ガーデンショップ社長の東奔西走日記

ガーデンショップ社長の東奔西走日記
3月も、もう残すところ一週間ですか・・・。

こうやって、あっという間に過ぎていくのが月日というものですね。




3月、そして4月というのは


卒業、そして入学、入社のシーズン。

出会い、そして別れのシーズンです。





私の周りでも色々な事がありまして、今年は特に「春」を感じる植田です。



その中で、フレッシュな風を吹かせてくれているのがニューフェイスの新入社員ですね。


実は高卒で職人を志す3人の内定者がいるのですが(3人同時入社はもちろん初!)

その中の一人が少々前倒しで今週から出社してくれているのです。




デビュー日から雨、そしてひたすらの体力仕事などもあって早速にしんどい部分も経験してくれていますが




ともあれ元気に来てくれています。



そして3人が揃う4月1日からになりますが


私にとっても一つの挑戦が始まります。




「新入社員研修」



丸3日間。




この初めての取組のプログラム、スケジュールを考えて作らなければならないのですが


まだ、手つかずです(笑)。



座学、実技実習、各所挨拶まわり等などを考えているところですが


特に座学、これは色々と考えていきたいですね。

ここは元・伝説の(!?)塾講師・植田も昔取った杵柄です(笑)。



さらに、3年目となる先輩職人による実技実習や彼らも交えた理念教育、さらにグループディスカッション・・・色々と考えは膨らんできているところです。



3人がいち早く会社に馴染んでくれること、そして一人前になれるよう、そして彼らの未来のために



ワクワクの取り組みなのです!









IMG_3720
先日、弊社のお得意先様主催のイベントにてエクステリア展示コーナーを作らせていただいた時の写真です。


結構広いスペースをいただいたので、張り切って展示物を用意して参加してまいりました!




ポストはメーカーさんからも多大なる協力をいただき、弊社で手持ちの分を加えて賑やかなデザインポスト展示をしました。


IMG_3722
この目かくしフェンスフェンスのサンプルはディーズガーデンのアルファウッドという素材を幅違いで作ったデザインフェンスです!
IMG_3735
リーフユニティのスタッフも応援参加させていただきました(後ろ姿ですが)!


「夢」という文字の入ったハッピ、とてもいいですね!
今後、こういった出張展示のような取り組みをどんどんやっていきたいと思っています。


工務店さん、リフォーム業者さん等住宅関連会社さんでご興味のある会社さんは遠慮なくお問合せくださいませ(^^)/
IMG_3814
完成しました~!



広さ自慢のリーフユニティ展示場に、さらに加わった新しいモデルガーデンです!



ここでドーンと広いテラス空間の提案として持ってきたのが


屋外フローリング「ラステラ」(三協アルミ)!!



これまでのウッドデッキという考えを少し捻って


「別にウッドにこだわらなくていいじゃないか!」と三協アルミの開発担当の方が言ったかどうか分かりませんが(笑)



ウッドデッキじゃないデッキが登場したのです(昨年ですが)。


ウッドじゃないデッキ、メーカーさんは「屋外フローリング」と名付けられました!

(小声)ま、世間様に定着したかというと、そうでもないですが(^_^;)




いやしかし、いい感じです!

ウッドデッキでは表現できない、このモダンテイスト。





最近の住宅も白がメインで黒系とのツートン、という色使いが多いですのでラステラのこのシックな色合いはばっちり合いそうですね。



ラステラメインのこのモデルガーデン、弊社でもラステラの売り文句をお借りして「モデルガーデン シック&モダン」と名付ける事にしました!











IMG_3805
そしてモデルガーデンの一角には、こちらのデザインウォール。


白い塀に黒系タイルを組み合わせた、こちらもモダンテイストのデザインです。ベンチ風に腰をかけるスペースにもなっています(^'^)


実はある現場で弊社スタッフが手掛けたものを私が写真を見て

「これ、いいやん!こういうものは展示場にも作ってお客様に見てもらわないと!」と以前から言っていたものが今回登場したのです。


IMG_3806
ラステラのデッキスペースのバックに、何もないわけにはいきませんので


ここでも塀を作りました。


ただし、この塀は「ボード」です。


裏から見ると柱が建っていて、それにボードが貼りつけられているのです。

そしてこのボードこそ、「エバーアートボード」という本物の質感ソックリに作り上げられたボードなのです!!




この写真では伝わりきらないかと思いますが「トラバーチン」、すなわち大理石の風合いを再現した模様となっています。

このエバーアートボードは木目、石目、和柄、さらにメタルカラー…と超リアルな柄と色が揃っています。



外構、という枠を超えて色んな場面で使えそうですね!





