20日目)

 

 

 

 

 

 

ウチの会社の近くに中和幹線という幹線道路があります。

 

このところ規制緩和なのかライフライン整備の結果なのか、大型商業施設の建築が続いています。

 

 

間も無くドラッグストアがオープンするようです。

 

スーパーやディスカウントストアも立て続けにオープンしました。

 

 

ドラッグストアって、そんなに沢山いるんだろうか…?余計なお世話ですが(^_^;)

 

 

 

そりゃあ

 

個人の店とか、厳しいに決まってます。商店街が寂れるのは自然な流れです。

 

 

個人の店で繁盛してるのって

 

飲食?

 

いや、それこそ次々と個人の店もオープンして大変な競争ですし、お客様も新しい店に移ろいやすいです。

 

 

どんな業界もライバル店の出現が脅威になります。

 

そして物販だとネットショップもあります。

 

 

そんな中で実は

 

弊社の業界、そして地域においては脅威が比較的小さいように思います。

 

大手家電量販店が、まちの電気屋さんのマーケットを分捕っていったような図式が起こっていないのですね。

 

 

 

それには様々な理由があります。

 

 

そこのところを突き詰めるとともに、関東圏や中京圏の先行した動きなどを注視する。

 

そんな事が必要なのだろうと、このところ考えています。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(19日目)

 

 

 

 

 

 

昨日は恒例の社内コンテストを行いました!

 

 

なんと、今年で第5回となるんですねー(^^)

 

 

 

 

弊社の担当者が一年でイチバンの現場を出し合い

 

そして全スタッフで投票して最優秀賞を決めるというもの。

 

 

 

 

それぞれ候補の作品の中から1位票と2位票を投票する、という仕組みです。

 

1位票2点、2位票1点として総得点で競います。

 

 

そして、自分の作品に投票はできないというルール。

 

 

 

内勤スタッフは昼間のうちに投票を済ませてもらい

 

会議参加スタッフはその場で投票します。

 

 

 

そして、開票は2位票から行います。

 

 

今年もスタッフみんなが力のこもった現場を出してくれています。

 

2位票の開票が済んだ段階で、近年まれにみるデッドヒートとなりました。

 

 

 

 

しかし1位票が2点ですから、ここからの開票が勝負です。

 

1位票となると、さすがに表が入る現場が偏ってきます。

 

 

現場Aがリードしては現場Bが追い付く、というデッドヒート、さらに私の現場が3番手で追いかける展開。

 

開票終盤になって私の現場の1位票が何件か続き

 

 

 

奇跡の大逆転で私がトップに立ちました!

 

 

 

そして最後の1票が

 

 

現場A。

 

 

わずか1点差で差し替えされ

 

 

私の現場は2位に終わりました…(^_^;)

 

 

BlogPaint

 

 

 

(ちなみに赤字が2位票)

 

 

 

 

ま!ま!

 

 

 

いいんです!!

 

 

 

 

毎年書いてますけど、私じゃダメなんです!

 

 

いや、負け惜しみじゃなくて(笑)

 

 

 

そして今年の最大のブラッシュアップと言えるのが

 

昨年6人だった参加者が今年は7人になったこと。

 

 

 

勤続3年を過ぎたO君が初参加できたことが、嬉しい一歩になりました。

 

 

そして来年はもう一人増えてくれる予定です。

 

 

 

スタッフの成長が、しっかりと目に見えてきた事がメッチャ嬉しいです!

 

 

 

 

最優秀賞は来月のグループ総会で表彰します。

 

 

何か励みになってくれたら、これまた嬉しいです。

 

 

 

社内コンテスト、これからも盛り上げていきたいです。

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(18日目)

 

 

 

 

 

 

この連載(?)も今日が最終です。

 

明日から別ネタ考えないといけません(^^)

 

 

最後として

 

 

直近この2年の整備改修工事の部分をご紹介して当シリーズを締めくくりたいと思います。

 

DSC_0697

 

 

 

お客様感謝祭で「ラジコントライアル」という催しをしておりまして、最初は店内のアスファルト上に簡単なコースを作ったのですが

 

 

常設コースをつくりました(^^)/

 

一応、人工芝や石材など舗装材の展示も兼ねていたりします。

 

 

DSC_0692

 

こちらはベンチのある公園風になっていますが

 

この中央の植栽が弊社30周年の記念植樹です。

 

以前ショールームがあった場所が移設後2年ほど手つかずだったのですが、昨年記念植樹とともに整備しました。

 

 

 

 

 

DSC_0636

 

 

 

 

 

今年の整備箇所です。和風モデルガーデンの登場です。

 

濃いめの色の雰囲気がいい竹垣、自然石、そして植物。

 

本格的な和庭を作る機会はあまりないのですが、ちょっとしたスペースの和庭は時折あります。そんなモデルになってくれたらと思っています。

 

 

 

 

 

 

広さ自慢のリーフユニティ展示場ですが、逆に言うと何もないところからのスタートでした。

 

 

もちろんおカネをかけたら一気に整備ができるのですが、私は少しづつ進めてきました。

 

思えば、これがよかった。

 

 

 

エクステリア商品には移り変わりがありますし

 

屋外展示なので劣化する場合もあります。

 

そして、会社としてのステージや店のスタンスなどが変化していきます。

 

 

 

それらに合わせながら、少しづつ継続的に。

 

 

 

これからも

 

 

少しづつですが

 

 

リーフユニティの展示場は進化していきます…!

 

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(17日目)

 

 

 

 

 

 

30周年の事務所・ショールーム改装を終え

 

展示場整備の「アンチ新築外構」の方針は少し修正するに至りました。

 

新築外構の展示も取り入れていく事にしたのです。

 

 

 

なぜかというと

 

 

ハウスメーカーさんをはじめとする住宅会社さんとのご縁の増大とともに

 

住宅会社さんの新築外構のお客様の打ち合わせを弊社展示場で行う機会が増えてきたのです。

 

 

 

展示物、サンプル類、参考資料、パソコン等が全て揃った状態での打ち合わせは大変スムーズです。

 

そして、植木。

 

植木の在庫量は弊社展示場の大きな強みです。植木を実際に見て選べるエクステリアショップは、実は殆どないのです。

 

 

 

展示場の強みを一般のお客様のみならず

 

 

住宅会社さんへPRしていく、それも今後大きなマーケティングの方針にしていきたいと考えています。

 

 

 

 

そういうわけで、機能門柱の展示もスタートしました。

 

ポストの展示も少しですがあります。

 

 

 

この広さ自慢の展示場の強みを生かして

 

他店では決して見られない新築外構の展示をすすめていく予定です。

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(16日目)

 

 

 

 

 

 

様々な整備を進めてきた弊社展示場ですが

 

 

実は大きな問題がありました。

 

 

 

いわゆる「事務所」、すなわち打ち合わせスペースです。

 

殆どのスタッフの席がある事務所と、それとは別に離れたところにショールームがあったのです。離れたショールームにも4人のスタッフの席がありました。

 

 

これは会社内部の話として効率が悪く、何か用事があって行くにも時間がかかりましたし

 

そもそも社内にいるのかどうかも分からないという状態でした。

 

 

そして、そのショールームはお客様をお迎えして打ち合わせをするのに良い環境だったのですが

 

私も含めて本体の事務所にいるものは、そちらに隣接した小さなスペースで打ち合わせをせざるを得ず

 

そのスペースは余り良い環境とは言えなかったのですね。

 

 

 

 

それらの問題を解決するために

 

ショールームを本体の事務所側に移設し、本体の事務所も大幅にやりかえてスタッフの席もイチからレイアウトし直す、という事が必要だったのです。

 

 

 

さすがに

 

 

これは大規模な工事となります。

 

 

 

もちろん金額的に結構な投資額となる。

 

 

 

さらに工事中の業務の問題。

 

 

家のリフォームを住みながらするのと一緒で、工事中が大変です。

 

工事中使えないスペースが出てくるため、どうやって席を確保するか。

 

 

 

 

今思い返しても結構大変なことをやったなあ、と感じますが

 

 

そのとき私の背中を押してくれたのが

 

 

30周年

 

 

という行事でした。

 

 

 

 

30周年の行事等の計画を練るなかで

 

職場環境を考えても、そしてお客様を迎える態勢としても

 

「30周年なんだから!」という考えが私を後押ししてくれました。

 

 

 

 

そして30周年の準備期間と位置付けた2013年。

 

 

年明けとともに工事開始となったのです。

 

 

 

P1060530

 

 

解体からはじまり

 

 

P1060807

 

 

 

間仕切りが無くなって事務所スペースも見違える広さに

 

 

P1060747

 

 

この壁がポイントです!

 

 

P1060776

 

 

 

店のスタッフは常にお客様の方を向きつつ、机越しにお客様が見えるようにしたかったのです。

 

 

P1070849

 

 

 

 

 

外観。プラスGの展示も兼ねています。

 

 

 

 

 

ようやく…

 

本当にようやく、でした。

 

 

胸を張ってお客様に来ていただけるショールームができました。

 

 

 

そしてスタッフみんなが集まる事務所になったことも大きな転換点になりました。

 

 

 

後押ししてくれた「周年」のおかげでもあり、これからの35周年、40周年といった節目にも何か思い切ってやっていきたいと思っています。

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(15日目)

 

 

 

 

 

 

このシリーズ、まだ続くか~という苦情は受け付けておりません(笑)

 

 

 

様々な整備工事を重ねてきたわけですが

 

展示場づくりに関する方針についても色々と変遷もありました。

 

 

 

それは特に営業・マーケティングに関する方針そのものに一致しています。

 

 

 

これまでずっと様々な展示物について考え続けてきたのですが

 

実はポスト展示というものを、殆どしていません。

 

 

 

それは

 

 

「アンチ新築外構」の店づくりをしてきたからです。

 

 

 

マーケティングの方針として、新築外構を一般のお客様から直接受注するという事を基本的に外して考えています。

 

 

初めて聞く方は意外に思われることも多いのですが、弊社はそういう方針なのです。

 

これについては昔ブログにも書いたこともありますが、今日は詳しくは触れないでおきましょう。

 

 

 

では、リーフユニティは何を目指すのか。

 

 

 

ガーデンなんです。

 

 

すなわち

 

 

手つかずの庭を何とかしたい。

 

植栽を任せたい。

 

目かくしの方法を考えたい。

 

 

 

そんなお客様とのご縁を願っています。

 

 

 

ですので、ポスト展示をしてこなかったのです。

 

ポスト展示は簡単です。スペースも取りませんし、目も引きやすい。展示物への投資もさほどの額にはならない。

 

 

そこを敢えて、ポスト展示を避けて展示場整備をしてきたのです。

 

 

 

ウッドデッキ、目かくしフェンス、おしゃれ物置、タイルテラス、テラス屋根及びテラス囲い…庭まわり商品を中心に展示場整備を続けてきました。

 

 

そして植栽スペース。

 

 

 

今なお弊社展示場は「ガーデン」の展示場がメインとなっています。

 

 

 

しかし

 

 

近年になって少しづつ方針転換をしはじめました。

 

 

 

その話はまた次回以降に…。

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(14日目)
 

 

 

 

 

 

厳密に言うと展示場というよりも

 

 

「カフェぽたりぃ」という店がリーフユニティの展示場内にあります。

 

 

いわゆる喫茶店です(最近あんまり喫茶店って言わなくなりましたねー)。

 

 

 

 

元をただせば

 

母の道楽的な発想ではじめた店でして(違ってたら申し訳ないですが(^^;)

 

立ち上げ時は弊社の直営だったのですが、その後園芸店を営む姉夫婦に引き継いでもらっています。

 

 

 

いわゆるログハウス的な佇まいでして、とても雰囲気のあるカフェになっているんですが

 

8年くらい前にテラスのウッドデッキ部分、エントランスのデッキ部分などが痛んできて改修が必要になりました。

 

 

 

そこでテラス部分に当時私が注目していた「ガーデンラウンジ・ココマ」をテラス席として作ることにしたのです。

 

 

 

 

DSCF1306

 

 

ちなみに上の写真は以前よりお世話になっていた情報誌の方がカフェ紹介の取材にお越しいただいた時の写真です。

 

話せば長いのですが、この事も大きな出会いの一つになりました。

 

 

 

以降、このスペースはココマ展示を兼ねたテラス席として今なお大活躍中で

 

弊社のココマをはじめとするガーデンルーム販売の大きな転機にもなり、私も多くのココマを手掛けさせていただきました。

 

 

 

 

DSCF2188

 

 

 

さらに翌年、「7つのデザイナーズ・ガーデン」を店内に作りました。

 

 

スタッフそれぞれが自由にデザインし、お客様感謝祭で人気投票をする、というような取り組みもやりましたね。

 

 

これらは現在すべてが残っているわけではないのですが、写真の部分を含め今も店内を彩ってくれています。

 

 

 

 

 

こうして2009年までに、かなりの展示場づくりを進めることができたのです。

 

 

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(13日目)

 

 

 

 

 

 

私にとって初めての展示場改修工事の翌年

 

さらなる改修工事に踏み切りました。

 

 

 

 

これまた大規模改修となりました。

 

今思えば

 

 

 

結構、思い切ってました(^^;

 

 

 

 

門柱サンプルを中心としたゾーンを新たにつくりました。

 

 

 

 

 

サンプルガーデン

 

 

このゾーンの登場により、展示場が一気に「外構・エクステリア専門店」らしくなりました。

 

 

 

 

 

さらにその翌年

 

 

おしゃれ物置・カンナの展示をするに際してモデルガーデンを作りました。

 

 

 

 

モデルガーデン

 

 

これにより展示場にフォーカルポイントができました。

 

カンナの良さがグッと引き立つカントリー風モデルガーデンとなりました。

 

 

 

これらの箇所が整備され、ようやく「展示場が自慢」と言えるレベルになってきました。

 

 

少し古くなってきていますが、この2ヵ所は今なお当社展示場の見どころとなっています。

 

 

 

 

 

このシリーズ、まだまだ続きます…。

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(12日目)

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

展示場に様々な展示品を設置したりモデルガーデンを作ったり

 

過去12年、毎年のように手を加え続けました。

 

 

 

その内容についても書きたいのですが

 

それ以上に苦心し続けたのが

 

「維持管理」

 

です。

 

 

 

とにかく雑草が凄い勢いで生えてきます。

 

雑草が生い茂ってくると、どんどん展示場がみすぼらしく見えてきます。

 

 

強みである筈の展示場がむしろ負担に、そしてマイナスイメージになってしまう…

 

色々と悩みつつ、場当たり的な対応が続きました。

 

 

私自ら草引きをしました。

 

盆休み中、毎日汗だくになって草引きした年もありました。

 

あっという間に草がまた生えてきて、何の意味もありませんでした。

 

 

職人さんの空いた日に刈ってもらったり、シルバー人材さんにきてもらったり

 

ところどころにグラウンドカバーの植物を植えてみたり

 

場当たり的な対応では同じことの繰り返しとなりました。

 

 

 

 

そしてとうとうある年

 

最悪の雑草がはびこって来てしまいました。

 

 

 

スギナです。

 

 

 

いわゆるツクシの本体、です。

 

こいつは地中に根を張り巡らせ、引いても刈っても平気な顔(?)で次々と上がってきます。

 

このままでは、植木の在庫もどんどん価値を失ってしまう。

 

 

 

どうすればいいのか…、考えて調べて行き着いた答えは

 

除草剤。

 

 

 

雑草のシーズンは4月から10月くらいです。

 

スギナに悩まされた翌年、スギナ掃討作戦として朝の朝礼後にスタッフもみんなして一斉に除草剤を散布するという事を梅雨どきまで続けました。

 

継続的に除草剤を散布するなかで地上部は枯れるのですが、また新たに小さな芽を出してきます。それらを徹底的に見つけ出してこれでもか、というくらい除草剤を打ちました。

 

 

結果

 

 

スギナはほぼ展示場から姿を消したのです。

 

 

もちろん、スギナ以外の雑草も殆どありません。

 

 

これで「型」ができました。

 

 

朝、月2回くらいのペースで営業スタッフで除草剤を打ち

 

月1回の内勤朝礼後に展示場清掃の時間を作って私が除草剤を打つ。

 

 

現在、この「型」ができています。

 

 

「型」を作ってブラッシュアップする、これにより展示場の維持管理は少しずつですがレベルが上がってきました。

 

 

 

今や雑草は気にはなりますが、悩む事はなくなりました。

 

 

たったこれだけの事なんですが、12年間で辿り着いた現在地です。

 

 

「型」を作ってブラッシュアップすること、これがリーダーの大事な役割です。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(11日目)

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

IMG_2383

 

 

当社展示場。

 

 

今日の写真です。

 

 

 

 

 

当社の展示場は

 

 

「広さ自慢」

 

 

です。

 

 

 

 

ですが…広いだけ?

 

 

じゃ価値がないわけですね。

 

 

 

 

展示場づくりには、色んな場面で色んな事を考えて

 

おカネもかけながら少しづつ作ってきました。

 

 

今日から少し振り返りながらお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

12年前。

 

 

 

 

私が先代に代わって事業を引き継いだとき、既に広大な展示場がありました。

 

 

私の直営ではありませんが園芸店とカフェを併設しており、常時お客様が出入りされているという

 

客観的に見ればトンデモなく恵まれた環境です。

 

 

 

園芸店・カフェの奥に広がる展示場には在庫である各種の植木が植え込まれていました。

 

先代はどういう思い付きだったのか気まぐれだったのかで作った「健康遊歩道」なるものも存在しました(今もあります)。

 

 

 

当時は

 

 

 

時折、植木を探しに来るお客様がいる程度で、

 

 

 

「花屋さんの奥がこんなに広いって知りませんでした!」というお客様の声ばかり聞いていたように思います。

 

 

しかし

 

 

植木の在庫としては確かに豊富にあるものの

 

植木屋としてではなく外構エクステリアの展示場としては、ほとんど何もない状態です。

 

 

 

 

この広い展示場を、もっと夢のある楽しい空間にできないか…?

 

 

 

12年前に就任して間もなく、担当する現場もない私は自然とそれを考えていました。

 

 

 

 

これだけ広い展示場を持っている同業者は滅多とない。

 

本来、強みであるはずの広い展示場が強みどころか手間暇カネのかかるお荷物になってはいないか…?

 

 

 

 

そして色々あって翌春にイベントを行うことを決定し、それに合わせて大規模改修を行うことに早々になったのです。

 

 

 

展示場の奥に「スペース」を作る。

 

 

お客様を奥へ引き込んで滞在する空間を作ろう、という事になりました。

 

 

そしてイベントスペースとしても活用できる。

 

 

 

石貼り、タイル貼りを組み合わせて野外テラスのようなスペースを作り、そこにレンガを積んでベンチも作りました。

 

 

 

思い起こせば、何も分からない私をスタッフや職人さんみんながサポートしてくれて

 

まずは展示場改修工事の一回目が無事完成したのです。

 

 

 

 

CIMG1293

 

 

(昔の写真です)

 

 

 

このスペースで初めてのイベントをしたとき、私はジャグリングの方に来てもらってパフォーマンスをやってもらいました。

 

 

集まっていただいたお客様が楽しそうに見てもらっているのを見て、初めて踏み出した一歩に充実感を感じていたことを覚えています。

 

 

 

この話、長くなるので何回かに分けて書きますね…(^^)

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(10日目)

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

昨日は三重県津市へ

 

そして一昨日は大阪府豊中市へ

 

 

 

さらにも増して、東奔西走している植田でございます。

 

 

 

弊社の現場は奈良県中心となっておりますが

 

奈良に近接している府県では常時現場が動いています。

 

 

 

実際、同じ奈良と言っても生駒や登美ヶ丘方面となると1時間以上かかるのですが

 

1時間あれば大阪府下の殆どのところへ行くことができます。

 

 

特に高速のインター近くであれば近いもんです(^^)

 

 

大阪府下の現場はまだまだ少ないですが、今後一層増やしていく予定です。

 

 

 

 

大阪方面については、南阪奈道路という道が平成16年に開通しました。

 

ちなみに平成16年は私がこの仕事に就いた年でもあります。

 

 

 

 

以来、大阪府というエリアに対する考え方が劇的に変わりました。

 

 

昔は西名阪自動車道の法隆寺インターか、山麓線という道を当麻から香芝を経て大阪の柏原インターまで走っていたのです。

 

 

それが高田バイパスという道の開通もあり、橿原市四条から一気に堺市美原までつながる道が出現しました。

 

 

結果、美原インターまで行くのに40分を切って行くことができるようになったのです。

 

 

そしてその先、阪和道で堺インターまで5分程度。

 

大阪のいわゆる「泉北」と言われるエリアまで1時間で十分行けるようになったのです。

 

 

 

昔なら1時間半以上、というか余り行く気にならないようなエリアだったでしょう。

 

この30分の短縮はメチャクチャに大きい。

 

 

 

大げさに言うと

 

 

「世界が変わった」

 

 

のです。

 

 

 

 

現在、私は大阪進出を計画しています。

 

 

 

もちろん、南阪奈道路あればこそできる事です。

 

 

 

目指す先は

 

 

 

 

大阪府堺市。

 

 

 

 

具体的にはこれからですが

 

イメージはしっかりとできてきました。

 

 

 

今後さらに加速して行きます。

 

 

待ってろよ、大阪!みたいな感じです(^^)

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(9日目)

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

弊社では

 

現在「チーム制」の導入を進めています。

 

 

チームリーダーを中心に補佐役、内勤アシスタントで編成されるチームです。

 

 

これまで担当者個人の業務は他のメンバーは殆どわからない状況でした。

 

そして売り上げを上げれば上げるほど個人の負担が増大していくことになります。

 

するとついには、休むに休めない環境となってしまいます。

 

 

 

 

それらを改善し

 

そして人が育つ環境を整え

 

問題や悩みを共有し

 

さらにスタッフ間のコミュニケーションの場となる

 

 

 

 

そんな理想を掲げてチーム制を目指しています。

 

 

 

 

今後、私のチームを含めて4チームとなる予定です。

 

 

 

正直、まだまだ「型」ができていません。

 

 

しかし、動き出したチームのチームリーダーが「主体的に」考えはじめてくれている場面や

 

チーム内で色々と話をしてくれている場面を見ると

 

 

 

それが本当に嬉しく感じます。

 

 

 

 

そして、ここから動き出すプロジェクトも

 

 

チームごとに担当を決めていく形にしています。

 

 

 

 

本当にまだまだなんですけど

 

 

チーム制の導入によって何かが動き出す、そんな気配も感じているところです。

 

 

 

 

これからさらに

 

「型」を作りこんでいきます…!

 

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(8日目)

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

諸事情のため、1日更新が飛びましたが

 

そんな事は気にせず更新し続けるのがブログ継続のコツですね(^^)

 

 

さて、私たち外構・造園・エクステリアの世界では色々なものを取り扱うのですが

 

近年、「きらびやかな」エクステリア商品が次々に登場しています。

 

ここで言うエクステリア商品というのはカーポートやガーデンルームなどを指しておりまして

 

いわゆるアルミメーカーさんの商品です。

 

近年、ダイナミックな形のカーポートや

 

各種の高級なガーデンルームの発売が相次いでいます。

 

 

もちろんカッコよく、そして暮らしの価値を上げるものです。

 

 

しかし、当然ながら

 

 

 

高い。

 

 

高額商品です。

 

 

よく言っているのですが車で言うならレクサス?ベンツ??

 

 

そこには、車の世界でももちろんニーズが存在します。

 

富裕層と言われる方々向けとなります。

 

 

しかし世の中で求められるのはプリウスでもあり、ヴィッツも軽自動車でもあるんです。

 

またバイクや自転車だって必要です。

 

 

私は決してベンツ専門店は目指していません。

 

普通車、軽自動車、そして時には自転車も売ることによって地域の多くの方々に関わりたいのです。

 

ちょっとしたお困り事やお悩みを気軽に相談いただける、そんな店にしていきたい。

 

 

なので

 

 

エクステリアメーカーさんには、もっと軽自動車にも力を入れて欲しいんです。普通車の燃費向上を頑張って欲しいんです。

 

ベンツばかりに目がいってませんか?

 

 

 

販売する立場として

 

ベンツ専門店を目指すのか、軽自動車も自転車も販売する大衆店を目指すのか。

 

ビジネスですから経営者がビジネスモデルを考えてやりたい方をやればいいのですが

 

私が目指しているのは大衆店。

 

掲げる経営理念に合致するのは大衆店なんです。

 

地域密着、言うのはカンタンですがこれほど難しいキーワードはないと感じています。

 

 

 

軽自動車も自転車も

 

自転車のパンク修理に至るまで

 

これからも頑張りたいと思います。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(7日目)

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

昨日は大阪市内にてマーケティング関係の打ち合わせを2本。

 

初めてお会いする方や久しぶりにお会いする方に語ることにより、より客観的に自社を見直す事ができますね。

 

いずれも住宅業界をはじめ、各業界の事例をご存知の方ですので余計に感じることができました。

 

 

改めて感じる自社の強み、そしてビジネスモデル。

 

 

そして今取り組んでいるプロジェクトの目的、位置づけ。

 

 

昨日は有意義な時間となりました。

 

お時間頂いた皆様に感謝いたします。

 

夜の会議では各チームの分担を決め、いよいよ全社プロジェクトとして動き出していく事になります。

 

そして、このプロジェクトに成否以上に

 

取り組みを通じてスタッフの成長の機会になってくれる事を願っています。

 

 

これからが楽しみで仕方ないです…!

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(6日目)

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

弊社では毎年スローガンというものを掲げています。

 

 

 

決算期・年度ではなく、年ごとに定めています。

 

なので、新年の仕事始めからのスタートとなっています。

 

 

 

今年は

 

 

 

「凡事徹底」

 

 

 

です。

 

 

 

年頭に語っているのですが、1年も半分を過ぎているので

 

自分に語るつもりも込めて改めて反芻します。

 

 

 

 

 

この言葉は、イエローハットの創業者である鍵山秀三郎氏によって語られていることで有名です。

 

 

以下、鍵山氏のコピペです。

 

 

***

 

 

私がいままで歩いてきた人生をひと言で表現すると、「凡事徹底」。

 

つまり「誰にでもできる平凡なことを、誰にもできないくらい徹底して続けてきた」ということに尽きます。

 

人が見過ごしたり、見逃したり、見捨てたりしたものをひとつひとつ拾い上げ、価値を見出す。
やれば誰でもできる平凡なことを徹底して、そのなかで差をつける。

 

そんな信念を持って、いままで生きてきました。

 

ともすると人間は、平凡なことはバカにしたり、軽くあしらいがちです。
難しくて特別なことをしなければ、成果が上がらないように思い込んでいる人が多くいます。

 

そんなことは決してありません。

 

世の中のことは、平凡の積み重ねが非凡を招くようになっています。
いつも難しくて大きなことばかりを考える人は、失敗したり続かなかったりして元へ戻ってしまうことが多いものです。

 

できそうにない特別なことばかり追いかけるよりも、誰にでもできる平凡なことを少しずつでも積み重ねていけば、とてつもなく大きな力になることを知るべきです。

 

平凡なことを徹底して続ければ、平凡のなかから生まれてくる非凡が、いつかは人を感動させると確信しています。

 

 

***

 

 

 

 

弊社の経営理念である「継続が幸福を導く」の、ド真ん中をぶち抜くかのような内容です。

 

 

 

 

そうなんです。

 

 

 

簡単そうな事でも継続して習慣化するというのはトンデモナイことなんです。

 

まして自分だけでなく他人にまで習慣化するというのは、更に上をいく大変なことです。

 

 

 

 

弊社では「毎週金曜日の午後一番に近隣道路・側溝等の清掃を行う」としています。

 

 

まさに凡事。

 

 

しかしこれを全20現場で徹底するとなると、本当に大変なんです。

 

 

正直、まだまだかも知れません。

 

 

 

最近の現場で近隣の清掃を行ってもらった時に、近隣の方から温かい言葉をいただいたと報告がありました。

 

 

「こんなところまで掃除してくれるんですか?」というお声に職人さんが

 

「これがウチの会社の方針なんで!」と答えてくれたと言います。

 

 

 

 

本当に嬉しかった。

 

 

 

他にもいろいろな「凡事」があります。

 

徹底できていないことばかりかも知れません。

 

 

 

受け売りですが、「徹底」するには400回同じことを言い続けないといけないそうです。

 

 

 

それができるかどうかが経営者の想い。

 

 

 

凡事徹底

 

 

頑張ります!

 

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(5日目)

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

私が経営者になってまもなく12年になります。

 

 

 

幸い地元の金融機関に勤めていたので、奈良という地域で今なおありがたい人の御縁が残りました。

 

今の仕事においても、以前の職場の方から色んな場面でお声をかけていただいています。

 

 

 

 

 

しかし、もっと絞り込んでの地域となると

 

 

地元、桜井市。

 

 

生まれ育ったはずの地元での人の御縁となると、実は案外に乏しかったりするんですね。

 

 

地元でありながらも、実は地域別の売り上げも決して多くありません。

 

 

 

 

 

金融機関でサラリーマンをしていた私は、父が倒れたことにより突然経営者になりました。

 

なので、父の人的なネットワークを全く引き継ぐことができませんでした。

 

 

 

亡くなった父は父なりの地元の御縁がきっといっぱいあったでしょうし

 

見えないところで、それに助けられている事もあるでしょう。

 

 

 

 

 

「継続が幸福を導く」の経営理念

 

 

それを考えた時にも

 

 

地元・桜井市での人のご縁というものをもっともっと育んでいかねばならないと感じています。

 

 

 

それをちょっと意識していると

 

このところ思わぬご縁がつながることも増えてきました。

 

 

 

中でも、桜井を盛り上げようと頑張っている若者がいます。

 

地域貢献、町おこし。斑鳩でそれに取り組む方にもお会いしました。

 

 

 

今更なんですけど

 

地域に根差した会社であり、人間でありたい。

 

 

 

 

 

ここにきて大阪進出も見据えている私ですが

 

 

地元の御縁はしっかりと大切にしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(4日目)

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

弊社は

 

各方面の住宅関連の会社様にお世話になっています。

 

 

 

そして、各社さん色々なのですけど

 

多くは「業者会」というものが存在します。

 

 

 

住宅ですから

 

基礎屋さん、大工さん、電気屋さん、水道屋さん、屋根屋さん、足場屋さん、クロス屋さん、畳屋さん、タイル屋さん、解体屋さん…と多士済々、多くの専門業者さんが集まります。

 

 

皆、「〇〇屋さん」ですね。

 

我々は「外構屋さん」と呼ばれます(^^)

 

 

 

そんな中にまじり

 

時には、業者会の役員なるものを拝命することもあります。

 

 

 

これもまた

 

 

学びの場となり、そしてご縁がつながる機会となります。

 

 

 

異業種の業者さんから学ぶこと、そして情報もあります。

 

 

 

特に「紹介」に関する活動を考えるときに

 

マーケティングのヒント等、凄く大きな学びをいただく事もあります。

 

住宅営業マンの方の地道な、そしてキメ細かい努力と活動について伺うこともあります。

 

 

 

何より

 

 

1件の家を売る大変さ。

 

 

それを支援するのは、我々協力業者の当然の使命だと思います。

 

 

 

 

ただ単に「親族や知り合いを紹介する」とか「チラシをポスティングする」というような事だけでなく

 

もっと色々、例えば何か「コミュニティづくり」というような事ができないかな…なんて考えています。

 

 

 

 

そんな業者会、実は結構好きです(^^)

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(3日目)

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

さて

 

昨日書いた経緯があって、期せずして優先順位が少し上がった当ブログです(笑)

 

 

 

毎日書きます。

 

 

多分。

 

 

毎日…くらいにしときましょうかね(笑)

 

 

 

ブログって本当は毎日書かなくてもいいと思うのですが、経営者仲間が張り切って毎日書くって言ってるんで負けじと書きます。

 

 

 

 

 

さて、昨日はスタッフと打ち合わせ同行しました。

 

 

ありがたい事に御契約が決定し、そして工事着工の日程も定めました。

 

 

 

店頭での受付に始まり、初回ヒアリング・現場調査から何度も打ち合わせを重ねました。打ち合わせは完全に私が行ったのですが全ての回にアシスタントのスタッフを同行しました。

 

 

 

アシスタントにプランも考えてもらったりしていたのですが、その中で色々と悩んだりもあったようです。

 

 

しかし、それらも乗り越えて今回は彼女にとって貴重な経験になったと思います。成長のきっかけにしてくれると嬉しいです。

 

 

 

人を育てる。

 

 

 

簡単な事じゃありません。

 

例えば私がマンツーマンで育てる、なんて幾らもできません。

 

 

形式的な研修とか…さほど効果がないことはよく知っています。

 

 

 

と、いう事は人が育つ会社、社風にしなければいけない。

 

ますます簡単じゃありませんね…(^^;

 

 

 

 

ただ、幾らかのヒントはあちこちで見つけました。

 

 

それらが仕組になるように…ちょっと考えてみます。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(2日目)

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

ブログって

 

一体なんなんでしょうね…?

 

 

 

Facebook、lineが全盛の時代に

 

一時、大流行したブログがどんどん減ってくる流れでした。

 

 

今はホームページのアクセス対策ツールとして位置づけている会社も多くありますが、それらは大抵表面的な情報しか載せられていません。

 

 

 

そんな中、私は一貫してブログを書き続けてきました。

 

想いを込めて。

 

 

 

Facebookは「友達」にしか見られることがありませんし、押し売りのように他人のタイムラインに上がってしまいます。正直、万人受けする内容しか投稿しづらい感じです。綺麗な写真も必須、みたいな。

 

 

lineにいたっては基本私はガラケーなので殆ど使いません。ガラケーだとメールの方が早いですから(^^;

 

 

ところが

 

 

ここに来て、「ブログはじめました」(冷やし中華みたいなノリに聞こえますが(^^))

 

とか

 

「以前は書いていたけど、改めてこれから書きます!」

 

 

 

といった人が周りで数名相次ぎました。

 

 

重なったのは単なる偶然なんでしょうけど、彼らも何かやはりブログならではの部分を感じたのだと思います。

 

Facebookでは伝えられない、その部分です。

 

 

 

私はブログにこだわる理由の一つは

 

 

「まだ見ぬ貴方」や「ずっとお会いしていない貴方」

 

 

へ伝えたいからです。

 

 

これがFacebookで伝えられない一番の部分だと思います。

 

 

 

 

そうは言っても

 

 

「継続」

 

 

という壁があります。

 

 

 

ブログをやっていたけど、やめてしまった人。

 

やめるとも言わず放置されているブログ。

 

 

すごく多いです。

 

 

 

 

しなきゃいけない事ではありません。

 

時間は有限だから。

 

限られた時間の使い方として、優先順位の中で選んで決めたものであるならやればいい。

 

 

 

だから私は優先順位が下がったらブログはやめます。

 

しかし12年間、やめるところまで優先順位が下がることがなかったので今なお続けているんです。

 

 

一時、精神的に書けない時期がありました。

 

その時は「一時休止」宣言をしました。

 

放置だけはしたくなかったから。

 

 

 

 

 

「継続が幸福を導く」

 

 

これが経営理念であり、私自身の座右の銘でもある「継続」、その象徴が当ブログになっている感もあります。

 

 

続ける価値があると思う限り継続します。

 

 

実は最近ブログを復活した経営者仲間が

 

「〇〇日目」というふうにブログに書いていて「植田さんも一緒に書いて競争しましょうよ!」なんて言うもんですから今日から書くことにします。

 

 

え?

 

負けるわけないんですけど!?(笑)

 

 

 

そういう訳で今日からスタートです。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(1日目)

 

 

 

 

 

 

営業・マーケティング関連のプロジェクト。

 

 

 

始動の時期が近づいてきています…!

 

 

 

しかし実際、先だって動き出している部分もありまして

 

面白い動きが既に出始めていたりもしています。

 

 

 

 

経営者として色んな仕事がありますけど

 

お客様あって初めてのこと。

 

 

 

 

お客様不在の経営もどきになってはならない。

 

 

 

営業・マーケティング、平たく言えば「売り」です。

 

 

 

どちらかと言えば自然体で人のご縁に任せていた部分も多かったのですが

 

ここで敢えて思い切りアクセルを踏み込むつもりなのです。

 

 

 

 

始動に向けてリサーチ、そして準備を進めるなか

 

イメージトレーニングでは既に大成功しか見えなくなくなってきました(笑)。

 

 

 

と、いうか

 

 

これってブルーオーシャン状態なのでは…?

 

 

 

まだまだこれから、さらなるリサーチと準備をブラッシュアップしていきます。

 

それによって、さらに成果、成功確率が上がるんです。

 

 

 

さあ

 

 

 

面白くなってきましたね~!!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

さて、ここから

 

未来を見据えての一大業務が始まります。

 

 

 

 

新卒採用活動 2016

 

 

です!

 

 

 

 

高卒の新卒採用を一昨年に初めて取り組み

 

結果、昨年4月入社の二人が素晴らしい働きをしてくれるようになってきました。

 

 

 

昨年は職場見学が一名あっただけで、残念ながら応募に至らず。

 

今春は二人の後輩を迎えることができませんでした。

 

一方で高二生のインターンシップなどもあり、今年に期待を繋ぎました。

 

 

 

 

そして今年。

 

 

 

高校生の就職活動というものは、ガッチリとしたルールに縛られていて

 

あらゆる手続きが学校経由となります。

 

 

 

すると、学校の先生がキーマンになったりするわけなんですね。

 

 

 

そういうわけで、昨年以上に取り組みたいと思います。

 

高校訪問です。

 

 

 

今日、早速採用担当の内勤スタッフから各高校へアポを取ってもらいました。

 

過去2年間の取り組みから、さらなるブラッシュアップです。

 

 

 

職人のなり手がどんどん減っていく時代になります。

 

そんな中で自社の成長を思い描いています。

 

 

世代交代、そして更なる成長のために絶対に若い力が必要です。

 

 

 

新たなご縁に期待して…

 

 

 

採用活動、スタートです!!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

昨日から産休・育休明けのスタッフが復帰!

 

 

だったのですが

 

 

初日から子供さんが発熱…てなことで来週から仕切り直しになりました(^^;

 

 

 

いいんです!

 

 

昨日、ちょっと仕事の頭数としてアテにしていた設計チームは苦労もあったと思いますが

 

会社としてはオッケーなんです!

 

 

 

家業から一回り大きくなった会社にとって、大切なのは「人」。

 

このステージで経営者は七転八倒することになります。

 

 

 

 

ここで「採用」という壁が立ちはばかります。

 

 

直近で言うと

 

 

 

有効求人倍率1.36倍

 

24年7ヵ月ぶりの水準とのこと。

 

 

 

これは指標としては景気が良い事を示していますが

 

我々の立場から言うと厳しい数字です。

 

 

 

我々のような小さな会社にとって採用というのは相当に難しいことなんです。

 

 

 

どの会社でも優秀な人材が欲しい。

 

 

 

同業他社との競争では、競争相手も限られています。

 

しかし、採用となると大企業さえもが競争相手になります。

 

 

以前、産休に入るスタッフの補充のため派遣会社さんに依頼をした際に

 

「電話、チンとも鳴りませんねん(笑)」(仲の良い担当者さんなんで、もちろん冗談めかしての口調ですが)

 

という状況でした。

 

 

求人広告を出しても応募なし、とか普通にありました。

 

 

 

応募さえない、これが地方零細企業の現状です。

 

しかも、高いスキルを求められる仕事です。簡単な仕事ではありません。

 

 

 

今、弊社には産休・育休を経て復帰してくれた女性スタッフが4人います。プラス、もう一人入社してくれた女性スタッフを加えて5人の「働くママ」が在籍してくれています。

 

 

彼女たちが産休に入る際は、様々な苦労と会社としての停滞も少しはありました。

 

しかしそれを乗り越えた結果、戻ってきてくれた彼女たちが優秀な能力を存分に発揮してくれています。

 

 

 

「働くママ」は勤めるにあたって大変な場面が多いと思います。

 

時間的な問題が大きいです。

 

 

それゆえ、優秀なのに働く場所が限られてしまいます。

 

 

 

逆に言うと

 

 

我々には、そこにチャンスがある。

 

 

男性で優秀な人間、間違いなく全業種間で取り合いになります。

 

既に奈良を飛び出していることも多いと思います。

 

 

縁もゆかりもない優秀な人が求人に応募して当社に入社してくれる、それはもう奇跡です。

 

正直、今の状況では怖くて求人出せないレベルです(笑)。

 

 

 

しかし、女性は色んな制約もあって入社してくれる望みを持てるように思います。

 

 

 

 

 

ここ数年、産休・育休明けのスタッフが戻ってきてくれて

 

その間に縁あって採用したスタッフが成長し

 

 

そして昨日、復職してくれたスタッフを加えて(それが休んだわけですが(笑))

 

 

 

 

ついに、ここ11年で最強と言ってもいい陣容になりました!

 

 

 

未来を描けるメンバーになりました。

 

目先はさほど気にしていません。未来が大事なんです。

 

 

 

「継続が幸福を導く」

 

 

色んな想いがここに入っていて、それを感じることができる流れなんです。

 

 

 

 

 

みんな、戻ってきてくれてありがとう。

 

 

これからが本当に楽しみですね…!!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

できました~!

 

 

「行動指針」

 

 

です!

 

 

 

 

年初に掲げた経営計画で「6月に行動指針を策定」と明記してありました。

 

 

 

そういうわけで

 

 

6月30日に書き上げました(^^;

 

 

締切ギリギリというのも恥ずかしい話なのですが、逆に言うなれば締切効果とも言えます。自分で設定した締切なので、ヨシとしましょう!

 

 

社内で公表するのが来週になるので、ここで内容は書きませんが

 

なかなか良いものができたのではないかと思います。

 

 

 

それと言うのも

 

 

これって文言、文章ではないんですね。

 

 

これまで実は色んな場面で私が自分の考えとして語り続けてきたことであり

 

そして

 

私が色んなところで学び、そして自分の腹に落ちた内容なんです。

 

 

 

自分がプレイングマネージャーであるからこそ余計に自分の器以上の事は言えませんしスタッフに語ることもできません。

 

 

 

今回、まさに語ることのできる行動指針を15項目掲げました。

 

これらを文書化、そしてもちろん経営指針書に盛り込んでスタッフに語っていきたいと思います。

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

次なる一歩に進みます!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

  

 

9784062729246_l

 

 

 

 

最近読んだ本です。

 

 

 

 

アサヒビールに追い抜かれたキリンビールが著者の奮闘で巻き返したストーリーなのですが

 

経営者として学ぶべき内容も多くありました。

 

 

中でも

 

 

「受け身ではなく主体的な行動スタイルへの変化。指示待ちスタイルをやめ、自分の頭で考え、行動して、主体的に議論する。」

 

 

大企業がゆえに本社・本部の方針をいかにこなすか、という点に向いていたキリンビールの行動スタイルを大きく変化させた筆者のリーダーシップに大いに学ぶところがありました。

 

 

 

今月、策定を宣言した「行動指針」について目下私は考えを深めています。

 

 

 

筆者のいう「主体的」という言葉は、「7つの習慣」でも「主体的であれ」といわれています。

 

経営者仲間の中では、「主体者」という言葉が使われています。

 

 

 

繰り返し頭にインプットするなかで

 

 

色んな意味で腹に落ちてきたような気がします。

 

 

 

 

行動指針、もう少し作りこんでいきます…!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

先日、拡大施工店会議というビッグイベントも終え

 

 

 

 

次なる取り組みとして

 

 

営業・マーケティング関連の全社プロジェクト

 

そして

 

人事・労務関連のプロジェクト

 

 

 

こちらを進めてまいります…!

 

 

 

営業・マーケティング関連の方は特に大きなプロジェクトとなります。

 

8月スタートに向けて少しづつ準備は進めてきたのですが、ここからさらに加速していきます。

 

全社体制のプロジェクトですが、まずは総合企画チームにて形を作っていきます。

 

 

 

人事・労務関連の方は私の単独作業。

 

これは一人、じっくりと考えたいと思います。

 

 

 

 

6月も、しっかりと前進します!

 

 

 

 

 

 

先日、弊社のニュースレターが

 

とうとう100号を発行することができました~!

 

 

 

 

 

毎月発行したとして、8年以上かかる計算。

 

 

これ、なかなかのモンですよ~!?

 

 

 

やったものから言わせていただきます(ちょっと上から(笑)?)

 

 

ニュースレターの継続というのはハッキリ言って難易度が高いです!!

 

 

 

 

なぜか。

 

 

 

実は

 

 

そんなに目に見えて効果がないからです…(-_-;)

 

 

 

理屈は正しいです。

 

 

お客様との接点はあればあるほどいい。

 

発行頻度は頻度は高いほうがいい。

 

顧客の固定顧客化。リピート需要発掘。

 

クチコミ効果。

 

 

 

良いことづくめに聞こえますよね?

 

 

 

そして我々のような外構エクステリアの業者が8年間ニュースレターを継続した結果

 

 

成果は…

 

 

実は、劇的なものはないんですね(-_-;)

 

 

 

 

各論は、もちろん正しい。

 

やらないよりやるほうがいいに決まっている。

 

 

しかし、会社全体の経営・営業への寄与度はかなり限定的と言わざるを得ないのです。

 

 

そして費用対効果は、さほど高いとは言えない。

 

 

さらに、制作にはトンデモナイ苦労がつきまとい続けます。

 

 

 

と、いうことは

 

 

実は経営としては「先にやることがある」というのが正しい。

 

 

 

実際に、弊社の売り上げが上がってきたのも

 

現在取り組むべき喫緊の経営課題も

 

 

 

ニュースレターとは関係性が薄い部分なのですよね。

 

 

 

各論は正しいけれど、総論の中での優先順位となると相当低くなるものなのです。

 

ですから、ニュースレターを発行し続けている会社なんてそうそうないと思うのです。

 

 

もっと言うと、ニュースレターなしでも経営は絶対に成り立ち得ます。

 

 

 

そんな中で、弊社がニュースレターを継続しているのは…

 

 

それが経営理念に合致しているからです。

 

 

 

経営理念「継続が幸福を導く」

 

 

理念の中に、お客様と長いお付き合いを、という想いが込められています。

 

それを本気で考えているからこそ絶対に続けるんです。

 

 

 

しっかりとした成果を掴むまで

 

 

あきらめないで続けていきます!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

CIMG3993

 

 

先日開催した「拡大施工店会議」の様子です。

 

弊社スタッフ(営業・現場管理担当)含め、総勢50名での開催となりました!

 

 

 

言わば、職人さん全員集合!です。

 

職人さんに伝え、そして共有すべきことが多くあります。

 

 

毎月、全体朝礼というものもやっていますが

 

全員集合といかない部分と、限られた時間の話でしかないというのもあり

 

 

 

弊社の現場に入っていただく全員に集まってもらう場で、しっかりとした時間をとる必要性があると感じていました。

 

 

お客様満足をめざすために、まだまだ共有していかねばいけないことがある。

 

現状のレベルに甘んじていては未来が拓けない。

 

 

 

そんな思いで年初に発表した年間計画スケジュールに日付も書き込みました。

 

 

数年前から2、5、8、11月に協力施工店の親方に集まってもらう「施工店会議」を継続してきました。

 

そこで、この5月の回を「拡大施工店会議」という位置づけにして弊社直属の職人さんはもちろん、協力施工店の子方職人さんにも全員参
 

 

加してもらう場にしよう、と決めたわけです。

 

継続してきたからこそ、ブラッシュアップがかかります。

 

 

 

毎年、同じことを続けるにしても内容を磨き上げていくことが大事なのですね。

 

日付まで決めると、当然会場も手配できます。そして今回、準備から運営に至るまでスタッフに任せることにしました。

 

 

 

そして予定が近づくと、社内の会議で内容についてスタッフ間で検討を重ねました。私の想いも盛り込んで作りこんでいきます。

 

 

 

そして今回、思い切って取り組んだのが

 

 

 

グループディスカッション

 

 

 

です。

 

 

 

一方的に長時間の話を聞かされても

 

疲れるだけで、よほどの話をしないと眠る人も出るでしょう。

 

 

 

「また、こんな話か」

 

くらいの印象でしかなくなるのでは、と思いグループディスカッションをする事にしたのです。

 

 

弊社スタッフがグループの仕切り役として班長を務めます。

 

私も何度か経験がありますが、この仕切り役が結構難しい。

 

 

 

職人さん相手に、果たしてこのグループディスカッションが上手くいくのかどうか…

 

 

少しばかりの不安もありながら、当日を迎えました。

 

 

CIMG4013

 

 

これがなかなか…

 

 

 

いい感じでした!

 

 

 

班長役のスタッフも頑張ってくれていましたし、職人さんも結構色々話してくれるんです。

 

若手のメンバーもベテランの話に学ぶこともあり、そして職人さんの色んな意見を聞くことができました。

 

 

 

内容は各グループバラバラになって、決して網羅的な話にはなりませんが

 

それぞれの内容がしっかりと染みわたっているように感じました。

 

 

そして、職人さん同士のコミュニケーション。

 

これも大きな価値があったようです。

 

 

また、弊社スタッフも職人さんの生の意見を聞くことによる学びがある。

 

 

網羅的な内容は資料や別な機会を通じて、しっかりと継続して共有していけばいいわけで

 

このグループディスカッションは、これまでにない学びの場となったようです。

 

 

 

CIMG3995

 

 

 

私の話も短時間に絞り込んで、何が大事なのかを話しました。

 

 

 

「ひとつひとつを簡単に考えてはいけない」

 

「for me ではなく for you の精神で」

 

 

 

CIMG4021

 

 

そして、まさに今日

 

スタッフみんなでフィードバックを行いました。

 

 

 

色々な改善の意見もありましたし

 

何よりみんなが、それぞれに手応えを感じてくれていました。

 

 

今回の拡大施工店会議は間違いなく大きな一歩となりました。

 

 

 

また来年

 

 

今年以上にブラッシュアップして

 

 

必ず開催します!

 

 

 

 

 

 

このところ私は

 

ご縁あって、とある学びの場に参画しています。

 

 

 

リーダーシップ。

 

リーダーとしての器。

 

 

 

今のままでいいのか?

 

変わらなきゃいけない。

 

 

 

私一人の会社ではない。

 

みんなが頑張るためにはどうしたらいいのか?

 

 

 

組織と言えるものになっているのか?

 

やるべき事はいくらでもある。

 

 

 

具体策?

 

一つ一つが特効薬にならない事は確かだ。

 

 

 

本気でやっているのか?

 

それが本気なのか?

 

 

 

自問自答が続く。

 

 

 

 

突き詰めて

 

 

 

人としてどうあるべきか?

 

それを語れる器が自分にあるのか?

 

 

 

 

そんな事を考える大きな気づきの場。

 

ちょっと遠いですが神戸まで行っています。

 

 

 

 

今夜はじっくり考えます…。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークも終わり

 

ここで新しい動きも始めているところです。

 

 

 

社内にて新たなチームを作りました。

 

 

「総合企画チーム」

 

 

です!

