ガーデンショップ社長の東奔西走日記

ガーデンショップ社長の東奔西走日記
気が付けばブログ更新が滞ってましたね(^^;

まあ、特に言い訳もせずシレっと再会するのが継続のポイントです(笑)


さて、このところ私はB君という新入社員の若いスタッフを連れて回っています。


7月に入社してヵ月現場で職人さんにまじって汗を流してくれました。そして10月から新たなステージに上がって私の仕事の見習いになっています。

そしてもう一人。

Y君が10月に入社して、こちらは12月まで職人さんにまじってもらっています。そして1月からまた私の見習いになります。

実はさらに、もう一人今は職人をしているE君というメンバーが控えています。


いずれも20代の若い彼らの育成が今の私の最大の課題です。



弊社では職人の高卒採用を継続して行い、若いメンバーが集まりそして躍動するようになってきました。これは素晴らしい手ごたえとなっています。


一方で営業担当者については40代が中心で、現時点では経験も重ねた頼もしいメンバーとなっています。

しかし、10年後、20年後は…?

会社の成長も考えたときに若い世代は絶対に必要だと分かっていたのですが、この時代に滅多に応募などありません。


しかし、ここに来て応募が出てきたのです。

弊社の採用サイトを作ったのは5年くらい前だったのですが、ここにきて成果が出てきたものだと考えています。そのサイトではかなり魂を込めた文章を書いたつもりです。これも素晴らしい手ごたえを感じています。


そして3人いるというのもポイントです。

切磋琢磨、そして励まし合い。


教える方もグッとモチベーションが上がっています。


知識や技術のみならず、人間力も高めていくには…などと考えたりしています。


私ももう48歳。

もちろん自らも成長せねばなりませんが、後進を育てることが最も重要なミッションとなる世代になってきたと思います。



そういうわけで

当ブログも育成に関する内容を増やして書いていきたいと考えています。


引き続き

お付き合いお願いいたします!































驚きの、そして面白い結果で終わったドラフトでした(^^)



高校四天王と言われ、U18でも獅子奮迅の働きをした西純矢。高二で出場した甲子園ではド派手なガッツポーズが話題に。

夏の甲子園で奥川からの一発も含め、3本塁打を打って優勝に貢献した井上。

高校四天王の一人に数えられ、左腕の及川。おそらくは5人の中では最もイケメン(笑)

U18のメンバーで長打力もある内野手の遠藤。

代表合宿で佐々木の163キロを受けて名を売り、夏の甲子園でも活躍したキャッチャーの藤田。


今年のドラフト1位から5位まで見事に甲子園の星たちが並びました。
高校野球ファンならば、誰もが知る選手たちです。


夢がありますねえ~。
甲子園の星☆コレクション(笑)

こういう阪神のドラフトって

私の生きている(!?)限り見たことがありません(^^;

強いて言えば藤浪と北條を指名したドラフトくらいですよね。


そして6位には一転して無名と言っていい大学生投手・小川。熊本の大学で公式戦登板は数えるほどの、いわば隠し玉。阪神的に言うと田中秀太・九州担当スカウトの「秀太枠」。

さらに育成に大学生の外野手が2人。
育成での指名に涙を流した小野寺、そして異色の国立・静岡大学出身という奥山。

この大学生3人は私のドラフト前リサーチではカバーできていませんでした。


育成含めて8人の指名なのですが

甲子園の星である高卒5人組と無名の大卒3人組。
見事にコントラストが描かれましたね。


これから入団して入寮、新人合同自主トレ、春季キャンプと進んでいくわけですが、高卒5人組と大卒3人組でグループが間違いなく分かれそうです(^^♪

高卒5人組は西を中心にワイワイ、ガヤガヤ。藤田もムードメーカーっぽい雰囲気。及川がみんなに着いていく感じですかねえ。

大卒はやはり落ち着きがあると思いますが、高卒組に負けないぞ、という雑草魂を静かに燃やしていそうです。体力的には奥山あたりがリードしそう。


即戦力候補がいませんし、ドラフト戦略的にどうかは別として

何とも夢とロマンに溢れ、そしてチームのムード(二軍ですが)を変えてくれそうなドラフトになったと思います。


このメンバーを見られるなら、二軍の安芸キャンプに行こうかなと思えるくらいですね(^^)
もしかしたら西だけが一軍の可能性もありますけどね。


長いことドラフトウォッチャーやってますけど

この不思議なワクワク感は初めてですね!(^^)!




