このモデルガーデン、いつお越しいただいてもご覧いただくことが可能となっていますが

詳しい説明や具体的なご相談をご希望の方はお電話等にてプランナーの予定をご相談いただくか



4月に予定しているフェアにお越しいただければ、と思います。




モデルガーデン「シック&モダン」




ぜひ多くの方々にご覧いただきたいです!








昨年12月にホームページの全面リニューアルをして以来、生まれ変わったかのようにホームページを「磨いて」いる植田です。



特に、施工事例をせっせと追加しています。

そして、それ以外も見直しながら色々と更新しているところです。



ホームページについては、10年前の旧サイトオープンから様々な取り組みと想いがあります。



しかし正直なところ、ここ数年私の心と体がホームページから少し離れてしまっていて


ページの更新もままならない、という状況でした。



しかしそれとは関係なく時代は変化し、WEBの世界は特に変化も速く

ホームページの内容も古くなってきていました。



そんな折にホームページのセミナーに参加して、その内容に強い学びもあって


リニューアルに踏み切ることにしたのです。





制作業者さんに依頼したのですが、当初はなかなか身が入らず

制作が停滞してしまったりもありました。



結果、予定として考えていたよりも大幅に遅れてしまいました。

しかし昨年の秋ごろから失いつつあった心を取り戻し、打ち合わせや中身の準備などを重ね、とうとう12月のオープンにこぎつけたのです。


しかし



オープンしてからが本当の始まりでした。


旧サイトでも自分で新しい施工事例を追加していたのですが、新サイトは遥かに更新作業が簡単です。言わばブログをアップする感覚でお手軽に追加していくことが可能なシステムなのです。



以降、過去の施工事例を徹底的に見直してホームページにアップする、という作業を始めました。



現在のサイトには、今まさに魂が込め続けられているところなのです。




失っていた心は完全に取り戻しました。



そしてさらに新しいチャレンジも始まっています。



それはスタッフを巻き込んでホームページに魂を込め続けること。


今年からスタッフブログのページがスタート、そしてホームページ担当者を選任いたしました。

旧サイトは私一人で魂を込め続けてきたのですが、新サイトはスタッフ一丸で魂を込めてまいります。すなわち旧サイトの何倍もの魂が込められたものになっていくのです。



これからのリーフユニティのホームページにご期待ください!













IMG_3707


弊社展示場のモデルガーデンの工事がいよいよ大詰めです!


本日、目玉となるラステラ(三協アルミ)の組立と塗装となりました。

ラステラは昨年の新商品で、「屋外フローリング」という位置づけでウッドデッキとは一味違ったモダンな雰囲気のデッキです。


弊社の腕利きのエクステリア職人さんが初めてのラステラに挑みます。

IMG_3710


塗装は塗装屋さんに依頼せずに弊社の若手コンビで挑みました(^^)/






IMG_3709
モデルガーデンの乱形石貼の中に


おや、なんだこれは~?(^^♪








IMG_3711


「こりゃ、普通のウッドデッキと全然違うで~!」


なんて言いながら、組み上げるのが速い、速い。

さすがの親子コンビです(^^)

IMG_3719


ラステラ完成!



そして塗装も若手コンビが頑張ってくれました。


さらに石貼りの目地も入り、グッと完成に近づきましたよ~♪



通常のお客様の現場でもそうですが、仕上げに入って出来上がってくると私たちもテンションUPです(^^)/




いい感じですね~!



さらにここから…


さらに驚きのアイテムが登場するのです
本日は


植木市で仕入れを少々。


少々、というのも

以前に比べて植木市に出荷される樹が減少傾向ですね・・・。




在庫をガッツリ持つ方針のリーフユニティとしては、仕入れの方針を考えていかねばならない状況です。


早速、明日動きます!



植木市の後は


大和高田市でガレージ工事の打ち合わせ・現調

大和郡山市で土の処分の打ち合わせ・現調

奈良市で外構工事の現場の確認



と、奈良盆地を一回り。



いつもの事ながら、よく走ってます(^^;



明日も走ります…!



















IMG_3702
弊社から車で5分ほどのところにある


「かにの家」 さんです!


