各方面の皆様方より

多数のお見積り依頼をいただいております。


皆様、私どもにご期待いただき誠にありがとうございます。



ここは全員、フル回転で対応してまいります。

弊社は私を含めると6人体制です。


それぞれの持ち味のある営業担当が対応してまいります。



一方で


工事の方は職人さんの数に限りがあります。

年内は既にほとんど予定が埋まっています。


こればかりは、如何ともしがたい部分もありますので

年内のご希望には添えない場合が多いと思われます。



年内にじっくりと打ち合わせをさせていただき

年明けの工事着工ということで、ひとつよろしくお願い申し上げますm(_ _)m









 

年初にスローガンを掲げました。

 

「日々成長」

 

というものです。

 

 

 

全体朝礼で職人さんにもスローガンに関わる話などをしてきたのですが

 

これが結構、みんな意識してくれていたりするのです。

 

 

少しかもしれないし

 

だからと言って効果があったかどうかわからないけど

 

 

 

嬉しいです…!

 

 

想いが少しでも通じているかと思うと。

 

 

そう言えば阪神の今年のスローガンにある「熱くなれ!」も
結構浸透している感じもしますね。

 

 

 

単なる飾りだけのかけ声ではなく

 

想いあれば生きてくる…

 

 

 

スローガンも悪くないです。

 

 

 

 

経営理念  「継続が幸福を導く」

 

2012年スローガン 「日々成長」

 

 

 

みんなで色んな事に挑戦していきたいですね。

 

 

 

 

 

 

本日

 

全体会議を開催。

 

 

スタッフ全員が揃う機会も余りなかったのですが(…反省)

 

今年から全体会議として「しくみ化」しました。

 

 

当社経営理念は「継続が幸福を導く」。

 

「思いつき」は継続しません。
「しくみ化」して初めて継続できます。

 

 

想いは伝えなければ共有できません。

 

 

全員の顔を見て話をしたのですが、良いメンバーに恵まれていると改めて感じました。
今の段階でベストメンバーだと思っています。

 

もちろんキャリアもそれぞれ

 

長所も短所もあるし

 

まだまだ能力を発揮していない部分もありますけれど

 

 

きっと前向きに頑張ってくれると信じています。

 

 

スタッフは13人います。

 

同じような規模の、特にエンドユーザー専門の会社は複数店舗であったりしますが
当社は奈良県桜井市のみの1店舗ですから、一か所に13人が集まっています。

 

この事自体が強みなんだ、と話しながら感じ
感じたままみんなに伝えました。

 

 

 

協力し合い、共有し合い、競い合う

 

 

集団だからこその強みがある筈。

 

 

今年のスローガンは「全員一丸」。

 

 

更なる高みに向けて

 

頑張ろう!

 

 

 

 

 

 

このところ

 

朝礼で厳しい話を続けています。

 

 

「おはなし」で終わってしまえば何の価値もない。
相手の心に響かせて、行動に反映してもらえないと。

 

 

 

何かに気付いてほしい。

 

それが、必ずみんなの幸福につながるのだから。

 

 

 

 

 

 

この8月末日をもって
当社の経理スタッフが退職しました。

 

 

いや、敢えて言うなら

 

産休・育休に入ったと言わせて頂きたいところなのです。

 

 

 

出産後の早期復帰は不可能であり

 

1年、はたまた2年以上先になるのかも知れませんし
先のことは何も決まっていないのですが

 

いつか戻ってきてほしいな、と願っているのです。

 

 

 

 

それと言うのも

 

4年前に来てもらって、すぐに分かりました。

 

 

 

素晴らしい仕事の能力。

 

私は金融機関に勤務していたので
色んな人と一緒に仕事をしたのですが

 

 

こんなに事務能力の高い女性は滅多といません。

 

 

 

事務をさばくことについては、もっとスピードの早い人もいるでしょう。

 

営業や接客、電話応対等では、もっと凄い人は多くいると思います。

 

 

しかし

 

 

自ら改善点を探し出し、考え、そして改善を実行する。

 

 

 

これが出来る人が、滅多といない。

 

彼女は私の想像を超えるところでカイゼンを積み重ね続けてくれたのです。

 

 

4年間にわたって当社の経理事務の改善に大きく貢献いただいたことに
改めて深く感謝いたします。

 

 

 

そんな貴重なスタッフが欠けることは

 

残念なこと、この上ないわけですが

 

 

何せ、めでたいこと。
無事、元気な赤ちゃんを産まれることを願います。

 

 

 

 

 

Yさん

 

 

4年間、御苦労様でした。

 

 

 

そして

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

8月度の全体朝礼を実施。

 

 

今日の私の話は

 

 

「迷ったときは、後につながる行動をしよう」

 

