ガーデンショップ社長の東奔西走日記

ガーデンショップ社長の東奔西走日記

「梅雨か!」って突っ込みたくなるような雨続きですね(^^;

外の仕事の私たちとしては、困ったものでございます…。



そんななか、目下のところ


「剪定」

シーズンたけなわ、ですね。



植木の剪定というものは、年間を通して色んな時期に色んな作業があります。

樹によって適した時期が微妙に異なったりもします。


なんですが


植木屋さんに(弊社のそうですが)庭に入ってもらうとなると金額的にも馬鹿にならない金額ともなりますから、そうそう理想的なスケジュールで年に何回も来てもらうというケースは少ないです。



一通りの植木の剪定をするのに、一年に一度だけベストシーズンを選べと言われたら、いつになるか。


植木の新芽が動き出すのは3月から4月。そして夏場にかけて旺盛に伸びます。

そして夏の終わりごろに、また少し新芽が出ます。


それらの動きが止まってくる時期…、それが9月下旬ごろなんですね。


夏のお盆までにキレイにしたい、ということでお盆前に剪定を希望される方もあるのですけど

多くの方は秋にご希望されます。


そういうわけで


10月は剪定のハイ・シーズンです。


弊社の植木班の動きも、相当先まで予定がパンパンに入っているわけです。



今からですと、11月下旬から12月になってしまいそうですが

新たな受付も可能ですので、どうぞご相談くださいませ(^^♪







IMG_4942

さて、こちらのカタログは


知る人ぞ知る…

いや、もはやそんなレベルじゃないですね。
今や、お庭づくりを考える方から注目を集めるブランドとなったディーズガーデンさんのカタログです。


ガーデン業界としては

誰もが仕入れたいけど、仕入れることができるのが特約店に限られているというプレミアムなブランドとなっているのです。


私どもリーフユニティは古くからディーズガーデンの特約店として、おしゃれ物置カンナをはじめとして取り扱ってまいりました!








IMG_4375


こちらが弊社モデルガーデンのカンナです!


もう10年以上になりますが、全く傷んでいませんね(^^
IMG_4376

カンナの妹分、カンナキュートもあります。



そしてなんと!



カンナ姉妹に更なる妹が登場しました~!1




IMG_4941

カンナシュガーです!


カンナキュートよりも一回り小ぶりなサイズですので、設置場所も自由自在です(^^



カンナ展示店のリーフユニティといたしましては

これは絶対に展示しなければ!

ということで


カンナシュガー展示 大決定~!!


済みなんです。


実はカンナシュガー、既に入荷済み。

なのですが、組み立てるところまで至っておらず・・・でして(^^;


カンナファンの皆様

もう~少し、お待ちくださいませ。



まもなく、組み立てる予定です。



カンナシュガー


Coming Soon !!



です!



さて、何とか今週の最終投稿。



WEB制作会社さんからは「仕事の事以外は書いてもムダ!」と釘をさされているのですが

さっき、しっかりと仕事の事も書いたんで最後くらいはマッタリと書きたいところなんです(笑)。






戦力外の話なんですが(結局、そこかい!ってことになるんですけど(^^;)

高宮一人でしたね。



阪神でも昨年は多かったですし、他球団でも今年10人とか戦力外通告されています。

ドラフトで5人指名しようとするなら毎年5人の退団者が出ることになるので「非情」通告なんて書かれたりしますが、これは致し方ないことなんですね。

しかし阪神は今年、安藤、狩野、新井良太が引退。

安藤と狩野は自らの決断でしょう。引退試合が準備されましたから(狩野は二軍ですが)。

新井良太は私の推測ですが球団からの打診でしょうね。戦力外通告がなされる前に球団から「どうする?」ってな打診があったと思われます。良太は人気者でしたから、もしかしたら球団側で何らかのポストを用意しての話だったのかもしれません。

これに高宮を加えると4人減。

あと

外国人の方でメッセンジャー、マテオ、ドリス、メンドーサ、メンデスの投手5人と

キャンベル、ロジャースの野手2人。


メンデスと野手2人は来季の契約はなく帰国済みです。

メンドーサは微妙ですね…。一軍登録は4人までなので、投手4人ってのがどうなのか。そして野手はまた一人なのか。

いずれにせよ外国人は6人くらいにして緊急補強のために枠を空けておく感じになるでしょうね。


戦力外通告は「二次期間」というものがあって(一次は10/1~全球団シーズン終了)、クライマックス終了翌日から日本シリーズ終了翌日までとなります。


なので、まだ通告される可能性はあります。昨年の阪神でいうと清水が通告されました。

各球団、ドラフトの結果を踏まえて、というところになります。また育成契約になる選手もこのタイミングで通告されます。



ここにきて、歳内が育成契約に、というニュースも流れてきました。今年は故障があるようでウエスタンでも殆ど登板していない状態です。これは致し方ないところですね。

これで外国人枠を除き、5人減。


ドラフトで5人指名する準備が整った、と言えます。


もしかしたら他にもいるのかも知れませんが敢えて個人名は挙げません。


あと、他球団の戦力外選手を獲得するならば、その枠も空けねばなりません。昨年はソフトバンクを戦力外になった柳瀬を獲りました。


いずれにせよ、今年は戦力外通告が少ないです。

もちろん、多い方がいいというわけではありません。「一軍で出場できる期待がもてる」というのが通告の基準であると思いますので、期待できないレベルの選手が少ないということになりますので。


クライマックスシーズンが行われ、一方で悲喜こもごものドラフトを控えるなかで

戦力外通告という秋風を感じる季節ですね・・・。












ブログ5本投稿、やはり日曜日にシワ寄せが来ますね…。

今日も2本投稿となるわけですが、何とか頑張ります(^^;



さて、先日完成した庭工事の現場を少しご紹介しましょう!
IMG_1585


うん、いい感じですね~!