その名の通り、かに料理専門店でして

弊社も何度も忘年会等をこちらでさせていただいてます(^^)



今回「かにの家」さんから庭園部分のご相談をいただきまして、その件でお邪魔してまいりました。



弊社では戸建住宅が中心とはなっていますが、植物管理のご相談をうかがっています。

植物の状況に合わせて年間管理計画を立てて、適切な時期に適切な作業をしていきます。



お客様が集まる飲食店ですので、お客様に「このお庭、いいなあ」という風に思っていただけるように美しく保っていけたらと思います。


IMG_3705
先日は昼食もいただいてきました(^^)/



いわゆる松花堂弁当、なのですがボリュームたっぷりで1600円、これにデザートとコーヒー付き。

色々なものを少しづつ食べられる満足のランチです。


他にも食べたいランチメニューが幾つかありまして、これはまた行かねばなりません(笑)




橿原市十市町というところにあります。

弊社の近くですので、打ち合わせ等でご来店の際のランチにおススメです!
この季節は阪神ネタを書きたくなるわけでして(笑)


昨日などWBC代表に勝っちゃいましたからね。しかも福留、糸井、キャンベル抜きで。



そんな中でちょっと気になる動きが。


原口がファーストメインで、というニュースが流れてきました。




これはちょっと残念…というか、早すぎないですか?

確かに開幕に向けて捕手のレギュラーを固めていきたい、という教科書論は解ります。



が、原口を外すと梅野、坂本、岡崎ですよ?

順に、.135 .200 .200(昨年の打率)なんですけどね。



8、9番アンパイの打線は恐くないですし、打てるキャッチャーだからこそ夢があるんですよね。


ファーストで原口が行くとしても、ここでのデメリットもあります。

確かにゴメスが抜けて後釜を取らず(キャンベルをヘイグの後釜と見なして)、ファーストが空いたままなのは確かです。



しかしファーストにキャンベルを回してサードを空ける、もしくはファーストで中谷を使うというオプションが残っていただけに原口ファーストはもったいないように思うのです。


サードを空ければショート・北條、サード・鳥谷という布陣も取れますし、大山のチャンスも広がります。一方で中谷だってキャンプMVPとも言われていただけに打席数を与えてやりたい選手です。



ただでさえ得点力不足の打線なのに、貴重な原口をキャッチャーで使わないというのはマイナスが余りにも大きいわけです。

よほど梅野が打ってくれないと苦しい戦いになるでしょう。



そして、原口の将来をどう考えているか、です。



ファーストは外国人のポジションとなる事が多いんです。




例えば来年ファーストの外国人を獲ったら原口はどうなるんですか?


それが本当に原口のためなんですか?


今年たまたまファーストが空いたから、という理由で決めるような事ではないんじゃないですか?





肩の不安、ということですが


キャンプで見ている限り投げられない訳ではなかったはず。





「シーズン中に肩の状態が落ちる可能性が高い」(矢野コーチ)




落ちたときに代わればいいことだと私は思います。


シーズン通してフル出場に近い捕手なんて12球団見渡しても殆どいませんよ?




逆に、捕手の練習を控えてしまうと捕手に戻れなくなってしまうんです。


ファーストならいつでも行ける。


今はまだ捕手で行くべきです。いや、むしろ正捕手・原口が本命だったはずなのに…。




他球団から見れば一斉に


「助かった、原口がキャッチャーじゃなくて」


と言われる気がします。




阪神は打てる捕手、打てそうな捕手をコンバートしてきた歴史がありますが

ほぼ失敗に終わっています(他球団に移籍して活躍される、というオチもあり)。




古くは関川、北川、そして浅井。

今成もそうですね。



打撃を生かす、などと言って生きた試しがないんです。


「キャッチャーとしては」バッティングがいいだけで、外野やファーストでレギュラー獲るほどのレベルじゃないんですね。




今も現役の狩野に関してはやむを得ない部分もありますが。


ちなみに中谷は入団即コンバートでした。




久しぶりに夢を見させてくれたキャッチャーだっただけに



残念ですね…。














































私は年度代わり、すなわち4月スタートの手帳を使っています(ちなみにスマホやタブレットではスケジュール管理しません)。

 

 

実際のところ、昔は1月スタートの手帳だったのですが、途中で無くしてしまって4月スタートの手帳に買い替えたというのがそもそもの理由でした。

 

 

 

4月スタートの手帳は実際は3月から使えますので、今月から植田の手帳が新しくなりました、

 

ここ数年使い慣れた同じ手帳を使っていたのですが、何かが変わるかも…という思いもあって手帳を変えてみました。

 

 

 

少し大きめ、そしてタテとヨコの違い。

 

 

 

そういった形式上の違いは大した意味はないのでしょうが、手帳を変えることによって心機一転となりました。

 