 

 

女性スタッフ6人で構成されるこのチーム

 

 

略して

 

 

 

SKT6

 

 

 

 

おいといて…(笑)

 

 

 

このチームはマーケティンング、計数管理、業務管理、営業戦略の具現化など、全社的に業務全般を企画、運営を担ってもらう部署となります。

 

 

メンバーは全員女性で、さらに言うと全員が子育てママなんです。

 

 

ウチの会社に勤めているときに出産をして、産休・育休を経て復帰してくれた子たちが大半です。しかも2回の出産をして復職してくれたメンバーもいるんです。

 

 

 

彼女たちは共通してセンスがよくてカンがいい。

 

周りがよく見えて、相手の意図をしっかりと理解できる。

 

常に前向きに、できる方法を考えることができる。

 

自分で考え、そして工夫して仕事ができる。

 

 

 

皆が本当に素晴らしい能力があるんです。

 

 

子育てママなので時間的な制約があったりで、男性はもちろん独身女性等の馬力はないのですが

 

だからこそ、こういった企画運営業務にピッタリなんですね。

 

 

 

この能力のあるスタッフが出産してママになり、家事に育児もしながら大変なところ皆が戻ってくてくれた事が本当に嬉しいですし

 

産休・育休中に入ってくれたスタッフが引き続き残ってくれることにより、結果的に充実したスタッフの体制となり、会社としてパワーアップができたのです。

 

 

まさに、それを待ちに待っていたタイミングともいうべき総合企画チームの立ち上げだったわけです。

 

 

それぞれ通常の業務は設計担当であり、経理総務担当ですが

 

このチームでは組織横断的に集まってもらい、みんなで各種の企画運営を進めていくというイメージです。

 

 

 

要するに

 

 

実はこれまで、私がやっていた事だったりします。

 

 

 

イベントの企画立案、ツール整備、ホームページの制作から運営、その他あらゆる「企画」という仕事は全て私が考えて行ってきました。

 

部分部分でスタッフに指示して手伝ってもらったりがあるだけで、全体を見渡す人間は誰もいなかったわけです。

 

 

 

 

しかし継続的に増大するご縁の中で、私が担当する現場も増大し、今なお私がダントツのトップセールスとなっている状況が続き

 

 

新しい企画、運営に頭と手が追いつかなくなってきていたのです。

 

 

何とかせねば、と考える中で

 

 

もちろん現場を離れる事も必要ですが

 

 

逆に企画・マネジメント部門を任せていく体制を作ればいい、それができる優秀な女性スタッフが揃ってきてくれている、と思うに至ったわけです。

 

 

 

まだまだ、とりあえず立ち上げただけの状態で

 

ズラズラズラ~っと、考えて欲しいことを片っ端から書き上げて話をしました。

 

具体的な動きは全くのこれからです。

 

 

 

しかし、彼女たちなら必ず新たな形を作り出していってくれると信じています。

 

そして当社の未来を創っていってくれると期待しています。

 

 

 

 

本当に楽しみです!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

先日からのスタッフの面談も終えて、無事三連休を迎える事ができました。

 

と、言っても私はもちろん三連休ではありませんが^^;

 

 

4月に自己申告シートを記入してもらっての個人面談。

 

私にとっても色々な事を感じ、そして考える機会になりました。

 

 

 

これで「型」ができました。

 

「型」ができれば継続ができます。来年もこのスケジュールで行うことは100%決定しています。

 

継続すれば「ブラッシュアップ」がかかります。シートは必ず何か改善されます。

 

 

 

 

そしてもう一つ感じること。

 

 

この個人面談、本当にやってよかったと感じているのですが

 

だからと言って、これで全てが上手くいくわけでも何でもありません。

 

 

 

これは一歩でしか過ぎません。

 

良い会社にしていくために、そして会社を成長させるために…成果が出るまで何歩でも歩み続けないといけないのです。

 

それも、私の命の続く間に。

 

 

 

ある本で読みました。

 

 

「事業を成功させるということは、コップに水を注ぎ続けるようなものさ。あふれ出るようになるまで、注ぎ込み続けるだけなんだよ」

 

「成果が出るまでやると決めれば、疲れることはないんじゃないかな。あきらめない限り、人生には成功しかないんだよ」

 

 

 

あきらめるとか、それはあり得ない。

 

私には夢、目標、そして責任がある。

 

 

 

 

 

次なる大仕事は「行動指針」の策定です。

 

6月中に策定と決めていますので、これより準備に入ります。

 

 

更に拡大施工店会議の開催、そして総合企画チームの立ち上げもやります。

 

 

 

 

 

どこまでも

 

 

やり続けるのです…!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィーク突入ですね。

 

フェイスブックでは早速皆様あちこちで行楽に出ておられるご様子が拝見できます。

 

 

私は、もちろん仕事です

 

今日は打ち合わせ等を3件。

 

 

 

残念ながらスタッフに任せてユックリ…なんていう身分でないもので、相変わらず最前線で頑張っているわけですね^^;

 

 

私は所謂プレイングマネージャーなわけですが

 

方向としてはプレイヤー卒業、マネージャー専念です。

 

 

この9月末にマネージャー専念を目指して引き継ぎも進めているのですが、様々な状況と先行きを鑑みて一部の担当を残す決断をしています。

 

 

それもこれも、私の器通り。

 

絶対に守るべきラインは守らなければならない。そのための決断です。

 

 

 

昨年から産休復帰の女性スタッフが二人加わり、間もなくもう一人が復帰してくれます。

 

この素晴らしい陣容で、私のマネジメント業務をサポートしてもらうチームを作ります。

 

 

 

営業、工事のチーム制も動き出しています。

 

積算の仕組みも作っていきます。

 

 

 

まだまだですけど

 

 

絶対に会社を成長させるために

 

 

必ずやりきります!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub
 

 

 

 

 

 

弊社の新たなツールとして

 

 

「リビングガーデン事例集」が完成しました!

 

 

 

IMG_1889

 

 

 

先日の「リビングガーデンフェスタ’16」開催時に、お客様にお渡しするために制作しました。

 

イベントのテーマである「リビングガーデン」に焦点を当て、植栽はもちろんウッドデッキやガーデンルーム、目かくしにおしゃれ物置やおしゃれ立水栓などのお庭のアイテムの弊社施工事例をドドーンと集めた事例集です。

 

 

こんな感じです(^^)

 

 

IMG_1890

 

 

これから庭づくりをご検討のお客様にイメージしていただくための、良い資料ができました!

 

 

それにしても

 

凄い数の施工事例です。

 

 

 

11年前に私が引き継いだ時には殆どなかった施工事例写真が

 

こんなにも積み重ねてきてこれたと思うと、少し胸をはりたい思いもあります。

 

 

 

実はこの資料のメイキングの際

 

スタッフに作業をしてもらっていたのですけど

 

 

邸名別に保存された施工事例をカテゴリー別に抽出する、というだけで膨大な作業となりまして

 

スタッフには色々と苦労してもらいました^^;

 

 

しかし、見事に事例を抽出して冊子になるようにキレイにレイアウトしてくれました。

 

そして「社長、コメントお願いします!」と、最後は私の出番。

 

 

スラスラ~っと得意の作文をカテゴリーごとに書いていきました(^^)

 

 

 

印刷は自社プリンターで必要部数のみ。この完全自社制作の小冊子は実は3冊目です。

 

「洋風住宅に合うシンボルツリー講座」 「ココマのススメ」 に継ぐ第三弾です。

 

 

 

かなり久々の制作となりました。

 

 

 

 

大変な作業でしたが、それでも会社としては小さな一歩なのかも知れません。

 

実際に業績という成果に結び付けるには100歩、1000歩進まないといけないのかも知れません。

 

 

 

しかし、大きな手応えが残りました。

 

 

そして改めて施工事例という、これまでの御縁の数だけの財産が残っていることを感じることができました。

 

 

これらの整理と活用、という大きなテーマを見据えて

 

新しい取り組みも進めていきます…!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

本日は打ち合わせを3件。

 

うち2件が先週のイベントにお越しくださったお客様でした。

 

 

 

実は私は普段、新規でお客様を対応することが殆どありません。

 

 

と言っても、決して経営に専念できている訳でもなく

 

実際はプレイングマネージャー、バリバリなんですけどね(^_^;)

 

 

担当している住宅会社さんのお客様がほとんどで、プラス以前担当したOB施主様、そして個人的な紹介のお客様を担当しています。

 

 

 

しかし、このイベント時だけは新規のお客様を担当するのです!

 

 

 

そんなわけで、貴重な機会でもあるのですけど

 

この機会、なかなか楽しいです~。

 

 

 

なんたって

 

リーフユニティのエンドユーザー部門というのは、元々私自らが魂を込めて作り上げてきた部門なんです。現在は離れていますが、以前は相当数のお客様を私が担当してきました。

 

そして、これからの経営戦略上も極めて重要な部門です。

 

 

自ら担当したい思いも、もちろんあるのですが…

 

 

会社全体、スタッフ全員の事を考えるとそうする訳にはいかないのですね。

 

 

 

 

そんな中で、イベント限定でお客様を担当いたします。

 

今回御縁いただいたお客様、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

こうやって私が新規のお客様を担当するのも

 

春を感じる一コマになっていきそうですね…!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

今週はスタッフの個人面談を進めています。

 

 

と、言いながら予定していても急用が入ったりもあって、予定が遅れ気味ですが…(-_-;)

 

 

 

今回は、「幸福を導く自己申告シート」を各自に提出してもらっての面談です。

 

スタッフの色んな思いも知れて、本当にいい感じです。

 

 

 

 

スタッフとのコミュニケーションは多いほど良い。

 

個人面談は、これで年3回という型になりました。

 

 

 

他にも定期的なメール配信や日報なども昨年から取り組んでいます。

 

さらに少人数でのミーティングや、同行なども増やしていけたらと思っています。

 

また、WEB上でのグループウェア等の導入も検討が必要ですね。

 

 

 

まだまだ、です。

 

もっともっと、です。

 

 

 

さらなる成長のため、スタッフ全員の力を結集していかないといけない。

 

 

 

明日も個人面談です。

 

しっかりと向き合っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

「暮らし、庭へ ~ リビングガーデンフェスタ’16」

 

先ほど無事に終了いたしました~!

 

 

お越しいただいた多くのお客様、誠にありがとうございました!

 

 

 

 

日曜日が雨…という嫌な予報のあったものの

 

雨は夜のうちに通り過ぎてくれて

 

 

 

天も味方してくれました!

 

 

 

と、いうのも

 

 

 

今回初の取り組み

 

 

「場内植木ガイドツアー」

 

 

を行ったのです!

 

 

 

IMG_1362

 

 

私が場内の植木をご案内して回るガイドツアー。

 

 

予定の30分が、ちと喋りすぎまして50分ほどかかってしまったのですが…^^;

 

 

色んな意味で大成功でした~!

 

 

 

 

またまた来年も色々工夫してやっていこうと思います!

 

 

 

そして今回はポロシャツのユニフォームを制作して臨みました。

 

これも大きな一歩だと思っています。

 

 

IMG_1358

 

 

スタッフと応援メンバーの集合写真です。

 

 

応援メンバーも、ありがとうございました!

 

このイベントは応援メンバー抜きでは絶対にできないですから…!

 

 

 

 

もちろん、イベントのあり方には色々と反省や改善も多くあります。

 

 

しかし今回、企画段階からスタッフにも多くかかわってもらって、チラシデザインもここ数年のものから少々モデルチェンジして臨みました。

 

 

これも大きな一歩です。

 

 

 

未来に向けての手応えも感じた二日間。

 

 

 

このイベントに込める想いも強くあるんです。

 

 

これからもずっと続けていきます!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

祝・3000本投稿達成!!

 

 

 

 

 

まあ、本当は2月くらいに達成していないといけなかったのですがね^^;

 

ちと足踏みもありましたが、ついに達成しました。

 

 

 

改めて見ると

 

3000というのは重い数字ですね…!

 

 

2000本を達成してから5年くらい経ちました。2000本まで6年ほどで到達した事を思えば、昔よりはペースダウンしてしまった訳なんですけど

 

 

2000からの3000という数字には我ながら重みを感じます。

 

 

 

まさに11年近くの「継続」の重み、です。

 

 

継続しなければ、決して積み上げられない数字だからこそ価値があると思います。

 

 

 

ブログの内容、そして効用については色々あります。

 

 

 

ただ一つ結論的に言えることは

 

 

絶対に、やった方がいいという事。

 

 

フェイスブックでは「友達」にしか発信できません。

 

私にとって、ブログを読んで欲しい方というのは決して「友達」ではありません。

 

 

 

ホームページから来られたお客様であったり

 

求職者の方に想いが伝わることも見逃せない効用です。

 

 

今は見知らぬ方々にも読んでいただくことができます。

 

 

 

またOB施主様や

 

昔、同じ職場で働いていた方々などに「読んでるよ」などと声をかけていただくこともあります。

 

 

 

 

そしてフェイスブックでは、このような長文を書くことが憚れる感じがします。

 

フェイスブックと違ってブログは興味を持って読みにくる方に読んでいただけるので、長文でも読んでいただけると思うのです。

 

 

 

そして私にとってのアウトプットの効用。

 

書いているうちに考えが整理され、そしてブログで宣言することによって行動が後押しされます。

 

 

 

ホームページの価値を上げる、という点も注目されています。

 

この点は私もまだまだなんですが、いよいよ本格的に考えるためにライブドアブログを卒業することになると思います。

 

 

一つの区切りとしてライブドアで3000回投稿を達成する事ができて良かったです。

 

 

 

そして、これからも

 

 

必ず続けます。

 

 

 

「継続が幸福を導く」を経営理念に掲げている私は、それそのものが人生の座右の銘ともなっています。

 

 

ブログ一つ継続できないで

 

 

何ができますか…?

 

 

 

今後とも、お付き合いお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

「暮らし、庭へ ~ リビングガーデンフェスタ’16」

 

 

の開催が、今週末に迫ってきました!

 

 

 

今回は

 

 

特に気合入ってます!!

 

 

 

ホームページのイベント情報も更新しました。

 

 

 

準備もしっかりと進めています。

 

これまでにない取り組みも予定しています。

 

これまで以上にスタッフみんなで作りこんでいます。

 

 

 

何より

 

 

想いを込めれば伝わる。

 

 

それを何度も経験してきています。

 

 

 

あと一週間。

 

 

当ブログでもしっかりと発信していきたいと思います。

 

 

次回更新は3000本投稿となるため、イベントについては書きませんが

 

それ以外でしっかりと皆様にお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

ブログ3000本投稿まで、あと1本!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

実は今日は父の命日です。

 

 

父は11年前に亡くなりました。

 

62歳でした。

 

 

 

末期の胃ガンが発見され、手術もしましたが術後半年で再発して亡くなりました。

 

 

 

11年前に、私は初めて春のフェアを行いました。

 

実は今年は11年前、2006年と曜日どりが一緒なんですね。

 

 

 

 

2006年の春フェアは3月26日から4月3日までの9日間で開催していました。

 

初めての挑戦でワラをも掴む思いだった中、来場200組を超す大成功となりました。

 

 

 

フェア終了後に再入院した父は、その後あっと言う間に亡くなりました。

 

 

4月8日の金曜にに亡くなり、4月10日の日曜日が告別式の日でした。その年は桜の開花が遅く、告別式の日の墓地の桜が満開でした。

 

 

「待ってくれてたんかな…」

 

 

家内がつぶやくように言った言葉は今も忘れることができません。

 

もしフェア前やフェア中に亡くなっていたら、きっと私は仕事どころではなくなっていました。フェアが無事終了するのを、父は頑張って待ってくれていたのかのようでした。

 

 

 

最後まで、私は父に助けてもらいました。

 

 

 

 

あれから11年。

 

 

 

今年は桜ももう終わり、フェアはこれから開催します。

 

 

社内の空気は静かに流れています。

 

 

そんな、4月8日の金曜日です…。

 

 

 

 

 

ブログ3000本投稿まで、あと2本!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

来たる4月16日、17日の両日に開催する

 

 

 

「暮らし、庭へ ~ リビングガーデンフェスタ’16」

 

 

 

なのですが…!

 

 

 

 

今回、ご来場のお客様に

 

「リビングガーデン事例集」

 

なる小冊子をオリジナルで作成して差し上げよう、という予定をしておりまして

 

 

現在、鋭意制作作業中でございます。

 

 

 

この制作作業を当社の有能なスタッフMさんが頑張ってやってくれておりまして

 

昨日、チョイと進捗を確認して少し相談しておりました。

 

 

 

要するに、当社の過去の施工事例を抽出して分類分けしていくという作業なのですけど

 

まあ~、トンデモナイ数の施工事例があるわけです。

 

 

私個人で11年半、自分が担当した施工事例だけで相当な数になっています。

 

改めて見直してみて、感じた次第です。

 

 

 

創業40年、会社設立30周年を迎えた会社ですから施工実績そのものは凄い数になるんですが

 

11年前は写真データで残されていた施工事例と言えば、僅かでしかありませんでした。

 

 

写真を残す、という考えすらなかったんです。

 

 

ですから、当時のチラシ作製やホームページ作成には本当に苦労しました。

 

 

そしてそこから、一つ一つの現場を作るごとに、一つ一つの施工事例として写真残してきたのです。

 

今や、探すのが大変なくらい膨大な数となり

 

当社の大きな財産となっています。

 

 

 

そしてこの財産としっかりと生かすべく

 

今回の事例集は、その一歩となっていくはずです。

 

 

 

懐かしい現場も振り返って、少し今日は載せさせていただきますね…。

 

ccfb438e-s6f77f38a-s0c80402a-s99c8982e-s2b442f81-s04cdd9de-sf769c7f39674265aced96573299da8bc85dc0eed44fc58fc

 

 

 

 

 

 

 

お客様皆様とのご縁が素晴らしい財産です。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

ブログ3000本投稿まで、あと3本!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

以前の私であれば昨日の阪神ネタ、特に北條がプロ初安打初ホームランを打ったことについての話を長文にてお届けするべき日なのですが

 

 

ここはグッとガマンです(笑)。

 

 

あくまで、当ブログは経営者ブログです(`・ω・´)キリッ

 

 

 

 

 

今年度の経営計画通り

 

 

4月 

 

リビングガーデンフェスタ 開催

 

スタッフ個別面談

 

 

5月

 

拡大施工店会議 開催

 

植栽リニューアル

 

ニュースレター100号記念号発行

 

 

6月

 

行動指針 策定

 

HPリニューアル

 

 

 

 

と、大仕事が目白押しになっています!

 

 

 

一つ一つが意義深いものになるように

 

しっかりと練りこんでいきます…!

 

 

 

ブログ3000本投稿まで、あと4本!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

4月。

 

 

昨年4月に高校を出て新卒採用での入社となった二人が、入社1年を無事迎えてくれました。

 

 

 

実は同じ高校出身の同級生である二人。

 

 

一人は植木・造園系中心に、そして一人は重機、そしてエクステリア系などの経験も積んでくれて

 

少し違った分野でやってもらいながらも、時折一緒になって仲良く切磋琢磨してくれています。

 

 

 

現場ではよく頑張り、そして前向きに技術を身に付けようとする姿勢があり

 

素直で感謝もできる素晴らしい人間性。

 

 

ベテランの先輩職人さんたちも、二人の事を口を揃えて絶賛してくれています。

 

 

 

彼ら二人が一年間続けてくれて、私も本当に嬉しい。

 

 

 

これからの職人不足も見込まれる中で、彼ら二人の存在は何か希望を感じさせてくれます。

 

 

今、19歳の二人。

 

 

ご飯を食べに連れていくと、とにかくよく食べます。

 

今年揃って20歳になったときに、一緒にお酒を呑めるのが楽しみで仕方がないです(笑)。

 

 

 

 

ただ、残念だったのが

 

 

この4月に彼らの後輩を迎えてやれなかった事。

 

 

 

全産業的に人手不足の中、私もそうだったように新卒採用に目を向ける会社が増え求人数はどんどん増えてきています。

 

高校の採用担当の先生も、そうおっしゃってました。

 

 

昨年も、むしろ前年以上にスムーズに求人・採用活動を行ったのですが

 

見学が一件あっただけで応募がありませんでした…。

 

 

 

採用の場での発信力、というものを考える必要があるとともに

 

昨年、よくぞ二人が来てくれたことだなあ、と感謝しています。

 

 

 

昨年は、ある高校の高二生のインターンシップの受け入れもありました。

 

今年彼らが応募してくれたら嬉しいのですが、今後はインターン受け入れも含めて先を見据えた新卒採用活動の「型」を作っていかなければなりません。

 

 

そして来年の4月には、また元気な新入社員を迎えて昨年入社の二人を先輩の教育係にしたいと思います。

 

 

 

 

 

さらに、その先には

 

大卒の新卒採用という大きな目標、そしてハードルがあります。

 

 

このステージに昇ることができるのは、まだ先になります。

 

しかし私にとっては絶対に昇らねばならないステージです。

 

 

 

 

しっかりと先を見据えて

 

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

ブログ3000本投稿まで、あと5本!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

ちなみに今日などは

 

 

 

大淀町 現場

 

橿原市 現場

 

橿原市 現場

 

橿原市 現場打ち合わせ

 

安堵町 現場

 

柏原市 現場調査

 

大和郡山市 現場調査

 

大和高田市 現場調査

 

奈良市 お得意先様業者会議

 

 

 

と、走り回った一日でした。

 

 

 

頑張った、と言えば聞こえがいいかも知れませんが

 

実は私、マネジメント専念を目指さないといけないんですがね…^^;

 

 

 

 

まだまだ道半ば、です。

 

 

ただ、それも含めて私の器。

 

 

器を広げるために日々精進あるのみ。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

IMG_1812

 

 

展示場のリニューアルを行いました!

 

 

 

今回は「和の空間」を作りました。

 

うん、いい雰囲気ですね~。

 

 

石と植物の組み合わせ、そしてそれらが竹垣を背景にすることによって一気に心安らぐ空間になる。

 

 

 

展示場のリニューアルは毎年少しづつ行っています。

 

 

と、言うのも

 

 

 

弊社展示場は、と~っても広いのです!

 

 

 

 

 

ですので、整備すると言ってもコストがかかるので一気に作ることができません。

 

少しづつ…やっているところです。

 

 

 

ですので、毎年所々がよくなってきているんですね。

 

そして、これからも磨き上げていくつもりです。

 

 

 

この展示場は弊社の強みの一つであり、滅多なことで同業他社さんに真似のできない部分でもあります。

 

 

 

 

経営のステージとともに、展示場のステージも昇っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

スタッフに配って記入をお願いしていた「幸福を導く自己申告シート」、みんなが提出してくれました!

 

 

これは

 

 

もっと前からすれば良かった~

 

 

と、思いました!

 

 

 

そもそも、何故今のタイミングでできたのかと言うと

 

 

年初に配布した経営指針書の「単年度経営方針」に書いたから

 

 

なんです。

 

 

 

3月に記入、4月に面談と書いてあります。

 

こうやって日付を入れて宣言するからこそ実行できる。突然の思いつきで良い取り組みができることもあるかも知れませんが、そう簡単には行きません。

 

 

「やると決めた」から出来たんですね。

 

 

今年初めて経営指針書を作成したのですが、これは本当に素晴らしいです。

 

 

 

そして今回の自己申告シートの内容。

 

スタッフみんな、本当に色んなこと考えてくれてるんです!

 

でも、なかなか普段面と向かって話しにくいこともあるんですよね。個別面談もこれまで年2回行っていたのですが、面談の場でいきなり質問しても即答できないこともありますから。

 

 

「仕事をする上で大切にしていることは何ですか?」

 

 

なんて質問、いきなり訊いても

 

「え?」

 

ってなりますもんね(笑)。

 

 

 

「ウチの会社、こんな風にしていきたい!と思うことを書いてください。」

 

 

この質問にも、ポジティブな内容をしっかりと考えてくれました!

 

 

 

こうやって紙に書くことによって、「考える」という一つの機会にもなります。

 

 

これも、大きな効果です。

 

 

 

 

さあ、個別面談も楽しみですね!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

 

さて、いよいよ

 

 

当ブログ3000本投稿に向けてカウントダウンとなりました!

 

 

 

この投稿が2991本目です。

 

 

3000本投稿まで、あと9本。

 

 

 

2月に入って不振(?)に陥って思わぬ足踏みとなりましたが、何とか4月には達成できそうですね(^^)

 

 

 

ブログに関しては色々な事を書き続けてきましたし、色んな想いもあります。

 

 

そんな中で絶対に守るべきことは

 

 

「続ける」

 

 

という事。

 

 

経営理念である「継続が幸福を導く」を体現するためです。

 

決めたことを続ける、これができないで何が実現できますか?

 

 

やめてもいいんです。ただし、やめるときは「やめる」と宣言してやめます。

 

 

 

 

ちなみに私はフェイスブックはあまり投稿しません。ツイッターはやったこともありません。

 

 

ブログは過去の流行りは過ぎ去ったようですが、私はビジネスに関しては絶対にブログの方がいいと思っています。

 

 

 

見知らぬ、または長く会っていない貴方に想いをお伝えすることができるからです。

 

 

ですので、ブログ一本やりで続けてきました。

 

 

 

確かにツイッターやフェイスブックに移行されていった方々も多いと思いますが

 

ブログを続けている人、かなり少ないです。

 

 

否定するわけではありませんが、完全なSEO対策としてブログを量産されている会社さんはありますが…。

 

 

 

私はそうではなく、想いを発信するために書き続けています。

 

 

 

 

「発信力」

 

 

 

これ、ビジネスの世界ではとても大事です。想いを発信することは、経営者のとても大事な仕事です。その中でブログは有効なツールだと思っています。

 

 

 

ブログに代わる何かが登場する時まで

 

 

どこまでも続けてまいります…!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

春めいてきましたね~(^^)

 

暑さ寒さも彼岸まで、ですからね!

 

 

 

春めくにつれ、リーフユニティ展示場へのご来店が増えてきています。今日も植栽等のご相談にお越しいただいていたとのこと。

 

 

 

さて、そこで!

 

 

植木をお探しの皆様へのお知らせです!

 

 

在庫商品の品ぞろえの方も、ドドンと仕入を行っておりまして

 

お探しいただくのにベストなシーズンとなってまいりました。

 

 

 

そして、そのピークとなる4月に

 

植木市を行います!

 

 

 

4月16日、17日の両日に「リビングガーデンフェスタ」を当店にて行うのですが

 

その目玉企画の一つは春の植木市、なんです!

 

 

 

価格やサービスもさることながら

 

 

今回初めての取り組みをいたします。

 

 

私め、植田による「場内植木解説ツアー」

 

 

4月17日 11:00~

 

 

大決定です!!

 

 

 

値打ちこくのもどうかと思うのですが

 

現在、植田は新規ご来店のお客様をご担当する事がございません。

 

 

がっ!

 

 

フェアばかりは目いっぱい担当いたします。

 

 

そしてそして

 

 

植栽デザイナーとしては一生現役でやるつもりでございまして

 

このイベントを企画いたしました。

 

 

その時間お越しのお客様皆様を私がご案内して、植木の特徴・見どころ・使い方・お買い得商品などをガッツリと説明させていただこうという訳です。

 

 

私の植木の話を聞いてやろうと言う方

 

 

どうぞ17日11時にお越しくださいませ。

 

ご案内後、個別相談も承ります。

 

 

 

さあ、面白くなってきましたよ~!

 

 

 

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

大阪進出も掲げながら

 

実は奈良県内の基盤を固めることに、これまた色々と計画しているところです。

 

 

 

さすがに詳しく書けないのですけど…

 

営業戦略って、考えているとなかなか楽しいですね~。

 

 

 

正直、これまでアクセルを踏む必要もないまま

 

自然とスピードが上がってきた、という感じでした。

 

 

 

しかしスピードアップとともに色々な課題とも直面し、そして経営リスクや外部環境、将来への展望を考えたときに

 

ブレーキを踏むべき部分があり、今がそのタイミングだと判断しました。

 

 

そして、改めてアクセルを踏みこむ準備をしています。

 

 

 

それが

 

 

とても楽しいわけですね(^^)

 

 

 

まだまだこれからなんですけど

 

色々な場で学んできたことを、実践できる。

 

 

 

 

 

企画・立案は私のビジネススキルの中でも真骨頂と言える部分。これを全開放して臨みます。そして、それを支えてくれるスタッフの体制がどんどん整ってきているのです。

 

あんなことも、こんなことも、やってみたい事がたくさんあります。

 

 

これらを徹底的に実践したら、一体どこまでの成果があるのか…?

 

 

 

本当に楽しみで仕方ないんです!

 

 

 

そのために今は

 

 

 

準備です!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

先日、和歌山県にあるタカショーさんの本社に行ってきました。

 

タカショーさんはエクステリアのメーカーさんですが、アルミサッシ系のメーカーではなく和歌山発のベンチャー企業から樹脂製竹垣を足掛かりにガーデン・メーカーとして大きく成長された会社です。

 

業界の中でも独自のポジションを占められてます。

 

 

そんなタカショーさんの新商品開発は、まさに独自性に溢れています。

 

 

例えば、ライティングという分野に注力されて10年近くになろうかと思いますが

 

他メーカーは軒並み電気会社のOEMというスタイルであるのに対して、タカショーさんは電気会社を自社で持っておられるのです。

 

そして、徹底的にガーデン&エクステリアの分野に特化した商品を作り続けている。

 

大手電機メーカーもエクステリアは取扱いされますが、やはりそこは片手間感が出てしまう。またOEMで取るエクステリアメーカーさんも片手間感が出てしまうのですね。

 

 

自社開発で大手メーカーに勝負を挑んできたわけですから、技術・開発においては困難も多かったと思うのですが

 

特化して積み重ねてこられた成果は既に着実にあり、どこかで爆発的にシェアを取るのではないかな、と感じています。

 

 

その他のエクステリア商品についても

 

まさに一点突破、というような商品展開です。

 

 

一般的な商品ではなく、他社が余り注力しない分野で自社が優位性を持てる分野に集中しています。

 

これは、まさにランチェスター戦略。

 

 

エバーアートボードという商品群があるのですが、全く市場になかった素材をエクステリアの世界に持ち込まれました。

 

簡単に言えば、サイディングボードのようなものです。

 

正直、当社ではまだまだ使っていません。しかし話を聞いていると、この商品群はこれからのエクステリアの世界で大きなカテゴリーを占めるようになるようにも感じてきています。

 

 

これらの挑戦、そして継続。

 

 

 

もちろんタカショーの高岡社長さんの想い、意志によるものなのでしょう。

 

1代で上場企業を育てあげられた方です。

 

 

私も色々な意味で学ばせていただいています。

 

 

 

そして商品説明を聞いているうちに

 

どうやって、この内容を自社へフィードバックしたらいいのか…?

 

新商品というよりも、様々な商品知識や施工その他の社員教育はどうやっていったらいいのか…?

 

 

など

 

 

やはり経営者としての視点で学ばせていただいた素晴らしい機会となりました。

 

 

 

当日お世話になった社員の皆様

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

昨日は朝から木津川市・城山台の現場に走り

 

 

続いての現場が

 

 

名張市・すずらん台。

 

 

 

木津川市~名張市

 

 

この移動の道筋、可能な方はイメージしていただきたいんですが…

 

 

 

城山台から木津川沿いに降り、そして国道163号線を走ります。

 

 

道沿いの木津川のゆったりとした流れの景色がいいんですね。

 

奈良県には海がないですから、海を見ると「おお~っ!」というリアクションが出るんですが

 

海がないという事は河口から遠いので、川も大きな川が少ないんですね。

 

 

ですから大きな川の景色にも結構癒されるんです。

 

 

 

そして163号は信号も少なくスイスイと走れます。

 

 

そんなドライブをひとしきり楽しみつつ、途中で163号を離れて山の方へ名張方面へと進みます。

 

 

ゴルフ場なども点在する、これまた自然豊かなエリアです。

 

名阪国道の治田インターを過ぎて名張へと降りて行くのですが、目的地のすずらん台は名張の市街地から少し離れたところです。

 

 

すずらん台は一大住宅団地なのですが、旧青山町の手前という言わば名張の奥座敷。

 

ですから市街地を通らずにスイスイと走っていくことができました。

 

 

 

 

この京都から三重への移動、実は途中で一部奈良県の隅っこを横切っているのですが

 

県内を駆けずり回っている普段とは、ちょっと違うドライブとなりました。

 

 

 

車の運転時間を減らす事は私にとって喫緊の課題なんですけど

 

 

たまには、こんなのも悪くないかな~という感じで

 

 

癒されました!

 

 

 

今日も頑張ります。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

4月16日~17日

 

 

リビングガーデンフェスタ ’16

 

 

開催します!

 

 

 

チラシを折り込んでのフェア開催は

 

今年でなんと12年目という事になります…!

 

 

 

はじめてフェアを開催したのが11年前となる2005年。

 

正直、その時は営業上切羽詰っての行ったものでした。

 

 

 

初めてリーフユニティの名前を世に出し

 

イベント運営そのものも全く初めての中で開催さいた11年前のフェアは

 

 

結果、大成功でした。

 

 

 

そこから紆余曲折。

 

 

 

様々な取り組みを重ね、進化もしつつ

 

チラシ反響率の低下も感じたり

 

会社の成長とともにフェアの位置づけも相対的に変化してきて

 

何か後退してきてしまった部分もあり

 

 

 

今年は何か、転換点にしていかねばならないと考えています。

 

 

 

過去、完全に私一人で行ってきたフェア企画を今年は女性スタッフ二人に関わってもらうこととしました。

 

チラシのデザインも、彼女たちの感性が入ってここ数年と少し違ったレイアウトになりそうです。

 

 

 

そして彼女たちと話している中で、私自身もアイデアが研ぎ澄まされてくるんですね。

 

新たなイベント企画も打ち出していく予定です。

 

 

 

 

そして何より

 

 

継続

 

 

この言葉を何よりも大切に考えたいと思います。

 

 

 

地域密着営業は口で言うほど簡単なものでは決してありません。

 

決まったエリアに11年連続チラシを折り込んでも、実はまだまだ及んでいないのです。

 

 

ですが「継続が幸福を導く」の理念実現のために、まだまだ続けていかないといけないのです。

 

 

 

気持ち新たに

 

チャレンジしていきます!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

さて、昨日は大阪の地に行ってまいりました。

 

大阪府下の案件の商談のためです。

 

 

 

昨年に将来の大阪進出計画を公表し、そして年頭に配布した中期ヴィジョンに日付まで入れて計画を確定させました。

 

考えているだけでなく公言することによって、言わば退路を断ったわけです。

 

 

 

言うまでもなく大阪進出計画、これは簡単な話ではありません。

 

具体的な計画も、全くこれからです。

 

 

 

しかし、公言することによって何かが動き出しました。

 

 

 

ある人に進出予定エリアを案内していただくことができ、おぼろげながら形が見えてきました。

 

ある人に計画をお話したところ、早速にご協力に快諾いただけました。

 

 

少しづつですが線が見えてきて、色が入ってきました。

 

 

 

そして昨日の案件、これは何もお話もしていなかった方から突然ご連絡をいただいての動き。

 

「え?私の話聞いてました?」というような素晴らしいタイミング。

 

偶然と言えば偶然なのですが、敢えてここは何かの必然があったと信じたいと思います。

 

 

 

 

想い、そして発信する。

 

 

 

発信したからこそ、何かがどこかで繋がったのだと思います。

 

 

 

 

見ている先は10年後、20年後です。

 

全ての判断基準は理念である「継続が幸福を導く」です。

 

 

 

そのための大阪進出。

 

 

 

やりとげてみせます!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

さて、何事もなかったようにブログも続けます(笑)。

 

 

本日、朝礼及び会議で

 

 

「幸福を導く自己申告シート」

 

 

をスタッフに配りました!

 

 

 

各自、これに記入して提出してもらいます。

 

過去、スタッフにアンケートのようなものを書いてもらった事が数回あるだけで

 

今回の取り組みは初めてのことです。

 

 

そして、このシートを提出してもらった上で個人面談を4月に行います。

 

個人面談は年2回これまで行っていましたが、これで年3回となります。事前にシートに記入してもらうことにより「目標は?」とか「経営理念について」とか、普段いきなり訊かれても難しい話ができるかな、と考えています。

 

 

そして記入にあたっては、経営指針書を参照してもらうようになってたりします…(^^)

 

 

こういうのって、普段なかなか話に出せないような事を書いたりするものなんですね。

 

 

 

 

今年は初めての取り組みとなるのですが、これを型として定着させます。

 

3月にシートを書いてもらって4月に面談。

 

 

 

もちろん来年は更にブラッシュアップさせることになるでしょう。

 

 

 

まずは、スタッフの色々な意見が集まるのが楽しみです!

 

 

 

あ、配ったシートに名前書く欄作るの忘れたー^^;

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

どうもブログが不調になってしまっていますが

 

特に根拠もなく今日から好調になることにします(笑)。

 

 

 

さて、昨日は弊社の送別会でした。

 

 

Yさんという女性職人さんが退職となりました。実はYさん、高校卒業時に入社してくれました。いわゆる新卒採用です。

 

それから5年間、本当に頑張ってくれました。

 

 

新卒で職人さんを採用するなど、当時は考えもしていませんでした。県内に造園の専門コースがある高校があることは知っていましたが、もちろん求人も出していなかった頃です。

 

 

突然、高校の先生から応募の打診があったのです。

 

面接したときは、完全な女子高生。付け加えるなら制服姿でした。

 

 

目の前にいる制服姿の女の子が、職人になるなど想像もできなかったのですが

 

話してみると職人になりたい意志、そして芯の強そうな人柄を感じることができました。

 

 

 

そうは言っても、男性世界の職人の世界で彼女は本当に勤まるのだろうか…?

 

その不安を残したまま、入社内定を出したものの大きな期待をすることはなく、とりあえず続くかどうかやってみてもらおう、と思ってスタートしたのです。

 

 

しかし、ベテランの職人さんたちもYさんを凄く可愛がってくれて

 

そして入社間もないころから「あの子は本当に一生懸命仕事をしてくれる」と褒めてもらっていました。

 

 

 

現場をこなすほどに技術も身につけ、植栽のセンスもありました。ちょっとした植栽工事はYさんに任そう、という感じになり、数多くの現場で植栽を手掛けてもらいました。

 

 

入社当初はおとなしく、受け答えも上手にできなかったYさんでしたが数年して私が植栽工事に行った際にお客様の質問に率先してしっかりと受け答えができるようになっていました。

 

 

人って、こうやって成長するんだ…という事を感じることができ本当に嬉しかったことを覚えています。

 

 

 

今回、事情あって彼女は退職することになりました。しかしYさんが残してくれた功績はもちろん、私自身が感じることができたもの、これは本当に素晴らしくありがたいものでした。

 

 

新卒、という人生の大きな岐路においてウチの会社に入社してくれたという御縁。これはすごく大事なことだと思いますし、彼女の人生にウチの会社で働いたことが少しでもプラスになっていて欲しいな、と思うのです。

 

 

そんな思いもあっての送別会。

 

 

思い出に残る送別会にしてあげたいと思い、最後に歌を歌って送り出すことにしました。

 

 

海援隊の「声援」という歌です。

 

 

ネタバレしますと、私が大学時代に先生をしていた塾の卒業式で私たち先生がみんなで歌った歌なんですね。

 

「金八先生」のテーマソングの中でもあまり知られていない歌ですが、無理矢理私のリードボーカルの中でサビの部分をみんなにも歌ってもらいました。

 

 

 

がんばれ がんばれ 頼むがんばれ がんばってくれ ♪

 

 

 

(ご興味あるかたは一度聞いてみてください)

 

 

 

Yさん

 

5年間お疲れ様でした。

 

そして

 

本当にありがとう。

 

 

 

これからの人生の幸せを心から願い、声援を送ります。

 

 

 

がんばれ。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

3000本投稿を目の前にして停滞モードに入った感のある当ブログですが…

 

 

しれっと続けます(笑)。

 

 

 

先日、当社展示場の植栽リニューアルを行いました!

 

 

広さ自慢の当社展示場にの各所に色とりどりの花を植え、とても華やかになりました。

 

植えた花がさらに生い茂り、この春には樹木の花も開花して花いっぱいの展示場になる予定です。

 

 

 

展示場の魅力。

 

 

 

季節の花が咲き誇り、そして植栽提案の形として展示場づくりを改めて進めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

さらに、新しいモデル庭園の作成も計画しておりまして

 

実は明日から作業の方も進めます。

 

 

 

 

そしてこれらは、経営指針書にある単年度経営計画にのっとった計画どおり。

 

 

 

 

しっかりと先を見据え、取り組んでいきます!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

昨日、今日と

 

数字をにらんでいました。

 

 

経営指針セミナーの3回目。

 

 

いわゆる決算書です。

 

そして、ここからの経営計画。

 

3年間の計画を数字に落とし込んで実現するために何がなすべきか、という計画を検討しました。

 

 

 

これまで実は、私はあまり数字をにらんでいなかったのですね

 

 

極端な言い方をすれば

 

数字見てるより売りに出な!という考えが優先していたのでした。

 

 

 

そもそも私は元・金融機関勤務で数字には実は強い人間です。

 

 

しかし事業承継時のいきさつや当時影響を受けたビジネス書などから、長年そのような考えで突き進んできたのです。

 

 

結果、営業・マーケティングに没頭してきました。

 

 

それは経営者として決してほめられた事ではなかったのかも知れませんが、私にとっては必要なプロセスだったようにも思います。

 

 

そして会社としては、一回りの成長を果たすことができました。

 

 

 

しかし、それとともに問題や課題も浮かび上がり

 

さらにそこに私に大きな影響を与えてくれた人があり、それを機に経営者としての考えが大きく変化するに至りました。

 

 

 

そして、その中の一つとして今回の機会でした。

 

 

元・金融機関勤務の私はそもそも数字に強い事もあって、数字の取り扱いは得意分野です。前回のセミナーで決めた3年間の中期ヴィジョンを数字で整えていく作業は、言わば楽しいと思える作業でもありました。

 

 

 

 

そして、もう一つ。

 

数字を見ていると見えてくるものが色々とあります。

 

感じるものがあります。

 

 

 

これによって日々の行動が後押しされるのではないかな、と感じました。

 

 

 

ここからは半分冗談ですが

 

経営はダイエットに通じるものがあるように感じました(ダイエットに縁のない羨ましい皆様は読み飛ばしてください(笑))。

 

 

ダイエットをするときに大切な事は

 

 

 

体重計に乗ること

 

 

 

です。

 

 

 

体重計に乗ることによって、その日の行動が変わります。要するに余計な一口を減らせるんですね。

 

 

 

会社の様々な数字も常に見ることによって日々の行動が変わるものなんです。

 

 

これを「ダイエット経営」というロジックにまとめたいと思います(笑)。

 

 

 

 

ま、ダイエットの話はともかく^^;

 

 

これで経営指針セミナーは完結です!

 

 

 

おかげさまで、会社の未来に明るい希望を持つことができました。

 

そして何が重要なのかもハッキリと数字的な根拠と共に見据えることができました。

 

 

 

素晴らしい機会に感謝です…!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub
 

 

 

 

 

 

さて、今週の会議では今年から新たに策定した経営指針書の読み合わせをしました。

 

 

第3週の会議で経営指針書の読み合わせをすることとしています。

 

 

 

 

年初の一発め、どのページからしようかと考えたのですけど

 

 

やはり新しく発表した「単年度経営計画」を読み合わせることにしました。

 

 

今年の話だけに

 

こちらも、力がこもります…!

 

 

今年度(9月期)の計画をしっかりと共有できたと思います。

 

 

 

新しい経営指針書、良い感じです!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

昨日

 

経営者が集まる中小企業家同友会にて経営体験報告をさせていただきました。

 

 

しかも

 

 

大阪府下にて…!

 

 

 

これには、大阪の従前からお付き合いのある会員の方が私めをご紹介くださった、という経緯がありました。

 

本当にありがたい御縁に感謝したいと思います。

 

 

 

用意していた映像の音声が本番で出ないというトラブルに見舞われましたが^^;

 

結果的には、しっかりとお話ができたと思います。

 

 

 

 

そして、その後の懇親会の場では大阪の経営者の諸先輩方と様々なお話をすることができました。

 

 

そこでは温かいお言葉も多くいただき

 

 

素晴らしい機会になりました…!

 

 

 

 

そして、奈良から参加してくれた仲間たち。

 

おかげで、とても勇気づけられました。

 

 

 

 

 

こんな公式の場で、さらに大阪進出をブチ上げてしまったわけでして^^;

 

 

もう絶対に実現させる事は確定です。

 

 

 

 

 

昨日は様々な意味で、私にとって意義深い日となりました。

 

 

これからの経営者人生も、しっかりと全うしていきたいと思います!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

先日、高校2年生のインターンシップを受け入れたのですが

 

来てくれていた生徒さんたち3人から「お礼状」が届きました!

 

 

 

 

読んでみると

 

 

「拝啓」から始まる手紙の定型があり、締めくくりから全体のレイアウトもほとんど同じですが

 

一文だけ、自分の言葉で書いたかのような文章がありました。

 

 

 

クラスみんなでワイワイと、手紙の書き方を先生に教えてもらいながら書いたんだろうな~、なんて想像しながら読ませてもらいました。

 

 

直筆の手紙って、やっぱり何か嬉しいものですね(^^)

 

 

もちろん、これは学校としてインターンシップ受け入れ企業へお礼状を送るという「型」があるから送られてきたものです。生徒個人が考えたわけではない行動です。

 

それでも、受け取った人間は素直に嬉しく感じる。

 

 

そう思うと、やはり「型」って大事ですね~。

 

 

ここはやはり、ビジネスの世界の人間として学ばねばなりません。

 

 

今日のお礼状は封筒に入った手紙でしたが、ハガキなら更に郵送コストも安い。

 

 

僅か52円のハガキに凄いパフォーマンスがある、という話は時折聞くものです。

 

 

 

 

また、社内の話になりますが

 

 

サンクスカード

 

 

なるものもありますね。

 

 

こういったものも「型」、言い換えれば「ルール」がなければ誰も書きません。

 

「ルールがあるから書いた」ものであっても、もらった方は嬉しい気持ちになる。

 

 

 

御礼を紙に書く。

 

大事なことですね…!

 

 

 

ちょっと改めて考えさせてもらいました!

 

 

 

 

 

 

改めて言うのも何なのですけど

 

 

当社には大きな強みがあります。

 

 

 

 

 

 

 

それは、展示場です。

 

 

 

田舎ならでは(!?)のメリットを生かした広さ自慢、そして園芸店とカフェ併設の展示場。

 

 

 

私としては、引き継いだ者なのでエラそうには言えませんし

 

正直、自分でやれと言われてもとてもできない規模の展示場を保有しているのです。

 

 

 

しかし

 

 

 

では、その展示場を生かした営業・マーケティングがどれだけできているのか…?

 

 

 

実は

 

 

さほどでもないんですね…

 

 

 

展示場整備については、もちろん継続的にコストをかけてやってきました。

 

しかし、あまりにも広いという事もあって一気に作りこむことは不可能でした。

 

 

 

また、展示場といっても

 

展示すれば売れるというものでも何でもありません。

 

 

 

そもそも、気を抜けばあっと言う間に雑草畑になってしまうという環境です。

 

雑草対策をするための「型」を作るだけでも、長い年数がかかってきたのです。

 

 

 

少しづつ、無理のない範囲で整備・投資を続けてきました。

 

30周年にあたってショールームをリニューアルしました。

 

 

自社の成長ステージと取り巻く環境も少しづつ変化してきています。

 

 

 

そして、これから。

 

 

目指す目標のためにも、新たな舵を切ります。

 

 

 

大きなテーマは

 

 

植栽。

 

 

 

植栽の魅力を伝える展示場をつくります。

 

 

いつも花いっぱいの展示場をつくります。

 

 

地域の方々が気軽に立ち寄りたくなる展示場をつくります。

 

 

そして

 

 

植栽デザインで更なるステージアップを目指していきます。

 

 

 

2016年は、そんな新たな一歩を踏み出す年にしたいと思います。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub
 

 

 

 

 

 

さて、ブログの方も加速していきたいと思います。

 

 

と、言うのも

 

 

なんと3000本投稿に迫ってきているのです~!

 

 

 

書き始めたのが、実に11年前。

 

 

しかも、ライブドア一筋。

 

別にライブドアに思い入れも何もありませんが、ただただ継続してきただけです。

 

 

 

しかし実は

 

とうとうライブドアを卒業することになりました(何を大層な!?)。

 

 

 

これには深~い理由があるのですけど

 

それは今は書くのを控えておきます。

 

 

これから卒業準備に入るので、実際は6月ごろに新しいブログに移る予定です。

 

 

 

この投稿が2976本目となっており、順調に行けば2月には3000本達成となるわけで

 

3000本を達成してライブドア卒業という素晴らしいタイミングとなる予定です。

 

 

 

3000本、どうです~!?

 

野球で言うなら張本ですよ!?(笑)。

 

 

 

これも、11年の継続の結果です。

 

 

 

 

 

1年に300本書いて10年かかるんですよ!?

 

 

念のため言いますが、内容の薄い短いブログとかは基本書いてませんから。

 

 

飲み会やら今日のランチ、とか絶対に書いてませんから(笑)。

 

 

 

過去のブログで阪神ネタを長々と語ったりしていますが、あくまで真剣で深い内容ですから(笑)。

 

 

 

ともあれ

 

 

 

当社の経営理念であり、私自身の座右の銘とも言える

 

 

「継続が幸福を導く」

 

 

の象徴と言えるかも知れません。

 

 

 

そしてこれからも

 

 

書き続けるんです!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

フェイスブックで誰かが「いいね」した記事のリンク先で、こんなような事が書いてありました。

 

 

「自分の願望などを、常に回りの人間に発信し続けていると情報が入ってきたり協力者が現れたりして実際に上手くいく方向に流れる」

 

 

みたいなカンジの話でした。

 

 

 

ふーむ、なるほど。

 

 

そういうわけで、ブログにも書くことにしましょう。

 

これ、同業他社さんに知られるというデメリットもあるのですがメリットの方が多いと信じて公表しちゃいます。まあ別に私の会社ごときの話、知られても影響などないですかね(笑)。

 

 

 

実は私にはビジネス上の野望が一つありまして…

 

 

それは、大阪進出です。

 

 

 

ビジネス戦略までは書きませんが、実は色々な理由、狙いがあります。

 

 

 

先日早速あるところで、ある方にこの話をさせていただきましたところ…

 

 

「それなら、早速協力できるよ」

 

と、予想以上にダイレクトな反応をいただきました。

 

 

 

その方と別れて2時間後くらいに

 

「さっそく話しといたから」

 

あっという間に、ある大阪の方との橋渡しをしてくださったのです。

 

 

 

すごいな、これ。

 

言ってみるものやな、と思いました。

 

しばらく、この話してまわろう(笑)

 

 

 

そういう訳で

 

 

大阪行きます。

 

 

 

大阪府下の現場は、これまでからずっと手掛けてきたのですが

 

さらに積極的に取り組んで行きます。

 

 

拠点を出すのは先の話ですが

 

現場は、すぐにでも行けますから。

 

 

過去に縁あって大阪方面に行く機会が増えた時期もありました。

 

当時「和泉市ってどこですか?」なんて始めは言ってたのですが、その後現場も増えて実はそれなりに土地勘もできたのです。当時、思えばナビなしでよく行ってたな(笑)今はタブレットのナビがあるから安心です

 

 

 

 

 

大阪で外構エクステリア業者をお求めの住宅関連業者の方々

 

 

奈良からひと山越えてヒョイッとまいります。

 

 

 

住宅外構専門です。

 

植栽は特に得意です。

 

 

 

 

 

奈良のリーフユニティにお任せくださいませ…!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub
 

 

 

 

 

 

さて

 

仕事始めから4日目。

 

あっという間に日常フル回転状態に突入しています(・・;)

 

 

しかし、せっかくの新年ですから心機一転です!

 

 

まずは新しい「経営指針書」をスタッフに配布しての年頭訓示。

 

これまでの「経営方針書」からグッとステップアップして、中期ヴィジョン、単年度計画などを語りました。

 

 

そして、そこにも記載した今年のスローガンは

 

 

「凡事徹底」

 

 

です。

 

 

 

 

この言葉は、イエローハットの創業者である鍵山秀三郎氏によって強く語られていることで有名です。

 

 

以下、コピペです。

 

 

 

 

私がいままで歩いてきた人生をひと言で表現すると、「凡事徹底」。

 

つまり「誰にでもできる平凡なことを、誰にもできないくらい徹底して続けてきた」ということに尽きます。

 

人が見過ごしたり、見逃したり、見捨てたりしたものをひとつひとつ拾い上げ、価値を見出す。
やれば誰でもできる平凡なことを徹底して、そのなかで差をつける。

 

そんな信念を持って、いままで生きてきました。

 

ともすると人間は、平凡なことはバカにしたり、軽くあしらいがちです。
難しくて特別なことをしなければ、成果が上がらないように思い込んでいる人が多くいます。

 

そんなことは決してありません。

 

世の中のことは、平凡の積み重ねが非凡を招くようになっています。
いつも難しくて大きなことばかりを考える人は、失敗したり続かなかったりして元へ戻ってしまうことが多いものです。

 

できそうにない特別なことばかり追いかけるよりも、誰にでもできる平凡なことを少しずつでも積み重ねていけば、とてつもなく大きな力になることを知るべきです。

 

平凡なことを徹底して続ければ、平凡のなかから生まれてくる非凡が、いつかは人を感動させると確信しています。

 

 

 

***

 

 

 

この言葉、当社の経営理念「継続が幸福を導く」にも当てはまる、素晴らしい言葉だと思います。

 

 

スローガンって、強い縛りのあるルールでも何でもないです。

 

しかし、この短い言葉(当社では例年四字熟語のスローガン)が普段の行動を何気なく後押ししてくれる時があるんですね。

 

 

ちなみに過去のスローガンは

 

全員一丸

 

日々成長

 

環境整備

 

事前準備

 

改善実行

 

 

そして今年が

 

 

凡事徹底

 

 

です!

