ガーデンショップ社長の東奔西走日記

ガーデンショップ社長の東奔西走日記

 

おっと
 

少々ブログ更新ができておりませんでしたが
 

ここは言い訳無用でしれっと続けるところです。

 

 

 
実は目下、10月からスタートする一大営業プロジェクトの準備を進めているところなのですが
 

まだ本格的に開始する前からフライング気味と言いますか
 

既に、次々と新たなご縁を頂戴しているところです。
 

 

 
そして準備の方も着々と進んでいます。

 

 

 
まあ、言わば

 

 
絶好調、ということになるんでしょうか…。

 

 

 

 
ですが

 

 

 

 
何かどうも落ち着かない感じもあるのですね…。

 

 
本来なら、そしてこれまでならワクワクしているハズなのですが
 

逆に、これまでにない勢いに少し緊張感が漂うかのような感覚でもあるのです。

 

 

 
まあ私のメンタルどうこうよりも
 

会社としてしっかりと前進していくことが重要なので

 

 

 
落ち着いてやっていきます…。

 

 

 

 

 

 

お客様感謝祭が終了しました!

 

 

とにもかくにも
 

まさに、感謝です~!

 

 

 

もう、天気予報では絶望的な状況でした。
 

昨日は朝起きた時から雨がザーザー降っていたのです。

 

 

しかし

 

 

会社に到着すると…
 

スッと雨が止んだのです!

 

最も準備でドタバタするタイミングで雨が止んだのは本当に素晴らしいタイミングでした。

 

 

 

その後、微妙に降ったり止んだりもありましたが

 

比較的止んでいる時間も多く、雨でお越しいただくお客様も少ないかと思いきや多数のお客様にお会いできたのです。

 

 

そして二日目の今日。

 

昨日より天気回復との予報もあり、開店してすぐに店内はお客様でいっぱいになりました。

 

 

しかし、昼前から結構キツい雨が降り出しました。

 

そんな中でも多くのお客様が店内で過ごしていただいたのです。

 

 

二日目の今日は「ガレージセール」と称するメインイベントが午後に予定されていました。

 

レンガ等の残材を持ち上げられるだけ無料でお持ち帰りいただくという毎年大人気の目玉企画です。

 

 

他のブースはテントを張ったり、屋根のある場所での運営で雨でも何とか、という内容なのですがガレージセールを雨の中で行うのはかなり厳しいものがありました。

 

過去に雨の中ガレージセールを行ったことはありません。

 

 

どうなることか…と気をもんでいたのですが

 

ガレージセール開催の直前、これまたスッと雨が上がったのです!

 

 

昨日といい今日といい

 

神様に守ってもらってるのかな・・・と感じるくらいの巡りあわせでした。

 

 

今だってずっと雨降ってますもんね。

 

 

 

結果、ガレージセールでも多くのお客様の笑顔にお会いすることができました。

 

IMG_1874

 

そして何より

 

予報が悪い中、傘をさしながらもお越しいただいたお客様には

 

感謝しきれない思いでいっぱいです。

 

 

 

そして、スタッフにも笑顔が溢れる二日間になって

 

今年も本当に素晴らしい感謝祭になりました。

 

 

 

まさに「感謝」の思いを込めて

 

また来年へとつなげていきたいと思います…!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(64日目)

 

IMG_1833

IMG_1849
IMG_1777

IMG_1805

 

三度目となるセイゼンコウ参加。

 

 

 

 

初めての参加

 

二度目の参加

 

 

 

正式名称は「青年経営者全国交流会」

 

まあ、もう青年と言われるのも苦しくなってきた感もあるのですが

 

中小企業家同友会の会員であれば参加できるということで、オッケーなんです(^^;

 

 

 

 

 

 

 

一昨年は何も分からず誘われるがままに参加。

 

ですので得られた学びも、それなりでしかありませんでした。

 

 

 

昨年は様々な出会いや学びを重ねての参加でしたので、やはり感じたことが違いましたね。

 

 

 

そして今年。

 

 

更なる学びと行動を重ねての参加です。

 

キーワードは「経営指針書」です。

 

 

 

経営体験報告、そしてグループディスカッション。

 

いずれもが学び深く、そして刺激も強烈でした…!