色んな現場があるのですが、完成した時の充実感はこういう庭工事が最高です(^^♪







IMG_1590

普段、仕事上で大変お世話になっている方のご自宅だったのですが

お母さんが庭をつくりたいから、という事でお声をかけていただきました。



鉢植えでたくさんの植物を育てられている方で、植栽スペースを確保しつつも水はけやメンテナンスにも留意し、そしてテーブルを出してくつろぐスペースもつくって…


というご要望からデザイン・レイアウトを考えました。


ナチュラルな庭を目指すため


素材として自然石とレンガが必須です。

芝生も全面とはいかなくとも使いたい。


しかし広いお庭なので、コスト面で抑える必要もあり

リアルなインターロッキングや枕木風の擬木なども取り入れて、化粧砂利も組み合わせました。



そして植栽。


植栽材料は、普通のものでいいんです。

大事なのは高さ、常緑と落葉のバランス。

シャラ、モミジの落葉樹にシマトネリコ、フェイジョアの常緑樹で中高木のバランスを取ります。



そして色合いが重要です。

プリペットのシルバーやレモンライムなどが有効ですね。さらにシルバーリーフなども使っていきます。


仕上げに季節の花を少々。


こういう植栽の仕上げは本当に重要で、ここは私も必ず現場に立ちます。



植栽の仕上げの日は

「植栽すると、いいですね~!」と、職人さんも笑顔。


もちろんお客様にとっても最大のサプライズ・デー。



こんな庭工事、大好きです(^^



リーフユニティは

ガーデン&エクステリアの専門店、と銘打っています。


敢えて「外構」という文言を外しています。

庭工事の専門店でありたいのです。



そのあたりの想いは、また後日書きたいと思います。


とにかく

庭工事、最高です!















IMG_5011

東京・八王子市で行われている

第34回全国都市緑化はちおうじフェア

に日帰り弾丸ツアーで行ってきました~!




通常「緑化フェア」なんて地味な名前で呼んでいますが

毎年、全国で持ち回りで開催されている結構なビッグイベントなんです!



そもそも

私が緑化フェアというものをやっていると知ったのは2008年ごろでした。
2010年に奈良で緑化フェアが開催される、という情報が入ってきたんですね。

2010年は奈良で平城遷都1300年祭という超ビッグイベントが行われる年でした。奈良県としては、それに被せる格好で誘致した感じですね。


緑化フェアでは、地元企業がモデル庭園を出展するブースがあるのです。
これは絶対に参加しなくては、と思い出展することにしたのです。


2009年の春は岡山で緑化フェアが行われていました。

翌年の準備として、これは見ておかないとと思って岡山に行くことにしました。

そのときのブログ①

そのときのブログ②



やはりこのモデル庭園出展が一番のみどころで、プロとしても大いに勉強と刺激になりました。


そして翌年、奈良開催の時は出展。

詳細にご興味ある方は、2010年9月ごろの当ブログをご参照いただければと思います。


以降、緑化フェアは


2011年 鹿児島

2012年 東京

2013年 鳥取

2014年 静岡


と持ち回られて続いたのですが、なかなか行くこともできずにいました。


しかし

2015年 愛知

この時、一念発起して行ってきたのです。



やっぱり、行ってよかった。

このときの学びは実は弊社モデルガーデンにも生かされています。



緑化フェアは毎年行こう。

社員研修としても連れてくる価値がある。


そんな風に改めて思いました。



2016年は自治体の都合もあったのでしょう、開催がなく2017年春に横浜での開催にずれ込む形となりました。

続いて2017年秋に八王子で開催される、という変則な形で春・秋と続けての開催でした。


その横浜…、行くつもりだったのですが

思わぬことが春に起こり、行くことができなくなりました(スタッフが1名、東京へいく際に寄ってくれましたが)。



そして八王子。


忙しさも相当なのですが、無理やりにでも行くしかありません。

宿泊で行く余裕などないので、日帰りできるかどうか。


八王子など行ったこともないのですが、調べると新横浜乗り換えで行けることがわかりました。

IMG_1542-e1507941669832
新横浜から40分程度で八王子まで行けます。


そういうわけで朝に出発して昼過ぎに到着、そして夕方に戻る弾丸ツアーとなりました(^^;


あいにく、結構な雨でしたが(-_-;)


内容的には、過去の岡山、奈良、そして愛知には及ばない感じでしたが

やはり緑化フェアは参加しないとな~、と改めて感じました。




来年は山口で開催されます。


実は先日の全体会議でスタッフにも伝えたのですが

社員研修として、全員じゃなくても山口に行くよ~と宣言したとことなんです(^^



庭づくりのプロとしての腕と心を磨く、そんな場として


これからも緑化フェアにお邪魔していきたいと思います!