 

 

 

 

今年も良いスローガンができました…!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

皆様

 

新年あけましておめでとうございます。
本年も変わらぬご愛顧を賜わりますようお願いいたします。

 

 

 

2016年、いよいよ待ったなしで取り組みべきことが山積みの年となります。

 

昨年既に社内の業務体制の変革にハンドルを切りました。

 

これは絶対に推し進めていかねばならない大きなテーマです。

 

 

 

そして今年は年頭訓示に、新たな「経営指針書」を配布すべく準備をしてきました。

 

6日の年頭訓示で配布いたします。

 

 

 

ここから3年後、そして5年後を見据えて動き出します。

 

昨年、様々な出会いや学びがあるなかで、ハッキリと自分の中で将来へのヴィジョンが湧き起ってきたのです。

 

 

正月早々、モチベーションはマックスです。

 

 

 

ところで、このブログを書くにあたって昨年の年頭ブログを読み返したのですけど

 

重大なテーマが未達となってしまいました…(・・;)

 

 

 

と、いうのも

 

 

 

ダイエット。

 

 

 

ダイエット年間にする、とか書いてましたね…。

 

 

 

真逆に結果になってしまいました…(泣)

 

 

 

もう誰も信じてくれないかも知れませんが

 

一応、ダイエットのやり方は心得ているつもりでして

 

懲りずに宣言いたします、ハイ…。

 

 

 

目標  -5㎏  in 5月

 

 

 

いや、今年はやりますって(笑)。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub
 

 

 

 

 

 

本日が仕事納めの日。

 

最後の夕礼も終え、スタッフもみんな上がってくれました。

 

 

1年間、お疲れ様でした。

 

 

 

ここで1年間を振り返るのも、当ブログの恒例です。

 

 

 

昨年から今年の6月までを30周年の期間と位置づけ、昨年を漢字一字であらわすと「周」といたしました(世間では「税」でした)。

 

今年は「新」といたしましょう(世間では安保法案のイメージが強かったのか「安」でした)。

 

 

 

今年は30周年を終え、新たな視点で臨む年となりました。

 

 

大阪進出計画、そしてその先にある大きな目標。これらを30周年の打ち上げパーティで社員さんに発表しました。

 

 

4月に迎えた新卒の新入社員。新卒採用ははじめての取り組みだったのですが、二人の将来有望な若い子が仲間として加わってくれたのです。

 

 

二人が入ってくれたことによって吹き込んだ新しい風。

 

 

何か、新しい大きな一歩を前進できたように思います。

 

 

 

そんな2015年。

 

 

 

「改善実行」をスローガンとして掲げ、あらゆる業務の改善を目指した。

 

 

30周年記念事業として展示場整備とともに記念植樹を行った。

 

 

30周年打ち上げパーティを行い、永年勤続者を表彰した。

 

 

高卒の新入社員二人を迎え、彼らの成長に周りの人間も新鮮な気持ちになれた。

 

 

スタッフは一人産休に入ったが、逆に産休に入っていたスタッフが3人復帰してくれて充実した体制になった。

 

 

カフェの植栽を手がけさせていただき、個人的にも思い出の現場になった。

 

 

桜井駅前で古墳の形の広場の工事を手がけさせてもらった。

 

 

その他、大型の現場の御縁を多くちょうだいした。

 

 

各方面のお得意先様から大きな期待をいただき、シェアを伸ばすことができた。

 

 

内勤朝礼、メール配信、内勤日報、経営方針書読み合わせなど新たな取り組みの「型」を作った。

 

 

設計積算部を稼働し、社内システムの構築に大きな一歩を踏み出した。

 

 

 

 

 

そして植田の個人としては、中小企業家同友会との関わりがありました。

 

 

 

 

もしかして終生目指していくかもしれない存在との出会いがあり、そして経営者を前にした経営体験報告をさせてもらった。

 

 

埼玉、広島、島根、山梨へ行って全国の青年経営者と出会い、そして関わり、多くのことを学ぶことができた。

 

 

 

 

会社としても、そして個人としても

 

 

色んな意味で、過去にない新しい1年になったのではないかと思います。

 

 

 

 

今年もいただいた、各方面様々な方々とのご縁。

 

 

 

この場を借りて、改めて厚く御礼申し上げます。

 

 

 

 

迎える2016年。

 

 

本当に待ったなしで会社が大きく変わる年になります。

 

 

素晴らしいチャンスの1年にしたいと思います。

 

 

 

また来年

 

 

皆様どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

 

よいお年を…!

 

 

 

 

 

 

クリスマスイブも、何もあったものじゃありません。

 

 

怒涛の12月、散髪に行く日がどうしても取れず、やむを得ずこれから散髪に行く植田です^^;

 

 

 

忘年会等は先週に概ね終わり、今週は予定を入れないでおいてよかったです。。

 

当社は29日まで営業となります。

 

 

業界的には28日までのところも多いのですけど、「年内完工」の予備的な意味合いも込めて29日までとしています。

 

 

一部の担当者が29日まで頑張って他の者が休んでいる、という図式を避けたいという思いが込められて毎年この日程としています。

 

 

 

今年も、どうやら29日までフル回転の見通しです…。

 

 

何が何でも、やり切ります!

 

 

 

 

 

 

先月に引き続いて参加した中小企業家同友会主催「経営指針セミナー」。

 

 

今回学んだのは「経営方針」。

 

 

これは…凄くよかった!

 

 

 

 

何が良かったって

 

 

「中期ヴィジョン」

 

 

3年後の私と自社が明確にイメージできました。

 

 

 

着地点を決めて逆算する、という考え方はずっと前から頭では分かっていたつもりでした。

 

ただ、それが5年後であったり10年後であったり、着地点をどこに設定したらいいのかハッキリしていませんでした。

 

売上目標、やりたい事、目指すべき事などもありますが

 

これも時期がバラバラで、どうまとめて考えていけばいいのかハッキリしていませんでした。

 

 

 

 

これをスバッと3年後、と同友会スタイルの経営指針を決めていただいたおかげで

 

3年間の方針と戦略を徹底的に磨き上げることができました。

 

 

 

もう、完全に3年後をロック・オンしています。

 

 

 

3年後には売上だけではなく、会社全体がとても良い会社になっている。

 

未来に向けて、継続しうる会社として自信が持てている。

 

そして私の夢も実現に向かっている。

 

 

 

 

ワクワクします…!

 

 

 

今回は本当に素晴らしい学びでした。

 

これこそ、経営指針のキモなんではないかと思います。

 

 

 

そして、いよいよ経営指針書の完成が近づいてまいりました。

 

ここから一気に年末までに完成させます。

 

 

 

何か久しぶりに…楽しいです!

 

 

 

 

 

 

昨日から

 

 

高校生のインターンシップ実習を受け入れていまして

 

3人の高校生がやってきてくれました!

 

 

 

中学生の職場体験というものは知っていましたが、

 

高校でもされているんですね。

 

 

当社としても高校生の受け入れは初めてのことです。

 

 

 

昨年から高卒の新卒採用に取り組み、その流れで高校との接点が生まれ

 

インターンシップの受け入れ要請をいただいたわけです。

 

 

もちろん、この流れが採用活動に繋がると思います。

 

 

 

 

今回来てくれた3名は高校2年生。

 

彼らが来年の就職において当社を志望してくれるかどうか、これは分かりません。

 

 

しかし、今回ご縁あった高校以外も含めて地道にお付き合いを深めていきたいと思います。

 

 

 

若い世代の人材の確保は向こう30年の最重要課題。

 

目先に惑わされずにやっていきます。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

ある現場が完工しました。

 

 

お客様の都合もあるので、ブログで詳しく書くことはできないのですが間違いなく私の思い出に強く刻み込まれる現場となりました。

 

 

 

飲食店の外構工事だったのですが、植栽スペースがふんだんにあり

 

植栽こそがお施主様であるオーナー様が強いこだわりを持っておられる部分でした。

 

 

その広さ。

 

しかし広いとは言え、矛盾するようですが限られたスペースとも言える。

 

 

目指すべきテーマ。

 

これが明確になっており、ただ単にキレイであればいい、という訳ではない。

 

 

 

そして工期。

 

お店ですからオープンの日が決まっている。それに対して建築工事がどうしても押してくる(ま、ここは外構工事のあるあるなんですけど^^;)。

 

 

 

 

植栽というものは

 

図面通り、という事ができません。

 

 

 

それは、樹木や植物が決まった形や大きさではないからです。

 

また、それが決まっていたとしても図面上でベストのレイアウトをつくることができません。少なくとも私の技量では…。

 

現場に実物を置いてみて、あーでもない、こーでもない、もうちょっとこっちに、やっぱりこうしよう…、オッケー…!

 

と、こんな事をやっているんです。

 

 

現場を少しでも良いものに、そして私自身がイメージしているものに近づけるために

 

私が現場に立っているのです。

 

 

 

今回も、そうするがために何日も何日も現場に立ちました。

 

植栽の規模、量が多いために何日もかかりました。

 

 

 

途中、色々な事がありました。

 

色んな意見も頂戴しました。

 

 

 

そして実際の植栽工事作業においても

 

多くの方々に助けていただきました。

 

 

 

材料も間際になって探す場面もありました。

 

材料屋さんにも多大なるご協力をいただきました。

 

 

 

そうやって色んな裏舞台があって、出来上がった現場。

 

 

とても、いいものが出来ました。

 

 

完成に際しては、お施主様にも感謝のお言葉を頂戴することが出来ました。

 

 

 

自然に囲まれた、この店にお越しになるお客様に何か癒しのようなものを感じていただけるのではないかと思います。

 

実はその舞台裏の色んなスト―リーがあったことは、もちろんお客様は誰も知らないことなのですけど…!

 

 

 

どんな植栽なんだよ、とお読みの方は思われるのでしょうし

 

現場の写真などアップしたい気持ちはあるのですが

 

私の立場上、それは控えさせていただきたいと思います。個人的に私にお声をかけていただける方には、ぜひご案内いたしますね。

 

 

 

 

 

私は経営者です。

 

今後、現場に立つことは減らしていく立場にあります。

 

 

 

しかし、この植栽デザインという分野についてだけは絶対に離れることはないでしょう。

 

これは私のライフワークなんです。

 

 

私がやりたい仕事そのものであり、そして私には夢があります。

 

植栽デザインの分野で、私は全国に出て行きたい。

 

 

 

外構・エクステリアの会社としては奈良の会社であり、大阪進出も計画に入りましたが

 

私の代でそれ以上の事は考えていません。

 

 

しかし植栽コーディネーターとしての個人・植田は、全国から依頼いただけるような仕事をしていきたいと思っています。

 

 

今回ご縁いただいた現場は、間違いなく私の財産になりました。そして最初に書いたように、深く思い出に刻み込まれる現場となりました。

 

 

自分の夢に向かって、これからも頑張りたいと思います。

 

 

 

 

素晴らしいご縁に

 

 

改めて感謝です。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

本日より当社ではウィンタータイムがスタートです。

 

と、言っても朝の朝礼を10分早めただけなんですけどね。

 

 

 

朝礼を10分早めることによって、現場に10分早く着くことができます。場所によっては15分早く着くかも知れない。

 

この季節は日が暮れるのが早く、夕方5時までと定めている作業が少し早めに切り上げざるを得ないケースが出てきます。少しでも作業時間を確保するための施策です。

 

 

ほんの、僅かな事です。

 

ウインタータイムを導入したからと言って、大きく効率が上がるというほどのものではありません。

 

 

しかし、業務の改善というものは全ての積み重ねです。

 

 

どこで目に見える成果になるのか、やってみないと分からないものです。逆に言うなら、成果になるまで改善し続けるのです。

 

 

実はこのウインタータイム、2010年に始めました。

 

 

これが、その時だけの掛け声ではなく継続できている事に価値がある。

 

 

しかも、今年は何も言わなくともスタッフが旗を振ってくれた。

 

ここにも大きな価値がある。

 

 

 

 

ウィンタータイムは2月いっぱいまで続きます。

 

 

 

 

今年もまた、冬が始まります…!

 

 

 

 

 

 

以前から当ブログを読んでいただいていたお客様から「ブログが面白くなくなった」という声もいただいてしまいましたが(-_-;)

 

ここはめげずに経営ブログで頑張りたいと思います(笑)。

 

 

 

 

昨日は3カ月に一度開催している施工店会議。

 

職人の親方さんに集まっていただき、色々な事をお伝えする大事な場です。

 

 

 

これまで、何度も色んな場面で話してきたことを少しでも強く伝わるように書面化して一通り話をしました。また、その内容をみんなで話し合いました。

 

 

この書面化というのが形として次につながります。

 

工事現場におけるルールとマナー、そしてモラル。

 

 

現場数が多く、すなわち多くの職人さんに入ってもらっているだけに

 

全社的に色々な事を徹底していくためには、ありとあらゆる機会を通じて伝え続けていかねばなりません。

 

 

 

今回作った書面の文章には、私の本気を込めています。

 

何か伝わるものがあってほしいと思います。

 

 

 

この書面、もっとブラッシュアップしていこう。

 

ウチの会社の現場の「行動指針」となるように。

 

 

 

これも施工店会議の継続から生まれた第一歩です。

 

 

 

 

もっと良い現場を作って、もっとお客様の笑顔に会いたい。

 

 

まだまだ頑張ります!

 

 

 

 

 

 

現在、植田は「経営指針書」の作成に取りかかっています。

 

 

これまで「経営方針書」だったのですが、所属している中小企業家同友会という会が提唱するスタイルの「経営指針書」というものに発展させていこう、というわけです。

 

 

思えば、そもそも私の経営は独学でした。

 

多くはビジネス書から学んだものです。

 

 

5年以上前に、本を読んで「経営方針書」を初めて作成したのですが

 

何を書いたらいいとか全くわからなかったので、とにかく思うがままに書き連ねました。

 

 

 

そこから毎年、そしてこのところは年に何回も加筆訂正を重ねて徐々にボリュームアップしてきました。

 

ひょんなご縁が繋がり、最近は同友会で経営について学ぶ機会が多くなりました。

 

 

 

これは本当に貴重な機会です。なにせ、これまで独学ばかりでしたから。同友会では、他の経営者の方から多くのことを学ぶ機会があるのです。

 

 

 

先日から「経営指針セミナー」なるものに参加して、「経営指針書」の作成に取りかかったという訳です。

 

聞けば、この経営指針書づくりに挫折する、というかフェイドアウトする方も多いとのこと。

 

しかし間違っても私は挫折するわけにはいきません。

 

 

 

しかも気合を入れるため、参加者の皆さんを前にして「私が一番に経営指針書を作ってみせる」と宣言してしまいました(笑)。

 

 

 

そもそも作文は得意分野なので、形を作ることはどうってことありません。

 

 

しかし、問題はその内容。

 

形だけ作って役にたたなければ無意味ですから、ここは、じっくりと掘り下げつつ「経営指針書」を作っていきたいと思います。

 

 

 

年頭訓示には間に合わせないといけないので、集中的に頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

先日、会社の大掃除を行いました。

 

これは経営方針書の年間予定に記載されている年中行事です。

 

 

弊社では毎年11月に大掃除を行います。

 

 

一般的には年末に大掃除をされていますが

 

11月の方が暖かくていいですし、年末になって現場がバタバタしてくると掃除どころではなくなってしまう恐れもあるということで数年前から11月にする事にしたのです。

 

 

 

11月に大掃除をする、という「型」を作ったのです。

 

「型」を作れば継続できる。

 

 

ハイ、私の得意のパターンの話ですね(笑)。

 

 

そして最大のキモは、継続によるブラッシュアップ。

 

ある経営者の集まるところで私がこの話をしたところ、予想を超える大反響となりまして

 

 

私を指して「継続の男」とか「継続屋さん」なんていう呼び名が使われるくらいなのです^^;

 

 

当然のように、今回の大掃除もブラッシュアップをかけました。

 

 

去年まで、ある程度各自に任せていた掃除の分担を

 

役割分担を明確化するようにしました。

 

 

全員の役割分担を女性スタッフに考えてもらいました。

 

私も指示されたところを徹底的に磨き上げました。

 

 

 

そうすると、これまで掃除が行き届いていなかったところも掃除するようになりました。

 

 

 

そしてまた、これが「型」になるわけですね~。

 

来年も、このやり方がベースになるわけです。

 

 

こうやってブラッシュアップが繰り返されていく。

 

これぞ継続の効用。

 

 

経営理念「継続が幸福を導く」の一つのカタチです。

 

 

 

そして掃除と言えば「環境整備」という言葉が経営の世界で重要視されていますが

 

まさに心を揃える一つの機会です。

 

 

 

ただし環境整備については、まだまだ取り組みが浅く

 

もう一度考え直す必要があります。

 

 

改めて全社的に取り組むタイミングも定めているところです。

 

 

 

 

大掃除、とても大事な会社行事だと思います!

 

 

 

 

 

 

毎週の月曜日は定例の会議です。

 

 

工程をすり合わせた後、週ごとにテーマを変えて色んな話をしています。

 

 

第一月曜日 請求書チェック及び請求書を通しての情報交換会

 

第二月曜日 計数共有

 

第三月曜日 経営方針書読み合わせ

 

最終月曜日 豆知識勉強会

 

 

 

昨日は第二月曜日ということで、売上を中心に計数を共有しました。

 

 

これは昨日から始めた取り組みです。

 

 

まずは触りの部分です。
これから、どんどん色んな数字をスタッフに見てもらうつもりです。

 

 

豆知識勉強会は数年前から行っていますが、経営方針書は今年の8月から、請求書チェックは同じく10月かた始めたところです。

 

そして空いていた第二週を計数共有にして、これで各週のテーマが決まってスケジュールが埋まりました。

 

 

 

つまり、「型」ができたわけです。

 

ここが重要です。

 

 

「型」ができれば「継続」ができます。

 

「継続」すればブラッシュアップされていきます。

 

仮に今回ブラッシュアップできなくても次回ブラッシュアップできるチャンスがあります。だから継続に価値があるんです。

 

 

 

 

定例の工程会議はずっと昔から行っていますが、10年前は本当に工程調整のみでした。

 

いつからか、会社の予定等を確認する場としてきました。

 

そして、これから。この会議は会社経営の大事な機会にしていきたいと思います。

 

 

 

日々、嬉しいことやありがたいことがいっぱいです。

 

皆様、本当にありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

昨日、朝早めの時間で一人で事務所にいるときの事。

 

 

お客様からお電話がありました。

 

「巡回サービスの申し込みをお願いしたいのですが…」との事でした。

 

 

巡回サービスというのは、8年前に始めた取り組みです。

 

「消毒」からはじまったのですが、要するに30分もかからない作業なのですが個別に承るとどうしても半日料金のような金額設定になるものを、まとめてまわる事によって価格を抑えたサービスです。

 

 

初めて消毒の巡回をしたときは、私自らが職人さんと二人で巡回しました。

 

消毒から始まり、剪定、施肥、カーポート屋根洗浄、高圧洗浄、ガラ土引き取り…とメニューを拡大してきました。

 

それらをニュースレターに乗せてOB施主様にご案内をしています。

 

 

 

今や、運営はスタッフと職人さんに完全に任せている段階となっています。

 

 

 

昨日のお電話のお客様は「初めての申し込みなんですけど…いつもニュースレターをありがとうございます。」とご丁寧におっしゃっていただきました。

 

取り組んできたことが型になって継続できているなあ、と感じることができて、とてもありがたかったです。

 

 

OB施主様との継続取引。

 

言うのは簡単ですが、ビジネスモデルに乗せるとなると簡単なことではありません。

 

 

8年間継続してきていますが、モデルに乗ったとは言えないのが現状です。

 

しかし、この取り組みは30年かかっても作り上げていくつもりです。

 

 

 

 

一方で、難しさも感じているところもあります。

 

 

続けてきたからこそ、感じる次なる壁。

 

 

どこまでも挑戦が必要なようです…。

 

 

 

 

 

 

新しい期に入って1ヶ月。

 

おかげさまで今期も、なかなかの滑り出しとなっております。

 

 

 

一昨期、色々な追い風もあって悲願の売上目標を達成することができました。

 

 

 

昨期は、連続達成に向けて僅か及ばず…でしたが

 

ほんの僅かでしたので、ほぼ同水準で推移したと言えます。

 

 

 

そして今期も同じ目標です。

 

 

 

当社は物品販売ではありません。

 

お客様の敷地に入らせていただいての仕事です。

 

 

何カ月もかけて、さらに言えば一年以上前から計画をして打ち合わせをしての売上です。

 

ですから、実はある程度の見通しは立っています。

 

 

 

 

そこにプラスして急な依頼であったり、ちょっとした依頼が付け加わってきます。

 

 

 

逆に言うと、急に仕事を作ろうとしても簡単には作れません。

 

 

 

建設業界でありがちな

 

「なんか、仕事ないですか?」

 

なんていう簡単な営業はありえないんですね(笑)。

 

 

 

 

しかし、一歩考えを進めてみると

 

色んな手を打つことはできそうです。

 

 

 

短期の営業施策(1~半年程度)

 

 

中期の営業施策(半年~2年程度)

 

 

長期の営業施策(2年以上)

 

 

超長期の営業施策(10年先を見据える)

 

 

 

 

それぞれのチャンネルで同時並行で手を打つ。

 

ブログを書きつつ、頭が整理されてきました^^;

 

 

このところ、営業・マーケティング以上に内部強化、仕組みづくりとカイゼンを優先課題と考えてきましたが

 

あくまでそれは短期的な話です。

 

 

中長期、超長期の営業・マーケティング施策は進めていかねばなりません。もちろん、既に色んなことをやってはいますが、このセグメント別、といううますか期間を分けて考えていくべきですね…。

 

 

 

書いていると、面白くなってきました!

 

 

 

そんな事を考えながら

 

 

今日も走り回りましょうかね…!

 

 

 

 

 

 

本日から産休明けのスタッフが復帰。

 

当社の最古参のベテラン(と、言っても私より齢下です^^)ですので、なんとも心強い限りです!

 

 

 

彼女はCADの担当です。

 

 

CADというのは、ある意味我々エクステリア業界におけるキモの部分とも言えます。
(CAD…コンピューターによる図面設計。「キャド」と発音。)

 

 

 

CADなくして住宅会社さんとのご縁を頂くことは、ほぼ不可能です。また可能だとしても、その場合価格競争に巻き込まれるリスクも大きい(施工のみで比較されるため)。

 

 

かと言って、CADは簡単に手を出すことはできません。

 

そもそも、ソフトが高い。

 

さらにCADを置く、イコール、パソコンも当然に必要です。

 

 

 

パソコンは数年に一度買い替えが必要なものです。

 

さらに、エクステリアの業界におけるCADはバージョンアップされるに連れて、これまた高額な投資が必要となります。

 

 

これ、なかなか出来ませんよ…!?

 

 

そして、CADを扱うオペレーターの育成。

 

ソフトの操作は慣れたらできるとしても、設計をするわけですから外構エクステリアの知識も必要となります。そういう人材を雇用して育成していかねばならないのです。

 

 

これまた、簡単な事ではないんですね。

 

 

 

当社では、ここ10年ほどCADオペレーターは概ね3人体制でフルに図面を描いてきました。

 

そして今回、産休スタッフの復帰によって遂に4人体制となります。

 

 

ちなみにCADのソフト自体は4台体制で以前から整えてありました。

 

 

 

ある意味、待ちに待っていた時が来ました。

 

 

これにより、図面作成のスピード感が一段アップします。

 

そして同時に積算部門としての機能を強化することができます。

 

将来に向けて、安心・盤石の布陣となります。

 

 

さらにもう一つ。

 

 

来年、もう一人の期待のCADオペレーターが産休から復帰してくれます。

 

 

 

そうなると、5人体制です…!

 

 

 

 

そうそう、ないですよ!?

 

 

この布陣。

 

 

 

さあ、面白くなってきました。

 

これを受け、12月にはさらに組織が進化する予定です。今期、最大のプロジェクトがスタートします。

 

 

 

もう、やるしかありません。

 

 

頑張りますよ~!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

植田は少々体調を崩したりもありましたが

 

今日も元気に頑張っています。

 

 

 

今期も、本当に各方面のお客様に恵まれて頑張らせていただいています。

 

今日から11月、もう年末までフル回転が完全確定です!

 

 

 

どこまで行っても感じるのですが

 

 

商売は人の御縁、守るべきは信用

 

 

なんですね。

 

 

 

これまで私は、私個人で人の御縁と信用を積み上げてきました。

 

お陰様で、本当に素晴らしいご縁をいただき続けることができています。

 

 

 

 

しかし、ここからです。

 

 

 

既に、私一人の会社ではない。

 

会社として、リーフユニティとして、人の御縁と信用を蓄積していかねばならないのです。

 

 

 

 

それは、私一人でできない事はハッキリしています。

 

スタッフ全員の力が必要です。

 

 

 

そのためにやらなければならない事が山ほどあります。

 

 

スタッフみんなが共有できる仕組みを頭が痛くなるほど考えて

 

スタッフみんなの意識を引き上げるためのアクションをこれ以上ないくらい打ち続ける。

 

 

 

そこには「本気」が必要です。

 

 

 

私の「本気」で、この壁を乗り越えてみせますよ~!

 

 

 

 

 

 

ドラフトについて書きたいくてウズウズしている植田ですが

 

ここはガマンです(笑)。

 

 

 

私のドラフト考察をご期待下さっていたコアな読者の方にはお詫び申し上げます(いないって!?)。

 

 

 

 

そういうわけで、当ブログは経営ブログです。

 

今年の4月下旬から、そうなったんです。

 

 

 

実は、私に当ブログのスタイルを変えるほど影響を与えてくれた人がいます。

 

 

 

凄い経営者です。

 

世の中に凄い経営者は、ある意味いくらでもいるでしょう。

 

 

 

しかしそれは、書籍など活字の世界の人であったり

 

ネット上の人であったり

 

はたまだ檀上の人であったりするんです。

 

 

 

しかし彼は、私の真正面であったり、隣にいたりする。

 

 

さらに、私より年下です。

 

 

 

ヴァーチャルではなく、リアルに見て直接知っているだけに影響を与えてくれるのです。

 

 

 

さらに彼は書いているブログの内容も凄い。経営について鋭く、そして深く語られている。経営者ブログはこうあるべき、という内容です。

 

そういうわけで、当ブログから阪神の話題は消えてしまった次第です(笑)。

 

 

 

 

話を聞いたり、彼のブログを読んだりしていると

 

彼はますます加速しています。

 

 

 

周りの人たちは「凄い!」と言います。

 

そして自分たちとは格が違う、という雰囲気にもなっています。

 

 

 

 

私も、もちろん凄いと思います。

 

 

しかし、それに続く感情は少し違います。

 

 

 

悔しい。

 

 

負けたくない。

 

 

 

中期ヴィジョンの一つである、他地域への進出の日付を決めました。

 

 

先日、そんな話を先ほどの彼にすると

 

 

 

「遅いんとちゃいます?」

 

 

 

またまた私のモチベーションを上げてくれる一言をいただきました^^;

 

 

 

 

あー!!悔しい~!!

 

 

 

頑張るぞ~!!

 

 

 

 

 

 

9月に始めた「日報」。

 

 

一か月以上経過しましたが、これがなかなかいい感じです。

 

昨日は9月に行ったお客様感謝祭の振り返りのミーティングをやってくれたのですが、その議事録を付けてくれていました。

 

各種の書式案を付けてくれたりすることもあります。

 

日々の入金管理表なども付けてくれています。

 

 

 

ちょっとした報告は

 

社内にいる時間の少ない私が直接聞ける時間は乏しく

 

そうなると、「ここまで報告しなくていいか~」になってしまうんですね。

 

 

 

そして私も、各種の指示、希望、相談などを書いています。

 

すると、またそれに対してアクションが起こる。

 

 

 

 

言わば交換日記みたいな状態になっていますが、思った以上に機能しています。

 

業務改善において、これまでにないスピード感が出てきているのです。

 

 

 

 

今は内勤の事務スタッフだけなのですが、これなら次なるステップも考えていけそうです!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

昨日はお得意先様の研修会にスタッフと職人さんで参加してきました。

 

 

その中で、最も強烈にインプットされた話がありました。

 

 

「能力の差は5倍、意識の差は100倍」

 

 

日本電産の永守社長のお言葉です。
恥ずかしながら、こんな名言を知りませんでした。

 

 

そして、ラーメン屋の話で見事に分かりやすく説明されているのです。

 

 

以下、コピペしたもの 

 

   ↓

 

 

東京に出張したときのことです。
取引先の担当者に、繁盛しているという
ラーメン屋に連れていってもらったことがあります。

 

外観はごく普通のラーメン屋でしたが、
私たちが店の前に立った途端、
中にいた若い店員がばーっと入り口まで走ってきて
ドアを開け、

 

「いらっしゃいませ」

 

と大きな声で挨拶をするんです。

 

そして席まで誘導してくれて、
私たちがラーメンを注文すると、
大きな声で調理場にオーダーを伝えてから、
人なつっこい顔で

 

「お客さんは関西から来られたのですか」

 

なんて話しかけてる。

 

私たちと話している間も入り口に気を配って、
客が店の前に立つと飛んでいく。

 

ラーメンはごく普通で、
味で繁盛しているというわけではないんですね。

 

つまり、他店と同程度の料金で
5倍おいしいラーメンを作ったり、
5分の1のスピードでラーメンを出すことは
まず不可能です。

 

しかし店員の意識を変えることによって、
お客の気分を100倍よくすることは
それほど難しいことではない。

 

この店が繁盛しているのは、ズバリ店員の意識の高さ、
すなわち経営者の意識の高さなんです。

 

おそらくこのラーメン屋の経営者は、
ラーメンの味にこだわる以上に
店員の意識改革にこだわっているのだと思います。

 

 

 

*****

 

 

 

素晴らしいですね…。

 

 

実は昨日、全スタッフにメールを送る日だったので早速この話をかいつまんで書いて送りました^^

 

 

意識改革。

 

 

言葉を変えれば

 

 

理念の浸透、とも言えますね。

 

理念に即した行動基準…これを明確化しなければなりません。

 

 

 

それが浸透したときに会社内に醸し出されるのが社風。

 

これによって100倍の会社になれる、という事ですね…!

 

 

 

 

我々のような中小零細企業、しかも片田舎の会社に能力のある人間は簡単に勤めてくれません。

 

しかし能力ではなく意識なんです。

 

 

この言葉は…私にとって大きな学びとなりました。

 

 

 

すなわち経営者の意識の高さ。

 

 

全ては自分。

 

 

 

心新たに…今日も頑張りますか!

 

 

 

 

 

 

この9月末決算については会計的な作業はこれからです。

 

 

実際、管理ベースでの売上着地としては

 

昨年初めて達成した大台に僅か及ばず…でした。

 

 

 

しかし、ギリギリまで迫った数字でもあります。

 

 

そして売上を上げること以上に様々な経営課題がある中で、今年度の売上数字の微減は大した問題ではありません。

 

 

 

ちょっと大口を叩かせていただくならば

 

 

営業及びマーケティングで売上を上げにいくことは、いつでもできる。

 

むしろこれまでも、普通にやってグングン伸ばしてこれたのです。

 

 

 

そして、ここまでは今の人員体制と今までの管理体制でやってこれました。

 

しかし、ここからはそうはいかないんです。

 

 

 

新しく人は入ってきても業務を進めていける仕組みと体制。

 

そして何より、採用という最も重要で困難な経営課題に取り組んでいかねばなりません。

 

 

 

言わば、今はアクセルを踏む前にエンジンと足回りの整備を徹底的にしなければいけないのです。

 

 

 

今日も、スパナやドライバーを手に

 

 

頑張ります!

 

 

 

 

 

 

先日の全体朝礼。

 

これが、とても良かった。

 

 

 

全体朝礼は、協力業者さんも含めた職人さんみんなに集まってもらって月に1回行っています。

 

 

 

開始前に私用で休む、と事前に聞いていた職人のKさんが朝礼に来てくれていました。聞けば「色んな話もあるだろうから、これだけ来ました」と、ありがたい事を言ってくれました。

 

 

 

まずは月間MVPの発表。

 

職人さんの中から月に1名MVPを選定して全体朝礼で披露し、金一封の贈呈もあります。

 

今月はYさん。スタッフの報告によるとお客様のところでお子さんから御礼の手紙をもらった、とのこと。私なども正直、子供の扱いは得意ではないのですが恐らくYさんのことですので上手く子供さんにも対応してくれたのでしょう。

 

感想を聞くと「涙出そうなくらい、嬉しかったです!」と言ってくれました。

 

 

 

続いて当社スタッフの中から、月に2名が交代で話をします。

 

まずはベテランのNさんが、先日話題に出ていた現場でのホコリ対策を披露してくれました。現場でのカイゼン事項です。小さな一歩かもしれませんが、この一歩が後々にまで残ってくれると思います。

 

 

続いてFさんが前述のMVPのYさんの話も詳しくしてくれて、職人さんの現場でのお客様対応の重要さを語ってくれました。とても想いの伝わる良い話でした。

 

 

そして、ハッピーニュース。

 

日々、当社の朝礼では「良かったこと」を報告してもらってますが、全体朝礼では協力業者の親方さんにお願いしています。

 

今回はMさんにお願いしたところ

 

「今年高卒で入社した若い二人が元気に笑顔で頑張っている姿を見るのが嬉しい。この業界も捨てたもんじゃないと感じます。」と話してくれました。

 

 

当の二人も、きっと嬉しかったと思います。これも良かった。

 

 

 

そして私の話。

 

 

先日の感謝祭の御礼を申し上げたのですが、弊社女性スタッフがアンケートに書いてくれた職人さんへの御礼も伝えました。

 

そして現場の注意事項をはさんで、期初に当たっての新しい取り組みの話。

 

 

最後に、支給品を配ります。

 

 

毎月、色々と配っているのですが、今月は現場清掃用のシリコンスプレーとウエスのセットです。「これ、ありがたいな~」なんて協力業者さんの感想なども聞く事ができてよかった。

 

 

 

 

 

施工現場の職人さんたちとの信頼関係はとても大事です。

 

 

信頼できる職人さんたちに集まってもらうためにも、会社として仕事のしやすい環境と雰囲気を作っていかねばなりません。

 

 

それを目指していくにあたり、何か手ごたえの感じる全体朝礼となり

 

朝礼終了後、何か晴れやかな気分になりました。

 

 

 

直接聞いたわけではありませんが、何か全体のモチベーションも上がって良い雰囲気になったように感じました。

 

 

 

 

全体朝礼、とても良い方向に進んでいます!

 

 

 

 

 

 

期初の空気に乗って

 

色んなことを始めています。

 

 

 

もう、思いつくがままに。

 

 

 

スタッフにしてみれば、あれこれ指示が飛んでくるので大変かもしれませんが^^;

 

 

見える化、そして仕組みづくり。

 

 

 

そもそも、考えてみれば私の得意分野でもあったはずなんですよね。

 

 

 

学生時代にやっていた塾講師アルバイトでは、教科の年間カリキュラムから教材作成、さらに担当クラスや担当学年のスケジュールやイベント計画に至るまで新しいことを次々にやっていました。

 

 

金融機関に勤めていた頃は、担当替えで膨大な事務処理の担当になったときは徹底的な省力化とシステム化で事務効率のカイゼンに明け暮れていました。

 

 

今の仕事をするようになって

 

 

当初は新しい取り組みやカイゼンを行って持ち味を発揮していたようにも思うのですが

 

 

 

ブログをはじめ、文章を書く機会が増えて、いつしか文章を書くのが得意分野となり

 

現場の場数も踏んで営業の第一線で営業トークを繰り広げ、いつしか営業が得意分野となり

 

 

 

 

元々のキャラを忘れそうになるところでした(笑)。

 

 

さらに今は昔とは違って、新しい取り組みをするのを手伝ってくれるスタッフがいます。

 

と、いうことはスピードを上げることができるのですね。

 

 

 

昔取った杵柄、なんて言葉もありました。

 

 

 

さらにギアを上げて

 

 

アクセルを踏んでみましょうかね…!

 

 

 

 

 

 

昨日は、期初の全体会議。

 

ブラッシュアップした経営方針書をスタッフに配り、約1時間経営方針を伝えました。

 

 

方針、そして体制も新たにスタートです。

 

 

 

請求書のチェックをする新たな取組も、早速スタートしました。

 

これも意義のある内容となりました。

 

 

 

 

一方、資材置場の環境整備も改めてスタート。

 

凄い量のゴミが出てきているのですが、まずは棄てる事がはじめの一歩です。

 

 

 

今はとにかく期初という空気を

 

最大限生かしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

10月より、新しい期が始まりました。

 

 

10月1日に、スタッフ宛のメール配信を臨時に行いました。

 

 

これまで年度代わり、期代わりというものは殆ど話題にもしてこなかったので

 

これも小さいですが一歩の前進です。

 

 

 

この5月に、毎週月曜日にメール配信をする事をスタートして継続していたからこそ

 

今回、臨時配信も可能だったわけです。

 

 

型があれば継続ができて、継続ができればカイゼンができる。

 

 

 

そして今期は、さらに多くの型を作っていかなければなりません。

 

 

これから組織を成長させていくためにも、組織としての型が必要です。

 

個人プレイ頼み、特に私自身の個人プレイではなく組織プレイが必要。

 

 

 

 

実はタイミングよく、先日異業種の企業さんを見学させていただきました。

 

朝礼、環境整備、そして各種の取組を生で見させていただくことのできた貴重な機会となりました。

 

 

そしてお話を伺って、経営者として必要な事を感じ取ることができました。

 

 

 

 

 

明日、経営方針書をアップデートして全体会議でスタッフに語ります。

 

 

 

ここから、だとは思うのですが

 

 

既に少しは想いが伝わっているのか、スタッフの動きも少し変わり始めているのを感じます。

 

 

 

 

これまで滞りがちだった業務をキッチリしようとしている者。

 

経営方針書に目を通そうとしている者。

 

各種の報告を積極的にしてくれている者。

 

 

 

 

いいやん。

 

みんな、頑張ってくれるやん。

 

 

 

 

俺も、もっと頑張らなあかんやん。

 

 

 

 

今期、今までと違った目標を掲げます。

 

 

そして、必ず達成したいと思います。

 

 

 

頑張りますよ!

 

 

 

 

 

 

明日香村 現場

 

平群町 現場

 

香芝市 現場調査

 

広陵町 現場

 

精華町 現場調査

 

木津川市 現場

 

大和郡山市 メンテ現場

 

 

 

 

本日も150キロを越える距離を駆けずり回りました…

 

 

と言っても、運転手をしてもらったのですが^^;

 

 

 

お陰様で、とても助かります。

 

運転してもらってると電話やメール、タブレットでの各種チェック、スケジュール確認などがスムーズです。

 

 

専属の運転手ではなくスタッフなので、各種業務の連絡や相談なども兼ねることができます。

 

 

 

私の場合プレイングマネージャーと言っても

 

 

選手を引退した谷繁兼任監督ではなく

 

今年の阪神で言わば、藤浪晋太郎のような絶対的なエースです。

 

 

 

現段階では、運転手をしてもらってでも頑張らないといけない状況です。

 

 

 

明日もまた

 

駆けずり回ります!

 

 

 

 

 

 

月曜日。

 

 

「引き籠りデー」としている日ですが、取引銀行と近場での打ち合わせのみ外出しました。

 

来期からも、外出しない事を習慣化していきます。

 

 

 

通常の現場業務も多く処理せねばなりませんし、電話も結構な数がかかってきます。

 

しかし、そんな対応だけをしていては何のための引き籠りか分からない。

 

 

 

本来の目的は、やはりマネジメント。

 

例え少しでも…の思いをもって現場の計数管理システムの改善をスタッフと話しました。

 

 

 

このあたりの分野は、まだまだ整備の必要があります。

 

エクセルでの管理なので自由に作れるのですが、逆に言うと全てを作っていかねばなりません。

 

 

まだまだ…なんだろうと思います。

 

 

 

 

 

そして何より、その情報の共有が必要です。

 

私にせよスタッフにせよ、もっと「見える化」をしていかねばなりません。

 

 

 

先日、クラウドの活用について経営者仲間に相談していたら、「サイボウズ、っていう無料のあるから使ってみたら?」と薦められ、目下色々と試しているところです。

 

 

 

普段から現場を中心に動くため、営業・現場スタッフは顔を合わせる機会が少ない会社ですから、こういったツールを大いに活用すべきなのかも知れません。

 

 

 

 

そして月曜日は恒例の会議があります。

 

工程調整、そしてスケジュール確認、連絡事項の伝達。

 

 

さらに最終月曜日は「豆知識勉強会」と題して、スタッフ間で直近の現場での学びを報告しあいます。

 

 

 

 

この会議のあり方も、来期さらに新しい取り組みをする予定です。

 

 

 

さらに、内容の濃い月曜日にしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

もうすぐ9月が終わります。

 

 

弊社は9月決算ですので、大きな区切りの月となります。

 

 

以前、私が金融機関に勤めていたときは決算及び中間決算というと、とんでもなく大きな節目でした。

 

 

営業店にいたころは期末の数字の追い込みに明け暮れ

 

本部にいたころは決算に関わるおびただしい事務処理及び報告書作成に明け暮れていました。

 

 

 

それに対して自社の決算というと

 

 

業務の特性上、数字と言っても急に積み上げられるようなものではありませんし

 

事務処理も当日にしなければならないような事は特になく

 

 

ただただ、静かに過ぎていました。

 

 

 

私がそんな感じでしたから、スタッフになると更に意識が薄かったのではと思います。

 

 

 

 

しかし

 

 

この「年度がわり」も大きなチャンスなんですよね。

 

 

お正月明けの年始には年頭訓示も行い、気持ち新たになるものですが

 

この決算期というのも気持ち新たにするタイミングにしなければならなかったんです。

 

 

 

 

新たな取組をスタートする大きなきっかけになるんです。

 

 

 

来期は数字の管理に取り組みます。

 

 

これまで追いついていなかった部分です。

 

 

私一人じゃない弊社が、これから成長していくためには絶対に必要なことです。

 

 

 

 

新しい年、ワクワクで頑張りたいと思います!

 

 

 

 

 

 

51R5bCM4cuL__SX339_BO1,204,203,200_

 

 

 

こんな本を買って読みました。

 

 

ビジネス書は教科書的な本より、こんな実際の話の方が心を揺さぶられていいんです。

 

 

 

 

著者は私と同じ年齢で、ほぼ同時期に社長になられました。

 

父親である前社長が倒れて突然の社長就任という状況も私と同じ。

 

 

 

 

なのに

 

 

 

どれだけ差を付けられてしまっているんだろう…と思うと

 

自分が重ねてきた10年の月日に後悔の念も沸き起こります。

 

 

 

 

しかし、この結果は私にとって必然でした。

 

 

そう、自分が重ねてきた通りの結果になっているんです。

 

 

自分がやりたい事、得意な事ばかりに傾注して、目を背けてきたことが沢山あったのです。

 

 

 

33歳で社長になり、誰からも「若い」と評されました。

 

若さゆえに、部分的な成功をもてはやされていた事もあったと思います。

 

 

 

しかし43歳になって周りを振り返ると

 

同年代、そして年下の経営者にもっともっと凄い人が幾らでもいるんです。

 

 

 

 

嗚呼、俺はいったい11年間何をやっていたんだろう…

 

 

 

 

悔しさを胸に、頑張れる。

 

 

 

この本を読んでよかった。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

9月20日、21日の二日間にわたり、お客様感謝祭を行いました!

 

 

IMG_0218

 

 

た~くさんのお客様にお越しいただき、本当にありがとうございました!

 

 

 

この感謝祭、なんと2006年に初めて開催して何と今年が10年目です~!

 

 

 

思い起こせば…というスタートから

 

色んなブラッシュアップを経てきました…!

 

 

 

毎年9月に行う、と決めて継続してきました。

 

10年間継続してきたからこそ、辿りついた今があります。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0213

 

 

フードコーナーは、今年からポップコーンに変えて「たこせん」を導入。ポップコーンはマシンのトラブルもあってバタバタする要因になっていたという事で変えたのですが、なかなか好評だったようで運営もスムーズでした。

 

 

 

 

IMG_0188

 

 

紙ヒコーキ大会です。これは結構、楽しみにしてくださっているお客様も多く、盛り上がっています。実は私が考えたオリジナル企画です

 

 

 

IMG_0234

 

 

おかしつり、です。昨年まで「おかしのつかみ取り」だったのですが、数の読みが難しく大変、とのことでブラッシュアップしました。小さい子供さん向けですが、なかなかいい雰囲気になります。

 

 

 

 

IMG_0196

 

 

 

こちらも今年ブラッシュアップしたゲームコーナー「輪ゴムDE射的」。
大人でも結構燃える要素を入れてみました。

 

 

 

 

IMG_0254

 

 

 

こちらは脈々と続いている「ガレージセール・レンガのつかみ取り」。一度に持ちあげられるだけお持ち帰りいただけます。早いもの勝ちのため、このイベントを目指して凄い行列ができるというキラーコンテンツ(!?)です。

 

 

 

 

IMG_0224

 

 

 

今年もご参加いただいたお客様、ありがとうございました!

 

 

 

 

このイベントは、お客様との長いお付き合いを願う意味も込めた経営理念「継続が幸福を導く」を体現する意味でも、とても重要な位置づけとしています。

 

 

これからも形態が変わることがあっても、必ず継続していきます。

 

 

来年もブラッシュアップされた感謝祭を、どうぞお楽しみに~!!
 

 

 

このところ私はスタッフに運転手をお願いして同行することが多いのですが

 

もちろん、移動中に色々な話をすることになります。

 

 

 

OB施主様の元へ行く道中だったので

 

「OBのお客さんとの継続取引っていうのは、本当にありがたいものやな。それに、OBのお客さんは別なお客さんを紹介してくれたりもする。これも、メッチャありがたいよな。だから、商売としてこの部分で伸ばしていくのは素晴らしい営業戦略になる訳やけど、この戦略には大きな弱点があるねん。何やと思う?」

 

 

こんな問いかけをしてみます。

 

 

スタッフ「うーん、波があることですかね?」

 

 

私「うん、半分くらいは当たってるかな。でも、その波っていうのは数が増えれば小さくなっていくものやねん。じゃ、祖想像してみ、今のOB施主さんのリピート取引って年間〇千万円くらいやねんけど、これを1億円にするのを目標にして、いつ達成できると思う?」

 

 

スタッフ「え…、そうか、時間がかかるんですね!」

 

 

私「そう。この営業戦略の最大の弱点はスピードが遅いことやねん。1億行こうと思ったら、今のお客さんの数は倍以上必要になるねん。」

 

 

スタッフ「え、そんなに…!」

 

 

 

私「だから、数を増やすためにも今のウチのビジネスモデルは有効やねん。それと、そのスピードを人為的に上げるためにニュースレターを毎月送ってるっていう事やで。」

 

 

 

スタッフ「ええ!?そうだったんですか!?いや、社長は新聞を作ったりするのが好きなんかな、と思ってました(笑)」

 

 

 

私「そんな訳ないやろ!(笑)」

 

 

 

 

 

こんな具合に経営方針などもとりまぜながら…

 

時に電話で仕事をしている様を見てもらいながら…

 

ガッツリと時間を共有することにも意義があるわけです(時々ウトウトもしてますが(笑))。

 

 

 

 

今日も別のスタッフの同行を予定。

 

 

充実した時間になるよう、頑張ります!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

こんな本を読んでみました。

 

 

IMG_0868

 

本というか、マンガの部分が大半なんですけどね^^;

 

マンガがあって、その後に数ページの文章があります。

 

 

ある経営者の方から「7つの習慣」という本の話は以前から聞いていました。

 

良い影響を受けた、という事だったので興味はあったのですが、わざわざ買うにまで至らずでした。

 

 

 

しかし、ある日何と家内がこの本を買ってきたというのです!

 

 

 

なんというナイスタイミング!

 

 

 

と、いうわけで早速読んでみました。

 

もちろん、マンガのところばかりを先に読みましたが(笑)。

 

 

 

 

 

「7つの習慣」

 

 

まずは、頭に叩き込むためにもここで書き連ねさせていただきます。

 

① 主体的である
② 終わりを思い描くことから始める
③ 最優先事項を優先する
④ Win-Winを考える
⑤ まず理解に徹し、そして理解される
⑥ シナジーを創りだす
⑦ 刃を研ぐ

 

 

 

 

まだまだ全てが腹に落ちたわけではありませんが、とても考えさせられる内容です。

 

とりあえず、マンガ以外のところも、しっかり読みます(笑)。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

さて、実は植田は山梨へ行っておりました。

 

 

「セイゼンコウ」へ参加するため、です。

 

中小企業家同友会主催「青年経営者全国交流会」が、今年は山梨は・甲府で開催されたのです。

 

 

 

同友会については、このブログでも少し触れてきました。

 

昨年の「セイゼンコウ」はほとんど付き合い程度からの参加だったのですが、以降同友会でのご縁に恵まれて様々な機会がありました。

 

 

色々な意味で、学びと気づき、そして刺激の多い場です。

 

 

 

 

その場での学びに加えて

 

 

同じ経営者でもある友人と二人で車で行ったのですが、道中の時間もあったので余計に経営に関して考える時間がじっくりと取れました。

 

 

 

結果

 

 

 

やるべきことが、よりハッキリと見えてきました。

 

大事な心構えを学ぶことができました。

 

すぐにパクれるネタも拾ってきました。

 

考えていた方向性が正しいであろう事も確認できました。

 

 

 

とても有意義な時間になりました。

 

 

 

 

経営について考える時間、そもそもこれが大事なんですね…!

 

 

実践報告も、当ブログで書いていきたいと思います。

 

ブログを書く時間、というのも実は大きな効用があるんです。

 

 

 

今日はこれからプレイヤーとして夜まで走りますが

 

夜にマネージャーとして仕事をするのがワクワクするほど楽しみです!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

実は3カ月ほど前に、経営者仲間の話を聞いて「あ、これいいな。パクらせてもらおう。」と思っていたことがあったのですが、ようやく形になりました。

 

 

「日報」

 

 

 

です。

 

とりあえず、こんな感じです。

 

IMG_0867

 

昔、私が金融機関に勤めていたときの「渉外日報」なるものが余りに形式的でかつ手間がかかるものであったため、これまで自社では取り組んできていなかったのです。

 

しかし、このパクらせてもらった日報の良いところは社長とスタッフのキャッチボールのみならずスタッフ間で情報や思いを共有できるところです。

 

実際、同じ社内にいても何をしているのかよくわからない…というような声も聞こえていました。

 

この日報は、みんなで一枚のシートに書いてみんなに回覧します。そこに私のコメントをつけていきます。

 

 

日々の業務報告、相談や質問等を書いてもらうようにお願いしました。

 

 

 

そして

 

「良かったこと、嬉しかったことは積極的に記入してください。」

 

これが大事なんです!

 

 

 

早速、書いてくれました。

 

嬉しかった事を読むと、「ああ、そうなんや、良かったな~(^^)」という感じでこちらも嬉しくなります。

 

 

それと、忙しそうにしている私をわざわざ捕まえて報告するよりも、こういった形の方がちょっとした報告をしやすいんだとうな、と改めて感じました。

 

 

 

良い感じです。

 

嬉しかったことを共有するって、いいものです。

 

職人さんの朝礼で「昨日の現場のハッピーニュース」なんていうのもやっていますが、これも凄くいい。

 

 

 

いずれも、実は経営者の仲間の話からパクらせてもらったものですが(^^)

 

 

 

 

もう一つ、受け売りの話。

 

 

TTP です。流行りのTPPではありません。

 

「徹底的にパクる」

 

です。

 

 

経営者の世界では結構定着(!?)しているそうです。

 

TTPが経営改善の近道だ、ということです。

 

 

パクるという言葉ではなく真似る、と言われたりもしますが(^^)

 

 

 

 

様々なところに成功事例があり、学びと気づきがあります。

 

これからも徹底的にパクらせてもらって頑張ります!

 

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

さて、昨日は内勤朝礼を行いました。

 

 

これは、今年作った「型」です。

 

年頭訓示でスタッフに宣言、説明して1月からスタートしました。

 

 

 

毎月1回、第一月曜日開催。

 

こう決めてしまえば、必ずやることになります。

 

日時を宣言してしまうのが、まず第一歩。

 

 

 

そしてもちろん、手帳に予定を書き込みます。

 

 

 

まず、やる。

 

 

そして続ける。

 

 

内容は、後からついてくるのでもいいんです。

 

 

 

正直、内容はまだまだだと思っています。

 

まだまだブラッシュアップがかかっていません。

 

 

 

今、型を作ろうとしているのが

 

 

朝礼後の展示場清掃

 

 

展示場の整備・清掃は試行錯誤を続けてきていますが、まだまだ型ができていません。
内勤朝礼という場に持ち込むことによって、ルーチン化していきたいと思います。

 

 

 

そして今月から始めた

 

 

経営方針書の読み合わせ

 

年3回配布している経営方針書から一部をピックアップして読み合わせをする事にしました。これで毎月経営方針書に触れることになります。

 

 

 

しかし、まだまだこれからですね。

 

これからさらに、内勤スタッフみんなに主体者になってもらわなければなりません。

 

会社の数字についても取り入れていきたいと思います。

 

 

 

決算期を迎える、というのも一つのタイミング。

 

更なるブラッシュアップを図ります!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

この5月からスタッフ宛に毎週月曜日にメール配信をしています。

 

 

このメールを書くのは日曜日の仕事になっています。

 

 

 

今日送るものはフライングになるので書きませんが

 

先週はお客様からもらった御礼の電話の事を書きました。職人さんが現場で一工夫してくれたことに感動してお電話くださった話でした。

 

先々週はグループ総会で話したことを反芻する内容を書きました。どうしても欠席となってしまうママさんスタッフもいるので、彼女たちに向けてという意味合いも込めました。

 

その前は夏の思い出話。2010年の強烈な暑さの中での仕事の思い出(2010年夏頃のブログをお読みいただけるとわかります!)。そしてお盆休み期間設定の経緯についてなど。

 

さらにその前は、東京日帰り出張の話。お得先様と一緒にある大きな植栽計画に向けての視察ツアーに行った話。

 

 

 

なんてことのない内容だったりするのですが、ブログでは書けないリアルな内容もありますし

 

何かが伝わってくれれば、と思って書いています。

 

 

 

 

そしてもちろん、最後は同じ話になりますが(笑)

 

 

これも継続するのです…!