新年度、新年、といったタイミングで心機一転というチャンスもありますが、手帳の変更というのも一つのタイミングです。

 

心機一転といのは、新しいことに挑戦するモチベーションアップになります。

 

 

 

昨年「経営の原則12ヶ条」という稲盛和夫氏の掲げる12ヶ条を日曜日以外に1条ずつ意識する、という事をやってみたのですが

 

上手く定着せず、でした(-_-;)

 

 

 

今回の手帳の変更を機に手帳に12ヶ条をしっかりと貼り、その日の1条を手帳のその日の欄に書き込むというルーチンをすることにしました。まだ一週間ですが、

 

とりあえず続いているところです。試行錯誤に過ぎないレベルの取組ですが、こういう行動の変化を起こせる効果があるということが大事ですね。

 

 

 

手帳による心機一転、これは意外に効果があるんじゃないかと感じています。

 

 

 

 

手帳を単なるスケジュール管理だけに終わらせるのはもったいないですから・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の事ですが


ディーズシェッド・カンナを代名詞とするエクステリアメーカーのディーズガーデンさんにお邪魔してきました。




DSCF0288

P1030223

CIMG1323

6f77f38a-s1

    ↑


弊社のカンナ施工例の一部です(^^)/

今回は「パティオ・ミーティング」と題しまして、ディーズパティオという商品についての勉強会でした。










IMG_1116-e1488449281831
全国各地、それも遠方から多くのエクステリア店から参加されています!




内容としてはディーズパテイオのみならず、集客やホームページ、工事に至るまで色んな事に話が及ぶ濃い内容でした。

周りの方々の勢いに、私ももっと頑張らなイカンなと反省してみたり(-_-;)






IMG_1127
また、カンナの新色をはじめ新商品も見せていただきました!

庭周りの商品が多く開発されていて、楽しみになってきました♪



しかし実は、私の最大の目的は商品知識の勉強でも集客についての勉強でもなく…













「おもてなし」でした!





IMG_1112-e1488451601370
ディーズガーデンさんに到着した時点からの数々の心のこもったおもてなし。

ディーズガーデンさんで研修に参加するのは4年ぶりくらいだったのですが、4年前から確実におもてなしのレベルがアップしています。


 おやつの時間に地元の銘菓をいただいたのですが、社員さんからその説明があったり 優しい音楽が流れたり。


他にも数々のおもてなしを学ばせていただきました。



それと言うのも、私もこのおもてなしをする側になりたいと思っているのです。

先日もお得意先様向けにセミナーを開催したのですが、まさにディーズガーデンさんのようにお得意先様を支援しておもてなしをしていきたいのです。




そして、もう一つの目的。


環境整備


です。




IMG_1119
工場や事務所で行われている環境整備活動は もう驚きの連続です。


何より凄いのは

その環境整備についての説明を、入社2年目や3年目くらいの若い社員さんがしっかりと説明されていたことでした。



会社の文化って、こんな風に浸透するものなんだ…と肌で知る事ができました。




本当に行ってよかったですし、今度は社員さんを連れてお邪魔することにしました。


数々のおもてなしと共に、経営者としても学びの場をいただいたディーズガーデンさんに改めてこの場を借りて御礼申し上げたいと思います。



ありがとうございました!







このところずっとダメダメのボクシング漫画のタイトルになってしまいましたが

良いタイトルなんですね、これが(笑)。



先日、とある所でとあるテーマの勉強会に参加しました。

参加しました…というと少し違いますかね。
弊社向けに勉強会を開催していただいた、という感じです。






IMG_3617

内容は


こちらで書くには時期尚早と言いますか


未来に向けての第一歩ということで、まだまだの内容です。



しかし、はじめの一歩がなければ永久に到達することはありません。



経営計画では2022年、ですから今から5年後のサービスインを計画していましたが少し前倒ししていけそうです。




先を見据えて


しっかりと取り組んで参ります。






ある機会で3年前に行った30周年の際に作った動画を引っ張り出していまして

3年前を振り返って少し思い出に浸っておりました。

 

 

そういうわけで

 

 

3年前のブログを今日は再掲させていだだきます・・・。

 

***

 

 

 

平成26年6月16日

 

無事、弊社の30周年記念式典を執り行うことができました!

 

 

一言で言えば

 

 

感無量…!

 

 

 

それと(一言ではなくなってしまいますが)

 

感謝…!