IMG_1507-002
昨日

2回目の開催となる自社主催のセミナーを行いました!

「住宅会社のためのホームページ運用セミナー」 in 奈良ロイヤルホテル


多数のご参加とともに、充実した内容で熱気溢れるセミナーとなりました(^^


講師には弊社ホームページ運用でもお世話になっているマックスライン社の杉本氏にお越しいただき、住宅会社がホームページで売上を伸ばす方法について明快にご教示いただきました。


杉本氏のセミナーは私も何度か参加しているのですが、わかりやすく本質を突いた話であるとともに全てが実績、事例に基づいているため説得力バツグンなのです。


終了後の皆様のアンケートでも好評のお言葉をいただき、また質疑応答や個別の相談も活発に行われ、とても熱気溢れる時間となりましたね!


弊社としては

お得意先様の住宅会社の商売繁盛が弊社の商売繁盛い繋がること

また

お得意先様との接点強化となること

そして

お取引のない会社さんへもご案内し、新たな接点づくりになること



等々を狙いとして取り組んでいます。

「外構屋さんで、こんなことされているところはありませんよ!」なんていうお言葉は私にとって最高の誉め言葉です(^^


そしてセミナー開催のみならず

イベント応援などにも積極的に取り組み、さらに様々な角度から「顧客支援」を考えているところです。



さらに、もう一つ。


女性の内勤スタッフ3名がセミナーに参加してくれました。

彼女たちも弊社ホームページ運用にかかわってくれています。彼女たちが今回のセミナーの内容を聞いてくれたことも、大きな前進となるでしょう。


言わば、自社の社員教育の場でもあるのです。


良いことばかり、ですね(^^


そういうわけで、今後も取り組んでまいります。

来年は2月に予定しています。


これまた

楽しみです!

















いわゆる3連休。

今日は体育の日なんですが、リーフユニティとしては祝日を休業日としています。


土曜日も日曜日も営業しているのですが、祝日は休ませていただいています。

一昨年まで祝日も店を開けていたのですが、昨年から休業日としました。



理由は一つ、スタッフの休みを確保するためです。


住宅業界あるある、かと思いますが

現場は日曜日が休みで、お客様対応は土日がメインとなるという業務です。


そうなると、平日も週末も休みにくくなってしまう仕事なんですね。

ただ祝日だけなら調整して休むことも難しいわけではありません。



実は一昨年のとある祝日、シフトに苦心して苦心して出勤してくれるスタッフを確保していたのですが

冬場の寒い時期ということもあって来場のお客様がなかったんですね。

もちろん季節による差異もあるのですが、それなら休みにしてしまおうと思った次第です。



できるだけお客様にお越しいただきたいですし、会社も成長させたい一方で

スタッフが疲弊しないようにしないといけませんし、働く人が集まる会社でないダメなんです。


そんな想いの中での休業日。



私自身は祝日も打ち合わせやらも入れて普通に頑張ります。

社長は幾ら働いても労基署に怒られませんし、ブラック企業と言われることもありませんしね。。











週5回投稿を宣言しての

これが今週の最終投稿となります。



こうなれば週一回くらいは「雑談」もありかと勝手に考えて


阪神ネタですかね(笑)


これについては色んな意見もあろうかと思いますが

「人間味が表れてよい」というお言葉に甘えさせてもらいますね(笑)




清宮の指名球団が話題となる今ドラフトが近づくなかで

昨年の阪神のドラフトを振り返ってみましょう。


1 大山 内野手 大卒
2 小野 投手   大卒
3 才木 投手  高卒
4 浜地 投手  高卒
5 糸原 内野手 社会人(大卒~)
6 福永 投手  独立リーグ
7 長坂 捕手  大卒
8 藤谷 投手  社会人(高卒~)


8人の指名は結構珍しいですね。5~6人であることが多いです。そういえば昨年は戦力外通告が多めでした。


大山は十分、でしょう。一軍でホームラン6本は来年以降の期待を感じさせる内容でした。やはり普通に「飛ばせる」打撃、安定したスローイングの守備なども一軍戦力レベルにありました。

小野も健闘。2勝7敗とは言え先発ローテで奮闘しました。150キロのストレートは魅力と期待が十分です。

糸原などは嬉しい誤算のレベルでしたね。.259ですが、ショートを守ったりしてましたし勝負強さも見せてくれました。私が甲子園に行ったときにサヨナラヒットを打ってくれました(笑)

福永も一軍で先発したときは力不足を露呈しましたが、二軍で先発ローテに入って5勝5敗。まずまずの投球を見せてくれたようです。

長坂は二軍でそれなりの出場機会を確保しました。今年の二軍のキャッチャーは長坂、小豆畑、小宮山の3人で回したのですが、打撃成績で及ばない長坂が最も出場しています。次世代のキャッチャーとしてチームの期待もあるようです。