 

 

「継続が幸福を導く」

 

 

今日も頑張ります。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

さて、ブログが滞っている感もありますが

 

ここは、しれっと再開するのみです(笑)。

 

 

 

弊社は9月決算です。

 

過去最高の昨年に少し及ばないペースですが、手ごたえのある売上で推移してまいりました。

 

 

 

実は私は悲願でもあった売上目標を達成した際に、次なる目標は現状維持に設定しました。

 

 

さらに言うと

 

30周年を迎えた際に感じたこととして

 

「目先の目標にとらわれず、これからの30年の継続を一番に考えよう」

 

と思い、売上数字にこだわっていませんでした。

 

 

 

 

結論的には、経営者として短期も長期も数字を作ることに責任があるということだと思いますし

 

数字に対する意識が不足しているのかもしれません。

 

 

 

しかし、さらに重要な経常利益。

 

 

そもそも、経常利益を生み出すビジネスモデル。

 

 

この部分をもっと追究することが、現在何より必要なことになっています。

 

 

 

あらゆる点での計数管理。

 

 

 

そして、その情報を社内で共有すること。

 

 

 

これまで全然取り組めていなかった部分です。

 

 

 

期が替わる、というのは一つのタイミングでありチャンスです。

 

 

来期はこの部分に真正面から取り組んでいきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

昨日は施工店会議の日。

 

8月の施工店会議では、懇親会をするのが恒例になっています。

 

 

 

協力業者の親方職人さんと飲み、そして語る。

 

もちろん私だけでなくスタッフ皆が語る。

 

 

 

全体の忘年会もあるのですが、このメンバーで行う施工店会議として行う意義があります。

 

 

 

この懇親会を初めて行ったのが2011年。

 

 

この年、初めてスローガンというものを掲げました。

 

 

掲げたスローガンは「全員一丸」。

 

スローガンというのは決して具体的ではなく、ホワッとした合言葉のようなものです。

 

 

 

ただ、この時に「スローガンが全員一丸やし、いっちょ懇親会やるか~!!」っと思い立って始めたんですね。

 

スローガン、悪くない。行動が後押しされるんです。この事だけで、この年にスローガンを掲げた意味があった。

 

 

 

そこから始まったスローガン、毎年続いています。

 

そして、この懇親会も続いています。

 

 

 

そこに「型」があるから続くんです。

 

 

「型」とは、やり方の定まったことを日時を決めてコミットしてしまう事です。

 

 

そうすると継続できるんです。

 

 

 

そして、継続していくと

 

ブラッシュアップがかかる。

 

 

 

ちなみに今回はすき焼きを食べつつも、現場パトロールの講評をするという事を試みました。

 

言わばこれがブラッシュアップ。ただ単なる飲み会ではなく会の価値が上がりました。

 

そして、これで型ができました。おそらくは来年も継続できていくことでしょう。

 

 

 

 

今回のは別に大した内容じゃないですが、全てをこのように考えて私は会社を磨き上げていっています。

 

 

 

 

「型」を作ってブラッシュアップする。

 

経営理念「継続が幸福を導く」のキモの部分です。

 

 

 

 

最近、こればっかり言ってますね(^^)

 

 

いいんです。

 

なんたって、経営理念ですから!

 

 

 

 

 

 

8月21日、弊社のグループ総会を行いました。

 

 

 

グループ、というのは

 

弊社が法人2社あるという事もありますが(事実上は一身同体)

 

加えて協力業者会である「わかば会」のメンバーも集まってもらっての会なのです。

 

 

 

とある会場を借りて、約50名での開催です。

 

 

 

協力業者、というのは

 

 

ほぼ職人さんです。

 

 

この職人さんたちは、弊社の専属で現場を回ってもらっている人が大半であり

 

私にとっては完全に社員に等しい存在なのです。

 

 

 

ですから

 

 

弊社のスタッフや直属の職人さんたちのみならず

 

わかば会メンバーに伝えたいことがたくさんあるんです。

 

 

 

経営理念を軸として

 

会社の経営方針にかかわること。

 

約1時間が私の話です。

 

 

 

そして、年間表彰と社内コンテスト表彰。

 

続いてスタッフ3人が違った角度から話をしてくれました。

 

 

 

このグループ総会は4年前から毎年8月の盆明けにすると決めて、年初にスケジュールも決めてしまいます。

 

 

 

夏はグループ総会。

 

風物詩のように定着させていきたいと思います。

 

 

 

 

弊社の従業員さんは26人ですが

 

この協力業者会を含めた50人ちょっとのメンバーこそ、私が守るべき存在です。

 

 

 

ご縁が続くことを願っています…!

 

 

 

 

 

 

当社では、工程会議を行っています。

 

 

営業・現場スタッフ間で職人さんの動きをすりあわせするのが大きな目的で、これは私の就任以前から続けられている型に沿って行っています。

 

 

工程のすりあわせ終了後、私から行事等予定の確認や連絡事項を伝えたりしています。

 

 

 

そこに、2011年から最終週に「豆知識勉強会」をするようになりました。

 

大掛かりな勉強会ではなく、直近の現場報告や調べたり問い合わせたりして学んだことを全員が何かを報告するという会です。

 

もう丸4年続いています。

 

 

 

そしてこの8月。

 

第3週の会議に「経営方針書」を持ち寄って読み合わせをする時間を取ることにしました。

 

「経営方針書」は私が年頭訓示に配布したのが始まりで、ここ数年は全体会議のときにもアップデートして配布し続けています。

 

 

これを私からの一方通行だけではなく、ディスカッション形式も絡めて読み合わせる時間にしていこうと思い、先日初めて行いました。

 

 

これで「会議」という場と「経営方針書」という書類がブラッシュアップされたことになります。

 

 

いずれも場と書類という「型」を作って継続してきたからこそブラッシュアップをかけることができるのです。

 

 

 

 

経営理念は「継続が幸福を導く」です。

 

 

 

続けるほどに磨き上げられるのですね。

 

 

 

 

第3週 経営方針書の読み合わせ 

 

 

最終週 豆知識勉強会

 

 

 

そして実は第1週に、やろうと思っていることがあります。

 

ブログ宣言しますが、10月には必ず始めます。

 

何をやるのか、また始まったらここでも書くようにしますね。

 

 

 

 

他にもやるべき事が山積みですが、未来のために絶対にやっていきます。

 

 

明日はグループ総会。

 

 

頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

お盆休みも今日で終了。

 

 

と、言っても完全な休みはなくて

 

今年は雨が降ってくれて水遣りは少し助かったのですけど

 

 

 

打ち合わせが1日1件づつ入ったりしまして^^;

 

私にとっては、例年以上にお盆休みらしからぬ期間となりました。

 

 

 

 

さて、仕切り直しのお盆休み明け。

 

 

9月の決算期をにらんで考えている事もあったのですけど

 

ここは少々前倒しにしていく必要性も感じているところです。

 

 

 

乗り越えなければならない壁がトンデモなく多く、そして高く感じます。

 

 

しかし、絶対に越えてみせる。

 

 

 

明日からも頑張ります!

 

 

 

 

 

 

さて、お盆休みも

 

日々お打合せの機会をいただいたり

 

水遣りにきたりしつつ過ぎております…。

 

 

 

 

お盆と言えば

 

 

祖先の霊が戻ってくる、とされています。

 

 

私の場合は、お盆の間は自宅の仏壇に父が戻ってきている、という事になっています。

 

 

 

仏壇に手を合わせながら、亡き父の事も思い出したりしました。

 

今日は少しだけ父の話をいたしましょう…。

 

 

 

 

とは言え、実は私は父と机を並べて仕事をしたことがありません。

 

 

私が金融機関で勤めていた時に父に胃ガンが発見され、手術しても難しいという状況の中で急遽私は金融機関を退職して家業に転じたのでした。

 

 

仕事の引き継ぎ、と言っても病院のベッドサイドていくらかのレクチャーを受けた程度でした。

 

1日だけ2、3の現場を一緒に車に乗ってまわりました。

 

 

手術後は仕事の話は何一つできなくなりました。

 

 

手術の半年後、父は亡くなりました。

 

 

 

ですから私は家族としての父しか知らないのです。

 

 

家族としての父は、やたらと心配性で私や姉の事となると、何かと心配しては関わってくれる人でした。

 

もちろん仕事は間違いなく忙しかったと思います。積極的に色んなところへ連れていってもらった記憶は乏しいのですが、家族旅行の思い出は残っています。

 

 

 

 

私は今、父が残した会社を引き継いで11年になろうとしています。

 

11年前は訳も解らずもがき苦しみもしましたが、「いつかきっと…!」という強い希望に燃えていました。

 

 

 

齢を重ねて経営者としてキャリアを積んだ今、経営者としての父の偉大さが身に染みています。

 

 

 

私が11年かけてできたこと。

 

父が30年の中で作り上げたもの。

 

 

振り返って考えてみると、全然及びもついていないのですね…。

 

改めて、すごい人だったな、という尊敬。

 

 

 

そして子供を育てる親となって、こちらも身に染みました。

 

何一つ不自由なく育ててもらった事への感謝。

 

それが、いかに凄いことであったか、ということが今になって理解できるのです。

 

 

 

 

感謝と尊敬。

 

 

 

 

亡き父の事を思うと、ただただこの思いです。

 

 

 

 

11年では追いつくことはできませんでした。

 

私も残りの年数を考えねばならない齢となってしまいましたが、残された時間で挑戦したいと思います。

 

 

 

 

親父、見ててくれよ…。

 

 

 

 

 

 

ちなみに弊社は今日までが通常業務です。

 

明日よりお盆休みに入ります。

 

 

 

ちなみに私は、ほぼ毎日朝は出勤する予定。

 

 

店内の水遣りをしに来ます。

 

普段はお願いしているこの仕事もお盆ばかりは私の仕事です。

 

 

そして打ち合わせの予定や役所の関係業務などがチョコチョコと入っています。

 

 

 

 

住宅関連の方々や、役所はお盆休み関係なしだったりしますからね~。

 

 

 

会社としてはお盆と正月が長期休暇なのですけど

 

私のお盆休みは半分くらいのイメージかな。

 

 

 

 

いつもと違った空気の中

 

 

一人ですが、頑張りまーす!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

日々、色んなことはありますが

 

やる気はみなぎっております…!

 

 

 

 

昨日書いた、社員面談の効果というものが

 

実は自分のモチベーション維持にもなるんですね。

 

 

 

 

スタッフみんな、それぞれに一生懸命前向きに取り組んでくれています。

 

 

そりゃあ、至らないこと多々ありますよ。

 

 

 

でもみんなが、変わらず頑張ってくれる。

 

経営者として、こんなに嬉しいことはありません。

 

 

 

それを感じる事ができるからこそ、社員面談は私にとっても凄く大事な時間だと感じます。

 

 

 

 

正直な話、今年の1月に久方ぶりに一人の退職者を出してしまいました。

 

私にとって、本当に辛く残念なことでした。

 

 

 

出会いと別れは経営者の宿命でもあります。

 

しかし、少なくとも今のスタッフメンバーから退職者は絶対に出したくない。

 

 

全ての責任は私です。

 

全ては私の器です。

 

 

 

皆に幸福を導くことが私の人生におけるミッションです。

 

 

 

ですから、日々何があっても頑張れるんです…!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

目下

 

 

スタッフの個人面談を進めています。

 

 

今のところ、夏・冬と一人あたり2回。

 

実は、来年は春にも行って3回にしたいと思っているところです。

 

 

 

スタッフとのコミュニケーションの回数は多いほどいいですね。

 

特に弊社のような会社では私をはじめ営業・現場スタッフが日中ほとんど出ずっぱりになるため、意識的に時間を確保しないと顔さえ合わさないことにもなってしまいます。

 

 

会議、そして朝礼という場でも様々なコミュニケーションがあります。

 

 

そして、5月に始めた毎週月曜日のメール配信も継続中です。こちらは毎週の事ですから内容は軽めに色んな事を発信しています。

 

 

明日も発信するのですが、今回は夏とお盆休みにかかわる思い出話です。

 

なんて事のない話なのですが、少しでもスタッフのベクトルを合わせる一助になってくれれば、と思って書いています。

 

 

 

まだまだ、できる事がありますね。

 

そう言えば先日、あるところでヒントをもらってきた事がありました。これをお盆明けに実行しましょうかね…。

 

 

 

コミュニケーション、大事です。

 

 

 

 

 

 

本日は全体朝礼の日。

 

 

 

あるお得意先様から我々協力業者へ送っていただいたメッセージを読み上げさせていただきました。

 

その内容も、とても大事な事でしっかりと全員で共有したのですが

 

その取組に大いに学ばせていただきました…!

 

 

 

 

住宅関連のお仕事をさせていただいていると

 

我々外構エクステリアのみならず、本当に色々な事があると感じます。

 

 

 

元請けとなる住宅系の会社さんのご苦労となると、本当に大変です。

 

住宅となると、それこそ20以上の専門業者が出ては入る現場ですし、元請さんの現場監督がずっと現場にいられるわけではありません。

 

さらに実際現場に入るのは専門業者の二次下請け等の職人さんだったりします。

 

そんな現場の管理ですから、なかなか伝わらない部分があると思います。

 

 

 

しかし、伝えないといけない。

 

 

 

実際、住宅系の会社さんは色んな取組をされています。

 

毎月一回協力業者さんを集める会社さんは多くありますし、代表者のみならず職人さんも集める機会もあります。

 

 

ただそれも、想いを込めなければ単なる形式的な集まりになってしまいます。

 

 

そんな中で、今回の手紙。

 

現場で起こった二つの話だったのですが、何か想いの伝わる内容でした。

 

 

 

受け取る側次第なのかも知れませんが、私は文章というものは伝わるものだと思っています。

 

メールをはじめとしたWEBは便利なので、使いやすいです。

 

 

 

しかし、敢えて紙媒体というものゆえに伝わるものがあるんだな、と感じました。

 

 

 

紙媒体での発信、私も考えてみます!

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 ↓

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

先日、高校生が会社見学に来てくれました!

 

 

高卒求人というのはスケジュールや各種の制約が多く

 

就職しようとする高校生も、なかなか大変だなあと感じることも多いです。

 

 

求人票を見ることができるのは7月から。それも、正規のハローワークを通した求人に対する応募しか学校を通した応募ができません。

 

 

そして今の夏休みの期間に職場見学なるものをする制度になっているのです。

 

 

ですから、こちらもその制度に合わせて職場見学のの受け入れをします。全て、学校の先生を通して連絡が入ります。

 

 

この場は面接ではありませんので、採用に関わるような質問をしてはいけない事になっています。

 

 

そう言われても、難しいですね~^^;

 

喋りにくくて仕方がありません。

 

 

ともあれ、現場を幾つか見て回りました。

 

いくらかのイメージをしてもらえたかと思います。

 

 

今年の春入社した新人たちの入っている現場にも連れていきました。

 

今年の新人二人、本当に良い感じで頑張ってくれていてベテランの職人さんたちから凄く可愛がられているんです。

 

 

この流れを、しっかりと続けていかないと。

 

これからの未来を作る大事な動きです。

 

 

 

実際の応募は9月、そして面接の解禁日が9月中旬です。

 

ちなみに解禁日時点では、高校生は一人一社しか応募できない仕組みになっています。

 

 

 

一人でも多くの応募があってほしいと思います。

 

 

未来のために…。

 

 

 

 

 

 

8月です。夏です。

 

暑いのは苦手な植田ですが、夏って何か嬉しい気分になります。

 

 

 

そんな今年の夏も、既に予定が目白押しです。

 

 

 

会社行事としての年に一度のグループ総会をはじめ、四半期開催のパトロール及び会議も重なっています。

 

社員面談も進めています。

 

各方面との皆様とお会いする予定も入っています。

 

そして、夏休みならではのプライベートの予定もあり。

 

 

 

お盆休みを挟んで、手帳に記載されている予定が一杯です。

 

 

 

この夏も、アッと言う間に終わるんだろうな…。

 

 

 

今、この瞬間を一生懸命頑張るのは良いんですけど

 

人生で残された時間は限られています。

 

ますます、時間の使い方について考えねばならないと感じます。

 

 

 

 

手帳を見つつ

 

 

そんな事を感じる夏の日です…。

 

 

 

 

 

 

8月1日

 

 

「中小企業家同友会第12回近畿圏青年部合同例会」が行われました。

 

 

この日に学んだこと、そして頂いた人の御縁。

 

 

 

それらも沢山あるのですが

 

その運営側の一員としてやり遂げた半年間の学びと人の御縁。

 

 

 

まちがいなく私の経営者人生のターニングポイントでした。

 

 

 

そして今は「祭りのあと」

 

何か静かになった気持ちを楽しんでいます。

 

 

 

関わらせていただいた各方面の皆様、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

ここで、もう一度コミットします。

 

 

社内組織の変更と仕組づくり  27年12月

 

社長がプレイヤーから卒業   28年9月

 

 

期日付でコミットすることによって、自分のみならず周りに約束してプレッシャーをかけます。

 

 

 

このいずれもが、これから30年継続しうる会社を作るために絶対に必要なことなのです。

 

特に私がプレイヤーから卒業することにより、一時的な売上のマイナスが起こることはありえます。

 

 

 

仮にそんな事があったとしても成り立ちうる仕組みを作りあげるのが一つ目の目的でもあります。

 

 

この二つの約束は、果たすことができれば会社に大きなプラスとなる楽しい約束でもあるんです。

 

 

 

だから、絶対にできる。

 

 

 

今日も頑張ります。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

日々、色々な学びがあります。

 

まわりで起こることが、実は経営につながる学びがある。

 

 

 

最近、そのように考える経営者仲間に恵まれ

 

私の中でも、そういう思考が働くようになってきました。

 

 

 

そして、改めて学んだこと。

 

 

リーダーが熱くなれば、組織も熱くなる。

 

 

そういう事なんですね。

 

 

 

 

頑張っているリーダーのためにも頑張る、そんなチームになっていくんです。

 

 

 

熱く、頑張ります。

 

それがきっとスタッフにも伝わるんです。

 

 

 

よし、やるぞ。

 

 

 

 

 

これが採用サイトだ!

 

 

recruit_sub

 

 

 

 

 

 

本日は社内コンテストを行いました。

 

 

私を含めた担当者6人が、直近一年間で一番の自信作を出して他のスタッフも含めたスタッフの投票により優秀作品が決まります。ちなみに自分の作品に投票することはできません。

 

今年が4回目です。

 

 

実は昨年は私が最優秀賞を獲ったのですが、今年は惜しくも2位…

 

 

って

 

 

今日はそんな事はどうでもいいんです!!

 

 

社内コンテストの資料を用意してくれたスタッフが

 

資料、そして運営に関しても素晴らしいブラッシュアップをしてくれたのです!

 

 

パワーポイントを使った資料、しかも音楽付という粋な演出のものを準備してくれていました。そして開票の段取りも改善してくれていました。

 

 

 

まさに「継続が幸福を導く」という経営理念のキモとも言える行動です。

 

そして今年掲げるスローガンは「改善実行」

 

 

継続の中で昨年と同じでいいか、ではなく改善を積み上げるという手法。私はずっとこの事をスタッフに伝え続けてきました。

 

 

そして今回、私は「また資料の用意頼むわ~」と依頼しただけなんです。

 

スタッフは自身で考えてブラッシュアップしてくれたのです。改善を実行してくれたのです。

 

 

内容自体は小さなことかも知れませんが

 

 

私にとって、こんなに嬉しい事はありません…!!

 

 

 

社内コンテスト、継続してきて良かった。

 

そして来年またブラッシュアップしよう。

 

再来年はもう一段ブラッシュアップしよう。

 

 

 

それがリーフユニティ流。

 

 

 

継続が幸福を導くのです…!

 

 

 

 

 

 

先日は、島根に行ってまいりました。

 

 

旅行ではありませんよ~!

 

 

 

 

中小企業家同友会・中四国ブロック青年部合同例会への参加のためです!

 

 

 

先日、奈良の青年部で私が報告したという話をブログに書きましたが

 

それの拡大版のような会です。

 

 

中国・四国地方の各県が合同で設営・運営をされての場です。

 

奈良の仲間とともに参加してまいりました。

 

 

 

正直、私より一歩先を行かれている方の報告を聞きまして

 

大きな学びを持って帰ってきたところです。

 

 

 

経営指針の策定と社員さんへの浸透。

 

 

当社の場合、「経営方針書」というものを作って配っており、年3回私が説明する場を設けています。

 

当初は年頭訓示のみだったのですが、それを年3回に増やして伝え続けています。

 

まだまだ足りないと思い、5月に始めたスタッフ宛のメール配信にて理念や方針についても時折触れる機会を作りました。

 

 

しかし

 

 

要は全然足りないんですね。

 

それと、内容のブラッシュアップも必要だとわかりました。

 

 

早速、毎月1回経営方針について時間を共有する事を決定して本日もメール配信でスタッフに伝えました。

 

 

しかし、機会の問題だけではなく必要なのが

 

 

 

 

私自身の「本気度」。

 

そして、自分自身が経営指針に込めた「約束を守る」という行動。

 

 

そしてそれが、業績に結び付くロジックがあるということ。

 

 

今の私にとって最も必要な内容だ、と感じて聞いておりました。

 

 

 

時間と費用もかけて島根まで行って学んできたことです。

 

 

絶対に良い会社にすることによって投資を回収したいと思います。

 

 

頑張ります!

 

 

 

 

http://leafunity.com/recruit/

 

   ↑

 

採用サイトできました。ぜひご覧を!

 

 

 

 

 

 

いよいよ、採用関連サイトのアップがスタンバイするところまできました。

 

 

 

これからの30年間を継続しうる会社を作るためには

 

 

人材の確保と育成が絶対的に必要となります。

 

 

 

 

こう書くと簡単ですが

 

これがトンデモナイ難易度の経営課題なんですね。

 

 

 

営業上のライバルは同業者です。

 

我々の業界においては弊社のような規模でも業界大手的な位置づけになってしまいますので、ライバル社と言っても限られてきます。

 

 

 

しかし、採用の世界ではそうではない。

 

優秀な人材を他業界のそうそうたる会社と取り合いすることになるんですね。

 

 

そして今、有効求人倍率はバブル直後期なみにまで上がっている状況。

 

 

つまり、全業界で人を採用しようとして求人が溢れかえり

 

対して求職者の数はドンドン減ってきているわけです。

 

 

 

すると、何が起こるか。

 

 

零細企業が求人募集しても、全く反響がなく誰も応募すらしてくれない。

 

 

 

そりゃ、当然です。

 

誰だって、名前が通って条件の良さそうな会社に就職しようとします。

 

 

リクナビネクスト、という中途採用の有名な採用サイトがありますが

 

見てみると、全国的な会社やら地元でも有名な会社やらがこぞって募集しています。

 

 

そんなところに、ポロッと我々のような会社が求人を出して

 

例えば未経験の人が、敢えて弊社を選ぶなんて考えにくいです。

 

 

 

同じ営業なら不動産や車を売った方が勝負は早いです。

 

同じ建築系でも、大手ハウスメーカーをはじめ立派な会社が幾らでもあります。

 

 

 

採用の世界の戦いは、そんな中での厳しく難しい競争にさらされる訳なんです。

 

 

言わば、正面から戦うと勝ち目のない絶望的な戦いです。

 

 

 

じゃ、どうする…?

 

 

 

その答えの一つが採用関連サイトです。

 

どんな人に来て欲しいのか…?

 

 

私の、弊社の理念に共感してくれる人なんです。

 

外構エクステリアという、やりがいのある仕事をしたいという人なんです。

 

 

それを伝えるサイトが完成しました。

 

 

 

もちろん、これが第一歩です。

 

 

 

このサイトを軸に、伝えていきます。

 

 

そして

 

 

当ブログでも発信していきたいと思います。

 

 

 

そして…実は奥の手を用意しています。

 

用意、と言っても妄想段階ですが(笑)。

 

 

 

 

ともあれ、ここからのスタートです。

 

 

採用関連サイト、coming soon!!

 

 

 

 

 

 

昨日

 

経営体験報告、なるものをさせていただきました。

 

 

 

中小企業家同友会、という経営者の会がありまして

 

さらにそこに青年部という組織があります。

 

 

もはや、青年と言っていただける齢ではないのですが…^^;

 

 

と、いうわけでお話してまいりました。

 

 

 

約40名の方々の前に立ってのお話です。

 

 

 

こんな時に、昔の経験が生かされます。

 

実は私、元先生です(^^)

 

 

と、言っても学生時代の塾講師経験ですが。

 

 

大きな進学塾だったので、40名くらいは普通ですし

 

学年集会となると80名を越えますし

 

保護者会という場では保護者(ほとんどはお母さんですね)の方を含めて100名以上とかもありました。

 

 

 

そんなわけで古い昔ですが、人前で話すことには少しばかり慣れております。

 

 

慣れると、話のつなぎや間の取り方がスムーズになったり

 

話すときの表情や身振り手振りなどが自然に出ます。

 

 

 

この、「慣れ」というのが必要なのですが

 

人前で話す際に、もっと重要なことがあります。

 

 

それは「準備」です。

 

 

何を、どういう順序で、そしてどんな表現で話すのか。

 

 

実際に、私も例えば車を運転しながらやったりするんですね(すれ違う方は歌でも歌ってるのかと思われるかも知れませんが(^^))。

 

 

 

 

逆に言うと

 

 

いきなり喋れ、と言われても粋な話がなかなかできません。

 

 

 

これができる人、というのが時折いらっしゃるのですが

 

まさに話が上手い人ですね。

 

 

 

私も時々話が上手いと言われる事があるのですが(あくまで一般レベルですよ!)

 

実は準備なしではサッパリダメなんです^^;

 

 

 

今回の話の内容は

 

これまでの11年の経営者としての体験を、いくつかのテーマに絞って話させていただきました。

 

 

もちろん、できるだけ良い話をピックアップしているのですが(笑)

 

ご感想は思ったより良かったようで、聞いてくださった皆様のご参考になったかと思えば嬉しく思います。

 

 

 

今回、この機会をいただいた関係者の皆様、また昨日も含め準備にも多くのご尽力をいただき本当にありがとうございました。

 

 

また私のお話を聞きにきてくださった皆様、お忙しいなかお時間を取っていただきありがとうございました。

 

 

 

私にとっても大きな成長と学びの機会となりました。

 

 

 

お話の中でも申し上げたのですが

 

 

経営者としての

 

 

さらなる成長を目指していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

さて、コッソリと少々の休みもいただいていたのですが

 

知らんふりしてブログも再開です(笑)。

 

 

 

さて、私は来年の9月末をもって植栽デザインを除くプレイヤー業務から卒業する予定です。

 

 

あと1年と少し、ですね。

 

 

 

この仕事に入らせていただいたのが11年前。

 

前職は銀行員。当然ながら、完全な素人でした。

 

 

いきなり社長になったもんですから、それこそ当時はプレイヤーとしては全くの戦力外からのスタートです。

 

 

何もできないもんですから、必然マネジメント専念でした。と、行っても訳もわからず経営の真似事をしているに過ぎなかったのですが。

 

 

 

しかし、そんな私にも仕事をお任せくださるお客様がありました。

 

 

家業を継いで、この仕事をしていると知った私個人の知人、友人。

 

父がお世話になっていたお客様。

 

ご来店いただき、私が店頭対応して担当させていただきたお客様。

 

 

 

その機会を通じて、私は一つ一つの現場を経験してプレイヤーとしての知識を積みあげてくることができました。

 

 

 

そしていつしか、お得意先様で私が担当者となって対応するケースが出てきました。

 

 

ハウスメーカー様、また不動産会社様やリフォーム会社様など私の担当先が年を経るごとに増えていきました。

 

 

様々な住宅会社さんとのお付き合いを通じて数多く、そして様々な内容の現場に触れさせていただくことができました。

 

 

初めは営業中心で担当して、工事についてはスタッフに任せることも多かったのですが

 

いつしか工事の担当もこなして職人さんと日々やり取りするようにもなりました。

 

 

数多くのありがたい現場とともに、反省とともに学びのある現場も経験し

 

私はプロとしてのスキルを身に着けることができました。

 

 

 

また、植栽デザインという感性に頼るスキルを磨き上げ

 

自分流の「型」を作ることができました。

 

 

 

そして、この仕事に就いて10年後

 

 

私はとうとう社内のトップセールスになりました。

 

 

 

結果として、プレイヤーとして駆けずり回る日々となりました。

 

日中はひっきりなしにお得意先様や職人さんから電話が鳴るようになりました。

 

 

 

気が付けば、私の一人舞台のようになってしまっていたのです。

 

 

 

一方でプレイングマネージャーどころか、マネジメントがギリギリの状態になっていきました。

 

 

 

3か月前までの私は

 

営業マンとしては優秀でも

 

全くのダメ経営者になってしまっていました。

 

 

 

しかし3か月前にターニングポイントがあり

 

私はマネジメントの世界に戻ることができました。

 

 

 

実際は、プレイヤーとしての業務にまだまだ駆けずり回っています。

 

しかし明らかに未来に向けて考えることができるようになりました。

 

 

 

これまでの反省点は、数多くあります。

 

しかし、ここまでの過程は私にとって、そして会社にとって必要なステップでもあったと思うのです。

 

 

 

これから私は組織の仕組みづくり、そして人を採って育てる、という極めて難しい仕事に取り組んでいきます。

 

その時に、トップセールスにまで至ったキャリアが必ず活かされるんです。

 

今のスタッフたちは、プレイングマネージャーでトップセールスまで務めた私の後ろ姿を見てくれたはず。

 

 

 

プレイングマネージャー卒業に時間がかかりすぎ、と言われればそれまでです。

 

それが私の器だったんです。

 

 

 

 

そして、ここから先も私の器以上の会社にはなりません。

 

 

 

大きな目標をブチ上げました。

 

そのための大きな方針も宣言しました。

 

 

そしてそこには

 

 

実はとんでもなく大きな壁があります。

 

 

今の私の器では越えられないかも知れない。

 

 

 

しかし絶対に成し遂げると決めています。

 

器が足りないなら、大きくすればいい。

 

 

 

 

改めて、今ここで、ブログ上でコミットします。

 

 

 

いよいよマネジメント専念に向け

 

 

舵を切りますよ…!

 

 

 

 

 

 

毎年、9月にお客様感謝祭を行っています。

 

 

目下、その企画・準備に入っているのですが

 

今年から体制を大きく変更しました。

 

 

 

「お客様感謝祭実行委員会」

 

 

 

って、ちょっと大げさですが^^;

 

 

内勤の女性4名で構成し、うち一人をリーダーに任命。

 

 

これまで私が概ねの内容を決めて担当配置も全て決めていたのですけど、ほとんどの内容を実行委員会に任せることにしたのです。

 

 

 

早速、色々な打ち合わせが進んでいるようで

 

 

時折笑い声(と、言うよりも爆笑・・・!?)が聞こえてきたりして

 

なんか楽しそうですね~(^^)

 

 

 

今年、このような体制を作ることができたのも

 

実はスタッフの産休からの復職というタイミングがあったからなんですが

 

 

 

 

これで何か、大きな一歩が進んだような気がいたします。

 

 

 

営業スタッフで、実行委員会の企画案を話し合ったりもしたのですが

 

これまた、いい。

 

 

 

皆が笑顔になれるんです。

 

 

 

 

お客様感謝祭、ずっと続けているのですけど

 

 

お客様はもちろん、スタッフにとっても凄くいい風を吹かせてくれるんですね。

 

 

 

 

継続してきて、本当によかった。

 

 

 

「継続が幸福を導く」

 

 

 

今日はこんなところでも、一つ感じることができました!

 

 

 

 

 

 

昨日は全体朝礼の日。

 

 

全体朝礼という取り組みは2009年に始めました。

 

 

毎朝、7時半に朝礼をするようになったのは更に遡るのですが

 

自社の職人さんだけでなく協力業者さんにも伝えていかなければいけない事が沢山あるんではないか、ということで始めたのです。

 

 

協力業者さん、と言っても

 

形式上独立しているだけであって、ほぼ専属の職人さんです。下請というよりも、自社の職人さんという位置づけの仲間たちです。

 

協力業者さんは「わかば会」という会に入ってもらって、全体朝礼のみならず年に何回か会議等もしていますし、年末には忘年会で集まります。

 

 

当初は、私だけが話をしていたのですが

 

2年目くらいから、営業・現場管理担当スタッフからも話をしてもらう事にしました。

 

 

また、月間MVPという表彰制度を導入して「お客さんから褒めてもらった」などの功績のあった職人さんを表彰する場にもなりました。

 

 

そして2年前から、協力業者さんに備品や消耗品等の支給を行うことにしました。現場をキレイにしてください、というのは簡単なのですが、その思いを形として見せていくためです。

 

ブルーシートで養生して…というのは簡単ですが、ブルーシートそのものを支給することにしたのです。他にも掃除道具、土嚢袋、養生用シートやマットなどなど、です。

 

 

 

そして今年。

 

毎朝の朝礼で始めた「現場であった良かったこと」を協力業者さんにも発表してもらう取り組みを始めました。

 

昨日も「近隣への挨拶をしっかりしていたら、駐車についても『どうぞ停めてくださいね』と言ってもらえたりで、挨拶はやっぱり大事やと思いました」という素晴らしい発表をしてくれました。

 

 

 

全体朝礼、少しづづですが価値を高めてきています。

 

 

始めた取組それぞれを、今に至るまで継続しています。

 

「型」を作って「ブラッシュアップ」し続けています。

 

 

 

もちろん、時折に経営理念を語っています。

 

 

 

進んだ会社では朝礼を見学に来られるような取組がなされたりしているようで

 

弊社の全体朝礼も、もっともっとブラッシュアップできるはずです。

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

いつも思うことがあります。

 

 

全体朝礼となると、30人を超える職人さんが集まってくれます。

 

みんな、仲間意識もあって素晴らしい集団だといつも感じています。

 

恵まれたメンバーに囲まれ、本当にありがたいです。

 

 

 

彼らみんなに、幸福を導くこと

 

 

 

そのために会社があって、経営があります。

 

 

そうやって、月に1回私自身が身を引き締めているんです。

 

 

 

 

そんな全体朝礼が

 

 

 

これからも続いていきます…!

 

 

 

 

 

 

経営計画。

 

 

出先でちょっと考える時間があって、書き出しながら計画を考えていたのですけど

 

 

 

むむむ…!

 

 

 

コイツは、なかなかのもんですね。

 

 

 

先の方に売上目標を設定するのは簡単に考えられるのですが

 

 

待てよ、そんなにかかるのか…?

 

それまで、何もしないのか…?

 

その時に必要なスタッフの数から、席をおけるのか…?

 

販促計画はどの時点から…?

 

じゃあ、採用はいつまでに進めないといけないのか…?

 

 

 

目標を設定するのは簡単です。大学受験に例えるなら「めざせ、〇〇大学!」と言うだけです。

 

もちろん、言わなければ間違っても実現しませんが。

 

 

 

これまで、経営課題に単発で取り組んでいました。同じく例えるなら「今、数学が苦手だから数学のこの問題集をやっていこう」ですね。

 

 

 

しかし、大学受験は日程が決まっています。

 

その期日までに合格できる学力、得点力を身に付けないといけない。

 

なので、いつの時期までにこれをやって、あれをやって…という計画が必要です。

 

 

大学受験の場合は、時期に合わせて模試もありますし夏季講習などがあったりもします。

 

色んな情報も入ってきます。

 

塾などで綿密に計画を立ててくれる場合もあるでしょう。

 

 

 

実は私も、そこまで計画だてて大学受験に臨めたわけではありませんでした。

 

しかし、実はある程度流れに乗っかって計画的に進んでいたんですね。

 

 

 

しかし経営計画は…?

 

 

 

当然のことながら見事に(!?)何もない。

 

 

経営者が考えていかねば全く何も動いていきません。

 

 

 

私など、色んなものに恵まれた環境で

 

一見順調に経営をやってこれた方だと思います。

 

 

キチンとした経営計画なしで。

 

 

 

誰一人、経営計画を作れ、なんて言ってくれる人はいませんでした。

 

 

 

自分が、そのような自己啓発や切磋琢磨の場に出ていなかっただけなのかも知れないのと

 

言われていても、それを受け取る器に至っていなかたという事だったのかも知れません。

 

 

 

しかし今回、あるご縁の絡みで経営計画を考えることに至ったのです。

 

そんなご縁にも感謝したいと思います。

 

 

 

まずは一つ

 

 

形にしていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

今月は全国安全週間というものがありました。

 

 

建設業や製造業などの現場の安全をめざすために行われている厚生労働省旗振りの運動です。

 

 

 

そのため6月から7月にかけて各所で「安全大会」なるものが行われます。

 

 

弊社のお得意先様でも安全大会が行われており、私も出席のため各所へおじゃまいたします。

 

 

 

既に終わったところもありますが

 

 

今日、そして来週と続きます。

 

 

 

さらに

 

 

来週、旅行にいきます。

 

 

スイマセン、字が小さくなりますが読み飛ばしていただいても結構です(笑)。

 

 

 

実は仕入させていただいているメーカーさんの招待旅行です。

 

 

そういう意味では、仕事の一環です。ここは少し強調します。

 

 

 

 

さらに、所属している中小企業家同友会の行事が何件かあります。

 

今月は経営体験報告という大役があります。

 

 

 

 

そのような行事予定が続くため、とにかくスケジュールがパンパンです。

 

 

 

と、なると

 

 

私が会社や現場を離れても、スタッフに任せていく事が必要となります。

 

 

 

しかしある意味

 

 

捉えようによっては、これもチャンスです。

 

 

 

こんな事がなければ、なかなか任せきれない部分もあるのです。

 

しかしこうなると、任せる仕組みのようなものを作ってでも任せないとどうしようもない。

 

 

 

必要は発明の母。

 

 

 

よく言ったものです。

 

 

 

これを乗り切れば、業務上大きな前進となるんです。

 

 

 

チャンスは最大限に生かします!

 

 

 

 

 

 

昨日はスタッフ宛メール配信の日。

 

先日、和歌山まで行ってきた現場の四方山話を綴りました。

 

 

 

毎週の事ですし、固い話ばっかりだと読む気が失せてもいけませんからね(^^)

 

これも、色んなパターンの内容で続けていきたいと思います。

 

 

 

これで「型」ができました。

 

 

 

まず「型」を作って「ブラッシュアップ」をかけるのが私の必勝パターン。

 

月曜日のスタッフ宛メール配信も色んな形で進化、そして深化させていきます…!

 

 

 

 

昨日は内勤の朝礼も行ったのですが、朝礼というよりもミーティングのような内容になっています。

 

 

今年の感謝祭の内容について、色んな意見が出ました。

 

 

まさに、これぞブラッシュアップ。

 

 

 

 

そして、今年から実行委員会に感謝祭の運営を任せるスタイルに移行いたします。

 

これも今年の前進の一つになるでしょう。

 

 

 

 

今日の1日も、しっかりと磨き上げて頑張ります!

 

 

 

 

 

 

この土曜日、日曜日と

 

偶然の出会いが続けてありました。

 

 

両日とも、私はお得意先様である住宅会社さんで打ち合わせに入っていました。

 

 

 

まず土曜日。

 

 

ふと見たことのある方が入ってきたと思えば

 

OBのお客様!

 

 

 

そうそう、信用金庫にお勤めと伺っていました。

 

住宅ローン関係の打ち合わせで来られたのでしょう。

 

 

 

 

「いや~、えらいところでお会いしますね!」

 

 

「そうそう、実は庭でこんな計画があって…」

 

 

 

なんて話になりました(^^)

 

 

 

 

続いて日曜日。

 

 

打ち合わせ中にこれまた見たことのある顔…

 

なんと、私が過去務めていた銀行の同期の友達!思わず手を振りました(^o^)丿

 

 

聞けば、ローンプラザという所で担当になったとのこと。

 

 

「久しぶりやな~!」

 

 

「また、飲みに行こよ!」

 

 

みたいな話にもなりました(^^)

 

 

 

いずれも金融機関で住宅ローン関係での関わりです。

 

 

そして、こんな偶然の出会いも地元での仕事ならでは。

 

そして一見偶然の出会いも、何かの必然に恵まれてのことなのかも知れません。

 

 

 

こんな出会いとご縁にも感謝です。

 

 

 

 

 

 

昨日は

 

 

 

広陵町 打ち合わせ

 

橿原市 打ち合わせ

 

橿原市 現場調査

 

大和郡山市 現場調査

 

生駒市 現場

 

香芝市 現場

 

宇陀市 現場

 

宇陀市 現場

 

宇陀市 現場調査

 

事務所 お得意先様打ち合わせ

 

 

 

スタッフ運転のもと(ありがとう~)、まさに東奔西走。

 

同行しながら、仕事の引き継ぎもしています。

 

 

 

私はこれから現場を離れていかないといけないのですが、同行はそのための重要な機会ともなります。

 

 

 

 

そして今日は現場に立ちます。

 

 

植栽工事です。

 

 

 

ここは私のデザイナーとしてのこだわりがある部分なので、現場に立ち続けるのは間違いないのですが

 

私のデザインの想いを現場でしっかりと職人さんに共有してもらえるように

 

 

伝えてきます!

 

 

 

 

 

 

今月も

 

ニュースレターがOB施主様のお手元にはもうすぐ届きます。

 

 

 

 

そして今回、恒例のカタログプレゼントの一覧を同封するのですけど

 

スタッフが作ってくれた、この用紙がまた素晴らしい!

 

 

 

昨年までの一覧表をグイッとブラッシュアップさせて、見やすく、そして内容も充実させてくれました。

 

 

まさに、これこそ今年のスローガン「改善実行」。

 

 

 

そして理念「継続が幸福を導く」に沿った継続の賜物。

 

続けるからこそ、前進するんです。ブラッシュアップされていきます。

 

 

 

素晴らしいスタッフに恵まれて感謝です。

 

 

 

今回のニュースレターがお客様のところに届くのが楽しみです!

 

 

 

 

 

 

昨日は大阪市住吉区の現場へ行ってから

 

 

大阪市北区の、ホームページ制作でお世話になっているNNAさんにお邪魔してまいりました。

 

こんなところで紹介いただいてしまい、お恥ずかしい限りですが^^;

 

 

採用関連サイトの詰めに行ってきた次第です。

 

私のイメージどおりのものにするため、直接お会いしての確認作業をしてまいりました。

 

 

 

 

実は、その前日も大阪に行っておりまして

 

大阪市内の喜連、というところに現場が予定されています。

 

 

 

 

南阪奈道路という道路が11年前に開通して以来、我々にとっての大阪はグッと近くになりました。

 

これまでも、大阪の現場を数多く納めてきております。

 

 

 

しかし、これからの経営計画を考えるにおいて

 

 

いよいよ具体的な動きに入って参ります…!

 

 

 

大阪への拠点進出

 

 

 

 

具体的な動きと言っても

 

絶対に失敗したくないので、慎重に、慎重に…

 

 

 

 

徹底的な準備が必要。

 

もちろん大阪の事だけじゃなく経営計画そのものを練りこまねば。

 

 

 

 

そんな事を考えながらの大阪まわりでした。

 

 

 

 

(NNAさんにて)
3e2b0afa

 

 

 

 

 

 

先日、30周年打ち上げパーティを行いました!

 

 

昨年から1年半に渡って継続的に行ってきた関連イベントの締めくくり、という位置づけです。

 

当日を無理矢理臨時休業にして、ランチタイムに食事会という形にしました。小さい子供のいる女性スタッフにも無理なく参加してもらえるために配慮いたしました(^^)

 

 

IMG_0471

 

 

会場は、大和高田市にある「ヴェルデ辻甚」さんです。

 

 

ご覧のように和風料亭の趣ですが、中はフレンチレストラン。

 

結婚式なども可能なお店として、今や奈良県中南和を代表するような有名店です。

 

 

 

IMG_0478

 

 

 

会場はこんな感じです。

 

 

 

P1030202

 

パーティに先立ち、永年勤続表彰を行いました。

 

先代以来、長年にわたって勤めていただき本当に感謝です。

 

 

 

P1030239

 

 

 

フレンチのコースをみんなでいただきました!

 

 

 

P1030242

 

 

 

メインの肉料理です!

 

メッチャ美味しいです!!

 

 

 

P1030259

 

 

 

パーティ後半で、期待の新入社員二人にスピーチしてもらいました(^^)

 

 

 

 

P1030271

 

 

最後に、こんなサプライズも頂戴しました~!

 

社員さんからも「おお~っ!」と歓声が上がりました(^^)

 

 

ヴェルデ辻甚様、色々とおもてなしいただきありがとうございました!!

 

 

 

 

 

途中、私の話もありまして

 

その中で少しビジョンを語りました。

 

 

 

30周年を振り返り

 

そして次なるステージは…!?

 

 

 

ここから始まる10億円企業への道。

 

新しい分野への挑戦と、新しい地域への進出。

 

 

 

 

30周年という区切りに取り組むなかで、見えてきたものが沢山ありました。

 

30周年関連イベントは、ほぼ当初の計画どおりに進めることができました。

 

 

 

計画があるから実行される。

 

当たり前すぎるような事ですが、では経営計画はどうなのか…?

 

 

 

 

今回ぶち上げたヴィジョン達成のための

 

 

経営計画が必要です。

 

 

 

 

経営計画を策定いたします。

 

 

 

7月中に必ず作ります。

 

実は、7月中に作らねばならない理由があるんです。

 

 

 

 

さて、これをもって1年半に渡ったアニバーサリー期間が終了です。

 

準備期間を入れると2年半。

 

 

 

 

 

30周年に取り組んで、本当によかった。

 

 

 

次は35周年。これはそんなに大層にはしないでしょうが、家族慰安会はやりたいですね。

 

続いて40周年。これまた違った切り口の周年になるでしょう。

 

そして45周年を経て

 

 

50周年…!

 

 

 

私は62歳になっている計算です。

 

ある意味、人生の集大成となる日になるのかも知れません。

 

その日に向けて、改めて頑張りたいと思います。

 

 

 

30周年、無事ファイナルです!
 

 

 

 

 

 

ちょっとブログが更新できていませんでしたが

 

ここは、しれっと続けていきたいと思います。

 

 

 

それにしても

 

 

 

経営って

 

 

 

どこまでも続く道ですね…!!

 

 

 

各方面の経営者とお会いしたりしていると、本当に自分がまだまだである事を知る事になります。

 

 

 

嗚呼、なんて自分は道の先を見ていなかったのだろう…

 

 

 

 

経営者になって10年。

 

もう、43歳にまで齢を重ねてしまった。

 

 

 

もしかしたら、人生で最も成長できる時期だったのかも知れないのに。

 

自分の成長はこんなもので良かったのか…?

 

 

 

 

今日はちょっと静かな水曜日。

 

 

微妙にセンチメンタルになりながら、静かに考えています…。

 

 

 

 

 

 

昨日は植栽工事が4件。

 

 

 

 

全現場を同行してコーディネートしてきました!

 

 

 

 

植栽、本当に好きです…!

 

 

 

IMG_0392

 

シンボルツリーは、その立ち位置と向き加減。

 

サブツリーや下草類は、高さと色のバランス。

 

 

 

特に、全体をコーディネートする場合に高さと色のバランスが大変重要です。

 

 

 

これは、なかなか図面では表せないところでもあり

 

現場に立たないと、納得できるものができないんですね。

 

 

 

 

ですから、どんなに忙しくても私は植栽の現場に立ちます。

 

 

ここは、ビジネスというよりもデザイナーとしてのの矜持、というところでしょうか。

 

 

 

 

 

私には経営者として、会社を成長させていくという大きな役割があります。

 

 

会社としての次なるヴィジョンがあります。

 

 

 

 

そして、それとは別に個人の夢・目標を設定しています。

 

 

 

それがまさに、植栽デザイナー。

 

 

 

この分野で、全国レベルでやりたい。

 

 

 

必ず実現させたいんです。

 

ですから、ブログでコミットさせてください。

 

 

 

そして、そのためにも会社の組織と仕組を作り、人材を育てていかなければならないんです。

 

 

 

 

「夢をかなえる」

 

 

 

考えるとワクワクする、いい言葉ですね!

 

 

 

かなえてみせますよ!!

 

 

 

 

 

 

昨夜、そして今朝。

 

 

二つのありがとう、をいただきました。

 

 

 

一つはお客様からのメール。

 

もう一つはエクステリアメーカーの営業担当者さんのコメント。

 

 

 

ありがとうって…いいですね。

 

もらった方も嬉しくなります。

 

 

お二人のおかげもあって、気持ちのいい朝のスタートが切れました。

 

 

 

 

もっともっと、ありがとうをもらえるような仕事をしてきたいです。

 

そして

 

もっともっと、自分もありがとうを色んな人に発信していかないと。

 

 

 

 

でも、実は私たちの仕事って

 

本当にたくさんのありがとうを頂ける仕事なんです。

 

 

 

 

仕事をしていて、こんなに感謝いただけるって

 

なかなかないと思いますよ!

 

 

 

この素晴らしい仕事を、もっと色んな人にしてもらえるようにしていくのが私の役割です。

 

そのためにも、今の仲間をもっともっと幸せにしていくのが私の役割です。

 

 

 

そのために

 

 

今日も頑張るんです!

 

 

 

 

 

 

これからの30年を見通していくにあたり

 

間違いなく大きな壁になってくるのが、職人さんの不足。

 

 

 

それを乗り越えていくためにも、新卒採用に取り組みはじめたわけですが

 

他にも色んな事を考えて職人さんを集めていかなければなりません。

 

 

 

先日も、新たにご縁いただいた職人さんと食事をご一緒したのですけど

 

彼らのような職人さんに、弊社の仕事をしたい、と言ってもらえるような会社にしなければならない。

 

 

 

職人さんを集める、というよりも

 

 

「集まる」

 

 

会社にしていく、ということ。

 

 

 

 

そのために

 

 

今、やるべき事がある。

 

 

 

職人さんが輝ける会社を作るのが私の大きな役割なんです。

 

 

 

 

真正面から

 

 

 

頑張ります!

 

 

 

 

 

 

昨日、お客様からありがたいメールをいただきました。

 

 

毎年、植木の剪定でお庭に入らせていただいているのですが

 

昨年に当社の職人さんに「バラが咲いたら写真送ります」と話していただいていたようなんですね。

 

 

 

そのバラが見事に咲いている写真を送ってくださったのです。

 

 

 

もう、メチャクチャ嬉しかったです!

 

 

社員さんに早速職人に見せるように、そして社員にも回覧するように伝えました。

 

 

 

 

そしてメールの最後にあった一文。

 

ちょっとご紹介いたします。

 

 

 

***

 

 

12年ほど前に造っていただいた庭で植物を育てながら暮らしています。
これからも私では出来ない作業を助けていただけたらと思っています。

 

 

***

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

そうやって、お客様とずっとお付き合いできるのがとても嬉しいです。

 

 

庭、そして植物で繋がる御縁。

 

 

 

そこには癒しがあります。そして、幸せがあります。

 

 

 

私はずっと、これを目指しているんです。

 

 

 

 

経営理念「継続が幸福を導く」

 

 

 

お客様との長いお付き合いの継続は、関わる人みんなの幸福を導いてくれると信じています。

 

 

 

これからも、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

月曜日。

 

今年から月曜日は引き籠る!という事にして極力予定を入れないようにしています。

 

 

 

結果として今日はマネジメント関連の用事で外出していたため、引き籠りとはなりませんでしたが

 

これによって「緊急ではないが重要なこと」を進めていくことができます。

 

 

 

 

そして月曜日はスタッフ宛メール配信の日。

 

まだ5回目なんですけど、これはしっかりと継続していきます。

 

 

 

今回はコピー複合機が新しくなったことについての内容等についてサラリと書きました。

 

ちょっとした事ですが、普段はわざわざ言わないような事が書けるのもメールならではなんですね。これは新しい発見です。

 

 

 

 

 

しかし、まだまだ月曜日の精度を上げていかねばなりませんね。

 

 

 

もっとしっかり「型」をつくること。

 

 

 

来週は更に進化した月曜日にしていきます!

 

 

 

 

 

 

私事ですが

 

 

奈良県中小企業家同友会青年部会の7月例会にて

 

経営体験報告をさせていただくことになりました!