本日

間もなくドラフトが始まります。

注目はやはりドラフト1位なんですが…奥川、佐々木、森下という目玉候補を獲得できるのは3球団だけなわけで

ハズレ1位、そして2位以下の指名が当然ながら重要です。


私は阪神マニアです。
阪神ファン、ではなく阪神マニアと称しています。

それでいてドラフトファンです。
ここは…ドラフトマニアとは自称できません。


(何を訳の分からない話をしているんだ、という苦情は受け付けておりません(笑))


ドラフトマニアだった時もあるんですけどね。

さすがに仕事をしていると、ドラフト候補のリサーチは昔ほどできないわけです。


そんな中ですが…

今年は、ある程度の候補はチェックしておきました。



実は昨年の事をここだけの話、正直に申し上げますね。


昨年指名された

近本、小幡、木浪、齋藤、川原、湯浅、片山

の7人の指名選手のうち

齋藤と川原以外は殆ど知りませんでした(^^;


近本は、そう言えば聞いたことあるような…のレベル。
とてもドラフトマニアなんて言えないレベルです(笑)

ドラフトというのは中央球界で名前の知れた選手以外の無名選手もガンガン指名されます。阪神は結構、無名選手の指名も多かったりします。


そこでドラフト指名の時点で少しでも知っている選手を増やそう、という事を心掛けてリサーチをしている部分もあります。


これが私にとって密かなドラフトの楽しみ方です(笑)


そしていつか仕事を引退したらドラフトマニアになろうかな、と超マニアックなことを考えています。


さて、今年はどうか。

まてレビュー書きますね(笑)






















このところ

人前で話す機会が多い植田です。


盆明けから10月にかけて

グループ総会(社内)
全体朝礼(社内)
所属団体で経営体験報告
期初全体会議(社内)
所属団体で活動報告

などなど…

社長なので社内行事で喋るのは日常なのですが、行事が所属団体で出番をいただいたりしまして機会が多かった次第です。


外部で喋ると、少しばかりお褒めの言葉もいただくこともありまして(^^)v


要は喋りが上手いね、と言われるわけです。
いや、ちょっとだけ上手いだけなんですけどね(笑)



そこは私、昔取った杵柄があります。


大学生時代の塾講師経験です。

稲田塾、というところでアルバイトですが熱血塾講師やってました。


このときの経験が25年以上経つ今も生かされていると思うと不思議なものです。
内容はともかく、喋り方とか間合いとかは25年前と大きく変わってないんじゃないかな…と思ったりします。


まず、絶対的なルール。

書いたものは読みません。

話者が下を向いてしまった時点で伝える力が半減します。



そして

立って話をします。

座っているより立った方が全身でオーラを発することができます。


後は何より大事なのは

準備。

行き当たりばったりで上手に話す人、時々いますよ。でも私は残念ながらそうではないので話す内容はしっかりと事前に組み立てます。


塾講師の経験がこんなに後々まで役に立つなんて、その時は思いもしなかったです。

本当に良い経験になりました。


若いころの経験って、大事なんですね。

これからは、そんなことも若い世代に伝えていかないといけないと思っています。



あと、もう一つ。

11月2日に社外で喋る機会があります。


次は、ここに向けて準備を進めます!

















IMG_2273-002


目かくしフェンスのご要望は多いです!