 

 

 

同友会という場については様々な思いもありますし

 

青全交参加へのスタンスも少しづつ変わってきています。

 

 

 

三年続けて参加して感じることとして

 

やはり経営者としてのステージが変わるに連れ、学びのステージが変わっていることです。

 

 

 

私など本当に、まだまだであることを感じたのですけど

 

やはり今年ならではの学びがありました。

 

 

 

そうやって、学び続けないといけないという事なんですね。

 

 

 

戻ってきて、これからが実践です。

 

今日は夜な夜な考えたいと思います…。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(63日目)

 

 

 

 

 

 

先日の学び。

 

 

以前、とある懇親会で隣合わせた方と久しぶりに顔を合わせる機会がありました。

 

 

その方とは一応名刺交換しただけで、お名前も思い出せなかったのですが

 

すれ違った瞬間にニッコリと笑顔でご挨拶いただいたのです。

 

 

もう、相手に与える印象が全く違うのですね。

 

 

他の人でも、微妙に口角が上がっている人なんかは

 

何か愛想よく見えたりします。

 

 

 

 

振り返れば

 

まあ~私などまだまだ全然できていないわけです(-_-;)

 

 

 

まして、どうも年とともに目力が落ちてきているような・・・。

 

 

 

笑顔の印象だけで人のご縁が変わるでしょうから

 

笑顔一つで人生を変えることができる、ということですね。

 

 

 

これはもう、即実践しないといけない。

 

 

「笑顔であいさつ」

 

 

実は先日作った「行動指針」にも掲げています。

 

 

作った張本人が今頃こんなこと言っているくらいですから

 

分かっているつもりでも全然実践できていないことも多いです。

 

 

 

笑顔がイチバンです。

 

 

今日から妙にニヤニヤしているように見えるかも知れませんが

 

まあ、そういう事情でございます(笑)

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(62日目)

 

 

 

 

 

 

昨日

 

社内の組織横断型チームの「総合企画チーム」の会議がありました。

 

 

ちなみに私は

 

出席していません。

 

 

 

先日のブログに書いたように運営を任せているお客様感謝祭に向けての確認事項、そして現場ごとのテータ管理や店づくりについて話し合ってくれています。

 

 

私が出席するより任せた方が主体的な意見が出ると思うので

 

会議をチームリーダーに任せました。

 

 

 

一方で、私が出席する回も設けて意識の共有も図っていきたいと思います。

 

 

 

主体的な行動。

 

主体者となること。

 

 

 

ホント、これなんです。

 

 

優秀なスタッフ揃いの総合企画チームに期待大、です・・・!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(61日目)
 

 

 

 

 

 

来週は…

 

お客様感謝祭です!

 

 

IMG_2727

 

毎月発行しているニュースレターでOB施主様にご案内をしています。

 

 

 

 

昨年、はじめて実行委員会を結成して運営を任せました。

 

そして今年は新たに発足した総合企画チームに運営を任せています。

 

 

 

結果

 

 

任せきりです(笑)

 

 

 

 

今回が10回目の開催となります。

 

初めてのときはもちろんですが、それ以降も全てが私でした。

 

 

 

昨年は、まだそれなりに私も運営・準備にかかわったのですが

 

今年は完全に全て任せている状態です。

 

 

 

そして、感謝祭は来年からもスタッフがどんどんバージョンアップしていってくれます。

 

 

ゼロから1を作るのが経営者の仕事で、あとはスタッフが1を100に育てていく。10年目にしてようやく、なのかも知れませんがここまで来れました。

 

 

 

ありがたいことに、任せられるメンバーが揃ってきたのです。

 

 

 

これからも

 

どんどんスタッフに仕事を任せていきます。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(60日目)
 

 

 

 

 

 

持つべきは

 

 

人のご縁です…!

 

 

 

昨日お会いした方。

 

もう、話が凄すぎて何が何だか分からなくなってしまいました(笑)

 

 

普通であれば、絶対にお会いもできなければ

 

私のために骨を折っていただけるなんて事もありえない、という方です。

 

 

 

そんな素晴らしいご縁をいただけたのは、私という人間をご紹介下さる方がいらっしゃったからなんですね。

 

 

 

結局のところ人間って

 

そういうところで決まってくるのかも知れないな、と感じました。

 

 

人生は出会いで決まる、なんていう言葉を仰る方がいます。

 

 

出会い、というものは完全に自分でコントロールできるものではないのですが

 

一歩、前に出て動くことで出会いのチャンスに巡り合うことができる。

 

 

 

そんなことを改めて感じています。

 

 

 

ネットで拾った言葉ですが

 

書き留めて心に残したいと思います。

 

 

「今日から私は私の夢を実現するためのサポートをしてくれる人に出会い始める」

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(59日目)
 

 

 

 

進行中の新卒採用ですが
 

ありがたい事に、応募がありました~!
 