 

 

 

貴重な機会をいただけて本当にありがたいです。

 

 

 

 

同友会については今年から参加する機会が多いです。

 

そもそも幽霊会員だったのですが、ひょんな事から巻き込まれて参加するようになりまして、いよいよ経営者(青年部なんで若い人ばかりですが)の皆様が集まる場で発表をするという場をいただけたのです。

 

 

 

 

 

私は経営者の会とかには余り興味がなかった人間です。

 

 

異業種交流とか社外の人脈づくりとか、そんな事をしている暇があったらスタッフやお得意先様、または取引関連の方々とコミュニケーションをとる方が先決だ、と考えていたからです。

 

 

 

今も、その点についての考え方は概ね変わっていないのですけど

 

 

同友会という場は、そうではなかった。

 

 

 

ある時

 

 

私よりずっと年下なのですが、とんでもなく凄い経営者と出会ったのです。

 

 

 

世の中には凄い経営者は沢山いらっしゃいます。

 

多くは規模や会社のステージが違いますし、そもそも知らない「檀上の人」なんですよね。

 

 

 

しかし彼はそもそも年下ですし、話をしたシチュエーションは新幹線で向い合せに座った状態でした。

 

 

「檀上の人」ではない身近な経営者と直接話をして感じ取った感覚。

 

 

それは、絶対に負けたくない…!という感情。

 

 

セミナーやら読書では決して得られなかった感情でした。

 

 

この個人的と言ってもいい感情が、しかし何より強烈な感情が経営者としての私を覚醒させてくれたのです。

 

 

 

 

 

ありがたい事に、その後もずっと関わり続けることができる場です。

 

 

切磋琢磨、という言葉があります。

 

その場限りのセミナーやら懇親会ではなく、本気の切磋琢磨ができる場です。

 

 

 

もちろん、これまで歩んできた10年超の経営者としてのプライドのようなものもありますし

 

自信を持って報告できる事が沢山あります。

 

 

 

しかし、課題や問題、私が経営者として不足している事も幾らでもあります。

 

7月の報告までに、それらに一つでも取り組んで一つでも前進して報告したいと思います。

 

 

 

これぞ、素晴らしいチャンスであり、本気の切磋琢磨です。

 

 

 

 

7月21日。

 

 

この日に私の全身全霊のお話をしたいと思います。

 

 

 

多くの方に聞いていただければ嬉しいです。

 

 

ご興味ある方でお越しいただける方があれば私にお声かけてください。

 

 

当ブログへコメントを入れてくださっても結構です。

 

 

 

頑張ります!

 

 

 

 

 

 

本日は

 

関西エクステリアフェアという業界の展示会があり、行って参りました。

 

 

 

 

色々な意味で貴重な機会なのですが

 

 

私にとってはエクステリアメーカー各社さんの多くの方々とお会いしてご挨拶する、という事に多くの力点が置かれる日になっています。

 

 

 

 

 

そういった意味でも、じっくりと時間を取りたいのですけど

 

今年は現場の都合等で制限時間2時間という限られた時間ではありましたけど、可能な限りご挨拶させていただきました。

 

 

 

普段なかなかお会いできないメーカーさんの社長さんや代理店さんの役員さんたちにご挨拶もできて良かったです。

 

 

 

 

商品も見たいのですが、私の役割とともに展示会という場の意味合いも変わっていくものだ、と感じました。

 

 

 

明日もありますが、出展社さんをはじめ運営の皆様方は色々と大変だと思いますが

 

ますますの盛況をお祈りいたします!

 

 

 

 

 

 

今年もやります!

 

 

高卒の新卒採用。

 

5年前、偶然と言ってもいいご縁での新卒採用があり

 

 

しかも、当業界では常識外れとも言える女性の職人志望でした。

 

 

しかし、彼女が期待を上回る成長をしてくれたのです!

 

 

一方で

 

 

多くのご縁あって受注が増大する中で

 

景気回復による人手不足、そして時代の流れからの職人を志望する人の減少、そして遠くない将来に絶対に必要となる世代交代。

 

 

職人さんが不足していく事は明白なのに、打つ手が見出せない状況でした。

 

 

ちょうど1年前の今頃、30周年記念式典を終えて私は次なる30年の責任に思い新たにする事ができました。

 

 

今年や来年も事じゃない、10年、20年先を見据えて考えるんだ…!

 

いつかは、と考えていた新卒採用ですが

 

今こそ取り組むべき時だと思い立ち、昨年の7月ごろに前述の5年前に入社した女性職人の母校に問い合わせしてみたのです。

 

 

ちょうど…、というかギリギリのタイミングでした。

 

 

 

高校生の求人、就職活動って、スケジュールがガッチリ決まってるんですね。手続きはハローワークでしなければなりません。そんな事も全く知らなかったのです。

 

 

 

しかし、初めての取り組みにも関わらず素晴らしいご縁があって応募があり、そして内定となったのです。しかも二人!

 

 

 

 

現在、彼ら二人が元気に新しい風を当社に吹かせてくれています。

 

 

 

 

そして今日。

 

今年の求人活動がキックオフです。

 

 

ハローワーク主催の説明会があり、参加してきました。

 

スケジュールも把握できており、今年はしっかりと準備ができます。

 

 

 

そして、これを毎年継続して行く。

 

入社は来年の春なので気の長い話のように感じられるかも知れませんが、いいんです。

 

 

 

目先の現場ではなく、会社の未来に向けて光が見えてきたように感じます…!

 

 

 

他にも

 

 

30年間の継続のために、やるべき事が盛り沢山です。

 

 

頑張ります!

 

 

 

 

 

 

このブログ

 

 

実はこの投稿が通算2900本目です!

 

 

 

ちなみに2011年5月4日に2000本を達成しました。

 

 

 

1日1本、に少しだけ満たないくらいの投稿ペースなので、3000本の達成は4か月後くらいでしょうか。

 

10月ごろに3000本記念号を書くことができそうですね。

 

 

 

 

3000本、と言うと

 

 

張本ですよ!?

 

 

 

較べるものではないですね、失礼しました。

 

思いっきり、「喝!」って言われそうです(笑)。

 

 

 

 

ちなみに

 

 

 

イチロー

 

 

 

現在なんと、日米通算4156本安打!

 

 

 

まさに稀代のスーパースターです。

 

イチローという選手と同世代であることが誇りである、と感じます。

 

 

 

昨日もイチローの名言を引用させていただきました。

 

名言、多いです。

 

 

 

当ブログ、現在は野球ネタは封印しています。

 

あくまで野球の話ではなく、経営の話です。無理矢理ですが、経営者としてイチローを目指すべきである、というね(^^)

 

 

 

とにかく

 

 

3000本は通過点です(なんちゃって(^^)v)

 

 

 

内容あってのブログですから、数ではないかも知れませんが

 

ここまでの10年間の継続については少し胸を張りたいと思います。

 

 

 

これも「継続が幸福を導く」を掲げる私として絶対に譲れないところなんです。

 

 

 

やめる予定はないのですけど

 

 

イチロー越えは最低目標(?)かな(笑)。

 

 

 

 

 

 

先月始めたスタッフ宛メール配信ですが、今日で4回目を配信しました!

 

毎週の事ですし、あまり堅苦しくならないように書いています。

 

 

ちょっと、今日のメールの内容をご紹介いたしましょう。

 

 

 

 

***

 

 

 

 

 

おはようございます!植田です!

 

 

先日、三協アルミのMさんが来られて担当が変わるとのことでした。

 

6月から神戸の営業所へ異動ということです。

 

Mさんは当社へお越しのエクステリアメーカー担当の中では最も長くお越しいただきました。途中で一度担当が変わったのですが、その時はすぐに後任がいなくなってしまって復帰したという事もありました。

 

見たまんまの誠実なお人柄で、色々とお世話にもなったのでお別れがとても残念です。

 

フェアや感謝祭でもお馴染みでしたし

 

植田としてはF様邸でMシェードに電動引戸モンブレム、そして同じくF様邸のバルコニー(スーパーエリーバ)などで一緒に駆けずり回ったことが一番の思い出です。

 

 

後任はNさん。若く見えますが、結構キャリアはあるそうです。

 

 

エクステリアのメーカーさんとお付き合いするにあたり、皆さんに一つお願いがあります。

 

決して見下さないこと、です。

 

我々の業界は小さいので、当社でも業界大手になっちゃってますが決して偉そうに振る舞えるほどの会社ではありません。この業界は、メーカーさんが丁寧に接して下さるのでメーカーさんに対して勘違いしやすいように思います。

 

 

普段から丁寧なお付き合いをしていれば、困ったときに助けてくれます。人の情とは、そういうものです。

 

 

 

 

さて、今週は関西エクステリアフェアがあります。

 

 

普通に行って展示を見て「へぇ~」ではプロというには物足りません。

 

ぜひ、カタログをめくって新商品をリサーチしてから行きましょう。そうすれば得るものがより大きくなるはずです。受け身ではなく、少しでも前のめりで行動するということですね。

 

 

ちなみに植田は今年もバスに乗れなくなってしまいました^^;

 

午後から打ち合わせが入ったため、朝一番に乗り込んで昼ごろ帰ります。

 

バスに乗る人は、プチ・バス旅行を楽しんできてください。

 

 

三協のMさんにもお会いしたいですね!

 

 

では、今週も頑張りましょう!

 

 

 

 

***

 

 

 

 

今回はこんな感じです。

 

ブログですので実名部分はイニシャルに変えました。

 

 

 

普段私が考えていること、ハッピーニュース、様々な社内外の情報…

 

 

色んな内容があっていいと思っています。

 

 

 

 

幸い文章を書くのはブログで徹底的に鍛えられて(?)いますので

 

これくらいは、いくらでも書けてしまうのです(^^)v

 

 

 

14人のスタッフ、そして産休中のスタッフにも送っています。

 

 

 

これからも色んな発信をしていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道だと思う」

 

 

 

イチロー選手の名言です。

 

 

 

 

そうなんです。

 

 

逆に言うと

 

みんな、積み重ねてないんです。

 

 

 

それが、普通の人間なんですよね。

 

 

三日坊主、これぞ人間の標準仕様です。

 

 

 

 

ただ、継続する仕組みがあれば、つまり強制的にやる仕組みが存在すれば物事は継続できます。

 

 

例えば、塾に通って勉強する…こうすれば勉強が継続する事になります。

 

 

 

 

そうでなければ…、自分の精神力だけで継続しなければならないんです。

 

自ら家で勉強する…、滅多にそんな子いません。

 

 

 

しかし経営者は

 

 

まさに自分の精神力で継続せねばならない事が多い。

 

 

 

 

 

 

とんでもないところ、なのか分かりませんが

 

 

私が目指すべきところが見えてきました。

 

 

 

そのために

 

 

小さなことを積み重ねます。

 

 

何せ、理念は「継続が幸福を導く」なんです…!

 

 

 

 

 

 

弊社ではOBのお客様にニュースレターを毎月お届けしています。

 

 

先日お届けしたものが、通算88号でした。

 

来年には100号記念号を発刊することになりますね!

 

 

何かワクワクするような企画内容を考えたいと思います。

 

 

 

発行している張本人(いや、こう書くと実際に制作してくれているスタッフに怒られますが)からすれば

 

このニュースレターの継続というのは、なかなかハードルが高いです。

 

 

 

ハッキリ言って、ブログより難しいですよ!?

 

 

もちろん、社内の仕組みや外注業者を使うなどして継続していける場合もあると思いますが

 

ブログを続けられない人にニュースレターを続けることは難しい。

 

 

 

紙媒体だけに、制作に手間がかかったり完成度が求められたりするのが理由の一つ。

 

 

そして最大の理由は

 

 

コストがかかるから、です。

 

 

 

ブログはコストゼロです。

 

ニュースレターには、印刷コストと発送コストがかかります。

 

 

 

メールマガジンなどもコストは殆どかかりませんし、ファックスレターが使えるならコストはかなり抑えられます。

 

しかし、紙媒体を発送するというのは半端な金額ではありません。

 

 

 

他で稼いだ利益をここに投資してでも続けていく、という信念がいるのです。

 

 

 

OB施主様との継続取引は、言わば私の信念です。

 

世の中にはOB施主様オンリーで十分な受注を確保する工務店さんも多くあります。

 

大手リフォーム会社さんでは、30億円のうち10億円をOB施主様から受注する会社もあるんです。

 

 

凄いことですよね!?

 

 

私は経営理念に「継続が幸福を導く」を掲げ、お客様との長いお付き合い、継続取引を強く願っています。

 

 

しかし実際の受注構成やニュースレターによる効果については、未だ道半ばなんですね。

 

88回ニュースレターを作って送っても、まだまだなんです。

 

 

 

そんな中でニュースレターを継続するというのは…、そりゃあ信念がいりますよ!?

 

 

コストがかかるのに成果がすぐに目に見えるものではないため、継続が難しいのです。

 

 

 

 

しかし私はニュースレターを絶対に、やめない。

 

ニュースレターをやめる時は、私が経営理念を捨てる時だと思っています。

 

 

 

あと30年かかっても、絶対的なOB施主様とのお取引の基盤を構築する。

 

そうすれば、その後も長く継続可能な経営基盤になると思うから。

 

 

 

実際にそうやって営業している会社が沢山あります。

 

有名な東京の「でんかのヤマグチ」は、その理想のモデルです。

 

 

 

ニュースレターの形態等は変わっていくかも知れませんが

 

続けることだけは決まっています!

 

 

 

 

 

 

先日、ビジネス書の成功事例で載っていた会社さんの話を聞いて

 

改めて、そのビジネス書を引っ張り出して読みました。

 

 

 

何でもそうなんですけど

 

字面だけインプットするのは、その場でできるんです。

 

 

しかし

 

 

腑に落ちる、本当に理解するというのは簡単ではありません。

 

分かったつもりになっているだけなんですね。

 

 

 

今回は、その事例の会社さんの凄まじい取り組み、仕組みの話を聞いてから改めて読み直しました。

 

 

そして、読む私の視座が少し上がっていることもあるのでしょう。

 

 

 

何気ないフレーズに込められている意味合いの大きさが、スッと腑に落ちてきたんですね。

 

 

 

 

こんな風に、私は同じ本を何度も読みます。

 

そのときの自分の視座に応じて、色んな学びや気づきがあります。

 

 

 

そう考えると、本ってメチャクチャに安くて素晴らしい。

 

 

 

さて、今日も色んなところで色んな人にお会いします。

 

全力で前進した1日になるように、元気に頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

昨日、そして今日と

 

これからの大きな経営課題について人と話をする機会がありました。

 

 

 

おかげさまで、道筋が見えてきたような気がします。

 

 

 

10年後に「こうなっていたい」というイメージがあって

 

そこに至るために必要なことが少しずつですが埋まっていく感じです。

 

 

 

やると決めることからスタートです。

 

 

大目標が決まりました。

 

 

続いて最も重要である、実行・達成時期を決めねばなりません。

 

 

ざっくり10年後、と言っても本当にそれでいいのかどうか。

 

 

 

 

 

一方で

 

 

しっかりと足元を固めることも重要。

 

 

日々の改善実行を重ねること。

 

 

 

明日も頑張ります。

 

 

 

 

 

 

土砂降りの雨。

 

こんな日は現場作業がストップする事も多く、職人さんも休みになったりします。

 

我々のような外部作業の職人さんは「雨=休み」という概念みたいなものが出来上がってしまっています。

 

 

 

しかし、雨というのはは丸一日降り続けるわけではありませんし

 

工程を考えると、雨でも可能な作業を考えて何とか進めたい事も多分にあるんです。

 

 

 

ですから、雨でも苦労して職人さんを引っ張り出したりしています。

 

 

 

 

 

しかし

 

今春、高校を卒業して入社した二人の新人

 

彼らは絶対に出勤してきます。

 

 

 

入社の際に、私はハッキリ言いました。

 

「雨でも必ず出社しなさい」

 

ですから彼らには雨だから、という概念が一切ありません。

 

 

 

これ、素晴らしいことなんですよね。

 

 

 

まさに新卒効果。

 

 

 

 

今で入社丸2か月。

 

まだまだ職人としての技術は身についていない事が多いです。

 

 

 

しかし、何か空気が変わっています。

 

同期で二人いるので余計にそうなんですが、ニコニコして出勤してきます。

 

 

 

昨年に踏み出した新卒採用の一歩が、少しづつですが今になって芽を出している感じです。

 

本当に踏み出して良かった。

 

 

 

この取り組み、必ず継続していきます。

 

 

 

職人のなり手がドンドン少なくなるであろう世の中です。

 

そして、現場では職人不足が慢性的な状況です。

 

 

 

職人、すなわち施工能力を持っているだけで強みとなる時代が近づいています。

 

 

 

営業スタッフとは、また違った人材確保、そして育成の難しさがあります。

 

これまた、喫緊の経営課題です…!

 

 

 

 

 

 

まあ~

 

 

思わぬこともあるものですが

 

 

凹んでいる場合じゃありません…!

 

 

 

 

社長はとにかく元気なことが大事なんです!!

 

 

 

 

そんな中でも

 

会計分野におけるカイゼンを1本。

 

 

 

これで計数管理に意味を持たせることができます。

 

会計分野は、元・金融機関勤務の私にとっては本来得意分野です。

 

 

 

今まで手をつけていなかったのが問題なのかも知れませんが

 

振り返っても仕方がありません。

 

 

昨日も書きましたが、勝負はこれからです。

 

 

 

改めて

 

 

パワー全開の気分です。

 

 

明日も突っ走ります!!

 

 

 

 

 

 

これからの30年を見据えて、なんてエラそうな事も書いておりますが

 

実は足元にも、大きな課題が沢山転がっている状態です…

 

 

 

おかげさまで経営者としての視座が少し上がった今

 

そして、幸いにも売上環境に恵まれている今こそ

 

 

 

色々な事を決断して進んでいく時なのかと思います。

 

 

 

 

ここ数年

 

 

 

営業担当者としてはメチャクチャ頑張ってきたものの

 

 

経営者としては及びませんでした。

 

 

 

しかし、これも私にとって必要なステップであったと思うのです。

 

このステップがあったからこそ、次に進める。

 

 

 

 

ここからのステップに進むにあたり、気合の関西弁でコメントします。

 

 

 

 

「勝負はこれからやで。」

 

    ↓

 

 

(白夜行という東野圭吾氏の小説に出てくる印象的なセリフです…!ご存じの方がいらっしゃれば嬉しいです。)

 

 

 

 

 

 

先日書いた採用関連ページですが

 

想いを込めて書き上げました!

 

 

本サイトアップは少々先になりますが、せっかくなのでブログでアップしてしまいましょう!

 

 

 

***

 

 

弊社採用案内ページをご覧いただき、ありがとうございます。株式会社リーフユニティの代表をさせていただいている植田健史です!

 

 

株式会社リーフユニティは2015年7月に株式会社設立30周年を迎えることができました。せっかくの30周年なので、様々な周年イベントを企画して実行しました。

 

その一つとして、30周年記念式典という行事をスタッフ及び関係各位約120名に集まっていただいて行うことができたのです!

 

 

式典の場におけるご挨拶のときに、私は何を話すべきか色々考えました。

 

30年来お世話になっている方も中にはいらっしゃいますし、もちろん直近のお付き合いも含めてお世話になっている各方面の方々への感謝の思いをお伝えするのが一番です。

 

しかし、考えれば考えるほど別な思いが湧き起ってきたのです。

 

私は先代の創業社長の後を継いで10年。その前20年は父である先代社長が築いてきてくれたのです。30年続く会社は世の中の0.025%とも言われます。この奇跡的な30年を作ってきたのは私ではなく紛れもなく先代社長です。しかし、これからの30年を築き上げていくのは間違いなく私である、と。

 

 

そして次なる40周年、50周年、そして60周年も笑って迎えたい。

 

 

そういう思いで、「これから30年、この会社を継続していきたい」と檀上でご挨拶申し上げました。

 

 

その日から、私のミッションは「これから30年継続しうる会社をつくること」になりました。

 

元々、当社の経営理念は「継続が幸福を導く」となっています。

 

継続することの力の凄さ、そしてそれが導く幸福。

 

私たちの仕事を通じて、スタッフや職人さん、お客様をはじめ関わる人々の幸福を実現する。以前からこれを目指してやってきました。

 

その経営理念にピッタリとマッチする私のミッションが決まり、改めて経営理念に魂が入りました。

 

 

 

 

 

記念式典の2か月後、「家族慰安会」を行いました。ホテルの会場で、ランチブッフェ形式にての開催です。このときはスタッフと協力業者会である「わかば会」のメンバー及びそのご家族も招待して賑やかに行いました。小さな子供さんも多くきてくれたので、とても楽しい場になりました。

 

 

 

 

その時に当社の職人さんの子供を見て、私は思わず声をかけました。「早く大きくなってウチの会社に入れよ~!」何気なく言った一言だったのですが、よくよく考えてみれば実現すれば素晴らしいことなんですよね。スタッフや職人さんが自分の子供を入社させたい、そんな会社に絶対にしていきたいと思ったんです。

 

 

 

集まるスタッフや職人さんには、ずっと長く勤めて欲しい。今一緒に頑張っている仲間たちとまた40周年、50周年を一緒に祝いたい。60周年は…、さすがに年齢的に今のメンバーは難しいかも知れませんが(笑)。

 

当社に勤めていて子供を産んだ女性スタッフは、みんな産休・育休を経て仕事に戻ってくれました。2回の出産をして、2回とも戻ってきてくれた女性が3人もいます。

 

1年やそこらの産休がどうこうとか、大きな問題じゃない。彼女たちが、まだこの先10年、20年と勤めてくれることが大切なんです。

 

 

 

私たちの仕事はお庭やエクステリアをお客様に提案し、そして作ることです。

 

 

お客様から「キレイにしてもらって、ありがとうございます!」と御礼を言っていただけます。

 

作る現場は美しく、実は提案した本人が癒されます。

 

お客様と長く、そして深くお付き合いさせていただけます。

 

お客様に幸福を届けることができます。

 

人に必要とされる素晴らしい仕事です。

 

 

 

ですから、とてもやりがいのある仕事なんです。

 

 

 

ですが、この業界は小さな業界であるため、こんな素晴らしい仕事なのに活躍する人がまだまだ少ない。

 

ですから、私たちの仕事をもっと知ってもらって、そしてこの仕事をする人たちに幸福を導くことが私の大きな使命だと思っています。

 

経験は必要ありません。心配しなくても、この業界で経験者なんて殆どいないのですから誰もがイチから学んでいくのです。間違いなく私自身もそうでした。

 

履歴書の学歴は重要ではなく、必要なのは「学ぶ力」。見たもの、聞いたものから何かを感じて自分の中に落としこむ力です。決して難しいことを勉強するわけではありません。

 

そして何より求められるのは

 

「人間力」

 

約束を守る。時間を守る。しっかりと連絡をする。相手の思いを汲み取って行動する。笑顔で人と話ができる。仲間を助けることができる。

 

 

例えばこんな事をしっかりとできる人なら、きっと私たちの仕事で人に求められるようになるでしょう。

 

 

「店員さん」とか「業者さん」ではなく、お客様が呼んでくれるのはあなたの名前です。あなたという人間が輝く仕事です。

 

 

この素晴らしくやりがいのある仕事を長く続けていきたいと願う方。

 

 

そんなあなたと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

 

 

 

***

 

 

 

 

いかかでしょうか…?

 

 

本サイトアップまでに多少校正があるかと思いますが、こんな感じで行きたいと思います。

 

 

 

もちろん、この文章が全てではありません。

 

これを書いてアップしたからと言って、即効性の効果は決してないでしょう。

 

 

 

ここからがスタート。

 

 

これからの10年、20年を見据えた取り組みです。

 

 

 

じっくりと、そして速やかに進めていきます!
 

 

 

 

 

 

昨日、採用関連のブログ記事を書いた勢いで

 

早速、ホームページに載せる採用関連ページの原稿を書き始めました。

 

 

 

これもブログ効果です!

 

 

 

書き始めると…色んな想いが湧いて出てきて、どんどんと長くなってまいりました^^;

 

 

こんな長いの、読んでもらえるんだろうか…?と思いつつも書いています。

 

 

何も、今すぐに求人が必要だから採用関連ページを作っているわけではありません。

 

これからの30年を考えると最重要課題である事が明白になります。

 

 

 

この「緊急ではない最も重要なこと」に取り組んでいます。

 

大急ぎでやっています。

 

 

 

最も重要なのですから、当然に優先すべきことなんです。

 

 

 

志あって人間力のある人を採用するなんて、とてつもない取り合いです。

 

一定規模以上の中小企業の社長なら、その難しさを知って血眼になって取り組んでいるはずです。

 

 

 

 

私はこれまで先代以来のスタッフに恵まれていた事もあって、営業•マーケティング中心に経営を考えてきました。

 

ありがたい事に多くのご縁に恵まれて、営業・マーケティングの緊急性がない環境のステージに上ってこれました。

 

 

そんなタイミングの中で

 

昨年迎えた30周年

 

私の視座を高めてくれた4月の埼玉行き。

 

 

 

そして、このブログでのアウトプットという効果。

 

 

様々な事が重なった結果、人材獲得という最重要課題に軸足が乗るところまできたのです。

 

これまで半ば諦めていたような気もします。

 

自分が頑張れば何とかなる、と思って頑張ってきました。

 

しかし、時間は有限です。そして齢を重ねてきました。

 

 

 

むしろ

 

 

まさに緊急な事なのかも知れませんね…!

 

 

 

 

 

 

私の最大のミッションは

 

「これから30年間継続する会社づくり」

 

です。

 

 

 

 

そのために絶対に必要なのが

 

次世代を背負っていく人材の獲得です。

 

 

しかし、採用に関する環境は簡単なものではありません。

 

中小企業…、というよりも零細企業です。

 

 

 

就職難…?

 

いえいえ、奈良のような田舎でも求人は沢山あるんです。

 

そして、名だたる企業が名前を連ねています。

 

 

 

 

では、そのような立派な会社ではなく

 

弊社をわざわざ選んでくれるような人がいるのか…?

 

 

そう考えると、とんでもなく難しいことをやろうとしているんです。

 

正直、先が見えない感覚にも陥りそうになります。

 

 

 

 

求人広告、ハローワーク…

 

それぞれの活用法はあるのでしょう。

 

 

 

しかし、もっと大事で先にすべき事がありました。

 

こういう人に入社してほしい、という私の想いを発信することなんです。

 

 

そしてそれは会社のホームページであったり、そしてこのブログというツールで幾らでも発信することができる。

 

 

 

そんな取組を本格化させたいと思います。

 

 

 

 

我々の仕事というのは、本当に素晴らしいです。

 

 

作る現場は「美しい」です。

 

お客様に笑顔で感謝していただけます。

 

お客様に、そして社会から必要とされる仕事なんです。

 

 

 

この事をもっと伝えていくことは

 

自社だけでなく世の中のためになる事でもあるとも思うのですね。

 

 

 

 

こんな発信を

 

これから進めてまいります…!

 

 

 

 

 

 

昨日は

 

CADメーカー、RIKさん主催のセミナーに参加してまいりました。

 

 

「人材確保は長期目標で決まる」

 

 

最近、これからの経営課題について考えている私にとってタイムリーな内容でした。

 

 

 

表題にある「人材確保」にとどまらず

 

社長の仕事、役割は何なのか?という部分を掘り下げた内容でした。

 

 

 

テーマは「願望」、すなわち会社の将来像をはっきりさせること。

 

 

 

それを発信することができれば、それに呼応した人材が集まる。

 

 

 

プラス

 

 

その後の懇親会などで、感じたまま口走っていたのですけど

 

人材を確保するために必要になるであろう会社のステップが見えてきました。

 

 

 

まだ私の中での妄想に過ぎない考えですし、まだとてもブログでは書けない話なのですけど

 

慎重にではありますが、実現に向けて様々な角度から検討、検証をしていきたいと思っています。

 

 

 

 

それにしても

 

 

なんなんでしょう、この感覚…!?

 

 

 

今回のセミナーに限った話ではなく、様々なことが積み重なってなのですけど

 

 

私の中で、経営者としての自己変革が起こっています。

 

 

 

ワクワクしているような、フワフワとしているような…言葉にしづらいですが、ちょっと不思議な感覚です。

 

 

 

 

感覚だけじゃダメなんですけど

 

きっと、これが行動に影響されていくんだと思います。

 

 

 

 

 

色んな願望がありますけれど

 

 

 

とにかく

 

 

 

良い会社をつくりたいです…!

 

 

 

 

 

 

さて、かねてから考えていた朝礼の改善をすることにしました!

 

 

職人さんい前日の現場であった「良かったこと」を発表、報告してもらう、というものです。

 

 

 

もちろん一番良いのが

 

お客様に喜んでいただけた、というものですね。

 

 

 

ただ、必ずお客様に会う訳でもありませんから

 

何だっていいんです。

 

 

 

 

朝一番に現場でゴミを拾って現場がキレイになって良かった、とか

 

お客様のお庭にキレイな花が咲いていた、とか

 

新しい仕事を覚えることができた、とか

 

仕事が段取りよく進んだ、とか

 

仲間に助けてもらって嬉しかった、とか

 

 

 

何か一つは良い事あると思うんです。

 

 

 

朝から仲間でコミュニケーションをとって、モチベーションもアップさせる。

 

 

そうすることによって、ちょっとでもいい会社になると考えれば

 

 

これくらい簡単な事です。

 

 

 

そもそも、朝礼などありませんでした。

 

スタッフからの発案もあって、朝礼をするようになりました。

 

 

KY、すなわち危険予知を発表してもらったりしていますが、さらにもう一つ付け加えます。

 

 

 

朝礼という「型」があるからこそ、こうやってカイゼンできていきます。

 

「型」を作ってブラッシュアップしていくという手法は、私がずっとやってきた事です。

 

 

 

日々の朝礼以外も

 

 

しっかりとブラッシュアップしていきます…!

 

 

 

 

 

 

最近、昔読んだあるビジネス書を引っ張り出して再読しています。

 

 

小さな会社の経営者向けの本なのですが、改めて読んでいると昔と感じ方が違うところが沢山あります。

 

 

また、You Tubeでもちょっとした経営者向けのレクチャー動画みたいなのもあって、昨日もちょいと聴いていました。

 

 

結構…、腑に落ちてくる事もあります。

 

 

 

これらのメリットは

 

 

費用と時間がかからない事。

 

 

書籍代は僅かなものですし、動画の通信費も固定料金に含まれます。

 

また、時間も移動中など合間の時間を使うだけで読んだり聴いたりできるのが大きなポイントです。

 

 

対して、セミナーの類は時間をガッツリ投じないといけませんし、仮に無料であっても交通費等がかかります。

 

 

確かに対面、肉声のセミナーの方が腑に落ちる率は高くなります。

 

しかし私はセミナー等は人の御縁がある場合以外は絶対に参加しない、という考えです。
何より大切な時間を割くのに、「参考になった」程度で終わらせている場合じゃないんです。

 

何も変わらないなら、読書もセミナーも自己満足でしかないんです。

 

 

そして、もう一つ。

 

 

セミナー講師ではなく、等身大の経営者のお話を聞く機会もあります。

 

これは、凄くいいです!

 

先生ではなく身近なライバル、という設定になります。

 

 

 

負けてられない!という感情が起こります。

 

 

実は私は最近、この感情に突き動かされているんですね。

 

 

これ、なかなか凄いです。

 

 

 

 

ともあれ

 

 

経営者が会社を成長させるには経営者が成長しなければならない。

 

 

そのために必要な事は人それぞれで

 

読書やネットをはじめ目や耳に入るあらゆるもの、そしてあらゆる人の御縁からヒントを探していかなければいけない。

 

 

経営者人生、これがずっと続いていくのでしょうね…。

 

 

 

 

 

 

本日は

 

「全体朝礼」を行いました。

 

 

 

弊社営業スタッフ、直属の職人さんに加えて協力業者会「わかば会」のメンバーの職人さんに朝から集まってもらっての朝礼です。直属の職人さんは毎日朝礼していますが、全体朝礼は月に1度です。

 

 

完全に全員が集まれた訳ではないのですが、今朝数えたら職人さんだけで33人集まってくれていました!

 

 

 

 

実際、常時40人ほどの職人さんが現場で仕事をしてくれています。

 

このメンバーが専属メンバーとして弊社の現場を作ってくれているのです。

 

 

 

 

全体朝礼の度に感じます。

 

集まってくれている職人さんのためにも頑張らないと、と。

 

 

 

彼らに絶対に仕事を切らさない。

 

それを信じて来てくれている彼らを絶対に守らねばならない。

 

 

 

 

このメンバー以外にも、色んな職人さんや協力業者さんの出入りがありました。お互い信頼関係の構築に至らなかった人たちとのお付き合いは続きませんでした。

 

 

それ故、継続してきてくれている40人の施工班こそが当社の財産だと思うのです。

 

 

目先のおカネじゃない、信頼関係。

 

これは簡単にご縁があるものではありません。

 

 

 

 

 

彼らにもっと、私及びスタッフの想いを共有してほしい。

 

 

そんな想いで全体朝礼を始めました。

 

 

 

今日は結構久しぶりに経営理念「継続が幸福を導く」の話をしました。

 

 

このところ伝えきれていなかった事を反省しています。

 

 

来月はスローガンの話もします!

 

 

 

朝礼のあり方も、色々あるようです。

 

私ももっと学んで、全体朝礼を深化させていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

昨日は恒例の「豆知識勉強会」を開催いたしました!

 

 

なんだかんだと継続しています!

 

 

7人のスタッフが各自の現場報告や営業活動の中で拾ったことを報告します。

 

 

ほんのちょっとした事でいいから、という事で

 

皆それぞれが持ち寄ってくれています。

 

 

 

そこから雑談のようにワイワイガヤガヤ…

 

 

それがまた、いいんです。

 

 

 

 

「型」ができています。

 

 

「型」ができているから継続できる。

 

 

継続できるからカイゼン、ブラッシュアップができる。

 

 

 

 

これが経営理念「継続が幸福を導く」のミソの部分でもあるんです。

 

 

 

そろそろブラッシュアップ…、考えていきましょう!

 

 

 

 

 

 

今日はスタッフに運転してもらって、現場を回ってきました。

 

 

奈良市現場

 

生駒市現場

 

奈良市現場

 

奈良市打ち合わせ

 

橿原市現場

 

 

もちろん現場を回りつつ、何かを感じてもらいたいと思います。

 

そしてもちろん、共有する時間をコミュニケーションの時間と考えています。

 

 

また、電話やアイパッドを使ったメールチェックが自由自在なので大変いい感じで動けます。

 

ますます時間というものの重要性が高まっている私にとって、これも現在必要な事だと思います。

 

 

 

さらに明日から

 

職人さんを運転手に、という新手を投じる事にしました!

 

 

こんな事ができるのも、先日来頑張ってくれている新卒入社の子らのおかげでもあります。

 

 

 

先日、歓迎会をしたのですけど

 

先輩のベテランの職人さんたちが口々に「頑張っているし、真面目でヤル気があるのがいい!」と口々に褒めてくれていました。

 

彼らの加入のおかげで職人さんを運転手を務めてもらう事もできるという訳です。

 

 

これも、今年の一歩前進と捉えましょう。

 

 

このチャンスをしっかりと生かして、もっと良い会社を作っていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークも終わりました!

 

明日からスタッフみんなと力を合わせて頑張りたいと思います。

 

 

 

このところ

 

 

植田は人のご縁にも恵まれています。

 

 

 

商売は人のご縁。

 

小さな会社は、特にそうなんです。

 

 

 

この当たり前のような事をさておいていては

 

マーケティングも戦略も意味をなさない。

 

 

 

そして

 

 

経営者は視座を高めていかなければいけない。

 

 

会社を成長させるためにはスタッフの成長が必要です。

 

スタッフを成長させる、というのは簡単な事ではなく経営者の人間力が問われる部分です。

 

 

 

その視座を高めてくれるのも、人のご縁だと思うようになりました。

 

 

 

明日から、またフル回転です。

 

 

ご縁を広げ、そしてご縁を深めていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

本日は終日、自社事務所にいる植田です。

 

スタッフ一人と私だけで、電話もあまり鳴らないので静かな空気です。

 

 

新緑の季節に穏かな天気も最高です。

 

とても静かな気持ちで仕事を進めることができます。

 

 

 

こういう時間、絶対に必要ですね。

 

 

 

そうこうしている間に、お客様のご来店もあったりします。

 

2年前にリニューアルしたショールームでお迎えできるのが、改めて嬉しいです。

 

 

 

 

少しづつかも知れませんが、いい会社になってきました!

 

 

 

そして、この連休明けにスタッフが一人、産休明けて復帰してくれます。

 

前向きでセンス溢れる、能力の高いスタッフです。

 

本当に嬉しいです!

 

 

 

さらに5月後半に、もう一人、そして9月にもう一人が産休明けからの復帰。

 

 

 

彼女たちが揃ったときに、もう一回りいい会社になります。

 

今年はそういう素晴らしい年になるんです。

 

 

 

ちなみに3人ともが2回目の出産を終えての2回目の復帰。

 

正直、彼女たちの1回目の妊娠が立て続いたときに私は目先の人員確保に悩み苦しみました。

 

 

めだたく、喜ばしい事なんですけど

 

経営として女性の雇用に対するリスクとマイナスを感じました。

 

 

 

そして何とか乗り越えてきた今

 

 

 

目先の事ではなく、これから30年会社を継続していくために

 

産休なんてとても小さな事であり、彼女たちにもずっと長く働いてほしいと願っています。

 

 

 

 

実は先日も、一人が産休に入りました。

 

彼女にも、必ず戻ってきてくれ、と言いました。

 

 

 

 

 

田舎の小さな会社です。

 

 

求人募集しても、応募もそうそうある訳ではありません。

 

 

 

優秀な女性スタッフの確保こそが将来にわたる切り札となると思っています。

 

出産のリスクやマイナスなんて、小さすぎる話だと今は思えるようになりました。

 

 

 

これからも

 

 

女性が働きやすい職場づくりを進めていきます!

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウイークもたけなわな感じで

 

Facebookには楽しそうな投稿がどんどん上がってきますね!

 

 

私はと言えば

 

 

昨日の3日だけが休みで、長女の吹奏楽の演奏会に家族で行ってまいりました。

 

 

今日から、さらにアクセル全開で頑張ります。

 

 

よく、人の3倍働けなんて言われます(よく、は言われないか(^_^;))。実際、1日8時間働く人の3倍働くと24時間になりますから寝る時間も無くなってしまいますから2倍が精一杯です。

 

と言うことは、人が休んでいる時に働いて3倍にしないといけないのです。

 

 

しかし実際、時間だけでなく中身も重要ですね。

 

私は年間4万km車を運転します。

 

1日3~4時間は運転している事になります。

 

 

ここを何とかしないといけない。

 

運転手、着けます。

 

運転手がいると、電話ができます。
これだけで凄い効率アップと顧客対策になります。

 

iPadがありますので、メールは可能ですし図面や写真を見ることができます。

 

車を洗ってもらったりも、ありですね。

 

オイル交換も月に1回とかやってますから、その時間を節約したりもできそうです。

 

 

 

いいですね~、ブログを書く効果で色んな事を思いつきます。

 

 

専属の運転手兼秘書とかは将来の話として

 

色んなメンバーの日替わり制も面白そうです。

 

幸い、それが可能な環境にあるんです。

 

 

与えられた環境の中で有効なオペレーションを見つける、というのも経営のコツですね。

 

 

 

連休明けから、即実行です!

 

 

 

 

 

 

弊社の経営理念「継続が幸福を導く」を語る際に、とても大事な事があります。

 

それはOB施主様とのお付き合いです。

 

 

昨日、今日と夕方最後の打ち合わせがOB施主様でした。

 

お邪魔するなり、お互い笑顔です(^^)

 

そこには信頼関係があります。

 

この仕事が本当に楽しいと思える瞬間です。

 

 

 

OB施主様とのお付き合い、業界ではリピート受注なんて言ったりします。

 

私はリピート受注という言葉は何かピンと来ません…。何か機械的なイメージの響きがするのです。お客様とのお付き合いは、そんな機械的な動きでは決してなく信頼関係という心のつながりがあるんです。

 

 

これこそが私たちが目指す理想の仕事の形。

 

ご縁の継続。

 

それが経営理念に盛り込まれているのです。

 

 

OB施主様とのお付き合いの形の一つに毎月のニュースレターの発行があります。

 

お客様感謝祭を毎年行っています。

 

ここを、さらに深化させていきます。

 

 

目標は、電化のヤマグチさん。

 

地域密着店を目指す経営者の方なら大抵知っておられると思います。

 

 

この取組みこそ、短期間でできる事ではありません。

 

ここでもまさに「継続が幸福を導く」のです!

 

 

 

 

 

 

経営について書くとなると

 

 

「経営理念」について、まず語りましょう。

 

 

 

当社の経営理念は「継続が幸福を導く」です。

 

 

 

2009年に策定しました。

 

この言葉に込められている想い、全くブレていません…!

 

 

 

それだけの想いを込めて作り上げた経営理念です。

 

 

 

 

実は経営理念というものは、他人が読んでも何も感じる事がありません。

 

私が経営理念について考えさせられた本の筆者の会社の経営理念も、それだけ読んでもピンと来ませんでした。

 

大企業をはじめ、他の理念経営を掲げる会社のものを読んでも同様です。

 

 

 

いったい、経営理念とは何なのか?

 

 

 

前日の本から学びました。

 

それは経営者の魂の叫びである、と。

 

 

 

その会社を何のために経営しているのか?

 

そのために、何をどうすればいいのか?

 

 

その問いに対する答えを、経営者が魂を込めて叫ぶことのできる文章なんです。

 

 

 

弊社の経営理念を読んでいただいても、短いですし何が言いたいのが解らないと言われるかも知れません。

 

 

しかし私は、この話なら2時間以上ぶっつけ本番であろうと話すことができます。

 

 

 

魂を込めて叫ばねば、絶対にスタッフや関係者に伝える事などできません。

 

当たり障りのない綺麗にまとまった経営理念を飾っているだけでは、それは何の意味もなしません。

 

 

 

2009年に、この経営理念を生み出してから5年以上経ちます。

 

しかし、この言葉に込めた想いは全く変わっていないのです。

 

 

 

今、年4回経営方針をスタッフに伝える場があって経営理念についてもずっと伝え続けています。

 

 

しかし、まだまだ足りないんじゃないか…?

 

 

 

 

先日の埼玉での学びから、そんな事を考えています。

 

 

 

改めて、考えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

昨日のブログで無理矢理に(!?)前向きな事を書いてカイゼン案を考えると書きましたが

 

 

早速一つ、形にしてみました。

 

 

 

これ、完全にスローガン効果、そしてブログ効果です…!

 

 

 

ブログに書くことによって考えが整理され、そして気持ちが前に向く。

 

書いて公開することによってコミットされ、行動が後押しされる。

 

 

 

 

思いだしてきました。

 

 

私が色んなマネジメントで前進していたころって、もっとブログを書いていました。

 

現場の写真を載せる以上にマネジメントの事を書いていました。

 

日々ブログを書くことによって常にやるべき事、目指すべきところをイメージできていました。

 

 

 

 

世には、ブログをSEO対策として使って毎日のようにタイトルにキーワードを羅列しているブログも存在します。

 

 

しかし以前から私はそれに違和感を感じずにおれませんでした。

 

 

 

改めてわかりました。

 

 

私にとってブログって、そんな目的ではなくもっと大きな目的があったんです。

 

 

 

「アウトプットの効用」

 

 

こんな話を先日会った経営者の方(私より年下です!)に伺いました。

 

インプットよりアウトプットが自己の成長の早道だ、と仰られていました。

 

 

 

 

そう、ブログによるアウトプットの効用、これなんです。

 

私が10年間ブログを書いてきた理由って。

 

 

 

 

パソコンに向かって、何度も書き直しながら書きます。

 

書きながら、そして自分が文字にした文章を読みながら頭が静かに研ぎ澄まされていくのです。

 

少々の時間をかけていますが、この時間こそが実は必要な時間だったのです。

 

 

 

 

激増するご縁の中で、このところ後回しになってしまいブログの事も軽く考えてしまっていたのですが

 

それって、実は自分が損していたんです。

 

 

 

忘れかけていた事をハッキリ思い出しました。

 

 

 

 

当ブログ、完全復活!

 

 

そして

 

 

思いっきり前進します!

 

 

 

 

 

 

昨日早速、問題が沸き起こりました!

 

 

 

捉え方としては

 

 

問題、上等、

 

 

問題、キター!

 

 

 

こんな感じで行きます。

 

 

 

 

早速、カイゼン案を考えるとします。

 

 

 

弊社の今年のスローガンは「改善実行」ですし。

 

 

 

スローガンって、案外いいものですよ。

 

 

何となく、行動が後押しされるんです。
スローガンが~やから…っていう感じで。

 

 

それでいて、全く費用がかからないんです。

 

それを毎年変えていくことによって、色んな角度から行動を変えていくことができる。

 

 

 

「全員一丸」を掲げた年に始めた懇親会は定例化しました。

 

 

「環境整備」を掲げて始めた取組は今も続いています。

 

 

 

決して縛られるわけではなく

 

 

ゆるっと行動がプラスの方向に向いていくんですね。

 

 

 

 

スローガン、いいね~!

 

 

 

 

 

 

先週の土曜日は埼玉へ行ってきました。

 

中小企業家同友会という会の行事に参加するためです。

 

 

 

これまで私は経営者の方々と経営を語るという機会がさほどなく

 

人のご縁のないセミナーの類はむしろ嫌いでしたし、ビジネス書も乱読せず同じ本を繰り返し読むというスタイルで経営について考えてきました。

 

 

何より自分の頭で考えてきました。

 

 

しかし、今回の機会を通じて

 

 

消費税増税からお得意先様からのご期待の増大を受けて、プレイヤーとしての売り上げが倍増したこの2年ほどの中で

 

 

マネジメントにかける時間と気持ちが激減してしまっていた事を痛感しました。

 

 

 

いや、わかってはいたんです。

 

 

それを正面からダメだ、と指摘してくれる人がいました。

 

 

 

今日、これから当ブログは完全に経営ブログに特化したいと思います。

 

幸いありがたいことに、弊社は自社のPRや宣伝を考えるステージではありません。

 

 

 

一連の30周年関連行事も、まもなく終了いたします。

 

 

 

そして

 

 

 

次なる30年のスタートです…!

 

 

 

 

 

 

各方面からのご依頼が

 

 

どうにもこうにも、とまりません(笑)。

 

 

 

もちろん、ありがたいです。

 

ご期待いただき、そして必要としていただいているように感じています。

 

未来にわたって自信を感じることができています。

 

 

 

私へのご期待の増大に合わせ、営業アシスタントと現場監督が私の仕事をサポートしてくれています。

 

事務作業をアシスタントがさばき、そして現場は監督が仕切る。

 

 

 

これなら、いくらでも仕事がこなせると思っていたのですが

 

 

さらなる壁が近づいてきたようです。

 

 

 

私の頭の中での整理キャパシティ

 

記憶力とカン

 

 

実はこれには、私はいささか自信があったのですけど…

 

 

 

最近、どうにも…
 

 

 

そろそろ、何か新しい一歩が必要なようですね…。

 

 

 

 

 

 

さて

 

実は週末の18日、19日にフェアをやってました。

 

「リビングガーデンフェスタ’15」です。

 

 

 

これほどフェアどころじゃないフェアも初めての感じでしたが

 

天気も何とか持ちこたえてくれて、まずまず良かったかな…という感じの結果でした。

 

 

 

 

二日間の実際の来客数や植木の売り上げ、またこれから上がってくる工事の受注といった直接的なフェアの成果以上に

 

 

重要な意味合いがあるものだと思っています。

 

 

特に今回はそうでした。

 

 

 

これから30年継続しうる会社をつくることが私のミッションです。

 

 

 

そのためにフェアも続けるんです…!
 

 

 

続けるんです…!
 

 

 

 

 

 

先日、お得意先様の会議があって大阪市内の貸会議場ビルみたいなところに行く機会があったのですが

 

 

当日の予定の掲示をチラッと見てみたら

 

 

 

〇〇株式会社 採用面接会場

 

株式会社〇〇 会社説明会

 

 

といった内容がズラリ…

 

 

 

 

就職活動たけなわ、なんですね。

 

 

 

 

会社側にとっては採用活動です。

 

先日も書きましたが、高卒の職人志望については新卒採用に取り組み始めました。

 

 

 

大卒については

 

残念ながら未だそのステージではありません。

 

 

 

大卒で営業や現場管理、また営業アシスタント等を採用したい思いはあります。

 

新卒採用が、優秀かつ継続してくれる人材確保のために有効であることは承知しています。

 

 

しかし

 

僅か一人程度、それも毎年継続できるかどうか不透明なレベルでは

 

新卒採用というビッグプロジェクトを動かすレベルにないのですね。

 

 

 

表立った採用活動はいたしませんが

 

しかし何か、ひょんなご縁が繋がることはあるかも知れません。

 

 

 

弊社のような小さな会社でも

 

 

外構・エクステリアをやってみたい!という学生さんがおられたら

 

 

どうぞお越しくださいませ…!

 

 

 

 

 

 

昨日、愛車のアトレーの走行距離が10万キロになりました。

 

2年半で10万キロですので

 

1年で4万キロ走っている計算です。

 

 

毎日100キロ強走っています。

 

 

 

 

こう書くと武勇伝みたいですが…

 

 

改めて考えると、車の運転ばっかりしている事に大いに反省すべきなのかも知れません。

 

 

 

そういう意味でも

 

移動時間を減らすための移動経路というものは重要な課題です。

 

 

先日、京奈和自動車道の三宅インターと高架下の一般道路が開通しました。

 

実際に走ってみたのですが、一般部の道は信号が多くて流れがいいとは言えません。

 

しかし三宅インターの存在は結構大きく、各方面から京奈和道にアクセスできる重要なポイントとなりそうだと感じました。

 

 

 

それに加えて大和郡山ジャンクションが開通していますから、西名阪の大和まほろばインター(大和中央道)も上手く利用すれば移動効率が上がりそうです。

 

 

 

ただ

 

 

今日も改めて感じたのですけど

 

 

やはり国道24号線の奈良市~大和郡山市間の渋滞が酷すぎる…。

 

 

 

間違いなく県内道路事情の中で最悪な区間でしょう。

 

 

郡山イオン開業以来年々渋滞するようになってきてますし、郡山以南が今回改善されただけに余計とこの区間が浮き彫りになった感じがしますね。

 

 

 

もはや、こんなところ走っている場合ではありません。

 

徹底的に避けるルートを研究したいと思います。

 

 

 

限られた時間です。

 

これ以上運転している場合ではありません…!

 

 

 

 

 

 

昨日の試合で、巨人の阿部が早速捕手に復帰しました。

 

 

他球団の事を敢えて当ブログで触れる事もなかったのですけど、ここは経営に繋がる部分でもあるので一言。

 

 

 

「阿部の捕手は99%ない」と原監督が発言していたとのこと。

 

 

 

 

方針がブレている、という意見もありますけど

 

トップが方針を変更することは悪い事ではないと思います。

 

 

 

しかし

 

 

問題はリスク管理です。

 

 

 

正捕手に期待していた小林の力量については昨年一年見ている中で、わかっているはずの事。

 

それは、開幕後間もないこのタイミングで非常事態というほど小林はダメなんでしょうか?
小林が正捕手として通用しない、というリスクは考えていなかったのでしょうか?

 

 

 

 

そして、故障離脱した相川。

 

ベテラン捕手の故障離脱など普通に想定できるリスクだと思うのですが、今回の故障離脱を緊急事態というなら年中緊急事態だと思うんですけどね。

 

 

 

 

昨年、阪神は久保の人的補償で鶴岡を獲得して一定の働きをしてくれました。

 

藤井、日高とベテラン揃いなのになぜ鶴岡…? 

 

という声もありましたが、果たして藤井は故障離脱。日高は結局引退に追い込まれました。

 

 

 

 

古くは、城島が在籍時に藤井をFAで獲った当時も獲得不要論があったものです。

 

結果はもちろん、獲ってよかったですよね…?

 

 

 

そして、こんなに簡単に阿部を捕手復帰させるならば

 

阿部に捕手の練習をキャンプでさせておくべきだったのでは…、と感じます。

 

 

 

 

それこそ、リスク管理です。

 

 

仕事でも何でも共通して大切な「準備」です。

 

捕手復帰はない、と言われていたのですから、配球に必要なデータ分析などもできていなかったでしょう。

 

 

 

「準備」なき捕手・阿部など怖くもなんともありません。

 

 

 

巨人の話はともかく

 

 

想定できうるリスクをしっかりとコントロールする、言わゆる「リスク・マネジメント」。

 

そして、事前準備。

 

 

 

経営でも大事な部分ですよね…!