以上の大学、社会人、独立リーグ組はそれなりに成果あるドラフトとなったようです。


そして高卒の才木と浜地、そして社会人出身の藤谷。

高卒コンビはもちろんですが、藤谷も高卒からの社会人3年なので若い「素材型」という位置づけでジックリと育てる方針となりました。

当初はこの3人がセットで登板数も少なめ、二軍公式戦ではなく練習試合などに回るケースも多くありました。


そんな中で才木が頭角を表し、最後には一軍登板も飾ることができました。

才木は兵庫県の須磨翔風高校という公立高校出身のピッチャーです。そしてその前は中学軟式。なにか高校野球漫画に出てきそうな経歴でプロ入りしたピッチャーです。

そして一軍デビュー戦で149キロを投げ込んでみせたポテンシャル。

昨年の望月も同じように一軍デビューを果たしましたね。ちなみに今年の望月は怪我があってダメでしたが。


そうなると気になるのが才木と同級生となる浜地です。

今季二軍では12イニング投げたのみ。才木が55イニングですから随分差をつけられました。高卒一年目とはいえ、二軍で登板できないレベルはドラフト指名としては不発ということになります。


藤谷も然り。社会人出だけに残された時間が多いわけではありません。


ドラフト入団者の全員が成功なんてことは、もちろん滅多とないのですが


今年のドラフトにも期待をしていきたいと思う限りです。





昨日は

桜井市内の庭工事現場を2件回り、その後奈良市内のOB施主様宅にて庭工事の打ち合わせ、さらに橿原市内で外構工事の現場調査に行ってまいりました。

そして最後、夕刻に外構工事の打ち合わせに行ったのが


大阪府・柏原市


です。


柏原市というところでは過去、私個人としては1件だけ手掛けさせていただいた現場があります。


一言で申し上げて


近い!


確かに地図上見ても近いんです。

香芝や王寺に隣接していますから、大阪府下ですが奈良に最も近いんです。


移動時間を見ても、柏原の場所によりますが1時間もかからない。

普段、生駒市や奈良市の登美ヶ丘エリア、また木津川市の現場も多いのですが、それぞれ1時間程度かかって移動しています。


比較すると柏原市は完全に近いのですが、現場としては滅多とないエリアです。

それはもちろん、様々な経緯と理由があってのことです。



そもそも、昔は遠かったんですね。

同じ県内の香芝市すらが、私の学生時代は遠かったのです。


香芝インターとか、はるかかなたの存在で道順も知りませんでした。

ちなみに大阪へ行くのは法隆寺インターが最も近いポイントでした。



それから25年。




道路事情は大きく改善されたのです。



なんといっても南阪奈道路の開通。

これが13年前。


南阪奈に直結する高田バイパスもその2年前に橿原の四条まで繋がりました。


これによって私たち奈良県桜井市のものからすれば、大阪というエリアへのアクセスが根本的に変わったのです。



その南阪奈道路で奈良から大阪へトンネルを越えます。「竹ノ内トンネル」です。

トンネルを過ぎると、すぐに太子インターがあります。



ここで降りるまで僅か30分足らず。

降りてから走りやすい道が柏原市まで繋がっています。


現場まで40分を切るくらいでした。



この近さなのですが

やはり13年前までの記憶というのが、まだまだ染みついているところがあるのでしょうね。


そしてそもそも

奈良県と大阪府の間にそびえる山の存在が、距離や時間以上に歴史上気持ち的にハードルになっています。奈良県民の方は皆さんそうだと思うのですが…、いかがでしょうか。


そしてこのエリアは我々のお得意先様である住宅会社さんの管轄としても大阪府下の拠点が担当エリアとなっています。

それゆえ、やはり現場も少ない。


前述の心のハードルが高いせいか、大阪府下の得意先って全然なかったのです。


しかし改めて感じました。


柏原市、太子町、羽曳野市・・・近い!

そしてその先にある堺市。決して遠くはない。


大阪進出に向けて

さらに前進していきます・・・!




大阪進出は2年前に宣言していますが、営業所設置が3年後の計画です。

理屈ではわかっていて大阪進出計画も進めていますが、まだまだ私の中の心のハードルが高いまま残っているようです。



今月、柏原市内で現場も動き出します。


心のハードルを下げる意味でも良い機会となりそうです。



















前回、週5本のブログ投稿を宣言してしまったわけですが

今週は既に2本、あと3本。

日曜日まで、と区切ることとして

この土日で3本の投稿となります・・・。やはり、なかなかのハードルです。



どうも、日曜日にまとめて書く姿も想像されるのですが(-_-;)