 

ということでした。

 

 

 

現場作業、仕上げ、清掃…

 

 

様々な場面で

 

「どうしようかな」

 

と考えることがあると思います。

 

 

 

その際の行動基準です。

 

 

「どうしようかな」と思った段階で

 

「まあ、いいか」は後に繋がりません。
その場しのぎです。

 

 

 

 

迷ったら、後に繋がる方を選ぼう。

 

それは自分本位ではなく、お客様本位の行動です。

 

 

恐らくは、そちらの方が労力がかかることだと思います。
また、コストがかかることかも知れません。

 

 

迷うレベルは人それぞれでしょうが

 

それぞれのレベルで後に繋がる行動をしていくこと。

 

 

「迷ったときは、前に出ろ」とは阪神の星野SDの名言です。

 

 

リーフユニティ的には

 

「迷ったときは、後につながる行動をしよう」

 

 

これを

 

 

リーフユニティの行動基準にしたいと思います。

 

 

これは近日発表する

 

「経営理念」

 

に基づく行動基準です。

 

 

 

 

お盆明けに行う

 

リーフユニティグループ総会は

 

「経営理念発表会」

 

と位置づけでいます。

 

 

 

実は、その場で今日私が話した内容について
誰か指名して質問します、と申し上げました。

 

 

当ブログを読んでいる職人さん、読んでいて良かったですねえ~。
確認できたでしょ(笑)?

 

 

 

 

では、私も

 

迷ったときは

 

「後につながる」仕事をします。

 

 

 

 

 

 

ここに来て雨ですかあ~。

 

 

冷たさが身にしみるところですが
雨でも作業をしてくれている職人さんに敬意と感謝の気持ちです。

 

 

事実上のラストウィーク。

 

 

まさにカウントダウンに入っています。

 

 

監督一同へ

 

お正月を迎えるお客様に決してご迷惑をおかけしないように
走りきってください!

 

 

 

 

 

 

今日は子供の運動会だったので出勤は夕刻。

 

 

スタッフとあまり直接話しができていませんが
それぞれが頑張ってくれていることが伝わってきています。

 

 

 

営業の方も現場の方もハードな状況ですが

 

 

 

この状況に感謝の思いを持ちながら
この状況から学び考える時期だと受け止めましょう。

 

 

「今忙しいけど、ここを乗り切れば・・・」

 

ではなく

 

 

 

この状況を普通にこなすための方法掴み取ろう。

 

 

 

スタッフへのメッセージとともに
自分にも言い聞かせます。

 

 

 

 

 

 

リーフユニティグループ総会、終了しました。

 

 

全スタッフ、職人さん、他仕入先の皆様、遅くまで付き合ってもらってありがとう。

 

 

これが私の全身全霊の語りです。
自分の器いっぱいの話でした。

 

 

器はまだまだ小さいかも知れませんが、想いが伝われば嬉しいです。

 

 

で、2008年。

 

新たなステージがいよいよスタートです。

 

 

 

 

 

 

ニュースレターの下書き完了。

 

 

今回のテーマは

 

「目的別の植栽ガイド」

 

です。

 

いつも店頭でお客様に語っている内容を書き下ろしました。

 

工事OBのお客様、今月末にお届けできるように準備しておりますのでお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

お盆休みを前に、スタッフが帰っていきました。
ここからしばらくは社内が静かになります。

 

 

スタッフのみんな、ゆっくり休んで英気を養ってくださいね。

 

 

私は休まず仕事します。
いつもと一緒です。

 

水やりは欠かせないしね。

 

何より皆に安心して働いてもらえるように、経営者としての責任を果たさねばなりませんから。

 

1人で考えたり、色んな情報を見聞きしたりしながら戦略を考えます。

 

 

 

だから、盆明けに色んなことを言い出すかも知れませんのでよろしくね。

 

 

あ、盆明けに家族旅行に行くんで、そのときは休みますからよろしくね。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

当社の施工をしていただいている方の中でYさんという方がいらっしゃいます。

 

専門は土木工事。
住宅のRC擁壁などをお願いしています。

 

 

私と同じ歳なんで「若い」と言う表現はしにくいんですけど、この業界の中で独立している者としては若手に入るでしょうね。

 

 

それでいて、技術的には言うまでもなく気配りも利いた素晴らしい方なんです。

 

ホント、安心して任せられる。

 

 

現場の仕事だけでなく、色んな人を紹介してもらったりもあります。
先日はお客様もお連れいただきました。

 

 

いつも本当にありがとうございます。
協力業者としての位置づけ以上の頼もしい存在です。

 

 

今後とも良きパートナーとしてお付き合いをお願い致します。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

 

プランナーのフル回転状態が続いています。

 

ありがたいことです。

 