 

 

 

 

 

 

4月になりました。

 

 

早速、大手企業の入社式のニュースなども流れています。

 

 

 

実は弊社にも4月1日より先日高校を卒業したばかりの新入社員が二人来てくれて、新しい春の風が吹いています。

 

両名とも、職人の世界を志して入社してくれました。

 

 

 

いわゆる、新卒採用です。

 

 

 

新卒採用は5年前に採用して以来、そして5年前は偶然と言ってもいいご縁での採用でしたが

 

今回は違います。

 

 

求人の現状、今頑張ってもらっている職人さんの年齢構成など色んな事を考えて

 

これからの20年、30年の継続を見通しての経営判断での採用活動でした。

 

 

 

何せ、初めての本格的な採用活動です。

 

そして高卒の新卒採用というのは、実は結構細かいルールなども存在します。

 

 

高校に訪問したり、ハローワークに手続きに行ったりして段取りを確認しながら進めました。

 

 

 

 

その時高校の進路指導の先生によると、やはり他業界も含めて人手不足なのか求人が増えているとの事で

 

果たしてウチなんかに応募があるんだろうか…、そんな不安も大きかったのですが

 

 

 

 

早速に一人応募がありました。

 

そして後日さらに、もう一人応募がありました。

 

 

 

二人とも、とても感じのいい子で

 

両名とも即内定とさせていただきました。

 

 

 

職人としてはもちろん、社会人としてイチからのスタートです。

 

彼ら二人がどこまで頑張ってくれるのか、それはこれから次第。

 

ただ、何か期待を感じさせてくれるものがあります。

 

 

 

 

しかし

 

彼らが二人どうこうというだけでなく

 

これから新卒採用により職人の育成を行っていく、という経営方針を掲げたのです。

 

 

 

 

それをこれからも続ける。

 

 

 

今年も、同様の採用活動を行っていく予定をしています。

 

 

この事が10年後、20年後に必ず実りあるものになっている事を信じて

 

 

続けて参ります…!

 

 

 

 

 

 

このところ、さらなるご縁が増大中でして…

 

誠にありがたい限りでございます。

 

 

 

弊社は

 

 

「継続が幸福を導く」

 

 

という経営理念を掲げているのですが

 

 

 

 

頑張って継続してきた事が今に繋がってご縁に繋がっていると感じます。

 

苦しい時も目先じゃなく、未来のために頑張ってきました。

 

 

 

 

 

そして、そろそろ大きなターニングポイントが迫ってきたようです。

 

 

 

 

各方面の皆様のご期待にお応えするためにも

 

 

 

現在、会社として取り組んでいる事も

 

いよいよ待ったなしで進めていかねばなりません。

 

 

 

こんな時こそ

 

 

頭を冷やしつつ

 

心は熱く

 

 

頑張ります!

 

 

 

 

 

 

春の新芽がどんどん動いてきていますね~。

 

もう3月も終わりですから、そんな季節になっているわけです。

 

 

 

正直、ちょっと待ってほしいくらいの感じですが…

 

 

この芽吹きの季節は、最高の季節です!

 

 

どうぞ、春のリーフユニティにお越しくださいませ。

 

 

 

 

今年に入り、30周年記念に展示場のリニューアルも進めてきました。

 

 

P1120395

 

 

先日の記念植樹のスペースは、憩いのスペースとその提案シーンとなっています。

 

 

 

 

P1120394

 

こちらは展示にもなっていますが、実はラジコンコースとして開放しています。

 

 

 

この春はさらに、もう少し整備していく計画をしています。

 

 

 

 

 

その4月の最高の季節に

 

 

 

フェア、やります!

 

 

 

 

4/18   4/19 

 

 

 

リビングガーデンフェスタ’15 30周年記念

 

 

 

癒しとくつろぎの展示場に

 

どうぞ、お越しくださいませ…!

 

 

 

 

 

 

月曜日。

 

 

月曜日は極力予定を入れないようにしております。

 

マネジメントの時間を捻出するために今年から始めたのですけど、今日は結局日常業務で手一杯となってしまいました…。

 

 

ダメダメです

 

 

 

今年になって、プレイヤーとして担当する現場がグンと増えておりまして

 

営業アシスタント、そして現場管理補佐のスタッフもフル回転で、さらに一人私のチームに加わってもらっています。

 

 

 

が…

 

 

 

さらなるステップが必要なようですね。

 

 

 

ちょっと頭を整理して

 

 

チームづくりをしていきます!
 

 

 

 

 

 

本日

 

 

「郡山下ツ道ジャンクション」

 

 

開通だそうですね!

 

 

 

京奈和自動車道と西名阪自動車道が繋がりました。

 

 

八木付近 ⇒ 京奈和 ⇒ (郡山) ⇒ 西名阪 ⇒ (天理東) ⇒ 奈良市 ⇒ 木津川市 

 

 

なんていう移動とか粋に行きそうです。

 

 

 

さらに!

 

 

28日土曜日に田原本から結崎に向けての高架下の道路も開通するとのこと。

 

三宅インターというのも併せて開通です。

 

 

 

これ!メッチャ便利ですよね~!!

 

ここの開通をずっと待ってたんですよ~。

 

 

 

私的には、中和幹線開通以来のインパクトかも。

 

 

 

奈良県中を走り回る私にとって、道路整備は本当に切なる願いです。

 

 

昨日も国道24号線の郡山~奈良は酷い渋滞でした…。

 

少しづつでいいので、ここの道路整備を何とかしてほしいです。

 

 

 

 

郡山下ツ道ジャンクション、早速走ってみようかな…

 

 

 

 

 

 

今日はしっかりと雨が降りました。

 

 

この雨がまた、工程的には痛いわけですけど

 

天気とケンカはできません…。

 

 

 

私の担当で3月後半から4月前半にかけて着工していく現場が

 

 

 

奈良市    外構工事

 

大和郡山市 外構工事

 

香芝市    外構工事

 

葛城市    外構工事

 

木津川市   外構工事

 

橿原市    外構工事

 

橿原市    外構工事

 

田原本町   外構工事

 

葛城市    先行ブロック工事

 

桜井市    庭工事

 

 

 

と、フル回転が続きます…。

 

 

 

 

それぞれの現場をビシッと仕上げていけますように

 

 

しっかりと采配を振っていきます!

 

 

 

 

 

 

オープン戦たけなわ、という季節ですが

 

地味に(!?)阪神が結構勝っています。

 

 

 

 

まあ、勝敗は別として

 

投手陣の奮闘が光っていますね。

 

 

 

そして、「開幕一軍」の顔ぶれがそろそろ見えてまいりました。

 

 

投手陣は

 

先発ローテ  メッセ 能見 藤浪 岩田 岩本 石崎
リリーフ    呉 松田 安藤 榎田 島本 桑原

 

開幕カードは先発を一軍登録から外すことが考えられるので、プラスして渡辺、岩貞が考えられます。

 

 

 

一軍登板ゼロの島本、移籍の桑原が完全に一軍を手中にした感がありますね。

 

特に島本は「育成の星」。
昨年のフェニックスで台頭し、今春キャンプからずっと目だってきました。年間通じてとは行かないかも知れませんが、楽しみな投手が出てきました。

 

 

ローテ5番手を確保した岩本やルーキー石崎らも加えてフレッシュな顔ぶれが楽しみです。

 

 

先発では岩崎も控えていますし、リリーフのベテラン福原の復活も近いようです。さらに出遅れてていたドラ1の横山の状態が上がってきているようで、こちらも必ず出てくる投手です。

 

投手陣は期待以上の陣容になってきましたね!

 

 

 

野手陣は

 

レギュラー 鳥谷 上本 福留 ゴメス マートン 西岡 梅野 大和
捕手     清水 藤井
内野手    関本 坂 良太
外野手    江越 狩野 柴田

 

 

スタメンとしては西岡が最大の問題です。

 

目下、ヒジの状態が悪化してのペースダウン…

 

まずはサード良太が得策かも知れません。

 

 

捕手が未だ藤井、鶴岡が一軍に合流していないのが気になります。このまま小宮山というよりも、やはり藤井に控えてもらいたいものです。

 

内野は今成が復帰できるか。今成不在はメチャクチャ痛い。今成復帰なら外野の枠を減らして登録したいところです。

 

外野は江越のみが確定で、本来名前を連ねるべき伊藤隼太の名前を挙げられないのが辛い。俊介、柴田はどうも…決め手がありません。

 

 

投手陣ほどのフレッシュさはありませんが、ルーキー江越が期待以上のバッティングを見せてくれているのが素晴らしい。

 

大和不振ならセンターのレギュラー奪取も夢ではありません。

 

 

 

 

実際のところはメッセを筆頭とした主力投手や

 

ゴメス、マートンを中心とした主軸打者の出来いかんで試合本番で勝てるかどうかが決まるのですが

 

 

 

巨人や広島も盤石ではなさそうですから

 

 

何か、今年は楽しみな感じかしますね…!

 

 

 

 

 

 

ここに来て、更に各方面の皆様方からのご期待が多くなってまいりました…!

 

 

 

多くのご期待にお応えするためにも

 

体制づくりが急務です。

 

 

 

経営で最も難しい「人」の部分。

 

 

もちろん良い人材を求めているのですけど

 

それに加えて「型」「しくみ」「マニュアル」というようなものが必要です。

 

 

 

とは言え、そんなものが突然できあがる訳ではありません。

 

 

一つ一つ積み重ね

 

一歩一歩進んでいく中で

 

 

 

いつか、どこかで成果が出てくる

 

 

 

そんなようなイメージでしょうか…?

 

 

 

しかし、その一方で

 

今、やるしかないという差し迫った状況です。

 

成果が必要なのです。

 

 

 

「必要は発明の母」と言われます。

 

 

まさに、今が必要な時。

 

 

こんな時こそ、何かが生み出されるチャンスなのかも知れません。

 

 

 

 

「仕組みづくり」

 

 

やるしかありません…!

 

 

 

 

 

 

先日、新しいご縁を頂戴したお得意先様より

 

 

「注文書」

 

 

を頂戴いたしました。

 

 

 

 

お客様から個別に工事のご依頼を受ける場合は「契約書」を取り交わさせていただくのが通常なのですが

 

継続的に発注いただける住宅関係のお得意先様からは「注文書」を頂戴いたします。

 

 

 

 

お客様から契約書をいただいた時も嬉しいのですけど

 

お得意先様から注文書をいただくのが、これまた嬉しいものなのです。

 

 

 

注文書というのはお得意先様によって郵便、メール、ファックス、またWEBシステム上などで届きます。

 

書式もそれぞれです。

 

 

 

色んな注文書をいただけるという事は

 

 

継続的なお取引を各方面のお得意先様からいただいている…という事であり

 

 

届いた注文書を見ると、その事を実感できるのです。

 

 

 

 

そして今回、新しくお取引いただいたお得意先様からの初めて見る書式の注文書を見て

 

先に向けての希望のようなものも感じることができました。

 

 

 

御縁に感謝です。

 

 

 

今後、30年間継続できる会社を目指していくために

 

各方面の皆様方との末永いお付き合いを願っています…!

 

 

 

 

 

 

さて

 

 

 

 

こちらをご覧ください!

 

 

 

 

実は昨年秋にひっそりと30周年記念サイトを開設していたのですけど

 

 

こちらで3/14に行う記念植樹と大植木市をお知らせしています。

 

 

 

 

 

価格そのものもお買い得価格なのですけど

 

 

 

なんと今回は!

 

 

 

「植栽をお買い得価格でプロにおまかせ」キャンペーン

 

 

 

なんです!

 

 

 

 

つまり

 

 

植え込み手間のサービスのみならず

 

 

植物のチョイス、そして現場におけるレイアウトデザインまでが無料という出血大サービス!!

 

 

 

3月14日は、私自らが店内でご案内いたします。

 

植栽デザインは私が担当いたします。

 

 

 

私…植栽については、少々心得がございます。

 

 

 

思う存分私に腕を奮わせていただける方、大募集です!

 

 

 

 

せっかくですので、午前10時に行う記念植樹からご参加くださいませ。

 

お子様とご一緒に記念植樹で記念撮影…なんていかがですか?

 

 

 

 

3月14日土曜日、朝の10時に

 

 

お待ちしておりま~す!

 

 

 

 

 

 

P1120223

 

桜井の駅前にこんなものが登場していますよ!?

 

実は、私の方でこちらの現場の植栽のお手伝いをさせていただいております。

 

 

 

 

 

何せ、駅の玄関口ですから目立ちます。

 

 

 

 

道行く方々から

 

 

「何ができるんですか?」

 

 

と聞かれたり

 

 

 

 

「なんだこりゃ~」

 

 

的な視線を浴びたりしつつ(笑)

 

 

 

 

頑張っています。

 

 

 

 

もうすぐ完成ですので

 

 

駅にお越しの際はご覧になってくださいませ…。

 

 

 

 

 

 

おっと

 

ブログが少々滞っておりましたね

 

 

これと言った言い訳もありませんので(笑)

 

しれっと再開です。

 

 

 

 

さて!

 

 

 

記念植樹をやります!

 

 

 

弊社の設立30周年を記念して行います。

 

店内の一角、旧ショールーム跡に植樹する予定です。

 

 

 

過去、記念植樹のお手伝いをしたことは何回かあるのですが、自社ではもちろん初めてです。

 

何か形を残るものを残したい、という中で記念植樹というのはもってこいです。

 

 

 

過去のお手伝いもそうだったのですが、記念植樹となると苗木であったり小さ目の樹を植えることが多く

 

さほどの費用もかからないのですね。

 

 

 

もちろん、弊社は植木屋なので

 

仕入原価、自社職人にて準備するので限られた費用です。

 

 

なので、ちょっと大きめの樹にしました。

 

 

 

ちなみに植えるのはサクラです。

 

卒業、入社、創立記念、また栄養をたたえる時など記念植樹に使われる事の多い樹です。

 

何せ、ここは「桜井市」ですしね

 

 

種類は「関山」というヤエザクラにしました。

 

 

枝に花がもみつくように咲き誇る美しい樹です。

 

 

 

 

目下、植樹スペースの整備も進めています。

 

P1120209

 

 

中心の植栽スペースの周りにベンチになるスペースを設け、お客様のご主人にタバコを一服…なんてスペースにもなればと思いっています。

 

 

 

 

 

 

 

3月14日に予定しています。

 

 

 

 

そして当日お越しの方々に、大変お得な植木市を企画いたします!

 

 

お客様にもご参加いただけると嬉しいです。

 

 

 

詳細は後日改めてお知らせいたします。

 

 

ご期待ください!
 

 

 

 

 

 

昨日は

 

 

 

桜井市 完成現場確認

 

奈良市 現場

 

大和郡山市 現場打ち合わせ

 

大和郡山市 着工前現場確認

 

寝屋川市 現場

 

橿原市 お見積書お届け

 

桜井市 現場

 

桜井市 現場

 

宇陀市 現場調査

 

桜井市 現場

 

 

 

 

こんな感じでした!

 

 

 

今日は現場パトロールを予定しています。

 

スタッフとともに現場の品質や環境整備のレベルアップを目指してまわります。

 

 

 

四半期に一度、一昨年から継続して行っています。

 

形式的にならないように

 

何かを変えるために行っていきます。

 

 

 

今日も頑張ります。

 

 

 

 

 

 

本日、月曜日。

 

 

 

現場と打ち合わせ等もあり

 

なかなか恒例の引きこもりデーといかない植田でございます…。

 

 

 

お見積り依頼、ご相談は凄まじい数となっております。

 

 

 

皆様のご期待に応え、ご都合に合わせられるよう

 

必死のパッチでやっています。

 

 

 

頑張ります…!

 

 

 

 

 

 

昨日は打ち合わせで兵庫県・加古川市というところに行ってまいりました。

 

 

片道約2時間。

 

後で聞いた話では、神戸で渋滞するとそんなものでは済まないらしいのですが…

 

曜日と時間帯が良かったのか、比較的スムーズに行って帰って来れました。

 

 

 

現場としての西方面最長距離では、神戸市西区というのがあります。

 

ほっともっとフィールドのあるところです。

 

 

 

そこから更に西へ、西へ…

 

 

今回は打ち合わせだけですが、最長距離更新です(笑)。

 

 

あの福本豊氏の伝説の解説にて

 

延長戦で長引いた試合で「加古川より西の人は帰られへんね」という名言に残る

 

あの加古川です(笑)。

 

 

 

 

地図で見ると、もう姫路が近いです…(^_^;)

 

 

姫路と言えば

 

もう岡山県が視野に入ってくる、近畿の西端です。

 

 

 

姫路と言えば

 

高校生の時に高校生クイズの予選で来ました。

 

大阪すら来ることの少ない高校生にとっては、とんでもなく遠い異郷の地(!?)だった記憶があります。

 

 

 

その姫路の近くまで

 

 

思えば遠くに来たもんだ…(笑)。

 

 

 

また一つ

 

武勇伝(?)ができまして

 

 

 

 

良い機会になりました!

 

 

 

 

 

 

祝日。

 

 

 

 

今日は園芸店の方も休みという事もありまして、打ち合わせ予定もなかったため終日静かに事務所で引き籠っておったのですが

 

お得意先様より桜井市内の現場を見てほしい、という依頼が舞い込んできて

 

 

「今すぐに、行けますよ~」

 

 

という感じで行ってまいりました。

 

 

新築外構の計画は資金計画、そして建物の配置と大きく関わるので

 

住宅会社の営業担当者さんにとっても重要なポイントとなります。

 

 

 

平らで簡単な敷地であれば難しくないのですが、高低差のある敷地では難しい判断が必要となる事もあります。

 

今日はダイレクトにご相談に応じる事ができて良かったです。

 

 

 

お得意先様をしっかりと支援する事。

 

これ、大事です…!

 

 

 

求められるのは決して価格だけではなく

 

様々な意味でご期待いただく事が多いのです。

 

 

 

私たちの仕事は様々な方々から求められている仕事である、と感じる事ができるのです。

 

決して、下請と見下されるような事がありません。

 

皆様、温かく素晴らしい方々ばかりです。

 

 

 

ですから

 

 

私はこの新築外構というビジネスを B to B  メインで考えています。

 

B to C  が、もてはやされやすい風潮もありますが

 

B to C の全てが良い訳ではありません。

 

 

 

 

今後も、どんどん住宅業界の皆様とのご縁が繋がればと願っています。

 

 

皆様のご期待に添えるような会社づくりに邁進してまいります…!

 

 

 

 

 

 

150キロ。

 

 

 

藤浪のストレートの話ではありません(笑)。

 

私の本日の走行距離です。

 

よく走りました。

 

 

 

本日は

 

 

 

桜井市 現場

 

桜井市 現場

 

葛城市 現場打ち合わせ

 

葛城市 着工前現場確認

 

御所市 現場

 

 

 

一時帰社、昼食をはさんで

 

 

 

寝屋川市 着工前現場確認

 

王寺町 完成現場確認

 

河合町 現場

 

奈良市 現場

 

三宅町 現場調査

 

橿原市 お得意先様へカタログお届け

 

 

 

 

走った、走った。

 

 

 

ただし

 

 

 

今日は運転手が運転してくれました。

 

私が運転した訳ではなくてスイマセン

 

 

 

運転してくれたスタッフのFさん、ご苦労様でした。

 

しかし同行しつつ共有する時間、これまた貴重な時間です。

 

何かを得て、そして何かを感じてくれるように話をしています。

 

 

 

さて一転して

 

 

明日の祝日は

 

 

引きこもります(笑)。
 

 

 

 

 

 

今日は寒かったですね~

 

 

こんな日も、現場で頑張ってくれる職人さんたちに感謝です!

 

 

 

 

我々の仕事は職人さんたちあってこそ、です。

 

 

当社では常時30人以上の職人さんが現場に入ってくれています。

 

 

ベテランから若手まで

 

得意種目も土木、造園、左官、タイル、力仕事(?)…多士済々です。

 

 

 

多くの職人さんが、長い付き合いの人たちです。

 

 

「継続が幸福を導く」の経営理念に込めた想いの一つに、職人さん・協力業者さんとの継続的な付き合いが幸福を生み出すもの、という事があります。

 

 

みんなとの長い付き合いをしていきたいと思っています。

 

 

 

 

しかし振り返れば、付き合いが続かず去っていった職人さんも数知れず…

 

 

様々な出会いと別れを経てきました。

 

 

 

 

さらに今後は、職人をめざす若い人が減っていくように思います。

 

これからの30年を考えると、世代交代待ったなしです。

 

 

 

職人さんが集まってくれる会社に

 

そして次世代の職人さんを育てる会社にしていく事

 

 

 

これも、私の大きなミッションです…!

 

 

 

 

 

 

本日は

 

午前中はお客様来店の打ち合わせ、午後からは打ち合わせや確認で奈良市、生駒市の現場を3件まわりました。

 

 

各方面のご縁に恵まれ、誠にありがたい限りでございます。

 

 

 

大手と言われるハウスメーカーさんとのお取引に加えて

 

 

このところリフォーム系の会社さんや、地元の工務店、不動産会社さんとのご縁もどんどん増えてきました。

 

 

また、時には建築設計関連の方々からお声をかけていただく事もあります。

 

 

 

 

 

商売は人の御縁です。

 

皆様とのご縁は私の大きな財産です。

 

 

 

御縁に感謝。

 

本当にありがとうございます…!

 

 

 

 

 

 

P1120078

 

 

機能門柱の展示をスタートしました!

 

 

 

実はこれまでの展示場づくりの中では、機能門柱の展示というものは私のマーケティング方針とは真逆の位置づけであったため全く考えてこなかったものです。

 

 

しかし、敢えてここで方針を転換しました。

 

 

これまでエンドユーザー向け展示場として、外構ではなくガーデンをメインターゲットとするため

 

機能門柱はもちろん、ポストの展示も敢えてしてこなかったのです。

 

 

 

機能門柱の展示に踏み切ったのは、エンドユーザー向けマーケティングの方針を変えた訳ではありません。

 

外構はお得意先様となる住宅会社さんとともに取り扱うものという方針のもと、展示に関する方針を転換したのです。

 

 

 

すなわち

 

 

機能門柱展示は、住宅会社さん向けのマーケティングツールなのです。

 

 

 

今日もそうだったのですが

 

住宅会社さんのお客様の外構打ち合わせを弊社展示場で行うケースがどんどん増えてきたのです。

 

 

2年前にショールームもリニューアルして、打ち合わせにお越しいただくので決して恥ずかしくないスペースも整っています。

 

 

ゆえに

 

展示場が住宅会社さんから選ばれる業者としてのツールになりうる

 

そして、各方面とのお取引の中で今がそのタイミングである

 

という判断で、展示場づくりの方針を転換したのです。

 

 

 

エンドユーザー100%が決して正しいビジネスモデルではなく

 

エンドとルート(住宅関連の会社さん向けのビジネスですね)を「美しく」組み合わせるというのが私が信じるビジネスモデルです。

 

 

 

エンドのお客様にはガーデン

 

ルートのお客様には外構

 

 

これが弊社の営業方針です。

 

 

 

 

 

それに合わせ、店づくりも進めていきたいと思っています。

 

 

 

 

ちなみに

 

 

 

P1120076
P1120077

 

 

表札は「藤浪」「梅野」の阪神期待のヤングバッテリーです。

 

もう一つ、残留が決まった瞬間に「鳥谷」も発注しました。

 

 

 

 

 

結局、これが一番やりたかったという話もありますが…(笑)!?
 

 

 

 

 

 

本日も

 

 

桜井市 現場

 

奈良市 現場

 

奈良市 現場

 

大和郡山市 現場

 

桜井市 現場

 

 

いったん会社に戻りまして

 

 

葛城市 着工前現場確認

 

橿原市 現場調査

 

橿原市 お得意先様展示場にて打ち合わせ

 

生駒市 現場打ち合わせ

 

生駒市 現場調査

 

 

 

と、駆けずり回った植田です!

 

 

 

何せ、運転する時間も多いもんですから

 

色々と考えました…

 

 

 

 

今年のスローガンに掲げているように

 

 

「改善実行」

 

 

進めていきます…!

 

 

 

 

 

 

外回りの合間にコンビニに寄って、100円のドリップコーヒーでカフェインを補給…そういう方々も多いと思います。

 

植田もしょっちゅうです(笑)。

 

 

 

 

 

そんなコンビニにて…のお話。

 

 

 

最近、ゴミ箱が店内にある店もチラホラ。

 

これ、わかります。

 

 

 

一部の人のゴミを捨てることのマナーがひどいんだと思います。

 

ゴミ箱があれば、何を捨ててもいいと思っている人がいます。

 

 

 

カップラーメンを食べるのはいいんですけど、残った汁ごと捨てる…

 

後でゴミ袋を取り出す人の立場に立てば簡単にわかる事なのに。

 

 

 

それと、ゴミの持ち込み。

 

家庭ゴミの持ち込みは禁止、とゴミ箱に貼ってあります。

 

多いのでしょうね…。

 

 

 

 

ゴミを捨てるのって、有料です。

 

桜井市でも、事業所用のゴミ袋は値段が高いです。

 

何でもかんでも捨てられると、コンビニもとんでもない迷惑なんです。

 

 

 

あるコンビニでは

 

「マクドナルドのゴミ持ち込み禁止」と貼ってありました。

 

確かにマクドナルドのゴミはかさばって大変なのでしょうが、そこまで特定するほど目に余ったのでしょうね。

 

 

 

コンビニのオーナーって大変です。

 

私たち経営者からすれば、絶対にやってはいけない商売だと感じるほどです。

 

 

自分の店は年中無休、24時間営業。

 

気が休まる間もありません。

 

 

バイト従業員は好き放題に休むわ、やめるわ…

 

バイト従業員自体に万引きされる事もあるとか。

 

 

仕入や販売の価格は自分で決められない。

 

廃棄した弁当まで売り上げとみなされてロイヤリティが発生するとか言われています。

 

 

 

経営者としてのリスクだけ負わされて自由がないんです。

 

 

 

 

さらに

 

 

マナーの悪い顧客に悩まされ

 

近隣の苦情にも悩まされ

 

 

 

コンビニオーナーって

 

大変な仕事ですよね!?

 

 

そりゃあ、あちこちにコンビニが消えて行くのは当然です。

 

 

 

皆さん

 

こんなコンビニオーナーのためにも

 

マクドナルドのゴミは持ち込まないようにしましょうね…!

 

 

 

 

 

 

昨日の予告どおり

 

 

 

今日も

 

 

走りました~!

 

 

 

高取町  現場

 

橿原市  現場調査 ヒアリング

 

橿原市  現場調査

 

橿原市  着工前現場確認

 

天理市  現場

 

奈良市  現場

 

奈良市  現場

 

生駒市  現場打ち合わせ

 

 

 

 

特に今日は

 

 

 

手すり設置工事

 

植栽植え替え工事

 

植栽撤去工事

 

ポスト・門灯交換工事

 

 

 

という1日だけの仕事が4件重なったため

 

各現場を走り回ることとなりました!

 

 

 

いわゆる「小さい仕事」なんですけど

 

「小さい仕事」大好きです!

 

 

 

なんか、コツコツ頑張ってるよな~、俺! 的な自己満足が…(笑)

 

 

 

実際、大きい工事ほど不確定要素が多くリスクもあったりで

 

リアルに経営的に必要なところです。

 

 

 

どんな小さい事でも

 

 

遠慮なくご相談くださいませ…!

 

 

 

 

 

 

今日は、なかなかの走行距離でした~。

 

 

 

高取町 現場打ち合わせ

 

田原本町 植木仕入

 

名張市 現場

 

広陵町 打ち合わせ

 

香芝市 見積書お届け

 

生駒市 現場着工前確認

 

奈良市 現場調査

 

 

 

東奔西走、北へ南へ

 

 

奈良県中を駆け回りつつ、三重県にも突撃し

 

 

戻ってまいりました!

 

 

 

 

明日も奈良県中を駆け回る予定です。

 

 

 

お会いする皆様、どうぞよろしくお願いしまーす!

 

 

 

 

 

 

キャンプインですね!

 

 

この時期は勝ち負け関係なく期待材料だけが語れるので

 

 

楽しいひと時が続きます(笑)。

 

 

 

早速、様々な情報が届いてくる中ですが

 

 

今年の構造・野手編とまいりましょう…。

 

 

 

 

オーダーは

 

 

 

1 西岡   セカンド
2 上本   サード
3 鳥谷   ショート
4 ゴメス  ファースト
5 マートン レフト
6 福留   ライト
7 大和   センター
8 梅野   キャッチャー
9 投手

 

 

 

最大の争点はセカンドのレギュラーです。

 

 

 

昨年、ポジションを掴んだ上本を外して西岡を使うのか

 

復活を期して燃えている西岡を外して上本を使うのか

 

 

 

それに対する私の答えが、上のオーダーです。

 

 

生え抜きレギュラーの上本は絶対に外したくない。

 

さりとて、西岡を外すことに相当のデメリットを伴う。

 

 

 

昨年のCS等でのオーダーではセカンド上本、サード西岡でした。

 

ヒジの手術明けの西岡のスローイングには不安が残るため、それをひっくり返しての起用です。

 

 

 

上本の守備の評価はあまり高いものではありません。

 

ここはサードを守るのも、一つのステップではないかと考えます。

 

 

 

要するに

 

 

西岡・上本>今成・良太

 

 

です。

 

 

 

西岡、上本はポジションはともあれレギュラーから外してはいけないのです。

 

 

 

その上で

 

 

西岡、上本のどちらかの打撃成績が伴わなければ

 

 

サード今成です。

 

そして良太もいます(腰痛明けの不安が残っていますが)。

 

 

 

あと、ライト福留のところに伊藤隼太が食い込めるか、というとことですね。

 

 

一軍枠28人のうち投手が12人、上記スタメン8人以外では残る野手枠は8人。

 

捕手3人なら、鶴岡、藤井が入ります。いずれかに変えて清水もあるでしょう。

 

 

そして、関本、今成、伊藤隼太まで確定として

 

残るは内野一人、外野二人でしょうか。

 

 

特に外野の守備固め、代走要員も欲しいところです。

 

本来、俊介、柴田とくるべきところですが、ここにルーキー江越にチャンスがあります。

 

中谷も守備で評価をあげているところです。本来、緒方に来てほしい枠だったのですが、故障明けで開幕はないでしょう。

 

 

 

内野はセカンド・ショート型なら、坂か北條。

 

サード型なら良太、そして陽川が絡んできます。

 

 

良太が本来の状態であれば問題ないのですが、現状であれば陽川か北條のいずれかにチャンスがありそうです。

 

 

 

他では

 

 

2年目の横田がパワーアップしているニュースが届いています。

 

まずはファームで実績を積みあげて欲しいのですが、ファームの数字次第で一軍デビューがあるかも知れません。

 

 

 

 

他の野手では、苦労人の狩野、俊足で代走要員にもなる荒木、崖っぷちだが期待したい一二三らがいます。

 

 

 

数年前まで、阪神の若手野手は小粒の選手ばかりでした。

 

そういうドラフトを繰り返してきたから当然の結果でもありました。

 

鳥谷以降レギュラーを獲る生え抜き選手は育たず、ようやく大和と上本がレギュラーに到達したのがここ2、3年。

 

 

 

しかし、ようやくドラフトの流れが変わりました。私に言わせれば5年遅かったと思いますが、これからのレギュラー候補が見えてきたのです。

 

 

 

改めて期待の選手を語りましょう。

 

 

 

伊藤隼太。

 

慶応大学時代には、大学全日本で四番バッターを務めたドラフト1位のスラッガーです。昨年の長打率.412は福留や今成を上回っています。守備が上達すればマートンや福留の後任は十分見えてきています。

 

 

 

梅野隆太郎

 

こちらも大学全日本で四番バッターを務めた強打のキャッチャー。昨年は新人ながら捕手の中でのスタメン試合数はチームトップで今年は正捕手が完全に見据えています。昨年は7本塁打しており、確実性が増せばクリーンアップも狙える選手だと思います。

 

 

 

北條史也。

 

夏の甲子園で4本塁打を放ち、高校野球のヒーローとなったスター候補生。プロでは長距離打者とはいかないが、中距離のしぶといバッターというポジションでショートのポジションを獲ってほしいです。

 

 

 

陽川尚将

 

東都2部ながら、通算23本塁打の記録を持つスラッガー。昨年ウエスタンでは6本塁打で長打力の片鱗を見せ、秋季キャンプで強烈なアピールを果たして沖縄メンバー入り。一軍首脳陣の期待は大きいようです。

 

 

 

横田慎太郎

 

昨年は高卒ルーキーながらファームで6本塁打。身体もグンと大きくなり、さらなるパワーアップに期待がかかります。

 

 

 

江越大賀

 

駒大で通算11本塁打のパンチ力に強肩、そして俊足の外野手です。まだまだ打撃が粗いようですが、存在感のある選手になってくれそうな期待があります。

 

 

 

 

そして

 

 

一二三慎太と中谷将大

 

敢えて二人一組で語ります。今年5年目を迎える高卒同期コンビ。

 

ハッキリ言って、崖っぷちです。身体が大きくパワフルな打撃が売りなのですが、いずれも粗くファームで2割に満たない打率に沈みました。上述のように、期待の若手のポジションを後輩に奪われた格好の位置づけとなってしまいました。さりとて、新人・江越と同級生でもあります。今年ダメならいよいよ戦力外がチラついてくるかも知れません。特に一二三に関しては何度も当ブログで書いていますし、実は私は個人的に思い入れが強い選手です。何とか、巻き返して輝きを取り戻してほしいです。

 

 

 

 

 

いずれも、ここ数年のドラフトで指名した選手たちです。

 

3年くらい前からすると、若手野手への期待がガラリと変わった感がありまして

 

この感覚は本当に久しぶりです。

 

 

 

桜井広大や林(リン)威助に期待していた頃以来でしょうか…。

 

 

 

 

先日の投手編では期待の若手の乏しさを嘆きましたが

 

野手には期待が持てると思いますよ…!

 

 

 

 

 

 

1月も終わりです。

 

 

新年を迎え、思い新たにスタートを切って早くも1か月。

 

 

 

しかし思えば

 

この1か月、どれだけの前進ができたんだろうか…

 

 

 

こんな調子でひと月ひと月があっと言う間に過ぎていきます。

 

 

 

 

 

そうなると、1年もあっという間。

 

 

ムダにはできない時間がどんどん流れていきます。

 

 

 

 

2月

 

 

しっかりと前進します!

 

 

 

 

 

 

思うに任せぬ事も多い日々でございますが…

 

 

一生懸命、頑張っています。

 

ま、そりゃ当たり前か

 

 

さて、目下リーフユニティ展示場にて

 

現場の合間を縫いつつゴソゴソと植木の移植等をすすめております。

 

 

 

 

宣言してしまいますと

 

ラジコンコースを作ろうか、と

 

 

 

昨年のお客様感謝祭にて、「ラジコンタイムトライアル」を行ないまして

 

その時に、常設のコースを作ったら面白いんじゃないかな~と企んでおりました。

 

 

感謝祭のみならず、打ち合わせの際に退屈なお子様に遊んでもらう事もできますし

 

アプローチ素材の展示を兼ねることもできるわけです。

 

 

 

 

 

なにせ、広さ自慢の展示場です。

 

 

しっかりと、強みにしていかねばなりません。

 

 

これまでも展示場には少しずつ、少しずつ手をかけてきました。

 

一気にお金をかける事が難しかったからです。

 

 

 

 

これは正しかったと思います。

 

 

 

もちろん、一気にお金をかけて成功された展示場もあるでしょう。

 

 

しかし、それは簡単な事ではありません。

 

 

 

エクステリアの展示場とは

 

 

展示すれば売れる、また集客できるというような簡単なものでは決してないのです。

 

 

 

 

当社には当社のビジネスモデルがあります。

 

そしてそれは、時の流れとともに立っているステージが変わっていきます。

 

 

 

そのステージに合わせ

 

展示場づくりの考え方も変化してきているのです。

 

 

 

 

足元と先をしっかりと見据えて

 

 

作り上げていきたいと思います!
 

 

 

 

 

 

恒例の(!?)引きこもりデーの月曜日です。

 

 

デスクワーク、そして来客応対…などなど

 

 

そして夕方に近隣のみ外出。

 

 

 

今日の来客は取引銀行担当者さんと、あるメーカーさんでしたが

 

普段から駆けずり回っていて社内にいる事が少ないため、こういった時間もなかなか取れない状況になっていました。

 

 

そういった意味でも、引きこもりデーの意味合いも出てきそうです。

 

 

ま、あんまりセールス訪問を受けることはできませんが(^_^;)

 

 

 

 

 

まだまだ「型」ができていませんが

 

引き続き作り上げていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

日曜日。

 

 

 

先週、先々週の週末は打ち合わせラッシュで

 

土、日で凄い数の打ち合わせをこなしていたのですが

 

 

 

昨日は3件、そして今日の日曜日は1件だけということで

 

今週は少しですが、気持ちに余裕を持って仕事をすることができそうです。

 

 

 

色んな事があって、今年はさらに忙しくなるのですけど

 

心を亡くさないよう、しっかりと先を見据えた仕事をしていきたいと思います。

 

 

 

今年は、それができると思いこんでいます。

 

ま、何の根拠もありませんが(笑)。

 

 

 

今日はお見積りのスピードアップを目指して、ある仕組みづくりに着手。

 

小さな一歩かも知れませんが、色んな一歩を踏み出していきます。

 

 

 

 

 

 

沖縄メンバーが発表されましたね!

 

 

この日に投手陣のメンバーを眺めて戦力分析をするのも、当ブログの年中行事です。

 

今年、沖縄行きとなったのは

 

 

榎田、能見、岩貞、藤浪、筒井、岩田、呉昇桓、歳内、秋山、福原、石崎、山本、金田、メッセンジャー、岩本、桑原、二神、島本(18人)

 

 

ちなみに昨年が

 

 榎田、能見、藤浪、筒井、岩田、呉、歳内、秋山、福原、鶴、山本、金田、メッセンジャー、松田、岩本、白仁田、二神(17人)

 

 

 

 

そもそも目立った移籍加入選手がいませんから、あまり変わり映えしませんね…。

 

 

 

今年入った新メンバーでは

 

岩貞、石崎、岩本、桑原、島本

 

 

ルーキー石崎には派手な活躍はなくとも、中継ぎでポジションを獲ってほしい。“SHE”のハシケンやサジキのイメージかな。

 

岩貞はリリーフもありうるとのこと。左のリリーフが高宮一人状態でしたから、それもありですね。

 

桑原は…よくわかりません。しかし、中継陣は十分に入り込む余地ありですから期待しましょう。

 

育成から支配下登録の島本はフェニックスからの秋季キャンプでPRしました。開幕一軍といかなくとも、谷間先発要員までいってくれたら、という期待をしたいところです。

 

 

 

 

 

外れた主な選手は

 

安藤、加藤、岩崎、高宮、遼馬、渡辺、小島、そしてドラ1の横山といったところ。

 

 

 

新人では横山が入らなかったのが本当に残念。

 

昨秋のU-21ワールドカップの快刀乱麻が強烈だっただけに、ガックリです。大きな故障ではないし、肩や肘でないだけに早期の巻き返しがあるかも知れませんが。

 

ベテランの安藤と加藤は昨年も安芸スタートでした。

 

安藤は昨年の実績から開幕1軍当確でしょうが、加藤はそうではありません。評価として2軍という事なのでしょう。

 

高宮はなんで外れたんでしょうね…?CSで頑張ったのに。これも移籍組の悲哀…!?

 

遼馬、岩崎は少し調整遅れとのこと。若いのになんで?

 

 

 

 

 

先発ローテーションは

 

メッセ、能見、藤浪、岩田 の実績組が当確となります。

 

 

5番手、6番手の候補の筆頭が岩崎だったのですが…まさかの調整遅れでいきなりの後退です。

 

すると…

 

 

秋山が5番手のなっちゃうんですか~!?

 

榎田はどうやらリリーフ、金田、岩貞が微妙、歳内もリリーフ向きなように思いますし…

 

あとは二神と岩本くらいです。鶴も一応…かな。

 

 

このあたりがキャンプ中の実戦からオープン戦で競争する訳ですが

 

どうも期待しては裏切られてきた面々ばかりです(-_-;)

 

 

 

昨年は秋山がファームで最多勝、二神が防御率1位だったりするんですが

 

それぞれ一軍での防御率が20.25(秋山)と8.79(二神)

 

要するに出れば打たれる状態だった訳です(泣)。

 

 

 

何かを掴んでくれたら、という淡い期待をするばかりですね…。

 

 

私が監督ならローテ入りは岩貞、岩崎の二年目「岩・岩」コンビかなあ。

 

プラス、ドラ1横山…左ピッチャーばかりになりますな。

 

 

 

リリーフは昨年の勝ちパターンは

 

安藤、福原、呉

 

正直、安藤の勝ちパターン固定はそろそろしんどい。福原も年齢を重ねていますし不安要素たっぷりです。

 

松田遼馬が名前を連ねないとダメなのですが、沖縄キャンプにも選ばれないのはどうなんでしょうか。

 

左がいないので、無理矢理(?)高宮。横浜時代に散々だった高宮がここに名前を挙げなければならないのも辛いところです。

 

 

 

阪神は過去からビハインドのリリーフが結構強かったのですが、昨年は崩壊。

 

榎田、筒井、加藤、鶴、渡辺、…終盤に歳内がこのポジションに入ったことが全ての象徴でした。

 

地味に頑張ったのが金田。もう今年は勝ちパターンに入ってほしいです。

 

ここにルーキー石崎に大きなチャンスがあるわけです。

 

 

私が監督なら

 

呉、福原、遼馬、石崎、金田、あと一人…左がいないので高宮ですか。

 

リリーフは右ばっかりになってしまった(-_-;)

 

 

そういうわけで、先発・リリーフともに顔ぶれは変わっていないのに層が薄くなった印象です。

 

 

先発の4人とクローザーは他球団に負けてはいないのですが

 

 

期待の若手が伸び悩んでしまって、次なる期待の若手が乏しい状況です。

 

そこへリリーフで実績を残していた榎田、渡辺、加藤、筒井、鶴などが下降線となってしまいました。

 

 

 

このままの流れで実績組が衰えて、若手が出てこなければ

 

オフには相当の血の入れ替えが必要になってしまいます…。

 

 

 

日本シリーズ進出に湧いた昨シーズンでしたが

 

 

今年は、なかなか難しいですよ…!

 

 

 

 

 

 

ブログ宣言が思った以上に効果的でして

 

昨日も、あるところで人材確保に向けてのアクションを起こしています。

 

きっと、明日につながると思います。

 

 

 

宣言する、という事は約束する事ですから

 

約束は守るべきものなので、行動が変わります。

 

 

今年はこのスタイルでマネジメントも推し進めたいと思いますので

 

ブログ宣言連発でいきます(笑)。

 

 

 

早速、今日の宣言です。

 

 

 

今日は夕刻に社内でスキルアップ会議を予定しています。

 

今年は見積りの体制を大きく変更し、安定したスピード対応を実現できる体制を作ります。

 

 

会議自体は数年前からやっているのですが、今年はこのテーマに焦点をあてて勉強会というよりも仕組みづくりの会議にシフトします。

 

 

 

 

今年は

 

 

どれだけ日常の仕事に追われても

 

 

30年後のためのマネジメントを頑張るのです!

 

 

 

 

 

 

このところの膨大なご相談・お見積り依頼に

 

私もアシスタントも頭から煙が出てきそうになっていますが…

 

 

 

それでも未来に向けて頑張りたいと思います!

 

 

 

 

次なるテーマは

 

保証及びアフターメンテナンスに係るところです。

 

 

 

とにかく仕組みを作って走りながら考えたいと思います。

 

 

 

 

そして

 

 

経営者として何より大事な事…

 

 

 

人、ですね。

 

 

 

絶対にやるしかありません。

 

 

 

見通すのは10年後、20年後、そして30年後。

 

 

 

 

頑張りますので

 

 

応援お願いします!
 

 

 

 

 

 

今年のセンターと言えば

 

 

簡単ですね~

 

 

もちろん大和で決まり!

 

 

 

鳥谷がメジャーへ流出となると、大和のショートコンバートが検討され

 

センターは柴田と俊介、また西岡のコンバート案も噂され、さらに伊藤隼太にルーキー江越が加わっての争いか…と見られていたのですが

 

鳥谷が残留したことにより、センター・大和が確定しました。

 

 

 

 

って…

 

 

 

 

そのセンターじゃなく

 

 

 

センター試験ですね!

 

 

 

毎年センター試験の日は、このネタでブログを書いています(笑)。

 

実はセンター試験元年の世代の植田です(1学年上からは「共通1次」でした)。

 

25年前の事ですが、今も得点も含めて覚えていますよ~。

 

 

 

 

もしも、タイトルに釣られて当ブログをご覧になられた受験生の方々がいらっしゃれば(ま、多少狙いましたが(笑))

 

 

戯言程度のアドバイスをさせていただきましょう…!

 

 

 

 

明日くらいから「センターで失敗した~」なんていう人だらけになりますが

 

 

センター試験の結果は紛れもない実力です。

 

幅広く基礎知識を問われる試験だけに、出題分野や傾向に左右されることが少ないのです。

 

それは失敗ではなく、積み重ねてきたすべての結果としての実力です。

 

 

 

ミスも実力のうち、と言われる通りです。

 

圧倒的な実力があればミスなんてしませんし、逆に言えば誰しもミスなんてしているものです。

 

 

 

悔やんでも何の意味もありませんので、これが今の実力と開き直りましょう。

 

そして、あなたのライバルたちも同じような実力です。

 

 

 

もうすぐ予備校から各大学の「ボーダーライン」なるものが発表されるでしょう。

 

そのライン付近ならば十分合格できます。

 

 

 

私大、二次と続いていきますが、時間はまだあります。

 

 

英語も数学も十分伸びます。

 

小手先の勉強に走らず、徹底的に入試問題を解いてください。

 

 

国語は現代文が急に伸びるというのは言いづらいですが、古文も十分伸びます。

 

理科や社会のウエートが大きい人は、こちらにかけるのもいいでしょう。

 

 

 

小論文なんて、書けない人が大半ですから

 

ちょいと書く訓練をすれば相対的に上位に行けます。

 

 

 

そして最後のアドバイス。

 

 

全員にあてはまるアドバイスではありませんが…

 

 

目標に向かって頑張れる人は、大人になって社会人になれば、その時点で合格です。

 

 

きっと、あなたが活躍できるフィールドがどこにでもあるでしょう。

 

 

 

頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

1月も半分が過ぎました。

 

 

年明けから日常業務に追われることは想定していたのですが、それにしても少々想定を上回っているような感じですね

 

 

今年はこうなったらもう、どこまでもぶっちぎってしまいましょう(笑)。

 

 

 

そして、日常業務に追われるだけでなく

 

ちゃんと30年先のためのアクションをしていきます。

 

 

 

それをブログでも触れていきたいと思います。

 

 

 

昨日の会議で、先日の内勤朝礼で話し合った現場写真の整理方法を各プランナー・監督に伝えてルール化しました。

 

 

施工例写真というものは、蓄積すれば大きな財産となります。

 

各担当ベースでした活用できていなかった施工例写真を、会社全体の財産として残していきたいのです。

 

 

 

業務のルールブックも作っていきたいのですが、まずは経営方針書に盛り込んでいくこととします。

 

十分に内容が蓄積されたら、経営方針書と切り離してルールブックにすればいいかな、と思っています。

 

 

 

ブログに書いていると頭も冴えてきました!

 

 

 

さあ、もうひと踏ん張りしましょう…!
 

 

 

 

 

 

このところ

 

さらに各方面の皆様方からお声をかけていただいている植田です。

 

 

 

大手住宅会社さんから多くのご縁を頂戴しているのに加えて

 

 

地元の工務店さんやリフォーム会社さんからも、結構ひっきりなしにお声をかけて頂いている状況です。

 

そして今日、さらに新たなご縁がまた一つ。

 

 

 

 

人のご縁が増えると、本当に未来に向けて希望が湧いてきます。

 

 

私のミッションは「今後30年間継続しうる会社を作ること」。

 

 

営業的には、継続的にお声をかけていただける住宅関連の方々とのご縁というものが絶対に必要です。

 

そんなご縁に数多く恵まれ、今後に自信と希望が持てる私は本当に幸せな人間です。

 

 

 

各方面の皆様、ありがとうございます。

 

 

 

皆様のご期待にお応えするため

 

 

絶対に頑張ります!

 

 

 

 

 

 

月曜日が祝日だったため、火曜日を事務所引きこもりデーとして

 

第一回の朝礼も行ったのですが

 

 

午後から

 

田原本町  現場

 

大淀町   現場調査

 

 

そのまま橿原神宮前駅まで送ってもらって、奈良市内でお得意先様会議&新年会でした。

 

 

 

 

基本的に月曜日を事務所引きこもりにするのですが

 

重要度・緊急度・移動距離等の兼ね合いで予定を入れることもあり、としておくと

 

より粋な時間の使い方ができますね…!

 

 

 

昨日の朝礼でも、早速完成現場写真の管理について前向きな話ができるなど、良い感じのスタートです。

 

 

 

 

そして本日水曜日は

 

お得意先様が休みである場合が多いので、工事中の現場まわりをメインとしていきます。

 

 

 

とにかく限られた時間で、より効率的にこなしていかねばなりませんから…

 

 

しっかりと「型」を作って進めていきます!

 

 

 

 

 

 

三連休…「ハッピーマンデー」という制度になってから

 

一年のうちに何度かやってまいりますが

 

 

 

もちろん私は一日も休むことなく

 

今日は朝から現場にも行ってまいりました!

 

 

 

土曜日、日曜日は打ち合わせを6件こなしまして

 

次々と今後の着工現場も積みあがっているところです。

 

 

 

 

一方でマネジメントも今年は頑張たねばならないですが、明日はその大きな一歩を踏み出します。

 

 

今年から始める「内勤朝礼」。

 

明日がその1回目。

 

 

 

営業・現場担当は毎週会議で様々な事を伝えていますが、これからは設計・事務の内勤スタッフの役割もどんどん大きくなります。

 

内勤スタッフのレベルアップなくして今後の継続は見通していけません。

 

 

スタッフのベクトルをしっかり合わせ、「型」「仕組み」を作りあげていかねばならないのです。そのための時間と場が必要だと思うのです。

 

 

 

最初は月例で行いますが、徐々に内容を深めていきたいと思います。
 

 

 

 

 

 

鳥谷が残留、という思わぬニュースが飛び込んできました。

 

 

 

海外FA宣言の時点で誰もがメジャー挑戦、と思っていた訳ですが

 

メジャー球団との交渉が不調に終わったという事なんでしょうね…。

 

 

 

鳥谷という選手は、これで完全に記録にも記憶にも残る阪神タイガースの歴史に名を刻む選手になりました。

 

書きかけて消したのですが、鳥谷については語りつくせないのでまたの機会にしておきます。

 

 

 

実は私、表札の展示用サンプルを用意しようとして「藤浪」「梅野」は既に発注したのですが

 

「鳥谷」はないだろうと思っていたのが、これで「鳥谷」の発注が大決定しました!

 

 

 

2月には店内に登場しますので

 

 

どうぞご期待ください(笑)。

 

 

 

 

 

 

始動2日目は

 

展示場の清掃作業をスタッフみんなで行いました。

 

 

 

これも、ここ数年の年中行事として継続しています!

 

 

 

 

緊急ではないけど大切な事をルーチンワークに落とし込む…まだまだですが、もっと進めてまいります。

 

 

 

清掃しつつ、やはり色んな事を感じました。

 

 

展示場の環境整備についても、今年は更なる一歩を進むべく

 

昨年の暮れから始めた、月曜日の社内作業日を生かしていきたいと思います。

 

 

 

今年のスローガンは

 

 

「改善実行」です!

 

 

 

 

 

 

2015年始動の日が終わりました。

 

実際、もう少し考えたいこともあるところですが、今日はこの辺にしておきます。

 

 

 

恒例の経営方針の発表は年々内容が濃くなってきておりまして

 

今年は午前中いっぱい、3時間近くかかりました

 

 

 

経営方針書は、年々ブラッシュアップしてきています。

 

そして今年は経営方針書を中心に、様々な業務のルールブックやマニュアルを整備していきたいと考えています。

 

 

 

 

 

午後からの年始のご挨拶まわりは

 

火曜日でお休みの方も多かったこともあり、例年以上に早く回ることができました。

 

 

 

そして最後に中小企業家同友会の集まりに参加。

 

経営者の勉強会なのですが、私はそういう場には正直あまり熱心に参加しない人なんですけど

 

誘っていただくご縁だけは大事にしたい、という思いで参加しています。

 

 

 

 

 

ある意味、今日は今年を象徴すべき日になったような気がします。

 

 

今日1日の

 

 

1/3がマネジメント

 

1/3が営業現場

 

1/3が自己研鑚とご縁づくり

 

 

 

結果として、こんな配分の1日になりました。

 

 

 

日常業務に追われてばかりではなく、マネジメントにも自己研鑚やご縁づくりにも時間をかけて

 

かつ、全てをこなしていく。

 

 

 

こんな1年にしたいと思いますし

 

また、なぜか根拠もないのにできる気になっています。

 

 

 

しっかりと気持ちを落ち着けて

 

 

明日も頑張ります。
 

 

 

 

 

 

今日くらいから仕事始めのところも多いですね!

 

先ほどからチラホラと携帯も鳴っています。

 

 

 

 

当社は明日からなのですが

 

私は昨日の午後から一人出勤してゴソゴソ…今日は朝からゴソゴソ…

 

という感じの一人仕事始めです。

 

 

 

今年は何か

 

何でもやってやる!できる!

 

という前向きな気分になっているところです。

 

 

 

 

ま、何の根拠もないんですけどね(笑)。

 

 

 

 

明日からは日常に追われる日々になるんですけど

 

 

今年は追われっぱなしでは終わらないよう

 

 

とりあえず、明日ですね…!