やはり日々書いていかねばならないところです。



しかし、安心してください。

「パスタ食べました。」とかのFBレベルの投稿はしませんので(笑)。



私、文章書きはそれなりのプライドを持ってやっています。

3000本以上の当ブログは、それを体現できているつもりです。


投稿のための投稿は一切しませんので。


そういうわけで今日は「経営指針書」の話としましょう。


IMG_4926

9月決算、10月期初なので

10月にはブラッシュアップした経営指針書をスタッフに配ります。



先日、この冊子を事務所で見かけた職人さんが

「社長、忙しいのにこんなん作りはったんですか!?」と驚いていました。


いえ、違うんです。

こんなの、イチから作っていてはトンデモナイ時間がかかります。



この冊子は2010年に初めて作ったのです。当時は「経営方針書」というタイトルでした。
毎年行う正月明けの年頭訓示の際に配るようにしたのがスタートでした。


7年以上前のことですが

見返してみると内容的にはまだまだ薄いものでした。


ページ数でいうと表紙入れて18ページでした。

現在のものは表紙入れて53ページです。



7年の中で、毎年のように加筆訂正を重ねてきたのです。

ブラッシュアップを続けてきたのです。


年3回のブラッシュアップをかけていた時期もありました(今は10月と1月の2回)。



ページ数の問題ではありませんが、常に練り直していますので中身も少しづつ充実してきています。



経営指針書の1ページ目には「経営理念」が書いてあります。


弊社の経営理念は「継続が幸福を導く」です。



7年間のブラッシュアップの成果としての経営指針書は、ある意味この「経営理念」が具現化されたものの一つでもあります。


少しづつの積み重ねが大きな成果となります。


今年は経営指針書の経営理念に続けて


「事業の目的」というページを加筆しました。


聞きかじった程度ですが

稲盛和夫氏の「経営12か条」というものの第一条が「事業の目的、意義を明確にする」とあります。


すなわち、我々が日々している仕事は自分たちのお金や生活のためだけではなく「世のため人のため」であることを明文化したものです。

1.外構・造園・エクステリアで幸福を創造する
2.外構・造園・エクステリアの価値を伝える
3.外構・造園・エクステリアの素晴らしさを次世代に繋げる

この3点を掲げました。



日々、色んな現場を手掛けさせていただいて感じるのですが

我々の仕事って、世の中から必要とされている素晴らしい仕事なんです。



この仕事をたくさんして、知らない人に伝えて、そして未来に繋げる。


スタッフみんなで、こう考えてやっていきたいのです。

結局のところ、スタッフみんながこの仕事が好きなんだと思います。



そんなブラッシュアップを果たした今回の経営指針書。


また一つ、魂が込められました・・・!
















今期のテーマ。

「発信」


ブログを含め、まだまだ発信が少なすぎると反省しております(-_-;)


期初という区切りも迎えたところで、もう無理やり宣言してしまいましょう。

「週5回更新します!!」


あ~、言ってしまった(笑)



分かってます、知ってます。

どんだけハードルが高いか(-_-;)

ブログ、3000本以上投稿してますから。



しかし発信が足りないのです。

スピードが遅すぎるのです。



だから、やります。

これを書きながら、さっき思いついただけですけど(笑)




とりあえず、写真を一枚。


IMG_4912
今年の春に作ったモデルガーデン「シック&モダン」の隣接エリアに

新たなモデルガーデンを作る予定です。


昨日、植木の一部を整理しました。




写真中央に写っている大きなシラカシは残すのですが


作業してもらった職人さんと

「ここに、ツリーハウスとか作れへんかな~?」

「あ~、秘密基地な~!」


なんて話していました(^^


来春には登場予定のNEWエリアに


ご期待ください(^^♪

10月に入って

弊社も新年度に突入しました。


今日は期初の全体会議を行いまして

その後、本年度から初めて取り組む「委員会」を開催しました!


営業、設計、事務、そして職人さんも交えての全員参加・社内横断組織としての委員会です。


本年度は3つのテーマに分かれての委員会を発足しました!







IMG_4908

展示場魅力アップ委員会!





IMG_4905

OB顧客アプローチ委員会!





IMG_4911

WEB向上委員会!






その間、私はウロウロ見て回っているだけ(^^


さて、どんな話になっていったか・・・

それはまだ聞いていないのですけど



それぞれに盛り上がっていたようですね!



初めての取り組みだったのですが

ああ、もっと前からやっていれば良かった、と思った次第です(^^



これまで何から何まで私が考えて実行してきたのですが

この委員会はメンバーの主体性次第です。



そしてリーフユニティは、私一人でこれからの成長はありません。

組織・社員の力で成長していかねばならないのです。





いろんな意味で


楽しみです!









ブログでのご報告が遅くなりましたが


お客様感謝祭’17 


開催いたしました~!


IMG_4814
台風直撃の予報でしたが


なんとか無事終えることができました。


お越しくださった、た~くさんのお客様、ありがとうございました!!



IMG_4824
お客様感謝祭は2006年に初めて開催しました。

以来、必ず毎年行っていますので今回で12回目の開催ということになります。


毎年やっていると、毎年少しづつ内容がブラッシュアップされていきます。

それが「継続」の力。


そして今年ブラッシュアップされたのが






IMG_3216


こちらです!


寄せ植え教室です(^^♪



IMG_3212

この企画が

大、大好評でした~!!


予約制としたのですが、あっという間に予約枠が埋まってしまいました。


次回からは増枠の検討と、感謝祭以外でもミニイベントとして開催できたらと考えています。



それにしても、この企画が実行できたのも先生役をしてくれたスタッフのHさんとMさんのおかげなんです!