 

 

矛盾しますが、逆に一言では言い表せない…

 

 

 

そんな感じです。

 

 

 

しばらく滞りがちだったブログも、このネタなら幾らでも書けてしまいそうです(笑)。

 

 

 

ざっとした概要を申し上げますと

 

会場は橿原神宮会館というところです。

 

 

P1020031

 

 

 

まさに橿原神宮の中にあります。

 

緑に囲まれた由緒ある場所で、パワースポットなどと言われたりもする所です。

 

 

こちらでの立食パーティー形式で行いました。

 

P1020325

 

 

120人を超える方々にお集まりいただきました。

 

皆様、想像していた以上の規模だったようで

 

多くの方に「すごい盛況ですね~」なんて言われました。

 

 

 

運営は橿原オークホテルさんにお願いしました。

 

そちらを通じて司会もプロの方にお願いいたしました。

 

私はモーニングを着込んで、誰が結婚するんだ、という雰囲気です(笑)。

 

 

 

私がご挨拶し、ご来賓の方からお二方に祝辞を頂戴しました。

 

そして乾杯は

 

 

P1020176

 

 

鏡開きなどもいたしまして

 

(私の隣は上場企業の創業社長さん、そしてその手前は取引銀行の常務取締役さん…もう二度とないショットでしょう)

 

 

もう一方に乾杯のご発生とともに祝辞を頂戴し

 

 

「乾杯!」

 

P1020200

 

 

この後歓談の時間に入ります。

 

 

 

ここで私は120人にご挨拶…は無理なのでスタッフや職人さんを除く80人程度の方に挨拶をすべくお声をかけて回ります。

 

 

一人一人とゆっくりしゃべっている時間は全くありません

 

サッとビールなどをついで回って次々にテーブルを移動して駆けずり回りました。歓談時間60分を確保しましたが、それでも十分に回りきれず…でした。

 

 

 

歓談の途中でスライドの上映(音楽とテロップ付)が入ります。

 

P1020335

 

 

流れる音楽は「栄光の架け橋」です。

 

 

「決して~ 平らな~ 道では~ なかった~」とか

 

「思い出せば~ こうして~ たくさんの~ 支えの中で~ 歩いてきた~」

 

 

などと盛り上げ効果抜群の歌詞の名曲です(笑)。

 

1年以上前から選曲はできていました

 

 

 

 

 

そして花束の贈呈、そしてスタッフ一同檀上に上がっての謝辞…と続き

 

 

最後に中締めを頂戴して、お開きです。

 

 

 

 

 

もちろん、多少の反省点もあったものの

 

 

1年以上前から思い描いた通りの内容で終えることができました!

 

 

 

正直、小さな会社としては分不相応の感もあるんですけど…

 

本当にやってよかった…、そして絶対にやるべきだものだと思います!

 

 

 

その辺の話をまた次回に…
 

 

昨日の夕方、スタッフと若い職人の二人と話をしました。


話題は


これからの巡回サービス について。


 巡回サービスとは、リーフユニティのホームページにも記載してあるのですが

弊社のOB施主様にご案内しているサービスです。


例えば、単独でお見積りすると割高になりやすい植木の消毒をできるだけ地域をまとめて巡回し、低価格での対応をしていく、という趣旨のサービスです。

初めてサービスインした時には、私自身が軽トラックに乗って巡回しました。

お客様からも好評で、以降毎年のようにお申込みいただく「常連」のお客様が沢山できました。



植木の消毒から始まり

「1本だけ剪定する、とかどうやろう」
「寒肥とかも行けるよね」
「土とか引き取ってほしいとか要望あるんちゃうかな」

などと同乗して巡回していた職人のY君と話をしながらサービスメニューを拡充してきました。


そして今のサービスメニューが出そろったころ、私自らが巡回に同行することはなくなりました。



それから―



巡回サービスをいただくお客様は少しづつ増えてきました。



しかし、サービスメニュー自体は変わっていない。

私が巡回していたころは新メニューを次々に考案していたのですが、私が離れてから新メニューの登場は途絶えてしまっているのです。


確かに、新しいことを始めるのは難しいことなのかも知れません。

慣れたこと、今までと同じことを繰り返すのは楽だからです。



もちろん、私が考えていけば新メニューはおそらく作れるでしょう。



しかし、それではいつまで経っても私の一人舞台となってしまう。

そのあたりの話を二人にしました。




一回話をしたくらいで簡単にできる事ではないと思いますが


スタッフや職人の子が主体的に考えて新しいことを始めていってほしい…、そう願って問いかけました。



今年は彼らの考えた新メニューのサービスインに期待をしたいと思います。



こんな部分も


一歩一歩ですね。

























そろそろ


投手編、行きましょうか(笑)