 

 

 

 

 

 

皆様

 

 

新年あけましておめでとうございます。
本年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

ここ数年の元日ブログのコピペをして当ブログをスタートするのも年中行事となっていますが

 

当ブログも継続してまいりますので、どうぞお付き合いの程お願い申し上げます。

 

 

 

昨年は記念すべき30周年の年、でしたが

 

実は30周年期間は今年の6月まで続くのです!

 

 

 

昨年の30周年は関係者及びお得意先様にPRする年でしたが、今年は一般のお客様向けにもPRしていく年と位置付けています。

 

 

前半戦はそんな年とするとともに

 

経営者的には、これまで踏み込めてこなかった領域にも踏み込んで、プレイヤー寄りだった業務をプレイングマネージャーとして責任を果たしていきたいと考えています。

 

 

 

 

さておき

 

 

 

年末年始

 

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

私はいつも通り過ごしているのですけど

 

 

年々大晦日に寝る時間が早くなってきている気がします(笑)。

 

 

 

紅白歌合戦…一応見始めるのですけど

 

いきなり口パクのグループを見て一気に興味が失せ

 

10時前くらいに小学二年生の息子よりも早く真っ先に「良いお年を」と言って床に就きました

 

 

 

一昨年に成功したダイエットも、昨年はじりじりとリバウンドしてきました(-_-;)

 

今年は、一転してダイエット年間にしたいと思います。

 

 

 

年始は6日からです。

 

 

今しばらく

 

 

骨休めさせていただきますね…。
 

 

 

 

 

 

今日で仕事納めとなります。

 

 

スタッフも、みんな帰ってくれました。

 

1年間お疲れ様でした。

 

 

恒例により、1年の振り返りをするとしましょう。

 

 

今年の漢字は「税」でした。

 

まさに消費税増税の影響は我々のところにも猛烈な勢いで及び、工事ラッシュが3月ごろをピークに余波は夏ごろまで続いた感じでした。

 

 

偶然にも、そんな年に重なったのが弊社の30周年。

 

 

素晴らしい節目の1年となった私にとっての今年の漢字は

 

 

 

「周」

 

 

 

と、いたしましょう…!

 

 

 

その集大成は6月に行った30周年記念式典でした。

 

各方面の皆様方にお越しいただき、盛大に行うことができました。

 

 

 

43歳にして30周年という節目を迎えることができたのは、本当にありがたい事で

 

その意味で先代の父に、感謝と尊敬の思いを新たにいたしました。

 

 

40周年も何かをやるんでしょうけども、これだけの事ができるのは次は50周年の年となるでしょう。

 

 

それだけに、この30周年は大きな意味のある年となりました。

 

 

 

そんな周年イヤーの2014年は

 

 

 

グループ総会も趣を変えて、ホテル日航奈良での家族慰安会として開催した。

 

 

秋のお客様感謝祭では30周年を記念して様々な企画・特典を用意し、過去最多の145組の来場となった。

 

 

増税の駆け込みの影響もあり、9月決算では過去最高の受注額を記録して悲願の目標を達成した。

 

 

「事前準備」をスローガンに掲げ、その通りの準備をもって記念式典にも臨むことができた。

 

 

エクステリアコンテストでは8年連続の入賞となった。

 

 

お得意先様の展示場工事をご用命いただき、工期どおり納めることができた上にお褒めの言葉を頂戴できた。

 

 

スタッフが一人産休に入ったが、新たなスタッフが加わってくれた。

 

 

東京で行われるメーカーさんの展示会に、人のご縁のために初めて参加した。

 

 

高卒の新卒採用に取り組み、内定者を確保することができた。

 

 

 

そして実は今年は

 

 

私自身が社長になって10周年の年でもありました。

 

 

元・金融機関のサラリーマンだった私が

 

 

突然社長就任…、様々なご迷惑やご心配もおかけしながらも何とかここまでやってこれました。

 

 

 

当時ならば「若い」と形容いただく事も普通でしたが

 

もはや今はそのような齢ではありません。

 

 

 

このような年末を、後何年迎えることができるのか…

 

 

むしろ残された人生をカウントダウンしていかねばならないと思っています。

 

 

 

 

迎える2015年は

 

 

色んな意味で、これまでにない1年にしていかねばならない年となります。

 

 

経営者として、これまで踏み込めていなかった領域に踏み込むつもりです。

 

 

 

 

頑張りますので

 

 

皆様どうぞお付き合いの程お願い申し上げます…!
 

 

 

 

 

 

日曜日ですが

 

明日の雨も考えて現場に出てくれている職人さんも多数。

 

 

 

最後は日曜祝日関係なくなってくるのも年末の風物詩みたいな感じですね…。

 

 

 

私の方も

 

 

今日も朝から打ち合わせを1件。

 

そして夕方にも打ち合わせを1件。

 

 

ありがたいお客様とのご縁に、心より感謝いたします。

 

 

 

実際、色んな事があるんですけど

 

なぜか気持ちはとても充実してきています!

 

 

来年は、もっともっと頑張れそうです!

 

 

 

ラスト1日、頑張ります!!

 

 

 

 

 

 

早くも昨日あたりに仕事納めの方々も多かったようですが

 

当社は29日まで突っ走ります!

 

 

 

今日はお得意先様にご依頼いただいた門松をお届けしてきました。

 

クリスマスも過ぎ、仕事納めの方もあって気分は一気に年の瀬らしくなっています。

 

 

 

しかし、各方面からのご相談は年の瀬関係なくいただいておりまして

 

正月明けの予定が次々と入ってきているところです。

 

 

 

一方で来年に向けて、社内体制の再構築も進めています。

 

 

 

2015年もスタートから充実した1年になりそうですね…!

 

 

 

 

 

 

日曜日、今日もガッツリ仕事させていただきました!

 

 

 

朝から現場調査等で

 

三宅町~王寺町~奈良市

 

と走り

 

 

 

午後から打ち合わせを2件。

 

 

ご来店いただいたO様、T様、本日はありがとうございました!

 

いずれも良きご縁が繋がるよう願っております。

 

 

 

今年もあと一週間ですね。

 

やり残しのないようにする事はもちろん、来年の事もしっかり考えて頑張りたいと思います。

 

 

 

そして明日はまた、新たな出会いのチャンスの日です。

 

 

楽しみです!

 

 

 

 

 

 

さて

 

もっと真面目に(!?)ブログも書かねばなりませんね(笑)。

 

 

 

先日、会議の中で見積書の形式等について意見交換しつつ方向性を決定しました。

 

 

会社として新たに「仕組み」や「型」を作っていく事、そして既にある「仕組み」や「型」はブラッシュアップしていくことが必須の課題です。

 

 

 

小さな会社は、これがないんです。

 

 

個人でやっている料理屋では、そのシェフがいないと同じ味は出せないでしょう。

 

しかし、大きなチェーン店では全国で同じ味が出せる。そして味だけでなく一定のサービスのレベルも確保されるものです。

 

 

 

大きな店では「仕組み」も「型」もあるんです。

 

言葉を変えると「マニュアル」的なものが存在するのだと思います。

 

 

 

それらを創造するのに、かなりの労力もコストもかけられてきているものです。

 

 

 

 

今の弊社を今後30年間継続していくために必要な事の一つとして、「仕組み」や「型」があると思うのです。

 

 

家族経営の会社ではありません。

 

スタッフを生かしていかねばならない会社です。

 

 

 

必ずやりたいと思います。

 

 

強い想いも込めてのブログ宣言です。

 

 

 

私個人がプレイヤーとして突っ走るのは、今年をピークにしたいと思います。

 

 

 

そういった意味での

 

 

来年の当ブログにもご注目くださいませ…!

 

 

 

 

 

 

ウチの会社の忘年会は先週あったのですが

 

例年のネタを書きそびれていましたね…

 

 

社長なもんで、忘年会のはじめにあいさつをせねばなりません。

 

今年のあいさつです。

 

 

 

***

 

 

今年も、無事忘年会を迎える事ができました。
忘年会の時になると本当に年の瀬を感じますが、今年も残りわずか、最後までよろしくお願いいたします。

 

今年はウチの会社にとって、本当に大きな節目の年になりました。

 

6月に橿原神宮会館で行った記念式典、これには今お集まりのメンバーに加えてお得意先様やメーカーさん、そしてその他の取引関係の多くの皆様にお集まりいただき、盛大に行うことができました。

 

 

これ…、本当にやって良かったな、って思います。そう思いませんか?

 

 

この後も、たくさんの方々から「盛大な会でしたね」とか「素晴らしい式典でしたね」とお声をかけられましたし、実際に色んな場面で、効いてるな~と感じる事もありました。

 

本当に強いメッセージを発信することができたと思います。

 

 

そして8月に行った家族慰安会、これは恒例のグループ総会に兼ねて行ったんですけど、ホテル日航奈良で行いました。

 

 

私、わかば会のメンバーは家族だと思ってますし、そのメンバーのご家族も含めて家族として守っていきたいと思っています。

 

 

会には、今いないですけどNさんとこのジュニア(注:親子職人の息子さんの方でもちろん成人)の息子さんも来てくれてて

 

「おう、ジュニアのジュニアか~。早く大きくなってウチの会社に入れよ~。」なんて冗談半分口を突いて出たんですけど

 

後で思えば本当に感じることでして、そうやって皆さんの子供さんに入ってほしいと思ってもらえる、また親として入れたいと思ってもらえるような会社にすることがこれからの使命かな、と思っています。

 

 

 

さて、来年ですが

 

 

恒例によりまして来年のスローガンをここで発表します。

 

今年のスローガンは「事前準備」だったんですけど

 

来年のスローガンは「改善実行」としたいと思います。

 

 

 

あまり言葉のすわりはキレイじゃないんですけど、ここは内容重視でお願いします。

 

 

いつもと同じ、それこそ10年前と同じ仕事をするんじゃなくて、何かを改善して実行していきましょう、そんな内容です。

 

 

詳しくはまた来年、色んな場面でお話ししたいと思います。

 

 

さて、今年はここ「かにの家」での忘年会となりました。
昨年、ウチのスタッフが予約しようとしてできなくて何と1年前から予約してあったという念願の「かにの家」です。

 

かにを食べると口数が減ると言いますが、今日はどうぞしっかり飲んで、食べて、そして語っていただきたいと思いますので、どうぞお付き合いのほどお願いいたします。

 

 

 

 

***

 

 

 

 

 

こんな感じです。

 

実際は所々噛みながら喋ってる訳ですが(笑)。

 

 

 

書いてみたら…

 

 

ちょっと長かったかなあ!?

 

 

30周年だったので、まあオッケーでしょう

 

 

 

 

 

 

今年も残りわずか。

 

 

年明けの大型物件の着工も決定したりもありまして

 

どこまでも現場のフル回転が続きそうです…!

 

 

 

消費税の波も受け、前期9月決算では過去最高の受注額となり

 

管理ベースでの数字では悲願の目標達成となりました。

 

 

 

さて今期は…?

 

 

住宅業界では昨年の10月以降、駆け込み需要の反動による販売苦戦がずっと伝えられています。

 

住宅着工統計の数字を見ると、このところは昨対で10~15%程度落ちています。

 

 

 

住宅会社さんに取っては苦戦なのでしょうが

 

実は私たちのような小さな会社にとっては、さほどのインパクトではありません。

 

 

 

確かに過去最高の昨期並みの数字には、今期は及ばないかも知れません。

 

 

しかしお得意先様全てが同じような動きをしている訳ではなく、むしろ昨期以上の大型物件が相次いでいる住宅会社さんもあります。

 

 

そして、昨期以上にご縁が増えつつある住宅会社さんもあります。

 

 

 

私たちにとって大事なのは、世の中のトレンドではありません。

 

 

 

人のご縁です。

 

 

 

エクステリアメーカーさんや代理店さんから聞く雰囲気では、忙しい会社とそうでない会社が両極端になっているようです。

 

 

しんな話を聞くと

 

「暇…って、そんな言葉、今でもあるの~!?」

 

なんて軽口を叩いているところです(笑)。

 

 

 

大きな目標に達した今、実は数字的な上乗せは意識していません。

 

 

昨年の数字から多少下がったところで大勢に影響ありませんし、他に大事な事がいっぱいあります。

 

 

 

それよりも

 

 

「今後30年間継続できる会社」

 

 

を目指すのが全ての判断と行動の基準です。

 

 

 

しっかりと先を見据えて

 

 

今日も頑張ります!

 

 

 

 

 

 

さて、今日は小さな小さな一歩ですが

 

新たな一歩を踏み出しました。

 

 

 

 

すなわち

 

 

 

「月曜日は会社の外に出ない」

 

 

 

これを来年の大きなテーマにしたいと思います。

 

 

 

あらかじめ手帳に「社内」と書いておき、予定を入れないようにします。

 

そうしておいて、直近になって必要性の高い所や近い所などで用件があれば外出する事もあるようにしておきます。

 

 

 

今日、はじめてやってみたのですが

 

 

当然ながら結構、仕事がはかどりました。

 

 

近い現場などで外出も少しありましたが、時間的なロスも少なく効率的な日となりました。

 

 

 

 

 

まず、こうやって「型」を作って

 

 

中身をブラッシュアップしていきたいと思います。

 

 

 

定例的に仕事を積み重ねていく事もできると思います。

 

何度もやろうとして、これまでできなかった「緊急じゃないけど重要なこと」を実行する時間にもあてていけると思います。

 

 

 

 

また、今日もたまたまあったのですが

 

弊社へ訪問いただく方々とお会いできる機会ともなります。

 

 

 

こんな事を書くと、月曜日に私に会えると踏んで来られる方が増えて結局仕事の時間がなくなると困る訳ですが…
 

 

 

 

 

 

毎年この季節になると「忘年会のあいさつ」というキーワードで検索されて当ブログにお越しになる方が増えますが…

 

 

もう6年前の記事ですし

 

皆様の参考にならないブログで誠に申し訳ない限りです

 

 

 

 

そんな訳で忘年会シーズンたけなわです。

 

 

 

 

私はさほど多い訳ではありませんが

 

先週にお得意先様の忘年会を兼ねた旅行、そして昨日もお得意先様の忘年会に参加させていただきました。

 

 

 

普段、なかなかお会いする事のない方々とお話しできたり

 

初めてお会いする方にご挨拶できたり

 

 

 

色々と良い機会となっています。

 

 

 

 

来週は当社の忘年会。

 

 

そろそろ、私があいさつのネタを考えねば…(笑)。
 

 

 

 

 

 

中島はオリックスに決まりましたね。

 

 

欲しい選手ではありましたけど、アメリカでの実績と伝わってくる金額の乖離が大きすぎて

 

経営という観点からすると疑問に思うところもありました。

 

 

 

これで

 

 

鳥谷流出と仮定しての来期の布陣を考えてみましょう。

 

 

 

問題の内野は

 

 

やはり大和のショートコンバートが本命。

 

 

順当に考えるならば

 

セカンド上本、サード西岡となります。

 

良太と今成がサードに絡めるか…微妙なところです。

 

期待の陽川が出番を得るハードルはやはり高いです。

 

 

 

西岡大活躍ならダブルリョータは控えになっちゃいますね。

 

 

上本のフル出場が無ければ、セカンド西岡でサードに割り込むチャンスが出るのと

 

外野での出場も可能性として高くなってきます。

 

 

ただし、ショート大和のバックアップが絶対に必要。
鳥谷のようなフル出場は望むわけにいきません。

 

 

上本のショートは危ういんで、西岡にショートも練習しておいて欲しいです。

 

プラス、坂がショートを守ればチャンスが増えます。

 

あと、北條の一軍出場の機会も当然あるでしょう。

 

 

 

 

ファーストはもちろんゴメス。

 

バックアップも関本がいますから、何とかなるでしょう。

 

 

 

 

外野はマートンのレフトはいいとして

 

 

ライトの福留が、さてどうなのか…?

 

そして大和の抜けたセンターに誰が納まるのか…?

 

 

 

やはり外野の方にチャンスがありますね。

 

 

レギュラーへの一番手は

 

何と言っても伊藤隼太でしょう。

 

 

守備が問題ですが、何とか頑張ってほしい。

 

鳥谷が抜けると攻撃陣の戦力が落ちる訳ですから、小粒な俊介や柴田では必ず戦力ダウンになります。

 

伊藤隼太の確変こそが来年勝ち抜くための必須条件だと思います。

 

 

それと、緒方に頑張って欲しいところです。

 

今年は一軍でもホームランを打ったり、大きなステップを踏みました。後半調子を落としてケガもありましたが、ウエスタンでも3割をマークするなど、バッティングには期待が持てます。

 

 

 

 

 

それともう一人。

 

 

期待のルーキーがいます。

 

 

江越大賀。

 

 

東都大学リーグで通算11本塁打。外野のパワーヒッターです。

 

大学通算打率は.236ですが、3、4年に限れば.278になります。前述の緒方は大学通算.200です。

 

 

江越は守備や走塁の評価も素晴らしく高い。

 

その点では伊藤隼太を上回ってきそうです。

 

 

 

今年、梅野が年間通して一軍でした。

 

何か江越にもそんな期待ができそうな雰囲気を感じるのです。

 

 

新庄が退団した翌年、新人の赤星がセンターのレギュラーをスッと取りました。

 

 

江越も開幕したらセンターのレギュラーをスッと取ってしまっているかも知れません。

 

 

 

そして、完全にくすぶってしまったのが

 

 

中谷と一二三。

 

期待されながら二軍で2割を打てなかったこの二人。

 

来年ダメなら期待という文字が取れてしまう立場ようなになってしまいました。

 

 

同級生となる同じ外野手の江越の入団に、決して心中穏やかではないはずです。

 

 

 

とにかく、鳥谷が抜けるのはトンデモナイ戦力ダウンですし

 

残念な事この上ない事になるのですが

 

 

 

ショート・大和の姿や、上本に次ぐ生え抜きレギュラーの誕生など

 

 

 

何か楽しみもあるような

 

 

 

 

そんな複雑な気分ですね…。

 

 

 

 

 

 

今年の流行語大賞は大方の予想通りアレになりました(笑)。

 

 

流行語大賞も見返してみると、色んなのがあるんですけど

 

実は大したことないのも多いですね(^_^;)。

 

 

 

「政権交代」(2009年)とか

 

流行語なんでしょうか…!?

 

 

 

「ゲゲゲの~」(2010年)

 

流行してましたっけ!?

 

 

 

ともあれ

 

 

 

私たちの業界でも必ず12月に流行する言葉があります。

 

 

「年内に」

 

 

もはや、合言葉のようになっています(苦笑)。

 

 

 

まだ12月に入ったばかりですが、実は数えると既に残り僅かです。

 

 

 

今年は、あまり流行らなければいいんですけどね
 

 

 

 

 

 

帰って参りました!

 

 

本日は

 

 

田原本町  外構工事 現場

 

奈良市   外構工事予定現場  確認

 

奈良市   外構工事 現場

 

木津川市  外構工事 現場

 

奈良市   外構工事 現場

 

生駒市   外構工事 現場

 

奈良市   お得意先様打ち合わせ  ~  現場調査

 

奈良市   外構工事 現場

 

 

 

本当は、もうちょっと回りたかったのですが

 

また明日、頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

雨ですが…

 

 

行きます。

 

 

 

今日は徹底的に現場を回る日です。

 

スタッフと同行することによって、現場の事プラスアルファを伝えながら回ることができます。

 

 

 

 

行ってきます!

 

 

 

 

 

 

祝日ですが

 

 

もちろん一切関係なく、私たちの業界では働いております。

 

 

 

今日は打ち合わせデー。

 

 

 

天理市    エクステリア工事打ち合わせ  ご用命ありがとうございます。

 

木津川市  外構工事着工前打ち合わせ 明日より工事に入ります。

 

奈良市    ブロック・フェンス工事現場調査・打ち合わせ  正式なお見積りは明日発送いたします。

 

河合町    外構リフォーム工事打ち合わせ  ご用命ありがとうございます。

 

 

 

 

本日は2件のお客様よりご用命のお言葉をいただきました。

 

 

日々、色んな事もあって凸凹なんですけど

 

ご用命のお言葉をいただくのは本当に嬉しい一コマで

 

元気の出る1日となりました。

 

 

 

明日も元気に頑張れそうです。

 

 

本当に

 

 

ありがとうございます…!

 

 

 

 

 

 

12月も目前となり

 

 

工事ベースで考えると年内で残された日など残り僅かです。

 

 

 

そんな中で

 

 

経営者として来年の事を考えるのは、鬼に笑われるような事ではありません…!

 

 

 

 

来年というのは我が社にとって、極めて大事な年になります。

 

いよいよ、私の仕事のスタイルも大きく変わらなければなりません。

 

 

 

 

私個人としては、この仕事をして10年が経過しました。

 

10年の中で、本当に多くのご縁に恵まれてプレイヤーとして多くのキャリアを積ませていただきました。

 

とても充実した10年でした。

 

 

 

次なる10年は、違ったステージの10年にしていきます。

 

経営者として、そしてプレイヤーとしては特化したものを目指すつもりです。

 

おいおいブログでもお伝えしていけると思います。

 

 

 

人生で残された時間は限られていますから

 

 

今やるしかありませんね…!

 

 

 

 

 

 

本日は

 

 

高取町 現場

 

橿原市 打ち合わせ・現場調査

 

生駒市 現場

 

大和高田市 現場・完了ご挨拶

 

橿原市 打ち合わせ

 

 

でした。

 

 

 

12月から1月に着工する現場も数多く

 

目下、しっかりと打ち合わせを重ねているところです。

 

 

 

もちろん、年内工事は小工事を除いて既に売り切れて(?)おりまして

 

年明けも既に相当数の現場が決まっている状況です。

 

 

 

消費税増税後も全くペースダウンがないのがありがたい環境です。

 

 

 

実際、新築の外構工事というのは

 

かなり早い段階から住宅会社の営業担当者さんからご相談が入ることも多く

 

住宅会社さんによっては1年先の建築計画などもあります。

 

ですので、かなり先まで予定が決まっている現場も多数あるんですね。

 

 

そしてリフォーム系の現場は決まれば早く、ですし

 

そこへ加えて急に飛び込んでくる現場もあったり

 

さらに、1日仕事の植栽やらエクステリア金物工事やら…

 

 

 

現場資料の引き出しがはちきれそうになっています

 

 

 

この先、ちょっと交通整理が必要ですね

 

 

 

頭はクールに

 

 

心はホットに

 

 

 

頑張ります!
 

 

 

 

 

 

昨日、事務所の大掃除を行いました。

 

 

それまでなんとなく年末に掃除していたものを改め、一昨年から11月に行う事にした年中行事です。

 

12月はなにかと気ぜわしいですし、一層寒くもなるという事で11月にしました。

 

 

 

ここで、保存期限のある書類を廃棄する事を定例化して古い書類が山積みにならないようにします。

 

些細な事ではあるんですが、型を決めないと何事も進めていくことができません。

 

 

 

一昨年に「環境整備」というスローガンを掲げる中で始めた取組です。

 

スローガンも馬鹿にはならないものです。

 

ちょっとした事で行動が後押しされます。

 

 

 

今年は「事前準備」を掲げてきました。

 

正直、個人的には準備が十分とは言えない場面も多々ありましたが

 

何より30周年については準備を積み重ねてできたかな、と思います。

 

 

 

さて、来年のスローガンを発表する時期も近づいてまいりました。

 

例年、忘年会の挨拶で披露する事としています。

 

 

 

さて、何にするか…

 

 

掲げたい方向性はイメージできているのですが、どんな言葉にするかが未定です。

 

 

 

 

流れからして四文字熟語なんですけど

 

 

忘年会で披露したら、当ブログでも発表したいと思います。

 

 

 

 

 

 

先日、私も43歳になったわけですが

 

 

40歳を過ぎてから人生の後半戦を展望するようになり

 

会社の30周年を迎えた今年、これからの30年を見据えるようになりました。

 

 

とは言え

 

 

62歳で亡くなった父の事を思うと、残りは20年なのかも知れませんし

 

残された時間は有限だ、と感じる齢になった次第でございます…。

 

 

 

悔いのない人生、と書くと月並みに聞こえてしまいますが

 

 

「いつか、そのうち…」

 

とか

 

「将来的に」

 

という言葉を使う事は許されない齢だと思うのですね。

 

 

 

やると決めて実行する。

 

そうしないと、できる事は絶対にありません。

 

 

 

本当は年齢に関係ない事なんですけど

 

 

 

年齢が教えてくれた事であり

 

そして亡くなった父が教えてくれた事であるのかも知れません。

 

 

 

 

私のここまでの人生は

 

 

環境やご縁、そして家族にも恵まれた幸せな人生だと思うのですけど

 

 

20年後、30年後の子供たちや、私の後にも残るであろうスタッフたちの幸せにつながるように

 

 

残された人生を走り続けたいと思います。

 

 

 

さて、今日も行きましょうか…!

 

 

 

 

 

 

ここに来て、各方面からのご縁が増大中です。

 

 

ご縁がある時って

 

 

タイミングであったり、色んな周りの情勢であったり…

 

あるんですね。

 

 

 

「細く長く」と言われますが

 

これ、大事です。

 

 

細く続いている中で、太くなるチャンスがやってきます。

 

 

「継続が幸福を導く」が当社の経営理念。

 

この精神で頑張ります。

 

 

 

 

ともあれ、ご縁の増大に対応するキャパシティが必要です。

 

 

私の経営者としての舵とりが待ったなしの時にきているようですね…。

 

 

 

 

 

 

本日は

 

 

 

広陵町 庭工事 現場

 

橿原市 得意先にて外構工事打ち合わせ

 

木津川市 外構工事 現場×3か所

 

橿原市 得意先にて外構工事打ち合わせ

 

 

 

ギリギリのタイムスケジュールもありつつ

 

 

今日も頑張りました…!

 

 

 

 

工事の現場、相談の案件ともに盛り沢山で日々テンテコマイになっていますが

 

 

全てはご縁いただいているからこそ、です。

 

 

 

本当にありがたいです。

 

 

 

改めて感謝の思いを持って

 

 

明日も頑張ります!!

 

 

 

 

 

 

今日は朝から現場をまわり

 

午後から免許の更新に行ってきました。

 

 

 

免許の更新となると、何せ運転免許センターが近いのがありがたい当社です。

 

 

 

しかし

 

 

なかなかの行列でした…!

 

水曜日というのは休みの業界などもあるため、混雑する日なのでしょうか

 

誕生日は先月だったので、実は結構ギリギリまで行けず曜日を選んでいる場合じゃありませんでした。

 

 

 

 

 

実は、3年前にも同じネタを書いていますね。

 

 

その3年前にも書いています。

 

 

 

 

って事は

 

 

ずっと違反者講習です

 

 

次回こそは優良運転者を目指したいところですが

 

1日平均100キロ以上の距離を走り、2年で8万キロを走った実績の私としては

 

なかなか高いハードルかも知れません。

 

 

 

 

運転そのものは安全運転なのですがねえ…。
 

 

 

 

 

 

3連休はもちろん3連勤の植田ですが

 

打ち合わせが比較的少なく、少しゆったりと仕事させていただいてます。

 

 

 

そういう訳で

 

 

いよいよ展示場のリニューアル計画に手をつける事ができました…!

 

 

30周年の一環で予定していたリニューアルです。

 

 

 

 

昨年に場内で移転したショールームの跡地を整備します。

 

さらに、プラスα…色々と考えています。

 

 

 

内容はまだまだこれから詰めていくのですが

 

 

 

久々の大型リニューアルであるとともに

 

営業戦略を十二分に考慮した内容にするつもりです…!

 

 

 

乞うご期待です!

 

 

 

 

 

 

9月決算の当社ですが

 

会計的な数字を固めるのはこれから本格的に進めていくところです。

 

 

 

ただ

 

 

 

手元の管理している受注額の数字的には

 

 

 

悲願の目標達成です!!

 

 

 

さすがにブログでは幾らなのかは書きづらいところなので、字を小さくしてぼやかしますが

 

片手に1本足した数字です。単位は…ご想像いただけるかと思います。

 

 

 

 

とうとう

 

ここまで来ることができました…!

 

 

 

 

30周年を迎えるこの年に達成というのも

 

巡り合わせを感じます。

 

 

 

 

正直言って、今年に関しては追い風もかなり大きいものもありました。

 

 

何と言っても消費税。

 

 

昨年の9月末に駆け込み契約となった住宅の外構工事は、今年に入ってから猛烈なラッシュとなり夏ごろまで続きました。

 

普段では少ない大型の工事にも多く恵まれました。

 

 

 

それとともに

 

 

ご縁も大きく広がりました。

 

 

本当に各方面の方々から数多くのご縁を頂戴しました。

 

 

 

全てのご縁に心より感謝いたします。

 

お得意先様、そしてお客様あっての達成です。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

数字が上がったという事は、現場の数も増え

 

我々スタッフの手が回らなかったり、職人さんが足りずに工事が思うように進まなかったり

 

ご迷惑をおかけしたことも様々とあった事についてのお詫びも併せてさせていただきたいと思います。

 

 

 

 

そして、これからをどのように前を向くか。

 

 

さらなる増税を控えての需要増加、またその反動。

 

 

長期的には人口減、そして当たりまえのように続く住宅着工減…

 

 

 

色んな波やトレンドはあるのでしょうが

 

 

何より大きな目標は

 

 

これから30年間続く会社を作ること。

 

 

全ての行動の目的を、ここに据えたいと思います。

 

 

 

数字的には、あまり強いこだわりを持っていません。

 

 

今より大きくする事は、営業・マーケティング的には可能な事かも知れません。

 

しかし、それに対応する人材の確保と育成、そして何より職人さんの確保が極めて難しい課題となっていくでしょう。

 

 

 

ただしかし

 

人材という意味で、来年に大きなチャンスがやってきます。

 

 

 

実は、今3人の女性スタッフが産休に入っています。

 

彼女たち3人が、来年に必ず戻ってきてくれるのです。

 

 

 

3人が抜けるにあたって、求人等にもかなり苦しんだのですが

 

ここでも、ご縁あって3人の女性が入社してくれました。

 

新たに加わってくれた3人は、産休の欠員補充ではなく以降も続けてくれます。

 

 

産休中の3人が戻ってくれるに連れ、大きくパワーアップする事ができるのです。

 

 

 

正直、田舎の零細企業になかなか人は集まりません。

 

そんな中で、人材に恵まれるチャンスがやってくるのです。

 

今までできなかった、色々な事に取り組んでいける大チャンスです。

 

 

 

女性が多くなりますが、女性が活躍できる会社にすることが零細企業の勝ち目なんだと思います。

 

 

 

 

さあ

 

 

 

今期も頑張りますよ~!!

 

 

 

 

 

 

ドラフトの事は後日書くとして

 

このところ様々なご縁を感じる事が多いです。

 

 

 

時折ブログにも書いておりますが

 

外構エクステリアの仕事をするにあたり、私は下請を否定していません。

 

 

 

下請を脱却して元請になろう、なんて言うと

 

大変耳障りがよく、夢が広がる世界のように思われるかもしれません。

 

 

 

私もそんな考えが先行していた時がありました。

 

 

 

しかし、実際のビジネスの世界に身をおいて住宅業界の各方面の皆様のお世話になり

 

様々なお客様と現場のご縁を頂戴し

 

また住宅業界の各種の専門業者さんとお話する機会もいただき

 

 

 

下請で仕事をする事が、とても誇らしい事であると感じさせていただきながらやってきました。

 

 

 

お世話になっている住宅業界の方々というのは

 

大きなハウスメーカーさんのみならず

 

地場の工務店さん、不動産屋さん、そして時には土木会社さんや金物屋さんにご用命いただく事もあります。

 

 

そして住宅業界ではない介護関連の方から介護保険のリフォームもさせて頂いています。

 

 

 

 

最近でも

 

私という人間を紹介くださる方があって

 

大手のリフォーム系の会社さん、そして地元のリフォーム系の会社さんからご相談をいただきました。

 

 

 

 

 

また、以前からお付き合いさせていただいている地場の会社さんからご相談いただいて現場に行くと

 

その先の不動産屋さんのご担当が小学校の時の同級生だった、という事がありました。

 

 

 

少し前からお付き合いさせていただいている地場の会社さんとは、社長さんとのお付き合いだけだったのですが

 

先日他のスタッフの方から初めてお声をかけていただきました。

 

 

 

いずれも

 

 

下請です。

 

 

 

人に必要とされ

 

人のご縁を感じることができる

 

 

 

素晴らしい仕事だと思っています。

 

 

 

お世話になっている各方面の方々は、優しい方ばかりで

 

下請いじめなど一切ありません。

 

 

 

 

他の業界の事は分かりませんが

 

私はこの仕事を下請でする事に何の負い目もコンプレックスもないんです。

 

 

 

 

時に、私たちの業界に「元請化」を奨めるコンサルタント等があったりします。

 

 

それはそれで間違いではないのですし

 

私自身もチャレンジし続けてきた取組でもあります。

 

 

 

しかしハッキリ言って、それは極めて難易度の高いビジネスモデルです。

 

 

 

 

言うのは簡単ですが、簡単にできる事ではありません。

 

夢物語ばかり語らない方がいいと思うのですが…。

 

 

 

人のご縁で商売させていただく。

 

 

これこそ、江戸時代から受け継がれてきた商売の根底だと思いますし

 

今も絶対に忘れてはならないことだと思います。

 

 

 

 

これからも

 

 

 

様々な下請のご縁をいただけるよう、頑張ります!

 

 

 

 

 

 

9月になって

 

植栽工事に出ることが増えている植田です。

 

 

 

私に植栽をお任せいただくと

 

植物のチョイスはもちろん、現場においてレイアウトを決めるのは私です。

 

 

 

現場に立ち

 

 

現場を眺め

 

 

キャンパスに絵を描くかのごとく

 

 

描いていくのです。

 

 

 

このところの植栽工事をご紹介しましょう…

 

 

 

BlogPaint

 

 

BlogPaint

 

 

BlogPaint

 

 

BlogPaint

 

 

(最後のは暗くて植栽がよくわかりませんね

 

 

今日も植栽に行ってきて写真はまだ撮れてないのですが

 

後で担当者がお客様に頂戴したお言葉が

 

 

 

「自分の家なのに、自分の家じゃないみたいです!」

 

 

 

だったそうです。

 

 

 

ありがたいお言葉、ありがとうございます。

 

 

 

この分野こそ、私が個人的にプレイヤーとして極めていきたい分野なのです。

 

 

 

改めて

 

 

植栽の「匠」として頑張ってまいります…!

 

 

 

 

 

 

今年、弊社は30周年を迎えた訳なんですが

 

 

実はそれとは別に

 

 

間もなく私の社長就任10周年を迎えようとしています…。

 

 

厳密には勤めていた金融機関を退職したのが10年前の10月末ですので11月1日が社長就任の日となっていますが

 

確か10月末が土、日だったように思うので事実上は10年前の10月30日からが私の社長人生がスタートしました。

 

 

 

しかし、父の体調が悪化して入院、手術となったのは前月の9月でした。

 

その段階で私は金融機関を辞めて家業を継ぐ決心をし、9月の段階でスタッフの前に立ち、そして得意先にもご挨拶に行っています(まだ金融機関に在籍していたのですが^^;)。

 

その頃から土曜日、日曜日は何ができる訳でもないのに会社に出ていました。

 

 

 

ですから、9月の段階で社内では「社長」と呼ばれていて

 

その頃からは既に10年が経っているのです。

 

 

 

もう10年か…

 

 

 

あの頃を思い返せば、何か感傷的な気持ちになります。

 

 

 

あれから

 

 

 

10年間、積み重ねてきました。

 

10年間、歩いてきました。そして、走ってきました。

 

10年間、頑張りました。

 

 

 

 

まさに「栄光の架け橋」じゃないですけど、幾つもの日々を越えて辿りついた今があります。

 

 

 

30周年は亡くなった先代の父からの歴史で、とても重みのある事だと思うのですが

 

私個人の想いとすれば自分の10周年、これには凄く感じるものがあります。

 

 

 

別にだからと言って何もしませんし、振り返ってばかりじゃダメなんですけど

 

 

 

今月は少しばかり

 

 

思い出にひたらせていただきます…。

 

 

 

 

 

 

本日は

 

 

 

橿原市 現場 マンション駐車場補修工事

 

大和高田市 現場 外構工事

 

香芝市 現場 草刈

 

橿原市 現場 外構工事

 

桜井市 現場 外構工事

 

 

 

と現場を回ってきて、事務所に戻りました。

 

 

 

午後からは打ち合わせに出ます。

 

 

 

香芝市 ガレージリフォーム工事

 

香芝市 外構リフォーム工事

 

葛城市 立水栓設置工事

 

 

 

と、3件の打ち合わせです。

 

 

 

 

行ってきます!

 

 

 

 

 

 

このところ大した記事もアップできず申し訳ございません…。

 

相変わらずドタバタやっています

 

 

 

本日などは

 

 

桜井市 現場 植木伐採

 

大きくなりすぎたゴールドクレストの伐採です。この樹は地植えしてはいけない樹です。園芸店等で売られているのがかわいくて人気があるのですが、地植えすると急激な成長をする樹です。いい加減手に負えなくなって伐採するハメになりますので要注意です。

 

 

桜井市 現場 外構工事

 

モデルハウスの外構です。今日はフェンス工事、ブロック工事等を進めます。

 

 

橿原市 現場 門柱リフレッシュ工事

 

雨だれで汚れた門柱をリフレッシュして再塗装します。

 

 

木津川市 現場 外構工事

 

本日はアプローチの仕上げ工事に進んでいます。またテラス屋根の相談も別途いただきましたのでお見積りさせていただきます。

 

 

 

大和郡山市 完成現場 外構工事

 

ご精算の資料と植栽の説明資料をお届けしました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

斑鳩町 現場 植栽工事

 

以前に植えた樹が枯れてしまったとのことで、新たにシマトネリコの植栽をさせていただきました。

 

 

 

 

各方面のお客様とのご縁に感謝です…!

 

 

 

 

 

<

 

週明け。

 

この土日で打ち合わせた現場の数が

 

 

 

 

10件

 

 

 

 

 

 

さらに電話やメールでの対応の数々…

 

 

 

 

 

今週は心を落ち着けて

 

 

頑張ります…!

 

 

 

 

 

 

昨日、一昨日と

 

 

「青全交」がありました。

 

 

セイゼンコウ、すなわち青年経営者全国交流会の略なんですけど

 

全国各県に経営者の会みたいなのがあって、それの全国大会を持ち回りでやっているんですね。

 

 

それが今年は奈良で開催される、という事で参加してきたのです。

 

 

 

ある方に誘われて入ったのですが、私はなんとも不真面目な会員で

 

入会即幽霊会員化してました(笑)

 

 

 

それが、ひょんな事から今回の運営のお手伝いもさせて頂くことになりました。

 

 

 

なんせ不真面目な会員で大した役にも立たなかったので詳しくは書きませんが

 

 

二日間を通して色んな事を感じる機会となったのは確かです。

 

 

 

 

まだまだ経営者として成長しないといけませんね…。

 

 

 

 

 

 

お客様感謝祭の興奮も冷めやらぬ中

 

 

本日は一転して

 

 

 

川西町 現場

 

植木市

 

香芝市 現場

 

奈良市 お得意先様打ち合わせ

 

生駒市 現場

 

奈良市 現場

 

奈良市 現場

 

葛城市 現場調査

 

 

 

と、駆けずり回った次第でございます…。

 

 

 

とにかく頭と体がフル回転している状態ですが

 

明日も宜しくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

昨日、今日とお客様感謝祭を開催しました!

 

 

P1110104

 

 

 

今年は過去最高組数のお客様にご来場いただきました!

 

今日の午前中は駐車場もパンク状態となりまして…、ご迷惑もおかけしてしまいました

 

 

 

P1110098

 

 

 

今回、初の試みとなったイベント「ラジコン・タイムトライアル」

 

なかなかの盛り上がりでした!

 

 

 

P1110114

 

 

 

ゲームコーナーに

 

 

 

P1110094

 

 

 

紙ヒコーキ大会

 

 

 

P1110113

 

 

ガレージセールは、こんな行列になりまして

 

 

 

 

 

 

たくさんのOB施主様にお楽しみいただきました!

 

 

 

また、「娘の家の相談を聞いてもらいたくて…」というありがたいお話しもあったりで

 

皆様とのお付き合いが本当にありがたく、そして心強く感じさせていただける日となりました…!

 

 

 

 

P1110087

 

これからも、よろしくお願い申し上げます!

 

 

 

 

 

 

今日は取引銀行の担当者さんに

 

エクステリアメーカーの担当者さんなどが来られて

 

 

 

ついつい色々と語ってしまいました~

 

 

 

面倒くさいヤツですいません(笑)。

 

 

 

 

ただ一つ言えることは…

 

 

 

皆様にお世話になって仕事をさせて頂いております。

 

 

その思いだけは忘れる事はありませんので

 

引き続き

 

お付き合いの程お願い申し上げます…!

 

 

 

 

 

 

本日の昼ごはんはカレーだったのですが

 

 

(お前の昼めしなど興味ない、という方が殆どかと思いますが(笑))

 

 

行くのは専らココイチです。

 

 

 

 

頼むメニューは完全に決まっています。

 

 

「チキン煮込みカレー、ライス200g、辛さ普通」

 

 

です。

 

 

私はココイチで頼むのは95%以上このオーダーです。

 

 

 

いつも、このようにオーダーするのですが

 

オーダーを厨房に通すときに店員さんは「チキン200ワン!」と通されます。

 

 

 

ならば、それで分かってくれるのではと思い

 

ついつい「チキン200ワンで」とオーダーしたところ

 

 

やはり「ライスは200gでいいですか?辛さは?」と確認が入りました。

 

ま、相手はアルバイトで顔なじみでもないのでやむを得ないところかと思いつつ

 

ライスと辛さを確認してオーダーしました。

 

 

 

 

しばらくして出てきたのは

 

 

 

チキンカツカレー

 

 

 

おい~!それなら「チキンカツ200ワン」やんか~

 

 

 

心の中で突っ込んだのですが、もちろん気の小さい私は交換を要求する事なく何事もなかったようにチキンカツカレーを美味しくいただいたのでした(笑)。

 

 

 

ちなみに

 

 

チキンと言ってもチキン煮込みカレー、チキンカツカレー、さらにフライドチキンカレーにパリパリチキンカレーというのもあります。店内ではチキンと言えばチキン煮込みカレーの筈なんですがね…。

 

 

また改めて「チキン200ワン」に挑戦したいと思います(笑)。

 

 

 

 

 

 

このところの現場です。

 

 

奈良市 外構工事
P1100936

 

 

奈良市 外構工事
P1100939

 

 

奈良市 外構工事
P1100941

 

 

奈良市 外構工事
P1100942

 

 

木津川市 外構工事
P1100943

 

 

さらに

 

 

写真はありませんが

 

 

生駒市 外構工事

 

天理市 外構工事

 

大和郡山市 外構工事

 

大和高田市 外構工事

 

香芝市 外構リフォーム工事

 

 

 

 

工事中です。

 

 

 

 

さらに来週の着工予定で

 

 

 

橿原市 庭工事

 

下市町 外構工事

 

奈良市 外構工事

 

 

 

 

 

各方面の皆様方のおかげを持ちまして

 

9月着工の現場も目白押し状態です…

 

 

 

 

ヤマ場の連続なのですが

 

 

頑張ります~!

 

 

 

 

 

 

お盆休み明けから

 

 

 

奈良市 エクステリア工事 現場

 

生駒市 外構工事 現場

 

奈良市 外構工事 現場

 

奈良市 外構工事 現場

 

奈良市 外構工事 現場

 

天理市 外構工事 現場

 

 

と、早速走ってまいりました。

 

 

 

さらに、ここから打ち合わせで五條市へと走ります…。

 

 

 

いきなり、なかなかの走行距離となりそうです。

 

 

 

では、行ってまいります。

 

 

 

 

 

 

昨日で

 

スタッフの面談が終了。

 

 

 

このところ夏、冬と2回やっているんですけど

 

面談というのは、とても重要な機会です。

 

 

 

 

一つの指示をするにせよ

 

相手が集団になった瞬間にその効果は落ちてしまうと感じます。

 

 

 

 

複数の、時に大勢の前で話をするというのは慣れた人間には結構心地のよいものです(慣れていない方は本当に苦痛というか、全く喋れないようなのですけど)。

 

 

しかし準備も周到に「決まった!どや!」と思うくらい(笑)上手く話ができたとしても

 

これが指示徹底となると、いかほどでもなかったりするんですね…。

 

 

 

逆に個別に話すのは場の流れの思いつきで話す事が多く、ビシッと決まるというよりもダラダラ話してたりするんですけど

 

相手にとっては、こちらの方が響いていたりする。

 

 

話す方と聞く方で、感覚が少し違う。

 

そして個別ですと、相手の話も聞けるという点が違う訳です。

 

 

 

 

もちろん、集団のメリットもあります。

 

 

 

 

集団の前で話をするのも、個別に話をするのも

 

いずれも必要ですが、経営者はとにかくその回数をしっかりと仕組化して回数を確保しなければなりません。

 

 

 

 

ま、とにかく

 

 

話をしないといけない訳です(^^)

 

 

 

 

 

 

台風接近の中も…本日は打ち合わせを2件。

 

お時間いただいたお客様、足元悪い中ありがとうございました。

 

 

 

そして、もうすぐお盆休み。早いな~

 

 

 

様々なご縁に恵まれて、日々がアッと言う間です。

 

 

経営者ですから、もっと先の事を見据えて頑張らないといけませんね…。

 

 

 

 

40歳を過ぎて、先の人生の見え方が変わりました。

 

30周年を迎えて、これからの30年を考えるようになりました。

 

色んな所で、経営者としての甘さも感じました。

 

 

 

 

 

お盆休みは落ち着いて考える時間も取れる貴重な期間。

 

 

 

色んな事を考えて取り組みます。

 

 

 

 

 

 

お盆休みも近づいておりますが

 

 

お盆明け、そして9月…

 

 

 

かなりの数の着工現場が控えています。

 

 

 

 

当社決算は9月末なのですが

 

これで今期は昨年の10月からずっと、全くの隙間ないフル回転の継続となりました。

 

 

 

 

増税前の駆け込みの影響、これは当然ありました。

 

そして外構という特性上から増税後もその余波が残る中で

 

 

それ以外の様々な要因、いや要因という言葉では片づけたくない「ご縁」の連続で

 

 

 

昨期を上回る、そして過去最高の数字の達成がもはや確実となってきています。

 

そしてそれは、ここ何年も掲げてきた目標でもあります。

 

 

 

30周年の記念すべき年に達成できる、というのも

 

 

巡り合わせ、ですね。

 

 

経営者として少しは「持っている」ものがあったのかな、なんて気もします。

 

 

 

 

単年度としては9月末がゴールですから、あと少し。

 

 

最後まで

 

 

走り抜けます!

 

 

 

 

 

 

台風の影響もあって

 

この季節に珍しくまとまった雨になっています。

 

 

 

色んな意味でありがたいです。

 

 

 

植物にとっては恵みの雨です。

 

 

 

店内の植木等も結構水やりも必要なものもありまして

 

スタッフが汗だくになりつつ水やりをしてくれているのです。

 

 

それも及ばず、枯れてしまう植物もあります。

 

 

 

 

また、雨が降ると少々気温も下がってくれます。

 

 

熱中症が心配な季節ですから、職人さんたちにとってもありがたいのです。

 

 

 

 

この仕事をしていると、真夏の雨には敏感になってしまいます。

 

ひどい時は1か月近く殆ど雨が降らなかった夏もありました。

 

 

 

ホッと一息

 

 

 

そんな日曜日です。

 

 

 

 

 

 

本日は

 

 

 

橿原市 剪定作業 現場調査

 

大和高田市 外構工事 現場

 

広陵町 エクステリア工事 現場調査

 

香芝市 メンテナンス

 

香芝市 メンテナンス

 

広陵町 外構工事 完成確認

 

生駒市 外構工事 現場

 

奈良市 外構リフォーム工事 現場調査

 

奈良市 外構工事 現場調査

 

奈良市 外構工事 現場

 

木津川市 外構工事 現場

 

奈良市 外構工事 現場

 

田原本町 メンテナンス

 

 

最後に橿原市にてお得意先様の会議に参加

 

 

 

今日も沢山回って頑張りました!

 

 

 

 

とても暑い日が続きますが

 

 

今年も「熱い夏」になりそうです!

 

 

 

 

 

 

上本がマエケンから同点ツーランをぶちかましてくれました!

 

 

上本博紀 28歳

 

 

 

とうとう…

 

 

きました!

 

 

 

鳥谷以来現れることのなかった生え抜きのスター選手誕生の予感です。

 

 

 

選手会長も務めているし、もう立派なスター選手だ!という向きもあるかも知れませんが

 

いやいや、そういうものでもないんです。

 

 

 

 

過去

 

 

例えば桜井という選手が12本のホームランを打って将来を嘱望されました。

 

 

しかし、その後ちょっと不振に陥ると

 

「桜井は自分がレギュラーだと勘違いしている!」なんて上から目線丸出しのコーチがいたりして出場機会を奪われてしまいました。

 

濱中以来、そして当時唯一であった和製大砲候補をアッと言う間に潰してしまったのです。

 

その後ケガや守備の拙さなどもあったのでしょうが、桜井は日の目を見ることなく自由契約となりました。

 

 

その後独立リーグに所属した桜井に阪神が育成試合でホームランを打たれて負けた時は「今から桜井に頭下げて戻ってもらえ!」なんて思ったものです(笑)。

 

 

 

 

違うんです。

 

 

 

レギュラーは奪うもの、と言えば聞こえがいいのですが

 

与えるべきタイミングがあると思うんです。

 

 

 

上本はセカンドが本職ですが、イメージほど守備が上手くないためショートを守らせるのは難しい。そもそもショートは鳥谷という絶対的な存在がいるので出場機会が殆どありません。

 

そしてセカンドは古くは藤本や関本が守っていて、そして平野が移籍してきてベストナインを獲るなどの活躍を見せていました。

 

一昨年に平野が統一球の影響もあってか不振に陥り後半戦は上本がセカンドのポジションを奪取したかに見えました。

 

 

大和とともに久々の生え抜き野手が育った、と誰しもが思いました。

 

 

 

が、昨年

 

 

 

西岡が入団

 

 

 

そして当の上本は

 

 

 

ケガ…

 

 

 

なんと、「持っていない」選手なのかと天を仰ぐ思いでした。

 

 

そもそも、上本博紀という選手は「持っている」側の選手だったはずなんです。

 

広島、広陵高校時代に甲子園で準優勝。10打席連続出塁の記録達成。ルックスの良さもあって高校球界のスター選手でした。

 

そして早稲田大学に進学するなりレギュラーを与えられ、なんと4年間フルイニング出場を達成。3年時までの打撃成績からはドラフト上位候補に名を連ねました。キャプテンを務めた4年時に打撃の調子を落としたため秋のドラフトでは大きな注目を浴びることがありませんでしたが、6大学通算109安打は歴代13位の記録という大学球界のスター選手でもありました。

 

 

そんなアマ球界のエリートなんです。

 

 

こうやって大舞台で結果を出し続けた選手というのは、やはり実戦で結果を出す何かを持っていると思うのです。

 

こういう選手をドラフトで獲るべきだと思います。

 

 

私も上本にはずっと期待をしていたのです。
時折当ブログでも上本については語っています。

 

 

しかし、昨年の西岡が入団して期待に応える活躍を見せた(打撃プラスキャラとしても)ことから、上本もサブで終わる野球人生かと半ばあきらめムードに思っていました。

 

 

 

それが、開幕3戦目にまさかの西岡離脱。

 

 

以降、西岡をも上回るパフォーマンスを上本が見せたのです。
実際、今年の上本の打率、長打率等は昨年の西岡以上です。

 

 

先日の西岡復帰に際しても、和田監督はセカンド上本を外しませんでした。

 

 

とうとう上本が名実ともにレギュラーを獲得した瞬間でした。

 

 

 

2年前のように下位に沈んで将来を見据えた後半戦のスタメンではありません。

 

優勝を狙う試合が続く中で堂々のスタメンを張り、そして球界を代表する投手からチームの勝利に貢献する昨日のホームラン。

 

 

もう、ここまで来たら外されることもないでしょう。

 

 

ついに上本はレギュラー、という枠をさらに越えて「スター」選手への階段に足をかけたのです。

 

 

 

昨年末には上本は阪神の選手会長に就任しました。

 

鳥谷の後任の適役がいなかったため、なぜか関本が世代逆行して務めていたのですが

 

やはり後任候補者が乏しい(生え抜き野手が選手会長を務めるのが暗黙(?)のルール)中でレギュラーではない上本に白羽の矢が立ちま
 

 

した。

 

 

 

チーム内のポジションの中で本人がどのように感じていたのか分かりませんが、しかし周りからも認められる人物であることの証でもあり
 

ます。

 

 

 

28歳の上本は、向こう5年はレギュラーを務めてくれることでしょう。

 

西岡をどのように起用するか難しいところですが、ポジションは鳥谷等も含めて色んな事を考えるべきだと思います。

 

 

 

これからの上本は阪神のレギュラーというレベルではなく

 

オールスターにも出場してCMにも出て

 

週刊ベースボールの選手名鑑号には表紙に登場するような

 

 

 

そんな選手になっていってくれると期待したいです…!