寄せ植え教室、やりたいな~と以前から思っていたのですが、まさに先生役をどうするかで実現してこなかった経緯があったのです。

しかし今回は彼女たち二人の頑張りで、お客様感謝祭が大きな一歩を進めることができました!



そして併せておこなったリースづくり教室も、これまた大好評でしたね(^^)




他にも色々と新しい企画やイベントも行い、お客様にも色々と楽しんでいただけたと思います。


色んなお客様と久しぶりにお会いできる一年に一度の楽しいイベントです。準備も大変ですが、スタッフもある意味楽しみにしているイベントでもあるのです。


そして

これらのイベントの企画から準備に奔走してくれたのが、弊社の総合企画チームの面々。


実は全員が子育てママというこのチームに昨年より運営を任せています。

以前は私が陣頭指揮でやっていたのですが、彼女たちのおかげで段取りよく、そして緻密な準備で当日を迎えることができました。



そして当日は

スタッフ全員、そして応援にきてくれたメンバー全員が頑張ってくれました(^^
















IMG_3159

今年も、この写真を撮ることができました(^^)


来年もまた


続けてまいります・・・!


鳥谷が2000本安打を達成した。


(本日のブログはいつもと違う文体で、私の一人称もいつもと違います。ご了承くださいませ。)



こんなに素晴らしい事はない。

俺も阪神ファン歴が35年に達するようになったが、その間に在籍した選手の中で紛れもなく最もヒットを打ってくれた選手だ。



日本での2000本安打は鳥谷が50人目の達成者だという。

日米通算とすると、そこにイチロー、松井秀喜、井口資仁、福留孝介、青木宣親が加えられて55人。


過去に阪神で達成した選手は

山内一弘、藤田平、金本知憲、福留孝介の4人だが

阪神生え抜きは藤田平ただ一人であった。


さらに阪神に「在籍したことがある」選手を加えると、新井貴浩の名前があがる。



山内一弘という選手はリアルタイムでは俺は知らない。打撃コーチとして名を馳せたイメージがあるだけである。「世紀の大トレード」といわれたトレードで大毎(今のロッテの前身球団)から小山正明との交換トレードで阪神にやってきた、という話は有名。調べてみるとその後の阪神在籍は4年だけであり、次いで広島に移籍している。大毎時代の打撃成績の方がずっとよく、「阪神の」山内というイメージは少ないようだ。


金本知憲現監督については詳しく語る必要はないと思うが、前述の山内氏と異なり広島時代より阪神在籍時の実績の方が上回るため紛れもなく「阪神の」金本である。連続フルイニング出場はダントツの世界記録。生え抜きではないが、ファンのハートも鷲掴みにして監督にまでなっているので、言わば準・生え抜きといったイメージである。


福留孝介はやはり中日のイメージが強い。大リーグでも活躍はあったが、期間も短くメジャーのイメージは薄い。日本球界復帰に際して阪神入りしたが、入団時に巨人との争奪戦となったときに交渉が長引いてしかもそれが金銭的な部分、と報じられた経緯がある。そして復帰した年に打率1割台の大不振。その後復活して去年や今年は4番を打つにまて至ったが「阪神の」福留と呼ぶには少し足りないというのがファン心理であろう。


そして唯一の生え抜き達成者の藤田平について。

高卒で入団して早々にショートのレギュラーを獲った守備も上手い好選手であったとのことだが、俺が阪神ファンになったときはファーストを守っていた。1983年に2000本安打を達成したことも確かに記憶がある。しかし既に晩年となっており、あのランディ・バースの入団とともに出番は減り優勝の前年1984年で引退している。

その後、解説者であった時代もあったが、どうも現役時代から無口な職人気質であったようで解説もイマイチ盛り上がらない印象があった。

しかし、そうは言っても生え抜き唯一の2000本安打達成者である。1995年に二軍監督として現場復帰し、その年一軍の中村監督の休養後は代理監督として一軍を指揮した。翌1996年に正式に監督就任したものの不振でシーズン終了を待たずに解任通告、しかもその通告の場でゴネた、という結末であった。当時人気者であった新庄と確執があったという報道も藤田平にとってはマイナスイメージとなったと思う。

1987年から2001年まで続く阪神の「暗黒時代」にあって、「暗黒度」ナンバーワンはこの95年、96年の頃であったろう。


結果、藤田平は生え抜き唯一の2000本安打達成者で紛れもない「阪神の」藤田であるにもかかわらず、阪神ファン間での知名度や人気は高いとは言えない。


こういった歴史の中での


鳥谷敬、である。


鳥谷はホームランバッターではないが、首位打者を獲るほどのアベレージがあったわけではない。一方で四球が多く出塁率が高い。なので首位打者は獲ったことがないが「最高出塁率」というタイトルを2011年に獲っていたりもする。


要は、ちょっと地味なプレースタイルなのだ。

よってもちろん、ホームランバッターであった田淵や掛布、そして岡田らが放った耀きは鳥谷以上のものがあったであろう。しかし彼らはケガや選手生命の短さなどもあって2000本安打にはいたらなかった。