 

 

高校生の新卒採用というのは全て日程が決まっていて、そして全て高校が窓口となります。
 

7月に求人票が公開され、7月~8月に職場見学の申し込みがあります。
 

 

 

職場見学は複数の会社に申し込むことができますが、採用への応募は一社のみとなります。
 

と、いうことは職場見学の申し込みがあることが絶対的な条件となり、職場見学なしに採用への応募があることはほぼないと言えます。
 

7月~8月に、高校の先生と生徒さんの中でウチの会社を候補にあげてもらえるか、そこで全て勝負が決まるわけなんですね。
 

 

 

そして今年の8月には数名の高校生が職場見学に来てくれました。
 

そのうち一人だけ応募がありませんでしたが、あとの子たちが応募してくれました!
 

 

 

これから選考段階に入るので詳しいことは書けませんが
 

応募がなかった昨年に較べて手応えは大きいです。
 

 

 

 

昨年以上に高校を訪問して依頼をして回りました。
 

インターンシップの受け入れもしました。
 

職場見学の際は、心を込めて会社のことと仕事のやりがいを説明しました。
 

 

 

 

少しなんですけど昨年よりブラッシュアップした成果が出たと思うと
 

手応えを感じることができるのです。
 

 

 

未来のために。
 

 

採用活動は、まだまだブラッシュアップの余地があります。
 

来年はもっともっと力を込めていきたいと思います。
 

 

 

そして何より大事なのが
 

来年4月に迎えるであろう新入社員の育成です。
 

 

 

この部分も
 

しっかりと準備をしていきたいと思います。
 

 

 

 

本当に楽しみです!
 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(58日目)

 

 

 

 

 

 

昨日はリックCADのリックさん主催「RIK SQUARE」に参加してまいりました!

 

 

 

最大のテーマとして

 

 

「人が集まる場所」

 

 

弊社の最大の強みでもある展示場運営について

 

深く考えさせていただける良い機会となりました。

 

 

また、今回は弊社スタッフも同行してもらいました。

 

スタッフも感じるところが色々とあったようで、これまた貴重な機会となりました。

 

 

 

会場が新大阪ということで

 

移動時間含めて時間的にも結構かかったのですが、時間を割いた価値があったように思います。

 

 

 

 

広さ自慢の弊社展示場ですが

 

本当に、まだまだです。

 

 

 

そして伝える努力、これもまだまだ。

 

 

 

そして、もう一つ。

 

 

しれっと大発表なのですが

 

実は…自社でセミナー開催を企んでいます。

 

 

 

セミナー運営についても、準備が必要です。

 

RIKさんの運営も、これまた参考にさせていただくことができました。

 

 

 

 

RIKさん、貴重な機会をいただきありがとうございました!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(57日目)
 

 

 

 

 

 

先日、社会保険労務士事務所さんと顧問契約を結びました。

 

 

 

この分野については

 

少々遅れていたということだったのかも知れません。

 

 

 

良くも悪くも、自由で柔軟性のある運営でずっとやってきました。

 

 

しかし、ここにきて新卒採用への取り組みなどもあり

 

色々な整備が必要なタイミングとなってきていました。

 

 

 

そんなタイミングで経営者仲間にアドバイスとともに社労士事務所を紹介をしてもらったのです。

 

 

 

数回の打ち合わせを経て

 

 

アッというまに様々な整備が進み、そして全くこれまで手付かずだった各種助成金についての取り組みも準備をしていただいています。

 

 

 

なんとまあ、楽なこと楽なこと(笑)。

 

 

これまで、各種の手続き等は自社でできるだけやってきておりまして

 

いわゆるサムライ業の方々のお付き合いと言えば顧問税理士さんだけでした。

 

 

 

しかし、よく分かりました。

 

この分野は断然、お任せした方がいい。

 

会社のとってのメリットがメチャクチャにあります(^^)

 

 

 

チラシを作ったりホームページを作ったりするにも、絶対に自分で考えないとダメですから私は「お任せ」という言葉を発すること自体がほぼありませんでした。

 