色んなフェンス等もあるのですが、お庭の目かくしには「板塀」というやり方が良いですね。

板、とは言えアルミの木目調ラッピング材ですので耐久性は抜群ですし

ある意味、ホンモノ以上の質感(若干、変な話ですが(笑))。


商品はタカショーさんの「e-アートウッド」です。

「エバーアートウッド」というシリーズの中でも人気色だけを限定して価格も抑えたという商品なので、板塀と言えば私はコレをおススメしています(^^)v

この写真のものはダークパインという色で、私もお気に入りの色。

他にもブラックエボニー、ブラウンエボニーという人気色が揃っているので色選びは皆さま迷われますね(^^♪



ちなみに、この写真の工事で工事期間は二日。


柱を立てるのに一日弱。
板を貼るのに半日弱、といったところです。


緑のあるお庭には、特に木目調の板塀が合います。

木目調のアルミに加えて木目調の樹脂などのありますが、ご要望等に応じてご提案させていただいています。


お庭の目かくしのご相談はリーフユニティまで、お寄せくださいませ~(^^♪











昨日は

富田林市にてOB施主様のお庭のお見積りをお届けした後に少し時間があったので

堺営業所開設予定地付近にまいりまして、近隣の住宅関連業者様への営業訪問に行くことにしました。


阪和道の堺インター近くから泉ヶ丘の駅の方までのエリアなんですが、この間で3件。いずれも名の通ったリフォーム会社様です。


いずれも大型のショールームとなっていて、やはり奈良とのマーケットの違いを感じさせますね。


営業所開設まで、あと一年。


しっかりと準備を積み重ねていきますよ!




7つの習慣。

ご存知の方も多いと思います。


しっかりと頭に叩き込みたいと考えて、曜日ごとにテーマとして掲げました。

月曜日 「主体的である」

火曜日 「終わりを思い描くことからはじめる」

水曜日 「最優先事項を優先する」

木曜日 「WIN-WINを考える」

金曜日 「まず理解に徹し、それから理解される」

土曜日 「シナジーを創り出す」

日曜日 「刃を研ぐ」



各曜日に各テーマに沿って行動や考え方を習慣づけようと4か月くらい続けてきました。

「今日は月曜日か、主体的な行動って何をすればいいんやろ」とか「今日は火曜日やから、しっかりと自分の目標を考えよう」とか。

また、各テーマに沿ってネットで記事を拾い読みしたりマンガの7つの習慣を読んでみたり。


こうやって継続してくると、少なくとも形式的には7つの習慣が頭に入ってきたように思います。

もちろん、行動や考え方に反映させていくのには更に深いところで取り組んでいかねばならないでしょう。


しかし4か月も継続していると、何かジワジワと潜在意識に入りはじめたんじゃないかと感じます。


そういうわけで


ここで、このルーティーンを一区切りしようかと。
曜日ごとの習慣はここで一区切りします。


曜日ごとではなく、週に一回のブログ上アウトプット。
毎週、ブログのテーマの一つとして7つの習慣について書く。


これにより、さらに理解を深めたいと思います。


これに大決定。


次なるステップに進みます!






昨日、10月1日。


午前中、フェイスブックである人が

「大神神社に行ってきました!」という投稿をしていたのを見かけました。


大神神社というのはご存知の方も多いかと思いますが

我が奈良県桜井市にある日本最古とも言われる神社です。古事記や日本書紀に記載がある中で最古ということかと思います。

なので全国的にも有名で参拝者も多い神社です。


その大神神社には「おついたち詣り」と言われ、毎月1日に多くの人が参拝をされる慣習があります。フェイスブック上でも結構複数の方々が大神神社に毎月1日に参拝されている様子が見られました。


そういう私は過去に一度も行ったことがないヤツですが(笑)

10月1日、会社にとっての元旦とも言える節目の日が私の背中を押しました。
期初だし、今日行くことに意味があるかも…と思い立って行ってみることにしました。


はじめて行ったのですが

これが、なかなかの人出です。駐車場もまあまあ一杯でした。
また、知っている人にも会ったりしました。

「おついたち、侮れんな(笑)」などと感じつつ

参拝をすましてきました。


経営者ですから、願いごとなどいたしません。

願いごとではなく「誓いごと」。

神様に「目標に向けて毎日を全力で努力します!」と誓ってきました。



神様に誓ってしまっただけに、これはウソをつくわけにはいきませんからね(笑)。



おかげで昨日も全力、そして今日も全力で頑張っているところです(^^)v


10月1日の大神神社。

これは私の新たなルーチンとして定着させようと思いました!