赤星や今岡なども強烈な印象を残しているが耀きは短かった。

和田が息の長い活躍をして2000本安打も狙えたと思うが、晩年野村監督の時代にレギュラーを失い1739本で終わっている。


こういった藤田以外の歴代のバッターが誰もがなしえなかった、それが2000本安打である。



その2000本安打を達成した鳥谷は紛れもなく阪神史上、屈指のプレイヤーとなった。

藤田平には悪いが、現時点で阪神ファンの中では鳥谷の方が存在感は上回っているだろうし、来年にも藤田平の安打数も超えることになるだろう。



しかも、昨年のまさかの不振からの復活。チーム事情があったにせよ、ショートのポジションを失ったがサードで取り返した。そしてあの顔面デッドボールの翌日、フェイスガードをつけての出場はファンのハートを完全に掴み直した。


俺にとって鳥谷という選手は特別な選手だ。


その想いは過去にブログでつづったことがある。


阪神ドラフト列伝と鳥谷敬 (鳥谷入団の時を振り返ったブログ)


ありがとう、鳥谷敬  (鳥谷が海外FA取得時に残留したときのブログ)


振り返ればドラフト時点での強烈な想いがあったからこそ、鳥谷は俺にとって特別な選手で居続けた。


その鳥谷が


とうとう2000本安打に達した。

冒頭に書いたように、こんなに嬉しいことはない。

連続試合出場は鉄人と呼ばれた金本現監督の記録をも越えて歴代2位となっており、いよいよ衣笠を越える日も現実に近づいてきている。

まさに阪神のみならずプロ野球界に誇るスーパースターである。


阪神一筋の生え抜きで、鳥谷ほどのスターが登場するのはいつの日になるのか想像もできない。

鳥谷以降に入団した選手で鳥谷を追う選手は、ついぞ現れることがなかった、


昨年の高山が期待させてくれたのだが、今年ダメだった。鳥谷を追うには来年の復活が絶対的な条件となろう。

後は今年の大山か、そしてこれまた久々の和製大砲・中谷か。

いずれにせよ、来年以降レギュラーを張り続けてかつ試合に出場し続けなければ2000本安打など視野にも入らない。そしてそれは、とんでもなく難しいことである。


おめでとう、鳥谷敬。


そしてありがとう、鳥谷敬。



いつまでも「阪神の」鳥谷であってくれることを強く願っている。




































少し遠出して、とあるガーデンセンターにベンチマーキング…というか、お客として行ってきました。


弊社リーフユニティは外構・造園・エクステリアの専門店なのですが、自社で植木も店頭販売していますし、園芸店とカフェも併設しておりガーデンセンターという事もできます。


今日行ってきたガーデンセンターは、実は家内にずっと「行ってみたい!」とせがまれ続けてまして、それなら何か店づくりの勉強にもなると思って行ってきたわけです。

その感想としては

素晴らしいお店でした!

店づくりの多くのヒントをいただきました!



ベンチマークするお店が増えました。

ちなみに私がベンチマークしている店というのは

まず一つが「ラコリーナ近江八幡」

和菓子と洋菓子のたねや&クラブハリエのフラッグシップ店です。滋賀県の近江八幡というところにあるのですが、発祥の地にこだわって作り上げられた店です。一度行きましたが、その理念、精神のようなものに感動しました。

私も地元・桜井でリーフユニティを人の集まる店を創っていきたいと思えるようになりました。



もう一つが「ファーム富田」

北海道の富良野にある農場…というか一大ラベンダーパークですね。初めていったときに感動し、先日2回目に行くことができました。ラベンダー、という一つのものにこだわってトコトン突き抜けたらここまで行けるんだ、と学びました。

私も植物で観光地になるほどの魅力を発信していきたいと思いました。



そして今日。

三つ目のベンチマーク店ができました。


店としても会社としてもレベルが違いすぎるので、同業というとおこがましいのですが

一応同業なのでここでは名前を伏せておきます。



リーフユニティもまだまだですが


夢はでっかく


たくさんの人に来ていただける店を創ってまいります!










このところ世間で話題の宅配ボックス。

あるメーカーさんでは注文が殺到して制作が1カ月待ちなどという話も聞こえてきています。


パナソニックさんでは以前から宅配ボックス「コンボ」という商品があったのですが

社会的実験という取り組みをなされ、その結果を発表するこんな動画がありました。





なかなか普及してこなかった商品ですが

ついに時代が来た、というようなカンジですね(^^)


都市圏では急速に広まっているようです。

私ども奈良の外構屋としてもチラホラと取り扱いやご要望が増えてきています。



今、ホットな商品です!







リーフユニティの名前が世に出て、現在で12年半ほどになります。

さて、どこまで地域に浸透することができたのか・・・


これが

気が遠くなるほど、まだまだなんですね


12年も経って、ですよ・・・!?



地域密着、言うは易し行うはメチャメチャ難し!!