 

 

 

 

 

 

本日のところも

 

 

 

天理市 外構工事 追加打ち合わせ

 

生駒市 外構工事 現場

 

奈良市 修繕工事 完了確認

 

木津川市 外構工事 現場

 

奈良市 外構工事 現場

 

奈良市 社内行事打ち合わせ

 

奈良市 外構工事 着工前打ち合わせ

 

 

 

 

 

北和エリア中心に回りました。

 

 

 

この後も続々と着工する現場が控えておりまして

 

植田担当の現場は北和エリアが数多くございます。

 

 

当面は奈良市、生駒市、木津川市を中心に走り回ることになりそうです。

 

 

 

 

皆様

 

 

宜しくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

本日

 

3年目となる社内コンテストを行いました!

 

 

(社内コンテスト 1年目)

 

(社内コンテスト 2年目) 

 

社内で担当者がそれぞれの自信作の現場を持ち寄り

 

担当者は自分の作品以外の作品に1位、2位を付けて投票します。

 

 

 

設計担当、内勤事務スタッフも投票してもらいます。

 

 

 

一昨年は、まさかの6位

 

昨年は絶対の自信作が、なぜかの2位

 

 

 

まあ、他のスタッフが1位を取ってくれるのも頼もしい限りで嬉しいんですけどね。

 

 

 

 

しかし

 

 

今年はとうとう…

 

 

1位ゲットしました~

 

 

 

 

 

テラスガーデンにウォールあり、ライティングあり、植栽あり…

 

私の作りたいガーデンを存分に作らせていただいた

 

 

まさに会心の自信作でした!

 

 

 

 

こんな素晴らしい現場に携わらせていただいた

 

 

お客様をはじめ、各方面の皆様に感謝です。

 

 

 

 

表彰の場で、私が私を表彰するという絵面が悪いことになってしまいますが

 

関わってくれた設計担当、職人さん等も表彰させていただきますので…

 

ヨシとしましょう!

 

 

 

 

しかし他のスタッフたち!

 

 

 

来年は私に連覇させているようじゃダメですよ~!!

 

 

 

ま、負けるつもりもありませんがね(笑)。

 

 

 

 

 

 

昨年から滞っていた仕事があるのですけど

 

これも、ようやく復活しております。

 

 

 

とにかく継続的に現場が多くて

 

昨年の夏ごろから消費増税駆け込みラッシュが始まり

 

各方面の様々なご縁の増大、そして30周年…

 

 

 

 

そんな中でプレイヤーとしての仕事に忙殺され続けてきたわけですが

 

 

 

ここに来て少し乗り越えつつあるようです。

 

 

増税駆け込みの一服という側面ももちろんながら

 

 

それとは別に

 

 

人の成長の証、を感じるところです。

 

 

 

 

昨年の2月頃から私の現場の管理に付いている現場監督

 

昨年の秋から来てもらっている営業アシスタント

 

 

 

二人とも、イチからのスタートでしたが

 

 

少しずつステップアップしてきてくれました。

 

 

 

 

二人の成長とともに、私の仕事のステージが上がって行くことが体感できています。

 

 

 

 

そして

 

 

30周年を迎えたことによって

 

これからの30年を見通すようになった。

 

 

 

これが、私にとって大きかった。

 

 

 

 

2014年

 

 

 

一つ上のステージに上る事ができたようです…!

 

 

 

 

 

 

近畿地方の梅雨明け宣言は明日以降に持ちこされたようですが

 

ほぼ…梅雨明けですね。

 

 

 

暑さ、そして空気の感じが先週くらいから完全に夏のものになりました。

 

 

 

雑草がよく伸びる季節でもあります。

 

 

 

当社の展示場は植木が沢山あることもあって

 

雑草対策はずっと悩ましい問題でした。

 

 

 

スローガンに「環境整備」を掲げた昨年、展示場をキレイに保つために春から継続的に雑草対策を続けました。

 

 

方法は

 

 

ズバリ「除草剤」です。

 

 

これしかありません。

 

 

 

面積が面積ですから、引いている場合じゃありません。

 

刈っていても根が残ってはびこっていきます。

 

 

 

特に

 

 

スギナとヤブカラシ

 

 

コイツらには絶対に除草剤しかありません。

 

 

 

スギナとは

 

ツクシの本体と言ったらいいのか…、細い糸状の葉の雑草です。
ツクシと言えば春の風物詩として喜んで取ったりしたものですが、我々にとっては憎き雑草でしかありません。

 

 

 

ヤブカラシとは

 

別名でビンボウカズラとも言われます。コイツが繁殖している庭は手入れに手が回らない貧乏な家、という由来らしいです。放置するとツル性で樹木等にどんどん絡んでいき、大変見苦しい状態になります。

 

 

 

 

コイツら地下茎を凄まじい勢いで伸ばし

 

あらゆる所から芽を出して繁殖する難敵です。

 

 

スギナは引いても地上部だけがプチッと切れるだけですし、ヤブカラシは引くと多少の地下茎も着いてきますが絶対に根こそぎ取れません。

 

引いても引いてもキリなく発生し、駆除するのが難しい雑草と位置付けられているものです。

 

 

 

 

と、なると

 

根ごと枯らすしかありません。

 

 

 

徹底的に除草剤を打つしかないのです。

 

通常より希釈倍率を上げ、強力な除草剤にします。

 

それも、1回で済むというレベルではありません。いかに強力な除草剤でも1回打って地下茎が完全に枯れるわけではないのです。

 

除草剤で枯れた地上部のすぐ近くから涼しい顔をして出てきやがります。

 

 

 

この出てきたヤツを、さらに徹底的に叩きます。

 

 

 

 

昨年、これを春から梅雨時まで延々と続けた結果

 

 

スギナについては一定の成果があって、当社展示場からかなり駆除することができました。

 

 

しかし梅雨があけて真夏の暑い季節、また蚊が大量に跳んでいる環境の中で「さすがに真夏はちょっと休むか」と気を緩めた途端

 

 

ヤブカラシにやられてしまいました…。

 

 

 

 

そして今年

 

 

昨年の反省を生かし

 

 

絶対に甘い顔を見せない、と固く心に誓い

 

 

 

暑さにも負けず、蚊にたかられながら除草剤を打っています…。

 

 

 

 

とにかくコイツらだけは

 

僅かな1本も許してはいけません。

 

親の仇くらいに考えて徹底的にやっつけましょう(笑)。

 

 

 

 

 

 

車を1台購入しました。

 

 

知る人ぞ知る…

 

13ff5446.JPG

 

 

ダイハツ・ハイゼット 「デッキバン」です!

 

 

この軽トラでもないのですが、小さな荷台のついた軽自動車。

 

 

そして知る人ぞ知る、というのは車の事だけではなく

 

私が2年前まで乗っていた車なのです!

 

(写真は今回買った車ではなく、以前私が乗っていた車の写真です。)

 

 

 

 

この中途半端な荷台があるのが、私のような仕事をする人間にピッタリの車でして

 

 

ちょっとした植木を運んだり、現場の残材などを運んだり

 

かつ、雨に濡らせたくない資料や道具などを後部座席に積んだりもできて

 

 

 

また、シートのリクライニングなども可能で長時間の運転にも優しいという

 

 

 

素晴らしくバランスの取れた車なのです!

 

 

 

 

そして実は

 

 

私がこの車に乗るのではなく…

 

 

当社スタッフが乗ります。

 

 

 

 

私担当の現場の補佐で現場管理をするスタッフが乗るのですが、まさに私がやっていた役回りをこの車に乗ってやってもらう事になります。

 

 

 

そう思えば

 

 

 

私の仕事も一段上のステージに上ることが出来たように感じています。

 

 

 

久々にハイゼット・デッキバンを間近で見て、懐かしい思いとともに少し感慨深い思いになりました…!

 

 

 

 

 

 

昨日のブログは展示品のPR、という感じでしたが

 

 

今日は経営的なお話しも少々。

 

 

エクステリアの展示については色々なマーケティング戦略、費用対効果、そして人のご縁なども絡めて進めているところです。

 

 

 

実は当社の展示場は広さ自慢でして、まだまだ幾らでも展示可能なスペースが残っています。

 

それ故に、展示場整備もキリがなく一気に作るとトンデモナイ費用がかかります。

 

また展示品というものは展示すれば売れるというものではありません。

 

 

そして私の大方針として、エンドユーザーショップのリーフユニティとしては展示の内容を「ガーデン」に特化させていく、というスタンスがありました。

 

 

そして、そもそもがエンドユーザーショップとしての経営のステージに合わせた店づくり、というものを考えてきました。

 

 

 

そんな訳で

 

 

展示場づくり、展示品への投資については相当慎重にこれまで進めてまいりました。

 

 

 

それが現在に至り

 

 

 

経営の最大の目標

 

ランチェスター戦略の一つの考え

 

エンドユーザーショップとしてだけでなく、住宅会社様とのルートにおける営業戦略

 

経営のステージ

 

 

 

そして

 

 

 

人のご縁

 

 

 

それら全てのタイミングが少しずつ熟してきました…!

 

 

今回、そんな中での展示品の追加です。

 

 

 

もちろん、これだけには留まりません。

 

引き続きリーフユニティの展示場は、さらにグッと前に進みます。

 

 

 

 

どうぞ

 

 

ご期待ください…!

 

 

 

 

 

 

P1100704

 

 

 

リーフユニティの展示場に新登場した

 

 

「タンモクアッシュデッキ」

 

 

です!

 

 

 

 

 

 

ウッドデッキと言えば人工木材がすっかり主流となった感があります。

 

特に我々エクステリア系の人間の立場から言えば、エクステリアメーカーのカタログからすっかり天然木材のデッキが消えてしまったため一層人工木材に傾倒しやすい状況です。

 

 

 

しかし

 

 

ウッドデッキは「腐っても木」というお声もあります。

 

いかに人工木材が改善されてきたとは言え、天然木材と隣に並べて比較すると

 

その質感は歴然です。

 

 

 

私、タイルのテラスと人工木デッキを比較する際にお客様によく申し上げます。

 

 

「リゾートホテルをイメージしてください。タイルは普通に使いますけど、人工木デッキはないですよ。」

 

 

質感という意味では人工木はやはり一歩及びません(もちろん、使い方等で人工木の良さがあるのですが!)。

 

 

 

同様に

 

 

天然木材のウッドデッキはリゾートホテルにもアリ、ですよね。

 

 

 

ただしウッドデッキは耐久性の問題があります。

 

今や昔、ウッドデッキと言えば「ウエスタン・レッドシダー」という木材が一般的でした。

 

一般的には耐久性のある木材だったのでしょうが…、雨ざらしのウッドデッキとしてはやはり10年程度で痛んできてしまいました。

 

そして現在、ウエスタンレッドシダーは殆ど使われていません。

 

 

 

変わって天然木材でも、かなりの耐久性のある「ハードウッド」と呼ばれる木材が注目され始めました。

 

その筆頭が「ウリン」。他にも「アマゾンジャラ」「セランガンバツ」「イぺ」等色々あります。

 

 

 

そして、ハードウッドに加えて「炭化木材」という熱処理技術も開発され

 

加工性にも配慮して「ホワイトアッシュ」という木材を採用して、さらに腐りやすい束柱や根太という構造にはアルミを用いてタカショーさんより商品化されたのが

 

 

 

「タンモクアッシュデッキ」

 

 

 

なのです!

 

 

 

 

 

天然木材デッキのおススメの一つの形として

 

 

 

展示をスタートいたします。

 

 

 

 

どうぞ皆様

 

 

実物をご覧にお越しくださいませ…!

 

 

 

 

 

 

やりたい事、やらなければならない事が沢山あります。

 

 

いつかやろう、と思っていては絶対に進まないですね…。

 

 

 

先日から読み返した「夢に日付を!」(渡邉美樹:著)のキモの部分である

 

 

「緊急じゃないけど大切なこと」を「ルーティンワーク化して予定に落とし込む」

 

 

これを改めて考えたいと思います。

 

 

 

 

 

ちょっとやそっとでは出来ない事も多くあるのですが

 

それこそ30年後のためと思えばこそ、やろうという気になるものです。

 

 

 

まずは

 

 

始めます!

 

 

 

 

 

 

日々、数多くの現場を手掛けておるのですが

 

このところマネジメントな話も多かったことですし

 

 

 

たまには現場の写真もアップするとしましょう…。

 

 

 

P1100614

 

こちらは外構というよりも建築リフォームの現場なのですが…、少々ブロック積みがあるとの事でお手伝いさせていただいています。

 

 

 

 

P1100619

 

お庭のリフォームです。植栽の追加のご要望があったので、それを納めて本日完了です!

 

 

 

 

P1100626

 

こちらの外構工事はタイル工事中。あと一息で完成です。

 

 

 

 

P1100629

 

こちらは表札を残すのみとなりました。タイルの門柱がいい感じですね~。

 

 

 

 

 

 

 

引き続き7月から8月も多くの現場が予定されており、フル回転が続きます。

 

各方面の皆様方のご期待にお応えできるよう、頑張ります!

 

 

 

 

 

 

昨日は、ある方のご紹介である方とお会いしてきました。

 

 

ある方、ある方って、誰やねん!っていう話なんですけど

 

具体的には詳しく書くのは控えさせていただきます…。

 

 

 

なら書くなよっ、って言われそうですが

 

 

 

申し上げたいのは

 

商売は人のご縁、という当たり前の事であり

 

それにしても、時間は有限ということ。

 

 

 

 

人と会って飲んだり、食べたり…、それだけでもちろん楽しいです。

 

しかし自己満足になってはいけない。

 

 

 

純粋なプライベートなら自己満足でいいんですけど

 

商売のための人のご縁、これを忘れないようにしなければなりません…!

 

 

 

 

経営者ですから、仕事が人生です。

 

そしてもう42歳、経営者として残された時間がどんどん減っていく感覚です。

 

限られた時間でしっかりと歩みを進めていかないといけないのです。

 

 

昨日は、そんな中でとても大事なご縁をいただく事のできた日でした。

 

 

 

 

絶対に変わることのない目標、というかミッションというべきものをしっかりと見定めていますから

 

行動の基準はすべてそこにあります。

 

 

 

これから30年継続できる会社を作っていくこと

 

 

 

 

そのために

 

 

 

日々、努めてまいります…!

 

 

 

 

 

 

興味のないサッカーネタを私が書くこともありませんし

 

弱い阪神についても話題が乏しいのですが(苦笑)

 

 

昨日の岩崎-梅野の新人バッテリーの勝利には少し触れるとしましょう…。

 

 

 

今年3勝目の投手・岩崎(いわき)はドラフト6位。

 

捕手の梅野はドラフト4位です。

 

 

 

昨年秋の段階では地味な印象でしたが、なかなかナイスなドラフトだったと言えます。

 

 

岩崎は左腕ということもポイントですが、腕が遅れて出てくるというフォームに勝てるミソがあるとの事です。それが分かって指名したのなら担当したスカウトの眼力は素晴らしい。

 

大学での実績は中継ぎ中心で決して目立ったものではなかっただけに、なおさらです。

 

よくMax150㌔とかの数字に惑わされやすいのですが、数字には表れないフォームや変化球の精度など勝てる投手に必要な条件を満たしているかどうかが重要です。

 

 

済美高校の安楽投手を1位候補に阪神のGMである御仁が仰っている記事を目にしたのですが
私にはどうも安楽が試合で勝てる投手には映りません(高3なんでこれからですが)。

 

安楽に球速では全く及ばない岩崎が勝てる投手だ、という事をスカウトならびに編成部門の方々は考えてもらいたい。

 

どのみち投手のコマ不足は明らかなんで、どうか岩崎をしっかり使っていってほしいと思います。

 

 

 

そして梅野。

 

 

これはラッキー…というか

 

よく4位に残っていたな、という印象です。

 

 

むしろ、3位の陽川指名の段階でなぜ取りに行ってなかったのが不思議なくらいです。

 

全日本の正捕手まで務めた実績、打撃成績など魅力十分の捕手だったはずが、なぜか他球団も含め指名から漏れていたんですね。

 

結果として開幕一軍を果たし、藤井や逈岡の離脱もあったものの正捕手奪取の勢いです。

 

 

これで、向こう10年の正捕手が決まりました。

 

 

1位の岩貞が出遅れましたが、これはもう上等のドラフトであったと言えます。

 

 

 

そして

 

 

 

新人バッテリーの勝利は1983年の御子柴-木戸以来とのこと。

 

 

これ、なんとなく…覚えています!

 

83年と言えば私が阪神ファンになって2年目くらいでしょうか。
バース入団の年でもありまして、夏場くらいからバースが毎日のようにホームランを打っていたように思います。

 

木戸は大卒のドラフト1位で次世代の正捕手として期待されていました。

 

御子柴は高卒1年目だったのですが、アンダースローとサイドスローの中間みたいな投げ方でシーズン終盤に昇格してポンと初勝利をマークして随分期待したことを覚えています。

 

木戸は期待通り正捕手となって85年の優勝に貢献、その実績と人当りのよさもあって引退後も球団の中ではエリートとしての位置付となっています(現在GM補佐)。

 

御子柴は以降、中継ぎ投手として地味ながらも息の長い選手となり、実直な性格もあってか引退後もコーチやらスコアラーやらで何かと球団に係り続けています。

 

 

 

それ以来、31年ぶりですか…!

 

 

 

岩崎、梅野にも

 

 

 

末永く活躍してもらいたいですね。

 

 

 

 

 

 

最近の植田は

 

実はスタッフに運転手をしてもらう事が増えています。

 

 

 

運転してもらっていると

 

かかってくる電話対応や電話によるスタッフへの指示、アイパッドを使っての書類確認など移動中も仕事が捗ります。

 

電話が繋がりやすくなったと言われる事もあったりで、良い事づくめです。

 

 

 

そして

 

 

移動時間が運転してもらっているスタッフと話す時間となります。

 

今のところ3人くらいに運転してもらっていますが、それぞれに貴重な時間となっています。

 

 

 

 

そして

 

 

しっかりと考える時間にもなります。

 

 

 

ここ数年で自分自身の売り上げが増え続けてプレイヤーとしての業務でに忙殺されるなか

 

マネージャーとしての業務に頭と手が回っていなかったのですが

 

 

 

この方法によって、何か大きく状況が変わったんじゃないかと感じています。

 

プレイングマネージャーとして、一段高いところに上る事ができそうです。

 

 

 

運転手を付けられるほどの身分の社長ではないとは分かっていますが

 

現在の私と当社にとっては、結構マッチした手法なんじゃないかと思うのです。

 

 

 

 

スタッフには時間を取らせて気も遣わせるのでしょうが

 

時にお昼ごはんも奢るんで

 

お付き合い願います…!

 

 

 

 

 

 

今日の植田は

 

 

天理市 外構工事 現場

 

奈良市 お得意先様にて打ち合わせ

 

 

戻りまして

 

 

橿原市 外構リフォーム現場 確認

 

広陵町 外構工事 現場

 

広陵町 現場調査

 

広陵町 外構工事 現場

 

橿原市 植栽工事 完了確認

 

橿原市 お得意先様 書類お届け

 

 

戻りまして

 

社内にてスキルアップ会議

 

そして

 

メーカーさん来社

 

 

 

お施主様、お得意先様、職人さん、お取引先様…

 

 

日々色んな方々にお会いできて、とても楽しいです!

 

 

 

 

仕事を楽しめるって

 

 

 

幸せな事ですよね~!

 

 

 

 

 

 

30周年のイベントをやりながらも

 

各方面で私担当の現場の方も進行中です。

 

 

 

王寺町 先行ブロック工事

 

桜井市 先行擁壁工事

 

広陵町 外構工事

 

広陵町 外構工事

 

奈良市 外構工事

 

天理市 外構工事

 

宇陀市 外構工事

 

木津川市 外構工事

 

橿原市 外構リフォーム工事

 

高取町 修繕工事

 

桜井市 エクステリア工事

 

桜井市 街路樹&公園植栽管理

 

 

 

これでもちょっと落ち着いてきたハズなんですが

 

なかなかのもんですね…

 

 

 

各方面の皆様とご縁があるからこそ、継続的に現場に携わらせていただいています。

 

もちろん波もあるのですが、色んな波が重なっているため安定した波になっています。

 

色んなご縁と経緯があって、今のタイミングでの工事をさせていただいています。

 

 

 

 

消費税の波は去りつつありますが、まだまだ忙しくさせていただいています。

 

 

皆様との

 

 

ご縁に感謝です…!

 

 

 

 

 

 

大変お恥ずかしながら…

 

昨日免停講習に行ってまいりました…^^;

 

 

違反の大半は携帯電話の保持、というヤツです。

 

 

月に3000キロを走りつつ、おびただしい電話がかかってくる仕事をしている人間としては
どうしても、こんな事になってしまうんですね…。

 

 

免停はもう嫌ですし、安全運転も大事ですので最近は運転中の電話はしておらず
極力運転手を確保するようにしています。

 

 

それにしても

 

 

ウチの会社、桜井市大泉といって橿原市との境にありますもんで
とにかく新ノ口の免許センター(講習は隣接する「安全運転学校」)が近いので助かります。

 

 

スタッフに送迎を頼んで(ゴメン!ありがとうね)

 

朝から仕事をしつつ、帰ってからも仕事ができた、という有難い(!?)環境です。

 

 

免許の切り替えなども楽勝で、普通に仕事の合間にできる状態です。

 

 

 

で、その免停講習。

 

 

殆どの方は関わることがないでしょうが、ご参考に内容をご紹介しましょう…。

 

 

朝から座学です。

 

午後イチにテストがあり、それに85%正答すれば免停はめでたく29日短縮です。

 

 

座学、と言っても要するにテストの問題をすべて教えてくれる時間です。

 

全問、キッチリ教えてくれます。

 

「ここ、数字を変えてこういうふうに引っかけるから~」とご丁寧に告知くださいます。

 

 

もう、違反の反省だとか安全運転の意識も何もあったものじゃありません(笑)。

 

こんな事でいいのか、免停講習!

 

 

 

テスト自体は普通にやっても簡単なテストですが、2~3問引っ掛かりそうな問題があります。

 

そこで特に正答率が低い問題は、これでもか、という位講習の際に説明があります。

 

 

 

午前の講習でそこを抑えれば必ず満点が取れるようになっています。

 

 

何の意味があるんだ、免停講習!

 

 

 

 

午後イチのテストが終わったら、シミュレーターという実技講習があります。

 

 

 

 

実はこれが、なかなかのモンでした…

 

 

 

ゲーセンか、と思うようなドライビングシートが並んでいる部屋がありまして

 

運転のシミュレーションができるのですが

 

 

また都合よく(!?)突然歩行者が飛び出してきたり

 

待っていたように自転車がよろめいたり

 

前を走るタクシーが突然止まったり

 

過ぎたと思ったらフェイントのように自転車が続けてやってきたり

 

 

凄まじくストレスのかかる運転をさせられます…。

 

 

そして、何がしんどいって

 

コンピューターの映像なのですが、ブレーキをかけたときの映像が不自然なせいか

 

ブレーキをかけると一瞬で猛烈な乗り物酔いに見舞われてしまいました…

 

 

「気分が悪くなる事がありますから、その場合は申し出てください」と教官の方も最初におっしゃられていて

 

私の両サイドに座った高齢の方はあっという間にリタイヤ

 

 

 

このシミュレーター、ちょっと問題なんじゃないかと思いますが

 

リタイヤは悔しいので、フラフラになりながらも後は意地で頑張りました。

 

 

もう勘弁してくれ、免停講習!

 

 

 

免停講習、やっぱり行くもんじゃないです…。
 

 

 

 

 

 

30周年記念式典が近づき

 

色んな人とお話しする機会が多くなって

 

このところ、一層色んな事を感じています…。

 

 

 

 

今の、そしてこれからの私が果たすべき役割って…?

 

 

 

リーマンショックですらも、一切影響を感じることもなくやってこれました。

 

円高、株安なんて何も関係ありません。

 

 

 

 

 

景気だとか政治・行政から受ける影響など微々たるもので、小さな会社は自らの営業努力が全てだ、と確信してきました。

 

 

 

しかし

 

 

それだけではないステージが近づいてきたように感じます。

 

 

このところ、毎週入る求人広告は明らかにページ数が増えています。

 

「パワーアップ改装中」のすき家はいつまで経ってもオープンされません(ちょっと過剰な反応ですけど)。

 

業界の中でも、そんな話が聞こえてきます。

 

 

 

まあ、そういうところです。

 

 

こればかりは小さな会社は影響を受けます。

 

 

色々感じるところですね…。

 

 

 

 

 

 

ブログでも書いていなかったのですけど…

 

実は、昨日今日とフェアやってました

 

 

 

正直、日々の現場と打ち合わせ、更に各種行事等に駆けずり回る日々の中で

 

意識的にも30周年記念式典の準備なども重なり

 

私自身がフェアにかける時間も意識も過去最低と言えるような状況でした。

 

 

消費税増税の波がまだ残る状況の中で、今期の売り上げが過去最高を更新することが確実な情勢となり

 

現場的にもまだまだフル回転の状況で

 

 

 

趨勢的にチラシ集客の効果が落ちてきている事を考えると

 

 

 

 

「フェア、今年はやらなくていいんじゃないか?」

 

 

 

そんな考えが頭によぎらないわけではありませんでした。

 

 

 

実際、業界の方に聞いてみると今年はチラシを撒くのを控えている業者さんも多いとの事。

 

 

 

しかし

 

 

 

年間計画として予定していた行事です。

 

 

さらに

 

 

継続してきた事を途切れさせたくない、という思い。

 

そして、この取り組みは決して目の前の売り上げを目的としたものではない、という思い。

 

 

30周年を迎える今、更に強く思うのは

 

 

これから30年続く会社を作っていくこと。

 

そのために、やるんです。

 

 

 

フェアをしない理由は吹けば飛ぶ程度のものでしかありませんでした。

 

 

 

チラシの内容は昨年のものと概ね同じでしかできませんでしたが

 

私が何も言わなくてもスタッフが準備もテキパキと進めてくれて

 

無事、スムーズにいつも通りに行うことができました。

 

 

 

フェアは今年10年目になるのですが

 

本当に「型」を作りあげることができたなあ…、と感じます。

 

「型」ができているから継続していけるのです。

 

 

 

 

これからも

 

 

 

継続します!
 

 

 

 

 

 

本日は

 

 

橿原市 植栽工事 現場

 

橿原市 外構工事 現場調査

 

橿原市 お得意先様 打ち合わせ

 

 

いったん会社に戻りまして

 

 

木津川市 外構工事 追加打ち合わせ等

 

木津川市 外構工事 現場

 

木津川市 外構工事 現場

 

奈良市 外構工事 現場

 

奈良市 外構工事 現場

 

奈良市 外構工事 現場

 

広陵町 外構工事 現場

 

 

 

相変わらず盛り沢山の毎日ですが

 

 

頑張ります…!

 

 

 

 

 

 

昨日は

 

 

橿原市 植栽工事 現場

 

葛城市 植栽工事 現場

 

橿原市 外構工事 打ち合わせ

 

 

いったん事務所に戻りまして

 

 

橿原市 外構リフォーム工事 打ち合わせ

 

高取町 外構リフォーム工事 打ち合わせ

 

奈良市 得意先様にて打ち合わせ

 

奈良市 外構工事 打ち合わせ

 

 

 

各現場のお客様、そしてお会いした皆様方、今日も1日ありがとうございました。

 

 

それぞれの現場が、人のご縁です。

 

決して広告や宣伝ではありません。

 

 

 

人のご縁を大切に…、今日も頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

P1090919

 

 

 

4月に作らせていただいた花壇です。

 

 

手前味噌ながら、なかなかの力作じゃないかと

 

 

奈良市内の住宅展示場内の花壇リニューアルをご用命いただきました。

 

 

 

 

ここらへんの分野、いわゆる「ガーデニング」と呼ばれるような分野というのは

 

 

結構、専門家がいないものです。

 

 

 

 

なぜかと言うと

 

 

 

「飯が食えない」

 

 

 

から、なんでしょうね

 

 

 

多くの場合、「ガーデニング」はお客様が自分でされます。

 

個人の趣味の場合はもちろんですが、店舗等でも自分で(自社で)される事が多いですね。

 

 

 

要するに、余りニーズがない上に

 

あったとしても金額的に少額となってしまう事が多いのです。

 

 

 

 

ですので、業態として存在しないのです。

 

ビジネスモデルとして成り立たない、って事ですね。

 

誰もやろうとしないんです。

 

 

 

もしも「ガーデニングデザイナー」という仕事を成り立たせるとするならば

 

それには対価が必要となります。

 

 

 

世の中には、都会なのどで商業施設やら公共施設なのに関わる「ランドスケープコンサルタント」みたいな職業は存在します。

 

 

もちろん、そちらに依頼すれば結構なコストがかかるでしょう。

 

 

 

 

デザインに対する付加価値が必要です。

 

 

 

材料代としての植物の費用を遥かに上回る費用が必要です。

 

 

材料実費プラス作業費、この段階で材料をかなり上回るコストになるのですが

 

さらにデザインコストが必要なんですね。

 

 

 

自分で買えば1万円で済む花壇作りを

 

プロに任せて5万円…、これでもガーデニングのデザイナーという職種は成り立たないかも知れません。

 

 

 

例えば

 

 

現場を下見して、材料をチョイス、そして作業時には自ら現場に立って配置を見定めないといけません。

 

それに投じる時間と、そしてスキルとしての付加価値…これを一体いくらと考えるのか。

 

 

 

画家に絵を描いてもらうのに、紙と絵の具代だけで済むはずがありません。

 

絵画の価格とは、まさにデザインに対する付加価値です。

 

 

 

 

イベントで似顔絵を描いて下さる方に来てもらおうとしたら、1日3万円では来てもらえません。

 

イラストレーターに商業用のイラストを依頼したら、10万円でも描いてもらえません。

 

 

 

それが、プロとしての対価ですね。

 

 

 

 

私も

 

 

プロとしての対価が稼げるのであれば

 

実は、植栽デザイナー専門で仕事をしたいと思っています。

 

 

 

 

今のところ、それには及ばず…

 

 

外構もエクステリアも、土木も造園もやっています。

 

外回りであれば、アルミ金物もタイルも塗装も取り扱っています。

 

 

 

しかし、これは10年後の目標として

 

 

掲げてやっていきたいです!

 

 

 

奈良で植栽デザインのご相談は

 

 

どうぞ植田までお寄せくださいませ!
 

 

 

 

 

 

世の中はゴールデンウィークですね!

 

 

私ですか?

 

もちろん休みませんよ!

 

日々、元気に出勤です。

 

 

 

今年は打ち合わせに現場調査などで出回っていることの多いゴールデンウィークになっています。

 

 

 

ところで

 

 

先日、ある案件のご相談をいただきました。

 

 

現段階で詳しく書けないのですが…、何としてもご縁に結び付けたい現場です。

 

この現場は、絶対に私がやるべき現場だ、と。

 

このところの凄まじい数のご縁の中にあって、こんな気持ちになったのは正直久しぶりです。

 

 

他社と較べられる位なら、当社にご期待下さる方のためにだけ頑張りたい…、そう思ってやってきました。

 

しかし、この件については他社との競合を勝ち抜いて獲りたい、そんな気持ちがフツフツと沸いてきたのです。

 

 

 

 

 

その日に早速現場に立って、決意を新たにしました。

 

色々な意味で私一人では及ばない案件でもあるので、早速何人かの人に相談も持ちかけつつ準備をスタートしています。

 

 

想いを叶えるために、より強く想う。

 

これが必要だと思います。

 

 

 

そして、周りにも働きかけつつ動いていきます。

 

 

 

燃えてきました!

 

 

やりますよ~!

 

 

 

 

 

 

昨日は

 

 

香芝市現場 外構工事打ち合わせ  5月着工予定

 

奈良市現場 外構工事打ち合わせ  5月着工予定

 

生駒市現場 外構工事打ち合わせ  7月着工予定

 

 

でした。

 

 

 

5月以降も本当に多くのご縁をいただいており、各方面の皆様に本当に感謝です。

 

 

 

 

5月着工予定が上記以外に

 

 

 

奈良市 外構工事

 

広陵町 外構工事

 

橿原市 外構リフォーム工事

 

和束町 外構工事

 

木津川市 外構工事

 

上牧町  擁壁工事

 

 

 

他にも先行ブロック工事や掘削工事なども予定が入ってきているところです。

 

 

 

 

6月以降も

 

 

広陵町 外構工事

 

木津川市 外構工事

 

桜井市 外構工事

 

奈良市 外構工事

 

奈良市 外構工事

 

 

などなど…

 

 

予定もいっぱいですが、頭もいっぱいです(笑)。

 

 

新築なので工事の日程が定まっており、当社の予定もどんどん入ってきています。

 

 

 

これらの殆どは継続的にお取引いただいている住宅会社さんの現場です。

 

 

社内では毎回経営方針を説明していますが

 

新築の外構工事は住宅会社さん経由で手掛けるのがビジネスモデルとしても当てはまります。

 

 

 

お客様から直接…、これを業界内では「エンド(ユーザー)」と呼ばれていますが

 

エンドの新築外構は、私はあまり興味がありません。

 

 

 

こういう事を書くと意外に思われることも多いかも知れませんが、実は昔にこの内容を連載して書いたことがあります。

 

また、社内外ではずっと言い続けています。

 

 

 

時折、リアルのお知り合いやお客様のご紹介で新築外構をてがける事もありますが、これは例外的なケースです。一年に幾つもあるものではありません。

 

 

 

全くの一見の新築外構のお客さんを集客し、信頼関係を構築、さらには価格競争にも勝って契約率を高めていく…

 

このビジネスモデルは極めて高度なスキルを問われる難しいモデルです。

 

 

 

少なくともマーケットの小さい田舎では、地域密着というキーワードと重ねていくのが難しいモデルなんです。

 

絞り込んだエリアで新築の数など限られた数にしかならないんですね。

 

 

 

 

 

書きだすと、ブログも調子に乗って書いてしまうものです(笑)。

 

 

まあ、こんな感じでまた書いていきます。

 

 

 

 

よろしければお付き合いくださいませ…。

 

 

 

 

 

 

なんと、1か月もブログを放置してしまってますね…!?

 

 

これは大変失礼いたしました。

 

 

こんなことならブログ休載宣言すべきだったかな…、と反省。

 

 

 

にも関わらず、ブログにはアクセスを頂戴しておるところでございまして(-_-;)

 

ありがたく、そして申し訳なく思っておる次第でございます。

 

 

 

 

植田は一体どうしていたんだ、と思われていた方もいらっしゃるかも知れませんが

 

 

基本、何も変わっていません。

 

 

 

日々、東奔西走して仕事を頑張っています。

 

 

 

只々、ご縁と現場の数が経験ないほどに増大したため

 

意識をブログに持っていくことのできない状況でした。

 

 

 

状況としては

 

 

消費税増税前の駆け込み契約にかかる住宅建築が、3月末の決算月に相まって集中いたしました。

 

これは住宅業界全般にあてはまる事でして、2月から3月にかけて我々以上に住宅の各専門業者さんが各方面でショートした模様でした。

 

 

大工さんは各現場確保して進んでいくのですが

 

 

特にサイディング屋さんやクロス屋さんなどが逼迫した感じで

 

住宅の仕上げがなかなか進んでいかない感じでした。

 

 

更に2月の大雪の影響で、関東地方で雪の被害にあったメーカー商材がショート。キッチンなどが入荷しないというオマケまでつきました。

 

 

 

結果

 

 

我々外構が3月完工という現場も数多く、3月は3月でテンテコマイだったのですが

 

 

住宅建築が遅れて外構が4月に流れ込んできた現場も数多く

 

加えて3月は無理なので4月まで待ってもらって予定した現場と重なり

 

 

 

これまた七転八倒の4月だった訳でございます…。

 

 

 

 

そんな事で当ブログも、こんな事になってしまったのですけど

 

 

今のところブログをやめる予定はありません…!

 

 

 

 

実は今回の投稿を書くにあたり、ちょっと休載宣言しておこうかなと思って書き始めたのですが(過去にも2度ほど休載宣言したことがあります)

 

 

いや、やっぱり書こうかな、と。

 

 

ブログでこうやって発信することは、実は自分のためにもなるんです。

 

 

発信する中で自分に言い聞かせる、という効用があるんですね。

 

 

頭が整理され、そして自分の行動がイメージされるのです。

 

アファメーション、という側面も持っています。

 

有言実行、という縛りがついて実行力が増します。

 

 

 

ずっとブログを書いてきたので、私はその事を知っています。

 

 

 

 

こう書いてきただけで、気分が変わってきました。

 

 

 

休載宣言どころか、復活宣言です!

 

 

 

「明日も書く!」

 

 

 

 

もちろんこれは、甲子園のヒーローインタビューで新庄が「明日も勝つ!」と宣言してから阪神が連敗したことに引っかけたネタですが(笑)。

 

 

 

 

 

 

桜の開花が伝えられてきています。

 

 

 

気が付けば店内でも花木があちこちで咲き始めたり、新芽を吹きだしたり…

 

 

数年前は爽やかな気分で観察していた頃もあったハズなのですが

 

 

 

今年などは咲き始めた花を見て

 

 

「おいおい、もう咲き始めてんのかよ!3月忙しいし、春になるのはまだ先でいいから!」

 

 

 

なんて思っている自分が残念なところです(笑)。

 

 

消費税増税を控えた駆け込み需要の中でスッタモンダの3月も残り僅か。

 

やれるだけやるしかありません。

 

 

 

 

ちなみに

 

 

4月のフル回転、というか回転オーバーも確定しておりまして

 

一通りの現場を納めるのには5月いっぱいはかかる見通しです。

 

 

 

その後はちょっと落ち着くんでしょうかね…?

 

実際、昨年9月末の消費税駆け込み契約ラッシュの後は住宅販売は苦戦が伝えられます。

 

 

 

先日、お得意先様の業者会などで聞いていると

 

 

基礎屋さん曰く

 

「秋から年末にかけて何件断ったかわからんかったけど、急に仕事無くなって~」

 

てなカンジらしいです。

 

 

 

住宅の建築サイクルからすれば、基礎から3か月ほど遅れて外構ですから

 

6~7月には落ち着くのかも知れません。

 

 

 

そのあたり先を見据えて危機感を持って…というのが一流経営者なんでしょうが

 

格付け的には普通経営者、もしくは二流経営者の私としては

 

 

 

楽観的に構えています(笑)。

 

 

 

まあ、ドタバタしても仕方ありません。

 

 

大事なのは人のご縁ですから…。
 

 

 

 

 

 

珍しくアポなしの1日を過ごすに当たり

 

朝から2件の現場だけ回りまして、後は外出しないと心に決めて事務所に引きこもっている植田です。

 

 

 

そういう訳で、このところでは珍しくブログの連投です(苦笑)。

 

 

 

おかげで材料の発注業務やら見積もり業務などが進みます。

 

 

現場の段取り・手配も進みます。

 

 

 

 

こんな日も必要ですね。

 

逆に言うなら

 

日々膨大な時間を投じている移動時間というヤツは、大きな問題です。

 

 

 

 

 

今日は引き続き、引き籠ります…。

 

 

 

 

 

 

さて…

 

 

どうも放置状態の感が出てきている当ブログですが

 

やめる予定ではありませんのでご安心ください(誰も心配してないって(笑))。

 

 

 

 

要するに現場が多くて目が回りそうなのですが

 

開き直りつつ

 

基本、頑張って楽しくやっています

 

 

 

そうこうしているうちに

 

 

長女の高校受験も無事終わりました。

 

私、そして父と姉、家内とその妹さんとも同じ母校に進学します。

 

 

 

今さら「我が母校」を語るほどの想いはありませんし、私が母校に行くこともまずないでしょうが(家内は部活のOB活動などで懐かしそうにちょいちょい行ってますが)

 

 

まあ、ちょっと懐かしい校歌を口ずさんだりしたりしています。

 

 

そこに自分の娘が通うとなると、少しは感慨深いものもあったりします。

 

 

 

それにしても、高校生になるのか…

 

 

高校生を大人と言うのは早いと思うのですけど

 

本当にもうすぐ大人です。

 

 

いつまでも子供だと思っていられないと思うと、少し不思議な感じもするものです。

 

 

 

 

それとともに、自分も齢をとっている訳ですがね

 

 

 

 

 

 

ずっと奈良を中心に東奔西走を続けていると

 

 

まあ~、色んな町にお邪魔をしているわけでして

 

 

県内の道などは相当に詳しくなっている植田でございます…。

 

 

 

特に「~台」などという名前の付いている大型分譲住宅地は、大抵行ったことがある所が多いのですが

 

今もって、どうしても道が覚えられないエリアがありまして…

 

 

 

奈良市の五条、六条、七条、そしてそこに隣接する大和郡山市の九条町

 

 

この一帯です。

 

 

 

 

実は今日もそちら方面の現場があって回ってきたのですが…

 

 

正直、方向感さえ掴めないカンジです。

 

 

 

かなり以前ですが、夜にこのエリアの住宅地に入り込んでしまい

 

どうしても抜け出せず、かなり焦った記憶があります。

 

 

 

 

いわゆる「西ノ京」から西方面のエリアなのですが

 

いわゆる幹線道路がないんですね。

 

 

いや、地元の方からすればあるのかも知れませんが
私たちの感覚からすれば無いんです。

 

奈良と郡山を結ぶ道(県道9号線)や富雄川沿いの道(県道7号線)といった大きな幹線道路と直結している道がありません。

 

そして住宅地の中を貫く幹線道路がないんです。

 

 

道の方向も必ずしも碁盤の目になっていませんし、基本狭い道が多いです。

 

 

また、住宅地に入り込むと目印がありません。

 

地図を見ながらも道に迷い、歩いている人に地図を見せて「ここって、どこですか?」なんて訊いたこともあるエリアです。

 

 

私からすれば、県内でも指折りの難解なエリアです。

 

 

 

そういう訳で、ナビなしの車で走り続けてきた私にとっては要注意エリアだったのですが…

 

実は今はそんな問題も無くなりました。

 

 

 

アイパッドです!

 

 

アイパッドに入れてあるグーグルマップでは一発で現在地が分かりますし、ナビの機能まで付いているんです!

 

 

おかげで今日も五条、七条、九条と三つの現場を無事回ってくることができました。

 

 

 

 

しかし、せっかくの機会です。

 

アイパッド頼みばかりでは道を覚えることができません。

 

 

この機会に、このエリアの道をしっかり覚えたいと思います…!
 

 

 

 

 

 

日々、現場の情勢の変化や職人さんの体調不良などもあり

 

パズルのような工程調整が続いています…。

 

 

 

良い事も悪い事も色々あるのですけど

 

正直、あっという間に忘れてしまいます。

 

 

それくらい高速で日々が回転しているんですね。。

 

 

 

各方面、建築の方も苦戦されている感が見えます。

 

大工さんをはじめ、仕上げの業者さんや職人さんの取り合いになっているのでしょう。

 

 

 

こんな時こそ人のご縁が身に染みたりしますね。

 

 

 

皆様に感謝です…。

 

 

 

 

 

 

3月に突入しましたね!

 

 

仕事が忙しいのは当たりまえの事として、いかに信用、信頼を守れるか…

 

事ここに至っては、もはやこれしかありません。

 

 

 

さて、ここにきての人のご縁に改めて感謝です。

 

 

 

私が昔、学生時代に塾講師をしていた頃の先輩が家を建てられるとのことで

 

 

1件は元請の住宅会社さんを通しての先行工事着工

 

1件は直接私のところへご連絡いただいて外構工事のご相談

 

 

 

お二人とも今はそれぞれ違った塾でご活躍なのですが、このお二人同士も同級生で、私も含めて同じ学年の指導もしていた間柄です。

 

 

それぞれお電話でお話しなどもさせていただき、本当に懐かしい昔を思い出させていただきました!

 

 

 

個人の住宅外構、お庭が仕事のメインなので、この仕事をしていると仕事の中で個人のご縁が繋がることが時折あります。

 

 

ありがたく、懐かしい気持ちになれます。

 

 

そしてその事だけではなく、お客様に喜んでいただける仕事です。

 

お客様だけでなく、人のご縁がどんどん広がる仕事です。

 

各方面から必要とされる仕事です。

 

楽しくて、素晴らしい仕事です。

 

 

 

こんな仕事を一緒にできる仲間が、どんどん増えてほしいと願っています。

 

 

建設業界の中でもさらに規模が小さく、名前の通った会社なども殆どありませんが

 

弊社のような会社にも志望いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

皆さん

 

 

オリンピックというものがお好きなんですね~

 

 

色々なところで話題になるのですが、皆さんお詳しい事で…。

 

 

 

スポーツ新聞を読む習慣があるので、それなりに情報は知っているのですが

 

私は普段から興味のない競技を敢えてオリンピックであっても見る事がなく

 

結局リアルで見たものは、ほぼゼロでした。

 

 

 

 

 

 

 

で、「普段から興味のある」競技は、というと

 

 

 

もちろん

 

 

 

野球です!

 

 

 

とは言っても見る事は殆どありませんで、これまたスポーツ新聞を読んでいるだけですが

 

キャンプも実戦を重ね、話題だけでなく結果が出始めていますね。

 

 

 

聞こえてくる限り、今年期待したいのが

 

 

福留。

 

 

十分すぎるほどの実績の元メジャーリーガーですが、昨年は何と2割に満たない惨状でした…。

 

しかし今年はやはり期するところがあるようです。

 

故障が心配ですが、福留の打棒が復活すれば得点力はグッと上がります。

 

 

 

そして

 

今成。

 

よく結果が出ています。サードを狙うライバルの新井良太をバッティングでは完全に上回っています。

 

守備に不安はありますが、中途半端な併用ではなく今成にかけるならかけるで、規定打席を打たせてやってほしいです。

 

 

 

期待以上なのが

 

梅野。

 

ルーキーですが、既に実戦でホームランを打つなどバッティングで目立っています。

 

ただでさえ非力な打撃のキャッチャー陣ですから、十分一軍に割って入るチャンスが見えてきました。

 

 

今年は二軍で正捕手を与えて経験を積ませる、というのがメインシナリオだと思っていたのですが

 

案外、藤井らの出来次第では一気に一軍でレギュラー奪取も現実味が出てきた感がありますね。

 

 

 

他の若手では

 

伊藤隼太、森田、緒方らがいいようです。

 

 

隼太の起用は福留次第です。試合終盤に福留を休ませるならば隼太を常時出場させる形が取れます。

 

私はこれでチャンスを掴んでいってほしいと思います。

 

 

 

森田はポジションが一塁なだけにレギュラーは厳しいですが、桧山の引退で空いた代打枠に入れてほしいです。交流戦のDHなども面白いと思います。

 

昨年ウエスタンで二冠を獲った森田はもはや二軍におく必要はありません。若いのに代打専門も珍しいキャラとなりますが、一軍に居場所が見いだせないなら在籍する意味さえありません。

 

私なら森田は1年通して一軍帯同させます。

 

 

 

緒方は走攻守のバランスが評価されています。

 

代走要員、レフトの守備固めなどスーパーサブ的ポジションに当てはまりそうです。

 

 

一軍登録は野手は16~17人です。

 

レギュラー以外の枠って、結構少ないのです。

 

抜擢するには誰かを外さねばなりません。

 

 

 

 

これらを踏まえて思い切った構想をするならば

 

 

レギュラー 西岡、大和、鳥谷、マートン、福留、ゴメス、今成、藤井

 

捕手     梅野、鶴岡

 

内野手    新井貴、新井良、上本、森田

 

外野手    緒方、伊藤隼太

 

 

 

これによって外れるのが

 

捕手では日高、清水。

 

鶴岡と3番手捕手を争う形となります。

 

小宮山の居場所は既にないように思います。

 

鶴岡の加入と梅野の期待以上の活躍によって捕手陣がダブつきますが、梅野を一軍のレギュラー候補に抜擢して早いうちから育てていくなら鶴岡、日高、清水のうち二人を外さねばならないのです。

 

 

 

 

 

内野で敢えて関本を外しました。

 

生え抜きの功労者でもありますし、桧山の次の「代打の神様」的ポジションに納まるのが自然なのかも知れません。

 

奈良県出身で、個人的にも好きな選手です。

 

 

しかし、要はここで関本を外す覚悟がないと森田は育てられないのです。

 

もしくは関本がサードの守備固めに入れるという前提で新井良太を外すか、です。

 

 

 

坂なども入り込むことができません。内野の控えとしては置いておきたいタイプなのですが…上本に勝てなければ全く出番なしです。

 

西田が頑張っている記事も目にしますが、一軍は一年早いかと思います。守備を鍛えないとダメですから二軍で内野の各ポジションを守って経験を積んでほしいです。

 

 

外野は俊介と柴田が外れます。

 

昨年、大和の故障時に俊介が踏ん張りましたが大和からレギュラーを獲るくらいでないと控えでは緒方とキャラが被ります。

 

走塁センスがないとされる点が苦しいところです。

 

 

柴田は打つしかチャンスがありません。

 

大和を遥かに上回るバッティングを見せないと、居場所がない事になります。

 

 

この二人を外す、というのが隼太と緒方を育てるという事なんです。

 

 

 

もちろん、実力での競争が必要なのですが

 

いつまでも競争させて決断を遅らせると、いつまで経っても中途半端な若手が年を重ねて若手でなくなり次世代の選手は育ちません。

 

 

 

 

誰かを育てるという事は誰かを外す事と表裏一体なのです。

 

 

これまでは育てようにも誰もいなかった感がありましたので、鳥谷以降生え抜きが育たなかったのが決断というよりスカウティング側の問題だったと思いますが

 

 

今成、隼太、森田、そして緒方…

 

 

 

 

全員が全員、それに応えられる事はないでしょうが

 

 

 

今年については彼らが「旬」のように感じるところです…。

 

 

 

 

 

 

2月22日なんていうゾロメだけに、ゴロ合わせで何かの日かと思って調べてみましたが

 

 

 

猫の日(ニャンニャンニャン、から)

 

おでんの日(フーフーフー、から)

 

食器洗い乾燥機の日(夫婦ニッコリ、から…て無理くりですな(^_^;))

 

 

 

余りたいした日じゃありませんでした(笑)。

 

 

 

ともあれ2月は逃げて、3月は去るなどと申しますが…

 

本当にアッという間に2月も残り僅かです

 

 

 

そして、いよいよ3月。

 

通常の年度末に加えて消費税増税を控えた現場ラッシュ。

 

 

 

色んな事があるかと思いますが、これもアッという間に日々が過ぎ去っていくのでしょう。

 

 

 

その後は30周年の行事等もあります。

 

 

 

今年は超速、激動の1年になっていきますね…。
 

 

 

 

 

 

本日は

 

 

 

田原本町 打ち合わせ

 

田原本町 植木市

 

 

事務所に戻り

 

 

奈良市 お得意先訪問

 

奈良市 打ち合わせ

 

 

さらに事務所に戻り

 

 

打ち合わせ…

 

 

 

 

 

 

やるべきことは尽きませんが

 

一つ一つやっていきたいと思います。

 

 

 

各方面の皆様方

 

 

頭から煙を吹きかけている植田がご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが

 

精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

今回の奈良の雪はなかなかのもんでして

 

雪に慣れていない奈良県民は色々と大変でした💧

 

 

ウチの会社のビニールハウスも積雪で見事にへしゃげてしまいましたし

 

カーポートやテラスの被害もチラホラと入ってきています。

 

 

 

しばらくは対応で更に忙しくなりそうです…。

 

 

 

 

 

 

まあ~、えらい雪ですが

 

 

何とか自宅から会社へたどり着くことができたところです。

 

 

 

もちろん現場は殆どストップですし、私の今日のアポイントもほぼ中止になるだろうと思われます。

 

また、下手をすると今日は家に帰れないかも、という状況ですが…

 

 

立場的なところと家にいても何にもできない事を考えると、私とすればどうしても出勤せねばならないところです。

 

 

 

雪には慣れておらず私なりの乏しい経験ではありますが、道路状況から判断して(通勤ルートは大きな道ばかり)行けると判断して細心の注意のノロノロ運転で走ってきたところです。

 

 

 

雪もさることながら、地震や台風などで交通インフラが混乱したときに

 

日本のサラリーマンって、どうにかして出勤したがる傾向があるようですね。

 

 

今日も色々ありながら、何とか出勤して会社で雪の話で盛り上がるサラリーマンの方々の姿が目に浮かびます。

 

 

 

以前、私が東京で金融機関に勤めていたときの話ですが

 

ある日、台風が接近する予報で朝の電車が心配されていました。

 

 

普段、私は社内でも比較的早いめに会社に到着する電車に乗っていて、その日も「まあ、大丈夫だろう」くらいの軽い気持ちでいつも通りの電車に乗りました。

 

果たして、交通への影響もなく普段