期初なんで

真面目な話もあるんですけど



とりあえず阪神の話ですね!?(笑)



まさかの6連勝で逆転CS進出。


2014年のCSで2位だった阪神はクライマックスで広島、そして巨人を破って日本シリーズに進出した。

そのときのクライマックスで起きた奇跡の進撃。

メッセ、藤浪らの投手陣がことごとく相手打線を抑え込み、抑えの呉スンファンが炎の連投で締めくくってくれた。


今年の逆転CS進出は、何かその時の勢いを思い出します。


横田、メッセ、高橋聡、そして鳥谷。

今年は、彼らがチームを去るというタイミングにも重なってチーム全体が燃え上がっているかのように伝わります。


まさか、最後の最後にこんな盛り上がりを見せてくれるとは…


これは…

クライマックスシリーズ in  横浜スタジアム

横浜行ったろか!

と思ってスケジュールを見たら

5日の夜やったら弾丸ツアーで行けるやん!
チケット取れたらマジで行ったろうかな、と思っていたら


デーゲームやん!

さすがに、昼の打ち合わせ予定をキャンセルできませんし…


横浜行きは諦めました(^^;


横浜には強い阪神、そして盤石の投手陣。
先日の対戦でも今永を攻略しています。

勝てる公算は十分。


その後は東京ドームで巨人戦。

菅野が本調子でないならチャンスはあるかも…!?


そうやって奇跡の下克上が起これば


甲子園で日本シリーズだっ!!






















本日


香芝市 外構工事 現場調査&打ち合わせ

からの

南阪奈道路から阪和道をひとっ走りして

阪南市 造成工事 現場調査


阪南市…関空のある泉佐野を越えて行ってます。


からの

阪和道から近畿道をひた走り

東大阪市 外構工事 完了確認



今日もよく走りました(^^;


来年の堺営業所の開設を控えて大阪に行く機会も増えておりまして

ハッキリ言って大阪にはすっかり慣れていますよ!(^^)v



そして、このところ南大阪を走っていて感じるのが


お祭りムード…!?

昨日も神輿に道を阻まれたり(笑)
あっちこっち祭りムードになっていますね。


だんじりは10月でしたかね…?
よく分かってないんですけど(^^;


その辺の南大阪の空気感には、まだ慣れていませんが(笑)


南大阪の皆様、引き続きよろしくお願いいたします!








名刺管理アプリの「Eight」を使い始めました。


これまで私は全然アプリとか使えてなかったんですけど、やっぱり色々便利なものがあるんですね~。

名刺はパシャっと写真に撮るだけ。

自動で読み取る上に、手入力でフォローして正確に反映させてくれるとのこと。
しかも4枚同時撮影が可能。

これは楽チン、素晴らしいです。


私が今更のように名刺管理アプリを使い始めたのには理由があります。


ハガキを書くため

なんです。


ハガキを書くことを習慣化しようとしているのですが、名刺交換したばかりの人にハガキを書く際は名刺入れに残っているのでハガキさえあれば外出先でも書けます。


しかし、それ以外の人にいざ送ろうと思ったときに名刺ファイルを探して…となると社内のデスクでしか不可能な作業になってしまいます。


いつでも、どこでもハガキを書くための方法は…と考えていて辿り着いたのが

名刺管理アプリでした。



そういうわけで

ハガキをどんどん書いていきたいと思います。


そんな話を、とある人にしたら

「私もハガキをどこでも書けるように、色んなもの持ち歩いてるんですよ~!」と筆ペンなどの入ったセットを見せてくれました。


やはりハガキ作戦、侮るなかれ…


ですね!




