皆、走り回ってくれています。
本当によくやってくれています。

 

ご苦労様。

 

 

私も負けませんよ。

 

 

 

5月以降も多くのお客様とのご縁がありそうですね。

 

 

 

 

 

 

奈良で外構・エクステリアの専門店「リーフユニティ」をマネジメントしている植田です。

 

 

当社の販促チームの会議の日。

 

 

私は欠席。

 

 

所用もありましたが、意図した部分が大きいです。

 

 

仕事でも勉強でも全く同じ。

 

「考える」ことが出来た者が成果をあげることができます。

 

 

私は勉強は割と得意でしたが、決して誰にも負けない努力をしたわけではありません。

 

ただ、考えただけです。

 

塾で先生をしていたころ、私の教え子は相当の努力を重ねてくれました。
しかし、私以上に努力を重ねながら成果があがらない教え子は山ほど見ました。

 

何故か?

 

 

 

考え足りないから。

 

 

 

授業を聞くことだけでも、先生の意図することを掴みきれていない人は多いです。

 

考えていないと先生の説明や教科書の内容の半分も理解していないのです。
表面的な内容を分かったつもりになっているだけ。

 

だから、同じ授業を受けて同じ宿題をしていてもとんでもない差が出ますよね。

 

 

考えている時間の差です。

 

考えるということの究極は「仮設出し」です。

 

 

○○ということではないか?

 

 

これ。

 

続いて「検証」。

 

 

その結果が自らの血肉となる。

 

 

 

仕事でも同様。

 

「仮説出し」ができない者には新しいアイデアが浮かばない。

 

 

反省点、改善点はないか?
もっと良い方法はないか?
お客様が求めていることは何なのか?

 

 

 

私に指示されてするのは「作業」です。
仕事ではない。
考えて初めて仕事です。

 

チームのメンバーに「考える」ことを体感してもらうことが最大の目的。
「考えて」気づいたことはメンバーの血肉になるでしょう。

 

 

私抜きで話し合われた内容は考え足りないことも見受けられます。
ダメだしの連発になるかも知れません。

 

 

ダメだしするのは内容以上に「もっと考えよう」のメッセージです。

 

しかしキラリと光る内容もあった。
気づいて欲しいことにも気づいてくれた。

 

 

これからの販促チームに期待。

 

 

そしてこれ(私抜きの販促チーム)が当社を前進させるための大きなカイゼン。

 

 

35.販促チームの企画立案体制のカイゼン

 

です。

 

 

 

 

 

 

リーフユニティの植田です。

 

目下、当社営業担当のIさんが絶好調です。

 

今月の着工物件も立て続けですし、見積り依頼の方もひっきりなし。
私に負けじと(!?)夜遅くまでやってくれています。

 

昨年秋ごろは不調でしたが、その時から蒔きつづけた種がどんどん芽吹き、そして実になってきましたね。

 

波があるのは当然ながら、その波がどんどん高くなっています。
1年前から較べると、Iさんの売上は完全に一回り大きい売上となりそうです。

 

もちろん他の担当者の刺激にもなってくるし、切磋琢磨していくことも重要です。

 

当然、結果を出した者には強く報いていく用意があります。

 

また、皆が売上を上げられるよう私も目一杯動きますね。

 

 

良い流れが続いています。
次は春のフェア、営業担当諸君の腕の見せ所ですよ!

 

 

 

 

 

 

リーフユニティの植田です。

 

日曜日でしたが、とんでもない土砂降りになりましたね。
雨となると来店のお客様も少なくなります。

 

まあ、今日は仕方ないと言ってしまえばいいのですが、フェアの日だったら大変です。

 

過去2回のフェアでも雨が降ったり風が吹きすさんだりもありました。
その時はかろうじて持ち直し、なんとか来店数も盛り返した、といったこともありました。

 

フェアの前は本当に祈るような気持ちで天気予報を見ています。

 

この天候の重みは経営者にしか解らないことかも知れません。
何せ、多額の販促コストをかけた勝負です。

 

元が取れなければ、やらない方がマシ。

 

カネが出て行くんですから。

 

 

いや、このことは私がもっとスタッフに語りかけなければならないのかも知れません。

 

日々の業務も確かに忙しいでしょう。
しかし、このフェアというものの重みをもっと理解しよう。
そして、共に会社を成長させよう。

 

成長なくして潤いなし。

 

社員も経営者たれ。

 

 

 

 

 

 

リーフユニティの植田です。

 

営業面での新展開が動きつつあります。
私自身、年明けから大きく動き回りました。
言わば、「営業部長・植田」に傾注していた訳です。

 

その成果が少しづつ出始めています。

 