もちろんその間、色んな事に取り組んできたのです。

・地域には12年連続でイベントチラシ折込

・ホームページを開設

・イオン桜井店にカンバン設置

・現場に工事看板設置

・お客様感謝祭を毎年実施

・OB施主様向けニュースレターを発信

・中小企業家同友会に参画


しかし本当にまだまだ、こんなものでは足りないわけです。


その間、私も12年の齢を重ねてしまいました。

次なる12年は絶対に同じ轍を踏むわけにはいきません。



ギアチェンジが必要です。

思い切りスピードを上げないといけません。




そのためには「発信」し「継続」すること。


これをキーワードに取り組んでいきたいと思います。



今日は少し静かな日曜日。

夜まで瞑想しながら経営指針書に落とし込んでいきます・・・。



先日、生駒市内の外構工事の現場で職人さんと話をしていたら


現場の向かいの方が「ちょっと、すいません~」とお声をかけてこられました。



車の出入りに邪魔だったかな、と思って「スイマセン、すぐに出ますので!」と言って車を移動させようと思ったら


「いえいえ、違うんです。ウチの家の前の溝、掃除していただきましたか?ずっと掃除しないといけないと思っていて、本当に助かりました。ありがとうございました!」


という話でした。


これ、メッチャ嬉しい話でした~!!



弊社では実は毎週金曜日に、現場の近隣を清掃することを決めています。



道路の雑草除去、溝掃除などを短時間ですが全現場で行っています。

あるお得意先様のハウスメーカーさんで金曜日の清掃を取り決められたのを経緯に、弊社でも全現場で行うことにしたのです。



とは言え



言うのは誰でもできますし

1回やるのは簡単ですが

継続するとなると、至難の技と言ってもいいのではないかと思うのです。



職人さん、本当にちゃんとやってくれてるかな・・・?

そんな思いでずっと、言い続けてきました。

「ちゃんと、できた?」と問い続けてきました。




そして、冒頭の話に加えてまた別な現場で

隣地境界に関して隣地の方と揉めそうになったときに

いつも清掃をしていたウチの職人さんの姿を見ていた隣地の奥様がご主人に「いつもウチの前まで掃除してくれている業者さんやから」とお口添えいただいて、丸く収まった、という話も最近ありました。



ずっと続けてきた地道な活動ですが


やっぱり、ちゃんと見てくれている人がいるんだな、と感じさせてくれる話でした。


そして、私の想いに応えて地道に続けてくれている現場の職人さんたちに感謝です。



今日も金曜日。



各地で近隣清掃、やりますよ~!!



















冷やし中華か、かき氷のようなノリになっていますが



フェイスブックページはじめました(^^)



今さら感もハンパないところではあるですがね(笑)


SNSの世界もどんどん広がっています。

フェイスブックが世に広まったのは結構前だと思うのですが、それ以前からツイッター、後にLINEが台頭して今はLINE全盛といったところでしょうか。

さらにインスタグラムが急速に広まっているようです。



そういうわけでボチボチ私も重い体、じゃなく腰を上げようというわけです(笑)



先に言っておきますが

まだ、全然中身がありません(;^_^

これから頑張りたいと思います。


なんですが


とりあえずフェイスブック上の友達に一斉に「いいね!」をリクエストすると

続々と皆様から「いいね!」を頂戴いたしました。



最初だけだと思うのですが、嬉しいものですね!


そして、ここまでコストゼロ。

素晴らしいマーケティング手法です(^^

まあ、ここまでのところ知り合いに宣伝するというレベルのマーケティングなのですけどね(^^;




ただ、それはそれで重要なところです。

知り合いと言っても、会社でやっている仕事なんて全然伝わっていないものですのでね。

業種や規模によっては馬鹿にならない情報発信ツールとなります。



しかしフェイスブックのマーケティングは知り合いに発信するというレベルでとどまっていては、ビジネスとしては限られた効果になってしまいますね。



そこで一つ面白いことを思いついたので


新たな試みとしてやってみます。



その内容は


上手くいったら、ここでも書きますね(^^)












IMG_3053

先日開催した弊社の「グループ総会」の様子です。



ちょうど高校野球の準決勝の日となりました。

毎年、盆明けのこのくらいの時期、すなわち高校野球が終わるころの開催ということで今後も定着させていきます。


「夏はグループ総会」


ですね。




ちなみにグループ、というのは弊社の法人が二社体制であるというのと協力業者会「わかば会」のメンバーが集まるという事でグループ総会、という呼び方になっています。

ま、呼び方はそのうち変えるかも知れませんが(^^)

と、いうのも


内容的には「経営指針発表会」とも言える場となっているわけですね。


1.経営方針の発表

2.協力業者会代表挨拶

3.年間表彰

4.スタッフ訓話(1)

5.スタッフ訓話(2)

6.映像研修




以前は「安全大会」的な内容もあったのですが、このところはこんな感じでやっています。



私からは


直近のトピックス、そして来期の取組についての話をして

経営理念の確認をします。


そして経営方針として中期ビジョン、そして経営の大きな方針について改めて説明をしました。


現場の職人さんも多いので、話の中で特に明日からの現場で徹底してほしいことなどもしっかりと伝えていきます。



スタッフの方からも、凄く良い話をしてくれて参加者に強く伝わったようです。



より良い会社にするために


さらに来年からもブラッシュアップして続けていきます!

































scroll-to-top