阪神投手陣というのは、実は結構充実しています。なので結論言うと勝てないのは打てないから、に尽きます。今年もその傾向が続きそうですね…。



先発に

メッセ、藤浪、能見、岩貞までが確定。この4人は昨年規定投球回数を投げています。言わば一年間通じてローテを守った実績があります。


って、アッサリ言ってますけど先発ローテが4人スッと名前を挙げられるチームはそんなにないんですよね。


優勝チームの広島にしたって昨年規定投球回数をクリアしたのは野村とジョンソンだけです(引退した黒田はクリアしていましたが)。

巨人にしても昨年規定投球回数に達したのは菅野と田口だけ。


阪神の4人、というのはパリーグまで見渡してもないんです。

先発ローテは6人が理想ですが、実際は6人目は登板が少なくなります。雨天時は飛ばされますし、交流戦に至っては全く出番がなかったりします。


なので、5番目が決まればほぼ盤石となります。



今年はどうやら青柳が5番手の筆頭候補ですね。

出番の少ない6番目争いで秋山、横山、岩田、そして新人の小野。


仮に能見が厳しくても、まずまず安定した戦いはできそうです。



そして昨年苦労したリリーフですが、顔ぶれ自体は楽しみなんです。


マテオとメンデスの両外国人がいます。

期待できそうな若手として岩崎、石崎、松田の3人の名前を挙げることができます。

そこに実績組の球児、安藤、高橋。


島本や歳内のチャンスが少ないかも、という状況ですね。榎田、山本、高宮、柳瀬…出番あるかな。



しかしリリーフは能力だけでなく起用法が重要になってきます。

いかに調子の良い投手を勝ちパターンにあてはめていくか。固定観念で決めつけると失敗します。高橋なんて、左バッターへのワンポイントに明らかに向いていませんし。藤川だって調子が悪かったら優先順位を下げないとダメです。実績にこだわらず、岩崎や石崎が良いのならシーズン序盤から勝ちパターンのポジションを与えていかないといけないのです。



総じて、投手陣は期待したいところなんですが



なんたってカギを握るのは




藤浪




なんでしょうね、やはり。



7勝11敗は最低でも勝ち負けひっくり返してもらわないと、チームとしてはまた苦戦となります。



打線の援護が期待しづらいだけに、不安も大きいわけですが・・・(-_-;)





























今宮戎には行ったことのない植田ですが

わが町桜井には三輪に「恵比寿神社」がございまして、旧暦の正月に「初えびす」なるものが行われております。



本日、2月6日が「本えびす」ということでして



IMG_10812-e1486369451742
行ってまいりました!
信仰心の乏しい私は余りこういう所へ行くことがなかったのですが


少し心を落ち着けて、今後は行ってみようと思い立ったのです。




「吉兆笹」を買って商売繁盛を祈願いたしました!




商売繁盛、頑張ります~!






新しいモデルガーデンの工事が弊社展示場内でスタートしています!


朝、現場へ向かう前に全員で作業したり

早めに終わってきた職人さんに作業してもらったりで


少しづつ進んでいる感じです。



こんな事ができるのも

自社直属の職人さんがいる強み、ですね(^^)/



そしてそのモデルガーデンの内容はどんなものかと言いますと


今回は


「リビングガーデン」


ですね。


ここ数年、春のイベントは「リビングガーデンフェスタ」と称して催してまいりました。



そういう意味では



モデルガーデンを作るのが遅かったくらい・・・かも知れませんね(-_-;)







そしてリビングガーデンのメインには


ウッドデッキのようでウッドデッキでない…


新たなステージが登場します!




春のイベントで大公開いたしますので


ご期待くださいませ…!




















お恥ずかしながらインフルエンザになってしまい(-_-;)

このところ何もできていなかった植田です。。


そういうわけで少し前の話になってしまうのですが



弊社主催のセミナーを開催しました。



さらっと書きましたけれど


弊社主催、ですよ・・・!