9月も終わりですね。

夏の終わり、何となく寂しさを感じる季節から

残暑を感じる秋。


キンモクセイが咲き始めました。

最近は、あまり植えられることが少なくなった植木です。



しかし、昔の庭としては定番の樹。

常緑でキレイに丸く刈り込まれる樹形は、お庭の隅に植える1本として必需品でした。

そして何と言ってもあの香り。
なんとも良い香りなんですよね(トイレの芳香剤のイメージの人もいるようですが(^^;)。


少し古い街並みでは、街中にキンモクセイが植えられていて

街中キンモクセイの香りがするところが今もあります。


そのキンモクセイの香り漂う季節。

運動会の季節でもあります。


私も、長女が小学校に入ってから末っ子の長男が小学校を卒業するまで

かれこれ14年に渡って小学校の運動会に行きました。



小学校の敷地にはキンモクセイが何本も植えられていて、運動会の時はいつもキンモクセイの香りがいっぱいでした。


今週、長男が小学校を卒業したので今年から運動会に行くことはなくなりました。

毎年感じていた季節感を感じる日がなくなると、ちょっとした寂しさを感じさせてくれますね…。


そんな9月の終わりの一日。

明日からも色んな秋を感じながら、頑張ってまいりましょう!























先日

奈良県内の高校を何校か訪問しました。
高卒の採用活動です。


既に一次応募というものが始まっているのですが


今年は今のところ残念ながら応募がなく(-_-;)

これからの応募のためにお願い行脚に行ってきたわけです。


既に何度もお邪魔している高校もありますし、初めてお邪魔した高校もあります。


こうやって回ってみて感じたのが、これは色んな意味で大いに価値のある行動だという事でした。


中でも五條高校というところで、5年前に弊社が新卒採用に初めて取り組んだ際に大変にお世話になった先生にお会いできたのです。

その先生は5年前は別な高校で進路指導を担当されていました。そしてその後、その高校にお邪魔した際にいらっしゃらなくなったので、転勤されたのだなあと思っていたのですが


まさか不意に行った五條高校にいらっしゃるとは思いもかけず


とっても嬉しい気持ちになりました(^^♪


さらに

高校の先生の中でも弊社のお客様がいらっしゃったり(^^)v

動けば動くほど色々な出会いがあるものです。



5年前から新卒採用をして以来、現在は新卒入社組が5人になっており

とても若いメンバーの活気あふれる会社へとなってきました。















DSC02031


ウチの新卒入社組、プラス中途が一人いますが20代の若手メンバー。


ここに、さらに次なるメンバーを大募集しております!


私も、もうすぐ48歳になります。

次世代へ色んなことを伝えていくことが自分の役割になってきたと強く感じているところです。


若いメンバーが成長していける会社にするために

頑張ります!







阪神の横田。

まさに…

記憶に残る選手となりました。


昨日鳴尾浜で行われた引退試合は伝説になるかも知れません…。

昨日の横田の話はここでは詳しく書きません。
横田という選手を知らない人が殆どだと思いますが、ご存知の方だけ読んでくださればと思います。


ドラフト2位の高卒野手。

中央球界では無名と言ってよかったと思いますが、大きな期待を集めて入団しました。

同期に岩貞、梅野、陽川、岩崎といった大卒メンバーが名前を並べる中で唯一の高卒ルーキーでした。

同期に同い年の新人がいたら安心するし励まし合いもできて、絶対に良いと思うのですが生憎この年は高卒が横田だけだったんです。

心細く、寂しくはないかな…と心配でした。


しかし、引退に際してチームメイトからのメッセージをみて

温かく先輩たちにイジられてたんだな、と感じました。



特に

北條。


前年、藤浪とともに入団した一年先輩です。


思えば北條は同期に藤浪がいて良かったとはいうものの、藤浪は新人ながらずっと一軍。北條は新人時代ずっと二軍でした。

そういう意味では北條もチーム最年少となる高卒で二軍で一人、心細かったのかなと思います。なので横田の立場と気持ちがよく分かる先輩だったわけです。

その北條が、はじめて出来た後輩として随分と可愛がっていたようです。ドラフト2位の高卒野手というのも共通項でした。

なので横田自身も北條を兄のように慕っていたみたいですね。


今回の横田の引退にあたって、そんな2人の関係が垣間見られて少しほっこりとした気持ちになりました。


北條。

なかなかレギュラーを獲れず、もがいている段階の選手なのですが

横田の想いを最も理解して引き継いでくれる選手です。


北條、そしてこれから第二の人生へと進む横田。


どちらも応援しています!