私は「営業」は好きですし適性としては向いている方だとは思いますが、何も営業としての特別なスキルを持ち合わせている訳ではありません。経験もたかが知れています。

 

それでも、一生懸命考えて動けばこうやって成果は出てくるのです。
これを社長である私自らが示すことで営業担当に何かを感じてほしいと思います。

 

営業担当のみんなへ。

 

現状に満足してはダメ、現状に不満を述べるのもダメ。
評論しても1円も儲からない。
常に何か考えよう。
毎日一歩でも前に進もう。
動けば動くほど出会いがある。
出会いがあるほど何かが起こる。
「売って儲ける」ことが君たちの仕事だ。
もちろん私が先頭に立つ。

 

さあ、走ろう。

 

 

 

 

 

 

リーフユニティの植田です。

 

 

さて、来週から工事部門でも新たな展開が始まります。
若手職人のY君、大いに学び、そして成長してくれることを期待していますよ!

 

他にも、若い子が続けて当社の門を叩いてくれました。

 

 

1年前から課題とされてきた若手の育成がとうとう動き出す。

 

 

当社の勝ち残りのために、彼らの成長が必要不可欠です。
そして、彼らを指導する頼もしいベテランの職人や監督がいます。これも1年間から大きく整備されています。

 

 

しかし、これも経営者としてリスクも負っています。

 

「若手の育成」とは言うのは簡単ですが、この業界すぐに辞める者も多いですから、辞めてしまっては「元も子もない」とはこのことです。辞めなくても、成長がなければ無駄な投資になります。職人に限りませんが、人材投資ほど我々零細企業にとって重く、かつ重要なことはないのです。金をもらって教えるのではありませんからね。

 

 

私として「元を取れる」と見込んだ彼らには大いに期待しています。
やる気がある限り、私は辛抱しますよ!

 

若手の諸君、後は君たち次第ですよ。

 

 

 

 

 

 

リーフユニティの植田です。

 

今日は営業活動の種蒔きに徹しました。
昨年に入社した営業担当のKさんとともに、アポなしの新規訪問の連続。

 

反応は様々です。
話も聞いてくれない、門前払い同様のところも当然あります。
飛び込み営業には抵抗のある人もいると思います。

 

しかし、私は案外これが好きです。
動き回っているとポロっと良い反応が帰ってくることもあるのです。今日も1件、非常に面白い手応えがあったところがありました。

 

この瞬間、この手応え、営業の醍醐味。

 

失敗なんて全く苦になりません。
行く位、タダなんですから。後は忘れたらいいだけ。

 

そして、いつか予期せぬタイミングで種が芽をふく時もあります。

 

Kさん始め、当社営業にもこの感覚を持ってほしい。
仕事の依頼を待っているだけでは成長はありませんからね。

 

 

 

 

 

 

リーフユニティの植田です。

 

 

先程、当社の会議が終わりました。
最近のブログでも書きましたが、12月は例年のことながらハードです。
着工案件が目白押し。既に目一杯です。

 

また、会社全体としてフル回転状態です。

 

営業担当者は着工前の最終打ち合わせに走り回る中、フェア案件の営業活動に走ってくれています。今日もフェアのお客様のリフォーム案件を成約してきてくれました。連日深夜に至るまで、プランニングと見積りをやってくれている者もいます。本当に御苦労様です。

 

工事担当者は完工の追い込みに走り回る中、着工の段取りにも奔走してくれています。祝日や日曜にも出て現場を動かしてくれたりもしています。また、大型物件を一人で切り盛りしてくれている者もいます。本当に御苦労様です。

 

設計担当者は図面の予定表を一杯にしてCADに向かってくれています。女性でも遅くまで頑張ってもらったりしています。また、設計しながらも来客の応対や現場調査などにも動いてくれています。本当にご苦労様です。

 

事務担当者は退職者の影響で、慣れない仕事や初めてする仕事も多くやってくれています。それでも自らの頭で考え、前向きに取り組んでくれています。仕事のカイゼンも日々すすめてくれています。本当に御苦労様です。

 

職人さんはプロとしての腕前を存分に見せてくれています。お客様に感心いただくことも多く、お褒めの言葉も頂戴しています。日曜・祝日も働いてくれている者もいます。本当にご苦労様です。

 

 

今日のブログはこの関係者全員に対するメッセージです。

 

「感謝」

 

所詮私一人でできることなど限られています。
「リーフユニティ」は、この素晴らしいメンバーがいるからこそ、戦って、そしてきっと勝ち残れる。

 

全員の力を結集しよう。

 

狙いは県内ナンバーワンです。
本気で狙っています。

 

確実な手応えを感じています。

 

そして目標が達成されたとき、皆で喜びを分かち合いたいと思います。

 

 

 

 

 

scroll-to-top