セミナーに参加することは時折ありますけれど

主催は全く初めての取組です。












IMG_3465
こんな感じです。 なかなかの盛況でしょう? 一番前に小ちゃく映っているのが私。 開会の挨拶をしているところです。
IMG_3487
セミナー講師は佐藤元相氏。 「住宅営業プロセスセミナー」と称して、弊社得意先様の住宅営業担当者さん向けに行いました。 佐藤氏とは10年来とのお付き合いですが、まさかセミナー講師を私が依頼することになるとは思ってもいませんでした。
IMG_9734
左から、今回のセミナーにもご協力いただいた司法書士の山岸氏、私、そして佐藤氏。
お得意先様からは「なぜ、こんな事やってくれるんですか?社長とこにメリットあるんですか?」なんて訊かれたりもしました。


なぜ、こんな事をしたのか。



今回の取組はいわゆる「顧客支援」という考えに基づくものです。

お得意先様の商売繁盛あっての私たちです。お得意先様の住宅が売れれば売れるほど、私たちの会社の仕事も増える。


私たちにとっても、一日でこんなに沢山の皆様とお会いできるという大きな接点となります。

また弊社の付加価値、そして差別化の一つとなります。



こういった取り組みはメーカーや代理店などがよく行うことがあるのですが、イチ外構屋としては滅多とない取り組みだと思います。




この取り組み方が正しい、有効だ、となると「じゃあウチもやるぞ」とマネされるかも知れませんが

必ずしも全ての同業者に当てはまる話ではありません。



コスト、そしてセミナーへの集客、これらのバランスがとれなければ上手くいきません。

これらのバランスが取れるのも企業のステージです。




私たちにとっては、はじめの一歩でしたが


これは大きな、大きな一歩となりました・・・!




さて、このところ真面目な経営に関わる内容とSEO対策も意識して書いている当ブログですが


久々に阪神ネタを解禁いたしましょう(笑)。



たまには、こういう内容も親しみやすくていいだろう、と自分に言い聞かせて書かせていただきますね(^^)



今日は野手編です(投手編もやるんかい!と突っ込まれそうですが)。



昨年から今年にかけて、大きな変化が起こりました。



昨年はマートンが退団してヘイグが加入したんですね。

ヘイグがダメだった、というのはもちろん不動のレギュラーだったマートンと比べて「えらい違い」なんですけど、実はそれ以上に大きな変化があったのですね。

マートンは外野手でしたが、ヘイグは内野手だったんです。


その結果何が起こったかというと

それまで左からマートン、大和、福留というのが外野のレギュラーでした。

センター大和の打撃が弱かったり、福留の休養が必要だったりしたので俊介や江越などが補完していた、という図式でした。



そこでマートンが抜け、大和が内野手に復帰する流れにもなったため外野のポジションがまさに「ポッカリ」空いたのです。


そこへ期待のドラフト1位・高山の入団です。

思えば高山は大変恵まれた環境でルーキーイヤーを迎えることができたのですね(ハヤタと偉い違いです(-_-;))


そして金本新監督の「超変革」のスローガンのもと、一軍で実績のない選手がどんどん登用される流れとなり

外野は当初は高山と横田がスタメンを獲りました。



横田が結果を残せず後退したのちは江越や板山、中谷などがチャンスを得ました。


そして高山は6月ごろ調子を落としたものの、夏以降に復調してレギュラーを確保し新人王を獲得することができました。


要するに、昨年の外野はチャンスが多くあったのです。



しかし今シーズンは状況が全く異なります。



FAで糸井が加入。



糸井がオリックスでは直近ライトだったのですが、福留がライトにこだわりを見せたため糸井がセンターで起用される見通しとなりました。



すると



左から高山、糸井、福留。



今年は既にシーズンのレギュラーがほぼ確定してしまった状況なのです。


もちろんベテランが衰えることもありえますので、何が起こるかわかりませんが少なくとも開幕当初は他の外野手にとってチャンスが乏しい状況になってしまいました。


江越、中谷、横田、そして俊介…、全く出番がないわけではないでしょうが、彼らの中でのポジション争いも厳しいものになりそうです。



一方、内野はどうか。

こちらは逆の意味で大きな動きとなっています。



ゴメスが退団しました。


新外国人キャンベルはサードが本職だそうです。


もちろんヘイグも退団していますので、言わば外国人野手が一人減なんですね。これはある意味思い切った判断で、ここ20年くらいの中で外国人野手一人で臨むシーズンは思いだすこともできません。



結果どうなったかというと


内野、ガラ空き。



昨年は開幕時点でゴメスと鳥谷が完全なレギュラーでサードのヘイグがどうなのか、セカンドは西岡か上本か、という情勢で内野のチャンスは乏しかったのです。


しかしシーズンでは大きく情勢が変わり、ヘイグがダメでサードが空きました。それまでサードを争っていた今成や新井良太も今一つで陽川が初ホームランを打つようなチャンスに恵まれました。また北條が一時サードのスタメン出場を続けていました。