 

しかし、この分野は「お任せ」の連発です(笑)。

 

 

これでまた未来へ向けて、一歩も二歩も前進できました。

 

持つべきは顧問社労士ですね…!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(56日目)
 

 

 

 

 

 

9月。

 

 

実は私が今の仕事に初めて触れたのが12年前の9月でした。

 

 

あれから12年。

 

 

 

12年前の事も、12年間の事も語りつくせないのですが

 

会社としてハッキリとした変化としては「お得意先様の増加」ということになると思います。

 

 

 

12年前に私が事業承継したときのお得意先様は3社、いずれもハウスメーカーといわれる会社さんでした。

 

 

その後、ひょんなことからのご縁でお得意先様が増えてきた歴史があります。

 

 

 

たまたま新しい店舗進出現場に出くわして、その場で訪問したハウスメーカーさん。

 

事業の拡大に際してわざわざダイレクトメールで業者募集のお声をかけてくださった工務店さん。

 

ご担当者さんが個人的に弊社イベントに来られたことから繋がった不動産屋さん。

 

お得意先様から転職した先から弊社にお声をかけてくださった不動産系リフォーム会社さん。

 

住宅展示場の工事をさせていただいていて、その担当者さんからご紹介いただいたハウスメーカーさん。

 

個人的な私の知り合いの外構工事をした際に接点があり、後日お声をかけていただいたハウスメーカーさん。

 

お得意先様から転職した先から弊社にお声をかけてくださった工務店さん。

 

私の個人的な友人の知人ということで紹介いただいた不動産系リフォーム会社さん。

 

 

 

今ではそんなご縁に溢れた会社になりました。

 

 

 

飛び込み営業的なことをしたのは最初の一社さんくらいで

 

殆どが人のご縁からご紹介いただいたり、お声をかけてくださったりでご縁を頂戴しています。

 

 

 

なので、実はあまり「新規開拓」営業ってしてこなかったのですね。

 

 

これまでの自然体でも十分に各方面のご縁をいただいてきました。

 

しかし、ここらで能動的な動きを出していこうという方針をたてています。

 

 

 

我々の担う外構エクステリア工事を必要とする一般のお客様は本当に沢山いらっしゃり

 

そしてその窓口となる住宅関連会社さんが奈良県中に沢山あるのです。

 

 

 

そんな住宅関連会社のお手伝いをするのが我々の役割です。

 

 

さらなるお得意先様とのご縁を願って
色々と取り組んでいきます…!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(55日目)
 

 

 

 

 

 

新卒採用に取り組まなければならない理由。

 

それは言うまでもありませんが、人材の安定確保のためです。

 

 

ここでいう新卒採用とは大学生の新卒採用です。

 

弊社でいうならば営業・現場管理を担う第一線の職種です。

 

 

 

我々の業界というのは元来個人事業が中心なため、経験者が求職してくるという事自体が滅多とないんですね。

 

そうなると、未経験から育てるという事になります。

 

 

中途採用で優秀な人が来てくれることがない訳ではなく、弊社でも第一線で動いてくれている社員さんは皆中途採用です。

 

 

しかし、一方で入社しては退職していったケースも少なからずありました。

 

 

 

そんな中、高卒で6年前に入社した職人、しかも女の子が真面目にコツコツと続けて成長してくれました。事情あってこの春に退職しましたが、別に同業他社へ転職したわけではありません。

 

さらに昨年高卒で入社した二人がこれまたスクスクと成長してくれているのです。

 

 

そして、よく言われることかと思いますが

 

 

変な思い込みや自分の型がなく、素直なんですね。

 

新しい風が吹いて空気が変わったようにも感じます。

 

 

彼らは変なやめ方をする心配が全然ないのです。

 

 

 

 

 

そしてもう一つ。

 

 

 

 

 

新卒採用は毎年やらないと絶対に意味がないと思っています。

 

しかし、毎年やると社員数が増加し続けます。

 

 

すなわち、小さな会社の新卒採用とは会社が成長し続けることが絶対的な条件なんですね。

 

そして社員さんの給料を上げていくというのも、これまた当然会社が成長し続けることが絶対的な条件となります。

 

 

これが、企業はある一定の規模まで行くと定年退職する社員さんと新卒入社する社員さんの数がバランスすることができます。

 

 