今週は月曜日、火曜日と二日間にわたって、とあるところで学びに行ってまいりました。


内容は「セールスライティング」に関するもの。


「スキル」「テクニック」「パクれるネタ」に特化されたもので、とても実のある内容でした(^^♪


これは即、実戦につながる内容で、身に付けた内容で早速11月に実行する予定です。


そして、これに限らず色んな場面のライティングに活かしていけそうです。


私の場合、このブログもそうですし文章を少しは書き慣れているところもあって

人並以上のライティングはできるつもりです。



仕事をする中で、このライティングというスキルは凄く重要だと思うのですが

ライティングが苦手という人は世の中には多いです。



苦手な理由としては

やはり書き慣れていない、というのが一番でしょうね。


加えて「考える」という行動が弱い人は書けません。

正解が決まっている仕事、結論が決まっている仕事しかやっていない人は、自らの考えというものが少ないため書くことがない、となってしまいます。


それとライティングというものは、できあがったものが自己の表現となります。自己の表現を出したくない人、つまり目立ちたくないという人は特に書くことができないのでしょうね。


なのでライティングができる人というのは、社会人として重宝されると思います。


今回の学びを活かし、私としてはライティングを自らの武器としていきたいと考えています。


なので、来期の目標として

「週に〇時間はライティングの時間とする!」という行動目標を立てるつもりです。


ブログのみならず、ニュースレターやDM、またWEBサイトのコンテンツなどもあります。

ライティングの能力を生かすことは私の社内での役割でもある。


そして

いつか本を出版なんかしたりして…


それは、ないか(笑)




































本日、恒例のお客様感謝祭の初日。

多くのお客様のご来場をいただき、とても賑やかで楽しい一日となりました~(^^♪


イベントとしてはスタッフが経験を重ねて慣れている部分もあり、運営は極めてスムーズになってきています。


私としては、そこに何かブラッシュアップはないか…という視点で色んなことを考えながら一日を過ごしていたのですが


一つ、なかなかのアイデアが浮かびました!


早速、10月のテーマとして実行に移していきたいと思います。


感謝祭は明日もあります。

明日も多くの方々にお会いできるのを楽しみにしております。








本日も

アウトプットです!


これまた、とあるところでの学びです。

放送作家の小山薫堂氏という方の講演を聞く機会がありました。


経営に関するセミナー等は色々と機会もあるのですが、放送作家さんというのは滅多にない機会。これは貴重な機会になりました。

「幸せの企画術」と題した内容で、アイデア、企画の話でした。


ちょっと備忘録的に書くので解りづらいならば申し訳ありません。

アイデアの話。

アイデアって、どうやって出すのですか?

この問いに答える一つのキーワードが

「もったいない」


です。


「もったいないこと」、すなわち無駄になっているところにアイデアを加えて解決することにより形になっていく、というような話です。


例えば…

ということで


会社の受付嬢。小さな会社であるほど受付嬢を置くコストが高くなってしまい、もったいないということになる。

そこで受付をパン屋にしたら…

売上も上がって、近所の人に喜んでもらえて、来社する人に道案内しやすく、また来た人はワクワクする。社員割引もできるし、売上動向などで世の中の動きまでわかる。


なるほど、ウチの会社にもカフェがあるんですけど、まさにそのように役立っていたりしますね。


なるほど、もったいない、という切り口にもっともっと注目していきましょう!


続いて名刺の話。

小山氏の名刺そのものも、掴みがオッケーというデザインのものです。

デザインというか、毛筆で書かれているのですが有名な書家によるものとのこと。
ふむ、これも頭の引き出しに入れておきたい話ですね。


日光のホテルで顧問をされているのですが、コストをかけない改革のため従業の名刺を変えていくことにした、とのことでした。

その際、従業員さんがホテル内で自分が一番好きなシーンの写真を名刺の裏に刷り込むというものでした。


そしてお客様には、その名刺を集めたら写真集ができますよ、と投げかける。

すると子供はカード集めのように集めて回ることになる。


お客様との触れ合いが増え、そしてそれをきっかけに従業員間のコミュニケーションにもなっていく。



うん、うん、これは面白い!!