一方、セカンドは西岡が開幕レギュラーとなったのですがアキレス腱断裂で離脱。本来、レギュラー候補であった上本は出番にも運にも恵まれず、また守備のミスも相次ぎ不遇の年となりました。以降、内野手復帰の大和や北條がその後の穴を埋めるといった図式でした。


さらに鳥谷のまさかの大不振が続きます。我慢を重ねていた金本監督も大英断をして鳥谷をスタメンから外します。以降、北條がショートでスタメンを確保してシーズンが終了しました。



要するに


内野は誰一人としてレギュラーが決まっていないのです。


キャンベルが大活躍してくれればいいのですが、そんなに甘くはないでしょう。そして鳥谷の復活はあるのか。

キャンベルと鳥谷を外して考えるとなると大変です。


西岡の今年のレギュラーは無理でしょう。北條がレギュラーに近いだけで、残りがガラ空きとなります。



昨年は外野手にチャンスがありましたが、今年は内野手が大チャンスの年なのです。


本来、外国人の枠でもあるファーストが空いているのです。今年ファーストを誰が守るのか・・・?ここは日替わりになるかも知れません。


既に板山の内野挑戦が始まっています(大学入学当初までは内野手)。中谷がサードの練習をしている、とも。上本は耀きを取り戻せるのか。今成、良太はこのまま終わってしまうのか。陽川のチャンスもあるでしょう。キャッチャーにかだわる原口のファースト起用も十分考えられます。


そして


ルーキー大山、です。



投手に人材が豊富だったドラフトで敢えて投手指名を捨てて獲ったドラフト1位。奇しくも昨年の高山にチャンスが与えられたように、大山にチャンスがある環境が整いすぎているくらいの状況です。


そのチャンスで大山がプロの一軍で通用するバッティングができるのか・・・?



色んな意味で今年の内野の布陣にみどころがあると言えますが


下手をすれば苦労の多い年にもなりそうですね・・・。

















































本日の植田は打ち合わせDAY。


奈良市 F様邸 庭工事 現場打ち合わせ

大和高田市 Y様邸 先行盛土工事 現場打ち合わせ

三郷町 T様邸 外構工事 打ち合わせ

奈良市 お得意先様 訪問



こんな感じの終日の外回りとなりました。


走行距離で140キロくらいでしたかね~  




そんな今日、いただいた1本のお電話。


最近になって御縁をいただいたお得意先様からでした。


「今日は、実は人を紹介しようと思いまして・・・」



聞けば、仕事上の関係の方が外構業者を探していて弊社を紹介したいとのことでした。

ありがとうございます~!!




本当~に、嬉しいです!




さらに言うと、お得意先様が弊社の事を「良い外構業者さん見つけました!」なんて話を先にしていただいていて

聞いた方が後日に「あの時言ってた外構業者さん、紹介してくれません?」



ということだったそうです(^^)/



早速にその方からもご連絡いただき、具体的なお話をいただきました。




嬉しかったのは目先の仕事とかではなく、私という人間をご紹介下さったということです。



人に紹介していただけるような仕事をする、というのが商売の基本中の基本です。


それを実感することができて、少しばかり自信になりました。

何か未来へ一歩進めたような気持ちになり、それが嬉しかったのです。








今日も一歩前進。


明日も頑張ります!


昨年12月にリニューアルオープンしたリーフユニティのホームページが


オープン以降、快調に更新し続けています!





何と言っても



ブログ、ですね。


そもそも、当ブログは以前までライブドアブログでした。

10年以上にわたって私がライブドアで書き続けた3000本を超える記事を自社サイト内に全て移植をして

そして以降、自社サイト内のページを増やす形で更新し続けています。




そして


スタッフブログ


ですね!


実はこれは弊社の内勤メンバーが交代で書いてくれています。

まずはメンバー6人が一回りしてくれました。



僅かと言えば僅かなんですが、この6つの記事の意味合いが大きいんです。

週に3件として、年間150件のページが増えることになります。



何より、この役割を担うのが「私ではない」という事が素晴らしいことであり、大きな意味を持つんです。


正直、旧サイトの運営は私一人でした。

私の動きが止まったら、全てが止まってしまっていました。



それがとうとう私以外の手によって動きだした、それが大きいし嬉しくもあります。


今後、このホームページ運営を内勤スタッフに任せていきたいと思います。

まさしく、新たなステージが近づいてきました。



このステージに至るまでに時間がかかってしまったのは、それ自体が私の器を示しているのだと思います。


しかし、ここから加速してみせます。




リーフユニティのホームページ



これからもご期待ください!

































scroll-to-top