すると、総人件費がバランスします。

 

 

ここが大きなポイントです。

 

 

ここまでくると

 

社員さんが昇給し続けるシステムを作り上げてかつ、現状維持でも会社が継続可能なステージに到達します。

 

 

 

私はここを目指すのが会社の規模感としての目標なのです。

 

 

毎年、新卒採用の社員さんが入社しては彼らを教育して成長させる「型」ができている。

 

そんな会社にしたいのです。

 

 

 

そのために

 

 

大阪なんです。

 

大阪の大学に求人を出さないといけないのです。奈良とは大学の数が大きく違います。

 

 

そこにスピードの差が必ず出てきます。

 

 

そしてもちろん、中途採用をする場面もあるでしょう。

 

ここでも大阪の会社ならではの強みが出ます。

 

 

 

大阪府下への営業所開設の後に私が見据えているのは

 

大阪の会社にしていくことです。

 

 

本社機能をどこまで移すかという点については考える必要はありますが、営業本部や採用の拠点は必ず大阪となります。

 

 

そうやって新卒採用に取り組んでいくつもりです。

 

 

 

改めて

 

 

大阪というエリアを見ていきたいと思います。

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(54日目)
 

 

 

 

 

 

未来のために…という事を前回書きました。

 

 

では、どんな未来を私が描いているのか?

 

いわゆるヴィジョンは?

 

 

 

今日はそのあたりについて書きたいと思います。

 

 

 

中期ヴィジョン。

 

 

売り上げや利益も考えていますが、最も大きな柱は「大阪進出計画」です。

 

4年後には「大阪営業所(仮称)」を堺市内に開設いたします。

 

 

 

なぜ堺なのか?

 

その答えは簡単です。

 

 

我々が取り扱う住宅外構は大阪市内には少ないからです。

 

これは敷地条件的な部分によるものですね。

 

 

 

住宅外構は堺市以南に、その需要があります。

 

そして既存得意先様の拠点も堺市内に点在しています。

 

美原、深井、そして中百舌鳥など。

 

 

いわゆる「泉北」と呼ばれるエリアです。

 

 

 

 

そして地理的条件。

 

奈良県桜井市から阪和道の堺インターチェンジまで約50分。

 

 

ちなみに奈良市へ行くのに約50分かかりますし、生駒市だと一時間以上かかります。

 

 

全く負担にならない距離です。

 

 

 

ここではB to C は当面考えていません。

 

B to Bのための拠点となります。

 

 

 

そして、なぜ堺に拠点を作る必要があるのか?

 

もちろん会社の成長のためなのですが、実は売り上げ規模としての成長ならば拠点などなくてもいいんです。さほど遠くもありませんし、実際既に堺に限らず大阪府下で多くの現場をてがけています。

 

 

 

大阪進出の理由は

 

 

「新卒採用できる会社にするため」

 

 

なんですね。

 

 

 

 

奈良県桜井市。

 

 

とーってもいいところなんですが、要するに田舎なんです。。

 

ここで「採用」となるとハンデが大きい。

 

 

「採用」は「営業」に比べて遥かに厳しい競争があります。

 

「営業」は同業他社だけが競争相手ですが、「採用」はいわば世の中の大企業全てが相手となるわけですから。

 

 

会社の成長にとって何より大事な人材確保のため、ここは踏み出さないといけないと思うのです。

 

 

 

では、なぜ新卒採用なのか…?

 

 

ここについては次回書くことにしましょう。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(53日目)
 

 

 

 

 

このところ

 

 

未来に向けて、手ごたえを感じることが続いています。

 

新しいお得意先様とのご縁、そして新しい仲間となってくれるであろう人とのご縁。

 

 

 

決して目先の利益とかではなく

 

いずれも10年、20年先にご縁が続いているかも知れないのです。

 

 

 

そして、それらは自らの能動的な行動によって呼び込めたものでもあります。

 

動けば動くほどご縁があるものです。

 

それを改めて実感できたことは、これからの自信にもなります。

 

 

 

 

そして社員さんの成長。

 

またチーム制を導入したことにより、社内に新たなコミュニケーションが生まれている。

 

これも、これからの10年、20年が楽しみです。

 

 

 

 

こうやって未来を見ているからこそ、頑張れる。

 

 

未来のために…頑張ります!

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。(52日目)
 

 

 

 

 

scroll-to-top