名刺のみならず、これは色んな角度に応用できる話ですね~。


弊社でも、スタッフが「自分が手がけたお気に入りの現場」とか「ウチの会社の実績で一番の現場」とか、あってもいいですよね!


イベントでも担当が名刺じゃなくてもカードを配るとか、面白い。


それとメディアの話。

ホテルの改装をするのに、メーカーさんの提供を上手く引き出すプロジェクトの話も教えてくださいました。

そしてそれをメディアで発信する。

上手くメディアの力を借りて無料で宣伝ができたら…これも面白いじゃないですか~(^^♪



私、アイデアの話大好きです(^^)v


なので余計に楽しくワクワクと聞かせていただきました。

もっと書きたいけど、予定あって書く時間がなくなってきたので今日はここまで。


さあ、今日はアイデアいっぱいの一日にしましょう!































月に一回、とあるところで勉強会に参加しておるのですが

昨日の内容をちょっとアウトプットしております。


書くことは最強のアウトプット。

ブログを書くことは実は最強の習慣なんですね。


フェイスブックにランチやディナーの写真ばかり載せるのはアウトプットとは言い難いと思いますが…(^^;



昨日の内容で

「士別れて三日なれば、即ち更に刮目して相待つべし」

という中国の古典からの引用がありました。



ん、これ知ってるぞ…と思いながらレジュメを読んでいると


三国志の話でした。

呉の呂蒙とう人と魯粛という人のやりとりです。



三国志、高校生の時にドはまりしました。

パソコンのシミュレーションゲームです。
光栄というメーカーのゲームソフトで、ゲームから入って吉川英治の三国志を読み込み、さらにゲームにはまるという循環でした。

友人何人かでハマっていたので、三国志をネタのトークがマニアックに繰り広げられていました(笑)


なので、呂蒙とか魯粛とか出てくるとワクワクします。

ゲームでは優秀な武将の確保が重要で、武将には武力、知力、カリスマなどの能力値が設定されています。

呂布の武力が100で、関羽と張飛が99とかです。

こういう優秀な武将を集めるのがワクワクするポイントのゲームなんですね。


なので魯粛と聞くと「魯粛って知力96だったかな」とか当時の記憶が蘇ってワクワクしたりするのです(笑)


で、この魯粛と呂蒙のくだりで登場する話。

若いころ学問を好まず武勇ばかりの武将だった呂蒙が、ある時から一転して学問にも注力して文武両道の立派な武将になりました。

その呂蒙の変わり方に驚いた魯粛にたいして呂蒙が

「士たるものは別れて3日もすれば、大いに成長しているものであって、次に会うときは目をこすって迎えねばなりません」

と応えた、という話です。


三国志にハマった私としては、確かに聞いたことのある話でした。


しかし、何か違うぞ…

私が知っている言葉は


「男子三日も会わざれば刮目して見よ」


だったのです。


気になって調べてみて、思い出しました。



「リングにかけろ」


でした!

知らない人は読み飛ばしてもらって構いませんが、私が子供のころから読み込んだボクシング漫画です。必殺技の「ギャラクティカ・マグナム!」が有名ですかね(笑)


ぶっとんだ内容の印象もある漫画ですが、実は所々に歴史や伝説など深い話が盛り込まれていたんですね。

「リングにかけろ」の2巻で、弱虫の泣き虫だった主人公の高嶺竜児が剣崎との対決を経て、グッと強くて男らしく変わった様子を指して

姉の高嶺菊が言うんです。

「男子3日会わざれば刮目して見よ」


間違いなく私の記憶はコレでした。

三国志でいう「士」ではなく記憶では「男子」だったよなあ…と思っていたのですが合っていました。

三国志の言葉が日本に伝わり、日本語バージョンで定着したのでしょうね。


ともあれ私にとって

小学生から高校生のころの記憶がフラッシュバックする言葉となりました。


言葉としては要するに「三日で人間は変わる!」ということ。

それぐらいの勢いで学んで変わっていかないといけない、ということ。


そんな、昨日の学びでした。


学びの機会に感謝、です。












































4年ほど前につくったページです。

弊社は今年に会社設立35周年を迎えたのですが、5年前に30周年を迎えたときに私自身が色々なことを感じました。

その思いが行動になって形になったのが、この採用ページです。
採用ページには、こんな風に書いてあります。


『次なる40周年、50周年、そして60周年も笑って迎えたい。
そういう思いで、「これから30年、この会社を継続していきたい」と檀上でご挨拶申し上げました。その日から、私のミッションは「これから30年継続しうる会社をつくること」になりました。』


その後、熱く語っています。




『この業界は小さな業界であるため、
こんな素晴らしい仕事なのに活躍する人がまだまだ少ない。
ですから、私たちの仕事をもっと知ってもらって、
そしてこの仕事をする人たちに幸福を導くことが私の大きな使命だと思っています。

経験は必要ありません。
心配しなくても、この業界で経験者なんて殆どいないのですから誰もがイチから学んでいくのです。間違いなく私自身もそうでした。
履歴書の学歴は重要ではなく、必要なのは「学ぶ力」。見たもの、聞いたものから何かを感じて自分の中に落としこむ力です。決して難しいことを勉強するわけではありません。』


さらに語っているのですが、ご興味ある方はぜひサイトをご覧ください。



そして、その後―

この採用ページを制作してからの反響はどうだったのか。


4年間で採用ページからの直接の反響が2件。

しかしメール等でのやり取りでとどまり、いずれも面接前に辞退となりました。


採用を積極的に求人媒体で打ち出していなかったので、まだまだだなと思っていました。
インディードも無料で出しただけなので、弊社ページが見られることも少なかったと思います。

インディードのみならず、積極的に求人に動くときに採用ページが生きてくるだろう、と慌てずじっくりと構えてきました。


しかし、昨年ごろから動きがありました。

今年になっても反響が続いてきています。



振り返ってみて感じたこと。


5年前に感じて行動していたことが今になって成果になりつつある、ということ。経営という場においてはタイムラグがあり、未来のために撒いた種がいつ芽をふくか分からないものもある、ということ。


何にしても、あの時採用ページを作っていて良かったと思えます。


そして今、これからも

未来のための行動を積み重ねていかねば、と思いました。

























昨日はインテックス大阪にて行われたリフォーム産業フェア大阪に行ってきました。


実は7月に東京で行われたフェアに泊りがけで行ってきました。
初めての参加でしたが、これは本当に素晴らしい機会でした。

東京では二日間で5つのセミナーを受講したのですが、とにかくこれが良かった。


東京では1998年から開催されているイベントですが、昨年から大阪でも開催されることとなりました。大阪ならば行ってみようかと昨年に考えたのですが、スケジュールの調整が付かず昨年は断念したのです。



今年は思い切って泊りがけで東京へ行って二日間ガッツリと参加し、5つのセミナーと合間には展示等を見てまわりました。


そして今回の大阪。

規模はやはり東京とは違います。
これは断然、東京に行くべきだとは感じました。

大阪も二日間の開催だったのですが、私は二日ともセミナーを一つづつピンポイントで参加しました。大阪の南港が会場なので、こちらは車で1時間ちょっとで行けますし、行き慣れています。

普段の仕事の流れの中で、ヒョイッと行ける感じです。


そしてセミナー。

やっぱり良かったですね(^^)


大阪のリフォーム業者さんが二社、それぞれが特徴的で経営者として学ばせていただきました。

そして必ず両社ともに弊社が協力業者としてお世話になる、と勝手に決めました(^^)v
大阪に行った目的として、当然これがありました。


余談ですが、昨日のセミナーで着席したところ隣の人が妙に私の方をジロジロ見てくるので何かと思っていたら


弊社もお世話になっているエクステリアのメーカーさんでした(笑)
直接、弊社を担当されている方ではないので私は誰か分からなかったのですが、その方は私の見覚えがあったようで、お声をかけてくださいました。


「私たちも研修として受けておりまして…」とのことでした。


まあ、そんなひょんな出会いもあったリフォーム産業フェア・大阪。

来年もヒョイッと参加させていただこうと思います!
















scroll-to-top